• ホーム
  • 話題
  • 飼い猫の病気で悩んでいます。小肝症と診断されました。

飼い猫の病気で悩んでいます。小肝症と診断されました。

レス19
(トピ主10
お気に入り11

生活・身近な話題

はる

今年6月で8歳になる雌猫がいます。先日、先天的に肝臓が小さいという診断を受けました。今まで病気に掛かる事も多く、3歳頃、肝炎にもなったこともありました。

病院では定期的な血液検査で様子を見ていくだけで良い、フードは質の良い物をと勧められましたが、調べてみると、門脈体循環シャントの疑いがあるように思っています。

これからが本題なのですが、血管の状態を見るためのCT検査を受けるべきか考え始めています。仮にですが、高齢になってから根治手術をしても予後はあまり良くないようです。
手術にも14%ほどは死亡率があるというデータもあるそうです。

積極的な治療は望まないつもりですが、今後の事を推測する為にも、肝臓の状態がどのようになっているのか知っておきたい気持ちが強くなっています。ですが、全身麻酔下での検査ですし、まとまったお金が必要で、検査前の血液検査や検査そのもの、交通費で掛かる費用は10万近くなりそうです。

CTの前にセカンドオピニオン的な事も考えてはいますので、急いでいる訳ではないのですが、どうすべきなのか毎日考えこんでいる状態です。

手術をしない方向で行くなら、CT検査は不要でしょうか。
もしこの病気なら、手術をしなければ、寿命は平均寿命の半分〜8割程度のようです。
寿命だと諦めるべきですか?
覚悟は必要だと思っていますが、諦めきれない自分がいます・・・

ユーザーID:3307831877

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 猫と会話して下さい

    最終的にはあなたが決める事です。
    我が家の先代猫の事を書きます。

    13年前、15歳で逝った最愛の猫です。
    生後2ケ月の時に拾い、5ケ月の時に交通事故に遭いました。
    その時は安楽死をすすめられましたが断り、両前肢を手術で切断しました。

    切断前は肉が腐り骨が見えていました。その脚で、猫が立ち上がって訴えたのです。生きたい、帰りたいと。

    回復後は本当に健康でした。13歳で乳ガンになりましたが、高齢を理由に積極的な治療を断られました。

    余命数ヶ月と宣告されました。

    不機嫌を装い患部を私に見つからないようにうまく隠した猫を少し恨みました。
    もちろん間抜けな自分を叱りました。これ以上ないほど。

    しかし、猫が選んだのだと諦め、そのままにしました。

    結局15まで元気に過ごしました。
    亡くなる二日前にパタリと食事をやめたので覚悟が出来ました。

    どんな生物もいつまでも生きる事は出来ないのです。どうするべきかは迷いながらですが…猫に決めてもらいましょう。
    その気持ちを読み取るのが飼い主の責任だと思います。

    ユーザーID:8872208670

  • 手術をしないのなら検査は必要無いのでは?

    うちは1歳になる犬が脳炎と判断されかかりつけ医に入院しましたが、納得出来ず、ひょっとして治療が進むのなら、と大きな病院でCTとMRI検査を受けました。

    かかりつけ医には「体に負担がかかるし、その病院に手術の出来る医師はいないはず。検査の意味はあるのか…と。脳外科の医師は紹介しますから検査が終わって納得されたらまた戻ってきても良いですからね」と率直に言われた上、検査を受けました。うちの場合保険に入っていたので10万弱。入院費用はかかりつけ医の5倍。医師もたくさんいて高価な設備がそろっている大病院は高いです。

    かかりつけ医の言うとおり、手術は出来ず、検査後引き取りに行った犬の様子に私がショックを受けただけでした。
    検査前はまだ動けていたのに、動けなくなっていました。全身麻酔で危険な状態になったらしく老犬のように…。
    結局、治療に変わりなく、投薬で今のところ家で飼えてるんです。

