子供の発想、おもしろい(駄)

レス30
(トピ主1
お気に入り61

生活・身近な話題

ななみ

トピを開いてくださり、ありがとうございます。

クリスマスは、まだまだサンタクロースを信じている子供(小学生)のために、夜に枕元にプレゼントをおきました。そして今日の一言、

  子供が産まれたら、役所に名前を届けるのはサンタさんに子供がいるからプレゼントを忘れないでねってお教えるためでしょう

なんてかわいい発想、かわいらしい役所の使い方。地元市役所で大真面目に「今年産まれた子供をリストアップしてサンタクロースに届けて」とやっているところを想像して、大笑いしました。いやぁ、本当にやってくれたら楽しいですね。

他の子はどうかなと、皆様のお子様の楽しいエピソードを聞いてみたくなりました。
よろしくお願いします。

ユーザーID:8431829525

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちもまだ信じてます

    うちの長男も同じこと言ってました
    「そうか、わかった
    どこに子どもがいる区役所で調べてるんだ!!」
    その時、なんと6年生
    特にクリスマスについて親子で語り合っていた訳でもなく、部屋で一人で遊んでる時に突然つぶやいたので、本気で信じていたのでしょう

    そして、うちの次男ですが、こちらは3年生、今年深刻な顔で私にこっそり打ち明けました
    「あのねママ、友達から聞いたんだけど、友達はクリスマスのプレゼントはサンタさんじゃなくてパパとママがくれるって言うんだ」って

    ああ、とうとうサンタは卒業なのかなとおもったら、次男が続けました

    「友達はきっといつも悪いことしちゃって本当のサンタさんが来てくれないからパパとママが用意してくれてるんだね〜」
    だそうです

    さて、長男は今年高校生になりましたが、全力でサンタさんを信じている小学3年生の次男の為にまだ気付かないふりで次男と一緒にサンタさん宛の手紙を書いています

    サンタさんは気付かれないように買い物するのも、当日置いておくのも大変ですが、準備出来るのは本当に心暖まる幸せな役割です
    一年でも長く続くことを願います

    ユーザーID:9755883407

  • サンタになる方法

    サンタは良い子のところへ行くのです。
    良い子を見つけましょう。そうすれば、
    あなたも立派なサンタになれるのです。

    ユーザーID:1880109052

  • かわいいですね!

    お子さん、かわいい〜。

    うちは、
    「サンタさんのところにはサンタさん来るの?」
    「サンタさん、プレゼント配ってばかりで
    自分はもらえないのかな?かわいそう・・」

    といって、12月に入ってから
    せっせと手紙書いたり、
    工作したり、大事にしてたビーズのネックレスをあげようかな・・と悩んだり。
    最終的には大きな袋に入ったサンタさんへのプレゼントが
    出来上がりました。
    「サンタさん喜んでくれるかな?」と、
    枕元に置いて寝ました。

    朝起きて、
    プレゼント持っていってくれた!と大喜びしてましたが
    押し入れの奥に隠してあります(笑)

    当然ながらいつの日か
    サンタは架空のものだと分かってしまうのでしょうね。
    そうなったら見せてあげようかなと思ってます。

    ユーザーID:2488390358

  • ホッコリ

    子供には、いつまでも純粋な心を持っていて欲しいですよね!

    さて、うちの子ですが、毎年枕元にサンタさん宛のお手紙を置いています。

    4歳の時→「サンタさんってどうやって家の中に入ってくるの?」
    と、まぁ誰もが抱く疑問。

    5歳の時→「サンタさんがプレゼントを買うお金はどうやって集めているのですか?」
    私もそれ気になる!

    そして今年、6歳→「子供たちにプレゼントを配るのは大変でしょうが、頑張ってください」
    とうとう、他人を労れるようになりました(笑)


    毎年、サンタさん宛の手紙で子供の成長を感じています。

    ユーザーID:7698029705

  • 電気代ただ?

