• ホーム
  • 働く
  • 海外駐在のある彼と結婚し専業主婦となるか迷っています

海外駐在のある彼と結婚し専業主婦となるか迷っています

レス33
(トピ主3
お気に入り102

キャリア・職場

トピ主

24歳の女です。
付き合っている彼からプロポーズを受けました。
彼とは社会人になってすぐに出会い、2年弱お付き合いしました。

彼は商社に勤めており、ほぼ確実に将来長期に渡る海外駐在となります。彼の場合は1,2年以内には海外駐在の辞令が出るそうです。よって、結婚するためには私は仕事を辞めることになります。

専業主婦はリスクが大きいと思いますし、このご時世にどうなのだろうなどと考えてしまい、決心できずにいます。
私は総合職として勤めており、長く働けばその分昇級昇格もします。仕事が大好きでバリバリのキャリアウーマンになりたいというタイプではありませんが、仕事にはそれなりにやりがいを持っています。まだ、社会人を二年弱しか経験しておらず学生気分もやっと抜けたところで、重大な決断を迫られ正直戸惑っています。

共働きという選択肢は彼にはありえないそうで、彼の会社では駐在には妻が付いて行くのがあたりまえだそうです。精神的、体力的に辛い海外勤務では妻として支えて欲しいと言われました。
また、駐在先は中東かアジアの可能性が高いそうなので現地で働く事は私もあまり想像できません。

付き合っている頃から、彼には駐在には付いてきて欲しいと言われていました。なので、今更私が悩み始めたことに戸惑っているようです。

いわゆる駐妻の方は駐在終了後、どのようにキャリアを積まれているのでしょうか。専業主婦としてキャリアは諦める方が多いのでしょうか。まだ、結婚退職を現実的に考えられない私にアドバイスをよろしくお願い致します。

ユーザーID:6931245110

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どうにかなる

    無責任な意見ですが、新卒でないと良い仕事に就けないという社会が一体あとどれくらい続くかと考えるとあと何十年も続くとは思えません。

    商社で海外駐在が確実と言う事は、2、3年で帰って来ると言う事ではなくておそらく何カ国か回って少なくとも10年くらいは出ているのでは?

    仕事が好きでキャリア志向なら別の人生も考える方が良いでしょうが、将来のリスクと言う事なら、どうにかなるのではと思ってしまいます。

    今はオンラインの学校も沢山ありますから、中東などで自由の利かない生活ならなおさら、家に籠って何か資格の勉強でもしたら日本に帰った時に役に立つかもしれません。

    専業の間に子供を育てて、資格でも取って、例えば40歳で日本に帰って来て
    「総合職だったけど夫の転勤で退職。 海外でこんな資格を取りました。 子供はもう手が離れてます」と言えばどうにかなりそうだと思うのは甘いですか?

    海外でボランティアなども積極的にやっていれば社会経験も積めます。

    私は海外に出て25年ほどですが、日本での仕事を頼まれた事が何度かあります。
    どれもボランティアのリーダーだった関係のつてです。

    ユーザーID:9095965114

  • まだ24歳

    トピ主さんの気持ち次第ですが、実際迷っているのですよね?
    まだ24歳。
    そういう迷いがありながら、今後の一生を決定的に左右するそんな決断をしていいのかな、
    個人的にはそう思います。

    彼は、主さんが辞めて自分を支え自分の世話をすることありき、なんですよね。
    会社の方針が彼の人生の方針。
    そこに主さんの意思や希望が介在する余地は全くないと言う、ありえないと言う。
    どれほどオブラートに包もうが、冷静に見れば結局そう言ってるわけです。

    恋愛関係中だし、そこまではっきり意識するのを主さんはどこか避けているのでしょうが
    胸に手を当てて自分に正直に考えてみてください。
    なぜ彼は、主さんだけが全て手放すことを当然のように考えるのか。
    主さんの気持ちはどこに?
    専業主婦になることは、実質的にその彼に今後数十年の人生を預けることでもある。
    おっしゃるとおりハイリスクです。

