大切にしている物を子供に壊されないように工夫

レス7
お気に入り6

かな

子供

子育て真っ最中、子育てがひと段落した先輩ママの方々に教えて頂きたいことがあります。

タイトル通りなのですが、大切にしている物を幼児期の子供に壊されないように工夫していることをご教示下さい。

今、妊娠38周目に入ります。
初めての妊娠出産で分からないことだらけで、ネットや本で勉強している所です。
産まれてくる子は男の子なので、動きも活発でしょうし興味があるものに対する好奇心も強いでしょうから、動き回れるようになったら色々と触ったりしたがりますよね。
今のうちに触られたくないものや大切なものはクローゼットの高い場所にしまいましたし、食器が入っている扉には簡単に開かないようにできるストッパー?のような物を取り付けるつもりですが、ネットで子育て中の方の情報を見ると、リモコン、携帯、携帯の充電器や家電を破壊された方が多くいらっしゃいます。
これも子供の手に届かない場所に置く工夫をされていますか?
されているとしたら、どのように工夫されていますか?


妊娠中に子供の健康を考えて、空気清浄機と加湿器を購入しましたがこれも壊された方が多いようです(泣)
安いものではないので、なるべく壊されたくないのですが、こればかりは手の届かない所に置けるものではないのでイタズラするような年齢になったら使用せずにしまって置くしかないのでしょうか?

また実家が近くにあるので産まれたらちょくちょく遊びに行くことになると思いますが、両親がインテリアに凝る方で高価な物が沢山あります。
お客様も多い家なので、遊びに行く時は必ず連絡を入れ大切な物は一時的に避難してもらう形になると思います。

その上で、子供には理解しにくい大人の大切な物に触れてイタズラしないように躾るにはどのようにしていらっしゃいますか?
中には、何も壊されたことがないご家庭もあるようなので。

ユーザーID:1771946737

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 好きに遊んでよいもの、悪いものを分ける

    うちは、娘ひとりですが、壊されたと思いつくものは、あまりありません。
    なんでも口に入れてかじる子だったので、ボード紙タイプ(赤ちゃん用)の本はかじられてボロボロのものばかり、柱をかじられて、うえからシートを貼ってもかじられて諦めて、柱の跡はありますが。
    なんでも口に入れる時代に、口に入れたら困るものを排除する生活だったこと、口に入れてはいけないものを入れてはいけないと、口うるさくしつけた効果もあるかもしれません。マンション生活なので、騒音に対するしつけも関係してると思います。
    ある程度はしつけで何とかなると思います。
    「うちの子、壊し屋で」とぼやいている家は、諦めてしまっているとは思います。諦めざるを得ないような子もいるとも思いますが。
    スマホ何台も壊されたとかは、やはり、そんな与え方してたら壊すよね〜という感じの親だな、と思います。
    絵本については、身体壊すほどでなければかじらせてました。
    3歳くらいで分別がついたと、図書館から本を借りられる用になりました。
    実家に帰ると、壊す以前に口に入れるのが心配で追い回して、非常に疲れ、実家が息抜きにはならない時代も長かったです。

    ユーザーID:5590868984

  • 「これはダメだよ」

    二歳半になったおてんば娘を育ててます。

    ハイハイしだすまでは、むしろ何も片づけたりしてませんでした(汗)
    問題は、自由に動き出してからですよね。

    現在トピ主さんが取られている方法でほぼ大丈夫だと思いますよ。

    ・手の届く範囲に置かない
    ・特に大切な物は目にも触れさせない。置き場所を覚えさせない。

    ご実家へは、きちんとルール決め(というとちょっと仰々しいですが・・・)をしておくべきかと。

    ・子供が壊した物については弁償など出来ない。
    ・というか壊れ物が手の届く範囲にあるのは単純に危険なので片づけてほしい。
    ・子供がいても安心な部屋を一部屋作る。
    ・片づけもしてくれないなら、こちらからは頻繁には遊びに行かない。孫の顔が見たければそっちから来て。

    ま、どこで折り合いをつけるかですよね。

    で、イタズラに対する躾ですが、

    「その都度、これはダメだよ、と根気強く教える。」
    これに尽きるかと。

    一歳を過ぎれば、「ダメ」は意外と理解できるようです。
    逆に、ダメな物も全て取り上げてしまうと、「ダメな物」をいつまでも理解できず、自宅外で口に入れたりしてしまうかも。

    ユーザーID:6498575155

  • うちもいろいろやられました

    石油ストーブ用のガードで空気清浄器、加湿器をガード。
    キッチンや階段はゲートを設置。
    コンセントはコンセントカバー。
    サイドボードや箪笥はストッパー。
    リモコンやキーケース、仕舞い込むと不便なものは手の届かない棚などに定位置を決めました。
    猫を追うより皿を引けです。
    でも知恵がついてくると そういうものを一つずつクリアしてくるんです。
    きつく叱りながら うちの子って頭いいかも、なんて親バカでした。

    ユーザーID:1602815211

  • ありがとうございます!助かります。

    ご回答頂いた先輩ママさん、ありがとうございます!

