高齢者肺ガン治療について

レス17
(トピ主1
お気に入り52

心や体の悩み

tomo

父(84歳)がレントゲン検査で肺に小さい影があると個人医院で言われたのが昨年の7月だったらしいいのですが。
その後総合病院でのCT検査でやはり影があるということだったそうです。

心配させまいとすぐには言わなかったので・・・

あと父は「治療しても3年、しなくても3年、これが自分の寿命だと思う、。この歳でもう手術とか抗がん剤とかはしたくない。」と言います。

先日診察日に初めて同行して「少し大きくなってるって言う事はガンですよね!?」と聞くと「はい、その可能性が高いですね。」

「進行の遅い、早いとかどんな性質のガンなのか検査だけでもできないんですか?」と聞いたのですが、治療を目的としない検査はしないそうです。
なのであくまでもグレーとおっしゃいいます。
しかし総合的な話からガンであることは間違いないと思います。

「4、50代の方なら即その時点で細胞検査をして治療をしていますが、父に治療の意志がなく、手術で切り取っても肺がんの場合完治はなかなか難しいこと。術後生活のレベルが下がって反って辛い思いをすることになるかもしれないこと。あとはご家族でよく話し合われて下さい。」等言われました。

動脈硬化の薬、安定剤等、持病は多少あるものの、84歳にしては農作業も出来てるし、比較的元気な方だと思うのですが・・・
辛いであろう治療をして欲しいとも懇願するのもどうなのか・・・

このままの方が良い状態が長く続くのでしょうか・・・

黙って祈り見守るしかないのでしょうか?

ユーザーID:2314069866

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 義父が肺がんでした

    義父が肺がんと診断されたのが79歳でした。

    トピ主さんと同じく主治医から肺のがんは手術を行わないステージ
    だし高齢なので抗がん剤治療なども副作用が大きいので治療は勧めないと
    言われました。

    義父も義母も治療を強く希望したので
    細胞診なども行い、脳に細かい転移も見られたので
    放射線と抗がん剤治療をしました。

    放射線での治療で脳の細かいガンは消えましたが
    肺の方は手の施しようがなく、抗がん剤治療の副作用が大きく
    体力がなくなってしまい退院できなくなりました。
    治療を始めて退院できなくなるまでは思ったより短い期間でした。

    抗がん剤や放射線治療は体力がとても必要なようです。
    今になって思えばそんなに無理させなくても良かったのではと嫁の立場で思います。
    これは実父だと違うように思うかもしれません。
    抗がん剤が奇跡的に効果があるのを期待してしまうかもしれません。

    トピ主さんのお父様は治療を望まれていないのですね。
    主治医の言うとおり、話し合いが必要です。

    なにをするのが親孝行なのかとかは申せません。
    そのご家族によって違うでしょうから。
    頑張ってください。

    ユーザーID:7112194367

  • 治療はすすめません

    本人に治療の意志がないなら、すすめません。
    高齢者の場合、抗がん剤は使わないことが多いようです。

    うちの家族も治療をこばみ、最初は説得などしたのですが、
    考えてみればもう高齢も高齢、
    今更手術なんて、私が同じ立場でも嫌だなと思いました。

    家族のために1日でも長く生きてほしい気持ちはとてもよくわかりますが、
    本人の気持ちを大事にするのが一番だと思います。

    残りの時間を治療より好きなことに費やす方が
    もしかしたら寿命も延びるかもしれません。

    家族にできることは、少しでも本人が楽しく生きられるように
    サポート、応援することじゃないでしょうか。

    ユーザーID:5505603754

  • クオリティオブライフ

    難しいですね。

    私の父も80歳でガンになりましたが本人の強い希望で手術しました。

    ただその後の生活は抗がん剤の副作用で大変でした。

    家族としては一日でも一時間でも長く生きて欲しいと願いますが、本人にとって重要なのは時間の長さではなく質の問題なのだと思います。

    治療にはとても前向きで決して弱音を吐かない人でしたが、抗がん剤の副作用が酷かったのでそばで見ている家族も辛かったです。

    手術も大きなリスクを伴います。
    手術した事で寿命を縮めてしまう人もいます。

    今では重粒子線やガンマナイフ、サイバーナイフなどの切らない放射線治療もありますのでそちらも検討されてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:6440783082