    専業主婦になりたい女性は他にいくらでもいます。
    同様に、世の中に男性は彼一人ではありません。
    繰り返しますが、まだ24歳。
    自分と主さんの将来を同じ重さで考え、一緒に人生を歩もうとしてくれる人は
    これから現れるのではありませんか。

    ユーザーID:3026374205

  • 今の時代、女性にとって、生涯の仕事は命の次に大事なもの。

    愛情がなくなれば別れる時代。浮気不倫も多い。

    人生かけて築いた仕事のキャリアの価値は、年収が違っても仕事の種類が何でも、その人にとっては命の次に大事なもの。

    生涯生きていくための命綱。

    仕事がその人にとって大事なことは男女共に同じ価値。

    その同じ価値を男性のために捨てるなら、命をこの人に上げてもいいという程愛している時のみ。

    でも男性は女性には仕事を捨てることを求めるが、男性自身が仕事を捨てることは滅多にない。自分の宝は捨てずに女性に宝を捨てさせる。

    新卒で苦労して得た仕事を捨てたら、万一の離婚で、確実な生きる術がなくなる。

    この人と一緒でなければ、〇んだほうがまし〜という程の愛でなければ、自分の大事な仕事を捨てて専業主婦になるのは止めた方がいい。

    離婚率35%の時代。更に増加傾向。離婚のハードルは低い=簡単に離婚する時代。20〜24歳では離婚率は40%越え。

    親世代の女性が専業主婦になったのは、それしか生きる道が無かったから。生涯仕事を持ち生き抜ける条件を持つ今の時代のような女性は極少だった。

    だから親世代の女性が専業主婦を選択したのと今の女性とは全く事情が違う。

    ユーザーID:4498018571

  • 決まってから

    結婚して海外転勤が決まってから考えたらいいでしょう。まずは彼との間に愛があるかどうかです。その後の事は同にでもなります。日本人は条件で結婚を考える人が多いので愛の無い結婚生活を送ってる人が多いと思います。
    海外駐在になるって何年も言い続けてる人結構多いですので気をつけて。

    ユーザーID:4736231924

  • 結婚してすぐに退職する必要はないでしょう?

    もっと柔軟に考えてみてください。

    なにも、結婚したらすぐに退職する必要はありませんよね?
    「海外転勤が決まったら」付いていくために退職すればいい。
    (業務引き継ぎのために1ヶ月くらい、付いていくのが遅れるかもしれないけど…)

    それに、結婚したら子供ができて、子育てのために退職しなきゃいけないかもしれない。
    総合職で子育てするのは、実家が近くて子育てを任せるとかできないと難しい。
    でもそれって、「子育て」してるとは言い難い。
    結婚したら、子供が欲しい?どんな家庭を築きたいか、ぜひこの機会に考えてみてください。

    例えば、トピ主さんが育休を3年取れる会社なら、駐在に合せて妊娠→育休を取る…とか。
    まあ妊娠出産って、そう上手くいくものでもありませんけどね。

    >今更私が悩み始めたことに戸惑っているよう

    トピ主さんは、ようやく仕事にやりがいを感じ始めたところ。
    そして結婚を現実に意識し始めた。
    だから悩み始めた。
    成長に伴うものだから、しょうがありません。

    彼ともよく話し合って、ライフプランを考えてみるといいですよ。
    前向きに、ね!

    ユーザーID:0025846314

  • 冷静なことをきちんと言う

    仕事は6年程度のキャリアを積むつもり。
    でないと再就職があまりにも不利。
    再就職の必要性を否定するなら結婚自体を否定する。
    離婚になった場合に自分の経済力がなければ生きて
    いけない。増して子供が出来てから離婚になる場合に
    私が貧困になる。リスク管理を放棄しろというなら
    私はあなたを放棄する。

    という感じですかね。

    ユーザーID:0774831274

  • 自分が後悔しない選択肢を。

    私は一方のみが何かを諦めなければならない結婚というものに意味を感じません。例えば、お互いが歩み寄って落としどころを見つけての結婚なら話は分かります。お互いが対等であって尊重し合っていますから。でも、トピ主さんの状況では、トピ主さんのみに不満があって、彼はいいとこどりですよね?

