現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

主人が脳出血で半身不随の状態です

ゆず
2014年12月26日 14:33

はじめまして、40代のゆずと申します。
お力を借りたくて、こちらにトピを立てさせていただきました。

先月、49歳の主人が左脳出血を発症し、右半身が完全麻痺状態になりました。
約1ケ月救急病院に入院後、現在リハビリ専門医院でリハビリ中です。

足の機能はなんとか戻りつつありますが、腕は少し上がる程度。
手指は全く動かすことができません。
当初、重度と診断された失語はだいぶ回復してきているようです。

私たちには高齢で授かった5歳の子どもがおります。
本人は治す気でおりますが、どこまでの社会復帰が叶うのか・・・
先の見えない不安でいっぱいです。

回復のために、本人と家族はどうあるべきか、
今すべきことは何なのか、
同じような症例エピソードなど、
この現状を乗り越えるためのヒントがありましたら、
何でも結構ですので教えていただければと思います。

どうかよろしくお願いいたします。

ユーザーID:3337038679  


お気に入り登録数:276
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:39本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
経験値ですが
淡水魚
2014年12月26日 15:10

私の父親の話です。
脳梗塞で左半身麻痺。もう10年がたちます。
時を同じくして元読売巨人軍監督が同じリハビリ病院へ入院されて
いました。監督ののリハビリの様子を何回か目にしました。確かに
身体の造が違うとはいえ、グッと歯をかみ締めて歩行訓練などを行って
いました。
リハビリは泣き叫びたくなるほど痛いといいます。凡庸な私の父親は
痛みに耐えられずリハビリを止めて仕舞いました。その結果は寝たきり
状態です。
夫々に家庭の事情はあろうかと思いますが、時には心を鬼にしても
リハビリに耐えられるような家族の応援と本人の意思であろうと思います。
元には戻らなくとも必ず改善はします。自分に負けないことが回復への
未知だと思います。子供さんへの強い想いは必ず改善への良薬になると
思います。

ユーザーID:3232384271
鍼灸治療はいかがでしょう携帯からの書き込み
みかん
2014年12月26日 15:20

健康保険がどこまで使えるかは存じませんが、
鍼灸治療は脳梗塞後の機能回復をたすけるようです。
わたしの通う鍼灸の先生は、脳梗塞経験者で、鍼灸治療の効果を感じて、自分でも治療者になったそうです。
てのひらをひらくことがすこしでもできると両手でものを持てるので違うと思います。

ユーザーID:5728085224
見事に復活携帯からの書き込み
はんちゃん
2014年12月26日 15:27

数人います。社会復帰された人も。若いですから回復は、速いと思います。諦めないでください。時間が、かかりますが大丈夫と。自宅に戻ってからの事は、どうしたら良いのか病院に聞いてください。支援や生活の面でも 貴女が、疑問に感じたらうるさがられてもよいですから質問する事かなと。後は仕事してますか。今後の事もありますので一応尋ねました。もししてないのなら病状が落ち着いてきたらパートでも短時間でも働く事を考えたほうがよいと思います。もしかしたらストレスが少しでも発散出来ます。

ユーザーID:3215289350
あきらめない
小心者
2014年12月26日 16:15

一進一退は絶対覚悟。とにかくあきらめない。ほめる。無理強いしない(疲れるときもあるし、体調不良の日もある)
笑顔を忘れないで。どんなときも絶対に自分を責めないで。

ユーザーID:8554054135
ボツリヌス療法
バジル
2014年12月26日 17:06

突然のことで不安でしょう。以前テレビで後遺症の手足のつっぱりに、ボツリヌス療法という注射を打つ治療法が紹介されていました。現在のリハビリ専門医院で受けられるか、受けるとしたら時期はなど尋ねられてみては? 

