貧困について

レス229
(トピ主0
お気に入り426

生活・身近な話題

mikan好き

レス

レス数229

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 少なくとも、貧困を連鎖させない努力

    子どもはどんな家庭に生まれるか選ぶことができない。
    貧困家庭に生まれたことは本人の責任ではありません。

    ただし、どんな家庭に育った人であろうと、自分の結婚や子を持つことを考えたときには
    すべて自分の責任のもとに行わなければならない。

    貧困家庭のうち一人親家庭は大きな割合を占めているという事実があります。
    なので、貧困の連鎖を防ぐ上で、個々が心がけるべき事のうちの大きな一つは
    ズバリ「離婚をしない」ことです。
    更に言えば、そのためにはまず「思慮の浅い安易な結婚をしない」こと。
    そして、「子作りは自分達の(経済的・精神的)能力と照らし合わせ、熟慮のうえ計画的に行うこと」。

    教育費の負担を軽減するなど、国としてできる事もまだまだあるとは思いますが
    国の政策だけで今の殺伐とした日本を変えられるわけではないと思います。

    ユーザーID:8757666875

  • 針小棒大

    返信ありがとうございます。

    >外国人労働者の何割かが、日本の生活保護を受けているという事実

    外国人で生活保護を受けている人は生活保護全体の3%。
    そのうち2%は無年金によるもの、残り1%が日系人がリーマンショックの後に受給してきている
    だったと思います。
    外国人研修生によるものではないのでは?

    >中小企業が雇用した社員の、厚生年金の掛け金に充てる

    社会保険料の納付を行っている多くに中小企業から見たら、
    不法な事をやっている企業を何故救済してやらないといけないのでしょう?

    個人への救済でいいと思いますけど。


    レスを読んでいると、小さな事をさも大事のように煽っているように思いますが、いかがなものでしょうか。

    ユーザーID:9350395312

  • レスを頂きましたので

    yu~yu様、ご意見ありがとうございます。
    書き込みした内容は全く個人的な見解ですので、ご指摘された部分はワタシの意見への、誤りの指摘と補足そして見解の相違として、ありがたく頂きたいと思います。

    色々な角度からの意見を、楽しみにしてます。

    ユーザーID:1965936343

  • う〜ん

    >大企業は法人税の優遇により、かつてない利益を上げています

    法人税の軽減税率、交際費課税、欠損金の繰り戻し還付、同族会社の留保金課税の免除、、、
    中小企業の方が多くの優遇措置が取られていますよ。
    但し、中小企業だと赤字企業が多いので法人税を払っていない企業が多いですけどね。

    >富の再分配

    って言われていますが、赤字企業でも公的サービスを受けているのには変わりがないから負担して貰おうって話が出ているみたいですよ。
    貴方の思うようにはなっていないようですね。

    >介護職の現場で頑張る国民は、不当に安い労働を強いられ、その納めた税金で自分の職を脅かす外国人労働者に生活保護費を与える皮肉…。

    年収200万の人がいくら税金納めているか知っていますか?

    看護現場でも研修生がありますが、看護現場の人って不当に安い賃金でしたっけ?

    ユーザーID:8803652140

  • 貧乏連鎖の止め方

    通りすがり様の言う貧困とは年収幾ら以下の人のことでしょうか。

    >>低賃金で長時間就労して、その上安息すべき休日をも取り上げようというわけでしょうか?

