妊娠・出産・育児

ハーフ 自閉症

レス28
お気に入り54

マノンレスコー

子供

はじめまして。日本とヨーロッパのハーフで自閉症の3歳半の女の子を育てています。日本在住です。ハーフで自閉症の子供はとても少ないと思いますが、もし同じような環境の方がいらしたらと思って、思い切ってトピを立てました。2歳代で軽度知的を伴う自閉症と診断、ABAの個別療育を日本語で受けています。現在2、3語文の一方的な要求や状況説明はするようになりました。「ジュース飲みたい」「信号赤い」、とか、「ママお料理してる」、とかです。でも知的には2歳レベルです。質問にはかろうじて名前と年齢だけ答えられます。そのほかはオウム返しとエコラリアばかりです。夫が日本語があまりできないので、どうしても2ヶ国語環境になってしまっています。とにかく目でみたものをそのまま連呼するのです。「信号赤い」「信号青い」とか、「タクシー白い」とか「電車走っている」とか。こういう一方的な状況から多少でも会話ができるようになるものなのでしょうか。ABAの先生には段階を踏んでできるようになっていくといわれていますが、不安です。他のお子さんの状況を聞いても、自閉症の症状はそれぞれなので比べるものではないのかもしれませんが、少しでも希望を持ちたいので、うちはこうして会話ができるようになった、という例があれば教えて頂けませんか。よろしくお願いします。

ユーザーID:6236234808

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数28

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大丈夫だと思いますよ〜!

    小5の息子が自閉症です。
    都内渋谷区在住で、療育等でハーフの自閉症のお子さん何人も会いました。
    正直、けっこう多いですよ(笑)。
    学校のハーフ率に比べて、療育の方が明らかに確率が高い気がします。
    なんでかな?
    ハーフ家庭の方が療育につながりやすいのかも。

    で、言葉の問題ですが、女の子ですし、
    現在言葉が出てるのでしたら、会話できるようになると思いますよ。
    エコラリアは年とともに減っていきます。
    知的発達もまだ伸びる余地はあると思います。
    ウチは3歳半でIQ75と判定されましたが、その後、
    4歳100→5歳107→6歳129、という変遷をしました。
    育てる実感としても1番伸びたのは5歳代です。

    ちなみに初語は2歳4か月、最初の半年くらいはおうむ返し多かったです。
    療育には3歳くらいまでしゃべらない子は結構いましたが、
    みんな就学までにはしゃべるようになりましたよ。
    やや勝手なしゃべり方ではありますが、会話ももちろんOK。

    そういえば思い出すのは小学校の入学式の日、緊張の儀式を終えて帰宅後、ずーっとスポンジボブのセリフをしゃべってたな。
    本人なりのストレス発散なんですよね。

    ユーザーID:6010690218

  • お役に立つか分かりませんが。。。

    もうすでにご存じだったらごめんなさい。

    東田直樹さんと云う方をご存知ですか?

    ご自身が重度の自閉症なのですが、自分の心のあり方などを綴った本を出されています
    私はこの本で自閉症の方への自分の接し方や考えをあらたにさせられました
    20カ国以上で翻訳もされているそうなので旦那様の母国語でも翻訳されているかもしれません
    オフィシャルサイトやブログもあるのでネットで検索してみてください

    ユーザーID:4555134177

  • 答えを選択する練習

    私は青年期に入る重度知的・自閉症の子供(ハーフです)を持つ親で、野花と申します。
    どうぞよろしくおねがいします。
    お嬢様はまだ、「質問」という概念が無い段階だと思います。
    質問をされている、それに答えを求められているという概念がなく、おうむ返しをすることで、ご自身ではちゃんと対応しているおつもりなのですね。
    「質問」って何?の段階。
    専門家の先生の仰る通り、まだまだ発達段階ですので、慌てることは不要かと思いますが、少しだけご家庭でも、「質問をされたらお答をする」という練習をされても良いかもしれません。
    まずは、質問の答えをあらかじめ用意して、2択3択〜と提示し、その中から選択するという練習です。
    お嬢様が喜ばれる質問内容にされると、楽しいかと思います。(つづきます)