御主人が回復に向けて意欲があるのは何よりですね。専門家の指導を受けた自主トレに励まれると、そうでない人より回復の状況は良くなるみたいですよ。

脳は周囲にカバーする回路ができるそうですし、私の夫も程度は異なるのですけれど、ダメージの範囲の割には本人の状態が良いと医師に言われたことがあります。

無理だろうと思わずに、リハビリに前向きに取り組めば、損傷相応の回復以上の、あれだけの損傷を受けながらここまで回復できるものだね、と思えるようになると思いますよ。

1人で無理をし過ぎて怪我などされないよう気をつけて、療法士さんのアドバイスを受けて前向きになってくださいね。

ユーザーID:6331662774
介護経験浅い者で恐縮ですが
たぬき
2014年12月26日 17:45

効果は分かりかねますが、

つかむ!歩く!脳卒中 夢のリハビリ最前線

というのを検索してみて下さい。そしてその治療の対応をしてくれる医療機関を早い段階で探して訪れ検討してみてはいかがでしょうか。

今通っていらっしゃる病院ではおそらく劇的な変化はないと思います。
ボツリヌス菌等のリハビリをしても、日常生活がちょっとマシになる程度なのかもしれません。
私はテレビでしか実例をみたわけではありませんので。
でも、介護の仕事をしていて、ご本人にとってはちょっと動くだけでもとても希望になるようです。

障害年金、生活保護などのことは分かり兼ねますが、介護保険など利用しながら
奥様が働くことは可能になるのではないでしょうか。
ご主人のほうは働くといっても作業所でしょうか?

立ち上がりや着替えなど、ちょっとしたことでも前より少し上手く出来たら共に喜ぶ、
失語症のリハビリにも嫌がらなければ共に取り組み、喜ぶということが大事かと思います。
5歳のお子様がいらっしゃるということで奥様はとっても大変だと思いますが、
行政の力を得ながら、とても難しいことでしょうが、明るく接してあげられたら何よりです。

ユーザーID:4975914999
まずは介護する家族の健康と生活費の維持を
くー
2014年12月26日 18:22

大変ですね。
身内の脳梗塞で緊急入院(ICU)の経験があります。
その時の経験と医師の話から、残念ながら完全麻痺がリハビリで劇的に治る
可能性は非常に低いと思います。中高年は特に。

40半ばでお子さんを作ったと言う事はそれなりの資産をお持ちと思いますが、
ライフプランにご主人の失職と医療費はどの程度織り込んでいましたか?
ほとんどない、と言うならばまずは定収入の確保と生活レベルの見直しが必
須です。
現実問題、ご主人によほどのスキルと地位が無い限り、完治する病ですら50
歳になる人間が長期休職後に同じ条件で復職するのはまず無理です。
今回の場合はご主人の復職は当面はないと考えた方が良いです。

次は介護するトピ主さんの健康の維持です。
実家等頼れる所は全て頼ってご自身の心身共の健康を維持してください。
大変な事ですが、ご主人だけではなく、お子さんのためです。その年齢だと
親の不安や家庭の緊張が及ぼす影響が大きいですから。

劇的な好転を望まず、あまり先を考えない。
まずは明日、明後日。余裕が出来たら一週間後、半月後、一ヶ月後と徐々に。
淡々と日々を積み重ねて行くしかありません。

ユーザーID:6620728566
あきらめないで
つる
2014年12月26日 18:59

ゆずさん、とても辛い状態ですね。

うちの主人も42歳で脳出血になりました。

はじめの頃は、言葉も出ず、自分のつばを飲み込む事も出来ませんでした。もちろん体も動かずでした。

主治医からは、ご飯が食べられないようなら、胃に穴を開けて、そこから栄養を取れるようにします

と言われ、絶望していたんですが、ものすごいリハビリを重ねて五か月後の退院時には杖をついて歩ける

ようになっていました。

手、足、言語のリハビリと、当時小学生だった娘の漢字ドリルの書き取りや、ナースエイドさんの仕事の

おしぼり作りをやったり、ほぼ一日中リハビリしていましたよ。

5年たった今では、言葉は完璧ではないですが、支障がない所まで戻っています。

出血した部分で人それぞれ症状が違うので、100%元の体に戻るとは言い切れませんが、

まだご主人さん、お若いので、家族で励ましあってリハビリしましょう!

