なぜ結婚すると夫側の姓になるのですか?

レス429
お気に入り150
トピ主のみ15

カジョク

男女

このトピのレス

レス数429

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 結局トピ主は

    大黒柱として妻姓を選ぶ選択肢があったのに、選ばなかっただけの話ですよね?「多くの男性からのプレッシャー」をはねのけなかったのは自分。なのに社会やプレッシャーをかける男性に責任転嫁しているだけ。

    >それを、なぜ世間側を変えたいのだろう?

    全くの同感です。別姓って、「法律婚はしたいけど、相互扶助義務で収入の低い妻を養うのは嫌だから同棲している。でも相続権は欲しいから、扶助義務のない法律婚を認めろ!」と言ってるのと何が違うんですか?現行の法律である相互扶助義務を果たせない人は結婚出来ないだけ。同一姓を受け入れられない人も結婚出来ないだけ。何でそれを法律婚で認めさせたがるのか、理解出来ません。しかも、税金まで投入しろとか、国民の税金を何だと思っているの?

    別姓反対が「保守的だから」?じゃあ相互扶助義務のない法律婚を求めれば先進的になれるの?現行の女性が過剰に守られる「法律婚」にしがみつく女性の方が、はるかに保守的だと思いますが。色んな時代の価値観から「いいとこ取り」した既得権利にしがみついたまま、何言ってるの?としか。

    一番時代錯誤な既得権利すら放棄出来ないのが女性だと自覚しましょう。

    ユーザーID:0942151893

  • 目に見えるものは信じやすい

    別姓にすると生じる社会的悪影響の具体的内容を聞かれるのは、
    目に見えるデータの提示などのわかりやすさがないのも原因だと思います。

    私もミクロを証明するデータを求めましたが、提示がありません。
    私自身も探しましたが、見つかりませんし、事実婚と職場での旧姓使用は数字が掴めなくとも実際増えてますから。

    論より証拠とは良く言ったものです。100個の抽象的概念より、一つの生きた実データのほうが説得力を持つ場合もある。

    日本に別姓法律婚のデータが無い以上、海外の例を持ち出されるのも仕方のないことです。

    データっておもしろいですよ。内閣府「女性の活躍推進に関する世論調査」によると
    「一般的に女性が職業をもつことについて」の調査で男女共に「子どもができても、ずっと職業を続けるほうがよい」の割合が多く、
    2012がピークで2014で減少したものの、女性より男性のほうが「ずっと続ける(続けて欲しい)」が低いのです。
    経済依存が嫌だと言う一方で、女性にずっと働くことを求める男性が減ってくるとは、実に興味深い。

    ユーザーID:0046766210

  • そうですね。しかし

    >その同姓が、別に大黒柱を理由に優先する必要もないですよね。

    元となる回答希望さんや細柱さんの一連のレスから、人によって重きをおく箇所が違うという話ですから、必ずしも大黒柱を優先しなければならない人ばかりではありませんね。しかし大黒柱を優先する事に重きをおく人もいるし習慣に重きをおく人もいます。なのでそれこそ人それぞれという事になり何も決められなくなります。

    で、今までのレス群を読むにつれ、そもそも法律婚って必要なのかという想いが強くなりました。日本の法律から結婚にまつわるものを一切無くしてしまえば総てあっさり解決する話ばかりではないですか?別姓にしたいと思う人はそもそも法律婚が無いのだから今まで通り過ごせば良い。夫婦で姓を合わせたいのなら養子縁組をすれば良い。
    養育だって個別で好きな様に話し合って決めれば良い。それで配偶者が途中で逃げたとかいう話になるのなら、それは当人の人を見る目の問題。

    それで一切合切丸く収まるのではないですか?何故法律婚にこだわるのですかね?

