• ホーム
  • 健康
  • 幼児のころには風邪をたくさん引いておいた方がよい?

幼児のころには風邪をたくさん引いておいた方がよい?

レス24
(トピ主1
お気に入り70

心や体の悩み

シュガー

2歳の子どもがおりますが、ネットで「保育園でよく風邪をもらってくる」という意見に対して、「子どものうちに風邪を引いておいたほうが免疫がつくから引かせたほうがよい」というような意見をけっこうみました。

親としては症状が鼻水だけであっても、やはり睡眠時は鼻がつまって寝苦しいだろうし、悪化したら怖いのであまり風邪を引いてほしくはないと思っていたのですが…

そんな意見を拝見すると逆に「風邪は引かせた方がよいのか?」とも思ってしまいました。
でも体調の悪い子どもを見ているのは親としてはやはり辛いので風邪を引いてほしくないのが本心なのですが。

実際のところどうなんでしょう?
皆さんのご意見をお聞かせいただければと思います。

ユーザーID:8923102037

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 3歳から半日保育

    3歳から半日保育という一般的な家庭で育て、風邪やインフルエンザなどもらってくることは稀でしたが、中学生現在すこぶる頑丈です。今年度は二人共お休みゼロです。なので風邪をもらったほうが良いという意見には賛同できないですね。

    ユーザーID:9368433927

  • 言い訳もあるのかも…。

    引かせたくなくても保育園などではどうしても風邪がグルグル感染してしまいますよね。小さいうちにたくさん引いた方が免疫力がつくかどうかの医学的根拠はないように思います。
    無菌室で育って、いきなり菌やウイルスだらけの世の中に出て行き感染すれば、それは重篤化するかも知れませんが、そもそも風邪のウイルスは一度感染したら抗体ができる訳じゃないので、何度でも感染発症します。インフルエンザのワクチンも一生ものじゃないですし。大切なのはバランスの良い食事と充分な睡眠をとり、夏は汗をかき、冬もたくさん動いて、体温調節のできる強い自律神経になる事だと思います。同じ空間に居ても感染しない子や発症しない子、発症しても軽く済む子がいるのは、感染した回数ではなく、自律神経その他のコンディションの問題だと思います。

    ユーザーID:2404343121

  • うーん

    まあ、正直なところ、親の都合で本人の意向に反して保育園に入れて、年中青洟垂らしている子の場合、

    かわいそう〜、お母さんとずっと一緒に居れたらこんなに苦しまないのにネ!

    と言ったら母親が傷つくので、いずれは感染する感冒のデビューが早くなっただけよ、というケースがほとんどでしょうね。

    普通に考えて、ヘルペス属の一部など数少ない病原体を除き、身体が大きく免疫が発達した状態でかかる方が圧倒的に軽症ですから。
    大きい方が脱水にもなりにくいしね。
    ただ、大きくなった子ども主張しますから、しんどいいたいだるい、って。心理的な負担はあります。

    2歳児にわざわざ風邪ひかすなんて、馬鹿げてます。
    私は小学入学までに3回発熱しただけですが、その後も3回くらい発熱しただけです。

    ユーザーID:9394930694

  • 一生涯かけても風邪全部は免疫つかないでしょ?

    集団生活の中で風邪をもらうのは仕方ないんだから諦めろ・・ってだけでは?
    幼児の頃にわざわざ危険をいくつもくぐらせなくてもいいと思います。
    身体の異変は本人しか判断できない。
    でも子どもには判らないんですから。

    わざわざ風邪の子と遊ばせたり
    寒がってるのにあり得ない薄着させて薄着推奨!とか言ったり
    この時期に親の都合に付き合わせて人込みに連れ出したりするのは
    オカシイと思いますけどね。

    生活リズムを整える・栄養睡眠を摂る・洋服は寒さ厚さに対応させる
    うがい手洗いする・自分が咳していたらマスク
    こういう事って、子どもの頃から意識してないと無頓着な大人になると思います。

