笑える楽しい絵本探しています

レス39
(トピ主1
お気に入り101

生活・身近な話題

読み聞かせ頑張るぞ

レス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どんぐりむらのぱんやさん

    なかやみわさんの「どんぐりむらのぱんやさん」
    途中で窯から「ばったーん!」とパンが飛び出てくるのですが、(他の方が挙げられている「ノラネコぐんだんパンこうじょう」と似たような(笑))そこでうちの子たち(年長・3歳)はいつもキャーっと大笑いします。
    飛び出てくる前に、どんぐりの兄弟がうとうとするので、そこをなるべくのどかにゆったりと読んで、「ばったーん!」を突然大きな声で読むとウケます。落差が大きい分我が家ではノラネコぐんだんよりウケてます。

    ギャグっぽいのならサトシンさんの絵本はどうでしょう。「うんこ!」とか「とこやにいったライオン」とか面白いかなと思います。

    あとは定番「すっぽんぽんのすけ」シリーズですかね〜

    ユーザーID:9776508998

  • 今でもあるかな?

    うちの子供たちに一番大うけだったのは「びっくりしゃっくりくしゃみにおなら」という絵本です。
    内容はある時、サルがヘビに遭遇して・・・の慌てっぷりが面白おかしくて最後のトドメが・・・。
    いや、ここは読んでのお楽しみですね(笑)

    30年位前のものですが、タイトルの語呂の良さもあって我が家では未だに家族皆の記憶に残っている絵本です。

    ユーザーID:8896787340

  • かがくい・ひろしさん&その他

    だるまさんシリーズは勿論、『おしくら・まんじゅう』も面白いです。
    今はまだ寒いので、皆でギューギュー遊ぶと楽しめそう。

    年少さんはまだ幼いので、簡単なもので『ぴょーん』とか。
    これも最後に皆で跳ぶと、楽しそう。

    現在、年長の息子は、なかや・みわさんの『くれよんのくろくん』シリーズ、『そらまめくん』シリーズが好きです。
    物語の途中は、ワクワクドキドキハラハラ、どうなっちゃうの!?と集中して見てます。
    最後は、ほっこりニッコリ。
    自分の周りの人を思い、大切にするお話が多いので、自分に置き換えて受け取るようです。

    料理や食がテーマの絵本も、盛り上がるのでは?
    この年代は大人のやることに興味津々ですし。
    息子は、『ぐりとぐら』や『こぐまちゃん』シリーズのホットケーキを作るお話好きです。

    絵本の読み聞かせ講座に参加したことがあるのですが、講師から『服は大きめ、絵本は小さめ』を意識して下さい、と言われました。
    絵本には○歳等と対象年齢が書いてありますが、実年齢より幼い物を選んで読んであげてと。
    赤ちゃん向けって書いてあるけど…等は気にしなくて良いそうです。

    ユーザーID:3779180204

  • さるのせんせいへびのかんごふさん

    「さるのせんせいへびのかんごふさん」
    「へびのせんせいさるのかんごふさん」

    たまたまつけたEテレの絵本の朗読番組で、ワンシーンを見たのですが、
    あまりのインパクトに子供達と爆笑し、検索して本を購入しました。
    読んでて笑いが吹き出します。教訓も感動もありませんが、とにかく楽しい絵本です。
    いつも通ってる小児科医院にプレゼントしたら、スタッフの方も大ウケしてました。
    ぜひオススメです。

    ユーザーID:0307093279

  • ブタヤマさん

    長新太
    「ブタヤマさんたらブタヤマさん」
    シリーズ絵本の中の一冊らしいですが
    幼児に大ウケでした。

    「ブタヤマさんたらブタヤマさん」
    「なあに? 何かご用?」

    ブタヤマさんが振り返ると誰もいない。

    それだけが繰り返される話なんですが
    このナンセンスな感性、ユーモラスな絵

    大人でも読んでるだけでニコニコしてしまいますよ。

    ユーザーID:0364554030

  • 話題ランキング

    その他も見る
  • 「きょだいなきょだいな」

    長谷川摂子さん作「きょだいなきょだいな」は、とてもオススメです。子供達が爆笑しました。
    小学校低学年で、毎月読み聞かせをしておりました。幼稚園年少・年中さんでも読み聞かせ経験あります。
    その時に感じたのは、「幼い子供の集中力は短い!」
    一文一文が長い本や、ページが長い本は、途中で子供達が飽きてきてしまいます。
    長い一冊を読んであげるより、テンポ良くて短い本を二冊読んであげる方が、良いように思いました。