    急がば回れです。資格を取れば収入が上がるなら、睡眠時間を削ってでもそこ何か月か頑張ってみればいいと思います。ハロワの職業訓練期間中は月10万支援金がでますので超低賃金で仕事してるなら思い切って辞めて資格取得に集中するのも良いと思います。

    >>社会にも安全装置があってもよいのではないか

    この国の福祉は充実していて、病気で働けない人が飢え死にすることはありません。(生活保護などを受けれる資格がありながら受けない人はいます)働ける人は働かないといけないですが。

    >自分を棚に上げて、自分以下を切り捨てて見殺しにしたくはない。
    >失敗したらはいさようなら〜な世界なんて望まない。

    そんな事は誰も言っていないのですがあなたの心には届かないのですね。貧困家庭から東大に行った人も弁護士になった人もいますよ。まずは努力、勉強です。自分を助けるのは自分しかいないです。あとはどうぞご自由に。

    ユーザーID:4164488074

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 貧困の定義が変わってきているように感じます(3)

    人は努力で変われるなんて当たり前です、母数が多いのだから成功例があるのも当然、でもねそれを一般論に置き換えるのはナンセンスです。
    世の中には宝くじに当たって大金持ちになった人がいる、だから人生わからないというのと同じくらいくだらない論理です。

    繰り返しになるけど速水さんみたいな中間層程度の人たちが今語られてる「貧困」の環境で生まれ育ってたらかなりの高い確率で自分達がバカにしている「貧困」の立場になってたと思いますよ、現代の貧困の問題は単純に「モノ」や「金」だけではないのです。
    まさに速水さんなどが主張している努力や工夫する環境が「貧困」なのです。

    このトピでもよくわかりますが現代の貧困がいかに社会全体で問題なのか理解も他者への共感もなしに自分が恵まれてた環境で育った自覚もなくまるで自分の努力と工夫で現在の地位を築けてると勘違いしてる大人たちが多いですね。

    ユーザーID:2670382286

  • このトピの意義

    極端な言い方ですが為政者、つまり現政権の政治家や役人を批判しても世の中は変わらない。素人考えでも自由で闊達な意見を交わすことに意義があるし、それにより政治への啓発意識が高まることに意味があると思います。

    少なくとも罵り合いが激しくなって、トピが閉められるよりも…、顔の見えないネットだからこそ美しくありたいですね。

    日本人はあまりにも政治に無関心すぎます…、というか失望しすぎて、利己主義に走りがちかな?。遠回りですが選挙権を持った、庶民の意識が変わる事でしか国って変えられないのではないでしょうか。

    連投失礼しました。

    ユーザーID:1965936343

  • 子どもの権利

    ひとり親世帯で、その親が非正規雇用だったり、親が多額の借金をかかえている場合、
    子どもの給食費や文房具を買うこともままならない家庭があります。

    とりあえず、公立の小中高校までの学費は無償にすること。
    貧困世帯の子どもには、国や自治体が給食費や学業品代を負担することではないか?と思います。
    それらのお金が親の借金返済や過程の生活費に使われないようにすること。

    高校を卒業できれば、子どもも道が開けます。
    自立することも可能です。

    どんな親のもとに生まれても、
    こどもは、最低限の教育と生活を保障されなければならないと考えます。

    ユーザーID:7835200179

  • 大企業から中小企業へ富の再分配

    前レス(2/28 12:27)において、不公平になった部分があるので補足します。

    現実的な問題として、安価な労働力である外国人労働者(研修留学を含め)無しでは、立ち行かない中小零細企業がある事は無視できません。

    大企業は法人税の優遇により、かつてない利益を上げています、大銀行が不良債権を税金でチャラにしてもらった事を忘れてはいけません。この大企業の、不公平感のある儲けを何らかの形で、中小企業や問題の介護の現場に回してもらいたい、富の再分配です。

    中小企業が雇用した社員の、厚生年金の掛け金に充てる等、幾らでもありそうですよね。実際に中小企業の厚生年金の負担逃れは問題になってます。これは話題の経済学者、ピケティの理論にも当てはまりませんかね?。

    ユーザーID:1965936343

  • 一体、何を証明したのか?

    通りすがりさんが社会に求めるものは何ですか?

    生活を保障する金銭か、
    良質な価値観を形成する教育か、
    あるいは個人の努力を評価材料にしない結果平等な社会なのか?

