• ホーム
  • ひと
  • 耳障りのいいことを言ってくれる友達の本性は?

耳障りのいいことを言ってくれる友達の本性は?

レス261
(トピ主10
お気に入り723

家族・友人・人間関係

deva

レス

レス数261

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 皆さんレスありがとうございます(1)

    思っていたよりも多くの方にお返事いただき、ありがとうございます。
    分かりづらい文章を書き綴ってしまい、申し訳ございません。
    「耳障り」という言葉の使い方、多くの方にご指摘いただきましたが、
    確かに口語では定着しつつありますが、読み返すと言葉の使い方として誤りですね。
    そして、誤用ではあるものの無理やり文字にするならば「耳障り」ではなく「耳触り」ですね。
    正しくは「耳あたり」とか「聞こえの良い」です。
    そして、人生の判断を他人任せにするなといったご指摘も多くいただきましたが、
    自分でも承知しておりますので、この点に関する弁明は致しません。
    トピを読み返して「アドバイスと結末の関係性」を問うこと自体がナンセンスでした。
    自分自身で失敗と認識している事柄について、Aに責任を負わせようという意図はありません。

    Aからのアドバイスの中に非現実的なまでの「誉め」が多いことと「気になる言葉」の数々に
    今更ながら違和感を覚え始めた、というのが主旨でした。
    言いたいことがまとまらず、また心の片隅にAに対する非難めいた感情があったことから
    自分の失敗はAのせい、といったニュアンスになってしまいました。

    ユーザーID:6606994283

  • 皆さんレスありがとうございます(2)

    例えばワーホリの件に関して、devaの語学センスなら言葉の壁なんてあっという間に越えられる、
    早く仕事辞めて行くべきだよ!devaともあろう人物が日本に埋もれているのか理解できない、と
    私の語学センスなんて平均的なものなのに、ものすごく褒めちぎってヨイショをされました。
    当初は「前向きに背中を押す行為」と認識していたのですが、普通そこまで言うかな、と。

    また転職の件も、当時の私は会社に行く前に訳も分からず涙が溢れるということが頻繁にあり、
    確かに結婚出産といった明確な転機があったわけではないですが、退職の二文字に取り憑かれていました。
    そこでもAは、devaなら今の仕事よりももっと上にいける。
    大企業の小さな歯車の一つで終わる人材じゃないのだから、会社辞めて起業しなよ、と。
    確かにスキルと人脈があれば起業できる職種ではありましたが、私は平凡な勤め人の器でしかありません。
    国税庁の開業届出書のPDFファイルをDLして私に転送したり、税金の無料セミナーへの参加を勧めたり。
    他人事なのに何故そんなにも大風呂敷を広げるのか。何故そこまで持ち上げる?と。

    ユーザーID:6606994283

  • 皆さんレスありがとうございます(3)

    当時、仕事に関して色々疲れ果てており(事情は割愛しますが)、周囲の友達にはかなり相談しました。
    ほとんどの友人が「ワーホリは逃げ、仕事を続けよ」というアドバイスだったのですが、
    Aだけは「devaを応援する」という姿勢で、本当に親身に相談に乗ってくれていたのです。
    どん底まで自信を失っていた時期だったので、Aがヨイショしてくれるのを「またまたー」と思いつつも
    嬉しいな・有難いなという気持ちで聞いていました。

    頻繁に「最近どう?ちゃんと食べてる?」というLINEをくれて気遣いをしてくれたり、
    「devaの職歴なら○○な職種にも挑戦できるんじゃない?気が向いたら見てみて。」と企業情報を教えてくれたり、
    「志望動機の書類、誤字脱字程度でよければいつでも見るよ」と言ってくれたり。
    ただ。今思うと、Aが勧めてくれた業界や企業は、どれもかなりレベルの高い職種で、
    キャリアアップを狙って退職したわけではない私には無理なエントリーばかり。
    最初は親身になってくれて何て親切なんだろうと思っていたのですが、
    途中から就職させたくないのかと勘ぐるようになってしまいました。

    ユーザーID:6606994283

  • 皆さんレスありがとうございます(4)

    実は、応募した企業のうちいくつかはAが勧めた企業でした。今思うと身の程知らずな企業ばかり。
    応募書類の添削をAが買って出てくれたのでお願いしていたのですが、赤入れしてくれても書類審査の段階で全滅でした。
    Aには書類の出来は悪くないから、縁がないってことだから落ち込まないでと言われてました。
    大企業ばかりで埒があかないと思って小さな会社をいくつか受けて、今の会社に採用してもらえました。
    Aは「devaがそんな会社!?もったいないよ!もっとチャレンジしよう?」と言ってくれましたが
    Aにコントロールされ始めてると感じて気味が悪かったので、当然ですが、転職先は自分で決めました。

    ユーザーID:6606994283

  • 皆さんレスありがとうございます(5)

    これらのことを振り返ると、なんだか私が仕事を辞めるのを後押ししてたのかな、と思い至るようになったのです。
    「また人のせいにして!自分で考え決断しなさい!」と思われるかもしれませんが、実際そう感じるほど
    「早く仕事辞めなよ!」「年内には辞めるよね?」「辞表、用意した?」と頻繁に言われてました。
    確かに、ワーホリや転職に踏み出せるように背中を押す行為、前向きに向上心を応援する行為にも見えますが
    会話している中で感じたのは「褒めすぎ・持ち上げすぎ」そして「仕事早く辞めなよ」というメッセージでした。
    色々と親身になってくれているようで、実は違う意図があるのかなと感じるようになりました。

