医師を志した理由は?(駄)

レス24
お気に入り91
トピ主のみ0

りんご

話題

このトピのレス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あるあるですね

    私もそうですが、医師や教師は特に「どうして●●になったんですか?」ってよく聞かれるあるあるですね。(笑)

    モテたいからという単純な動悸で医学部に進める人がいるならば、
    それは実家がお金持ちだったという事しか想像出来ない程、医学部の入試は簡単ではありませんよ。
    (言い難いですが一部の私大を除きまして…

    当方、国立大医の出ですが、周囲で多かったのは「理数系が著しく出来た」為に選択肢が広がっていて、
    更にそこから人体への興味があった人が多かったですね。
    数学物理化学が出来ないと医学部はまず入れませんからね。(笑)
    国立だとそこに+αで教科が増えますが。


    さて。当方は単純に「医学が学びたかったから」です。
    人体、医学そのものが学びたかったので、医学部以外の選択肢が無かった。

    ユーザーID:6283605579

  • こういう人もいます

    夫(アメリカ人)が医師です。彼の場合、学部時代に仲の良かった友人がメディカル・スクールに出願するのにMCAT(アメリカの医学大学院受験の共通テスト)一緒に勉強しようと、と誘われてふらふらと(笑)。本人は生化学専攻で、まいいかな、と思ったそうです。あくまでも勉強も悪くないという能天気さ。

    義父がかなり成功した特許専門の弁護士で、世界的な大企業を顧客にいくつも抱えるような弁護士事務所のネーム&マネージメント・パートナーだったので、自分も好きな旅行を出来るだけのある程度の収入は必要だと子供の頃からなんとなく思っていたとか。

    研修医時代の親友(同じく研修医)におまえには切った張ったや、長時間勤務の専門は向いていない。これから伸びるからアレルギーをやれと勧められ、それもいいかと意識してみたら自分に向いていたとそのまま専門医に。

    なってみれば患者さんの信頼も厚く、勉強も熱心で悪い医者ではありません。好きな旅行には出かけられますが、自分で開業したら長時間労働。長時間労働が嫌で専門決めたのではなかったの?大学に入る前からずっと辿ってきた過程を見てきたので大変だな思ったり、笑えたり。

    ユーザーID:6111696515

  • どんな仕事でも誠実にするかそうでないかの違いだけ

    病気になって医師の世話になって、新鮮な驚きを持たれたのですね。

    でも、それはどんな仕事でも同じです。仕事を誠実にする人とそうでない人がいます。トピ主さんは誠実な医師に出会ったのでしょう。そうでない医師もたくさんいるので、このような問いは意味がないと思います。

    医師だけが特別ではないと思います。幼稚園や保育園の先生だって、子供達の命を預かっていますよね。鉄道の仕事でも自動車を運転する仕事でも建築の仕事でも、多くの人の命を預かっています。医師には、直接、接したから感動しただけです。世の中のたくさんの仕事をしている人達のことを考えてみて下さい。

    ユーザーID:0671146676

  • 勉強しか出来なかった

    40代未婚医師(女性)です。

    ものごころついた頃から
    容姿は悪い
    手先も不器用
    愛想なし
    運動まるで駄目
    その他の芸術系習い事…上達の見込みなし
    性格も悪い(可愛いげがない、生意気)

    学校の勉強(成績)だけです。
    飛び抜けて出来たのは。

    全教科高偏差値で正直学部はどこでも良かったのですが、イメージ(高収入、高ステータス)で医学部にしました。
    両親は共働きの公務員。
    国立の医学部なら、と反対されませんでした。

    今思えば幼稚な選択で恥ずかしいですが
    あながち間違いではなかったです。

    お陰で生涯独身(ほぼ確定)でも、後ろ指は指されずに済みそうです。

    ユーザーID:4309396263

  • 丈夫なブス

    ずばり、ブスで丈夫だったからです。産まれたての私を見て、公務員だった両親は、この子は顔では生きていけないと瞬時に判断し 勉強の道へと… 地頭はあんまり良くなかったですが、とにかく丈夫で体力あったため、受験勉強乗りきり、国立医学部へ。おかげさまで、3人の子供も残念ながら人並みの顔ですが、異常に丈夫で、仕事に穴をあけることはありません。 美人が羨ましかったなぁ。でも親の先見の目に感謝です。以上、170センチの丈夫な四十代女性医師でした。