うちの主人はありがたい事に、職場復帰も出来ました。

今はまだまだ辛い時期ですが、周りの人と力を合わせて、ご主人さんを支えてください。

応援しています。

ユーザーID:3909810549
お勧めの本
えみな
2014年12月26日 21:49

「奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき」という本をご存知ですか。
著者ご自身の体験を書かれた本です。

父が脳卒中で入院したときに買いました。
内容が専門的で難解な箇所もありましたが、大変参考になりました。

ユーザーID:5061543136
私もつい最近脳梗塞の発作を起こしました
ぶー
2014年12月27日 0:06

2週間入院し、右脳に発症し、左がちょっとおかしいです。
左顔面の筋肉の動きが悪く、発語が少しおかしいです。
運動機能はあまり影響がありませんでしたが、PCのキーボードが上手く打てません。
自宅でのリハビリは、基本的に病院でやっている事を無理のない範囲でやる事だと思います。
後、入院中はほとんど動かないのでありえないほど体力や筋力が落ちてます。
なので、負荷があまり高くない筋トレをおすすめします。

顔の筋肉は意識して動かさないとすぐかたまるので、頬や唇の箸を軽く上にマッサージするとか、軽く指でつまんで刺激するとか、関節が固くなるので、動かしていない関節を、軽く動かしてあげるのも良い刺激になると思います。
発語練習として、舌を動かす訓練もよくやってます。
私は50歳で、奇跡的にかなり軽い方だったのですが、再発率が高い病気なので、植生ksつに気を使ってあげてください。
年齢が若いので、回復も早いのでは?と思います。

ユーザーID:7545550593
トピ主です
ゆず(トピ主)
2014年12月27日 3:49

みなさま、短い時間のあいだにたくさんのレスをありがとうございました。
エールをいただいた数にも涙がでてきました。
ここを開いてくださった方、わざわざ時間をさいて書き込んでくださった方、
本当にありがとうございます。

ユーザーID:3337038679
トピ主です
トピ主(トピ主)
2014年12月27日 4:11

●淡水魚さま
お父様のご事情を教えてくださって、ありがとうございます。
10年の寝たきりでは、ご家族もさぞかしご苦労されて
いらっしゃることでしょう。
ご本人のお気持ち、それを傍で見てこられた淡水魚さまやお母様の
お気持ちを思うと・・・人ごとではない苦しさを感じます。
心を鬼にした応援、自分に負けないことが回復への未知、
よくわかりました。性根に叩き込みます。
子どもへの想いが改善につながると信じて、励ましていきたいと思います。
力強いお言葉、本当にありがとうございました。


●みかんさま
鍼灸のことは全く考えていませんでした。
住んでいるところが田舎なので、脳疾患の後遺症に適応した治療を
行ってくれるような先生がいらっしゃるのかどうか聞いてみようと
思います。
てのひらが開くくらいに手が回復してくれればどんなに嬉しいか・・・。
教えてくださってありがとうございます。
新たな可能性をみつけた想いです。

ユーザーID:3337038679
トピ主です2
トピ主(トピ主)
2014年12月27日 4:30

●はんちゃんさま
レスのタイトルから励まされました。ありがとうございます。
確かに、脳卒中で49歳はかなり若い部類に入るようで、
そこに未知数の回復の期待がかけられているようです。
おっしゃるとおり問題は退院後の生活なので、病院のソーシャルワーカーさんに
何でも相談していくことにします。しっかりしなくては。
現在パートで仕事をしております。
収入を増やすことばかり心配がたっていましたが、そうですね、
仕事場が私自身のストレス発散につながるかもしれません。
この1ケ月は全く仕事にならなかったのですが、職は大事にしていきたいと思います。
ありがとうございました。


