• ホーム
  • 話題
  • 専業主婦、ヘソクリがないって怖いことですか?

専業主婦、ヘソクリがないって怖いことですか?

レス74
(トピ主1
お気に入り207

生活・身近な話題

パンプキン

30代専業主婦、現在不妊治療中で子どもはいません。
先日、友人3人でランチをしていた時にヘソクリの話題になりました。
友人は2人とも家計を任されているようで、しっかりヘソクリをしているとの話でした。
私がヘソクリなんて無いけど… と言うととても驚いた様子で「えーっ!?専業主婦なのにヘソクリしてないって怖くない!?もしもの時にどうするの?」と言われたのです。
主婦はみんなヘソクリしてるもんだよ!とも。
その時は「へぇ、そうなんだ。」と思ったくらいでしたが、あとあと家に帰って「もしもの時ってどんな時?ヘソクリなしって怖いのかな?」との思いが…。
我家は夫が財布を握っており、私は毎月決まった額の生活費を貰うスタイルです。
特に不自由ない額の生活費と4万円のお小遣い(化粧品や習い事月謝など)を貰っていて、余る月もあれば使い切る月もあります。
余った時は貯めていてちょっと高額な洋服が欲しくなった時に使ったり、夫の誕生日プレゼントなどに使っています。
貯金も全て夫任せ、急な出費なども勿論夫が対応します。
私の貯金はといえば、結婚前から積み立てている貯蓄型の保険のみ。(60歳で1千万のプラン)
現在は結婚前に父に買ってもらったマンション(私名義)に住んでおり、ローンはありません。
夫は事業主でエンジニア、特に定年もなく景気にも左右されないビジネスです。
必要最低限の保険にも加入しており特に今まで危機感はなかったのですが、やはり主婦のヘソクリは必要でしょうか?
お恥ずかしながら、今までヘソクリはもとよりまとまった貯金というのもあまりした事がなく、友人達の言う「いざという時の為」や「もしも、の場合」等の危機的な状況がイマイチ想像できないのです。
主婦の皆様のヘソクリされている方、されていない方、されている方はヘソクリの使い道など色々なご意見をお聞きしたいなぁと思いトピをたててみました。

ユーザーID:3039231919

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数74

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もしもの時 とは

    離婚となった時

    これに尽きるでしょう?

    面白い方ですね。

    ユーザーID:1506706765

  • へそくりはいらないけど貯蓄は必要

    旦那さんの知らないへそくりは必要ありませんが、貯蓄は必要です。
    震災時に独りで遠くへ逃げなければならなくなった場合どうしますか?
    家族が火事や事故に遭う可能性だってあります。

    数百万位自分名義の貯蓄を持ちましょう。

    ユーザーID:7433127390

  • 保険担保借り入れ

    私はへそくりなるものはありませんが
    生命保険でいつでも200万ぐらいの借入はできます
    (保険金は終身で1200万、解約するより借り入れがずっとお特
    ちなみに総払込額は350万ぐらい、いわゆるお宝保険です)

    その借り入れで何度も助かりました

    主さんも保険があれば大丈夫じゃないですか

    ユーザーID:5463624012

  • いざという時の為とは

    私の周囲を見回すと、株の配当や地代などの不労所得だけで暮らす
    裕福な夫婦であってもヘソクリは聞きます。どちらか一方に何かあった時を
    想定してのこと。

    私も同じ。夫の知らないわずかな不労所得や家計のやりくりから
    ねん出したヘソクリ。

    守銭奴はマイナスに働くこともありますが、お金がありすぎて困ることはないのでは?

    ユーザーID:8370597552

  • 貯金とヘソクリ

    自分名義の貯金はしてますが、
    内緒ではないから、ヘソクリはありません。
    貯金が必要な理由は、
    銀行が死亡を知れば、故人の口座は凍結されて、
    相続人全員の同意とかないと、
    お金が動かせない可能性があるので、

    子供がいない場合、
    相手は、義親だったり、義親が亡くなってる場合、
    義兄弟だったりです。
    兄弟には、遺留分がないので、遺言があればいいのですが、
    親には、遺留分がありますから、
    それを請求するかは、その義親の意思しだいで、
    阻止出来ません。

    もしもの場合が、相続的なことなら、
    贈与成立させることや、
    生命保険や遺言の方が重要です。

    夫婦円満で、
    浪費など、金銭面で、問題あるわけでもないので、
    ヘソクリ=内緒にする必要性は、感じません。

    ユーザーID:2788996588

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 専業主婦でいること自体が怖いことですよ

    もし夫が嫌になっても別れるという自由がないって怖くないですか?

