絵本に詳しい方・エルマーの冒険&感情移入できる絵本について

レス27
お気に入り49

寒太郎

子供

5歳の息子がいます。
今まで少しずつ本の読み聞かせをしてきました。

選本は、本人と私の半々。
今年に入り、息子が選んだお気に入りは「泣いたあかおに」「ラチとらいおん」
「いやいやえん」「はじめてのキャンプ」「けんたうさぎ」「ねこのタクシー」
「あらしのよるに」「イソップものがたり」など、傾向違いでは「いいないいなあのおうち」「時の迷路」「比べる図鑑」などです。

それが、最近になって図書館で見つけた「エルマーのぼうけん」を毎晩、日中でも読んでほしいとせがんできます。ご存じだと思いますが、「エルマー」は3冊セットになっていてとても長く、時の経過や因果関係の理解なしでは楽しめない物語ですし、私が思うにまだ息子には難しいのではないかと・・・。

読み聞かせ中は、お話の展開の度巻末の地図を確認しながら進めていくのですが、理解しているんだかしていないんだか、どうにも分かりません。
私は読み聞かせの後に質問などしない性分ですし。

皆さまのお子さんは、「エルマー」は何歳ごろから理解し楽しめるようになりましたか? 人ぞれぞれだとは思いますが、参考にさせていただきたいです。

また、質問のもう一つ。私は息子には今はまだお話の長い物語ではなく、長くても30分程度で完結するような絵本が合っていると思います。
そこで、「感情移入」できるような絵本がありましたら教えていただきたいのです。「はじめてのおつかい」やセンダックの「かいじゅうたちのいるところ」「おしいれのぼうけん」「こんとあき」などは存じており、繰り返し読んでおります。
また、昔話も好きで特に「さんまいのおふだ」「モチモチの木」「ごろはちだいみょうじん」などをリピートしています。

その他に「こんな良本もありますよ」など専門の方、子育て最中のお母様、先輩のお母様からのお返事をお待ちしております。

ユーザーID:1348593862

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちの子5才には無理でした

    同じく5才の子供がいます。
    かなり本好きでほっておくと没頭するタイプ。

    で、ちょっと早いかなーと思いつつエルマーシリーズを渡してみましたが、案の定早すぎたようです。
    お話が繋がっているので、理解するのが難しいんでしょうね。
    私自身も小学校低学年の頃に読んでハマった記憶があるので、そのくらいじゃないでしょうか。
    (私も本の虫タイプ)


    うちの娘が4才〜5才でハマった本は、
      ・かえるくんシリーズ(「かえるくんとがまくん」など、4冊シリーズ)
      ・バムとケロ
      ・ちびうさ
      ・「おまえうまそうだな」などのティラノサウルスシリーズ
    などのシリーズものでしょうか。
    (私がシリーズもの好きなのでつい集めてしまいます)


    かえるくんシリーズは絵本じゃないのでとっつきづらいかもしれませんが、
    読み聞かせにはいいかも。
    一話完結なので読みやすいですよ。


    個人的にはバムとケロが好きです。

    ユーザーID:0045813472

  • 大好きだった

    何度読んだかわかりません。
    エルマー大好きでした。
    私が初めて読んだのは5歳の時。
    普通に理解できましたけど…。
    普段本を読む子であれば、わかる内容です。
    さて、読み聞かせとの事ですが、5歳なら一人で読ませては?

    ユーザーID:1143850830

  • ロボット・カミィ

    今年、作者の古田足日(ふるたたるひ)さんが亡くなられたとニュースで知りました。
    「ロボット・カミィ」はご存じですか?
    私は幼稚園児のときに読み、カミィのわがままと、それゆえのさみしさ、悲しさなどとても印象深く記憶に残っています。

    いま調べて初めて知ったのですが、古田さんは「おしいれのぼうけん」も書いた方なんですね。

    カミィは幼稚園のお話なので、息子さんにちょうどいいのではと思います。

    ところで、エルマーのぼうけん、とっても面白いですよね!
    私も大大大好きです。
    そして2歳の娘も大好きです。
    まったく理解していないと思いますが(笑)、挿絵を見るのが楽しいみたいです。
    絵を見て「りゅう、りゅう」と言ってますよ。

    子供はストーリーよりも、ビジュアルに惹かれることも大きいのではないでしょうか。
    読んで欲しいというものをたくさん読んであげたら、きっと喜ぶと思います。

    ユーザーID:1899592563

  • 楽しんでいるならOKでは?