    ユーザーID:6606994283

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 皆さんレスありがとうございます(6)

    彼との別れに関しても同じです。
    彼はちょっと子供っぽいところがあり結婚は考えられなかったし、心機一転したかったので未練はありません。
    Aは「DVの可能性が」なんて言いましたけど、ただの普通の男性です。殴られたことも当然ないです。
    Aは「これからの女性は男に頼ってはダメ」「一生、一人で生きて行く位の気概を持たなきゃね」
    「私は一生自分一人で生きて行く覚悟を持って働いている」などと言っていたのに、あっさり結婚しました。
    未婚の嫉妬と言われてしまえばそれまでですが。
    ただ、Aはいつも結婚のネガティブな面をかなり強調します。Aの言葉はある意味真実なのかもしれませんが。
    でも言葉の端々に「結婚しない方がいい」というメッセージを感じています。
    私に結婚するな、と言っているのかなと感じるのです。

    ユーザーID:6606994283

  • 皆さんレスありがとうございます(7)

    レスでも多数ありましたが、
    「Aのように無責任に背中を押す人はどこにでもいる」
    「A本人が前向きでチャレンジ精神旺盛なタイプなのでは」
    「わざわざ耳の痛いアドバイスをしてdevaとの関係がギクシャクするのはAにとって得にはならないから、
     適当に賛同していたのでは」という感じではなかった。と思います。

    Aのアドバイスを100%鵜呑みにしたわけではないですが、結果的に私は仕事を辞めたし彼とも別れた。
    彼女は「それでよかった」と言います。
    雇用形態は正社員から派遣社員になったし、彼氏無しになってしまったから、客観的に見れば
    前の状態よりは悪いことは明白です。私自身は「勿体無かったかな」と思う反面、納得もしています。

    Aは、仕事が時給制になって彼氏無しになった私に「devaは幸せの階段を登り続けているね」なんて言います。
    「自分のやりたいことを見つけてそれを実行できるなんて、そんな人なかなかいないよ」と。
    確かに、ある意味そうかもしれない。(今までだったら、この感想の先に思考は向かなかった)
    でも、その表現って人生ランクアップした人に使う言葉じゃない?本当にそう思ってる?

    ユーザーID:6606994283

  • 皆さんレスありがとうございます(7)

    そして、「もうさ、このまま派遣で一生過ごしなよ。
    新婚の私が言うのもなんだけど、気の合わない相手と結婚するのもどうかと思う。
    devaはキャリアもあるし趣味もあるんだから、結婚しなくても人生を120%楽しめるじゃない。
    婚活とかさ無意味なことしないで、仕事と趣味の一生って最高だと思う。
    そう考えるとdevaの今の状態が人生最高だよねっ!」ということを何度も何度も言います。

    今までだったら「そうかな」なんて言いながら、「確かに今の生活も悪くはないけどね。えへへ。」と思ったでしょう。
    とはいえ、派遣では不安なので社員登用は目指しますし、結婚だって諦めてはいませんが。
    不思議なのは、Aは正社員で新婚なのに、なぜそれと正反対の人生を勧めるのか?
    もしかしたらAは幸せじゃないのかもしれない。だから私にも幸せになって欲しくないのかも?
    でもそんな仕打ちを「友達」にする? 無意識なのか、そうでないのか・・・

    ユーザーID:6606994283

  • 皆さんレスありがとうございます(8)

    私は、Aの賛成の姿勢が、皆さんの言う単なる処世術とは思えない点で疑問を抱いています。
    私に嫌われたくなくて聞こえのいいことを言ってしまう、というのとも違う気がしています。
    それだったら、しつこく退職を迫ったり、無謀な挑戦を斡旋したり、派遣でいて欲しい、結婚しない方がいいなんて言わないのでは…
    もっと当たり障りのないレベルの会話になるのではないかと思ってしまいます。
    仕事・恋愛どれもいまいちな私に気を使って「そのままでも大丈夫だよ」と安心させるのではなく、
    「そのままがいい!その状態が最高!」と決め付けるのです。

    奇しくも、私の決断や物事の顛末はAのアドバイス通りになってしまいましたが(退職や破局など)、
    どれも自分で納得した結果なので、Aに人生めちゃめちゃにされたなんて言うつもりはありません。
    論点はそこではなく、Aのこの聞こえのよい言葉に見え隠れする悪意を思わせる意図…
    この悪意が本当だとしたら恐らくAは私のことが嫌いなのだと思いますが、何故長年友人をやっているのか…
    私のただの被害妄想で、Aは底抜けにポジティブで親身になってくれる親友なのか…

    ユーザーID:6606994283

  • 皆さんレスありがとうございます(9)

    2014年12月6日 16:19 にコメント下さった、あのー様のおっしゃるようなことを試してみようか…
    どうしてもAの本当の思いを知りたくて仕方がありません。
    今のままだと、なんだか怖いし、疑念を持ったままAと付き合い続けるのも気味が悪いからです。
    追記コメントが長文となり申し訳ございませんが、最初のトピよりは自分の考えを正確にお伝え出来たかと思っております。
    恐れ入りますが、再度ご意見・アドバイス・コメント等いただけますと幸いです。

    ユーザーID:6606994283

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