    ユーザーID:5545976334

  • 理由は3つ

    まだ医師ではありませんが、来年国家試験を受ける者です。
    医師を志した理由は大きく分けて、3つあります。

    1つ目は、一番身近な職業であったということです。
    幼い頃に大病し、現在まで経過観察を続けてきました。
    そのため、病院が日常の一部であり、自然と医療職を志していました。
    両親、親族共に医療者はおりませんので、もし病気がなければ全く別の職業を選んでいたかもしれません。

    2つ目は、女性でも確実な就職、収入が見込めるということです。
    結婚や出産はしないと決めておりますので、一人でも生きられる職業を考えました。
    また、経済的安定がなければ、助けたい人を助けることもできません。
    万一、私にとっての友が困った場合に、手を差し伸べられる人になりたいのです。

    3つ目は、実家を早く離れられるということです。
    両親は社会的側面を重視する人であり、遠方の医学部であれば、就職前に家を出ることも許すだろうと考えました。
    他学部であれば実家から通える所に、と言われていたでしょう。寂しいから、と。

    面と向かって聞かれた場合は1つ目の理由を答えます。
    周りに聞いても、幼い頃に医療と関わりのあった人は多いです。

    ユーザーID:0558645289

  • どこかで憧れのまま

    医師になるのはとても難しいこと、責任も大きい。このあたりは言葉にできない位の重さを感じながら悩みました。
    そこに手に職なんておまけもあったりもして悩みまくり。

    憧れていますよ、今でも、私よりもずっと優秀な方も多いですから。

    少しだけ理想を捨てられない子供のような愚かな私自身。
    それよりも辛いことも多く、投げ捨てたい気持ちになることもあります。予想通りとも思います。
    助ける喜び、というのはほんの少しの私自身の生きる喜びです。

    ユーザーID:1658219340

  • 男女平等

    元一般企業に勤めてた女性医師です。

    勉強が取り柄だったので、それが直接高収入に結びつく仕事がいいなと。

    こんなに男女平等な世界も珍しい。

    一般企業とは全く違いますね。

    子供は頭が良かったら、娘は女性医師に、息子は好きにしていいよって言うつもり。

    ユーザーID:7705830657

  • 親から逃れるため

    実家は開業医。
    しかし、医師である父親はかなりの毒親。

    医学部志望というと親はニコニコ顔で上機嫌。
    医学部に行きたくないという兄弟に対しては、もの凄い威圧、叱責。

    なので、私は表面上は「医学部志望」と親を喜ばせて油断させておいて、
    実家から遠く離れた大学の医学部に入り、そちらで結婚就職して、実家とは疎遠にしています。

    実家を縁を切ったところで、医師なら女性でも自立して生きていけるし、という計算もありました。

    幸い勉強は得意だったので、大した努力もせずに大学受験も国家試験も楽に突破しました。
    強い意志を持って努力をしたわけでもなく、社会の役に立ちたいという動機でもないので、
    医師として奮闘するところまでは行けず、ゆるい施設で半日のみの仕事をしています。

    なので、本気で「人のために!社会のために!」という医師に対しては、尊敬の念を抱いています。
    夫がそういうタイプの医師です。
    子供は夫を見て育ったためか、医師になれとは一言も言ったことがないのに、自ら志望して医学部に通っています。

    ユーザーID:4233519126

  • 特別な感覚ではありません

    普通の地方公務員の家庭に生まれ、普通の公立高をでて、普通の国公立を出て、ありふれた田舎で医者をやっています。
    身内に医療関係者はいません。

    医者家系とか、こどもも医者じゃないと、とかそういう意見が出そうな気がするので出てきました。
    もうそういう偏見を助長するような医者にうんざりなんですよね…。
    そういうひともいますが、そうじゃない人もたくさんいます。
    感覚としては、法学部とか経済学部に進むのと変わりませんでした。
    だから、他の理系の学部とも迷いましたよ。最終的には手に職をつけたかったので、医学部を選びました。
    物凄く頭はよくないです。医学部に入れる程度の偏差値があった。ただそれだけです。

    医者の中には選民意識を持ってるような方もいるかもしれませんが、正直めんどくせー人だな、と思います。
    弁護士にもいろんな人がいますよね?医者だって、いろんなひとがいます。

