いわゆる高収入世帯なのに貧乏性

レス39
お気に入り101

ねこ

話題

トピを開いてくださってありがとうございます。現地人の夫と国際結婚欧米在住専業主婦、ねこと申します。現在妊娠初期です。

うちの夫はいわゆる高収入、桁違いなお金持ちは置いておいて居住国一般家庭の中では5-10%上位に入ると思います。家のローンもほぼ返済。何不自由ない生活を送っているのですが、元からの貧乏性のせいでお金が使えないことに悩んでいます。

医療費は基本的に無料、あまり周りを気にしない国に住んでいるので特にお金がかかるということがないのもありますが、私自身節約と投資で一千万は貯金がある根が貧乏性な性格なので税金は高いし物価も高いこの国でなかなかお金を使えずにいます。

趣味の習い事やたまに友達とランチしたり携帯代など、または数ヶ月に一回美容院に行くとかしても月々に使うお金の合計はいつも5万円以内。

食物アレルギーもある上この国の外食の味も日本人である自分の好みにあまり合うところが少なく、家で作れば安上がりなのにとかあまり美味しくないのに高いなとか考えてしまう。

欲しいものがあっても定価のものはセールまで待とうと考えてしまい、セールになったらなったで結局勿体無いと買わずじまい。

肌が敏感肌なため、ブランド化粧品は必要ない。妊娠中のためあまり化学成分の入ったものは使いたくない。

若いうちに質の良い服をバーゲンで購入したものだからベーシックアイテムは長持ちしており買い足さずに済む。オシャレをしている人が少ないので、おめかしをするとかえって目立つ。

夫は好きなものは何でも買っていいと言ってくれていますが夫の稼いでくれたお金を使うのにも罪悪感がありますし、たまに私は極貧生活のような心持ちで生きているなあと虚しくなります。勿体無いの感情が先行し全てを損得勘定で生きている自分は良くないのか。

お金を有効活用して素敵に生きている方ってどんな生活や心持ちなのでしょうか。

ユーザーID:1817641478

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 国名・収入がないとなんともいえないのに。

    そもそもその国のは5-10%上位に入るっていわれても
    国名がわからなければ何もアドバイスできませんが?

    貯金その他の必要性も各国の福祉制度によりますし
    有給などの取得率・取得しやすさも違うのに。

    だからトピ主が何がいいたいのかわかりません。


    妊娠初期で仕事してないってことは
    ご自身がその国で働けるほどのスキル・言語力がないのかなあと思います

    英語圏でイギリスと仮定しても
    医療費が基本無料で安心してるあたり何もわかってないんだろうなと思いますし。



    結局夫に囲われているだけの生涯でどうやって生活していったらいいか<日本語>でしか相談できないってことですよね
    もしくは友達も少ないんだろうなと思います


    とりあえず自立してみたらいかがですか?

    ユーザーID:1596902306

  • 好きになる力が弱いんでしょ

    お金が使えないというより、使いたいものがないって感じですね。
    さほど好きなものとか、したいことがない、という。

    私も(勝手にひとくくりにしてごめんなさい)現在のめりこむように好きになるものとか、どうしてもしたいことが少ないので、お気持ちわかる気がします。
    また、下手にお金があるだけに、「買おうと思えば買える」「しようと思えばできる」がよけいに情熱をかきたてないのかもしれないなと思っています。

    若いころ、ある趣味にハマって、それこそお金なんかまったく惜しくない気持ちでそれに費やしていました。
    もう興味なくなったけど、その時に使ったお金は、今もまったく無駄だったとは思いませんね。
    あの情熱とか、夢中だった気持ちを思い出すと、好きになる力って要するに幸福になる力なのかなと思ったり。

    理解できないけど、アニメとかのオタクってすごくお金使うらしいけど、そんなに好きなものがあっていいな、と思います。

    主さんはもうすぐお子さんが生まれるんですよね?
    きっとそのお子さんに使うお金は惜しくない!って夢中になりますよ。
    子育てをめいっぱい楽しんでくださいね。

