現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

なぜ結婚すると夫側の姓になるのですか?

カジョク
2015年2月19日 16:52
古いレス順
レス数:429本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
一つの疑問携帯からの書き込み
やわらか
2015年3月1日 9:43

姓はどちらか選んで決められますが、何故か本籍地も一緒に変わりますよね、あれは納得いかないなと思っていました。

相手と出会って初めて聞いた地名が本籍地になるってなんだかな…と。
本籍地って必要なんだろうか。

これからはどっちの姓にするか話し合いした方が、嫁にもらうとか出すとか言う古い考えを変えるのに良いかもしれませんね。
結婚前にお互いの家の常識を知る機会にもなるし。

夫婦別姓が決まれば変化もあるでしょうか。

ユーザーID:6803788473
トピ主です
カジョク(トピ主)
2015年3月1日 9:46

トピ主です。
私がなぜこのような質問をしたのか補足いたします。
選択的夫婦別姓が議論されていますが、法改正よりも習慣による意識の問題が大きいのかなと思ったのです。
要するに多くの男性が自分は改姓することはないと、植え付けられていると思うのです。
男女供、周りがそうだからそれに従えという感じでしょうか。
しかし女性側が改姓に抵抗を持った場合、法律婚するには現行だと夫側に改姓してもらうしかありません。
ここで男性側が改姓に抵抗がなければ、夫婦で解決しそうだと考えます。
ですので法改正よりも意識改革ができれば、改姓に拘りもなくなるのではと思いました。
選択的夫婦別姓は、子供のいない夫婦に限り先ず認めていいと思います。
その後、国民の意識も変われば子供がいての夫婦別姓も徐々に浸透するのではと思いました。

ユーザーID:9232858978
これは男VS女、女VS女の問題ではありません
細柱
2015年3月1日 10:51

結婚による改姓に拘るか・拘らないかの問題なのです。


拘る方に約2種類、結婚しても改姓したくない拘りと、同姓にする事が結婚の実感との拘りです。
拘らない方も約2種類、拘らないから改姓OKまたは理由を納得して改姓できる事と、
拘りもしないものにわざわざ手間暇かけるのが面倒と思う事です。

女性の中に様々な意見があると対立のように感じるでしょうが、男性が全員完全一致でもない。
妻が大黒柱なら妻姓にしていいという考えは、個別理由の一つとしては成立しますが、
他理由で妻姓にしてる男性に対し、「あいつの家は奥さんが大黒柱?」という先入観を生む可能性も出る。
夫婦別姓は、妻姓の選択を求められる立場の男性にも、選択肢を増やすはず。

ソフトマシーンさんや渚さんの考え方に共感。
選択肢は増やす、その分問題は個別解決する、それのどこが駄目なの?
同姓拘り者と別姓拘り者が結婚する場合は、配偶者や親など、数人を説得するだけで済みます。
交渉決裂なら結婚しない選択もできる。

単一モデルしか見ない視野の狭さが、選択を増やす事を阻んでいる気がします。

ユーザーID:0046766210
そーですねえ
ゆーくんまま
2015年3月1日 11:33

すみません、女です。
夫の姓になるのは、それが一般的だと思われているからでしょうね。
私もこの一般論が嫌いなので、是非妻の姓も選択肢に上がるのが普通な風潮になってほしいです。

なので私は、自分の息子たち(未就学)が大きくなったら「将来結婚するときは、結婚相手の姓を名乗るのもいいんじゃない?」と話す予定です。
結婚の時に夫の姓を名乗ることになって落胆した女性は、こうやって自分の息子(娘しかいなかったら、男の孫とか・・・あるいは自分の兄弟とか)を教育すればいいだけじゃないかと思うのですが。
そして、そうやって育った男の子が増えれば自然と妻姓をなのる夫だって増えるのでは?と考えております。

でもこういったことを考える女性ってあんまりいないみたいで。
自分が姓を変えるのいやなのに、自分の息子には姓を変えてほしくないものなの?なんで??
それってダブスタ?とか思ってしまいます。