    私の場合は治療が出来ないのに犬を苦しめてしまった、と後悔ばかりです。

    寿命は平均より短いと思います。
    でも彼が苦しくない、痛くない、怖い思いをしない、というのが最優先だなと思います。

    ユーザーID:5529991325

  • まずはかかりつけ獣医師としっかり話を

    大切な猫ちゃんの病気でさぞ悩み苦しんでいることと思います。

    まずはかかりつけ獣医師に定期的な血液検査と食事管理で良いと思った理由を聞いてみてはいかがですか?
    門脈シャントという病気が気になるのであれば、
    そのかかりつけ獣医師がなぜ門脈シャントを除外したのか尋ねてはいかがでしょうか?
    もしそれを尋ねて嫌な顔をされたり納得いく説明が得られないのであれば
    セカンドオピニオンを求めるのがよいでしょう。
    他の患者さんや時間の都合上の関係で細かく説明してないだけかもしれません。
    (門脈シャントの病態説明を短時間で行い、理解して頂くのは難しいので、、)
    小肝症=門脈シャントではないですし、
    いきなりCT検査に行く前に血液検査(アンモニア、胆汁酸、アルブミンなどちゃんと見ていますか?食前、食後で測定しないと診断できないこともあります)や
    超音波検査(慣れている人であれば、超音波検査でもシャント血管は見れます)などを
    ちゃんとするべきと思います。
    CT検査を依頼された側も、できれば今のかかりつけ獣医師から、
    今までの検査データや経過を聞いた上で紹介という形で依頼された方がスムーズです。

    ユーザーID:8519582287

  • 思い切って

    CTをやってみては?今や、ちょっとした国内旅行でさえ10万円以上かかります。
    それで、可愛い相棒の命が伸びる可能性が少しでもあるなら、いいじゃないですか。
    どちらにするか、よく話し合って。相手が猫でも心は通じるものです。

    ユーザーID:0683263469

  • トピ主です。

    たられば様

    レスを頂きありがとうございます。

    ここに書き込んでから、再度調べてみたり、ペット保険に加入しているので、専属獣医師の方にも色々とお聞きしました。
    ショックが大きくて、今迄病院にかかることが多かったので、調べる程、悪い方向に考えていました。

    亡くなられた猫さんは長寿だったんですね。
    自分は、30年も昔の話になりますが犬を飼っていて、8歳になる少し前、心臓の手術後に病院で亡くしました。そのせいもあってか、敏感になりすぎていたようです・・・

    猫に決めてもらう、難しい事ですが、自分のエゴは抑えないといけない場合もあるのですよね・・・今の猫の気持ちかなと思うことは、病院は嫌い、知らない人は怖いということのような気がします。

    ユーザーID:3307831877

  • トピ主です。

    レスを頂きありがとうございます。

    42歳働く主婦さま

    ワンちゃんを飼っておられるのですね。かかりつけの病院の先生は良い先生ですね・・・
    うちも保険は入っていますが、事情があって使えない状態です。
    お金の事もですが、移動の距離なども負担になりそうだとは思っています。
    よく考えてみたいと思います。

    獣医さま

    専門家の方のご意見、参考になります。
    門脈シャントの事は尋ねるとネットで調べた?と嫌な顔をなさるかもしれません。
    今までに血液検査はすることは多かったので、多分、胆汁酸以外の検査記録は残っていると思います。その経緯で判断されたのかもしれません。

    自分の記憶違いだったのですが、門脈シャントの場合根治手術をしても、平均寿命の半分〜8割しか寿命が無いそうです。もし、この病気だったとしても、今年で8歳になるので、寿命は全うしたと考えることも出来るのかもしれません。

    ユーザーID:3307831877

  • 検査のストレスも考えたら

    >肝臓の状態がどのようになっているのか

     獣医師は、わかった上で、総合的に判断して「定期的な血液検査で」と言っているのではありませんか?
     全身麻酔も検査も、検査のための通院も、猫には負担だと思います。積極的な治療もしないのに、現在の肝臓の状態だけ詳しく調べてどうするのですか?そんなお金があったら、質のよいフードをたくさん買ってあげたらどうですか。

    ユーザーID:2681554605

  • トピ主です。

    猫三味線さま

    レスを頂きありがとうございます。
    ちょっとシュールなお名前ですね

    確かに仰るとおり、ちょっとした旅行もお金は掛かりますね。実は、4月に車検を控えていて、10万近く掛かりそうです。なかなか資金繰りも難しい状態です・・・

    猫と相談ですか・・・今まで、病院の預けたり、通院したりが多かったので、喋れたら「このままでいいにゃん!」と言われそうな気がします。

    ユーザーID:3307831877

  • 諦めきれない自分がいました。

    私は、半年前に14歳の犬をなくしました。
    病気と余命を言われてから、私が受け入れられるまで時間がかかりました。
    積極的な治療は犬の負担にしかならないと思いながらも、何か方法はないものかと思ってしまいました。

    我が家の犬は14歳、トピ主さんの猫さんは8歳。
    猫さんが若い分だけ、トピ主さんの中の諦めきれない気持ちは大きいと思います。

    私は、サードオピニオンまでとりました。
    どの獣医師さんも答えは一緒でしたが、獣医師さんのお話を聞くことで自分を納得させることができました。
    それでも、体調がよさそうに見えると、もしかしたらという気持ちはうまれてきました。
    諦めることなんてできませんよね。

    まずは、セカンドオピニオンで他の獣医師さんのお話を伺ってみてはいかがですか?
    納得できるまで何度でも。
    CTをとるかの判断は、その後で良いのでは?