    ユーザーID:5521342683

  • 王道の 動物キャラで

    馬場のぼる 「11匹のねこシリーズ」もオススメです。
    軽やかで明るい漫画チックな画風と優しい色使いで和みます。

    小さい子には 工藤ノリコさんの「ぴよぴよシリーズ」もいいかも。
    大笑いするというより ニコニコ ほのぼの系の笑いです。

    ユーザーID:1012064449

  • バムとケロの寒い朝

    私大人とその当時の中学生の息子にはウケました。

    何、このオチ!

    未就学児さんにもわかるんじゃないかなと思います。

    最後のページに描かれてあるトボけた顔も
    何ともいえない味があります。

    親切にしてあげても
    傘地蔵とか浦島の亀とか
    目に見えた恩返しされるばかりじゃないのよ
    でもこれもいいじゃないみたいな…

    ユーザーID:2256205930

  • おばけかぞくのいちにち

    おばけが来るから寝なさい
    と言われた姉弟の想像のお話です。
    おばけの食べ物とか、お店とか、隅々まで絵を見たくなるかわいい絵本です。
    でも見たい子が集まって、読み聞かせにならなくなっちゃうかも!?

    ユーザーID:3317787374

  • 読む方も笑ったのは…

    読み聞かせをしていて、読んでいる私は勿論、聞いている小学生達にも一番受けたのは…。

    『ものぐさトミー』
    デュボア・著/松岡享子・訳で岩波書店から出ています。

    この後「あなただったらこの家に住みたい?」とか、色々感想を膨らませて皆で話せます。
    おススメですよ!

    ユーザーID:9700862209

  • とよた かずひこさん、かがくい ひろしの作品など

    久しぶりに絵本を開いてみました。楽しいトピをありがとうございます。
    読んでいる方も、うふふ、、、と笑顔になる本でした。


    おいしいともだちシリーズ とよた かずひこ(著)

    だるまさんシリーズ かがくい ひろし (著)

    「ぼうしとったら」 tupera tupera (著)

    「コロちゃんはどこ?」 *これもシリーズです エリック・ヒル (著)

    「モーっていったのだあれ?」 ハリエット・ツィーフェルト (著)

    ユーザーID:9767847799

  • とっておき。

    「ちゃっくりかきいふ」桂文我・作
     落語絵本です。
    間抜けなおじさんが にわか物売り始めたら 周りを巻き込み大騒ぎ。
    言葉のリズムも楽しく 子供たちもノリノリです。


    「初天神」
    これも落語絵本。
    お正月に初詣に行った記憶も新しい、今の時期的にぴったりかも。
    縁日でおねだりするあたり、子供達も我が事のよう。
    こちょこちょ小さな笑いの後、最後のオチが大笑い。

    ユーザーID:1012064449

  • 田中友佳子さんの

    【こんたのおつかい】です。

    お母さんにおつかいを頼まれたキツネのこんた君。

    お母さんから通ってはダメと言われていた『もりのみち』を通っておつかいに行ってしまいます。

    そこで妖怪や鬼達に出会ってしまうのですが、こんたの豊かな表情や最後のオチに笑ってしまいます。

    ユーザーID:5491249324

  • 皆様 ありがとうございました

    まとめてのお礼ですみません
     
    時間を割いてレスを下さった皆様本当に有難うございます!!
    現在紹介いただいた全ての本を取り寄せしております

    読み聞かせまで時間があるので一つ一つ読み込んで本番では子供たちをたくさん笑わせてあげたいと思っています


    それとこのトピはまだ閉めませんのでもし引き続き紹介いただけるなら大歓迎です 読み聞かせはこれからしばらく続ける予定です できるだけ子どもたちにたくさん読んであげたいと思っています

    皆様本当に有難うございました

    ユーザーID:7117384536

  • 長谷川義史

    長谷川義史氏の絵本をお勧めします。
    「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」はいつも盛り上がりますが、何冊か見て読みやすいものを選んでください。
    楽しいお話し会になりますように!

