憎しみが募るばかりです

レス38
(トピ主0
お気に入り187

心や体の悩み

ぼうず

私は60代の男性です。難産で苦しんだようです。泣いてばかりいたので祖母が私の相手をしてそれがもとで二月後に腸ねん転で亡くなったと聞いて育ちました。父は婿養子で母とは大変仲が悪く私が子供の頃には勝気な母が父に手をあげていた様子を今でも覚えています。祖父も亡くなり私が6歳の頃妹が生まれました。その後父は当時は珍しかった海外に駐在員として2年間単身赴任し帰国しましたが,それからが私の地獄の始まりでした。父から祖母が亡くなったのはお前のせいだ,と言われ続けました。日曜日は家の中でじっとしていることを求められました。私も耐え切れずに屋根の上にのぼり叫ぶなどしましたが警察官を呼ばれ一晩警察署で過ごしたこともありました。大学進学では月謝をタテに不本意な学部に進むことを強制されました。その後私の気質が精神的な病であると言って父母は私に神経科の受診まで強いたのですが,幸い就職もでき社会人として一通りの経験も無事に済ませいくつかの公的資格を取得し金融危機の頃には転職,友人たちも成功を収めたと言ってくれています。でも父母妹に対する憎しみ以上の思い葛藤は私の頭から離れることはありません。父母とも90を過ぎたころに一度和解を試みました。その時母は「あなたを育てた時私は若く両親も亡くしていたので育て方が判らなかった,きつくあたってしまい申し訳なかった」と言ってくれたのですが,父と妹の見下した言動に再び交流を断ちました。父は一昨年死亡しましたが,その三月前に私は父に終に祖母の死についての言動を糾弾した手紙を送りました。すぐ弾かれたように父から返信がありました。それは自分がかつて勤務した会社から長寿の表彰を受けたことの社内報の記事など自分を自慢する資料類のコピーでした。父の死を聞いた時は間に合った,他のことももっと書けばよかったと思いました。還暦を超えた身の私ですが今も憎しみは消えません。

ユーザーID:1421763248

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 無題

    私もきっと憎しみは消えないままの生涯を過ごすのだろうなと、トピを読ませていただきました。

    和解は試みるだけ無駄で、傷は広がり塩を塗り込めたように痛みます。

    それでも、「だから確かな個の私がある。」と、思えるのです。

    老齢になれば弱り接し方も変わってくるからと、私を諭してくださる方もあります。しかし、それでは遅過ぎではありませんかね?

    ユーザーID:1371489287

  • それでいい。

    意識して消すものでないです、今のままでよろしい。

    ユーザーID:3268646426

  • 一言

    自分の人生を他人の所為にしてはいけません。

    ユーザーID:1213823762

  • 昔の感情を取り出しても、どうすることも出来ない

    相手に対する憎しみとは、自分の思い通りにならないことが起きた時、相手が自分より優位な立場で八つ当たり出来ない時に自分の心に生まれる感情です。そして、その感情が生まれるのは、打ち上げ花火のような短い時間だけです。その後は、消失してしまいます。

    それにも関わらず、その感情が残っていると思っているのは、自分の思い通りにならないことが起きる毎に、その時と同じ憎しみの感情が自分の心に生まれるからです。

    その感情は昔と同じですが、生まれた時期が違います。昔の感情を、あなたの心の引き出しに入れておいて、自分の思い通りにならないことが起きる毎に、昔の感情を都合よく取り出しているだけです。例えば、昔、渋柿を食べた時に渋いと感じる味覚が発生したとしましょう。その後、渋柿を食べると渋いと感じる味覚が生まれます。その渋いという味覚は昔と同じですが、感じる時期が違うのです。

    自分の人生は自分の思い通りにしたいが、そうならない現実があるのです。その事実をあなたが受け入れることが出来れば、昔の憎しみの感情を心の引き出しから取り出す必要が無くなります。そうなると、これまでとは違った視点が開けてくることでしょう。