    ユーザーID:9064592019

  • プラスになる根拠

    社会で一定の成果を出している大人同士のカップルの場合、現在の制度では、入籍してどちらかの姓にするメリットとこれまでつちかってきた実績を捨ててまで名前を変えることのデメリットを天秤にかけると、現状維持でいいや、という選択をしがちな実態があるかと思います。
    一方でそういうカップルに対しても、入籍前の懐妊には否定的な世間の状況があります。
    どっちも稼いでいるカップルにおいて、結婚してますということを証明していただかなくてはいけない根拠は、子供くらいしかありません
    名前を変えなくても結婚している、という状況が可能になれば、じゃあ手続きしましょうか、というカップルは一定数出てくると思います。
    結婚しているという状況が満たされれば、子供を作ることをわざわざ避ける理由もなくなりますから、少子化対策としては一定の効果があると思います。
    名前を変えることによる不利益が発生するほど社会に貢献している人は世の中平均と比べかなり生産性の高い属性と想定されます
    そういう人の子供も生産性高いと思われます。世の中への貢献度は、頭数の何倍、何十倍もなるでしょう
    生産性高い人が子作りに前向きになれる制度導入を望みます

    ユーザーID:7696236308

  • 同棲と結婚は違うから

    >そこまで別姓に拘る方が、どうして「法律婚」に拘るのか、そこがどうしても分かりません。

    法治国家で、結婚と言う制度が認められていて、結婚と言う契約に寄って家族と認められているんです。

    健康保険、税金、相続、病院で、全て扱いが違います。

    事実婚が認められるには時間がかかります。
    結婚すれば、その日から夫婦であり、家族です。
    一緒に住み始めても法律的にその日から家族とは認識されません。

    どちらも姓を残したいと言うだけの場合、普通に結婚出来ない理由が「他の人達が嫌がるから」と言うには、他者に対する迷惑がかからない状態では弱すぎます。

    世間を変えたいのかと言うけれど、変わりたくない大半の人には何の実害も及ばないのであれば、世間は変わる必要がありません。

    どの国もそうですが、昔からの習慣の中には良くないものも沢山あります。

    一部の人の不都合を解消する事が、取り立てて他の人達に実害を与える訳でもないのに、関係ない第三者が「家族とは」と大上段に構えて大反対、意味不明です。

    ちなみに、私は結婚して夫の姓になりました。
    普通に子供の頃からそれを夢見る女性でしたから。

    ユーザーID:6194059632

  • なぜ家族同一姓でなければならないのか?

    トピ主さんが家族同一姓が望ましいという意見を持つのは自由ですが、それをどうしてそうは思わない人にまで求めようとするの?
    子供が問題と書いてますが、現実に子供のいる家族で家族同一姓でないケースはたくさんありますよ。
    事実婚で子がいる場合はもちろん、法律婚でも、子連れで再婚したが養子縁組をしない場合は子供だけ旧姓ですが、姓が違うから不都合があるわけではない。

    他にも、夫婦別姓は家族の一体感をなくすとか離婚しやすくなるとか言う人がいますが、どれも抽象的な憶測ばかりで、<<姓が同一でないから弊害生じた>>という具体的な証拠が全くないんですよ。
    法制度を議論するのだから、弊害を主張するなら根拠となる事実を挙げるべきでしょう。

    なぜ夫が妻の姓に変えないのか、その理由ははっきりしています。
    それはトピ主が考えるような慣習というよりも、実際にID変更による社会的不利益を受けるからです。
    しかし、妻も社会人として活動をしていれば夫同様に不利益を受ける。
    だから、どちらかが変更するのではなくて、変更しなくてすむ制度を考えるべきなんです。

    ユーザーID:5334060356

  • BOOONさんへ

    >でも、男性の場合、育休を取得しないで退職して育児をしている可能性ってどれだけありますか??

    だからそれをするためには女性が「そうね。私がしっかり稼いでくるから」と言えないとダメですよね?
    つまり俗に言う「専業主夫」か「ヒモ」状態を認めることです。

    >女性が経済依存をする原因の一端は男性の育児依存でしょ。

    育休をとっても育休後に仕事に復帰する女性、または出産前後のほんの僅かな期間だけ休んですぐに仕事に復帰する女性も多くおり、
    男性に頼らず一生働き続ける意思のある人は依存とは思いません。しかし仕事に復帰しようと思えば復帰できるがその選択をしない人や
    復帰していても少ない稼ぎでそれだけでは家庭運営が成り立たない場合は「依存」だと思います。そして問題にしているのは
    その依存状態にも関わらず権利権利と主張するのがおかしいのではということで、経済依存を否定しているのではありません。

    >育休取得率は女性が低下して男性が上昇しているから、男性だって育児の柱になっているとでも?

    男性が育児の柱になれば、俗に言う大黒柱に女性がなる可能性が高いということですか??

    ユーザーID:6866350128

  • 主さんは、自分で問題解決しようと思っていない?