    うちの息子 小学4年生は、学校から 帰ってくるなり 『ママ 今日から 我が家は 電気代 ただになるよ!』
    私『 どうして、ただになるの?』 息子『 学校で、電気の作り方を習ったんだ?』と、
    言うが早いか 下敷きを 脇の下に挟み ごしごし しごきだすではありませんか!

    私『 嬉しいけど、無理があるわよね…』

    息子 息を切らせながら『 もっと、大きな下敷きなら なんとかなるかな?』

    私『 どうやって、脇に挟むの?』

    息子『 僕が、 大人になったったら はさめるかな?』
    私『 挟める日が、来るといいわね……』

    すみません かわいいのか? なんなのか?

    ユーザーID:1486812457

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 逆の発想

    うちの長男がまだ小さいころ、家にあったコスチューム用のサンタ帽子を見つけて
    「パパがサンタだった!」と言いました。

    あ〜もうパパがサンタだと分かってしまったか、と内心ガクッとしていたら
    「パパが(本物の)サンタだった!」と言っていたことが判明。

    世界中をトナカイの引くそりに乗って子供にプレゼントを配る白髭のおじさんはぼくんちのパパなんだと本当に信じ切っていました。

    そのあとは、「僕のパパは君にもプレゼントをくれる本物のサンタさんなんだ」と誰かに言いたくて仕方がないのに、大きな秘密をしっかり胸に秘め、決して口外することなく育っていきました。

    ユーザーID:5305889811

  • 可愛い〜

    すさんだアラサー女の心があったかくなるトピです。ありがとう。

    昔は純真な児童だった私が思っていたことがあるので、この機会に白状します。

    水たまりに写った青空は、寒天を入れたらそのまま固まって持って帰れると思っていました。。。

    ユーザーID:2544629693

  • サンタさんに頼んであげる

    ママ、この前黒い靴がほしいって言ってたけど、(サンタさん)に頼んであげよっか?

    ユーザーID:7316993823

  • お習字のお稽古で

    お稽古に来るまでは、すごく元気に遊んでいた小学生低学年の男の子がお稽古を始めると、暗く陰気な雰囲気になってしまいました。(お稽古が好きじゃないだけ)

    先生が、
    ○○くんは、いつも元気なのにお稽古を始めると元気がなくなるなあ。
    というと、

    同じくお稽古をしている同級生の女の子が、
    ○○くん、さっきダンゴ虫触ってるとき、すごく元気やったで。
    もう一回ダンゴ虫に触ってきたらいいねん。

    と。

    子供のそばでお稽古をしていると、思わず吹き出しそうになることが時々あります。

    ユーザーID:9606681758

  • クリスマスの前の大掃除

    素敵な発想ですね。可愛らしくてそんな子どもたちを見つめていられること、お話を聞かせていただけること、心から感謝します。

    こどもの無垢な心にふれると胸がふるえるような幸せな気持ちにさせてもらえて、何よりも嬉しく思います。 とても素敵なエピソードをありがとうございます。

    うちではクリスマス前になると、子どもたちがいそいそと、トイレ掃除をはじめます。 最初の年に、どうしたのか聞きますと

    「サンタさんは、みんなのお家でクッキーを食べて、ミルクを飲むから、きっとトイレに行きたくなると思うの。きもちよく使ってもらえたら嬉しいね!!」

    お掃除と一緒に、心の垢を落としてもらった気がしました。

    24日の夜になり、夕飯を終えて片付けをすませたら、ちゃぶ台の上には、朝、こどもと一緒に焼いたクッキーと、牛乳が入ったコップが。
    よく見ると、座布団まで用意してありました。(2枚重ねはサービスのつもりなんでしょう。。) 