    私自身、20代にお付き合いしていた人数人と結婚まで話がいきましたが、お互い若かったこともあってか、毎回私だけが我慢しないと成り立たない状況で(彼の転勤が決まりプロポーズされる、専業主婦になって支えてほしいetc)、その度お断りしました。結局30過ぎて今の主人と会いお互い対等で尊重しあえる家庭を築き、子供も授かりました。我慢して納得のいかない結婚をしなくて良かったと思います(我慢して結婚して満たされず離婚したり、不満だらけの友人が数人います)。

    お互いが対等で、尊重しあえる人との結婚生活って本当に毎日が幸せですよ。転勤の辞令が下りたわけでもないのだから、今から彼とよくよく話し合って、例えば帰国後に今度は自分の社会復帰(家事・育児の積極的サポートとか)に協力すると約束してもらうとか、話し合っては?

    ユーザーID:5025068890

  • なんで結婚退職?

    駐在が本決まりになったら退職でいいじゃないですか。海外駐在の多くは二人揃っていくのではなく
    先に旦那さんが行って数ヶ月で基盤を整え、家族は後から合流です。その間に退職その他の手続きができますし
    それまでのキャリアや妊娠などそのときの状況と駐在期間の関係で休職扱いが出来る可能性もあります。

    ユーザーID:2701427464

  • 迷っているなら

    一旦、白紙にされた方がいいかと思います。

    トピ主様の考えられている未来像と違いすぎるなら、またそれに従って全てを手放した後のトピ主様の後悔を想像すると、ただ好きだけでカップルになる恋愛と結婚は別物です。

    悲しいですが、まだまだこの世は男性社会です。
    独身よりも伴侶が一緒の方が世間体がいいという考えも、何だか妻の役割をこうあるべきと押し付けられてる典型だなあと思います。

    どうしても割りきれないなら早めにお断りされた方が、むしろ彼に対して誠実だと思われます。

    ユーザーID:6486024353

  • 会社員じゃ難しいですね

    うちもアメリカ駐在に行ったことがありますが、妻はなんとか療法士だったので、帰って来ても再就職には全く困りませんでした。

    ユーザーID:3188067247

  • キャリアアップは難しい

    アメリカー欧州ー現在アジアに帯同して10年めのアラフォー専業主婦です。

    商社の方もそうではないかと思うのですが、だいたい3年ほどで帰国または横異動となるので何かを継続するのが難しいです。
    子どもがちいさいうちは海外で子育てするのに精一杯でしたし、非英語圏にいたときはとりあえず言葉をある程度覚えなければ生活出来なかったので語学の勉強が大変でした。 
    駐在の奥様向けの習い事はたくさんあるので色々やってみたこともありますが、これだけ国も地域も言葉も違う国に移動ばかりしていると結局どれもこれも中途半端で帰国後職に結びつきそうな物はありません。 
    今夫の仕事関係でパーティに呼ばれる事が多いのですが、私に話を振られると語るほどの事がないので非常に困ります。

    海外生活で貴重な体験をさせてもらったと思いますし、見識も広がったと思います。 でも日本にずっといたら得られたはずの物が得られなかった。そう言う思いはあります。
    そのときその時は一生懸命やってきたつもりですが、空しいと思う事も多いです。
    トピ主さんもそういう思いをされませんように。がんばってください。