ユーザーID:2808855272
わがままな女が多くてビックリです
みさえ
2015年3月1日 14:17

そんなにイヤなら、結婚しなければ良いのに…

なんで結婚しておいて、お相手の男性に文句をたれるのかサッパリわかりません。

本当に、わがままな女が多くてビックリです

ユーザーID:2896267928
自己流判断の思い込みが、他者を偏見で見る原因
細柱
2015年3月1日 14:46

>いったん合意したくせに後から文句言う
私は自分の件は自分で納得してます。
でも次世代は? 今事実婚を選んでる人達は?
職場で旧姓使用して、実生活で不便を感じてる人達は?
今抱えてる現状を踏まえて、全体や先を考えようとしてるのです。
文句じゃなく意見の一つですけど。

今最高裁で夫婦別姓について審議されてるニュースを検索すると、
≪最高裁に期待しているのは女性ばかりではない≫と男性例も書かれているのです。
夫婦別姓制度は、男性にも有益と成り得るのです。

権利を認めないほうが人権問題と考え、訴える人がいるから最高裁で審議されてるのでしょう。
姓を元に戻す方法はあります。離婚・再婚すれば可能です。
その時に揉めるのは、個別で解決するしかない。
それとも夫婦別姓反対派の人は、個別解決能力が無く自信がないから、他者にまで自分の意見を押しつけときたいのですか?

別姓制度が成立して利用した人が問題を抱え、「同姓派がもっと強固に反対しなかったからだ」と責める人がいれば、その人を「大人気ない」と言うのは妥当でしょう。

ユーザーID:0046766210
追記
細柱
2015年3月1日 14:51

「夫婦別姓を求める理由で事実婚している人」
「結婚して改姓したが、職場で旧姓を使い続けている人」
この2つの数が、2つ共減少傾向にあり、十数年の内には絶滅数に達することを証明できる、
正式なデータを提示してもらえるなら、私個人はもう
≪夫婦別姓が第3の選択肢として選択を広げる≫とは主張しません。

上記2つの人が増えているなら、習慣・因習を変える時が到来したのですよ。

ユーザーID:0046766210
んなことないです携帯からの書き込み
ことこ
2015年3月1日 16:02

結婚前に話しあいました
どっちでもいいよーと言われました。
なのであみだくじで決めました。
結果、妻側です。夫は書類めんどーいと言いながら手続きしてましたが特にその後は聞いてません。
愚痴もないです。

これで当然のように「夫側になるもの」と言われたら断固抗議してたと思いますが。

ユーザーID:1114958908
養われてる立場なら
ぴろ
2015年3月1日 16:35

仕方がないですね。
基本的に働いてる・稼いでる方が立場が上だし偉いのです。
そして、世論もそういう風潮になって来てます。
しかし、最近の女性はあれも嫌、これも嫌、それも嫌ばかりですね。
男性にとって恋愛・結婚は何のメリットもありませんね。
メリットのないことはしません、だから草食・絶食化も納得ですね。

ユーザーID:6873461401
やはり。。。
もぐもぐ
2015年3月1日 17:49

>選択的夫婦別姓が議論されていますが、
>法改正よりも習慣による意識の問題が大きいのかなと思ったのです。

意識の問題として考えた場合、それこそあなた次第だったのだと思います。
要するに改姓したくないという意思を貫徹すべきだったのです。
もともと相手も自由に選べるし(相手の意思も必要だけど、それは契約である以上当然のこと)、婚姻自体するしないも自由です。