    エルマー長いですよね。うちも長いものは
    半分くらい(やはり30分程度)で
    続きはまた明日、それではおやすみなさーいと
    店じまいしてます(笑)子供はえっーとか
    あれはああなったの?としつこくしていますが
    うちも質疑応答はなし、早く寝ないと明日はありませんで
    就寝です。

    5歳では確かに理解度は浅いですが、言葉に触れる事も
    全て子供が楽しんでればいいと思って読んでいます。

    私自身、同じ漱石や宮沢賢治でも
    子供の頃、青年期と大人になるにつれ理解度や
    解釈が変わりますし。

    何回も読みたがるし、6歳過ぎると1人で読み、
    理解度も上がりますよ。

    5歳くらいだと「めっきらもっきらどおんどん」とか
    「おまえうまそうだな」シリーズ(涙ぐんでいました!)
    「すてきなさんにんぐみ」大のお気に入り
    「アリババと40人の盗賊」など

    あとは「いなばのしろうさぎ」とか日本名作シリーズです。

    私が選ぶ本もありますが、基本は本屋に連れて行って、
    相談して買っています。最近は「さいごの一葉」とか
    ムーミンシリーズなども読んでいますが、
    意味はわかってなくても楽しんでいるのでよしとしています。

    ユーザーID:2590671089

  • 何がいけないんでしょうか?

    息子さんがせがむんだから、読んであげたらいいだけでは?
    長いから、面倒くさいから嫌なんですか?

    息子は高3なので、何歳でエルマーを読んであげたか忘れましたが、何度も
    読んであげましたよ?

    オススメは、「寺村輝夫さんの、ぼくは王様シリーズ」とピーターラビットの絵本。
    どっちも全巻結構ありますが、どれも喜んで何度も読んであげました。
    「フレデリック」「おおきなおおきなおいも」も数えきれないほど読みました。
    懐かしいです。

    フト思ったんですが、1冊1度に最後まで読むんですか?
    私はいつも寝る時お布団で読んでたので、息子が寝そうになったり私が疲れてきたら
    ここまでで明日ねって終わりましたよ。
    なので長編なら1冊を何日もかけて読んでいました。
    息子はどこまで読んだかちゃんと覚えていましたよ。私の方が聞いていました。
    「どこまで読んだっけ?」って(笑)
    感情移入なんて5歳の子がしますかね?なんか違和感があります。
    読み聞かせの時、考えたことないので。

    ユーザーID:1346022680

  • エルマー、好きでした

    私自身が小さい頃、訪問先で貸してもらったエルマーの冒険に夢中になってひたすら読み続け、それを見ていた祖母が後で3冊セットで買ってプレゼントしてくれたという記憶があります。
    何歳ころのことだったか自分でははっきりしないのですが、母によれば小学校にあがるより前だったとのことなので5歳か6歳だったのではないかと。

    確かに一連のストーリーを把握して読んだのはもっと後になってからかも知れませんが、
    猫や動物がしゃべったり、竜がキャベツをパクパク食べたり、あと、日本語で書かれた絵本とは違った珍しい表現や語感が何ともいえず好きでした。
    全体が繋がらずともひとつの場面や細部を味わい想像するという子どもなりの楽しみ方も、読書経験としては良いのではないでしょうか。

    私と6歳、4歳の子どもたちのお気に入りは、
    「ちいさいモモちゃん」「ぼくは王さま」シリーズ、「どうぶつえんのいっしゅうかん」などです。

    ユーザーID:9826253714

  • 私は小3で読みました。

    私は今で言う引きこもりに近い子供でした。そのため暇さえあれば図書館で本を読んでいた時、「エルマーの冒険」を見つけ読みファンになりました。50歳を過ぎた今でも私の本棚に鎮座しています。ご子息も相当気に入ったご様子。ご存知かもしれませんが、ビデオが販売されています。(私、所有しています) 探してご子息に見せてみてはいかがでしょう。

    ユーザーID:9107096260

  • 懐かしい!