    ユーザーID:3735317564

  • 経験者です。

    レスします、26歳で夫の転勤(東南アジア、総合商社です)が決まり、大手上場企業で勤務しておりましたがついていきました。(いまから10年前です)
     主さんのように辞めるのに迷いはありませんでした、夫の会社も妻は必須、とくに赴任地のパーティーなどの付き合いに妻は必須の地域でしたので。
     それから7年赴任地で過ごし、帰国してからまず派遣で事務専門職で働き(結婚前にしていた仕事です)
     それから正社員の同じ職に転職して現在に至ります。
     駐在地での生活は自分に向いていて、とても楽しかったです、忙しい毎日でしたが。親友もたくさんできて、とてもいい思い出です。
     なかなかできない経験をさせてもらったことには感謝しています。
     会社を辞めないといけないのは残念ですが、それ以上に得るものがありましたし、商社の妻だと仕方ないです。はっきり言って。今も妻のサポートが必須です。

     うちもまた駐在の可能性はありますが、そのときはまた辞めてついていきます。
    新しい出会いが楽しみです。ご参考になれば。

    ユーザーID:2572647672

  • 行ってみてもいいと思います

    私は、25歳の時に総合職の仕事をやめて、海外赴任が決まっていた相手と結婚しました。
    結婚後、すぐに海外に行きました。

    海外では大学院にいきました。

    その後、日本に帰ってきてからも研究をつづけ、現在、日本の大学で職を得て、教授になりました。

    こういう人生もあります。行ってよかったと思っています。

    夫と結婚してよかったと思いますし、いろいろ大変なこともありましたが、おそらく日本にずっといたよりも良いキャリアを形成することができました。

    ユーザーID:9893486376

  • キャリアって何?

    トピ主さんにとって、『キャリアを積む』ってどんな事なんでしょうか? 
    なにも、会社という組織の中だけでのことではないですよ。 そっりゃあ総合職で入った会社で、会社の言う通りに働いていけば、一番安心、安全な老後がまっていそうですが。 
    知人の元駐妻は滞在中に暇つぶしに始めた習い事にはまり、帰国後講師となり、スクールを経営しています。 今は早期退職したご主人が事務方で全面バックアップしています。 別の知人は、現地語をマスターし、帰国後は通訳をしています。
    確かに帯同すれば、今の会社でのキャリアは終了かもしれませんが、人間として、別のキャリアが積めるのではありませんか。

    そして、女として今の態度はどうでしょうか。
    商社マンの彼と付き合い、付き合いの中で彼の希望も聞いてきたのでしょ。 それでも付き合いを継続したと言う事は「帯同OK」と言う事だし、だから彼もプロポーズしたんですよ。 男にプロポーズさせておいて、それから悩むなんて、かなり酷いと思います。 早急に二人で話し合ってください。 彼にはあまり時間が無いんですから。 

    ユーザーID:6238912583

  • 妻がついて行けない国もあるので、

    昔、当時としてはめずらしい独身女性駐在員として転々としていた者です。現地で日本人が住める地域は限られている(治安がよい高級住宅地)ので、隣人は日本の商社の駐在員が多かったのですが、

    >彼の会社では駐在には妻が付いて行くのがあたりまえだそう

    彼の話を鵜呑みにするのはどうか、と思います。赴任先、とくに中東や東南アジアでは家族を伴ってよりむしろ単身赴任の男性が多かったように覚えております。今はもっと多いでしょう。

    なので結婚退職なんて思い切ったことはしないで、結婚したあとに夫に辞令が来てからご自分の仕事をどうするか考えても遅くは無いと思いますよ。

    私は現在在米ですが、お向かいさんも日本人夫婦でして、過去20年以上夫だけが各国を単身赴任していてアメリカに辿りついたという方々です。今でもとっても仲の良い夫婦ですよ。

    ユーザーID:1425209003

  • 家族としてみたら…

    ま、自分が最近仕事をやめたので、すごく思うんだけど、
    それまでの家族年収と比べて、やっぱ減るのよ。当然だけど…

    私の場合は免許持ちだし、こちら海外なので、復帰すれば、一応ほぼ収入は戻ると思われますが、
    それでも、この数年間の収入減が実は不満…
    なんか、お金を使うのに罪悪感を感じるし…