    ユーザーID:6637902080

  • 年を取れば頑固にもなるし

    頭から言って聞く年ではありませんし、家制度で育ってきた年代でしょうから、たとえ子供のほうが正しくても意地でもそれを認めるわけにはいかない年代だったろうと思います。
    こんなこと言われるとお怒りになるとは思いますが、お父様とトピ主さん、使う手段が一緒なのですね。それに免じて許せとはいいませんが、トピ主さんはもう少し違う手段を使ってみてはいかがですか?トピを拝読した限りでは、どちらも「自分が正しいんだ!聞いてくれ!わかってくれ!」って叫んでいるようにしか見えないのですよ…。トピ主さんには見えにくいかもしれませんが、すぐに返事が返ってきたところからすると、方向性は間違っていると思いますがお父様はトピ主さんのことを嫌いではなかったと思います。嫌いなら無視しているはずですから。ただ…愛情表現がかなり苦手な方だったのしょうね(この点に関してはお父様を援護する気はありません)。
    押してダメなら引いてみる。トピ主さんは「これからの生き方」でご自身の正当性を証明していってください。それが一番だと思います。

    あと…病院など専門家の知恵をかりてもいいと思いますよ。

    ユーザーID:5076407287

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • ぼうず様



    お気持ち凄く分かります。
    私の父は自分の代わりに私を母方に養子に入れておきながら
    テレビタレントを指差して「へ、養子や」と嘲り、そして日頃から暴力と暴言、安月給、ヒステリー男でした。

    母は大学に行かせて貰えなかったこと、都市銀行勤務の独身時代と比べ、父との結婚を、後悔と我慢の連続で、
    そのはけ口を私に当たり散らして来ました。

    小学5年からは祖母の財産を横取りする憎いやつ扱いで、「あんたは養子や、父に似て撫で肩で足が短い、兄は母似で足が長い、」等を言いながら、心臓の悪かった私の食事に止めてと言っても塩をかけ続ける。

    私が、ぼうずさんと似たような感情から解放され始めたのは最近です。


    親だと思うから、憎いのです。
    自分を嫌いな赤の他人だと思えば、腹はたちません。哀れな人だとは思いますが。

    怒りとは助けを求める心の叫びだそうです。

    ユーザーID:2562247737

  • お気持ち大変よくわかります

    今まで、精神的に苦労されて本当にお辛かったと思います。

    私は50代主婦ですが、同じような苦しみを経て母親と妹と絶縁しております。
    父は他界しました。

    思うに、私の母やトピ主さんのお父さんは
    自分が一番可愛くて自分が一番優秀で自分だけ幸せならいいのです。
    自分の気に入らない人物は上から見下し、徹底的に虐めます。

    私の母は父と夫婦ケンカすると乳飲み子を置き行方不明家出を繰り返していました。
    長い時で半年位。。。
    そして私は4人兄弟なのですが〜私だけ徹底的に虐めました。
    家族の中で私だけを仲間外れをして楽しんでいたようです。

    現在の私は、主人がとても理解のある人で穏やかな暮らしをしています。
    最近はあまり考える事も少なくなりました。
    パートの仕事もしており高齢者のお宅にお弁当を届けていろんな方をみて勉強
    しております。

    私も今だに母を許す事はできませんが〜あちらは悪い事をしたなんてこれっぽっちも思ってないので
    その事を考える時間がもったいないと今は思ってます。

    主さん自身の後の人生〜恨みで過ごすのは勿体無いですよ!
    社会貢献にシフトして下さい。

    ユーザーID:8758600196

  • 同じくらいの年代のものですが

    あまりにつらい経験で、言葉がありません。

    でも、この辛さが、りっぱな人生を作り上げたのだと思いました。

    私は、自分に甘く、怠惰で、後悔ばかりです。

    「許せない」ことはそのまま、あなたの強さになったのでしょうか。

    でも、もう残り20年と少し…

    それでも、あと20年あります。

    忘れることはできないことでしょう。でも、前を向いて自分自身をいたわって・・

    どうぞ、幸せに生きていって欲しいと願わずにはいられません。

    ユーザーID:0045992635

  • 妹さんも

    何れ同じ様な目にあうのでは?お母さんには謝罪が頂けたのですよね。お父さんは憂さ晴らしをしていたのではないかと思いますが,私なら…やっぱり許さないかな。

    ユーザーID:6607706934

  • 別に許さなくて良いと思いますよ

    よく人を憎むのは良くないとか綺麗事を言う人がいますけど、私はそういう偽善者、大嫌いです。人を憎むのにはそれなりの理由があるんですよ。基本、憎まれるに値するような行いをした相手の方が悪いのだし。なんでそれを憎んじゃだめなの?って感じ。憎まれるような酷いことをしておいて、憎むな、なんて都合良過ぎ。