    ご回答、ありがとうございました。私の3/9の発言は外国人の両親や祖父母がいることまでも想像したレスのつもりでしたが、どうやら主さんの事情はそこにはなかった、ことが判りました。

    ただそうだったとしても、これまでに割とリベラル寄り(少なくとも私にはそう思えます)なレスポンスをされつつ

    >習慣を理由に様々なことを言われてしまいます。

    と回答されています。つまり「そこまで主さんが強くない」とも解されます。夫姓を断ちきる決断ができなかったことを、自分ではなく他人のせいにする姿勢にもとれ、一種のずるさのようなものを感じます。追い打ちを掛けるかのように

    >何か他に強い意味でも…

    とはどういうことでしょうか。ここまで様々なレスが上がっているにもかかわらず、ご自身で考える姿勢が強くは窺えません。

    ひょっとすると常々優柔不断なところがあったのでは? 250本超もあるレスの全部を読めないと仰るのならまだしも、発言をしておきながら、結論を他人の言質に委ねるような姿勢、いただけません。

    主さんには、確固たる自分(アイデンティティ?)のないことが、一番良くないのではないか、とさえ思うほどです。

    ユーザーID:7832828789

  • まとめて回答します

    トピ主さんへ
    習慣としての夫婦同姓は大黒柱云々ではなく、
    家を継ぐ、という考え方の一点に集約されるのでは?
    従って大黒柱云々の考え方自体は貴方同様私もどうでもいい話。
    また男性の姓に拘る必要性も感じませんが、
    よく非婚トピで「生物としての連鎖を断ち切ることになるがいいのですか?」などと批判が見受けられるように、
    家を継ぐ、そのことによって生じる家系の維持にこだわる方が一定数おられるわけで、それが習慣の維持派であって、それに対して変革をの是非を問うたのですが。

    細柱さんへ
    結婚式も習慣ですよ。古くは祝言を上げるなんて言いましたね。
    世の変化により今は入籍だけで済ませる人もいますね。
    ですが、問題はそこじゃなくて、これを個別の問題とするなら、
    改姓問題も個別の問題になっちゃうんですけど。
    他の方が言うように、貴女の主張は
    「別姓万歳! 少子化も改善、税収もアップ! 今すぐ実行を!」
    という結論ありきで、他の方が示す問題点や、私の示した習慣の件もまるで無視。
    自分の都合のいいデータだけを抜き出して語っているように見える。
    続く。

    ユーザーID:6619199902

  • 続き

    >せっかくお互いに「結婚したい」という男女が巡り合った組み合わせに、無責任に「結婚しなければいい、相手を変えればいい」と言えるだろうか?
    少なくとも私には言えない。

    私は言える。逆に何で言えないかが理解できない。
    言ったとして考えるのは当人同士。
    当人同士が考えて悩んで話し合って結論を出すこと。
    貴女は自分の主張を通すために全く無関係の他者の結論(意志)や選択の結果尊重せずむしろを軽んじている。
    「可愛そうでしょ? だから私の言うように別姓万歳なのよ!」ということ。
    貴女は踏み込み過ぎた、と仰るが踏み込み過ぎて馬脚を現したというかどんどん主張が利己的になってますね。
    最初は考えさせられた部分もありましたが今はそれもありません。
    むしろ失望しました。
    てか、件のAさんとやらは貴女自身のことだったんじゃないの?
    であるならば自分を騙って議論に参加されてるんですから、
    最初っからまともに議論する気なかったんじゃないの?
    そう考えれば「海外に行けばいいのに」の反論が妙だったのも納得。
    貴女自身に海外という選択肢が無いんだもんね。
    なんかがっかり。

    ユーザーID:6619199902

  • 三連発恐縮

    ところでなんで新婚旅行は残して欲しいの?
    理由が知りたいです(すみません、単純に疑問だったんで)。

    しかしまあ、知らず知らずに、気づかず気づかずに、
    我々の周囲には様々な習慣・風習があるんですねえ
    (こと結婚問題に限らずにね)。

    ユーザーID:6619199902

  • >「今まで使っていた姓が使えなくなるのはどう思う?」

    これ、奥さんに聞かれたのですよね?
    確かに姓を変える時って、少し喪失感がありました。
    自分は今までと何も変わらないはずなのに、その「今まで」を少し失ったような…。
    そして手続きが面倒は頷けます。口座・保険・免許他にも色々あり、順次変えていくものの、細かい変更漏れが見つかると、「またかぁ〜」とげんなりしました。