    ユーザーID:4273918719

  • 性にあうならそれでいいと思うけど

    私も生活費に不自由していませんが、趣味は図書館通いと登山です。

    ふと無料で借りてきた本を読んでいて「私って全然お金かからない女ね」と気づき可笑しくなります。

    けど気ぶっせいブティックで買い物しても楽しくないし、夫婦ともに食事は私が作ったものが一番おいしいと信じていますし、今の生活でなんの不自由も感じません。

    ただ大きな買い物をするとき(不動産や車)は制約なく好きなように出来るので、そういうストレスフリーな環境が、暮らしの随所に贅を求めない余裕に繋がっているのかな?と感じます。
    日々節約して、さらに節目にも節約して、だとやっぱり辛い。
    なのでトピ主さんも「使いたい時に使う」ようにして、普段は自分らしく暮らしていれば良いのではないですか。

    セレブ雑誌とか見ても真似したいとは思えないんですよね。疲れそう…

    ユーザーID:7732412112

  • 自分のお金じゃないから

    兼業主婦。年収は平均よりかなり上。
    主人も同様。

    いわゆるうちも高所得者ですが、貯金はあまりありません。そう、使うほうが多いのです。

    それは自分で働いて稼いだお金だから。

    こどもたちの教育費は別として、自分へのご褒美(ランチ、海外旅行、ブランド商品、外食、嗜好品など)はかなりの額です。

    もちろん貯金も家のローンもしています。
    お金は有効に使わないとね。

    自分のお金なら結構使えるもんですよ。

    ユーザーID:3045007884

  • 習い事、昼食、携帯代、美容室

    で月五万円なら結構使っていますよ。心配する必要なし!

    ユーザーID:8698081969

  • 自己分析してみる。

    匿名性が高いので本当のことを言います。主人と私の貯金額を合わせると5000万円は超えてます。まだ、子供がいないため家は購入していませんが。それでも、ねこさん同様、お金を使えません。

    主人と共通の趣味は読書と散歩(と言っても往復20kmぐらい歩きます。)私の趣味は投資と節約。食費も極力抑え、美容院は半年に一度(必要ないから)、お化粧は基礎以外ほぼなし。読書も中古屋さんに行くか図書館のことも多いです。二人とも、お金を使えない。分析してみました。

    彼はお金を使うということ、モノに興味がない。私は幼い頃両親がお金を巡り、大喧嘩を毎日してたトラウマがあるから。すでに、おこずかいを貰う歳から全額貯金。働いたお金はなるべく投資に回す。無論、寄付もしています。そして、将来は、足長おじさん的なことをしたいと。まだ、まだ足りない。基礎のなる資産も体力も知識も人脈も。

    周りからケチだと思われても、気になりません。誰かの役に立ちたい、その気持ちがあればどうなろうと、快活に生きていける。
    生涯をかけて追いかけたいものはありませんか?お金より大切なものみつけて!いつもとは違う種類の読書してみては?

    ユーザーID:1415787379

  • 感覚の違い?

    高収入世帯とあったので、物凄くお金持ちかと察したのですが・・

    >節約と投資で一千万の貯金

    これって物凄く少なくてビックリしました!

    高収入なのに貯金が一千万円ですか!?
    一桁違うのかと思って何度も見直したのですが。

    今の生活をして、もう少し貯金した方がいいと思います。

    うちは日本で中流だと思いますが、トピ主さんの数倍は貯金ありますよ。

    ユーザーID:1752831052

  • 私も教わりたい

    いや〜共感してしまいました。
    夫の収入も、自己資産も、消費行動も、そっくり。
    もっとお金使って人生の質をあげたほうが良いのか?という疑問を抱えているところも。

    で、お金をよりよく使う哲学を求めるようになりました。
    先ごろ学んだのは、幸福学で検証された使い方。
    1 経験・体験にお金を使う
    2 何かを頑張って、ごほうびとして使う
    3 他者への投資に使う

    とりあえず私は、寄付やふるさと納税から始めてみました。
    それから応援消費。価値ある伝統工芸や、地元の良店、地域行事などを支える気持ちで。
    また、1との関連で、旅先でふだんできない体験を買う支出には、意識的に財布のヒモをゆるめるようにしています。
    期待外れのこともありますが、それはそれで思い出というか話のタネになり、不思議と後悔は残りません。

    あと「時間を買う」。
    時間でお金を節約しがちだったのですが、
    「人生とは時間である」という考え方にふれ、
    お金で時間を節約するのも大事だと思うようになりました。

    私もまだまだ素敵に使うレベルにはありませんが、
    ご参考までに。

    ユーザーID:8839455131

  • 無駄に使わなくても良いのでは?

    無駄に高いものを買っても興味がなくなればゴミが家にあるのと似たようなものです

    欲しいものにお金を使ってこそ意義があるので、無理に使わなくてもいいのでは?
    セールまで待たなくても試しに買ってみれば自分がどんな気持ちになるか実験してみてはどうでしょうか?