    トピ主さん、一度和解を試みたのは偉いですよ。私なら絶対に和解なんてしませんもん。お母様は自分の非を認められて良かったですね。お父様は残念なことに亡くなられましたが、まだ妹がいるじゃないですか。だから大丈夫ですよ。

    ユーザーID:8265605038

  • 辛い半生でしたね

    貴方が泣いてばかりの赤ちゃんだったからと言って誰が貴方を責められるでしょうか。むしろ最も愛されるべき存在でした。可愛そうに。家庭のひずみが小さな子供にすべて向けられたものと思います。
    実は私も泣いてばかりの赤ちゃんでした。祖母の母はひ孫が生まれた事を喜び私のおむつを洗っている最中に亡くなりました。寒い季節でした。祖父は申し訳なく思い盛大なお葬式を家の寺で行った後祖母の実家で二回目のお葬式を出したと聞いています。
    私はその事で責められた事は一度もありません。しかし何度も聞かされて育ち一度も会った記憶のないひいお祖母ちゃんに感謝の念を持ち続けて育ちました。何度もお墓にも行きました。
    そろそろ貴方にかけられた呪いを解く時です。赤ちゃんが泣いたくらいで死ぬなんてありません。たまたまその時に病気になっただけです。貴方は何にも悪い事はしていないのです。
    むしろ可愛がるべきわが子に辛く当たり酷い言葉を投げかけ、意地の悪い毒のあるご両親こそ一番悪いです。
    貴方が立派に大人になった事は素晴らしい出来事でした。憎しみは自分を消耗させます。そろそろ楽になって下さい。
    私も貴方と同じ60代です。

    ユーザーID:8126520061

  • 残りは

    いずれあなたも行く彼岸にて父に思う存分伝えることとして、此岸ではもう苦しみを忘れてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:2775780753

  • 親からの愛情飢餓で育つとこうなることも・・・

    トピ主さんは一度もご結婚されていないのでしょうか?
    生まれた当時のままの家族が一生「トピ主さんの家族」なのですね。

    年齢はとっくの昔に大人になっているのに、
    幼少〜生育期に十分に得られなかった親からの愛情をいまだ
    にどこかに落ちてないかと探し求め続けているのですね。

    ユーザーID:1826907734

  • お気持ちわかります!でも。

    お気持ちわかります。私の母親も酷いもんです
    とても…とても。一言では表せません。子供の頃から、独身の頃から、
    今 いい年になった私を 常に罵倒します。酷い言葉でね。
    殴られたし、蹴飛ばされたし

    私の横にはいつも母親の影がいました。心を支配していた。
    でも2年くらい前から プチっと何かが切れ、その日から母親を
    怖いと思わなくなりました。こんな日が来るなんて
    とても楽です

    あなたの人生はあと何年続きますか?
    お父さんはとても酷い人でした。でもあなたは愛されたかった。
    お前のせいじゃない、そう言って欲しかったんだね。
    私が言いますから。あなたのせいなどではない。
    お父さんは、あなたのお父さんだったけど
    言ってはいけないことをあなたに言ってきた
    酷い人間だったよなあ。そう声に出して言ってみて
    そして、もう忘れましょ。
    あなたは、父親に幸せをもらわなくても、幸せをつかめる
    立派な大人になりました。
    だからもう、あなたにお父さんは必要ない。
    幸せになるんです。父親の事だけで一杯の人生なんて…そんなの
    もっと他に楽しい事あるでしょ。もったいないですよ、そんなの

    ユーザーID:2703351935

  • 質問です。

    トピ主様には妻子や孫はいらっしゃいますか? 今どのような生活を送っていますか? そこそこ幸せですか?
    過去は変えられないけど、過去に対する考え方はトピ主様のお気持ち一つでどのような方向にも持っていけるような気がするのですが…。

    ユーザーID:4042311577

  • で?