    エルマーの冒険はちょうど5才の時に、保育所の先生が毎日1章ずつだったか読み聞かせてくれました。
    みんなで毎日わくわくして聞いていました。
    発表会でエルマーの劇もやったくらいです。

    私は本好きな子だったので、教室に置いてあったエルマーの3冊をお遊戯の時間に自分一人で黙々と何度も読んだくらい気に入っていました。
    楽しい本は好奇心を刺激しますし、自分で字を読む意欲につながるから、ぜひ読んであげてください。

    読み聞かせをしているトピ主さん、やさしいお母さんですね

    ユーザーID:2371117125

  • 今年55歳ですが

    6、7歳頃に読んだ絵本、花の好きな牛が、娘のために買った、数話まとまった本に載っていて、思い出して感激しました。スペインの方が書いた本で、フェラナンドーとかいう題で、日本語の花の好きな牛、でした。シンプルで、とても良い絵本です。後、5歳でしたら、そろそろ簡単な絵本を自分で声を出して読ませるようにしたらいかがでしょう?図書館へ行く楽しみも増えると思いますよ。
     後、エルマーは、私の母が読み聞かせ「私が幼児の時に」してくれましたが、あまり覚えてません。

    ユーザーID:8420905201

  • 「幸福な王子」「ピノキオ」

    「幸福な王子」は妊娠中に友人から贈られ、胎教に読んだお話しです。
    現在4歳半の息子も大好きで「読んで」と持ってきます。
    「ピノキオ」はあまり深く考えずに読み始めたのですが、息子の大のお気に入りとなりました。

    これ以外でも最近、息子が好きで、よく読んでいるのはいわゆるクラシックな童話です。

    「青い鳥」
    「ジャックとまめの木」
    「さんびきのくま」
    「おおかみとしちひきのこやぎ」
    「さるかにかっせん」

    こんなところです。
    エルマーのぼうけんはもう少し先かと思っています。

    ユーザーID:3923591865

  • 物語が好きなお子さん

    エルマーシリーズ、五歳の男の子としては、少し早いかもしれませんが、楽しんでいるならそれが合っているのでしょう。

    私自身は、5歳頃には自分で絵本を読んでおり、小学校入学の頃にはワイルダーの「大草原の小さな家」シリーズや、ナルニア国ものがたりシリーズに夢中になっていました。
    子供達は同じ本を4年生位から。それぞれに時期があるようです。

    とはいえ、読み聞かせではすこししんどいかもしれませんね。

    松谷みよ子さんの、「小さいモモちゃん」や、「オバケちゃん」シリーズはご存知ですか?
    言葉もやさしく、わかりやすいのでおすすめです。
    また、寺村輝夫さんの「ぼくは王さま」シリーズ。
    アニメにもなったので、ご存知かもしれません。

    あとは、エルマーより少しむずかしいかも知れませんが、「だれも知らない小さな国」なんかも、すごく面白いですよ。こちらはすこしずつ、余裕のあるときにでもお試しください。

    ユーザーID:9489479679

  • 5歳なら余裕!

    もう30年以上前だけど、初めてエルマーシリーズを読んだのは幼稚園の年中。普通に理解できましたけど…

    ユーザーID:1082736710

  • もりのへなそうる

    「ぐりとぐら」と同じやまわきゆりこさんの挿絵です。
    言葉のテンポが楽しく、変わった生き物(へなそうる)と
    おいしい食べ物が出てきます。
    うちの子どもたちは大大大好きで、
    何度読んでも大笑いです。
    教訓的なところはまったくありませんが、
    家族中がハッピーになる絵本だと思います。

    ユーザーID:9633533688

  • もりのへなそうる

    本は、楽しく読めればそれでいいのです。
    内容を理解してるかとか、感情移入がどうとか、年齢に沿ってるとか、そんなことはどうでもいいことです。
    大人も同じですよね?あまり興味のない本を「これ読んでどう思ったか?」とか「意味が理解できたか」なんて聞かれても困ります。

    お子さんが好む本でいいと思いますよ。

    エルマーを5歳で、ということに関しては特に早くはないと思います。
    うちの子が通ってた幼稚園では、先生が毎日エルマーのシリーズを読み聞かせしていましたので。(字なんて一つも教えないような野性的な幼稚園です)

    その後もずっと愛読書として何度も何度も読んでいました。
    年齢によって感じ方も変わるようですので、幼稚園の頃にはわからなかったことがある日「これってこういうことだったのか。」と気づいて私に言いに来たこともありました。

    同じころに、「もりのへなそうる」も読んでいました。もうご存知かな?