    へそくりって200万ぐらいのことですか?
    それぐらいあっても1年もまともに暮らせませんよ。

    もしものときって、夫が浮気した時とか?
    急死した時とか?

    専業主婦でへそくりがない、こと以前に、よく夫がいなければ路頭に迷うような生活できるな、と私はそっちの方が不思議です。

    ユーザーID:4670895033

  • 専業主婦のへそくり…

    独身時代の貯金ではなくて、旦那さんの稼ぎから内緒でこっそりと自分だけの秘密で抜き取る金ですよね。こうやって文字にするとわかりませんか。旦那さんが自分だとしたら、そういうことをしている妻は愛せますか?旦那さんの稼ぎから旦那さんに内緒の金をためる必要が、専業主婦に、ありますか?

    ユーザーID:1307257033

  • ご主人が

    家計管理をされているという事ですが、一帯いくら貯蓄ができているのかは把握しておられますか?

    >夫は事業主でエンジニア、特に定年もなく景気にも左右されないビジネスです。

    いったいどんな職業なのかわかりませんが、景気には左右されなくても体況煮左右されることはありませんか?

    人間、健康でなければ所得を得ることも難しくなるんですが?

    就業不能な状況に陥ってもサポートされる状況まで形成できていますか?

    私自身の仕事はFPです。
    へそくり以前に「就業不能状況」に陥った時のことを想定されていないご家族がけっこういらっしゃるんですよ。

    相談にいらっしゃる方にその点を突っ込みますと、顔色が変わる方はかなりいらっしゃいます。

    ユーザーID:1796850597

  • へそくりの意味は?

    夫に内緒の貯金という意味でしたら、私は持っていません。
    生活費は夫が管理していますし、お小遣い以外は使い道も、互いにオープンにしています。

    妻名義の貯金口座という意味でしたら、持っています。
    昨今は金融機関窓口での身元確認が厳しくて、ある程度以上の金額になると、たとえ配偶者であっても本人を連れてこいとか、委任状を書いて持って来いとか言われてしまいます。
    急ぎでない時はそれでも全然構わない、むしろ安心できると思っています。

    でも、夫が突然入院でもして窓口に行けない、委任状も書けない事態も、十分に起こり得ることです。
    そんな時に備えて、家計の管理をしていなくても、自分の名義の口座と多少の貯金は用意しておくべきと考えます。

    ユーザーID:5149616870

  • もしも

    突然、旦那様が亡くなってしまったら?
    離婚することになったら?

    ある程度まとまった、自分で自由になるお金があるのと無いのとでは
    かなり違うと思います。

    縁起でもない例えを上記してしまいましたが、
    突然に一家の主が亡くなってしまい、生活費全般管理している銀行口座が
    ご主人の名義であった場合、
    その口座は死亡確認されると同時に凍結され、しばらくはお金を下ろすことが出来なくなります。

    病院にかかっていれば、通院や入院のお金。
    死亡の場合は葬式代、お墓にかかる費用など・・
    豪華にしなくとも、一般的にそれぞれを行えば、200万くらいはかるくかかってきます。
    これは私の父が亡くなった時に知りました。
    母は、「自分の口座にお金が入ってて本当に良かった・・・とりあえず間に合ったわ」
    って言っていました。それ以外でも自分の生活費だってあるしねぇ。

    その後も、父の口座を使えるようにするために、あっちの役場こっちの役場を行き来し
    (住民業を数回広範囲で変えていたんだそうです)
    全て、当時時間のあった私が付き添いました。

    まあ、色々ですよ。
    少しは手元に置いておいたほうがいいですよ。 っていうお話。

    ユーザーID:6748002420

  • え?

    へそくりとは無縁です〜

    お友だちは、お金ないのかな?笑

    ユーザーID:8474539405

  • 2013年の調査より

    夫に内緒のへそくりがあるのは40パーセント。
    平均金額は400万円

    だそうです。


    専業主婦のわたしはへそくりはゼロ。
    わたし名義の預金が1000万円ありますが、
    これは結婚前に稼いだもので、夫も知っています。

    夫が稼ぎ、その中から内緒で貯めて自分のものに。。。
    なんて犯罪に近いと思うのです。

    節約して預金できたら、それは夫婦共有の財産。
    「もしもの時」の一例として離婚がありますが、
    もし、そうなった時は共有預金を半分ずつにする。
    それだけの話です。

    ユーザーID:1301869159

  • へそくりなし

    あなたと同じように経済的にはかなり豊な方だと思います。
    やはり夫が家計管理はしていますが、管理というか支払いを滞らないようにやってくれています。あとは銀行口座もクレジットカードも小切手も私の使いたようにやっています。本来ならばここでへそくりがかなりできるのですが、全く興味ありません。