    やっぱり、夫さんが比較的高給でも、
    比較的高給の夫さん同士では、奥さんがいくら稼ぐか、が貧富をわけるかぎだからね〜


    駐在組なら、一馬力1200万くらい?でしょうが
    一馬力1200万の家と、2馬力2000万の家は、経済事情が全く違うしね。

    彼はそういうことを考えたことあるのかな?
    一部上場なら、生涯賃金は3億とか言われてるでしょう?
    主さんが子育てで2子5年分抜けても、生涯収入多分2億以上違うよ。

    逆に主さんからみたら、
    この彼と暮らして1200万の専業主婦になるか
    思い切って彼氏を変えて、仕事を続け、2000万の兼業主婦になるか

    ま、よく話し合って、考えたらいかがですか?
    選べるのは今だけなんだから…

    ユーザーID:7824577247

  • 皆様ありがとうございます

    皆様ありがとうございます。

    仕事を辞めるのはリスキーである、辞めても道はあるなど様々なご意見を伺うことができてとても参考になりました。

    彼に相談をしたところ、私がここまで悩んでいることに気付かなかったらしく驚いていました(笑)
    彼は私が駐在に戸惑っているのは一時的と考えていたようです。
    そして、自分の給料や手当から考えて今後の金銭的な心配はまったくいらない、私に仕事を辞めて駐在に付いてきて欲しいと言ったのは楽をさせてあげたいからだと言ってくれました。
    リスクを軽減する方法や、駐在帯同の経験のある先輩の奥様を紹介してもらう話も出ました。

    もちろん彼のことはとても愛していますし、一生を共に過ごしたい気持ちはあります。駐在や退職でうんぬんという前に、結局彼とは別れることは気持ち的にありえないことだと改めて感じました。

    いくつかご意見があったように今の仕事を辞めても何かしら成し遂げることはできるかもしれません。
    こればかりは私次第であると実感しました。キャリアについて、お金を稼ぎ自立するということについてもう少し考えてみたいと思います。

    ユーザーID:6931245110

  • 今後の金銭的な心配は「まったく」いらない?

    未来のことが100パーセントわかる人なんているのかしら?と思いますし、妻が働かないことが楽にさせてあげることだと思い込むのも若さゆえだなぁと思います。彼はおいくつだかわかりませんが、初駐在ということはまだまだお若いのですよね。

    専業主婦のブランクがあっても、総合職を得られたトピ主さんだったらその気になれば何らかの職には就けるかと思います。もちろん、トピ文からの印象だけですが。

    問題は自信過剰で傲慢とも取れる彼氏さんの言動です。自分が辛い目にあうから妻はそばにいて俺を支えるべきだ、そのためには妻の人生のプランなんて取るに足らないものだ、と言っているんですよ。俺の人生のほうが大事だから俺に合わせろ、と。お若いトピ主さんには頼もしく思えるのかも知れませんが、トピ主さんもこれからまだまだ成長なさるのですから。

    これまでの人生が順風満帆の人には見られがちな言動ですが、その人生がこの先もずっと続くなんて誰にもわからないんですよ。続けばもうけ物、くらいに思っておいたほうが良いですよ。トピ主さんの倍以上生きてきた海外兼業主婦からの一意見です。

    ユーザーID:4412821238

  • 兼業主婦さん(2/21)と全く同じ感想を持ちました

    ちなみに当方年齢は主さんの「倍近く」(笑)の海外在です。

    >私に仕事を辞めて駐在に付いてきて欲しいと言ったのは楽をさせてあげたいからだ

    の部分を読んで、意地悪な言い方になりますが「物は言いようだな〜」と思いました。
    こう言われて「彼はそれだけ私のことを愛してくれてるんだ」と感じる女性もいるでしょうし
    主さんの年齢なら余計にそうかもしれません。