    具体的に並べてみれば、
    今の社会ですでに実現されていることが意外に多いと分かります。
    実現されていないとしたら、資源不足で実現性に乏しいとか、
    規範的に難があるとか、結果として大多数に不利益をもたらすような、
    もっともな理由があると思います。

    しきりに個人の努力に限界があることを唱えていますが、
    個人の努力とは?限界とは?がまったく見えません。
    何を目指しているかが分からないからです。

    このトピには示唆に富む発言が多く含まれています。
    なんて親切な人が多いのかと驚くくらいに。

    これすら素直に耳を傾けられないのなら、
    社会がどれだけ有益な機会を提供しようとも、
    何の効果もないという見本になっていますよ。

    ユーザーID:5554436206

  • 子どもの貧困対策として、小学校に人的投資

    貧困が自己責任?はともかく、未来の貧困を解決する一案として、学校に福祉専門の仕事の職員をおくのはどうでしょう。

    ほら、子どもの貧困→児童手当などお金の給付→子どもに使って、としても、「手当が欲しいから多子?」な子どもにお金を使っていない親(…学用品給食費の未納とか、この時代に下の子の面倒を見させるために高校進学させない親とか)も、いるではないですか。

    となると、せっかくお金を使うなら、公立学校=ある程度義務的に関わらざるを得ない公的機関、ある程度家庭の状況が子どもを通して分かってしまう公的機関、に福祉の仕事をする職員を、もう非常勤とかでなく常勤させ、今先生がやっているサポートを担って貰う。
    つまり、本格的な福祉機関との連絡と問題のある家庭への関わりを専門にやってもらう。お金の使い方を間違っている家庭(給食未納があるのに外食?!でかい車?!みたいな)にも関わって貰う。
    先生の本来の教材研究に取り組む時間が増えれば、授業の質も上がり他の児童生徒にもよし。

    幼保一体化みたいな、省庁を越えた連携、みたいなことも必要なのではないかな〜、と思って。読売本誌にも似たような話があったような…。

    ユーザーID:3078815610

  • 資力に限りのある中間層は努力と工夫が不可欠

    見ていると、通りすがりさんのようなタイプは、ある1時点での自分の境遇、立場から動こうとしない傾向があるように感じます。

    つまり貧しい家庭に生まれたらそこまで、また労多くして実入りの少ない目先の仕事に自ら就きながら、また自分を憐れむなど。
    別トピで、貧しい環境に生まれたが賢明に勉強して一流企業に入ったという人のケースを見ました。
    結局人は努力で変われるというモデルケースです。

    また、自称弱者とする人達がよく言うセリフに、「病気になったらあっという間に貧困」というのがありますが、
    多分彼らは自分で調べたりする習慣が悉く欠けている為、せっかくの国の有り難いシステムを利用しないまま
    みすみす苦境に陥るのではとも思っています。

    私は過去に二度手術を伴う病気をしていますが、どちらも病名と治療方針が決まった時点で
    「限度額適用認定」の申請をして、結果負担限度額と個室差額を保険の給付金で支払いました。
    とにかく、私のような普通の庶民は倹約とこうした申請をまめに実行していく事でしか身を守る事が出来ないからです。

    子に教育を授けるのも同じです。
    人生のスタート時点で努力するのが一番楽なのです。

    ユーザーID:8240119256

  • 安易に「富裕層」という言葉を使って逃げないこと

    >どうも、ここの回答者は富裕層が多いようですね

    少し反論されると、すぐにこうした単語を使って逃げようとするのも、「自称貧困者」の特徴です。
    「富裕層」という言葉を使うと、「私には手の届かない世界。だから彼らの意見など耳を傾けなくてもよいのだ」
    と逃避できるから便利なのでしょうね。

    しかし、この日本で富裕層と呼ばれる方々は何%程になるのでしょうか?
    富裕層でなく、かといって「本当の貧困層」でもない、いわゆる「中間層」、これがやはり一番多いのでは?と思っています。
    少なくとも私は富裕層ではありません。
    まず平凡な勤め人だった事。貯えはあるが、私の家庭にとって年金は老後の重要な財源である事。
    これだけでも私がただの中間層である事がわかります。