    ユーザーID:0696529266

  • パンダ銭湯

    tupera tuperaさんの「パンダ銭湯」
    誰も知らなかったパンダの秘密があばかれます。

    ユーザーID:2081749371

  • へんしんシリーズ

    テレビアニメ「はなかっぱ」でおなじみの、あきやまただし さん作の「へんしん」シリーズがおすすめです。
    うちの子供たちは、特に「へんしんトイレ」と「へんしんマジック」に大ウケして、何度も図書室から借りていました。

    ユーザーID:8556993715

  • 怖がらなければ

    マージェリー・カイラーの「しゃっくりがいこつ」がおすすめです。
    タイトルのとおりがいこつのしゃっくりが止まらなくなるという
    話なのですが、がいこつがユーモラスでかなり笑えますよ。
    オチもわかりやすくて秀逸です。

    がいこつを怖がらないといいんですが。

    ユーザーID:4321442564

  • おまえ うまそうだな

    迷子の恐竜の赤ちゃんが、

    肉食恐竜にばったり出会い、最初にかけられた言葉が「おまえ うまそうだな」
    それを聞いた恐竜の赤ちゃんは、自分の名前が「うまそう」だと勘違いしたところから、話が始まります。

    健気な恐竜の赤ちゃんと、懐かれて戸惑う肉食恐竜とのお話です。

    ユーザーID:9565622530

  • 図書館司書です

    読み聞かせにおすすめの本は?と聞かれることがよくあります。

    そんな中で低学年までのお子さんにおすすめで、私も大好きな絵本が次の2冊。

    「ねえ、どれがいい?」ジョン・バーニンガム
    「わごむはどのくらいのびるかしら?」マイク・サーラー

    どちらもロングセラーで図書館には必ずある本ですので、ご覧になってみてください。

    先日も読み聞かせを終えた方が「大ウケでした!」とにこにこしながら本を返しに来られました。

    ユーザーID:6755081757

  • せんたくかあちゃん

    元気いっぱいのかあちゃんが家中のものをガンガン洗濯していく楽しいお話。威勢のいいセリフが読みやすいので、読み聞かせに向いているのでは。

    ユーザーID:2103013769

  • とりあえず

    小学生には大うけだったのですが……

    「いかりのギョーザ」
    「ぶたのたね」
    「またぶたのたね」
    「またまたぶたのたね」

    辺りでしょうか?

    未就学児には意味がわからない、絵が怖いかもしれませんが

    「うえきばちです」
    も読み方によってはウケるかもです。

    ユーザーID:3563939119

  • なんじゃもんじゃ博士のおべんとう

    長新太の絵本です。
    はっきりとした意味や理性や伝えたいことなどを求めて読むのではなく、ぶっとんでいて面白い感じ。子どもが笑いやすい本です。

    ユーザーID:6110215621

  • とんとんとめてくださいな

    幼児絵本、定番でご存知の方も多いと思いますが、古い絵本しか知らないので、この「とんとんとめてくださいな」をおすすめします。
    これはシリーズで3冊ありますが、完結してるので好きな1冊を選ばれていいです。
    文・こいでたん、絵・こいでやすこ 福音館
    3ぴきのねずみの話です。
    赤・青・黄色の帽子を被っています。
    自分がどのねずみに感情移入するかで楽しみ方が変わります。
    娘は赤の帽子のねずみで、この絵本でゲラゲラ大笑いするような子供でした。
    我が子を面白いと感じた瞬間でした!笑

    もう一冊、11ぴきシリーズ、この絵本もおすすめです。
    馬場のぼる先生の作品でこぐま社から出ています。
    「11ぴきのねこ ふくろのなか」子供に人気の高い作品です。
    ほのぼのと笑え、心が温かく(楽しく)なる絵本です。
    馬場のぼる先生の作品のどれもに共通する「ほのぼの」です。

    ユーザーID:0343142152

  • かがくいひろしさんの作品

    長年読み聞かせをしている者です。

    かがくいひろしさんの作品はいかがでしょうか?