    ユーザーID:7868817213

  • つづきです

    例えば、文字付の絵カードで「おでかけします。どこに行きますか?}
    答え(実際の写真やパンフレットの切り抜き)と文字の併用で「公園・図書館・動物園」
    「風船で遊びます?風船で遊びません?」の2択をまずさせる。
    「遊びます」を選択すれば、「何色が好きですか?あかいろ。きいろ。あおいろ。」(文字と実物、文字とイラスト)
    トイレにいくかどうか確認するときも、「トイレいく?」だけでは無くて、「トイレにいきます?トイレにいきません?」と答えを選べるように、2択で質問されると良いと思います。最初はどの質問も、絵カード(文字の併記)で選択させてあげて下さいね。(お嬢様の場合は、すぐにこれらも必要なくなり、言葉だけでのやりとりに移行すると思いますよ。)
    しつこく、文字の併用と書きましたが、私の子供は写真や絵カードだけでは発語せず、それらに文字を付けることで、一気に発語に繋がったという経験があるからなんですね。私は2歳からでもどんどん文字・数字・アルファベットを使用することで、コミュニケーション能力が伸びると思っています。
    長々と失礼しました。分かりづらかったらごめんなさいね。

    ユーザーID:7868817213

  • ローマは一日にして成らず

    個性の範囲に収まった中学生と、軽度精神遅滞がある小学生を持つ母親です。
    小さい頃から、やるべきことを色々とやって来ましたが、レスのタイトルに尽きると思います。
    出来ない事を考えるよりも、出来ることの喜びを見出して下さい。
    またスキルを獲得する方法は人それぞれです。結果同じようにできれば、その過程は関係ないです。
    まだお子さん小さいので、見えないことが多く不安も大きいと思いますが、2カ国後マスター出来るチャンスと考え、焦らずプラス思考で行きましょ。
    親が出来ることは限られています。是非周囲の力を借りて、上手に親のストレスを解消しながら、お子さんと楽しく過ごして下さい。お子さんが健やかに育っているかのバロメーターは笑顔です。
    ちなみに我が子の場合、長男は視覚優位でした(現在も)次男は知的な問題なので
    噛み砕きながら何度も教えました。また躾のアドバイスですが「社会で通用しない事は、家でもどこでもダメ」と一貫した教育は、とても役に立ってますよ。あと感情は口に出してあげて下さいね。「お母さんは今怒ってる」とか。それも良いと思います。自己主張出来るよう育てて下さいね。

    ユーザーID:3209740624

  • 少人数制の団体へ参加

    夫の連れ子が自閉症です
    自然と発達障害の母友が増えていきました
    そこで言葉の遅れのあるタイプのお母さんから聞いた話です

    スポーツクラブに年少から入れていて、やっと小2で、先生の掛け声や他の子の様子を見て動けるようになってきた
    会話は少ないけれど、「学校」という30人前後の集団ではなく学区外の少人数での集まりの中での会話が成立するようになってきたそうです
    お母さんだけが一対一で頑張るのではなく、楽しくスポーツしながら会話して成長していったそうです

    発達障害の塾と普通の塾に週1ずつ通わせているそうで、忘れ物をしない工夫や連絡帳の書き方まで教えてくれるらしいです
    普通の塾は公文ですが、集中して20分程度の学習習慣をつけているそうです
    こちらも学校ではない能力別のクラスでの友人ができるので、良い人間関係が生まれているそうです

    家で学習習慣や集団生活や忘れ物対策まで行うと母親が滅入ります
    私も、そうです
    中学生の娘に朝起きて「トイレは流すんだよ」から声掛けをし続けるのも精神的に限界が有るのです
    一対一で見なくても良い、楽しく成長させるのも手ですよ

    ユーザーID:5239512903

  • 4歳 息子の場合 1

    3歳半で診断を受けました。
    IQは平均的でしたが、やはり会話のレベルは2歳代でした。

    現在4歳になったばかりなので、あれから半年しか経っていないのに、
    会話力は本当に上がった実感があります。

    私も息子の言葉を増やしたくて色々調べました。
    その中で参考にしたものを書きますね。

    1 会話は受信と発信でなりたっている。
     発信ばかり気にするが、受診を伸ばす方が先。
     言葉のシャワーを浴びせるのではなく、子どもが受け取りやすい言葉を投げてあげる事。(親は短いセンテンスで話すこと)

    2 子供が話した言葉を広げる事
     「信号赤い」→「そうだね。赤いね。赤は止まれだね」
     「ママお料理してる」→「そうだよ。○○を作ってるよ。娘ちゃんは○○好き?」