    だけど、寒いから外遊びさせない・暇さえあれば除菌・赤い顔して厚着
    大事な予定が近づいてるっていうなら親の心情的には理解できますが
    これらを常時は、やりすぎですね。いま多いでしょ?こういう親。

    ユーザーID:6006969727

  • 健康に育ててください

    私の父は子供の頃の風邪が元で心臓病になりました。今は抗生物質が有るのでこのよなタイプの心臓病は無いそうです。息子が胸が痛いと言うので心配で検査に行った時に父の事を言うと、「風邪を引いたら医者にかかれば心配ないです」と言われました。
    私の夫は子供の頃風邪を引いて良く熱をだし、酷い時には引きつけたそうです。義母は医者に見せずにミミズを煎じて飲ませたそうです。夫はそれが元で腎臓病を患いました。一生を苦しめられる事になりました。
    私は生まれてひと月目から熱を出しましたがその頃ペニシリンが出始め、往診を頼むと同時に家族がペニシリンを買いに走ったそうです。父のお給料が三千円の時に二千円のペニシリンを毎月数本注射して私は生き残りました。あだ名がペニシリンちゃんだったそうです。私は63 才になりましたが、何度も肺炎になりかけてそれでも生きる事が出来たのはひとえに両親と家の力のお蔭でした。
    出来たら風邪なんか引かせないで大きくしてくださいよ。風邪は万病の元と言うのは真実です。
    お子さんは宝です。少子化の時代日本を背負って立つのです。健康に留意して大切に育ててください。

    ユーザーID:6904870279

  • 言葉はきちんと認識した方が良い

    医療関係者です。

    「風邪を引かせた方が良い」とは思いません。

    トピ主さんのおっしゃる通り、見ていてツライというのもまた事実でしょう。

    私たち親は、自身の経験からも
    「失恋などのツライ経験も自分を成長させる」
    と知っています。

    ですが、「成長するために失恋をした方がいい」とは普通言いません。

    風邪についても同じことです。

    免疫獲得の観点から言えば、正確には、
    「軽い風邪をたくさん引いておいた方がいい」
    とは言えます。

    失恋などのツライ経験と同じ、
    別にムリに引かせる必要はありません。

    ですが、「風邪をたくさん引くことは問題ない」とは言えるでしょう。

    何でも極端だったり、曲解することは良くないと思いますよ。

    ユーザーID:7907267019

  • 夫を見ていると関係無いと思う。

    手洗いやアルコール消毒剤(ノロにも効くと謳ってる商品)を使ったり、1日2個で風邪予防なんて聞くとミカン食べさせたりしてます(笑)
    子供達も好きなので。
    早寝早起き・食生活に気を付け、むやみやたらに人混みに行かないようにしたり、上記のこともやって、それでも風邪を引いてしまったら、それはもう仕方ないなと思ってます。

    私も夫も、子供の頃、保育園に通ってました。
    冬場は結構風邪引いてました。
    私は小学高学年頃からは風邪を引かなくなりましたが、夫は大人になった今でも、冬場一度は風邪引きます。
    結婚前は、季節関係なく、毎月1回は体調崩してました。
    一人暮らしで、食生活悪かったですしね。

    夫を見ていると、子供の頃に沢山風邪引いたかどうかは関係無いと思います。

    ユーザーID:1228575447

  • 免疫なんてつかないと思いますが。

    風邪のウイルスの種類って確か200以上あって、そのウイルスも年々変化して新しくなっていくと思うのですが。
    1つに免疫ついても、他のウイルスが原因ならまた風邪ひきますよ。

    免疫じゃなく、体力がつくから大人の方が子供より風邪を引きにくいし、引いても軽いのだと思います。

    風邪を引かずに健康ならそれが大人も子供も一番じゃないですかね。

    ユーザーID:9895980803

  • 風邪やインフルエンザに耐性はできない!?