    大人が読んでも楽しいですよ。

    まずは自分が「これ、面白い!!」と感じることが大切です。

    上手に読もうとは思わずに

    一緒に楽しもう、という気持ちで読んであげてくださいね。

    ユーザーID:9469139770

  • 工藤 ノリコさん、シゲタサヤカさん

    わかります・・・私も最近は涙腺が弱く、息子が「読んで〜」と渡してくれた「ないたあかおに」を泣けて最後まで読めませんでした。

    レスにもありましたが、
    工藤ノリコさんの「ノラネコぐんだん」シリーズ面白いです!
    3歳の息子がげらげら笑ってました。
    工藤ノリコさんは他にも「ピヨピヨ」シリーズ、「ペンギンきょうだい」シリーズなど楽しいです!
    同じ脇役が何度も出てるとこも楽しいです。
    (いつも床でかんしゃくを起こしてるビーバー君とか)

    シゲタサヤカさんの絵本は、「新しい!」という今風の絵本です。
    「オニじゃないよおにぎりだよ」タイトルからして楽しいですが展開も面白いですよ〜。

    ユーザーID:6305592249

  • 私も「ほげちゃん」おすすめします

    飛行機で愚図る2歳児。焦って泣きたいような、怒ってしまいそうな、どうしていいかわからない状況…の私に、客室乗務員さんが差し出してくれた本。

    「ほげちゃん」でした。

    あんな状態だったのに、娘も私も声をだして笑ってしまいました。
    機嫌もすっかりよくなりました。

    ほんとにもう爆笑です。

    2歳児にも10歳児にも大ウケでした。

    ぜひ!

    ユーザーID:8008982453

  • ひよさんお勧めの 「うんちっち」

    私も面白い本だと思います。

    昨年お産のお手伝いで息子宅に滞在した折、 当時4歳の孫に
    夜寝る前に、3〜4冊の絵本を読み聞かせるのが日課になってまして、
    その時必ず 始めと終わりにせがまれたのが、 「 うんちっち 」!

    文字が少なく、 想像を膨らませる内容ですので、 声色を変えたり、
    抑揚をつけたり変化させて、 面白おかしく読んであげるたびに、
    孫が笑い転げて大喜び、 滞在中何度読まされたことか?

    最近の絵本は、 ユニークなものが多くて楽しいですね。

    ユーザーID:1300425557

  • 元保育士ですが・・・

    「かようびのよる」という絵本をおすすめします。
    年少〜年長まで、大人も楽しめます。

    字はありません。絵だけを楽しむ絵本です。
    ゆっくり、ゆっくりページをめくってあげてください。

    子どもたちの反応といったら!!!
    凄い絵本ですよ。
    ぜひ、この絵本で子どもたちの反応を楽しんでもらいたいです。

    ユーザーID:6384029399

  • ほげちゃん

    やぎたみこさんの、「ほげちゃん」です。

    最初に本屋さんで見たときは、インパクトのある表紙からして、
    笑わせる気満々だな〜という感じで、
    あまり惹かれなかったのですが、

    時間つぶしに手に取ってみたら、
    おばちゃん(私)、本屋で大爆笑。

    特に「あの」ページを開いた時の衝撃は忘れられません・・・
    思わず「えええっっ」と声が出ました(笑)

    ほげちゃん始め、登場人物もみんなほんわかしてカワイイし、おすすめです。

    ユーザーID:1035410472

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