    続きます。

    ユーザーID:2467428569

  • 4歳 息子の場合 2

    3 一緒に絵日記を書く。
     一日の終わりに今日の出来事を一緒に日記に書きます。(全てひらがなで)
     ・今日は公園に行きました。
     ・公園で滑り台をしました。
     ・走って転んで、泣いてしまいました。
     二人で思い出しながら、時々質問しながら書いていきます。
    「滑り台を滑った後、なにしたっけ?」
    「ぶらんこ」
    「そう!ぶらんここいだね。楽しかったね」
     (答えられない場合はすぐに答えを教えてあげる。あまり質問しすぎないこと)

    最後に大雑把な絵をかいておしまいです。
    時々絵に色を塗ってもらったりします。

    息子はこの絵日記が気に入ったようで、自分から「日記かかなくちゃっ!」とノートをもってきたり、日に何度もお気に入りのページを読むようにせがんだりします。

    4 テレビ、スマホ、タブレット の全面禁止
     (子供が起きているうちは親もしない・みない)

    5 子供の意識が向いているものの話をする。
     親が話したい内容ではなく、子供が見ているものの話につきあう。

    半年前は、我が家も本当にエコラリアばっかりでした。
    今はほとんど見られません。

    お互い頑張りましょうね。

    ユーザーID:2467428569

  • ここにいますよ。−2

     主様が専業主婦なら、昼間は日本語で過ごせるわけですし、兼業主婦なら、お嬢さんは外の日本語環境で過ごせるでしょうし、そのうち入園・入学となり、たっぷり日本語環境の中で過ごせます。短期的に見れば、家庭内でも単一言語が良い、ということも言えると思いますが、家庭で父親が子供と過ごせる時間など、短いものです。長期的にみれば、答えはひとつではないです。

     例えばですが、単一言語環境にこだわるのをやめたとすると、そのぶん主様もご主人もエネルギーがセーブされる、と考える。するとそのゆとりから、ご主人が片言の日本語であれ、言葉のない世界であれ、お嬢様と二人での遊び発見した、などなど、ご主人から自発的に、あるいは自然発生的に関わりが起こってくる、というようなことがある。そのような思いがけないことが、10年15年と長い時間を経てから、開花することもあります。

     まだ生れて3年半の、美しく幼いお嬢様の将来に希望を求めなくとも、主様が強くしなやかにおなりになることで、主様が家族の希望の光になることができます。まだお若いであろうご主人の成長が、家族の希望の光になることができます。

    ユーザーID:7454949468

  • ののじ様

    ののじ様
    レスありがとうございます。都内はハーフが多いのかもしれないですね。うちは神奈川なので、なかなかお目にかかれません。というか珍しがられます。金髪青めの夫とのハーフなので、目立ってしまってます。。。息子さん、すごい成長ですね。IQ100ごえ、正常域ですね!!うちは
    2歳10か月で田中ビネー63しかなかったです、それからテストは受けていないのですが、2,3語文がでてきているので、少しは成長しているのかなと。エコラリアも減っていくこともあるんですね。
    一番伸びたのが、5歳代ですか。まだまだあきらめずに頑張らないといけないですね。勇気づけられました。ありがとうございます。

    ユーザーID:6236234808

  • cyobico様

    cyobico様
    ありがとうございます。東田さんの本は夫も翻訳を読ませて頂いております。重度といわれる方でもあんなにも豊かな内面をお持ちだということ、そして娘を理解する上で役に立ってます。

    ユーザーID:6236234808

  • 野花さま

    野花さま
    レスありがとうございます。ご自身もハーフの自閉症のお子さんがいらっしゃるのですね。勇気づけられました。うちの娘は質問って、何?という段階なのですね。
    質問、なるべくしています。ただ、ABAを受けさせているので、絵ガードは使っていませんでした。行きたい場所をきいてみる、ということを今までやったことがなかったので、早速やってみたいと思います。文字、アルファベットの使用ですが、全然興味をもってくれないので、まだ早いのかとおもってあきらめていました。でも野花さんのコメントを読んで、カードにして取り入れてみたいと思いました。ご丁寧にご説明ありがとうございました。ちなみに二ヶ国語環境で両方の言語で療育されましたか?もしよろしければ教えてください。うちはABAの専門家に2ヶ国語で続けても大丈夫と言われてますが、夫の言語は理解するものの、10個くらいしか言えない状態です。これからも日本で生活するので、いらないといえばいらないのですが、夫があまり日本語ができないので、多少でもできるようになればと思い続けてますが、それがますます日本語の成長を遅らせているのかと思うとはがゆい思いです。

