爆発しそうです。共働きの家事分担。

レス123
お気に入り431
トピ主のみ6

ぱんだ

男女

結婚2年共働き、31歳ぱんだです。ご意見お願いします。
私→正社員。仕事は通勤時間を含み、平日7時〜19.20時、土曜7時〜16時。
夫→正社員。仕事は通勤時間を含み、平日8時〜23時、土日休みだが、忙しい時期は土日どちらか出勤する事も多い。
現在、食費(外食含む)・日用品は私負担、家賃(手当あり実質2万5千円程)・ガス・水道・電気・ネット代が夫負担です。
親戚付き合い等は私が手土産・お年玉・お祝い等準備する事になるためそのまま私負担、その他携帯・保険・車維持費・服等は各自。
そして家事は私が100%負担で、その家事負担が納得いかず、かなりストレスです。

結婚前、将来設計のためにもお互いに世帯収入を把握した方がいいと思っていた私は、自分の給与明細を見せました。彼に聞くなら自分のものをまず公表すべきと思ったからです。でも、彼は私のものを見ただけで、自分のものは見せてくれませんでした。その事にも不信感があります。彼は大きな企業勤めで『自分の方が少なく言いにくくなった』という事は考えにくいです。
4ヶ月程前『家事が全て私なのはフェアじゃないと思う。せめて食器を洗って』と伝えましたが、その後実行されたのは数えられる程度。

重い買物袋を提げて帰宅、夕食を作るにもまず流しの洗い物から。
土曜帰宅するとソファでテレビを見る彼、夕食準備を始める私…。
そんな事が続くとイライラが募り、不機嫌が態度に出て彼にきつく当たってしまいます。
先日不機嫌の理由を聞かれ、私だけ給与明細を公開した事、生活費を出してもらっている訳でもないのに私が家事を100%負担しているのが納得いかない事を伝え、家事を分担が無理なら代替案として家計をまとめ二人で透明に貯蓄する等策を講じてほしいと伝えましたが『不機嫌になるのがそこと繋がるの?』とだけ…。
彼が多忙なのもわかりますが、気持ちの持っていきようがありません。

ユーザーID:9143899974

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数123

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121123 / 123
  • トピ主です

    年明けに夫の仕事のプロジェクトが落ち着き、8:15〜18:30程度で帰宅するようになりました。
    しかし、私の方が帰宅が遅いのに家事をする訳でもなく過ごしている。
    年末年始の出費が多かった事への気遣いがない事も重なり、夫の態度が我慢ならなくなりました。

    『私は嫁として妻としてすべき事はしていると思う。でも、この人は夫としてなにか役目を果たしているのか。』と考えた時、この人は何もしてないと思いました。

    そして、状況によっては別居や離婚も考える覚悟で、話し合いました。

    『固定項目の生活費負担は確かに五分。でも雑費の範囲が広がり、私が生活費全般を支払う流れになっている。家事も結局私しかしていないのに、生活費も私の方が負担が大きいのはとてもではないがやってられない。

    案1いま負担している家賃&光熱費とは別に、生活費を15万円夫にすべて出してもらい、家事はすべて私がする(食費、日用品、雑費用。残ったら家電購入や慶弔帰省旅行等のための積み立てにする)。
    案2生活費は口座を作って決めた金額ずつを出し合い、そこから出す。家事はそれぞれ。』

    以上を紙に書いて提示しました。

    続きます。

    ユーザーID:9143899974

  • トピ主です

    夫からの返答は
    『2年の間、ぱんだの優しさに甘えていた。本来自分は、自分の事は自分でするタイプであったし、結婚前はちゃんとできていたのに、結婚後は先に気のつくぱんだにしてもらうばかりになって、いつのまにか自分で何もできない人間になっていた。今までこの状況に気がつけなかった自分が本当に恥ずかしい』
    『生活費は僕がすべて出します。家事は、炊事方面はできないのでお願いしたい。でも、掃除方面は得意なので、片付け、掃除機、水回り掃除は僕がします』
    『今まで本当に申し訳なかった。この2年でぱんだが貯められていたはずのお金は遡って支払います』と。
    遡っての支払いは、15万円/月ではなく5万円/月計算となりましたが、120万円きちんと頂きました。
    そんな提案をしてもらえるとは思っていなかったので驚くとともに、この人は本当に気がつかなかっただけなのだと思いました。

    ユーザーID:9143899974

  • トピ主です

    15万円の生活費は、しばらくこれで運用してみて増減を検討する予定です。
    また、お互い毎月10万円ずつ新居購入のための貯蓄をする事、私の給与は出産・育児・教育費や、万一の備えとして貯めておく事を決めました。
    今後、子どもを授かり、私が育休や退職となった場合にはまた話し合おうという事になりました。

    トピのおかげで自分の本当の不満がわかり、妥協点の擦り合わせもできました。
    一時は真剣に出ていく事も考えましたが、今は嘘のように仲良く過ごすことができています。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:9143899974

先頭へ 前へ
121123 / 123

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