    普通の勤務医ですからね。サラリーマンですよ。特別なことなんてなくて、普通に働いて、嫌なことも我慢して、普通にがんばってますよ。

    ユーザーID:4188294445

  • 不純な動機

    親族に医師無しです。

    正直に言いましょう。
    ブスで、性格の悪い女子だったからです。

    絶対にヨメにもらってもらえない私、手に職を付けねば生きていけない、と思ったのです。
    お勉強はできました。受験勉強なんてゲームと同じですから。

    医師になれば、女でも独りで生きていける、そう思ったんです。


    今はご縁があって、結婚して母となりましたが、意外と医師として適性はあるようで、わざわざ拙医を指名して来院してくださる患者さんもいらっしゃいます。
    最善の治療を提供できるよう、日々ゲームではない勉強をしています。

    ユーザーID:1132100937

  • 6年間大学生できるから

    大学のレジャーランド化が言われた時代のことです。
    高校の近くに私立の医学部があり、楽しそうに学生生活を送っている学生さんを見ていいなぁと思っていました。一方で国立の理系学部に進んだ従兄弟達は授業、研究室、さらに院試のための勉強でいつも忙しく競争も厳しそうそうだったので院を受けなくても6年間大学生できることは魅力でした。さらに当時から女子力に乏しい自覚があり、普通のОLさんのような仕事は自分には無理とわかっていました。
    なまくらな動機で入学しましたが生憎入ったのが地方新設で、集中講義で夏休みは削られ、6年秋頃まで国試とはあまり関係のないマニアックな試験を課され、死ぬほど勉強させられました。同級生の中には最初から使命感や特定分野の研究に燃えている人もいましたが、1浪しても○大に受からなかった、結婚できそうもないので手に職から婿探しまで使命感の少ない動機も多かったです。

    ユーザーID:1308777431

  • 医師じゃなくてすみません

    妹が医師です。

    同じ親から生まれてきたのに、姉(私)と性格や好みが違うのは遺伝子レベル的な事なのか?と思い、研究者になりたいと思ったのが小学校5年の時。
    その後、中1の時に「もしかしたら自分は結婚しないかもしれない。女一人で生きていくのに困らない職業に就きたい」と医師になる決意をしたそうです。
    「こんな理由ではダメかな?どう思う?」と聞かれたので「動機がどうであれ、結果が全てだよ」と答えたのを覚えています。

    実際医学部に入ったら、医師の子は3割ほど。(国立だったからでしょうか)
    残りは「頭が良すぎて医学部」か、「人を助ける職業に就きたい」「憧れ」だったようで、妹のような動機の人間はいなかったようです。

    不純な動機でしたが、ひたすら勉強し、患者さんや先輩・同僚医師ときちんと向き合い、月1回の休みも取れない激務をこなしています。
    彼女は「高尚な理由でないと立派な医師になれないわけじゃないし、命を助けたいという情熱があっても知識や根性がない人は医師には向いてない」と言ってますけどね。

    ユーザーID:6320519486

  • ありきたりな理由をいくつか

    40代男性、国立総合大卒
    ハンドルネームの通りのマイナー科稼業です

    子供の頃は病弱だったため 小児科医師にあこがれていました。
    幼稚園時代から「医師になる」と公言しているイタい子でした。
    家族には医師はいません。
    いとこには獣医師が複数おりますが 全員が公務員で 豊かな家系ではなかったです。まあ そういう家だったので進路には理解がありました。

    高校時代は国際貢献や公衆衛生に興味があって 英語と何を思ったのかフランス語の自習をしている壮絶に浮いた学生で、「手に職」という意識は強固にありました。
    「手に職」意識は今も残っていています。

    「給料が良い」は高校生時代から研修医時代まで全く意識していません。
    自分にあった居場所を探していたら変な偶然に流されて今のポジションに漂着した感じです。

    「モテそう」に関しては 医学部に合格した後の短時間 ちょっと意識していました。うぬぼれていたのでしょう。でも まったく浮いた話はなかったです。

    余談ですが、国立医学部でも親が医師の子とか大学教員の子が多かったです。全体的に裕福な家庭の子も目立ちました。そういう子って品が良くて地味に賢い印象でした。

    ユーザーID:5410643053

  • 続きです

    続きです。ごめんなさい。
    安全な志望動機言っておくと、なんか自分自身でも本当にそう思ってる感じになっちゃうんですよね。でも表面上そうなだけで、人の命を救うことにメラメラとした情熱を燃やしながら、医学部に入るって人は、とっても少ないんじゃないかと思います。