    本当の富裕層は、年金の事など眼中にありませんよ。
    身近に開業医がいますが、彼は雇用主として子息に年3000万の報酬を与えています。
    これに加えて自分への報酬、また複数の従業員の給与を支払って尚、値段を気にせず買い物が出来る資力があるのです。
    こういう人を富裕層というのであって、安易に混同するのはよくありません。

    言葉をもっと大切に扱いましょう。

    ユーザーID:8240119256

  • 自己責任・努力不足論について

     個人の努力が叶い難い一例です。
    現在、最も人手不足が深刻な職の一つが、介護の現場だと言われています。またNHKの情報番組ネタですが、ある大学教授によると日本人の正規介護職の年収は、平均よりも¥100万低いそうです。

    その原因の1つに安価な外国人労働力を挙げています、現在3年間の研修留学という名の「体の良い安い労働力」を5年に延ばす案が進んでいるようです。
    つまり、今や日本で1番深刻で必要とされている職業が、安易で場当たり的に処理されようとしている。

    これって規制緩和で非正規雇用を増大させた事と、同じ轍を踏んでるのでは?。
    そしてこの外国人労働者の何割かが、日本の生活保護を受けているという事実(全てを否定する訳では無い)。
    介護職の現場で頑張る国民は、不当に安い労働を強いられ、その納めた税金で自分の職を脅かす外国人労働者に生活保護費を与える皮肉…。

    今の日本はまるであの寓話みたいです、お腹の空いた蛇が自分の尻尾をどんどん食べ進み、最後には死んでしまう…。
    また建設的な議論に戻る事を望みます。

    ユーザーID:1965936343

  • ん?

    >自己責任に自信があるなら日本から飛び立って自由な国へでも行かれることをお勧めします。

    公務員や大企業の正社員などになっているような人なら海外に行ってもやっていける可能性はあるのでは?
    国内でも就職すらできない自称優秀な人が海外でやっていけるのですか?

    それに、
    >まともな報酬を得られる職業はどうしても限られてくる

    のなら、海外へ行った人の分空きが出てくるのでは?
    こなせるかどうかは、「自称優秀な人」の能力次第でしょうが。

    ユーザーID:8377199409

  • なぜ他人事なの?

    私も30代です。
    母は、専業→パートという感じでしたが、小さいころから「手に職を」と言われてきました。
    勉強はあまりできなかったので、私は高卒ですが、30代の今は子持ちで上場企業の管理職です。
    年収だって、男性に劣らないくらいあります。

    比較的新しい会社だから、女性だから昇進を希望しないなんて先入観もありません。
    そういう会社、増えていくんじゃないかな。

    女性だって、結果出せば男性並みに働けるのに、それを見ないふりして男性に寄りかかっていた結果なんじゃないかな。

    20代の時には、すでにパートや派遣じゃ不安定で無理だと思っていたし。
    トピ主さんだって、今までの中で気が付く機会があったはず。
    もっと若いうちに気が付いて居れば、今頃は違ったかもね。

    ユーザーID:5037212724

  • とりあえず

    貧困の定義を示してからの問題だと思いますが?

    私としてはエアコンつけてたり、携帯持ってたり、外食したりできる人は貧困とは思いません

    ユーザーID:5896664130

  • 貧困層の思考回路

    ござる!さんや速水さんは正しいことを言っていますが、なぜ反論が起きるのかわけがわかりません。

    楽して高い給与がもらえる仕事がしたい、、、と思ってませんか?
    そんな都合のいい仕事なんてないことを100%理解できてないのかな。

    楽したい、でもお金はほしい、でも仕事がない、社会のせいだ!と逃げているだけでしょう。

    自己努力には限界があるのは確かですが、少しの努力で人生がかわるわけがない。
    現在高収入の仕事をしている人は少なからず子供の時から努力をしているでしょうね。

    劇的にお金持ちになりたいなら宝くじを当てるよりなおだろうけど、
    ここで「でも」「だって」と言ってる人たちは仮に宝くじを当てても画期的に良い人生は送れないとも思いますね。
    自分が変わらない限り無理でしょ!