  • 84歳、お父さんの意思を尊重

    私の母は85歳です。
    私は5年前50代で乳がんの手術・抗がん剤を経験しました。
    今仮に母がガンと診断されたとしても積極的な治療は勧めません。
    母自身も日頃から、どんな病気でも手術はしない、延命治療はしないとの意思を伝えています。

    とぴ主さんのお父様も病気の事は理解されています。
    治療は、QOL(生活の質)を上げること現状を保つことが出来るかどうかでしょう。
    高齢で進行も穏やかだと思いますので、本人の意思を尊重するで良いと思います。

    お父さんは家族に、事細やかに自分の体調を話されないと思います。
    食欲や動きなど体調管理には十分気を使ってあげてください。
    小さなことも主治医に伝えて指示を受けてください。


    お父さんと会って話して畑を手伝って収穫した野菜を食べて、楽しい時間を過ごすことが一番だと思います。

    ユーザーID:9606279428

  • 見守ってます

    うちの父(81歳)も肺がんです。
    15、6年前にもやっており、その時は手術しました。
    今回は放射線治療をしましたが(昨年秋)、それ以上はもう何もしないで好きな事して残りを生きたらいいやんという事にしました。
    今、体調を崩して入院してますが…。

    ユーザーID:5526930857

  • 本人に任せて

    本人の意思に従いましょう。後悔のないように。

    母は64歳で肺がんで亡くなりました。
    彼女は治療の手立てがなくなってからも、なんとか手術をと迫りましたし、
    最後まで自分に効く薬はないかと探し続けて、最後は副作用で死んだようなものでした。
    でも彼女はそうするしか、自分の気力をもたせる方法がなかったんです。
    最後はホスピスに入っているのに「頑張って手術をうけられるようになる…」と言って死にました。
    私としたら、積極的な治療はもうやめてゆっくり緩和治療だけ受けてほしいと何度思ったことか。
    でも自分の意志ですもんね。

    tomoさんのお父さまはうちと全く逆ですが、
    本人の後悔のないようにしてあげてください。

    ユーザーID:9639120750

  • 最後は本人の決断ですが

    叔母は肺ガンが見つかった時にはピンポン玉大でした。叔母は心臓が悪く手術は初めから無理でしたが、夫が病気のため「先生、今死ぬわけにはいきません。助けてください」と言いました。すると放射線治療でがんは小さくなり、治ったかに見えるほどでした。でも着実に大きくなり放射線も限度なので抗がん剤を使いました。小さくなっては、大きくなり「まだ打つ手が有るよ」と言われてきましたが、ついに「もう打つ手はありません」と言われて病院を放り出されました。
    非情にも受け取ってくれる病院が無く、苦労して近場の病院に何とか入れてもらいましたが、一か月もすると「退院してください」と言われました。
    脳に転移し、幾ばくも無い命の時です。退院予定の前日ベッドから落ちて意識不明の危篤状態で見つかりました。
    実にがんが見つかって3年目の事です。73才で亡くなりました。
    もしもこのままで良いと決めたなら、重篤になった時に行ける病院は決めておいた方が良いです。
    お金が有るのならホスピスは良いと聞きました。今の病院は見込みがない人を平気で追い出します。悲しみで、その病院の前を通れません。こんな事にならないでください。

    ユーザーID:7876043932

  • みなさんありがとうございます

    貴重なご意見ありがとうございます。

    10年ぐらい前に、1度前立腺ガンの手術をしています。
    その時は放射線やホルモン(?)の飲み薬という方法もあると言われたのですが、本人がどうしても手術をすると言って手術したのですが、やはりその時とは年齢が違うのでしょうね・・・

    自分の体力、気力等は本人が一番分かっているのかもしれませんね・・・

    ベッドに寝たままの辛い時間をいたずらにのばすより、今は自覚症状もなく母と二人なんとか自分たちのペースで生活できているので・・・

    本人の前で突っ込んで聞くのもどうかと思い、後日妹と話を聞く時間をとって頂きました。
    まだ初期で手術するなら一刻も早く!なのですが、肺の場合年齢的にも回復してもかなり生活の質は落ちるとは思うということでした。