    でも、「金が欲しい」って人も極めて少ないですね。この世の中、金なら医者以外の仕事の方がよっぽど儲かる、ってことはみんな知ってます。

    じゃあ、結局、何なんだってことになりますけど、先述しました通り、医学部に入る
    =すぐに進路が決まるってことです。工学部に入っても必ずしもエンジニアになるとは限らないし、法学部に入っても必ずしも弁護士じゃない。でも、医学部なら、その先は極めて明確です。社会的にもしっかり認められた職業につく、高校生ごときにもわかりやすい、じゃあ医学部にしとくか、って感じです。僕の場合は。

    ちょっとご心配になられたかもしれませんが、仕事内容もやっぱり明確なんです。目の前の患者に何が起こってることを把握して、歩いて帰宅させる。勉強はもともと嫌いじゃないし、ストレスにも結構強いしね。そして「ありがとう」が最大の喜びですよ。

    ユーザーID:4937133560

  • 平凡な内科医です。親はサラリーマンです。

    よく患者さんから同様なことを聞かれます。面と向かうと、「人を救いたい」とか「役に立ちたい」とか、聞こえのいいこと言っちゃいます。だって患者さんはそういう予想通りなことを、自分の担当医には(ココ大事)望んでいるし、あんまり派手なこと言って心配させたくないですからね。(他の患者の担当医には、ぶっちゃけて欲しいとも思ってるかも!)

    さて、いざ考えてみます。日本の医者は、高校を卒業し大学の医学部に入る時点で、将来は医者になることが決定しているので、高校生のうちからなぜ医者になるかを考えなくては、なりません。ここでも皆、対外的には「優等生的なコト」言っちゃうんですよねー。だって、派手なこと言うと、周りからたたかれちゃうんですもん。「そんな考えで人の命あずかるな!」って(将来患者になる人たちですからね)。結局周りのオトナが、志望動機まで決めちゃうんですよ。だから、多くはやっぱり聞こえのいいこといって、周りを納得させるんですよ。

    続きます。

    ユーザーID:4937133560

  • ブラックジャックに憧れたそうです

    昭和30年代年生まれの親戚は医者ですが、その人の父母は、サラリーマンと公務員の共働き家庭でした。子供の頃読んでいた少年チャンピオンの中でブラックジャックがかっこいい!と思ったのがはじまりだそうです。
    若手医師だか学生の頃、手先が器用で外科の引きもあったそうです。私が聞いたのは、10年以上も前のはなしですが、農村で祖父母に可愛がられ、現役で働くお年寄りを大事にしたいことから、神経内科などに勤めていました。
    お医者さんは、案外、尊敬や憧れでなった人もいると思います。

    ユーザーID:0160839879

  • 医学部生ですが

    あと数年で医師になるのでお答えしてもよろしいでしょうか。
    両親は共に会社員です。

    私自身は大学受験で理工学部を目指していたのですが、前期で受かる気でいたので後期は適当に違う大学の医学部に出願しました。
    ところがまさかの本命の理工学部に落ちてしまい、泣く泣く医学部に進学しました。
    私立の理工学部も受かってはいましたが学費が高く諦めました。
    浪人は勉強が嫌いだったので向かないと思い、選択しませんでした。


    周りの医学部の友人で医師の子供以外ですと、志望動機は、
    親や兄弟の怪我や入院で接して憧れた
    自分が怪我をして治してもらった時にカッコいいと思った
    医者ってカッコいい、モテる
    医者と結婚するには医者になるのが一番
    自分には勉強の才能しかないと思ったから医師という最強の資格を選んだ
    などが大多数です。

    私は医者になりたいなんて全く思ったことがなかったので臨床には進まず、研究に行こうと考えています。

    医者になる志望動機は数あれど、周りの先輩医師や友人を見ていると、皆一律に真摯に学び、治したいという姿勢が見て取れます。
    動機が邪道だろうとなんだろうと一生懸命学んでいます。

    ユーザーID:9650500872

  • 獣医師(地方公務員)の親を見て

    自分にもこの分野に適性があると思ったからです。
    国立の入試では必要以上の苦行を強いられたと思っています。
    医業を遂行していくのに、あれほどの受験勉強をする必要はありません。