    私は昔セールまで待つタイプでしたが、そればかりでは楽しくないことに気づき少ない数にして定価で買うものとセールで買うものと分けました


    結局欲しいと思った時に買ったものは大事にしているし愛着もあります
    セールで買うもの以上に使う回数も多い気がしますよ

    ユーザーID:7837001789

  • 桁違いなお金持ちなんだと思う

    我が家も夫のみで年収2500万円なので(勤務医です)裕福な方だとは思いますが私が貧乏性です。子供達が小学生なのでこれからお金がかかるというのもありますが。
    saleになるのが分かっているものは定価では買いません。saleになってからやっとショッピングの時期ですね(笑)


    でも我が家は食にはお金をかけていますよ。体は大切にしないといけませんからね

    ユーザーID:7016374267

  • 自分のことかと思いました

    欧州在住、国際結婚、中学生の二児の母です

    レスを読んで自分のことかと思い笑っちゃいました。私が節約生活をしてしまう理由が唯一違うけれど環境はそっくりです。
    理由は私は再婚なのですが、元夫がまともな職につかずお金にとても苦労した過去があるので今だにトラウマでお金を使えないこと。もう一つは私は専業主婦で稼ぎがないので、せめて主人が頑張って稼いでくれているお金の出費を抑えようと心がけていることです。

    いくら使っても文句を言われないクレジットカードを持っていますが、結局買う物は子供の物ばかり。私がたまーに買う服はバーゲンの安物ばかりで、何故ブティックで買わないのかと怒られます。美容院も半年か一年に一回、お化粧品も口紅くらい、携帯は子供のお古、庭で日本の野菜を育てています。最近は苗を買うのは勿体無いとタネから育てています(笑)
    でもそんな生活でも豪邸に住み年に4回は海外旅行、日本の実親の援助までしてもらっています。日頃は節約し使うことにはどーんと使う、そんな生活ですが満足しています。これも主人のお陰で毎日感謝し楽しく過ごしていますよ。今日も何を節約しようかなー!?

    ユーザーID:5734817888

  • 貧乏性というより・・・

    お金を有効に使って素敵な生活を送っている方は趣味があって教養深い方が多いと思っています。私も欧州某所に住んでいますが、そういった方は音楽や絵画に力を注いでいますし、地域活動も盛んです。

    お金があっても使い道が「消費」しかない方はまあそれなりというか・・・
    あなたの仰る「貧乏性」みたいな生活になるのではないでしょうかね?

    ユーザーID:7592424279

  • 使い道はいろいろ

    欧米人の夫と結婚して10年ほど彼の国に在住して今は日本に住んでいます。夫の国に居たころはずっと共働きでしたが、夫が結構な高収入になり、貯蓄もかなりできて住居費や教育費(小学生の子供2人)も心配がなくなった今、最高の「贅沢」をさせてもらっています。それは・・・学位取得を目指して大学院に戻ること。将来の再就職を目指すという意味では実利的な面もありますが、好きな分野の研究にお金の心配なく打ち込めることの幸せは何にも代えがたいです。学費は自分の貯金を切り崩しているけれど、夫の収入で生活が保障されるからこその「贅沢」です。

    勉強や研究でなくても、モノの消費以外に自分も豊かになれて将来への投資にもなり、少しは社会貢献にもなるような、そんな使い道をされると楽しいと思います。ボランティアなどにお金を使うと、「罪悪感」もないのでは?富める者はチャリティーをするべしというモラルもキリスト教圏ならありますね。あくまで服装は質素に、清貧に、余分なお金は人の見えないところでボランティアや学問に、という生き方が、一番精神が安定して気持ちよく過ごせる気がします。

    ユーザーID:3198284445

  • 誰かの為に、なら

    庶民な私は安物買いの銭失いも多いので、有効活用法は他の人に任せるとして。
    でも、上質な物を買いたい時期(あなたはセール時)に買えて(買える時間が持てて、その時にお金もある)、
    結果長持ちもして新たに買う必要が減っている、それは良い使い方だと思いますよ。
    なんでもかんでも買い続け消費する事が是とは思いません。
    経済を回す為に、売る企業側的には有難い行動ですけどね。