    肺から外へ転移しなければそんなに痛みはでないらしいのですが、先生もこればっかりは、どういう風に進んでいくかは判断できないという事でした。

    これからどれくらいの時間が残されているか分かりませんが、出来るだけ今の生活が長く続くよう祈りながら様子をみて行こうと思います。

    ユーザーID:2314069866

  • きついようですが

    もう十分に生きてきたと思いませんか?私なら手術は 絶対嫌です。20年前京大で 夫がで入院していた時(1年入院したかな) 隣のおじいさんが俺もう いいことないらしいと言いました。つい死ぬって怖くないんですか?と聞いてしまいました。すると 人生やりたいこと やってきたし満足です。と 調子のいい時は 仮退院の時 着物をきて奥さんを連れて祇園に行ってくるわと出て行ってました。かっこいい御爺ちゃんでした。その後亡くなられましたが いい人生だったと思いますよ 上品なご夫婦だったなあ。

    ユーザーID:9598006689

  • こんな例もあるということで

    ご本人とご家族の決断がどのようになるのか
    わかりませんが、一応こんな例もあるという
    ことでレスします。

    86歳で肺がんが見つかった人がいます。
    50代の時、一度肺がんを発症しており、片肺を
    3分の1切除しております。

    今回、健康診断のレントゲンで引っかかり、PET検査を受け、
    再度また発症した事がわかりました。
    本人はまあ一度は終わったと思ったこの命、よく生きた、もういいよ、
    と言っていました。

    でも原発だった為、胸腔鏡手術を行い、幸い無事
    退院しました。
    体力は当然落ちているので、デイケアサービスに
    通ってリハビリをしていましたが、本人はもうきついリハビリは
    嫌だよ、と途中でやめました。

    もう一人は放射線治療を受け、ほとんど消滅しましたね。
    80歳以上の高齢者に脳への放射線照射は・・・・あまり
    いいイメージはありません。

    あくまで一個人の感想です。
    ご参考まで、というものではなく、こんなこともありましたよ、
    という程度の内容をレスしました。

    ユーザーID:9060643051

  • 辛いですね

    実母が80歳過ぎて、肺がんの手術をしました。
    手術できるかどうかぎりぎりの所でした。
    体にメスを入れるという事は、かなりの負担がかかります。
    2週間の入院期間で、足腰はかなり衰えましたが、リハビリを頑張りなんとか自立生活しています。
    2年後に再発し、今は分子標的薬を投与されています。
    抗がん剤治療には、体が耐えられないだろうという事でした。
    体重は10キロ以上痩せ、いつも咳をしていて、生活にも制約が有りますが
    がんを患っていなくともこの年齢なら、そう言う事もあるのではないかと思うようになりました。

    何らかの治療をすれば、多少の改善はあるかも知れないけれど
    10年も20年も、寿命が延びる訳ではないでしょう。

    今私が思うのは、ぎりぎりまで自分の好きなような生活をして
    終末は、出来るだけ苦しくなく、痛まずにいられるように願うのみです

    何時かは寿命が尽きます。誰でもがそうです。
    癌であっても、そうではなくとも・・・・
    母にとっても私たち家族にとっても、覚悟の期間を頂いたと思っています。

    ユーザーID:4045046244

  • セカンドオピニオン受けた方が

    私の親は78歳の時に肺がんが見つかり手術しました。もうすぐ5年たちます。いたって元気です。数カ月に一度、検査に行っていますが再発もないようです。抗がん剤や放射線の治療は受けたことがありません。

    この事例から、高齢だから一律に治療に耐えられないわけではないということがわかっていただけると思います。病巣の場所や性質によって治療方法は変わります。私の親のように、治療できるガンかもしれないのに、ガンの性質を調べる事さえしないというのは、どうなんでしょう。完治しないかどうか、調べもしないならわからないと思うのですが。

    しかし、患者本人がどんな治療も嫌だと言っているのなら、治る可能性の有無とは関係なく治療できません。ご当人の意思が固いなら、「見守る」も選択肢の一つですね。

    ユーザーID:8051567040

  • お父様の意思を尊重して下さい

    父は78歳で、肺がんと膀胱がんで亡くなりました。

    診断された時は、余命2か月と言われました。

    家族の希望で苦痛の伴う検査や他のがん検査はしなかったのでどこまでがんが広がっていたのか不明でしたが。

    放射線、抗癌剤は効果が期待できないだけでなく、副作用でそのまま亡くなるか、動けなくなる可能性が高いと言われました。

    お世話をしている姉と娘(姪)の決断は、在宅で苦痛を取り除く緩和治療のみにしました。
    在宅医の往診と訪問看護で、今まで通り生活(好きな時間に寝起きをし、テレビを見て、好きなものを食べ、たばこもお酒も可、亡くなる2週間前まで酸素ボンベ持参で外食)をして、4か月後亡くなりました。