●小心者さま
いただいた一つ一つの言葉を胸にたたきこんでおります。
本当に、毎日病院に通いながら主人のメンタルや一進一退に振り回されて
帰りの車の中でひとり泣いたり笑ったり、責めたり後悔したり。
いろんな心の波にもまれて、心底疲れてしまいました。
一進一退は絶対覚悟。本当にそのとおりです。
笑顔を忘れない。自分を責めない。 はい、頑張ります。
ありがとうございました。

ユーザーID:3337038679
まずは経済状況確立
医療関係者
2014年12月27日 6:47

一応脳外科で勤務していますので、ご主人の状況についてある程度予想できます。
あえて厳しい事を申し上げますが、ご主人はお若いので、おそらくリハビリ次第で、装具着用にて歩く事はできるようになるでしょう。しかし、1ヶ月経過した時点で右腕があがる程度、手指は動かせないとなると、今後は左手でできる事を増やしていく事になると予想されます。
この状況が、ある程度子供さんが自立できる年代に差し掛かっているご夫婦であれば、「気長にリハビリを頑張って」とコメントするところですが、子供さんがまだ5歳という、まだまだ先が長い状況であればそのような悠長な事は申せません。
ご主人のお仕事内容次第ではありますが、まず体を使う仕事は無理です。そして、失語も後遺されているのであれば、営業職なども厳しいです。車の運転をされるご職業も難しい。事務職であれば、かろうじて復帰可能か。
主様が、ご主人と子供さんを支えて生活していける位の、仕事をしておられれば良いのですが。
ご主人の介護も大切ですが、子供さんを育てる事を最優先に考えて下さいね。
入院先の病院に、医療相談室などある筈ですので、積極的に利用して、踏ん張って下さいね。

ユーザーID:3479409733
ミラーボックス
ぴぃちゃ
2014年12月27日 10:24

御辛い状況ですね。ご心痛お察しいたします。

半身麻痺のリハビリに、ミラーボックスという道具を使うものがあります。鏡を使った目の錯覚を利用して、神経回路を刺激するリハビリです。

「脳梗塞 ミラーボックス」で検索するといろいろでてきます。
全ての人に効果がある訳ではありませんが、経済人類学研究者の栗本慎一郎さんは、このリハビリで左半身麻痺から劇的な回復をされています。

ご興味がおありなら、リハビリの担当者に相談されると良いと思います。

ユーザーID:5779315433
焦らず慌てずゆっくりと
オヤジ54号
2014年12月27日 20:48

僕も43才の時脳幹出血で半身麻痺になりました。僕が立てるようになったは発症後3か月位たってからでした。麻痺の症状は完全に治ることはありません。僕は発症後10年経ちますが、手足の痺れや筋肉の硬直感、物が2重に見える等の障害に悩まされています。幸い指は動くようになりましたが、物を持ってる、掴んでいるという感覚がありません。歩くのは杖を使っていますが、30分位続けて歩くとそれこそ足が棒の様になります。僕は麻痺を直そうとは思わず、残った正常な機能を使っていかに行動するかを考えました。健常者が1分で出来る事を10分係っても同じ事が出来ればいいやという感じです。焦っても仕方ありません。障害を治すのじゃなく、障害と上手く付き合う事を考えました。僕は幸い会社に復帰する事が出来ました。技術職から事務系に変わりましたが。それから「障害者手帳」「障害年金」等については考えていますか。どちらも生活の足しにはなります。リハビリの事ばかり考えず生活の事も考えた方がいいと思います。