    さて妊娠初期との事ですが、今まで体型や生活パターンなど大きな変化や
    「今この時だけ」という短期的なモノの要る機会が少なかったと思います。
    でもマタニティ生活、子がいる生活は違いますよ〜。
    体型はどんどん変わるし、春〜夏は今ある服は恐らく全て入らないです。
    更に新生児の為の服や月齢毎の育児グッズ、その後も成長は目覚しいので
    数ヶ月〜1シーズン限りの服やおもちゃ、年単位で本や勉強道具が相当必要になるかと思います。
    私は妊婦中マタニティ関係ばかり気になりましたが産んだらもう子供関係ばかりです。

    不思議と子供の為なら勿体無い精神が薄れるんですよね。
    この子のこの時は今だけ、だから「機会を見逃すのは勿体無い」と思うからでしょうか。

    ユーザーID:1768507375

  • となりの億万長者

    トマス・J. スタンリー (著)「となりの億万長者」を読んでください。
    トピ主さんのモヤモヤが晴れること間違いない良著です。

    ユーザーID:7219573090

  • 子供にお金をかければよい

    子供が産まれればかかるので、今はそのままでよいと思います。

    子供はバーゲンで買った質の良い洋服だって何年ももつことはないですし
    欧州のどの国か知りませんが、
    コート、靴、ちょっとしたものが数千円相当
    習い事だって月謝以外に衣類、靴とかかりますし
    発表会などされたらン万円。
    それほど高所得なら学校だって私立でしょうから
    学費だけで年間2−300万円相当(私の住むところでは)
    制服、課外活動もかかるかかる。

    共働きでやっと二人分の子供経費を払っている私からしたら
    高収入と自ら言えるくらい稼げるだんなさんでうらやましい。
    四人くらい産んで皆私立へ余裕へ入れられるんでしょうね〜
    私は子供好きなので超うらやましいです。

    ユーザーID:0596894057

  • 何を手に入れるか

    主様、モノに対する経済的な内容ですが、考え方を変えましょう。

    海外のお金持ち(平均的高額所得者)は先ず、時間をお金で買いたがります。何かをやる時間を最大限、手に入れたい為に、家事やシッターやデリバリーをお金で頼む。
    次に、本当に仕事もしなくとも生活能力が有り、寄付もバッチリで趣味も全てをやりつくした人。精神世界に行かれますね。精神世界探索とでも言うのでしょうか。

    他にも有りますが、本当の裕福とはモノでは無いですよ。そこに囚われている間は預金するしか能が無い生活になります。

    ユーザーID:9417441410

  • お金をつかう×

    経済をまわす○

    こういう気持ちに切り替えて下さいな。

    経済がまわれば、ハッピーになる人が沢山いるのです。
    よろしくお願いします。

    ユーザーID:1830190861

  • 貧乏性は贅沢な癖だから問題なし

    節約するのは別にいいんじゃないでしょうか。誰にも迷惑はかかってないし。
    たとえば子供の育児費や教育費を出し渋るとか、食費を削って健康を損ねるとか、見るからに清潔感のない服を着るとか、出さなきゃいめないときにケチるとか、こういった実害があるのなら問題ですが。

    本当の貧乏は生死や子供の将来に関わるものです。
    お金の使い方もセンスだと思うので、それが自分のスタイルだと納得すれば気楽になりませんかね。

    まあ日本国民としては、できればお金は貯めずに日本で回してくれたらとは思いますが。
    あ、でも月に専業主婦のお小遣いが5万円っていうのは一般的には貧乏性とは言わないかも(笑)。

    ユーザーID:9307368848

  • そのままで

    我が家も高所得世帯に入ります。私自身贅沢な趣味はなく、せいぜいおいしいものを食べに行く程度でした。
    しかし!子供が生まれたら生活はガラッと変わりました。
    子供はあっという間に成長していくので、毎シーズンごとに服は買い替え。習い物に行けば、月謝に加えて発表会などの諸費用。子供を連れて出かける機会も増えます。実家に帰省する回数も増えましたし、その途にかかる旅費も増えました。
    子供がいるとみる見る間にお金が飛んでいきますので、妊娠中の今のうちは無理に使おうとしなくていいと思います。

    ユーザーID:6906021744

  • 性格に反して無理して消費しようとしない

    トピ主さんは、欧米在住とのことですが、欧でしょうか米でしょうか。医療費がかからない、税金が高いとのことで多分北欧の1国ではないかと推測されますがいかがですか?
    私も欧州の小国に住んでいます。物価も高い国です。