    でも、前回と同趣旨のコメントになりますが、そもそも<あなたが>何を楽だと感じるか
    彼は知ろうとしたことがあるのでしょうか。
    「辞めて俺の駐在についてくるのがお前にとっての楽だ。俺はお前に楽させてやるのだ」
    主さんの大切な彼のことをこんな風に言って申し訳ないけれど
    これ、私に言わせれば、軽くシュガーコートされた暴君の領域です。

    帯同自体が悪いと言っているのではありません。
    色々な体験を生かし、新しいキャリアを形成された人たちもいるでしょう。
    問題はそこではなく、あなたが辞めることありきなのを「君を愛しているからだ」に置き換える
    そのお相手に私はとても不安なものを感じるということです。

    いずれにせよ後悔のない決断ができるよう願っています。

    ユーザーID:7798365843

  • 彼しかいないと思っているわけではないのなら

    私も26歳ぐらいの時に同じように悩みました。
    駐在の場所も同じように、中東とかアジアになる予定でした。
    私の場合は、彼が結婚の催促がしつこかったことと、どんどん仕事が出来るようになって楽しくなってきてしまったため、色々悩んだ末にお別れしました。
    その後、転勤がなく、仕事の理解や、子育てを一緒に頑張ってくれるような方と出会い、結婚しました。
    35歳過ぎてからスキルを生かして開業し、今のところうまくいっています。今の生活スタイルを考えると、結婚して元彼についていっていたら、自分は後悔していたと思います。

    ユーザーID:0571196300

  • 兼業主婦さんに、もう一票。

    このご時勢、彼の会社がどんな大手商社だったとしても、給与カットやリストラのリスクはゼロなんてありえないと思うんですが…。

    たとえ彼の仕事が順調だったとしても、金銭的な心配が全くないのは“彼と結婚している間”だけですよね? もし彼の浮気などであなたが離婚したいと思ったら? 今のあなたがいい仕事に就けていることを考えると、女性側ばかりにリスクを負うことになります。

    長年海外にいますが、海外でも働ける駐妻は非常に稀です。大抵の国では、駐妻が取得するビザでは就労が許可されないからです。
    元々専業主婦だったり、習い事に打ち込める人や駐妻同士のランチやショッピングを楽しめる人は、駐在生活に適合できます。でも、性格的に人付き合いが苦手な人、キャリア志向だったのに思わぬ海外駐在で退職せざるを得なかった人の中には、ノイローゼになって奥さんだけ帰国していく人もいました。

    彼との結婚を止めろとまでは言いません。でも、今の俺様思考のままの彼と結婚は駄目です。しっかり話し合い、「妻は黙って着いてこい、妻は自分を支えて当然」という一方的な認識を何とかしないと、将来に後悔するのはあなたですよ。

    ユーザーID:7104523365

  • 資格を取ってみては?

    今のところ、女性にとって結婚で一番の問題はこれですよね。

    多くの女性が働くのが当然になった今の時代でも、こういうことが起きたら女性が仕事を止めて夫についていくのが当然とされる。
    少なくとも男性の視点からは。
    女性が働くのは家計補助のためであって、女性自身のキャリア、働き甲斐などはまるで問題とされない。
    だから夫ひとりの収入で充分生活していけるのにどうして働きたがるの?という発想になる。
    女性も自立した生き方をしたい(経済的にも)、自分のキャリアを作りたい、誰々の妻と呼ばれるだけでは満足できないのだという当たり前のことを、社会が理解できる日が早く来ればいいのにと思います。

    そのためにはまず女性がそういう生き方を選ばなければいけないけど、トピ主さんは別の道を選びたいようなのが残念です。
    今からでも何か資格を持てるよう勉強して、帰国したらその資格で働くというのはどうでしょう?
    全部諦めるのはもったいない、女性から見るとぜひトピ主さんのような若い人に頑張ってほしいです。
    女性が頑張る姿を見せることで、男性の考え方も変えていけるのですよ。