法改正が必要かどうかは一先ず別問題ですのでこの点は同意です。

ユーザーID:9347550641
結婚は男と女の騙しあい
芳雄
2015年3月1日 18:00

>選択肢は増やす、その分問題は個別解決する、それのどこが駄目なの?
>単一モデルしか見ない視野の狭さが、選択を増やす事を阻んでいる気がします。

視野の狭さというなら貴女も同じです。
結婚を真面目な一面でしか考えてませんよね。

俗人的には結婚にたどり着くまでは男と女が騙しあいを繰り返し、その結末が結婚なんだよ。

若いうちなんか男も女もまだまだ遊びたいのだから、別姓など結婚に対して前向きになれない面倒な選択肢が増えればそれだけ結婚に遠のくということでもある。

>姓を元に戻す方法はあります。離婚・再婚すれば可能です
>その時に揉めるのは…

女遊びがまだ物足りない男にとってはまだまだたくさんの女と関係を持てるからそりゃある意味おいしい話でもあるかな。

結婚を真面目な一面だけで考えても絶対に社会に歪が生じるんだよ。

ユーザーID:9768456958
女性です携帯からの書き込み
ありすん
2015年3月1日 23:00

私の名字は珍しい名で2人姉妹
旦那は名字ランキング上位の名で3人兄弟

私は自分の名字を凄く気に入ってましたので
結婚前に私の名字にしない?
と訪ねた所
「なんでやねん、ふざけるな」
でした

結婚して25年
今更ながら自分の旧姓の名字のルーツを調べ
平家と深い関わりのある名字だと知り名字を変えた事を未だに悔やんでおります

余談ですが
旦那の名字はありふれたものですが出身地などから源氏側のルーツの可能性が高く
私と旦那の仲があまりよろしく無いのは
平家と源氏だからなのかと
変に納得してる私です

ユーザーID:8835792568
多分、優先順位としては高くないから変わらない。
アルエット
2015年3月2日 1:22

女性が結婚と共に相手の家に入り、家に尽くして子供を産んで
育てることが価値の全てであった時代が一度はありました。

時代が進み、個人としての女性の人権と自由が論じられるようになって、
女性は自由に学び、働き、結婚も出産も自分の意思で選べるようになって、
結婚は法のもとに平等な男女の平等な結びつきと宣言されたわけです。
名字も当然、どっちでもいい。

なのに通例として男側の姓にすることが多い理由は、
ずばり、結構どうでもいいからです。
少なくとも、もっと大きな問題を抱えた夫婦にとっては。

少なくとも私は、名字のために時間とエネルギーをかけて
世間と戦う気にはなれません。

「夫が大黒柱だから」と主張してる人がいますが、関係ないですよ。
夫側が妻の姓にしたって、各自の稼ぐ額は変わりませんし、
出せない金は出せません。

「名字が夫の側」は、煩雑な手続きの他は、妻に実質的な
損害を出すことが少ない事項です。
名字が夫側になっても、妻は実家と縁切りもしないし、
夫の実家にも入りません。
ただの記号であり、介護も相続も発生しません。

ユーザーID:1808985320
妻の苗字を名乗ってます
つく
2015年3月2日 2:12

>結婚による改姓に拘るか・拘らないかの問題

それもまた一面的な見方かなと思います。
例えば私の立場は妻の苗字を名乗っている男性で、夫婦別姓には反対です。
ただし、新姓、結合姓、複合姓、苗字の廃止、パートナー制度などいずれも賛成です。
これらも苗字が変わるものが含まれていますから、改姓と言えますよね。

別姓婚って、提案としてはものすごく中途半端なんですよ。
なのになぜか、「別姓婚」を希望する方は「別姓婚」のみに異様に固執し
何をいっても「別姓婚のみがベスト」という点に終着しようとしますよね。
本当に目的は苗字なの?と言いたくなるくらい、結論ありき。

選択肢が増えることにしても、家制度の名残りを消すにしても
子どものためを考えるにしても他にも手段があるでしょうし
そもそも現在謳われている「別姓婚」を
導入した場合、苗字の定義ってなんになるのでしょう?

家族名を表すというには核家族という範囲ですら違いますし、
子どもは両親どちらかの苗字しか名乗れません。
「苗字とは●●を表している」という定義づけができませんので、
別姓婚だけは賛同できないです。

ユーザーID:9173788493
未来を見据えてほしい
待ってるだけじゃ嫌
2015年3月2日 8:14

自分の姓を結婚という登録法制上の規定だけが理由で変更しなければならない、という概念に納得できませんでした。私のパートナーも同じく納得しませんでした。

自分が納得出来ないことを相手に要求することはできないので、それを強要する日本の結婚という登録法制自体に疑問を抱くことになり、事実婚を選択しました。

また、その根拠となっている戸籍法の存在と意義にも疑問を抱くことになったので、家族単位の戸籍制度がなく、結婚と事実婚に法的な違いがなく、姓の選択に強制もない法を持っている国に移住しました。

これって、同性婚や違う形の結婚を認めるかどうかという話ともつながっていると思うんです。近々最高裁が選択的別姓に憲法上の判断を加えるようですが、女性に参政権を認めていなかった時代の「常識」を現代の私達が笑うように、50年後、100年後の日本人に笑われるような憲法判断をしてほしくないと思っています。