    「おかあさん、トナカイさんに、にんじん少しあげてもいい?」


    主人と私が年をとっても忘れたくない思い出のひとつです。。。
    小町のみなさんにとって幸せな冬になりますように。。。

    ユーザーID:9799418517

  • サンタさん色々

    海ドラゴンさんの話で思い出しました。
    長男が年長の時のクリスマス会で…サンタさんの話題になった時、Aくんが
    「あ、それうちのパパね!」とドヤ顔で!
    世界のサンタはうちのパパって凄い発想だと妙に感心したのを覚えています。
    (後日談として…超パパっ子だったAくんですが両親が離婚され、ママに引き取られました。)

    ちなみに、うちの下の子(年中)は、サンタさん用クッキーを作っていて、
    「みんなのクッキーを食べるから、サンタさんっておデブなんだね 。」
    と、勝手に納得。
    娘(小1)は、「○○くん(学校でちょっかいだす男子)は良い子じゃないからサンタさん来ないかもしれない…」
    と心配をしていました。
    無事に来たかしら?

    ユーザーID:6533258660

  • クリスマス関係ではないですが

    長男が「僕、大人になったら弟と車でお母さんに会いに行くよ。」
    と言うので、あら嬉しい待ってるね。と返したところ、
    「でさぁ、どこのお墓に埋まってるの?」と言われました。
    死後かよ!ガクッ…
    前日にお墓参りに行き、お祖母ちゃんはここに居るんだよ〜と話したせいでしょうか。
    生きてるうちにも会いに来て下さい。

    ユーザーID:9921016883

  • 隠して置いたプレゼントを見つけられました・・・

    うわー!!大失敗
    咄嗟に私は「サンタさん忙しいから、少し早めに来たの。クリスマスに渡してねって言われたんだけど
    見つかっちゃったから、しょうがないね〜」と言ってしまいました。娘は大喜び
    後日・・・
    「○○君が、僕のサンタさんが一番に来たって言ってたけど、私の方が早いのに!!」と怒ってました
    ○○君のおうちも、プレゼントが見つかっちゃったのかな?と思いましたが
    4歳児。サンタさんが持ってくるのが嘘だとは思わないで、どっちが早かったかで言い争ってました。

    それに、、、うちに娘。自分は脇毛が禿げていると思ってるんです。
    お友達も生えてないから大丈夫だといってるのに、気になって仕方ない様子。
    世界水泳の背泳ぎを見て「この人たちは、禿げてないね〜よかったね」と嬉しそうに言ってました。

    ユーザーID:8864442103

  • 鶏の足…

    クリスマスつながりで…
    年長の息子ですが、昨日、夕食に出された鶏の足を見て一言。
    『ママ〜。これ、ひっこぬいたの…?』
    その表現、言葉選びに思わず笑ってしまいました。
    でもよく考えたら間違いではない!その通り!
    『うん。そうだね〜。』
    と答えました。
    普段食べるスライス・カットされたお肉では想像が付かなかったことが、クリスマスの鶏の足は幼い子供にも「元あった姿」が頭に浮かんだのでしょう。

    ユーザーID:6251799915

  • 禅問答を喰らったわ

    『蛍光燈は、何故蛍光燈なの?』

    従姉妹のボンに質問されて十余年…
    未だに答えが出せない私がいます。

    ユーザーID:7100691647

  • 信号の意味

    年少の女の子に読み聞かせをしていた時です。

    信号機の絵が出てきた時、
    「あ、知ってる〜。赤はとまれ、青はすすめ、黄色は・・ちゅ、ちゅう(そうそう)ちゅうりっぷ?」

    ユーザーID:1274762135

  • 鳩がパトロール

    子供は、パトカーを言えずハトカーと言います。
    ただの言い間違いと思っていたら
    本当にハトがパトロールしていると思っているようです。

    なので「ハトが空からハトロールしてる」「泥棒を見ている」と言います。

    ある日謎が解けました。
    交番の前にハトが沢山いました。
    すると、「ほら、ハトが空にハトロールに出かけるよ!」
    と言ったとたん、ハトが一斉に飛び立ちました。