    ここで色々とご自身の身の上話を延々と書き連ね、不満を吐き出されて、少しは満足されましたか?

    みんな多かれ少なかれ、不満を抱えて生きています。いちいち文句を言っていたらきりがありません。

    しかもトピ主さんの場合は人生60年のすべてが不満の一言。文章の端から端まで憎しみで埋め尽くされています。読み手をここまで不快にさせるトピ主さんに同情する気にもなれません。

    父や妹さんが見下す態度をとられたのは、トピ主さん自身に問題があるともいえます。トピ主さん自身が気持ちを切り替え、自身で人生を切り開いていれば、もっといい生き方ができた筈です。人のせいにしていることに気付いて欲しいです。

    ユーザーID:8816060757

  • まず、落着いてください。

    読み返さないと何を言いたいのか分からない、というのは、読み手に対して失礼です。

    毒親に育てられ、辛い思いをされたのですね。その毒親であったお父様も、もう既に鬼籍に入られ、恨みつらみを言うことも、受け入れてもらうことも出来ない。辛い心が行き先を失って迷子になってしまったから、どうしていいのか分からないのでしょう。

    ご自分を縛る事を止めてはいかがですか?もう、お父様はいないのです。ご自分の心を、開放してあげてください。一人ではムリなら、カウンセリングと言う手もあります。

    トピ主さんの心に、一刻も早く平安が訪れますよう、祈っております。

    ユーザーID:0818614918

  • 珍しいです。男性が。

    もう気か゛、すみましたか。アナタを苦しめた人は、この世にいません。いつまでも苦しむのは、相手に対して乗り越えていないと思います。憎しみから何か学び御自身は、還暦を過ぎどう生きてきたかを考えみて亡くなった両親より 立派に生きてきたなら自分自身を両親から解放して下さい。両親への思いが、無くなるのは、それが両親を乗り越えた事になります。ご自愛下さい。苦しめた思いは、もう忘れて残りの人生有意義にお過ごし下さい。

    ユーザーID:3855922491

  • 共感します

    とてもお辛い生い立ちなのに、社会的に成功されてどれほどまで強い意志をお持ちなのかと尊敬します。私は50代ですがやはり母親の事は許していませんし、憎んでいます。私より年上で精神的に肉体的に虐待を受けた人達はどのような心境にいるのだろうと興味を持っていたところ、このようなトピックがたち感謝します。
    そうですか・・・。心の傷は幾つになっても消えないのですね。親の責任は大きいですね。私は現世での心からの幸せは諦めています。でも笑顔で生きていこうとは思っています。母親の様に不機嫌でヒステリックで二枚舌の裏表のある人間にはなりたくないですから。

    ユーザーID:4628025251

  • 憎しみは幸せにならないと消せません

    いま愛する妻やご子息といった自身のご家族はいますか?主さまほどではありませんがわたしも子供時代に理不尽な育てられかたをしました。今も消化はできずいますが憎しみや悲しみはありません。旦那と子供が長年にわたり癒してくれました。足りなかった愛情は親以外からもらうことで傷が癒されていったと感じてます。いまはむしろそんな子育てしか出来なかった親を哀れみさえ感じます。どうか主さまにそう思わせてくれるような存在がありますように。

    ユーザーID:1521218605

  • どうすればいいのでしょうね

    誰かへの憎しみが生きる活力になっているタイプの人間がいると思います。

    私も、どちらかと言えば近いような気がします。
    常に何かに不満を抱えている。
    そういうタイプです。

    その対象を失っても、無意識に次の矛先を探している。
    身内の死後の後悔も含まれるかも知れません。
    そんな生き方しか出来ないので、心の中はかなり苦しいですけどね。