    石川さん
    私が当事者なら行動を起こしています。私の目的も明記しました。
    「別姓導入」の結論ありきで語っていません。事実婚の権利を法律婚の権利と同等まで引き上げる案のほうが、婚外子の権利を守る点において、望ましいかも。
    こちらもフォーマット変更は要りますが、婚外子の権利を認める動きはあるので、不可能とは思えません。
    別姓で利益を得られる人より数は少ないですけどね。
    挙げられたデメリットで、目に見えやすいのは税金だけ。
    別姓にする人が少ないと見込むなら窓口への殺到も無い。
    それ以外の問題点は別姓と関係なしに、今すでにある問題であり、別姓により悪化する「懸念」にすぎない。
    確定性があるなら目に見える形で提示されれば納得できるのですけどね。

    ユーザーID:0046766210

  • 家族関係の希薄化について

    この悪化が最大のデメリットと考えられていると思います。
    しかし、同姓であっても問題はもう起きている。
    私にはむしろ、同姓であることにあぐらをかいてる人が問題の原因だと見てます。
    「同姓の戸籍」という器に入っただけでは、肝心の中身である愛情・信頼・絆について、お互いの努力が無ければ満たすことは出来ない。
    結婚しただけで夫婦が成り立ったと勘違いする男女もいる。
    「名実共に夫婦」ではなく、「名」に安心して「実」を忘れるから関係が希薄化する。
    いっそのこと、別姓で結婚をスタートさせたほうが、「元々はお互い他人から始まったのだから、双方の努力がなければ関係は継続できない」という意識が持てるのかもしれない。

    同姓により家族の意識を持つという考えは否定しない。
    でもそれに甘んじて、夫婦が協力することや親子の絆を深める努力を忘れてしまったら、本末転倒。
    同姓にしとけば安心安心と思っているから、進行している家族関係の希薄化がいつまでたっても止められないだけ。

    ユーザーID:0046766210

  • 卵が先か鶏が先か

    発光ダイオードさんは、女性は男性が育休を取るのを望んでいない
    なぜなら男性の収入が減るからだって言う事をおっしゃってますが、
    私が指摘したいのはまさにその部分なんですよ。
    男性の収入が減って困るのは、自分が働きたくないからって理由も
    あるでしょうが、それよりもキャリアが中断されるのが不利益に
    なるからでしょ。
    どちらが休むほうが不利益が多いかといえば男性でしょ。
    だって未だ家事・育児は女性の仕事だという認識は根強く残ってます。
    最近は分担する風潮も浸透しつつありますが、評価をする立場の人に
    その意識は浸透してるとは思えません。
    「夫が稼ぐから妻が家事育児」が先か「妻が家事育児をするから夫が稼ぐ」が
    先かわかりませんが、この意識が払拭されない限り女性が経済依存を
    するという意識が無くなるのは難しいと思います。

    トピの内容に沿った話をすれば、女性側の姓になるのは婿養子だって
    認識が多い以上、余程の覚悟が無い限り女性側の姓を名乗るって事は
    それこそ婿養子になら無い限り親などから賛同を得られにくいでしょう。

    ユーザーID:0071350163

  • いちいち指摘しないと分からないかな?

    >トピ自体は結局は若輩男の戯言トピでした
    と言われてしまう理由です

    説明が稚拙でトピ進行がいいかげんだから若造扱いされてしまうのですよ
    そこに気付かず、
    >世の中の流れについていけないお爺ちゃんにはなりたくない
    反省なくして進歩なしですよ

    じゃあどこが稚拙なのか
    トピを立ててから、自分の本来の主張を明確にするまで、下のような経過時間を要しているのです

    なぜ夫側の姓になるのですか・・・2月19日
    なぜ質問したのか補足・・・3月1日 この間実に2週間
    このトピに至った訳を話す・・3月10日

    まともに意思表明するのに約1ヶ月
    まともな大人ならこんな議論進行しません
    私も古い順に閲覧して行くと、なんだこれ?
    最初から書けよな〜と思いましたもん