    ハトカーは、運転できないので、お巡りさんが運転するそうです。
    お巡りさんは運転手かよ!と思いましたが
    子供はハトに向かって敬礼します。

    ユーザーID:5619029220

  • 国際電話

    我が家の子供たちがサンタを信じていた頃は、
    プレゼントのリクエストをサンタさんに伝えるのに、
    国際電話をかけていました。
    番号は末尾が「3030」サンタサンタでしたね。
    私の怪しい英語を、そばで息を詰めて耳をそばだてていた姿が思い浮かびます。
    楽しかったなぁ〜

    ユーザーID:5877854501

  • なるほど〜

    息子が5歳ぐらいのころ、私の顔をじーっと見て「お母さんのほっぺたには“ここからこっちがほっぺたですよ〜”ってちゃんと線が書いてあるんだね!」と感心しながら言いました。 
    ホウレイ線のことでした。。。。

    そんな便利な線だったとは!息子に気づかされました。

    ユーザーID:8701412620

  • 太陽はいくつあるの?

    全国の天気予報に 
    晴れマークや 曇りマーク、 雨マークが付いているのを見て

    『お母さん、太陽って何個あるの?』
    『一個の県にひとつ?』

    と聞かれた時は、家族で大笑いしました。

    『ホントだね、いくつあるのかな?
     曇りや雨の日は、その県の太陽さんはお休みなんだね』

    と答えたのを覚えています。


    こちらのトピを読んでほのぼのした気持ちになれました。
    ありがとうござます。

    ユーザーID:7532111654

  • トピ主です。

    たくさんのレス、ありがとうございます。

    どのお子様のエピソードもかわいらしく、トピを立ててみて本当によかったと思います。そしてこんぺいとう様のレスをみて、私だってこんな風に純真な頃があったんだろうなぁと思います。

    まだまだ、レスをいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

    ユーザーID:8431829525

  • 「お母さんがもしも死んだら…」シリーズ

    息子が六歳のとき
    「お母さんが死んだら…」
    といいかけたので固唾をのんで言葉を待ったら、
    「ぼく、ときどきお母さんのこと思い出す」
    だそうです。
    「たまには思い出してね。」
    と言っておきました。
    他に、お母さんが死んだら…
    「ぼく、犬を飼いたい」
    というのもありました。

    ユーザーID:5965876176

  • 絵本のカバー

    うちの長女がしゃべれるようになった頃。

    絵本を自分で持ってきて「読んで」と言ったり、自分で読もうとしたりする時に、絵本のカバーを全部外すんです。
    どうしてカバーを取るのか聞いたら「ご本のフタなの」と。

    そうか〜蓋してあるから取らないと読めないのか〜!と妙に納得しました。
    ま、読み終わった後にカバーをするのはもちろん母でしたけど(笑)

    ユーザーID:4832571700

  • 子供の発想ではありませんが

    サンタを信じていた幼い頃
    煙突のない我が家にどうやってサンタがやってくるのか不思議でなかった幼稚園時代。

    「窓を開けておくから」との母の言葉を信じてました。
    寝るときに開けておいた居間の窓が、朝起きて枕元にプレゼントがあるのを確認してから居間に行くと開いているんですもの。

    サンタはその後数年で来なくなりましたが、窓のトリック(?)に気付いたのは10年以上経ってからでした。

    ユーザーID:9402918134

  • 可愛かったな

    おお昔のことですが

    息子「パパ今日お仕事忙しかった?」

    パパ「ううん、忙しくなかった。だってパパ窓際(マドギワ)だから…」(ふざけてしょんぼりしながら)


    息子「‥‥‥そんなことないよ、大丈夫だよ、パパは壁側(カベガワ)だよ!!」

    と励ましていた…

    ユーザーID:3928917682

  • 来年二十歳の息子・・・

    1) 年少の時、トイザラスの袋のまま枕元に置いておいたら「サンタさんトイザラスで買って来たんだね!!!」  ごめん袋から出しておけば良かったね(苦笑)