    風邪は病気ではないと言われますが、その通りだと思います。医師や看護師は風邪を引いても薬を飲む人が少ないようです。飲んだとしても、熱が下がったり、鼻水が止まったりして、体調が回復し、食欲が出て、更に体調が回復する、ということを知っているからのようですよ。

    では、なぜ医師は患者に風邪薬を処方するのか? 適当に想像してください。

    ユーザーID:9223832026

  • 医者曰く

    子どもの内にたくさん風邪をひいて免疫が付くなら、大人になって、何故風邪をひくのか?
    それは、風邪のウイルスは無数にあり、(実際にその数は未知数だとか。)毎回その人にとって新たなウイルスに感染するから。

    だそうです。
    (正確には《風邪》という病気はなく、そういった症状を起こすウイルスに感染し、その全体症状を診て、《風邪》と言っている とも言ってました。)

    私も主さんと同じ疑問を持ち、掛かりつけの小児科の先生に訊いてみたところ、
    上記の答えが返ってきました。

    要は風邪は、ひき損・もらい損で、免疫力と体力を付けないとダメって事かなと思います。

    ユーザーID:4811570206

  • 風邪で免疫はつきません

    水分を十分補給して、睡眠をとらせて移らないようにしましょう。手も20秒間洗うこと。

    ユーザーID:4809438432

  • あのね、、、

    タイトルのようなことは、一種の社交辞令です。「うちの子、保育園でしょっちゅう風邪をもらってくるのよ、、、。」と言われたら、タイトルのようなことや「子供は、病気しながら強くなるって言うから。。。」ととりあえず言いますね、私は。気を付けていても風邪をひくときはひくので、親を責めるようなことを言うのもいかがなものかと思うので。

    もし、「わざわざ」ひかせた風邪がただの風邪で済まなかったらどうしますか?一生後悔するようなことになったら??

    風邪をひかないということは、それだけ健康なんですよ。有り難いことです。小さい頃に風邪をひかなかった子が、成長するにつれて病弱になるってことはないでしょう?

    ユーザーID:8658523978

  • 何ごとも、適度が良いのではないでしょうか。

    普通に活動して、常識的に予防している生活の中で、時々かかる風邪は、仕方ないと思えば良いでしょう。でも、あえてわざわざ感染させる必要はないと思います。

    また小さい頃は、インフルエンザやノロウィルス等の重症化しやすい感染症からは、出来るだけ守った方が良いと思います。

    しかし、感染を恐れるあまり、家に籠りきりになったり、消毒殺菌を過剰にして、細菌やウィルスを排除しすぎるのも困るでしょう。ある程度は共存できる体力が必要です。

    何ごとも、適度にするのが良いのでは?

    ユーザーID:4935303118

  • それは

    たくさん風邪引いたほうが云々は、引いてしまった子の親への慰めの言葉で、ほんとうは引かないほうがいいと思いますよ。
    理想は、過保護にしすぎるんじゃなくて、体が丈夫だから、菌をもらっても病気にならない(菌とは接触してるので、免疫は付いていくけど、発症しない)だと思います。
    うちの子は、食事に気を使って、野菜と果物を沢山食べていたせいか、赤ちゃんの時から2〜3年に一度しか熱を出しませんでしたが、今もめったに病気しません。私も夫も子供の時病弱だったので、丈夫なのは遺伝ではないと思います。
    反対に、小さい頃よく風邪を引いたり熱を出してた子は、大きくなってもよく病気をしているようです。
    風邪をひかせて体調を悪くするより、健康な生活を送れるよう食べ物等に気を使ってあげるほうが、将来も病気しないと思いますよ。

    ユーザーID:9686569900

  • いやあ…

    風邪って、ひいたから次ひかないってもんでもないですよねえ。
    ピンポン感染とかしましょ?