    その後、ネコのタクシー・やっぱりしろくま、ルドルフとイッパイアッテナ、というように、シリーズものを読んでいました。これだとずっと楽しめていいみたいですよ。

    ユーザーID:6916230469

  • 子供による

    こんにちは、うちには5年の幅で3人男の子が居ります。
    子供によって精神年齢が大きく違うので読む本も様々です。
    物語的な絵本は 佐藤さとるの「コロボックル絵童話」講談社、内田麟太郎の「ともだちや」偕成社
    あまんきみこ「車のいろは空のいろ」ポプラ社、中川りえこ「たんたんのたんけん」学研
    等がシリーズになってます。福音館書店の「こどものとも」定期購読も選べて楽です。
    うちの子は上の子が1年生にはハリーポッターを読み聞かせ始めてて全部読みました。
    モチロン下の子も一緒にベッドで聞いてまし。(全巻読み終わる頃には下の子が3年生)
    マンガも風の谷のナウシカシリーズ7巻もアニメを見た後にせがまれ読みました。
    今は好き勝手に図書館で借りてくれますが、年齢と読書傾向は関係無いですね。
    同じ子でも歴史物、哲学、文学、童話、児童文学、と気分や忙しさで選んでます。

    ユーザーID:5851022258

  • 読み聞かせって理解させるのは二の次だと思う。

    うちは、小3の娘が今年の夏に、
    読みたいとせがんできたので図書館で借りました。
    確か、国語の教科書で本の存在を知ったんだと思います。

    あまりに面白かったのか、
    ストーリーを熱く語りだしました(笑)。

    後でこっそり私も読みなおしたんですけれど。

    おすすめはちびくろさんぼかなぁ、
    とらがバターにという展開は
    未だにインパクト大だと思いますし。
    子供大喜び(笑)。

    ユーザーID:4358284746

  • 5歳なら大丈夫なんじゃない?

    読むのは大変ですけど
    5歳なら大丈夫だと思いますよ。
    寝る前の読み聞かせには向かないと思いますけど。

    うちの子も年長で買いました。
    確か保育園の斡旋の定期購読の中に入っていたと思います。
    当時年長クラスで人気でした。
    初めて見た映画もエルマ―でした。

    ユーザーID:6298193569

  • エルマー、いいんじゃないですか

    小学3年生の子供たちに読み聞かせしたことがあります。
    何回にも分けて。
    想像がふくらむように、どうぶつ島の地図の挿絵をコピーしてあげました。


    読んでー読んでーのリクエストで、細切れの時間に飽きちゃうかと思ったのですが
    数か月かけて読み終えました。
    早く先を読みたい子は自力で読んでいました。

    でも、子供って読んでもらうのが好きなんです。6年生の子でも。

    5歳にしてエルマーの魅力がわかるとは、なんて聡いお子さんでしょう。
    すみずみまで理解していないとしても、お話の雰囲気や登場人物(動物のことも人物とよぶのはご存じですよね)が魅力的で
    きっとお子さんなりに楽しさを感じているのだと思います。

    大好きなお母さんに読んでもらえてうれしい気持ちもあり…
    主様の読み方がたぶん表情豊かだからじゃないですか?