    病気の知識がないので、ピント外れだったらごめんなさい。
    トピ主さんと猫さんの幸せな時間が、長く、長く続きますように。

    ユーザーID:9639624312

  • 猫の気持ち1

    おそらく動物病院に連れて来られる猫のほぼ全ては、
    病院に来たくないと思っているでしょう。
    何をされているか理解できないですし、外に出ること自体がストレスになります。
    しかし一時頑張ってもらうことで、良くなる可能性もあるのです。
    私の個人的な希望ですが、今ぐったりしているとか、調子が悪いのでなければ、
    納得いくまで専門家と話しをし、検査をしてあげてほしいです。
    (はるさんが猫ちゃんに充分な検査を受けさせなかったという意味ではありません。
    何が必要なのか、不要なのか、それが一般の人では分からないから、
    その判断材料を与えるために獣医師がいるのです)

    獣医師が言うことだから、治療・治療ばっかりと思われるかもしれませんが、
    私も闘病中の大事な動物達と暮らしていますし、その子達への自分の治療が正しいのか
    日々考えながら、患者さんである動物達の気持ちも出来るだけ汲み取りながら治療をしているつもりです。
    確かに回復の見込みのない子に、動物の負担を無視した治療を続けることはオススメしませんが、
    他の病院でもう余命わずかと言われた子が復活したのを何度も見ているので。。。

    すみません、続きます、、、、

    ユーザーID:7123156928

  • 猫の気持ち2

    また、獣医師の言うことを全て鵜呑みにすべきではないと思います。
    もちろん私の言うことも含めてです。
    それは獣医師が嘘を言っているとか、全てを疑えという意味ではなく、
    医療は100%正しいという答えがないからです。
    インターネットに記載されている情報はもっと怪しいことが多いです。
    とんでもない情報・民間療法もよく見かけます。
    数年前だと助からない、寿命が短くなると言われていた病気が
    今では画期的な治療法がある、ということもあります。
    そして、その情報を知らない獣医師もいます。
    獣医師にも、肝臓に詳しい先生、心臓、整形外科、呼吸器、エキゾチックアニマル…など
    得意・不得意がありますし、同じ「〜の権威」と言われている2人の先生がいても
    同じ病気への考え方が全然異なるということはよくあります。
    これらは極端な例ですが、そういった意味で他の先生の意見を聞くのは決して悪くないと思います。
    もしかしたら手術など全く必要ない状態かもしれませんよ?
    専門家の下でどんな詳しい検査をしても、大きな異常がないのに肝数値だけが高い子、たまにいますよ…
    肝臓のどの値かにもよりますが、、、

    ユーザーID:7123156928

  • トピ主です。

    レスを頂きありがとうございます。

    猫飼いさま

    仰っている事は分かってはいるつもりです・・・現在は、大分落ち着いて考えられるようになったので、検査はするつもりは有りません。

    フードは、アレルギーもあるので、一年ほど前からナチュラルフードなども含めて、猫の好みに合わせて出来るだけ質の良い物を取り入れている状態です。
    今回の件でサプリメントも購入しました。


    書き込めなくなったので、分けてレスします。

    ユーザーID:3307831877

  • トピ主です。続きです。

    なつさま

    お辛いですね・・・とてもご苦労されたのですね。
    頭で解っているつもりでも、どうにかならないのか、こんなにも焦ってしまうものなのかと今回の件でよく分かりました・・・

    元々は子猫で捨てられていて、栄養状態も悪い小さな身体でした。
    猫は初めてだったのですが、病院に掛かることが多くて、病弱な猫だと思っていましたが、内臓に問題があっての事だったのかもしれません。

    最近は病院に掛かることも減ってきたのに、今回の件です・・・
    過去に少しだけ動物病院に務めた事があるので、安楽死も経験していますが、自分の事となるとやはり別ですね・・・