    壊された物が無いなんて、素晴らしいです!
    何でも口に入れる時期があり、それで携帯も水没したとか見聞きしますよね。
    厄介な事にダミーでは満足せずに、パパやママが日頃使っているものじゃないと納得しないとか(泣)

    根気づよくダメだと教え続けることが大事なんですね。

    私が割と潔癖というか神経質な所があり、もう少し大らかに柔軟性を持たないとこれからの長い子育てを乗り越えられないとは思っているのですが、
    多少乱暴に扱われても構わないものは全く気にしませんが、大切にしているものやお気に入りのものを破壊されたら…と思うと今からビビってます。

    カフェテーブルやカーペットは安いものや洗えるものに変えていますし、ソファもカバーが変えられるものを購入していますので、汚されたりしても気にしないですが。
    家電は気軽に買い換えるものではないので、壊されると困りますものね。

    仰る通り、何でもダメではなく触っていいものとダメな物を分けて教えることが大切ですね、参考にさせていただきます。

    分別がつく年齢になるまで、実家では目が離せず疲れそうですが。

    ユーザーID:1771946737

  • おすすめ(1)

    2歳7ヶ月の好奇心旺盛男児を育てています。
    一歳前から、ホームセンターにある工事現場で使うプラスチックベニヤ板を愛用しています。

    段ボールのように中に少しクッション性があるプラスチックの板なんですが、半透明で向こう側が見えない乳白色のものがあります。他にも色は色々ありますが、これが部屋の邪魔にならない色かなと思います。

    カッターで簡単に切れるので、それをサイズに合わせて切り、リビングのプリンタの棚や、ガラスの飾りだな、キッチンの飲み物の保存棚などにコの字型にかませて、見えないようにしています。120cm×90cm位なので、横にカバーすると2歳でも立って向こう側は見えません。

    うちの息子は『見えたら触りたい』ようなので、このボードで目隠しをしました。見えるようにしてあると中から色々出して来ますが、見えないと全くいじりません。プラスチックなので、シールを貼ったりマジックで書いたりできます。なので、そのボードだけは『シールコーナー』『お絵描きコーナー』としています。
    シール大好きですが、そこだけに貼ることを守っています。トイトレのシール用に、トイレにも置いてあります。

    ユーザーID:2721394701

  • 2児持ち

    我が家の空気洗浄機は床の間の上にあり、床の間はゲートでガードされています。
    大ざっぱなな方ですが、一子目の息子がハイハイ⇒つかまり立ちするころに裏のフィルター部(?埃がつく網のところ)を舐めており衝撃的だったからです。。
    息子にはハウスダストのアレルギーがあったので手の届かないところに。
    友達の家では通年暖炉をガードし、夏はその中に空気清浄器を置いていました。
    冬はどうしてるか知りません。

    また、実家ですが、私の実家は床が一面石なのと
    トピ主さん同様リビング等ちょっと豪華仕様だったりガラスが多かったりするので
    近所なこともありますが、我が家に来てもらっています。
    別にいかなくても問題ないです。
    うちは子供仕様になっており、みんながリラックスできるのが我が家なので。
    私は疲れるために実家にはいきませんよー
    幼稚園プレの帰り等一人の時に息抜きでは行きますが。

    ユーザーID:7383301977

  • おすすめ(2)

    うちはまだ、特に壊された物はありません。扇風機にはネットをかけていたら触りませんでした。今は、ハロゲンストーブやオイルヒーター、加湿器もありますが、最初から『これはあちちだから触らないよ』とか『リモコンは大事なだから遊ばないよ』と繰り返し言い、遊び道具にさせないようにしました。

    2歳半を過ぎる頃から、物を投げてみたくなることがあり、時々おもちゃを投げましたが、その都度『おもちゃがいたいいたいって言ってるよ』と言い、ご免なさいをしながらおもちゃを元に戻すようにしてきました。

    テレビを叩こうとした時も同じように言いました。また、テレビの前に何もないとどこまでも近づいて写っている物を触ろうとするので、テレビの前に机をつけて、物理的に触れないようにしました。

    あとは、歩けるようになってから大きい段ボールでおうちを作り、そこを息子の部屋にしています。そこは何をしてもいいところです。

    育てていく中で日々対策が必要になってきますが、『できるようになったことが増えたんだな〜』とプラスに考え、楽しみながら対策やしつけができたらなと思っています。

    お互い頑張りましょう!

    ユーザーID:2721394701

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