    稚拙だから若造扱いされるのです
    世の中の流れに乗れない年寄りにならない決意は結構ですが、それ以前にに既に流れにすらのれていませんよ。

    良薬は口に苦し
    聞く耳を持つか持たぬかでどんなお爺ちゃんになるか違いが出ますよ

    まあがんばってね

    ユーザーID:6246016803

  • 男性は配偶者を支配したいから自分の姓になってもらうそうです

    タイトルの言葉は私の夫に聞きました。

    私は、世の夫婦の多くが夫の姓になっていることについて、
    どちらかを選ばなければならないから、
    姓を維持することに利益がより多い男性の姓にするのだと漠然と思っていたのですが、
    夫によると、そういうカップルもいるかもしれないけれど、別の理由もあるそうで、それがタイトルの言葉です。

    とはいえ夫自身はそう考えてはいないので(だから事実婚)、
    周囲の人の言動によって想像したことだという域は出ません。
    誰かが「妻は夫の所有に属するんだから、姓も夫のものにするのが当然だ」と言うのを聞いたことがあるわけではないと思います。

    ただ、私がずっと若い頃、当時結婚を意識して付き合っていた男性に、
    「いつか○山菊子になってもらうからね」(○山=その男性の姓)と言われ、
    どう説明していいのか分からない嫌な気持になったことを思い出しました
    (しかも、そう言えば私が喜ぶと思っていたらしいのが輪をかけて嫌でした)。

    ユーザーID:3099061287

  • IS250Cさんの意見が的を得ていますね

    >>仕事に復帰しようと思えば復帰できるがその選択をしない人や復帰していても少ない稼ぎでそれだけでは家庭運営が成り立たない場合は「依存」だと思います。
    >>そして問題にしているのはその依存状態にも関わらず権利権利と主張するのがおかしいのではということ


    全くその通りだと思います。
    定年退職まで、配偶者と子供を自分の稼ぎで養う覚悟がない女が大黒柱を名乗ったところで、全然説得力がありませんからね…

    まずは女が、一人前の大人としての義務と責任を果たしてから発言する必要があると思います。
    そうでないと、真っ当な自立した女性までもが、迷惑を被ることになります。

    ユーザーID:6015652511

  • トピ主です

    関鰺さんのおっしゃる通りです。
    自分は優柔不断で、長いものに巻かれろと小心者なんです。
    世間と戦ってまで、何か変えたいとも思いません。
    重複しますが法改正を唱える前に、男が改姓を考えるのはどうなのかと思った次第です。
    それと男性の本音というのも聞いてみたかったのです。

    ユーザーID:9232858978

  • 新姓・旧姓、職場で使うのは? 旧姓派も4分の1

    某新聞の既婚女性1000人調査の記事を見つけました。
    それによるとまず、2013年に96.2%が夫姓に改姓してます。
    つくるこさんが出していただいたデータによると、妻姓にする男性が平成23年で3.4%でしたから、伸びて3.8%に増えました。

    仕事で主に使うのは−新姓72.3%、旧姓25.3%、事実婚で旧姓2.4%です。
    4分の1どころか、27.7%が旧姓使用。
    これは女性だけですから、3.8%の男性が職場で旧姓使用してたら、もっと伸びます。

    新姓での不便20.5%、旧姓での不便28.2%、私にはミクロとは判断できない。
    パスポートや登記書類の旧姓併記が可能になってるようだが、まだ不便ということ。
    旧姓使用が広まっても、戸籍姓との使い分けの煩わしさも残る。

    ≪選択的夫婦別姓制度 働く既婚女性は77%が賛成≫
    というデータもある。あくまで働く既婚女性だけのデータだが、
    やはり私にはミクロと切り捨てられない問題としか思えない。
    ちなみに、制度が導入されても「改めて別姓にはしない」が48.7%、私もこれに該当する(笑)
    今後のことを考えて?私ならそう思う。

    ユーザーID:0046766210

  • 人それぞれ

    当人それぞれ家それぞれだと思いますね。

    女の姓でないのは不公平、姓を名乗るのは大黒柱であるべきとかあまり思わなく…いろんな事情あるでしょうし。というか稼ぐお金逆転したらまた改姓でもするのかなあと思いつつ(笑)