    銀行やその他財産がどのくらいあるか分かっていればへそくりの必要もありませんよ。へそくりを気にするのはそれがないと何かあった時に困る人だからです。

    ユーザーID:1315995038

  • 自分名義の貯金は

    へそくりというより、自分名義の貯金はあったほうがいいとは思います。
    とぴさんの場合不動産もあるし
    専業主婦でお小遣いが4万とはいいと思います。

    ユーザーID:4784491924

  • あなたには不要

    もらったマンションまであるのならヘソクリは不要でしょう。余計ですが、ちゃんと贈与税は払いましたよね。

    ユーザーID:3515190968

  • 私も…

    30才くらいまで、不妊治療で忙しくて、へそくりなんて考えていませんでした。
    子供を授かり、夫婦仲があまりよくなくなったころから、もしかして、と考えてへそくりしてます。

    今は50才、娘2人も大学生になりましたので、いつでも離婚してもいいだけの
    へそくりあります。

    主さんは親御さんから相続もありそうなので無理にへそくりする必要がないんでしょう。

    夫婦仲良くお過ごしください。

    ユーザーID:5901645349

  • もしもの時

    もしもの時・・・
    1例えば、ご主人が急に倒れた・大怪我をした等で、搬送・入院された場合。または意識不明が長く続く事態。
    2痴漢の冤罪で逮捕された場合。(無罪が成立しなかった場合、示談金に20〜30万かかると聞いた事があります)
    3交通事故を起こした場合。
    4ご主人が急死された場合

    色々ありますが、一時的にトピ主さんがまとまったお金を用意しなくてはならないケースが存在します。その時に数十万円〜数百万、すぐ用意できますか?

    4は一番考えたくないパターンですが、急死されると銀行口座も凍結され、相続手続きがすむまでは家族も引き落としができません。生命保険もすぐにはおりません。この状況で短期間に数百万の葬式代がかかるのです。
    今の家族構成では、トピ主さんが喪主となって全額を払う事になるのですよ?

    震災や火災でマンションがダメになり、ご主人とも連絡が取れなくなった時、一人で一定期間、生活していけますか?

    ユーザーID:9477279880

  • へそくりではないが

    専業ですが、自分名義の普通預金と定期を作ってます。

    以前共稼ぎ時は、夫の口座にまとめていれて管理してました。
    夫名義の定期でも妻がおろせたので、毎月定期してました。
    (普通預金は10-20万しか予備費いれてませんでした)
    しかし、あるときから本人でないと降ろせないといわれ
    本人確認の電話しなければダメだと。
    夫はしょっちゅう海外出張だし、そもそも平日銀行なんていけません。
    国内にいても、つまらないことで仕事中にかけるのはやめてくれといわれており
    会社にかけて電話とらせるなんて出来ません。

    海外旅行の申し込み(100万)で必要だったのですが、手続きが面倒で結局自分の独身時代のお金から出しました。

    万一夫が死亡で口座凍結、入院で意識ない時、海外中など急に必要な現金が出たとき、自分の名義ですぐ引き出せる現金が必要と思いました。
    夫にもその旨伝えています。
    独身時代の貯金、遺産は別として、結婚後の(専業してても)収入より、私名義の定期、普通預金(100万)
    夫名義の普通預金(100万)は、常に用意してます。

    キリのいい数字にしてるのは、増減が把握しやすいためです。

    ユーザーID:4889416021

  • ヘソクリなんてする余裕はないよ

    結婚してから、私がパートに出る前まではへそくりはしていませんでした。
    やはり、夫が稼いできたお金なのでへそくりではなしに、夫にきちんと説明できるような
    通帳での管理をしないといけないと思いましたので。
    なので、これは家購入用の通帳、車買い換え用、教育資金用等使い分けております。

    自分がパートに出るようになってからは、へそくりというよりも私たちの身内に何か
    あって急に帰省しなければならない時の家族分の往復交通費は、私のパート代からとって
    おくようにしました。
    うちのヘソクリはそれしかないです。

    私の考えは、専業の場合、夫にこれは何の為の貯蓄か説明できるか否かかなと思ってます。
    何かあった時用は独身時代の私の貯蓄と決めてます。

    ヘソクリといえども、将来的に何に使うかによりますよね。家族のために使うヘソクリな
    らいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:2209041276