    ユーザーID:8877235841

  • 楽どころじゃないかなり苦労すると

    とびさんの彼は、「楽させてあげたい」と言われたようですが
    私は、苦労の連続だと思います。
    海外では、孤独ですしその分駐在の日本人奥様と仲良くしないと
    やっていけません。
    海外で子育てするのは、たいへんです。
    経済的にはたぶんうちの夫の2倍くらいは収入があると思うので
    そのてんでは、楽なのかもしれません。
    コメントされている方は、海外の生活が合っていたのだと思います。

    ユーザーID:5267444168

  • 駐在2ヵ国経験

    トピ主さんはお若いので悩むのも当然ですね。
    うちはメーカーで、結婚する時は転勤のない部署でした。
    数年後、まさかの転勤族となり、国内3ヶ所、海外2ヶ所、現在も海外です。
    私も総合職で、産休、育休をとれる会社でしたが、主人の転勤でやめる選択しかありませんでした。
    当時は仕事が大好きで続けたかったです。
    でも正直、朝もバタバタせずにすむとホッとしたのを覚えています。
    今、若い方が駐在でこちらに来ますが、子供がいない方は必ず帯同されていますね。
    もちろん、帯同不可の国もありますが・・
    また、帰国後は仕事に就く奥様が多いです。

    お子さんの受験等ある家庭は単身赴任も多いです。
    総じて、自分のの仕事への執着があるうちは、まだ結婚しない方がいいかと思います。
    ある程度仕事の経験を積んだ後なら、それは自信にもなるので、駐在後も再就職しやすいでしょう。
    また、お子さんができると自分より家族としてどうしたらいいか・・という考えに変わると思いますしね。
    キャリアを積むということが大切なら、今の仕事を続ける(単身赴任)か
    駐在中に大学やビジネススクールで修了書を得て再就職に備えるのがいいかと思います。

    ユーザーID:9702115352

  • 収入への自信は変わっていくから…

    彼に
    「私の方がお給料が良いとして
    あなたはもう働かなくていいから、家で家事育児して一生一緒にいてと言われて
    楽できて嬉しいと思う?」と聞いてみてください

    人の彼氏のことをあまり言うのもなんですが
    こっちが今まで必死で作ってきたキャリアを手離すのが平気で嬉しいと思うなんて、ありえない。

    もし、結婚するなら、主さんは、かなりはっきり自分の気持ちをアピールしないと
    こっちが我慢してるとこで、向こうは恩着せがましく思われて、将来のすれ違いの理由になりそうな気がします。


    それから、彼は今、自分の収入に自信持っちゃってるみたいですが
    私の周りだと、収入が良いほうで番付に乗るような会社にもかかわらず、奥様が専業主婦の男性がお金の件でグチを言うこと多いです。

    同僚なので、私が自分とほぼ同額、私の夫も(職種は違うけど)同程度稼いでるのを知ってますから
    幼稚園で子供の学費などかかる年齢になったら
    ちょっと前まで、子供を理由に時短をしていた私に、専業主婦の奥様がいかに素敵か語っちゃってた男性たちが
    手のひらを返したように、ダブルインカムを羨んでいます。

    主さんの彼も変わるかもしれません

    ユーザーID:8672516202

  • 連続でごめんなさい。

    駐妻の方の意見を求めていらっしゃるようですので、付け加えさせてください。

    夫は外国人ですが、つい最近日本駐在の話が持ち上がって来ました。私は現在違う会社で管理職です。

    別居は私たちの選択肢にないことですので、夫がその話を断るか私が退職して一緒に日本に行くかの2択になります。幸いにも事が具体化するまでにはまだ時間があるようですので、現在どちらがより二人にとって最良なのか話し合っている最中です。

    与えられる役職からみれば夫にとっては素晴らしいチャンスですが、夫が私に気を遣ってくれるのは私が結婚したのを機に日本を離れ、この地でしばらくの間専業主婦をした経験があるからです。とても辛い思いをしました。