    長く一緒にいたい気持ちは大きいですが、出来るだけ猫に負担を感じさせないよう、肝臓にもやさしい生活になるよう、心掛けていきたいと思います。

    ユーザーID:3307831877

  • トピ主です。

    獣医さま

    度々お答え頂きありがとうございます。

    セカンドオピニオンですが、近くに肝臓に詳しそうな先生がいないと思われます。
    恐らくですが、車や電車での移動で一時間以上掛かる距離まで移動すれば、見つかるような気はします。

    猫は近くにある病院以外連れ出したことがなく、実は自分も持病があり、遠距離で長時間の移動の上、長時間診察待ちをするには不安もある状態です・・・

    自分でも通える距離に経歴に内科の認定医と掲げられている先生がおられるのですが、内科といっても得意分野が分からないので、問い合わせもしていません。
    もし、掛かるならその先生にお聞きしてみようかなとは思っていた時もありました。


    すみません。続きます。

    ユーザーID:3307831877

  • トピ主です。続きです。

    続きます。

    自分の見た門脈シャントの寿命の情報は多分、2年前位の物だったように思います。

    過去に勤めた事がある病院はまだ有りますが、今のかかりつけ医より規模が小さく、長く勤めなかったため、得意分野が分かりません。

    今までかかりつけ医以外の病院には行ったことが無く、周りに猫を飼っている知人もいない為、病院選びが難しい状態です。

    ユーザーID:3307831877

  • 2回目です。悩み迷って当然だと思います

    先代猫との死別から13年。
    別れの痛みは続いています。未だに涙が止まらない時もあります。

    自らの死を悟り受け入れ、最期の日に時間をかけて家中をゆっくり移動して別れの挨拶をした愛猫の振る舞いに、爽やかな感動を覚えていても。
    ああもう少し一緒にいたかった、もう一度会いたい、と涙が流れる時もあります。

    病院に連れて行くと、3日間は食べたものを全部吐いてしまうので、通院は必要最低限でした。

    でも、今の時代だったら良い治療法があったかも…とも思う事もあります。

    大切に守り育てた猫さんのこと、悩み迷うのは当然ではないでしょうか…。

    トピ主さんの猫さんは、一生懸命生きて来たとても偉い猫さんです。
    助けて支えてきたトピ主さんも偉いです。
    良い選択が出来ますように。

    ユーザーID:8872208670

  • トピ主です。

    たらればさま

    何回もレスを頂き、ありがとうございます。

    そうですよね・・・お気持ち、よく分かります。自分も初めての犬は亡くなってから20年以上、事あるごとに夢に出てきました。亡くしたのはまだ学生の頃だったので、体験する初めての死でしたし、田舎に一件あるかないか位の病院で最終的に手術を決めたのは両親でしたが、かなり引きずってしまいました。

    動物の場合、人間よりも医療が発展していないので、地域によっては二次診療を求めたくてもかなり遠い病院になってしまったりすることが多いように思います。
    二次診療を求めて、仮に大きな手術が必要な場合、人間並みに治療をしてあげられる方はどの位いるのだろうかと思ったりもしてしまいます・・・

    今までも、自分なりに出来る事はしてきたつもりですが、自分も持病が出来てしまい、入院などで長く病院に預かってもらったこともあり、嫌な思いを沢山させてしまったので、もし猫が中年期以降、癌などの重い病気になった場合は出来るだけ病院などの通院は避けたいとは思ってはいたのですが、こういったことが実際に起きると、色々と考えあぐねてしまいます・・・

    続きます。

    ユーザーID:3307831877

  • トピ主です。続きです。

    まだ、はっきりとした決断が出来ていない状態なので、モヤモヤしてはいますが、睡眠も最近は大分取れるようになってきたので、前向きに考えていけたらと思います。

    ユーザーID:3307831877

  • トピ主です。

    そろそろトピを閉めます。皆さま、レスをありがとうございました。

    特に、複数回レスを頂いた、たらればさま、獣医さま、ありがとうございます。

    今回、X線検査をしなければ分からなかった事なので、分かってよかったと思うように出来ればと思います。
    今は、やはり、猫に通院はストレスなので、控えていく方向で考えていきたいと思っています。

    またこちらに書き込むこともあるかもしれません。その際はまたご意見をお聞かせいただけたらと思います。

    ユーザーID:3307831877

レス求!トピ一覧