    ユーザーID:6236234808

  • うちもハーフです。

    私の6歳の息子も、英語圏の主人とのハーフです。
    2歳頃までの市の発達検診で何度も引っかかり、療育施設に通い、療育手帳も持っていた時期もあります。視線が合いにくく3歳まで言葉が出なかったので、あるクリニックでは自閉症と言われました。
    言葉は3歳になってしばらくして出てきましたが、最初はロボットのような抑揚の無い話し方だったし、一度に色々な事を言うと理解しづらいようでした。例えば、2択の質問をする場合、言葉だけで聞くと答えられないので、一つの選択肢を言いながら握りこぶし一つ提示して、もう一つの選択肢を言いながら握りこぶしを提示して選択をせまると、握りこぶしにイメージを投影できるのか、選択がスムーズにできました。発達障害の子達は、視覚優位であることが多いため、もうされているとは思いますが、絵や写真を用いて教えてあげる事がいいと思います。お子さんは目からの情報はきちんと理解されているし、言葉も出ていますから根気よくケアしたら成果は出てくると思います。
    息子は今ではうるさい位におしゃべりな子になりました。でも、まだ一つの文章に2つ以上の課題が含まれていると混乱します。ちなみに英語は話せません。

    ユーザーID:1970889699

  • ここにいますよ。−1 (送信ミスでした)

    私の場合。欧州人夫。日本在住。20歳の息子が、自閉症スペクトラム(10歳時)です。それ以前にも3・4つ、別の診断名もあります。頑張り屋でユーモアのセンスのある息子です。以下、こんな見方もあるというご参考になれば幸いです。

    2ヶ国語環境について。ご主人は日本語があまりできない、とのことですが、来日してそう長い年月が経っていないのであるならば、ご主人は日本のビジネス社会に慣れることも含めて、外で大変な日常を戦っていらっしゃるわけですよね(ご主人が外でお仕事をしていると仮定して)。

    また、ご主人も主様同様、チャレンジドのお嬢さんにまだ慣れていない。

    療育の専門家や専門書に単一言語が良いと言われても、もっと大切なことは、療育のあせりからパートナーへの要求が過多になってはいけない、夫婦仲が悪くなってはいけない、夫婦仲が悪くなるくらいなら、一旦すこし夫婦の距離をあけて、お互いが自分の足で立つことを優先する。むしろその時その時の、あるがままでよい、それを経験しました

    ユーザーID:7454949468

  • トピ主です

    引き続きトピ主 マノンレスコーです。
    ポメ様
    本当にローマは一日にして成らず、ですね。自分に言い聞かせているとはいえ、苛立ち、あせり、定型発達のお子さんとのもはやうめようもない掘りのようなものを感じ精神的にきつくなっていました。楽しい、嬉しい、などの感情を教えて使えるようにしてあげたいと思っています。プラス思考、がんばってみます。ありがとうございます。
    ふむふむ様
    娘は保育園にいれております。来年年少さんです。ですが、なかなか健常のお子さんとは交われずにいます。そのお子さんは小2で会話が成立されるようになったんですね。うちも先は長いのかもしれないですが、あきらめてはいけないと思いました。参考になるお話をありがとうございました。

    ユーザーID:6236234808

  • トピ主です2

    トピ主です。
    田中様へ
    IQが平均的でも会話が遅れていたのですね。。うちはIQが中度よりの軽度なので、どこまでいくのかわかりませんが、
     「信号赤い」→「そうだね。赤いね。赤は止まれだね」
     「ママお料理してる」→「そうだよ。○○を作ってるよ。娘ちゃんは○○好き?」という会話の広げかた、参考になりました。今までは信号赤い、とほっておくと何十回も連呼するので、「そうだね、信号赤いね」でやめてしまっていました。文字に興味をもってくれないのでまだひらがなは難しいのですが、将来的に絵日記というのもとても良い方法だと思いました。ありがとうございます。
    もみじ様
    私はフリーランスで家で仕事をしているので、週3ほど保育園に預けております。日本語環境ですが、なかなか健常のお子さんの影響をうけて言葉を覚えてくる、というのは今のところない気がします。主人は幸い娘と一杯関わってくれているので、娘も主人の国の言葉を少しは理解し、2,3語文いえる言葉もありますが、10個あるかないかです。おっしゃる通り、娘にばかり希望を求めては落ち込んでいました。私が強くならないといけないのですよね。ありがとうございます。