  • 一般の専業主婦と少し事情が違うようですね

    無職で夫の稼ぎがすべての主婦、ではなく、

    親にマンションを買ってもらった、
    小遣いが4万円、
    夫に定年がない。

    恵まれていると思いますよ。

    お金の苦労も有難味もあまりご存じないような気もします。
    「貯金をしたことがない」のにはびっくりです。
    自分で働いたこともないのですね。

    多分、トピ主さんは、もしも、や、いざ、が起きても
    ご実家に頼られる事が出来そうですね。

    ユーザーID:5567311411

  • 明朗家計

    50代半ば過ぎの専業主婦です。
    へそくりと言うものはしていません・・・・
    家計簿に載らないお金は、十万円程度しかありませんが
    それがへそくりかなぁ・・・
    独身時代からの預貯金もすべて、家計簿に記載し
    何時でも夫も私も確認できるようにしてあります。

    何かあった時の為のお金と言うのは
    不幸が有った時とか、
    夫不在時に緊急に入用になった場合だと思うのですが
    自分名義の貯金があれば、対応できるので用意してあります。

    ただ、私は家計は私が預かっているので、キャッシュカードで引き出すこともできるし
    定期預金も普通預金に入金する形なら、対応してもらえたり、方法はあります。

    トピ主さんはご主人が家計、預貯金管理されているとのことですが
    緊急用にご自分名義で、直ぐに引き出せるお金を用意されたら良いのでは?

    へそくり・・・が、必要かどうかは、夫婦関係でも違って来るのではないでしょうか。
    離婚に向けて、へそくりを作ったり
    自分や自分実家の為のお金を、夫には言いにくい夫婦関係もあるようですね。

    私は言いにくくても、必ず相談、報告しています。

    ユーザーID:1346179878

  • へそくり、ないですよ

    専業主婦がへそくりをして、離婚のときに隠して持って行くのは違法では?それって横領のようなものに感じます。
    家計を預かる主婦が、浪費家の夫に言わずにへそくっておいて、ピンチの時にどーんとこんなにあるわよ!と出すとか…ならいいと思いますけど。

    家計を夫が握っていて、トピ主さんはお小遣い制、そこからこつこつ貯金するのはありだと思います。

    専業主婦が自分の為だけに隠し財産を作るのは当然ではない…と長らく専業だった私は思いますけどね。
    少額貯めてこれで旅行に行っていいか?みたいなレベルなら、まぁ夫婦関係次第でいいかも。

    ユーザーID:5626843767

  • トピ主さんの場合は

    トピ主さんの場合は不動産(マンション)と貯蓄型保険があるので、いざという時はマンション売却や保険の貸付でしのげると思います。

    いざというのは「急にご主人が亡くなってご主人名義の貯蓄が凍結された」とか「ご主人が浮気などをして無一文でトピ主さんを放り出した」もしくは「浮気相手にはまって全財産を持ち出して失踪した(帰ってこない等)」のようなケースを想定してのことだと思います。

    浮気の場合は居場所がわかれば婚姻費用負担で請求できるでしょうが、お金がなければ弁護士さんにもお願いできないという場合もあるでしょう。
    生活費がなければ家賃も食事にも事欠きます。
    亡くなった場合も急な支払い(葬儀費用等)に追われると困るかもしれません。
    お子さんがいなければ相続で揉め時間のかかる可能性もありますので、効力ある遺言書を公証役場で作ることをおすすめします。

    そして専業主婦のヘソクリがないと怖いというのは、個人財産がいっさいなく夫の名義の貯蓄しかないという場合で、トピ主さんの場合は他の専業主婦とはケースが違うと思いますよ。

    ユーザーID:4064458959

  • ご主人にもしものことがあったら

    まず質問、

    ご主人の預貯金を貴方は引き出すことが可能ですか?
    (たとえばキャッシュカードと暗証番号を知っている等)

    それが可能、かつ夫婦関係が良好であればへそくりなんてなくても平気です。
    さらに実家に潤沢な資産があれば鬼に金棒です。


    困る例
    ご主人が事故にあって意識不明、なのに家に一銭もお金がない、、、とか
    ご主人が何かの理由(他の女性が好きになった等)で貴方に故意にお金を渡さなくなってしまった、、、

    という場合の当面の生活費をどうするか。ですよ


    私は40代の専業主婦ですが、へそくりはありません。夫の給料からこっそり掠め取るという発想はないからです。

    でも独身時代の預貯金で2500万くらいは現金がありますし、現金以外にも相続した資産は私名義で(夫には関係ないので)所有しています。

    ユーザーID:0396223661

  • へそくり限定ではなく

    へそくりとは秘かに貯めたお金ことですよね。
    別になくても問題ないです。
    しかし、もしもの時は
    自分名義の貯蓄がないと困ると思います。

    へそくりではなく
    オープンにしたトピ主さん名義の貯蓄を作ればいいのでは?