    うちは別に立派な家でもないので長男長女がそれぞれ自分の姓を名乗るって感じです。←うまい具合に長男*次女と長女*三男がくっついた

    夫婦ともにご先祖様大事にしていればいいんじゃないですかね。

    ユーザーID:4411747006

  • どちらか、で。

    どっちでもいいんです。
    「そんなに嫌じゃない人」が「どうしても嫌な人」に合わせているだけでしょう。
    そしてその「どうしても嫌」な人に男性が多く「そんなに嫌じゃない」人に女性が多いためこういう状況なんだと思います。

    私はどうしても嫌というより、面倒くさいから嫌でした。
    夫もどっちでもいいよという人でした、長男でしたが。
    私は前の夫も私の姓を名乗ってもらっていますので、結婚、離婚、再婚としていますが1度も姓は変わっていません。
    見事に姓に拘りのない男性を引き当てているのだと思います。

    ちなみに今の夫ですが、特に拘りはなくても最初は「嫁に貰う」という感覚は当たり前のようにあったようです。
    ただ、姓を私の方へ変えること、引っ越してきて私の親と同居することを私が条件とし、それがダメなら結婚は絶対にしないと言い切ったために全ての条件を飲んだようですよ。
    ですのである意味、主さんの言う「純粋にその女性と結婚したい場合は男が妻姓を選ぶ」は夫に当てはまっていると思います。

    ユーザーID:2833937178

  • いやいやさん

    >極論的には大黒柱は親の死に目よりも収入を優先させざるを得ない立場です。

    これには全く同意できません
    あなたの大黒柱の定義がおかしいのではないでしょうか
    そして極論でばかり議論したり、定義したりしても現実的ではありません

    姓のことのみを機軸にして、結婚に意味が無いと考えるようでは
    そもそもこのトピに参加する必要は無いのでは?

    ユーザーID:4672150489

  • 結婚にしがみつく浅ましい女

    そもそも結婚は、女が幸せになるために 男性を利用するものではないんです。

    女が自分の利益のために男性を利用する制度が結婚だと、勘違いをなさっているのでは?


    他の方達も指摘していますが、なぜ女は法律婚にそんなにこだわるでしょうか…

    愛するパートナーと一緒に暮らせるのであれば、事実婚で良いハズではないですか?

    ユーザーID:8503085143

  • BOOONさん、同じ話の繰り返しですが

    >それよりもキャリアが中断されるのが不利益になるからでしょ。

    ならキャリアを中断しなければ良いわけですが、何故か女性もまるで自分がキャリアを中断しなければならないと思い込んでいるかの様な言動をします。妻の生涯収入が夫より多ければ、幾ら夫に家事育児は女の仕事だと強い認識があった所で、人は霞だけ食べては生きていけません。夫は認識を改めざるを得ません。

    >どちらが休むほうが不利益が多いかといえば男性でしょ。
    >だって未だ家事・育児は女性の仕事だという認識は根強く残ってます。

    この両者に全く関連はありません。

    >「夫が稼ぐから妻が家事育児」が先か「妻が家事育児をするから夫が稼ぐ」が
    先かわかりませんが、

    何方も間違いです。「妻より夫の方が生涯収入が高いから夫が稼ぎ頭に」が先です。誰かが仕事を辞めて家事育児をしなければならない時、世帯収入が大きく減少しても生活が困る。だから生涯収入の高い夫が稼ぎ、妻が家事育児を担うのです。

    >この意識が払拭されない限り女性が経済依存をするという意識が無くなるのは難しいと思います。

    そのためには女性がちゃんと働き経済的に自立する事が不可欠です。

    ユーザーID:9064592019

  • 回答希望さん、それの事を

    >習慣としての夫婦同姓は大黒柱云々ではなく、家を継ぐ、という考え方の一点に集約されるのでは?

    そうだと思います。では同姓で夫婦のどちらの姓を名乗るのかというと、その家庭の代表者の姓であり、代表者を決める要素が責任能力の有無、責任能力の指標が収入であると。私はそう考えています。

    ユーザーID:9064592019

  • 慣習が大きい

    トピ主さんへ
    会社で何名か妻姓にした男性がいましたが、全員長いこと陰口を言われてましたね、今でも。
    もちろん女性が夫姓になった場合は「おめでとう」だけです。

    相手側の姓を選んだ場合、男性の方が辛い思いをする風潮も男女差に影響していると思います。


    横ですが細柱さん
    >「懸念」にすぎない。
    懸念で問題ないです。
    それを言うならあなたの別姓を礼賛する話だって「希望的観測」です。
    未来のことは誰も確約できないからです。

    私はメリット(希望的観測)とデメリット(懸念)双方を見比べて判断すべきと思います。
    別姓のデメリットを見ないで欲しいという意図があるから、おかしなけん制をされたのでしょうか?