    ユーザーID:6236234808

  • 二か国語環境

    こんばんは。お父様が日本語を余り話されず、ご家庭での二か国語環境が日本語の発達に阻害あるのでは?ということのご心配ですね。
    私もこの件で随分悩んだ記憶がありますが、杞憂に終わりました。
    息子の例ですが、彼は日本語・英語にとどまらず、中国語・韓国語・ドイツ語、フランス語スペイン語・・・と、殆どボーダレスに興味を持ちました。
    日本語の単語を覚えると、必ず同時に英語では何と言うのか?と訊いてきました。その逆もしかりでした。
    ネイティブな発音ができますので、母親の私が??状態でついていけないことも多々ありました。
    自閉症のお子さんの多くは外国語に興味を持ち、しかも得意だと聞きます。
    お嬢様の場合は、2歳代で既に2〜3語文を話されますので、伸びてくると、むしろ多言語環境は世界を広げてくれるのではないでしょうか?
    息子もお母さんは日本語担当、パパは英語担当と認識していて、相手によって使い分けています。(英語の歌も直ぐに覚えて口ずさんでいます。)
    2歳代は発達が一番気になる時期でもありますので、色々とお悩みも多いと思いますが、応援しています!

    ユーザーID:7868817213

  • トピ主です3

    けい様
    レスありがとうございました。
    うちもロボットのような話し方です。それに言葉が遅れているだけでなく、間違った言葉づかいや発音が正しくできない言葉がたくさんあります。
    自閉が理由というよりは知的な理由で、間違った言葉づかいをしてしまうのかなと思ってます。電車をみたら走っていなくても「電車はしっている」といったり、食事の後、ハイチェアから降りるので、いつも「ごちそうさまでした、降りる」と自分でいうのですが、ハイチェアにすわっていなくても(畳の上でも)食事がおわれば「降りる」といったり。夫の言語でも同じ状況で、なんどもなんども同じことを繰り返していったりします。けいさんのお子さんのように日本語だけでもおしゃべりになってほしいと思いますが、正しい場面にあった言葉を使えるようになるのかはやっぱり同じ自閉でも知的障害の程度で変わってくるのかもと思いました。絵や写真積極的に取り入れていきます!ありがとうございました。

    ユーザーID:6236234808

  • もみじ様

    もみじ様
    ここにいますよー1のほうのレスも拝見致しました。
    それまではずっと夫の国にて生活していたのですが、日本への転勤がきまり日本に住んで4年になります。子供も日本で生まれました。
    当然、夫の国の系列インターナショナルスクールへ入れるつもりでしたが、それも不可能になり、、夫は日本語は片言状態で、仕事では日本語も使わず、また大変多忙なので、なかなか上達しません。子供のことで夫婦げんかになること、、多いです。。夫の国は残念ながら自閉症の子供への対応が日本よりも遅れているので、夫の国に帰ることもできない状態です。
    夫はとっくに娘を受け入れていて、むしろ受け入れきれず苦しみもがいているのは私のような気がします。日本語のできない夫、自閉症で会話できない娘、将来いったいどうなるんだろう、と日々悩んでしまいますが、その時その時のあるがまま、という言葉にはっとさせられた思いです。ありがとうございます。ちなみにお子さんはバイリンガルになられましたか?もしよかったら教えて下さい。

    ユーザーID:6236234808

  • 野花様へー2ヶ国語環境

    野花様
    再びレス下さり有難うございます。息子さんたくさんの言語に興味があるなんてすごいですね。うちも今のところ数少ないボキャブラリーですが、パパにはパパの言語で単語を発したり、数少ない2,3語文を言ったりする状況です。杞憂に終わったという野花様のコメントに勇気をもらいました。いずれにせよ夫は日本語で子供には話しかけない(られない)でしょうし、うちはこのスタイルでいくしか仕方ないのですよね。ちなみに今2歳ではなく3歳半なんです。知的には2歳くらいです。世界を広げてあげられるよう頑張らないといけないですね。ありがとうございます。