    日本に帰った時は、値段を考えずに買ったり、食べたりしていますが、こちらでは欲しいものがなく、全く購買意欲がわきません。
    私の場合はトピ主さんと違い、20代で結婚した時は(今はもう50代)お互い貧乏でしたが、今は生活にゆとりがあるぐらいになりました。でも、やはり性格的に貧乏性なためか、節約の2文字が頭の中に陣取ってます。
    でも、無理に高いものを買ったとしても、かえってストレスになってしまうので、これも私の性格と受け入れて、本当に欲しいものにだけ財布を開くようにしています。
    トピを読んでも悩みが何なのかよく分からなかったんですが、「お金を使えない」ことが悩みなら、「ご自分の性格に反して無理して使わない」と考えるのも一案なのでは?

    ユーザーID:0953318312

  • トピ主です

    投稿くださった皆様、ありがとうございます。また私の文章が稚拙なせいで分かりづらい部分があり申し訳ありません。

    通りますさん
    具体的な国名はご容赦いただきたいので書かずにおりました。厳しい意見をありがとうございます。以前妊娠初期で流産した経験があるので無理しないようにと夫が言ってくれて私自身もまた流産を繰り返したくないので現在仕事はしていません。働くことが好きですし、幸いこの国でも働き先を見つけることが難しくない専門職のためちゃんと出産できて子育てがひと段落したらまた働きに出たいと思っています。仰る通りもし身内に試験的治療や保険適用外の治療が必要になった場合を考えると出来るだけお金を貯めていたいというのも私がお金を使えない一つの理由です。

    Pasengoさん
    やりたいことは独身時代にほとんどやったと思っていましたが、また出てきますね。それでもやりたいことにお金がかかると思うと控えてしまう貧乏性な私です。無事出産できたら子供のために惜しまずお金を使えるといいな。激励ありがとうございます。好きになる力が幸せになる力っていい言葉ですね。素敵なお言葉、心に留めていきたいと思います。

    ユーザーID:1817641478

  • トピ主です

    生姜さん
    私も図書館通いしてます。無料だし本や雑誌がたまっていかないし。登山はしませんが自然が好きなので公園を歩くだけで幸せな気分になり私も自分はお金がかからない女だな、と思ってしまいます。同じような考えの方がいらっしゃると知って安心しましたが、生姜さんのように不動産や車など気に入って買いたいものは買うという生活素敵ですね。私も生姜さんのような感覚を身につけられるよう視点を変えてみます。

    ちゃらんぽらんさん
    貯金はしつつ有効なお金の使い方、お金を豊かな生活をするために使われているちゃらんぽらんさんが羨ましいです。元来貧乏性なのかそういうことが自分で稼いだお金であろうとなかなかできない性格ですが、我慢ばかりしていないで少しずつ財布の紐を緩めていきたいと思います。

    おっちゃんさん
    五万円使える月はほとんどありませんが、月に五万円なら使っている方というお言葉に安心しました。なんだかほっとしました。ありがとうございます。

    投資が趣味さん
    投資と貯金に勤しまれておられご主人が20km歩かれるとは素晴らしいですね!投資が趣味さんと私も似た環境で育ち価値観も似ているのかもしれません。続きます

    ユーザーID:1817641478

  • トピ主です

    投資が趣味さん
    続きです。またご寄付をされている点、寄付見習いたいと思います。お金より大切なものを見つけて!のお言葉に涙が出そうになりました。ありがとうございます。

    らっこさん
    表現がわかりづらくて申し訳ありません。貯金一千万円以上というのは私が結婚前の20代半ばまでに貯めた額です。夫婦の共同口座の貯金額ではありません。

    サリーさん
    時間を買う、応援消費、旅先で体験を買う、という考えに目が鱗でした。体験や思い出にお金を使うって素晴らしいですね。また人のために役立つ寄付も素敵な考えです。今の自分がお金はたまるけどお金に縛られる生活のように思えてきました。散財になるんじゃないかと怖くて知らず知らず自分を抑え、本来旅行が好きなことさえ心の奥にしまっていました。アドバイス、本当にありがとうございます!

    ユーザーID:1817641478

  • 自分以外に興味は?