    ユーザーID:9198527555

  • 私も違和感が分りましたよ

    反対派は相手のレスをきちんと読まないままレスしてるから、誤解したり、回答済みの内容に何度も同じ質問をするのですね。
    私は真面目に議論するつもりはありましたが、議論は直接会話しか成立しないようです。

    >全く無関係の他者の結論(意志)や選択の結果尊重せず
    それはむしろ反対派の方です。
    自分の選択には影響無いのに、他者の選択の幅は制限し続けたいのですから。
    >他の方が示す問題点
    私なりにその都度答えました。
    >自分の都合のいいデータだけ
    逆に聞きたい、なぜ反対派はデータを出さないのですか?
    >結婚式
    他の方は何故答えてないのでしょうか?それが答えだと思います。

    少なくとも「私には」言えない、同時に他者が言うのは止めないが、ミクロの根拠も示さないまま切り捨てようとしていると判断しました。
    可哀想訴えのつもりはありません。

    ユーザーID:0046766210

  • いやいやさん

    現在結婚される方って、そんな理屈で結婚するしないは考えてないと思います。
    そこを細かく言い出したら、男はみんな結婚なんかしなくなるでしょう。
    他トピで結婚は打算だ、というのもありますが否定的な意見も多いです。
    今の若い人たちは経済的依存より、精神的な結びつきを求める方が多い気がします。
    それは女性に経済的依存を止めろと嘆くのではなく、フィーリングの合う異性をより重視しているのです。
    そうするとお互いにとって大事な関係になると、稼ぐ方が上だとか責任能力が指標だとかは大した意味はなくなるんです。
    男が女房を養う気概を持っていたとしても、病気によりそれが出来なくなってしまったら立場が逆転してしまう虚しさがあります。

    >事実婚でいいじゃないか

    やはり社会的に認められたり、子供の手当など法的に守られることが法律婚する理由だと思います。
    因みに私が結婚を決めた理由の中には、世間体というのも存在しました。

    ユーザーID:6649088959

  • 戦前の家制度が残っていた頃

    今よりも遙かに多くの男性が苗字を変えました。家制度があった頃は、家長のポスト入手が重要で自分の苗字がどうなろうと知ったこっちゃないというのが社会通念だったようです。むしろ良い家へ婿養子で迎えられたというのが誇りであったようです。封建制度下ではもっと深刻で、武士でも農民でも次男三男は兎に角どこかへ養子に出ないと一生部屋住みで家族も持てませんから。

    現代日本がイエ制度を復活させたら、妻の実家の方が財産が多ければ妻の姓にする人がほとんどになるでしょうね。
    幸いなことに現代の我が国にはそういう制度がなく苗字の重要性が薄れたので、家格や財産に関係なく西洋のように無条件で夫の苗字を選ぶ人が増えたのでしょう。

    ユーザーID:6636190782

  • 主さん、お答えいただきありがとうございます

    結婚前に話し合うのは、昔よりずっと多くなっていると思います。
    別姓問題はかなり前から取り沙汰されてますから、意識改革はかなり前から始まっており、その結果今法律を変える方に目が向いた状態と思います。
    主さんのメインテーマは「男性側が改姓することついて」ですよね。
    そらして申し訳ないのですが、後一つ選択性別姓反対の人に聞きたいので、それだけお許し下さい。

    その前に反対派の人に朗報。
    平成24年に実施「家族の法制に関する世論調査」の結果、選択的夫婦別氏制度を導入してもかまわないが全体の35.5%で、現行の夫婦同氏制度を改める必要はないと答えた者は全体の36.4%です。変えない派が多いです。
    ただし20代では導入してもかまわないが47.1%、改める必要ないは21.9%です。

    義務と責任という言葉が出ますが、その具体的内容と、義務を怠った場合の≪社会的影響≫とその根拠。
    権利を行使した場合の≪社会的影響≫とその根拠をわかりやすくお答え下さい。
    個別解消可能レベルは除外して下さい。
    選択性別姓で同姓を選べば回避できる内容も除外して下さい。

    ユーザーID:0046766210

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