    ユーザーID:4375392937

  • 私は50歳越えてます

    わかります
    この歳になっても反常識的な境遇にいることの苦境…
    私も同じですから

    どこで言ってもおかしいのは私のほうになってしまうので言えませんが…母本人だけは知っています
    この歳になってから言いまして、ようやく80%位話しが通じたようです。この方法しかありませんでした
    若い頃、苦しみを事あるごとに言ってきましたが鼻先で突き返され最終的には何事もあちらが正当であるという結論&私の悪性であるととどめをさしてきた親
    バカにして哀れんでいたくせに私が思いもよらず良い結婚に恵まれ裕福な生活を送るようになってから態度が一変
    そんな親を見て「心底嫌な物」という概念になってしまってます

    今ではあの頃の横暴自己中が消えて無くなった母は会えば自分を哀れんで欲しいという態度
    あなたの横暴で苦しんだ人生、逃げ出して自分でつかんだ人生  もう邪魔しないで! と最後の叫びをぶつけました80歳の母へ。

    死ぬ前にようやく間違っていたと解れば本望です。それが私の人生の最終目標ですから…

    ユーザーID:1489797185

  • これ以上は自分を不幸にしない方がいい

    私の父のようです。

    小さい頃に両親から安定して愛情を注いでもらわなかった恨みがすごいです。 失った少年時代が悲しくて、それが怒りに変わるのかもしれません。

    小さい頃の出来事で、トピ様はとても傷ついて、傷ついたまま大きくなってしまったのだと思います。若木のときに、ざっくり踏まれてそこから大きくなっても傷は残ると思います。

    父は心理学の本を読み漁っていました。

    自分の傷を客観的に見ても、傷か良くなるわけではないと思います。でも自分もたくさんの中の一人、恨むことが自分に良いわけではないと、少しは納得したようです。

    相手がなくなった後までも恨むのはすごいパワーだと思います。それほどこだわり、それほど傷ついたトピ様を気の毒に思います。傷を癒す方向、自分を大切にする方向を探した方が良くないですか?

    ユーザーID:0817350706

  • 大変でしたね

    小さいころからお前のせいだなんて。本当地獄です。つらかったでしょうね。でも立派ですよ。それら苦難をのりこえて育ちここまで生きてこられた。

    私も肉親には苦労しました。「おまえさえいなければ。邪魔者め」のメッセージをたくさん受け取って育ってきました。弟や母には暴力をうけました。いまでも時折憎しみやかなしみのきもちがふっと強くわいてでることがあります。けれど思い出さない時間もおおくなり薄くもなってきました。

    ぼうずさんの憎しみがいつか和らぐ時がきますように。そう願いたいです。

    ユーザーID:5502317086

  • さっぱり意味がわからない

    過去に取りつかれ、自分で自分に呪縛をかけ酩酊しているあなたの言っている意味がさっぱりわかりません。

    私はコールセンターに勤務していますが、あなたくらいの年代の男性からの思い込みによる電話は、若い子の退職理由の一つです。

    過去に親御さんが言われたように、今で言う知的障害を伴わない発達障害だったのではないでしょうか?男性も更年期に入るとさらに周りを巻き込みます。中には手を焼いて、わざと私たちに電話をして話相手を求める家族がいます。一度受診をすすめます。

    ユーザーID:1031918984

  • あなたが沢山笑顔になれますように

    私は三十路ですがきっとこれから先も母に対する恨み…憎しみは消えません。
    消したいのですが消えません。
    そんなことを思っていたらトピ主さまのトピに出会いました。
    憎しみが消えなくても、せめてトピ主さまが笑顔でいられる日が1日でも多くあることを願います。
    私も、憎しみで母のことを考えるのではなく頭から母を追い出して、くだらないことで笑える日を1日でも多く作れるように頑張ります。
    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:7159675373

  • 残りの人生、もったいない・・

    主さん、20代・30代ならまだしも還暦を過ぎてまだその考え方なんですか?
    生きていれば、人生なんて色々なものを抱えていて当たり前。

    主さんがご両親にされた仕打ちは、貴方にとって許す事の出来ない耐え難い理不尽なものだったんでしょうね。
    でも主さんが殴られていたんじゃなさそうですし、希望の学部ではなかったにしろ大学も出していただいたのですね。
    そのお陰で、自立もできたのでしょう。

    お母様には謝っていただいているし、お父様には亡くなる前に言いたい事は一応伝えたようですし。
    もう水に流せませんか?