    2) 小学校3年の時、サッカーをやっていたのですが、どうしてもシューズの蝶々結びが出来ず、マジックテープのシューズを履いていました。「サンタさん、どうして僕がペリペリ(マジックテープ)しか出来ないの知ってるんだろう?」  それはね、毎日見てるからだよ(笑)

    3) 小学校5年の時、朝起きて窓を開けて「サンタさーーーん!ありがとぉぉぉぉ」と叫びました  ちょっと恥ずかしかったけど喜んでくれて嬉しかったよ♪ 


    主さまほっこりトピありがとうございました。すっかり影を潜めてしまった息子の可愛かった頃を思い出して、ちょっと優しくしてあげようと思いました(笑)

    ユーザーID:3701878726

  • 観察力もするどい長男

    「パパはサンタ」の海ドラゴン再びです。この長男にはもう一つ忘れられぬエピソードがあります。

    長男が4歳ぐらいのころ、胸のあたりでキリっと斜め上に向けて「前へ倣え」の姿勢を取っていることがありまして、

    「それな〜に」と聞いたら「他のお姉さんてみんなこうだよねぇ」と言うではありませんか。

    私「え?なんのこと?」と返すと長男はすかさず

    長男「お っ ぱ い」。

    「はしたない話題はおよし!」とたしなめる前に気になったので

    「マ・・・ママのは?」と聞くと

    右上に向いてキリっとしていた手が一気に下向きにだらっとなり、しかもその手は「前へ倣え」ではなくどちらかというと「うらめしや」の形になっておりました。

    ちなみに我が家が住むアメリカは子供が見るようなチャンネルでは絶対に女性の裸は出てこないので薄着のお姉さんやプールで見かける水着姿の若い女性の胸で判断したんだと思います。

    いつか、「寄せてあげる」というテクノロジーについて語ってやろうと思ってましたが微妙にお年頃になってしまいました。残念です。

    ユーザーID:5305889811

  • サンタさんへのお願い

    20年前、従妹の息子が4歳のときの発言です。
    12月中旬のある晩、彼が空を見上げて両手を合わせてお願いしていたそうです。
    「サンタさん、ぼくのおうちに来てください。プレゼントはなくてもいいんです。来てくれるだけでいいんです。」

    かわいかった彼も今ではイケメン社会人です。

    ユーザーID:8436092553

  • 子供の素直な発想は心が和みますね

    トピ主さんの子供さん、かわいらしく、そしてステキな発想ですね♪
    優しい心を持っているんだなぁと感心しました。

    ハトが空に飛び立ってハトロールに出かけるというお話も、子供ならではの
    発想で、すごくいいなぁと思います。

    私は子供がいないので姪っ子の話になりますが、おじいちゃんおばあちゃん
    だけだと父方と母方どっちかわからないので、猫のいる私の父母を「にゃん
    にゃんばあちゃん&にゃんにゃんじいちゃん」と呼んでいて、叔母バカです
    が子供らしいかわいい呼び方だなぁと思っています。

    私自身の子供の頃のおもしろいエピソードは、何にでもバイバイをしていた
    事かな?
    降りた後のバスや電車にバイバイはまだ普通かな?と思いますが、親が言う
    には自分がトイレでした大きいモノに対しても流す時に「バイバ〜イ」って
    明るく手を振っていたそうです・・・。

    ユーザーID:9078879058

  • ケーキ


    パパ同士のよくある会話
    「この頃 そっちの景気はどうよ?」
    「まあ、不景気ばっかだからなあ。」
    「ほんとうんざりやな。」

    そこに4歳のたっくんの明るい声
    「おじちゃん、ケーキが食べきれないなら ぼくが手伝ってあげる!!」

    ふケーキって 美味しくないよ。

    ユーザーID:5722576882

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