ユーザーID:2128273905
習慣による意識の問題
選択的独身
2015年3月2日 10:43

>自分は改姓することはないと、植え付けられていると思う

それでは余りにも思慮が浅すぎるでしょう。
このトピにもあるように、その植え付けられた意識の中には「自分が大黒柱になる」が紐づけられている人がほとんどです。

大黒柱は今まで通り男性で女性は養われる側のまま、女性姓も検討しろ、ではまず受け入れられません。いくら共働きが増えたとはいえ、所詮女性はパートやアルバイトが大半。定年まで絶対に仕事を辞めない覚悟もなく、家計貢献も補助的な意識しかない女性の為に、社会との接点が大きい男性側が改姓して不便を強いられるのは「女性の感情」以外にメリットがない。女性が養われる立場を放棄し、それが当たり前になってからでなければ、男性の感情的にも、何より合理性の面から見ても、意味がありません。

妻姓だの夫婦別姓だの簡単に言いますが、そうなって困るのは女性だと思いますけどね。妻姓にするなら、男性は大黒柱の意識も捨てます。夫婦別性なら、家族の意識は弱まり、離婚率は確実に増えます。男性に至っては籍を入れる意味もなくなり、妻を養う意識もなくなります。

義務の行使が伴わない権利の主張は、自分の首を絞めるだけです。

ユーザーID:7536245829
個人的には
バビロン
2015年3月2日 12:03

妻の姓に変えるなら、結婚はしません。
夫婦別性にするなら、妻を養う気は今(妻が夫姓を名乗る)程は持てません。家計管理は妻には絶対に任せないし、基本家計も家事も折半にします。大黒柱としても意識・役割も放棄します。子供の姓を妻にするなら、結婚はしないと思います。
ここまではあくまで個人的見解ですが。

夫婦別性は恐らく家族としての認識が今よりも希薄になり、婚姻率の低下、同時に離婚率、同性・事実婚の増加を招きます。更に夫婦別財布が増え、婚姻中も離婚後も経済的に困窮する女性が激増するものと思います。

夫婦別性を認めていないのは先進国で日本だけですが、ここまで女性が男性に経済依存するのも、先進国の中で日本だけです。特に今の日本女性の捻じ曲がった権利意識を見ていると、「女であること」だけを理由に現状の養われる立場を「既得権利」として必死にしがみついたまま、女性姓への変更を「権利」として主張しそうな気がしてなりません。その結果、男性は今以上に非婚化が進み、少子化にも拍車がかかることでしょう。

日本で妻姓を名乗る夫婦が増えるのも、夫婦別性採択も、少なくとも女性が経済的依存をやめられてからでしょう。

ユーザーID:4947046399
養うとか養われるとか
菊子
2015年3月2日 16:27

結婚に際して姓を変えることと何か関係があるんですか?

ユーザーID:3099061287
トピ主です
カジョク(トピ主)
2015年3月2日 17:32

コメントの中で、大黒柱が男性だからという声があります。
稼ぐ人の方に合わせることが一般的だと、判断しました。
しかし稼ぎの多い方に合わせるのが筋というのは、それもまた単なる一つの拘りでしょう。
そんな養っているんだからと目くじら立てなくても、その人と一緒になりたいからどっちでもいいというスタンスの男性もいます。

私が言いたかった意識改革はまさにそこであり、
改姓したから大黒柱がとか男の沽券だとか気にすること自体が実は大した拘りではないのです。

ユーザーID:9232858978
どちらの苗字でもない新しい苗字を携帯からの書き込み
花丸
2015年3月2日 17:55

未来を考えるなら、「苗字を引き継ぐ」ということをやめればよいと思います。

結婚したらどちらでもない新しい苗字を「決める」のがよいのでは。
両者の苗字を一文字ずつとって新しい苗字を作るなんてどうでしょう?
鈴木さんと佐藤さんなら「佐木さん」「藤木さん」とか。アイデンティティーの面からも、新しい家庭を作るという面からも、いいと思いますが。
だって、結婚しない人も増えたし、子供を少子化が進み一人っ子も少なくないし、昔みたいに田舎の土地に縛られて絶対に地元での就職しかしない世の中ではありませんよね?今までのやり方で墓や仏壇を守る、というのがもう無理だと思います。

実子が少なく、孫も生まれるかわからない時代です。苗字も墓も仏壇も、両家を合わせていく方向のほうが、結局は「自分のルーツ」が「一部でも残せる可能性が高い」と思います。

ユーザーID:5666828681
 
現在位置は
です