    私は2歳頃からすぐひいて熱が8度前後になってダラダラと長引く子で、
    私の妹は殆どひかないタチの子でした
    (2年に一回くらい急に9度超の熱を出して、クルッと丸まってすごい勢いで寝て一日で治す)が、結局ズーッとそのまま大人になりましたし。
    私はひきやすくて妹はひかないの。今でも。

    今のウチの子を見ても、
    上の娘は、なんか私の妹に似ててひかない(2年に一度くらいドカンと来てクルッと丸まるのまで一緒)し、息子は私に似ててよくひいてダラダラ長引くんですが、
    小さい頃から今(中2、小5)までそのまんまきてます。
    そういう体質ですねえ。

    小さい頃いっぱいやったから強くなるってことはないと思うなあ。
    「小さい頃はいっぱいやったけど、成長したらひかなくなったよかった」というのは勿論あるけど、それは本人の基礎体力が上がったから、だと思う。

    ユーザーID:6746316149

  • いいわけない

    小さな子供の体調不良が、良いわけないです。
    大人になってかかると厄介な病気(風疹など)は、子供のうちにやっておいた方がベターには賛同しますが。
    小さな時にたくさん病気したけど、大きくなるにつれてしなくなる話は、山ほど聞きますが。
    子供の頃に風邪をあまりひかなかったから、大きくなってから病気にかかりやすいなんて話は聞いたことありません。
    集団生活が始まった時点から、流行り病にかかることは多くなります。
    保育園にいかない子供はたいがい幼稚園がそのスタートで、そこから流行り病をもらい始めますが、回復力は年齢が上がるほど早いし、悪化しにくいと思います。
    保育園ほど、子供同士が密接ではない(同じおもちゃをしゃぶるとか)ので、生涯免疫つく病気にかかりそびれることは、保育園よりは多いと思いますが。

    雑菌に過敏になりすぎは良くないですが、だからと言って、本人がつらいほど病状が出る状態は良くない。
    雑菌にさらされても、病状が出ないか軽く済むことを繰り返すことで強くなると思っています。

    ユーザーID:9529801139

  • 免疫力を鍛えると良いかも

    私は、子供の頃に良く風邪を引きましたし、腐った物を食べてお腹も壊しましたが、苦しみながらも、自然回復しました。そのおかげでしょうか、肺にも、お腹にも免疫が出来たみたいです。

    大人になってからは、冬に風邪を引きにくくなりました。また、東南アジアの屋台で食べ歩いてもお腹を壊すことがありませんでした。免疫力を鍛えることは、とても大切ではないでしょうか。

    ユーザーID:9622443980

  • ひかないに越したことはないでしょ

    ひかせた方が良いとは私は初めて聞きました。
    わざわざ辛い思いをして風邪ひく意味は何かあるかしら?
    それに風邪の菌の種類は数えきれないぐらいあるんじゃなかったっけ?

    風邪ひいたって体は強くならないと思うのだけど。体質もあるし。
    しかも小さいうちは抵抗力が低いから悪化したら大変。
    風邪に慣れるんじゃなくて、風邪に負けない体をつくるのが大事なのでは?

    ユーザーID:3635575232

  • わざと引かせなくても・・ と思う。

    引いちゃうものは仕方がないし、
    引かなくて済んでいるのなら、そのままでいいし。
    って思っています。

    たくさん風邪を引いておいたほうがいいという人は、
    わざと引かせるように仕向けるということなのかな・・?
    それが今一分かりません。

    うちの子は、赤ちゃんの頃から滅多に熱を出さなかったし、風邪もたくさんは引きませんでした。
    一般的な他所のお子さんよりも丈夫だったかも。
    今は小学生になっているのですが、昔と変わらず、あまり引かないですね。

    昔から体が弱かった子を見ていると、今でも弱い印象がありますが、
    それは元々の体質じゃないのかな?

    私だったら、そんなこと言われても困っちゃうな。
    気にしなくてもいいんじゃないの?