ユーザーID:4222312617
母が42才で罹患しました。携帯からの書き込み
マワマーズ
2014年12月27日 22:51

治療、リハビリで半年間入院しました。
母は右半身不随となりました。利き手利き足だったので、何をするにもとても大変でしたが、杖をついて歩けるようになり、箸もなんとか使えるようになり、車も障害者用に改造して運転できるようになりました。(左手でハンドル操作をするための突起をつけ、左足でアクセルを踏めるようにアクセルの位置を変えてもらうなど)家の中も手すりをつけたりある程度リフォームしました。障害者手帳をもらったので公的支援が受けられました。
母一人子一人で、母が働かないと食べていかれなかった為、8か月後仕事にも復帰しました。→これは、母が一部上場の名のある会社の正社員だったから出来たことかもしれません。保証制度などの問題で、中小企業や零細企業では厳しいかもしれません。
それでも、障害があるがゆえ、退職金上乗せの打診とともに55才でリストラされました。

ユーザーID:9492983311
脳梗塞ではありませんが
一緒に頑張りました
2014年12月27日 23:20

うちの夫はくも膜下でした。年齢は同じく49歳、私も40代で、子供はまだ中学生でした。今日明日の命と言われ絶望的でしたが、手術の結果、命だけは助かりましたが、脳にかなりのダメージを受けているため、社会復帰は絶望的、通常の生活さえ無理、もしかしたら寝たきりかもと言われました。自分の年齢、住所電話番号はもちろん、季節も日付も足し算も引き算もわからない状態でしたので、ある看護師などは、社会復帰ができるなどという希望は夢にも持たないようにと、わざわざ意地の悪いことを言いにくる者もいました。
でも私は、絶対に負けないと思いました。どんなことがあっても、社会復帰させるという一心で、リハビリに励みました。本人が一番辛かったとは思いますが、暗い将来しかイメージできずに私自身も絶望したり、本当に辛かったです。
結果、約1年のリハビリ後、元の職場に復帰しました。1年ではまだまだ不十分ではありましたが、その後も努力を継続し、来年無事定年退職、延長雇用も決まっています。

今は辛いと思います。でも、絶対に諦めないで。諦めたら終わりです。家族一丸となって、リハビリに励んで下さい。絶対に良くなると信じて!

ユーザーID:6715689164
本をチラ見程度しか読んでませんが・・・
marin
2014年12月27日 23:37

実父が中脳梗塞で当初は言語障害があり、右腕は全く動かない歩く事が出来ない
眼球運動までもおかしくなってた時期がありました。
2,3週間の急性期病棟に入院後、リハビリ病院に3か月入院し、その後退院して
介護保険を利用し通所リハビリを3か月行いました。

偶然にもテレビで『川平法』の話を聞き本を取り寄せました。
結果的にはチラ見程度で実施する事はなく、自己法で色々リハビリも行いなんとか現在
は一人で何でも出来る程度まで回復してます。丸2年程たちます。

私自身はコメディカルの資格を所持してた事もあり、初期からのリハビリの大切さを知っていた
ので、本人は食べる事への意欲の強い人だったので、食事時に頑張って腕をあげる練習を
介護職の人の協力の元に行いました。

上記の川平法(促通反復療法)は時間が経過した片麻痺にも効果があると言われて
ます。実際の所は解りませんが、色々本も出てます。合う合わないもあると思います。
本を買わないまでも検索してみても色々出てくると思います。

ユーザーID:6938789168
父のことですが
なでしこ
2014年12月27日 23:52

右半身麻痺との事、父と同じ側です。右利きで右麻痺で苦労をしましたが
左麻痺の方が気力がなくなるようです。

父は高齢でしたが、リハビリを頑張ってシルバーカーを使いながら
歩けるようにまで回復しました。
言葉も多少の滑舌の悪さは残りましたが会話も出来ました。
同じ頃入院していた左麻痺の方が、しばらくして会った時に
車椅子で気力もなさそうな様子だったようです。

リハビリは苦しいと思いますし苦労も沢山あると思いますが、
若くて体力もあります。小さなお子さんのためにも頑張って
くれると思います。

辛いと思います、トピ主さんとてもお疲れの事と思います。
ストレスをどこかで何かの形で発散してくださいね。

ユーザーID:8935943858
 
現在位置は
です