    ユーザーID:6236234808

  • 「受け入れる」についてー1

    まず、お詫びを申しあげます。
    「強くなれ」などと書いてしまって、きっと傷付かれたことでしょう。ごめんなさい。
    訂正させてくださいますか。「子供が強くしてくれます」と書くべきでした。

    さて、バイリンガルになりましたか? とのご質問でしたね。なりませんでした。夫の日本語の上達のほうが早かったこと、また療育と仕事とで多忙すぎた私が夫と英語で話すのが面倒くさくなってしまったりしたのです。でも一時期、夫と英語でつたない会話をしておりました。

    いまがもっとも辛い時期なのです。生れた子供にしてやりたいと思っていたあれやこれやの夢がついえ、ひたすら子供を観察し、ひたすら待つしかないのですから。相手のことも自分のこともよく分からない。これは非常に苦しかったです。
    でも、私も今なら分かるのですが、あの時の自分は、「子供と自分とで成立する世界に、過剰な責任を負おうとしていた」ということが苦しみの大きな理由でした。

    ユーザーID:7454949468

  • 「受け入れる」について−2

    グレゴリー・ベイトソンの著書の有名な一説だそうですが、「私たちは自分と相手が作る世界の一部分であるに過ぎず、部分が全体を制御できる、という思いがわれわれを窮地に追い込む」と指摘しています。「自分あるいは誰かに責任があると思うのは、本来的に傲慢なものだ」とまで言っています。

    「受け入れる」ということも、大平光代さんのように、障がいが分かった時点で切り替えられる方もいる一方で、私のように、それは「できる」ことではなく、葛藤を経た後で「起こる」こと、と思う人もいると思います。私は今でも受け入れたのかどうか、どこかの片隅に釈然としない部分もあるのですが、子供の成長と共に、障がいを「受けとめる」はできるようになったようです。それでいいのだと思えます。
    浮かない顔で帰った子供を受けとめる、でリラックスさせる。失敗した子供を受けとめる、で次に備えてちょっとリカバリーに動く。そんなことを今もしつづけています。

    このトピ立て、私にはない勇気ある行動に、敬意を覚えます。深刻さや思いつめること、じつは役に立ちません。笑ってお暮らしくださいませ。そのほうがさきざきずっと役に立ちます。

    ユーザーID:7454949468

  • 「受け入れる」について−3

    保育園の件。「健常のお子さんの影響をうけて言葉を覚えてくる、というのは今のところない」
     とのことですが、言葉だけでなく、その環境からいま多くの情報がどんどんインプットされています。とても豊かな環境なんです。そこに週3日、お母さんと離れていられるなんて、お嬢さんなかなかやるではないですか。「ひとりでよくがんばってきたね」とほめてあげてください。
     私は0歳3ヶ月から保育園に入れていましたが、ほんとうによかったと感じています。

     たとえばなしですが、私の息子の脳は言葉をアウトプットする神経が、健常の状態より細い部分や、途中で切れている部分などがあって、身体の成長と共に、その神経が太くなってきたり、つながったりしてくるに従って、言語も発達する、というイメージを持ちました。高熱が出ているときに、スルスルスルっと話すのが不思議でした。
    それがあったので、中学時代にニューロフィーバックを1年間週2回受けたのですが、これは非常におもしろかったです。

    小学校時代は文系の脳だと思っていたら、高校では理系の脳になっていました。その流れで理系の大学に入って3年、今また文系な気配です。

    ユーザーID:7454949468

  • トピ主ですー受け入れるについて 

    もみじ様
    こんにちは。沢山のコメントありがとうございます。感謝の気持ちで一杯です。もみじ様のおっしゃりたいこと(子供が強くしてくれる)わかっておりました。どうぞお詫びなどおっしゃらないでください。コメントを読ませて頂いて、もみじ様の考え方にとても共感できました。障がいを受け止めるのは「できる」ことではなく、葛藤を経た後で「起こる」こと、という部分です。まさに私はそのスタートラインにいるのではないかと思っています。我が家は私自身が夫の言語のバイリンガル育ちなので、どうしても2ヶ国語環境になってしまいます。でも保育園でも私とも日本語なのに、療育も日本語なのに、健常のお子さんとの差は開くばかりで、思いつめてしまっていました。このトピでハーフとかバイリンガルとかそれ以前の問題について色々教えて頂いた気がします。息子さん、大学に行かれているなんてすごいですね。今の子供の状況では将来は福祉施設で働くのかなあと漠然と考えたりどうしても深刻になってしまいます。笑って暮らすって中々難しいですけど、おっしゃる通りかと思いました。