    今でもその選択に間違いなかったと思っています。

    どうぞお父様の意思を尊重してあげてください。

    ユーザーID:1820428439

  • 私も悩んでます。

    私の父も(80歳)今年の1月にレントゲンに影があると、近所のお医者さんでいわれ、市民病院で検査したところ肺癌でした。
    CT.MRI.PET検査しました。今は手術できるかどうか体力の検査中です。
    腫瘍も4.5cmあり手術するかどうか悩んでおります。
    手術したら(もしかしたらできないと言われるかも知れませんが)体力がおちたり、酸素ボンベがいったりするかもしれないといわれてます。
    お医者さんんも本人が望まないのであれば緩和治療だけでいいとも言われました。
    兄や旦那に相談したところ、高齢だし手術や抗がん剤などで余計に体力がおちてしまうのを考えたら、何もしないでという選択がいいのではないか?
    と言ってます。毎日悩んでます。何もしないという選択が正しいかどうか。
    そして何もしないと大体余命は1年だとも言われました。手術して完治するなら手術を選びます。
    けれどそれが難しいのであれば、このまま自宅で自由に過ごすほうがいいのかとも思います。
    まだ悩んでて答えはでてませんが、来月から私の家で一緒に住むことにしました。旦那に感謝です。
    何が正解なのか本当にわからないですね。

    ユーザーID:6065830041

  • 私もセカンドオピニオンをお勧めします

    サイズはまだ小さく、転移もないんですよね。
    早期肺癌(ステージ IA)で手術をすれば、5年生存率は7-8割とされているので、
    今の段階で諦めてしまうのは少し勿体ないように思います。

    早期肺癌の場合、元々の呼吸機能に充分余裕があり、他に大きな持病がないなどの条件を満たせば、
    80代、場合によっては90代でも手術する例が増えています。

    通常は肺の5分の1以上を切除する肺葉切除が標準治療ですが、
    特に高齢者の場合などは縮小手術といって切除範囲を小さくすることで
    術後の呼吸機能もできるだけ保つ工夫をする病院も増えています。

    その結果、術後の生存率や再発、合併症などについて70代以下と変わらない成績を
    報告している施設もあります。

    個人差によるところが非常に大きいので、そもそも手術に耐えられる状態なのかどうか、
    術式は何が適当なのか、手術による生活の質の低下はどの程度なのか、といった判断には
    高度の経験と技術が必要です。

    かかっておられる総合病院がどういう所かは分かりませんが、
    肺癌に力を入れている施設でセカンドオピニオンを聞いてみて悪い事はないと思います。

    ユーザーID:0138676471

  • 高齢だとそんなもんです。

     その年齢ですと、抗がん剤治療等は医者も本人も望まないと思います。

    同居中の義父母が、癌になった場合でも、放置で良いとお互いに了承してます。
    痛むのであれば痛み止めは飲むでしょうが。

    見守るしかないでしょう。好きな様にやらせて上げて下さい。

    ユーザーID:2100713710

  • 私は

    40歳の時に別の癌を患い2カ月入院して放射線治療と抗がん剤治療を受けました。
    主治医には治療1ヶ月後から職場復帰できると言われていましたが、
    後遺症がすこぶる酷く9ヶ月後に再入院しました。
    主治医には”こんなはずはないんだけどな〜”
    と言われましたが結局後遺症はどうにもならず不自由な身体で生活しています(自活はできなくなりました)。

    治療を受けなかったら1〜2年の命だったと思います。主治医には”命があるだけでも良かったじゃない”と言われましたが、こんな不自由な身体になるのなら治療を受けない方が良かった、と正直思います。

    癌治療で治る人、後遺症もなく元気に過ごしている方がいるのも事実ですが、私のまわりでは後遺症が残って苦しんでいる人がいるのも事実です。

    ただ、高齢の方には放射線も手術も、ましてや抗がん剤は辛いかと。
    抗がん剤は食事がまともにできなくなるので一気に体力は低下します。
    体力が低下すると農作業どころか外出も難しくなります。

    それなら、緩和ケアをうけながら、美味しい物を食べてご家族と楽しくお過ごしになるのが良いかと思います。
    お父様とよく話し合ってくださいね。

    ユーザーID:1858110279

レス求!トピ一覧