    1巻だけでもいいと思います。

    原文のまま読むのもありですし、易しい言葉におきかえて読んでもいい。
    お絵かきが好きなら、いっしょに島の地図、エルマー、ねこ、ライオン、サイ…
    ワニ、そしてりゅうの子どもまで
    画用紙に親子で描きながら読み進めたら、もっと楽しくなるような気がします。

    ユーザーID:1351577177

  • トピ主

    レイガさんまで拝読いたしました。 皆さまありがとうございます。

    ご紹介してくださった絵本の中で、目新しいには「アリババと40人の盗賊」でしたので、タイトルに惹かれさっそくネット購入いたしました。
    また「ムーミン」シリーズは、一度てにとっただけでしたので、図書館で借りてまいります。

    みーさん
    「もう一人で読ませては?」とのご意見ありがとうございます。
    ただ、私は絵本の読み聞かせを一日でもっとも楽しい息子との時間と思っていますし、「字」を覚えてしまいますと字を追うこと優先でそれこそ感情移入できなくなるのではと危惧しています。もちろん、同じ5歳でも出来るお子さんはいらっしゃるでしょう。でもうちの息子はまだまだ。お話を聞いて絵を見て楽しい世界を旅してもらいたいと考えています。

    レイガさん
    読み聞かせの時間は、朝30分、寝る前30分程度です。本を読んでもらいたいので支度も早いです。レイガさんのお子様たちは「感情移入」しませんでしたか?
    手に汗握ったり、泣いたり笑ったり、不安そうな顔をしたりとうちの息子は喜怒哀楽をはっきり出しますよ。こちらが笑ってしまうほどです。

    ユーザーID:1348593862

  • まさしく今はまっています!

    うちは最近6歳になった年長なので、トピ主さんのお子さんより一つ上でしょうか?

    我が家も寝る前に読み聞かせが何よりも大好きな時間みたいです。

    エルマーも主人が買ってきて、読んでいます。
    長い本、大変ですよね!私の方が眠くなったり。
    エルマーは、2章ずつ読んで、「明日のお楽しみ」にしています。
    「あぁ、もう明日で終わっちゃうよー」とか言っています。

    まあ、全部理解しているか怪しいですが、一度最後まで終わったら、好きな章だけリクエストを受けています。
    という感じであまり深く考えていません。
    男の子は、冒険話が大好きなので、好きな本に夢中になる経験はいいかなと思っています。オススメします。

    ユーザーID:7324454323

  • 現在6歳の息子

    我が家の6歳になったばかりの息子ですが
    『エルマーのぼうけん』の読み聞かせは5歳からでした。
    長編ですので、読みはじめは前回までの簡単なあらすじを
    確認しあってから読み聞かせていましたね。
    読み終わってからはすぐ就寝です。

    『ロボットカミイ』『いやいやえん』『たんたのたんてい』
    『くまのこウーフ』『ふたりはいつも』
    あたりが5歳からお気に入りです。
    『タンタン』シリーズもエルマーのような冒険ものなので
    コマを指で追いながら読み聞かせをせがまれていました。
    (園児にはまだ乱暴な言葉は読み飛ばしています)

    今は『大どろぼうホッツエンプロッツ』を読み聞かせ中です。
    こちらも展開がハラハラドキドキで集中して聞いてくれています。

    ご参考まで。

    ユーザーID:6147050194

  • エルマーのお弁当、忘れられません

    私もやはり小さい時に読んでもらいました。
    エルマーは、冒険のため家を出るとき、「ピーナッツバターとジェリーのサンドイッチ」と「リンゴを六つ」持って行ったんですよね。
    台所にそれしかなかったので。

    小学校1年か2年の時に、同級生が「ピーナッツバターとゼリーのサンドイッチしかないって、変だよね。」と言ったのを覚えています。
    ピーナッツバターとゼリーのサンドイッチなんて、夢のまた夢のように思っていた私は深くうなずきました。
    米国に住んで30年になりますが、ピーナッツバターとブドウジャムのサンドイッチは、一番手軽でお安いおやつだったんですね。
    リンゴを六つというのも、子供にはひどく重苦しく思われたなあ。

    大きくなってから、ボリスの兄弟たちがみんなロシア人らしいと知り、楽しくなった覚えがあります。

    ことほど左様に、あの本は人を引き込みます。
    おたくのお子さんが夢中になると聞いて、嬉しいです。

    ユーザーID:0069641192

  • トピ主です

    引き続き、お返事を下さった皆さま、大変ありがとうございます。
    このような形でのお礼を述べること、お許しくださいね。

    皆さんが書いてくださった内容を拝読していると、何だか楽しくなってきてしまいました。 お一人お一人、子どもの頃の懐かしい思い出の中に、絵本が存在していること、そして「エルマーのぼうけん」が突起して輝いていること。
    改めて、この絵本の素晴らしさを感じざるをえません。