    ユーザーID:6236234808

  • 母国語で続けて

    欧州在住、12歳のアスペルガー症候群自閉症(軽度)男児の母親です。
    診断されて以降、息子は週1回 TEDクラスに通っていますが
    お国柄、ウチも含め 他国籍の子供達が集まってきます。
    軽度〜重度の子供達に実際何人か会いましたが、
    どの子も この国(現地の学校生活をしているから)と自国(家庭内で)の言葉 最低2ヶ国語は理解しています。
    ある重度の知的障害を持った子は 対話はできませんが、
    スタッフの方の問いかけに 意思表示ができるところから"理解してる"と言ってみえました。
    2年に1度、訓練で進歩しているかの確認の為に 現地の大学病院/小児精神科の教授に診て頂くのですが、
    教授曰く "健常者の子供で環境さえ整っていれば5ヶ国語は可能"なのだそうです。
    我が家では 環境から4ヶ国語が飛び交ってますが 混乱はないようです。
    もちろん個人差はありますが、"環境"という面でいうのならば
    ご主人さんは "間違える事のない母国語"で話続ける事が大切だと思います。
    アヤフヤが一番良くないのです。
    後、会話に繋げるポイントは "単純明快に説明する"でしょうか。

    ユーザーID:9562400478

  • トピ主です ママン様へ

    ママン様
    海外からのレスありがとうございます。また年末年始をはさんでしまい、帰省中だったため、気付かずお礼が遅くなってしまいすみません。まだみてくださっているとよいのですが。。「どの子も この国(現地の学校生活をしているから)と自国(家庭内で)の言葉 最低2ヶ国語は理解しています。」というお言葉に励まされました。
    うちも理解はしているようには思います。ただ私たち夫婦が家庭内で夫の言語を話していますが、私たちの会話から言語をピックアップしたりする能力はなく、あくまで教えたことのみ理解しているという感じです。
    間違うことのない母国語で続けていく、ということ、そちらのお医者様の見解、とても勇気づけられました。ありがとうございます。

    ユーザーID:6236234808

  • 長男の場合

    "一人一語、母国語で" 実は主人自身の体験から始まった事なんです。

    我が家の場合、私は日本語、主人はスペイン語、私と主人は英語、住んでいる所は仏語圏。
    長男が3歳位に時は、、お嬢さんと同じように教えたものしか理解していない感じで
    他の事は全く聞いていない?状態でした。
    言葉が ぐ〜っと伸びたのは幼稚園に入って言語聴覚士との訓練が始まってから。
    現在小学6年生、
    学校教育でドイツ語・英語必須ですが、成績(健常者とのクラス)をみると普通です。
    初心者なのでネ。
    私達は子供達に英語で話しかけた事は一度もありません ※現在も母国語のみ。
    が、毎日の会話を自然に聞いているので興味から?"単語"をピック・アップして理解しているようです。
    なので、適齢期があるのでしょう。
    肝心な母国語の仏語は 小学3-4年生レベルです。
    "全てを望んではいけない"、"健常者だって皆それぞれ違う"と思っても
    親としては 焦るし期待しちゃいますよね。
    今は、長男が受けられる支援に全て参加させ、
    本人の興味のあるモノを使って、自分一人で理解出来る(自信がつく)よう工夫したりしてます。

    ユーザーID:9562400478

  • トピ主です ママン様へ2

    ママン様 再度レス頂きありがとうございます。まだ見て下さいっていて嬉しかったです。仏語圏なんですね。うちも実はそうです。でもうちの場合はアスペルガー診断ではなく知的障害を伴う自閉症なので、やっぱり言語の覚え方が普通と違います。Tu fais xxxというとそのままTu fais XXXという感じでオウム返ししてしまうので、夫はJe ではなしかけてオウム返しさせる練習をさせてます。言語聴覚士さんとの訓練で伸びたんですね。うちはどうなるかはわかりませんが、夫は夫、私は私でできる語りかけを続けていきたいと思いました。ありがとうございます。

    ユーザーID:6236234808

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