    夫は私からまた職を奪ってしまうのを心配していますし、私は夫からチャンスを奪ってしまうのを心配しています。難しい選択ですが、そこは夫婦として培ってきた物で判断するしかありません。

    結婚前で、まだ遠慮がある間柄でしょうに彼氏さんにはすでに遠慮のカケラもないような印象を受けます。俺が俺が、の部分がとても心配なのです。独りよがりではない相手に対する思いやりが夫婦には不可欠だと思うからです。

    ユーザーID:4412821238

  • 仕事より彼を選びました

    海外駐在妻生活5カ国25年が過ぎました。

    30歳の時4年付き合い、結婚の話がでていた彼に海外転勤の辞令が出ました。
    その時は私が仕事を止めたくなかったので、遠距離となりました。彼は私の意志を尊重してくれました。

    一年後、仕事より彼を選び結婚しました。

    離れている間仕事に打ち込んでいました。昇給昇格もして充実していましたが、自分の仕事より彼と一緒に居たかったからです。全然後悔はしていません。

    トピ主さんの彼が海外に行って離れている間、私みたいにトピ主さんがやはり一緒にいたいと思ったら結婚する、というのはどうでしょうか

    ユーザーID:4701683204

  • 帯同はMustでは無い

    財閥系の商社で東南アジアに駐在中の中年男です。

    若干主旨とずれますが、昔と違って、最近では商社であっても家族帯同は必須では有りません。
    ホームパーティーに招き招かれが基本の欧米ならまだしも、中東や東南アジアにはそれは有りません。
    実際に単身赴任者は沢山居ます。
    割合的には3〜4割、アジアの中でも暮らしづらい国だと半分以上が単身という事もあります。

    婚約者の方がどこの商社か知りませんが、もし財閥系であれば「妻の帯同は必須」というのは会社の方針を語った婚約者さんの個人的な希望、或いは誤解(まだ若いので会社の内情が分かっていない)の可能性も有ります。

    ユーザーID:5103694789

  • ありがとうございます。遅くなりまして申し訳ありません。

    彼の言動にご意見してくださった方も多く、私はまったく問題だと感じたことがなかった為、新たな視点で考える事ができました。
    彼はたしかに自分に自信がありそれが傲慢にも聞こえる物言いに繋がるのかもしれません。また、彼の中で妻の帯同があたりまえだという価値観はあります。以前に駐在中で別れて暮らしている同僚夫婦について可哀想と言っていたことがあります。(前回のレスで会社の方針で帯同は必須と取れる書き方をしてしまいましたが、正しくは望ましいとされている程度だそうです。分かりにくくしてしまい申し訳ありませんでした)

    ただ、彼なりに私を幸せにしようと意気込んでのプロポーズであるのだろうと思います。仕事を続けキャリアを積むことと好きな男性について海外で暮らす事のどちらが幸せかは比較することはできないのに、彼が専業主婦=楽で幸せと単純に思い込んでいることは問題だと思いました。しかし、彼は私と離れて暮らすことが不幸だと思うからこそ、私も同じ様に思うだろうと考えての発言だと思います。
    今の時点ではどのようにすれば良いか決定的な決めてがないが為に皆様のご意見がとても参考になりました。ありがとうございます。

    ユーザーID:6931245110

  • 会社による

    主さんは総合職とのことですので、
    それなりの会社に勤務されていると思いますが、
    最近では海外赴任帯同のために休職ができる会社もあります。
    もしその制度が主さんの会社になければ
    会社に直談判してはいかがでしょうか。
    その国で学位を取ってくるとか資格を取ってくるなど。
    復職した時に会社のメリットになる、取引するに価する何かを
    探してみて下さい。
    自分の将来のポジションは自分で作りましょう。
    頑張って下さい。

    ユーザーID:7180044603

レス求!トピ一覧