    私は「へそくり」と言っているけど
    夫にも話しているのでへそくりとは言えない貯蓄ならあります。
    最近はネットでの買い物(主に食品とお猫様への貢物)で使っていますね。
    ネットで稼いで、ネットで消費です。

    ユーザーID:6301914784

  • できればヘソクリします

    私の場合ですが。
    性格上、石橋をたたきまくるタイプなので、ヘソクリできるのであればします。

    「もしもの時」ですが、私が考える範囲で一番確立が高そうなものから言うと…、

    まず「離婚」ですよね。
    専業主婦で子供なしということは、もしも離婚した場合、養育費などはもらえませんから自分で働いて稼がないといけないですよね。
    でも主婦してる間働いてないから、キャリアにブランクがある。再就職する上でこれは不利です。
    今住んでる家が夫名義なら出てかないといけないから、住む場所も必要です。
    生活するのにも、住む場所を確保するにも、とにかくお金が必要なんです。

    これこそ「もしもの時」のためのヘソクリ(お金)でしょう。


    次点では、「夫が働けなくなった」時のため。
    事業主って個人事業主ですかね?
    月々の給料は多いでしょうが、当然退職金等ありませんし、年金も国民年金だから厚生年金の分は出ない。
    仕事も本人の力量や営業力に左右されるため、今は仕事があっても明日はあるか不明です。
    本人の健康状況によっても変わってきます。

    他にもありますが、文字制限なのでここまで。

    ユーザーID:3565853929

  • ご主人の収入を知らないのは心配だけど

    トピ主さんはへそくりの心配はいらないでしょう。住んでいるマンションがローンのない自分名義のものである専業主婦は少数でしょう。

    不足のない生活費に加えて、毎月4万円のお小遣いを夫からもらえる主婦も多分それほど多くないです。トピ主さんのお友達も普通以上の生活レベルの方々でしょうが、トピ主さんはその中でも別格です。お友達も、トピ主さんの生活レベルを知っていたらへそくり云々の話は言わなかったでしょうね。

    資産家のご両親から相続の時、相続税を払うためのお金をどうするかは考えておいた方が良さそうです。ご両親がいろいろ考えていらっしゃるなら杞憂ですが。

    厭味ではなく、本当に裕福な層の方っていらっしゃるのだなと思いました。ただ、トピ主さんはご主人の収入の金額や貯金の内訳などを知らないのですね。

    貯金や保険のことって、ご主人が縁起でもないですが急な病気や不慮の事故に遭って亡くなったりという時に、全然内容を知らないと、手続きがすごく煩雑になりトピ主さんは困ると思いますよ。

    家計をご主人が握っているにせよ、夫婦対等の生活ならば、トピ主さんも内容に関心を持つべきだと思うのですが。

    ユーザーID:7793069197

  • もしもの時とは?

    夫の急病、事故などのけが、死亡した時。

    夫の意識がなかったり、動けなかったりしたら、入院費用やあなたの生活費どうしますか?
    死亡したら口座がストップして公共料金の引き落としなどもできませんよ。葬儀代も考えておかないと。

    こういう話題を嫌がる夫もいるので、へそくりという隠し貯金をしているのでは?

    夫婦喧嘩の時のプチ家出にも使えますしね。

    ユーザーID:8857761486

  • いいんじゃないですか

    あまった小遣いを「貯めて使う」よりも
    ちょっとたんす貯金にすると 
    きもちに余裕が出来ていいかなとは思います。


    でもこれは わたしの価値感ですし
    このままずっとご主人と仲良く行けるなら

    >結婚前から積み立てている貯蓄型の保険(60歳で1千万のプラン)
    があるんだし
    いいと思いますよ

    ユーザーID:2630882598

  • 贈与でいいでしょ

    ヘソクリって配偶者に内緒で現金を隠し持つことですよね。
    てことは夫に隠し事ができるわけです。
    てことは後ろめたい気持ちと、これくらい当たり前が同居して夫と生活を送ることになるし、今はネットで通帳明細も確認もできるので、もし夫にばれたら信頼を失います。
    どうせ離婚になったら現金預金は精査されますから意味ないし。現金抜いて使ったとか言っても履歴を追求されて逃れられますか。
    非課税枠の夫婦間贈与が年間100万以下くらいなので、そういう形であればまあ夫婦間で築いた収入夫婦折半なのでいいのではないですか。
    こそこそくすねるなんて止めて、堂々と権利の下の贈与でいいのでは。

    ユーザーID:7959719242

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