    自分の身の回りくらいにしか目はいきませんか?
    まだお若いのですから、したい体験はいっぱいありませんか?
    妊娠中はできないかも知れませんが・・・。

    目に見えるものにしかお金をかけないとしたら、ちょっとさびしい人生です。
    例えば、まだ子供の生まれないうちに(胎教のため)クラシックコンサートに
    出かけてみるとか、そのために、周りの人を不快にさせないためのちょっと
    良い服を買うとか、行動を広げると、お金っていくらあっても足りないのね、
    ということに気が付かされます。

    募金などの社会参加も喜びのひとつです。

    お金に執着していても、墓場にまで持っていけません。
    また、「若さ」はお金では買えません。

    家計簿を付け、死ぬまでの預金計画概要をたて、このくらいなら使ってOK
    という目安をつけたら、あとはどうやって使うか、楽しんでください。
    若い時にしか出来ない経験、いっぱい積んでくださいね。

    ユーザーID:0672641881

  • 自分のためには使えなくても

    お金をどう使うかは御自身の好みでよいと思います。
    たくさんあるからたくさん使わなきゃならない、なんて事もないです。

    赤ちゃんが生まれたら一緒にしたい事が次々に出て来ると思います。
    自分のためには使えなくても、子供のためには使いたくなりますよ、きっと!
    赤ちゃん楽しみですね!どうぞ素晴らしい人生を!

    ユーザーID:6030539485

  • 無理して使う必要なし?

    トピさんの貯蓄ってある程度働いていて結婚した方ならごくごく普通じゃないですか?
    むしろ少ないくらいです。
    ご主人がそれなりの方だとディナーなどちょっといいレストランなどに行きませんか!?
    それなりにいいワンピースなど着ないと恥ずかしいかと思いますが・・夫婦でクラシックコンサートに行ったりお芝居見たり…
    我が家は勿論日本でですが、歌舞伎や芝居、鉄板焼などによく行きます 。着物何着よう〜とか季節に合う着物を京都まで買いに行こう。などお金は使いますね。
    勿論ローンはないし将来の年金も今の生活レベルと変わらない額は積み立ててあり、貯蓄も充分です。
    子供が産まれれば、もっと使えなくなるんじゃないですか!?別にいいと思います。

    ユーザーID:2273201313

  • 貧乏なめんなよ?と言っちゃうぞ?!

    月に5万も趣味に使える貧乏はいないですから、十分お金持ちな生活をされていると思います。

    全然貧乏性じゃないので、気にすることはないと思いますよ。

    多分自分には使えないけれど、大事な人のためには使う、というタイプじゃないでしょうか。
    私もそうなのです。
    計画して節約して、働くことは好きだけれど、自分のためだけだったらこんなに働けたかなあ?節約出来たかなあ?と思います。

    お子さんを数人産めばかなり楽しい暮らしが出来ると思いますよ。お金があると無いとではしてあげられることがかなり違いますからねえ…。羨ましいです。

    出来れば少子化対策が必要な日本でお願いしたいところです。

    ユーザーID:7962591111

  • 貧乏性は顔に出ます

    お金あるなしに関わらず 貧乏性はよくありません(笑)。日本人にありがちなのですが 何でも自分でやろうとする、特に家事や子育て。アメリカ人はベビーシッターやハウスクリーニングを使い 自分は仕事を持ちネイルサロンやジムに行っています。
    ねこさん 時間があれば スタバやコーヒーショップでのんびりすることをお勧めします。一人でもみんな自分が好きな物をオーダーして本やPCでリラックスしてます。不思議と前向きで明るい気持ちになれますよ。

    ユーザーID:1972189277

  • トピ主です

    カシスさん
    バーゲンまで待たずに買った服にほうが愛着があって使用頻度も高いとは興味深いお話です。次回本当に気に入ったものがあればセールまで待たずに買ってみようかと思います。

    班長さん
    やはりお子さんがいらっしゃると色々とお金がかかるのですね。我が家も健康には気を使っているので有機野菜や無添加商品を購入してできるだけ自炊をしていますが、そうすると勿体無いと思ってしまう貧乏性に加え外食の安全性が気になってなかなか外食ができないのですが…ご意見ありがとうございました

    ミルさん
    共感していただける方がいてなんとなくほっとしました。私は子供の頃お金で人が変わったりお金が原因のトラブルを見てからいざという時のために備えておきたいという強い思いが貧乏性になってしまったのかもしれません。お話をシェアくださりありがとうございます。私も種から苗を育てています。笑。ミルさんのように日頃は節約しながら使うときはドーンと使うということかできるように考えを変えていきたいです。

    海外のおっさんさん
    ご意見ありがとうございます。地域の活動や芸術面へ力を注ぐ、という考え参考にさせていただきますね。

    ユーザーID:1817641478

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