    ユーザーID:4465955760

  • アラフィフです

    はしかを例に話をしますね。

    私が子供の頃には周囲に兄弟姉妹のいる子が多く、また幼稚園保育園も行く子と行かない子がいたりして乳幼児から幼児迄、学校が終わった時間になれば小学生のお兄さんお姉さんも混じって遊ぶのがあたりまえでした。

    私は一度目のはしかは三歳の時、しっかりぐったり寝込みました。
    はしかは一回罹っておくと二度とかからないといいますが実際はそうではありません。
    一回かかっておくと二度目以降は重症化しないということです。
    だからその三歳の寝込んだ時以降も軽いはしか感染は何度もくり返していた筈です。
    寝込む程酷くなかったので自分でも家族の誰にもはしかに罹ったことは分かりません。
    なのではしかは一度罹っておくと、と言われるのです。

    多世代がごっちゃに遊んでいるため軽いはしか持ちから初めてはしかを貰った子は重症化します。
    治ったらまた遊びに加わり誰かに移しますが周囲がもうはしかを一回経験していれはたいしたことはありません。こうして何度も何度もはしかをくり返して得た免疫は強いです。現在の同世代は一度にワクチンを打って同じ時期に切れて重症化するみたいです。

    ユーザーID:7812570664

  • 比較できません

    実際に「沢山風邪を引いた場合」「引かなかった場合」の比較はできませんよね?備わっている免疫力もみんな違います。6歳ぐらいになっても、風邪を引いて悪化させて(中耳炎、肺炎など)同じ場所に通っていても、長い間お休みする子は決まってるし、休まない子供は全然休みません。

    子供が風邪を引いて欲しくないのは分かりますが、多分どうにもならないと思います。いくら着るものを調節しても、病気になるときはなると思いますよ。

    で〜んと構えて、病気になったときにきちんと対応する!ぐらいでいいのでは?

    ユーザーID:2255577273

  • かかりつけ医

    うちのかかりつけの小児科は
    「ワクチン接種で得た免疫はテスト前の一夜漬けの詰め込みみたいなもの。その病気に罹って得た免疫はじっくり理解し得た学問みたいなもの。どちらがちゃんと身に付くか考えるまでもないでしょう。繰り返し風邪を引くのは同じ問題を何度も解く様なもの。くり返せば身にしみるのは学問だけではありません。体だって生きる為の知恵をたくさんたくさん学んでいかなければならない。乗り越えるのが困難そうな時に大事にならない様に手助けするのは大切な事だけど、これから歩む道の上に石ころ一つ落ちていちゃいかんみたいな育て方は感心しない。(何でもかんでも消毒滅菌!というありかたのことをおっしゃっておられたようです)感染症をくり返すということはひとつひとついろんなものを乗り越えられる力をつけるということだと僕は思います。」
    とおっしゃっていました。

    子供が青っ洟垂らして走りまわっていた頃はアトピーなんて殆どみかけなかったとも。

    ユーザーID:7812570664

  • そんなわけない

    風邪をひいたほうがいいなんて根拠がないですよね。臨床データがあるわけでもなし。

    栄養バランスのよい食事、清潔、睡眠に配慮し、健康で過ごせるようにしてあげるのは親の務めだと思います。うちは子供たち成人しましたが、これまで軽い風邪はたまにひくことはあっても、熱が出たことはほんの2、3回でした。今もほとんど風邪などひかず健康です。

    お菓子やお惣菜、インスタント食品、レトルトなど手抜きの食事では風邪をひきやすくなってしまうので、親の心がけ次第だと思います。言い訳にしないでしっかりお子さん見てあげてほしいです。

    ユーザーID:5980856933

  • ありがとうございました

    やはりそうですよね…わざわざ風邪を引かせて良いわけありませんよね…
    ネットでいろんな意見を見て不安になってしまい、お恥ずかしい限りです。

    皆さんの貴重なご意見を読ませていただいて、結局、個人の体力や免疫力が大事ということがよくわかりました。

    「風邪を引かない」=「体が丈夫」、本当そうですよね。
    当たり前のことをすっかり忘れておりました。

    体を丈夫にするような食事や運動の大切さが身に染みました。
    自分も最近以前より風邪を引きやすくなった気がしておりますので、子どもはもちろん家族の健康に注意して、バランスの良い食事や運動に目を向けたいと思います。

    皆様、貴重なご意見をありがとうございました。

    ユーザーID:8923102037

レス求!トピ一覧