    ユーザーID:0717367222

  • 言い訳ばかり

    無理だ、努力ではどうにもならないと言っている人たちは何をいってもだめですね。
    そんなんだからダメな人生を送ってるという自覚もない。
    それでいいんだからもうほっとけばいいじゃない。

    言い訳しないでちゃんとやってる人はだんだんと良くなっていってるんだから。

    ユーザーID:5431973449

  • それに

    貧困が自己責任ではなく日本の社会が悪いからだと言うなら
    そういう人こそ海外に行けばいいのでは?

    ユーザーID:0608803152

  • だからアメリカとかの話じゃないでしょう?

    みんな自己責任にそんなに自信があるわけじゃないですよ。
    ある程度社会主義的な日本の政治の仕組みの上でその最低限の保障あるのに、貧困だから社会がおかしいと言ってる人に「自己責任では?」って言ってるだけですよ。
    ただ、もし出来るとしてもそうやって「自己責任では?」と思ってる人をみんな海外に送って「貧困は社会の責任」と言ってる人だけ残したらたぶん国が成り立たなくなると思う。

    アルバイトや派遣だと生活費にならない?
    平均的な時給1000円ならブラックな働き方しなくても、残業全然ない正社員が働くのと同じ時間働けば17万近くもらえますよ?
    「労働」と「職業」は違うとか言ってその「職業」が見つかるまで「労働」しない選択肢なんて自己責任って言ってる人にはたぶんありません。
    それに自己責任って言ってる人は、真面目に「労働」したけど一生「労働」だった人にそんな事言いません。
    ただ、正社員登用制度があったのに目先の派遣の給料のよさにひかれて断るとかは「自己責任」
    「労働」が小遣いだの家計の足しにしかならないだの、そう思う人のほうがよっぽど恵まれた階層の人間なのでは?

    ユーザーID:0608803152

  • 言い訳は見苦しい、嘘ばっかり

    >それに、そこそこの能力があろうが職業にできるまともな報酬を得られる職業はどうしても限られてくるのだから、個人の努力だけでは限界があるのが実際です。

    現在職業訓練中の専業主婦ですがまったく同意できません。職業訓練は母子家庭でしたらお金をもらいながら通うこともでき、交通費も出ます。安心して通え真面目に知識を身につけた人には全力で職を紹介してくれます。

    例えば介護関係の仕事は頭が良くなくてもできるし沢山あります。求人を見ると、夜勤なしでも、月給17万、ボーナス年4か月という求人は沢山あります。託児施設併設で安心して働ける所もあります。仕事は肉体労働で大変ですよ。でも、生活できないほど安いとは思いませんでした。

    「勉強したくないがきつい仕事はしたくない」というのは単なる怠けだと思います。皆だって病気になったらどうこうのと言い訳を助長する人がいますがシンママの全員が病気じゃないでしょう。ともかく真面目に働け!と思います。介護だけではなく事務系でも、Web系でも、いろんな資格を取らせてくれますよ。

    ユーザーID:2258306603

  • 自己努力には限界がある

    どうも、ここの回答者は富裕層が多いようですね
    自己責任に自信があるなら日本から飛び立って自由な国へでも行かれることをお勧めします。

    自己努力には限界があることを、今の貧困問題が証明しています。
    証明されている以上、自己努力だの自己責任だのに帰結させることは出来ません。

    また、あえて言えば、自由な国にある貧困がもっとひどいものであることを鑑みれば、貧困問題の解決は自己努力だの自己責任だのではなく社会全体で変えるしかないのですよ??