    今ちょうど、息子への読み聞かせの時間が終わりました。
    今日は、2冊目最終のエルマーが2週間ぶりに我が家に帰った場面でした。
    そして、りゅうとの別れ。
    カナリヤのフルートの再会とカン11世との間で繰り広げられる「しりたがりびょう」と「たから」探しに大興奮の息子でしたが、りゅうと別れる場面ではつうーと
    目から涙がこぼれておりました。

    キリ良く「今夜はここまでにしましょう」と言うと、すぐさま3冊目の地図をみて「アッ、エルマーがまたりゅうに乗ってる!もしかしてりゅうのお家にいくのかなあ?」と、大興奮しておりました。興奮しすぎて、まだ眠っておりません。

    続く

    ユーザーID:1348593862

  • ちいさいモモちゃん

    私自身、17歳になる娘も「ちいさいモモちゃん」が
    絵より字の多い初めての本でした。
    エルマーは小学生になってからだった記憶しています。

    花子とアンでは、ありませんが息子さん読書で想像の翼を広げているのですね。

    興味があるのなら大人のいう理解ではなく、想像の世界を楽しませてあげたら
    いかがでしょうか。

    上に挙げた「ちいさいモモちゃん」シリーズは、女の子向けの本かもしれませんが、子供視線の世界観でそれでいてちょっと大人の事情の世界もかかれていて
    大好きなシリーズでした。
    私が子供の時には完結していなかったんですが、自分の娘の時代には完結していたのも感激した一冊でした。

    ユーザーID:0908736618

  • 5歳でエルマー読んでました

    昔は子供向けの童話、文学全集各50巻なるものがありましたが、幼稚園で全部読んでました。
    字は覚えていても、童話の朗読レコードなども聴いていてそれはそれで別の楽しみでしたし、
    感情移入度合はあまり関係ないと思います。
    逆に文字から映像や音を想像するほうが脳が鍛えられるのでは。

    ユーザーID:7773663369

  • 読み聞かせていました

    あまりに懐かしくてレスしてしまいました。

    保育士として働いていたとき ちょうどその年齢の子供たちに
    エルマーを毎日少しずつ読み聞かせていました。
    時間にしたら15分〜20分

    私はあえて
    長い物語を読み聞かせに使っていました。

    それは私の子供時代の実体験によるものです。
    毎日先生が読んでくれるお話の続きが聞きたくて聞きたくて。


    渡した読み聞かせをしたこどもたちも
    エルマー大好きでしたよ。
    おえかきでエルマーを描いたりしてました。


    いやいやえん、もりのへなそうる
    読み聞かせで男女問わず人気でしたね。

    長くても
    すべて理解できないとしても
    息子さんが興味を持っているなら
    きっと楽しい読み聞かせになると思います。

    ユーザーID:4697162423

  • トピ主

    保育士のご経験のあるコリスさんまで拝読いたしました。

    皆さま、本当にたくさんのご意見やアドバイスを賜りまして
    ありがとうございました。

    エルマーが懐かしいと仰る方も多く、改めてこの本は素晴らしいんだなあと
    感じております。息子の理解云々ではなく、現状の様にハラハラドキドキ感を
    親子で共有し、息子が成長し父になり、おじいちゃんになり・・・。
    将来「そういえば子供の頃、毎晩母親が読み聞かせしてくれた絵本は面白かったなあ〜」などと、時々思い出してくれればいいという感情に変わって参りました。

    少々、私は頭でっかちだったように思います。
    皆さまに気付かせていただき、フウ〜と肩の荷が下りた気もいたします。

    そして、今夜ようやくエルマー3冊を読破いたしました。
    16匹のりゅうの脱出を成功させたエルマーに息子は大拍手。
    二度目のの別れでは、もう涙はみせませんでした。

    さて「明日は盗賊の話をしてあげようね!」と言いかけて部屋をでようとしましたら「時間まであと7分あるでしょ!はい、もう一度最初からエルマー!」と1冊目を渡され・・・。
    面白おかしい育自は続きます

    ユーザーID:1348593862

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