    ユーザーID:1716714045

  • 人と関わる職業

    女性医師です。

    家は中の上くらいの収入のサラリーマン家庭でした。

    高校時代に理系専攻し、さらに志望学部を選択する段階で、「人」と直接関わる仕事をしたいと考えました。理系から進む職業の中で人と関わる仕事、として一番イメージしやすいのが医師でした。
    医以外にも薬看なども候補に挙がりましたが、非医師の医療関係者である親族からは、「医師になれる能力があるなら、非医師の医療者より医師の方がよい」とアドバイスを受けました。
    またその他に、その学校は三割は医学部へ進学するという環境で、そういう環境要因も大きかったと思います(友達が行くから私も…と言うと軽すぎますが、同じ目標に向け切磋琢磨という感じでしょうか。)

    というわけで、決して小さい頃から医師を志していたわけではありません。

    今、臨床医として頑張る原動力は何かと聞かれたら、病気を治療できるのは医師しかいない、という自負だと思います。

    トピ主さまが今後も医師の助けを得て病を完治されますようお祈りしております。

    ちなみに私の通った国立医学部では「医師の子」より「非医師の子」の方が多かったです。

    ユーザーID:7952465175

  • 医師からです。

    私は高卒後、頭が悪いので文系の私大に進み、その後サラリーマンなどを経て、27歳で国立大医学部に入学しました。父親は医療とはまったく無関係のサラリーマン、高校時代はまったく医師になろうとは思いませんでした。むしろ血や内臓を見るのが大嫌い。昔はよく、開業医の待合室に解剖図がありましたが、ああしたのを見ると子供のころは気味が悪くて仕方なかった。だから、高校時代までは、絶対に医学部なんかいくまい、と思っていました。あんな気味が悪い勉強するやつの気がしれないって思っていました

    大学時代、ハンセン病の人たちと触れ合う機会があり、遅まきながら医師を志しました。5年間、働きながら受験勉強をしました。おかげで親からの仕送りなしで医師になれました。その後、15年かけて、奨学金も完済しました。

    年を取ってからの受験勉強はそれはそれはつらかったです。お金がないので予備校もいけなかった。職場の人から、なんで数学の勉強してるの?とか言われて変人扱いされたり。しかし今はあの時に苦労して医師になっていて本当によかった、と思っています。

    頭が悪くても金がなくても医師になった人がここに一人はいます。

    ユーザーID:6397784555

  • 6歳の頃入院したから

    夫が医師ですが、普通のサラリーマンの子供です。

    主さまは、医師から直接聞きたいと言われてますが、小町を見てる医師は少ないと思うのでレスしました。

    夫が医師を志したのは、6歳の頃入院して、医師の仕事にあこがれたからだそうです。
    親は普通のサラリーマンだったので、国立の費用しかなく、浪人した時は、親から、医学部ではなくもっと入りやすい学部に変更するように勧められたそうです。

    兄弟や親戚にも医師はいなくて、「お前がなれるわけない」と言われ、余計に勉強を頑張ったと言ってます。

    私の高校は進学高だったので、同級生で、医師の子供ではないけど医師になった人は沢山いますよ。

    ユーザーID:3539465642

  • 医者の子供が多いのは

    医者の子供は医者になって当たり前という世界です。もし医学部に進まなくても、医学部に匹敵する大学に入学して当たり前。

    医者の子供が医者になれなかった場合、負け犬と笑われます。多くは、母親が学歴がない事が多い。そういうのを揶揄して、あそこのお母さんは短大しか出てないからねとか笑われます。

    妻に若さとか容姿を求めた医者ほど、子供の進学問題で失敗しています。

    私の場合は人に感謝されることだけでなく、女性でも男性に媚びずに生きていける職業だからというのが大きかったです。
    夫の気分次第で、離婚され、夫の顔色を伺いながらビクビクするより、手に職をつけて、自分で稼いだ方がいいと思った部分も大きい。

    子供時代は勉強ばっかりで、ドラマなんかも見たことがなかったです。おしゃれも封印して、勉強しました。
    オカゲデ、今人様に感謝され、それなりの給料をいただいています。

    自分が努力して医者になったので、夫は医者ですがと虎の威を借る狐タイプの奥さんは軽蔑しています。

    ユーザーID:1141063187

  • すみません、

    私、医者ではないですが、自分が医者にかかるとき、たまに聞きます。

    「先生はどうして医者になったんですか?」って。

    今まで5人くらいには聞きましたが、一番納得した答えは、

    「生物が好きだったけど、実験はきらいなんだ」

    という答えでした。(アメリカでのことです)

    そういえば、アメリカでの友人が医者になりましたが、彼の口癖は「お金儲けするんだ〜」でした。

    今、フロリダで整形外科医をやっています。

    ユーザーID:8302045224

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