    自分さえ良ければ良いのなら、問題に関与する必要はない。

    ユーザーID:2224412834

  • 親の金を当てにすると確実に破綻

    >目先の日銭につられて楽な仕事を安い報酬で続ければ
    10年後、20年後に親が死んだりして
    生活が本格的に破たんするのは分かり切っている

    今親御さんに養ってもらっているということですかね?
    何故10年20年後だなんて言えるのかな。
    ある程度のお歳であれば、明日どうなるかも判らないのが人間よ?
    親御さんが倒れれば、莫大な医療費がかかるかも知れないし
    最悪の場合は年金もなくなるのよ?

    仕事なんて選んでる場合じゃないでしょうが。
    今資格取得等勉強の為の無職は別として
    無職の期間が長ければ長いほど
    今就ける職より今後もっと良い職に就ける可能性なんて
    100パーセントないから。

    バイトからその仕事ぶりを見込まれて正社員になれることもあるし
    取引先から誘われることもある。
    何も働かずに家に籠もっているのが、一番最悪。
    完全に社会からドロップアウトしているってことだから。
    怠惰以外の何ものでもないと思う。

    そんな人達に生活保護なんて冗談じゃない。
    正社員だって毎日少ない時間の中で
    必死に勉強してますよ。
    単なる怠けものの戯言だわ。

    ユーザーID:8796277058

  • 弱肉強食ではなく共存共栄の平和な社会を。

    >頭は良いのに貧しい人には、そうした手間を面倒がる事によってみすみす手に入る人生を放棄しているケースがざらにあるのでは?と思います。
    ないでしょう。以上。

    >せっかく恵まれた頭脳があるなら、そこに少しの努力(受験資格を得るための手間も含む)をして、試験を受ける事により人生は全く違うものになるのです。
    低賃金で長時間就労して、その上安息すべき休日をも取り上げようというわけでしょうか?

    要するに、あなた方の発想は上から目線での決めつけでしかないでしょう?

    私は、調理器具や暖房装置に安全装置があるように、クルマに安全装置があるように、
    社会にも安全装置があってもよいのではないかと思うのですよね〜

    何でもかんでも自己責任で見殺しにしたって殺伐とした環境しか生まないでしょう

    私は隣人を疑い憎しんで生きるより、助け合って楽しく生きる社会を望む。
    自分を棚に上げて、自分以下を切り捨てて見殺しにしたくはない。
    失敗したらはいさようなら〜な世界なんて望まない。

    ユーザーID:2224412834

  • 貧困の定義が変わってきているように感じます(2)

    ござる!さんも速水さんも「貧困」の外側からの立場から見てるご意見だと思われますね。
    失礼ながらお二人ともその「貧困」の家庭から生まれ育ってたらかなりの確率そので否定している人達になってたと思いますよ。
    実情を知らないからそんな風に考えられるのでしょう。

    現状の職場環境において厳しいけど十分な賃金を得られるような仕事はごく少数ですよ、非正規の状況や介護職などの実態をご存じないのでしょうね、昔の日本ではないんですよ。
    10年20年あれば将来の備えをできるどころか寿命をすり減らして生活しなければならない人も増えてきてるのです。

    公務員や大企業の正社員など一部の人は厚遇でかつ安定してる反面、そのしわ寄せとして非正規や契約社員などの割合が大きくなってきています。
    現実はパイは限られてるんですよ、それどころか進学しようにも塾などお金をかけれる家庭とそうでない家庭の差がどんどん広がってます。

    努力だとか工夫だとかそれさえも環境に大きく左右される事をもっと認識してほしいです。

    ユーザーID:2670382286

  • どうしてそんな発想になるのか

    >まともな報酬を得られる職業はどうしても限られてくるのだから、人の努力では限界がある

    …あの、全く逆でしょう?
    そういう職業は限られているからこそ、個々での努力で限られたそれらの職に就けるよう、受験をしたりして皆必死に頑張るのでは?
    例えば、ここに試験さえ受ければ医師国家試験にも司法試験にも受かるくらいの頭脳を持った人がいるとします。
    (それぞれの試験に向けた専門的なノウハウは除外して)