    主さん、ご結婚はなさっていらっしゃるのでしょうか?
    幸せを噛みしめるような経験はなかったのでしょうか?
    他人との係わりの中で、この世には自分ではどうしようもない理不尽な事もあるのだと思い知らされる事はなかったのでしょうか。

    もう60歳を過ぎておられるのですよね。残りの人生も先が見えてくる頃です。
    恨み憎しみばかりの人生でいいんですか?
    もったいないです。死ぬ時「あぁ、楽しい事もいっぱいあったな」と思える人生を生きましょうよ。

    ユーザーID:7133227836

  • いいたい相手には届かないけど

    私は50代です。育った家で、初孫でしたが、叔母、叔父、義伯父までが、祖母に対する怒りを祖母の可愛がる私にぶつけていました。 しかし祖母は見て見ぬふり、両親もかばってくれたことはありませんでした。子供だった私は怖かった。何を怒られているのか、私がなにをしたのかさっぱりわからなくて。意味がわかるようになり、 私自身の家庭を持ててからは、親戚とのつきあいを一切たちました。祖母はとうの昔に鬼籍、両親も認知症で介護のいる状態です。 カウンセリングも受けましたが、ふとしたことから当時を思い出すと怒りや悲しみが湧き上がります。少しでもと思い、家で一人の時に言いたかったことを大きな声で口にします。自分でも驚くほど口汚い言葉も出ます。でも、その場しのぎかもしれませんが、少しラクになれます。 相手にはもう届かなくても、自分の思いを吐き出されてはどうでしょうか。

    ユーザーID:4410424589

  • 人を憎むことを許してあげてはどうですか?

    自分の心と戦って苦しんでいるのでしょうね・・・
    許してしまいなさいと思いますよ

    許せない自分を許すのです

    憎んでいればいいと思いますよ
    そんな風に軽く思えば、そんなわだかまりは徐々に笑い話へと変えることもできるかもしれません

    この地球に産まれる人達は全てが幼い心の人間だと思うのはどうでしょうか?
    理想の人間を目指す幼い心の持ち主達が地球に産まれるのです

    そんな風に考えれば、母もその一人だったと思えませんか?

    そしてそれを許せないと思うトピ主様もその一人なのです

    私も身内への憎しみが消えません。でもそれを許しています。
    憎まれて当然のことをした人間を何故許す必要があるのか?

    許さなくていい・・・それが一番自分の心を平和にする方法でした

    嫌なこと思いだしてイライラする時はしょうがない、疲れているのかなとちょっと気休め的なことを選択して解消してしまうといいですよ

    ユーザーID:6461685462

  • 憎しみは自分の心身を焼くようなもの

    トピ主さんのお気持ちはわかります。私の父もとんでもない人ですから(まだ存命中)。父の横暴のせいで、家族皆が一度は精神的な病気になったぐらいです。

    私もずっと「いつか自分の本当の思いを書いた手紙を送ろう」と思い準備していました。でも、80歳を超えてすっかり衰えた父を見、また、母の「どうか静かに人生を終えさせてあげて」という言葉を聞き、そして親友の「(お父さんは)手紙をもらっても逆切れするだけで、えるるがもっと傷つくからやめたほうがいい」と言うアドバイスを受け、少しずつ気持ちが変わりました。

    今は「無関心」です。父がどうなろうとどうでもいいです。もし母が父より先に逝ってしまったら、あまり父のサポートはしたくないです(介護施設に行く手続きなど最低限はやりますが)。父の虐待行為に対する私の復讐は「無関心」です。

    トピ主さん、憎しみが募るのは「一番愛し愛されたかった人間」に迫害されたからです。でも、人を憎むと心身を消耗します。なぜ自分を迫害した人間のことを”わざわざ考えて”、自分を更に傷つけるのですか?「しょうがない人間」と考えて許すというか、無関心になりましょう。ご自分を大切に!

    ユーザーID:3694711818

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