    しかし、どれだけ優秀な人でも最終的には、自身で足を運び、試験を受けない事には何も始まらないのです。
    一般の企業でも公務員でもそうです。試験を受けない事には何も始まらないのです。
    せっかく恵まれた頭脳があるなら、そこに少しの努力(受験資格を得るための手間も含む)をして、試験を受ける事により人生は全く違うものになるのです。

    頭は良いのに貧しい人には、そうした手間を面倒がる事によってみすみす手に入る人生を放棄しているケースがざらにあるのでは?と思います。
    こういうと、「そういう試験を受けるためには大学に行かなければ」と言いそうですが、そのために奨学金があるのです。
    そういう人のためにこそあるのですよ。

    ユーザーID:8240119256

  • 働きたくないでござる!

    > 社会認識の甘さ

    反射的に「これが貧困層の思考回路か!」と思わせたいのかな?
    まったく失礼な話です。

    下層に降りるほど、選択肢が狭まるのは当り前。

    厳しいけど充分な賃金を得られる仕事を選ばないのは何故?
    安い賃金でも生活が成り立つよう工夫をしないのは何故?
    10年20年あれば、生活基盤を築き将来への備えをするに充分な時間だと思いますが。

    やる気がない、能力がない、でも認めたくない。
    だから完全性を担保しない「社会」の問題。。

    つまり「なるべくしてなった貧困」というわけだ。

    > 個人の努力だけでは限界がある

    限界に達してから、言ってほしいものです。

    ユーザーID:6488873368

  • 社会認識の甘さ

    貧困問題で仕事ならある、選り好みするから職に就けないんだって指摘はなんだろう??

    そりゃ、安い賃金で楽な仕事はあるでしょう。
    バイトだとかパートだとか。
    でも、それで長期就労しても得られる報酬は高が知れています。
    それは仕事であっても、職業ではありません。
    そういうのは、不労所得や伴侶がいて生活が安定している人が小遣い稼ぎや生活の足しにするためにするもの。

    別に老後とまで言わずとも、先々の自分の人生設計を少しでも安定させようと思えば職業は慎重に選ばなければいけません。

    目先の日銭につられて楽な仕事を安い報酬で続ければ10年後、20年後に親が死んだりして生活が本格的に破たんするのは分かり切っている。

    それに、そこそこの能力があろうが職業にできるまともな報酬を得られる職業はどうしても限られてくるのだから、個人の努力だけでは限界があるのが実際です。

    ユーザーID:2224412834

  • 二つの努力。

    社会システムのせいなのか?個人の意識の問題なのか?

    両方=両輪が揃って連動し初めて上手くいくと思いますよ。

    社会システムの改善。
    私は、努力した者が報われる形での格差是正にしないとダメだと思います。

    以前の日本の成功モデルでは、社会の横並びシステムが格差を抑えていましたが、今後横並びシステムは機能しないでしょう。
    欧米に追い付くためのもの真似では通用しない今の日本経済、横並びから飛び出す力が必要です。

    これが、個人の意識を育てることにもなる。
    もともと勤勉な農耕民族です。できないことはないでしょう。

    こんな家庭に生まれたばかりに。こんな親を持ったばかりに。
    そう思っている人はいるでしょう。
    これからの子ども達には、そう感じる人を減らしていく必要がありますが、
    今、そう思っている人はどうすればいいのでしょうか?

    私は、貧困に陥った人を見てきてもう一つ感じたことがあります。
    「人は変われる」ということ。
    「変わろう」という意志さえあれば、それを常に声に出していれば、
    必ず助けてくれる人がでてくるでしょう。
    変われます。少しずつ着実に。

    ユーザーID:6452136041

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