幼児の「宇宙」への興味とその深め方について

レス35
お気に入り48

みより

学ぶ

先日、幼稚園の遠足で初めて「プラネタリウム」に行った娘が目を輝かせて
帰宅してまいりました。

娘曰く「宇宙には地球以外にもたくさんの星があって、他にも生き物がいる星が
在るかもしれない。宇宙に行くにはロケットに乗って、そこは空気が無いから
特別な宇宙服を着るのよ。うんちやおしっこはどうするのかしら?
太陽へ飛行機で行くと18日もかかるんだって(聞き間違い?)。
宇宙の終わりってあるのかしら? 地球の近くには水星や火星っていう星があって
太陽に近い方から順番に星が並んでいるらしい。」

などと、解説員の方が仰っていた事を聞かせてくれました。


機を逃さず、娘の「宇宙」への関心を深めたいと思うのですが
何分無知な親ですので、皆様に教えていただきたい事がございます。

このような幼児に与える書籍や模型などがございましたら
社名も含めご伝授いただけないでしょうか。
また、実体験としてプラネタリウム等の施設の他に興味・関心をくすぐるような
方法、場所などもご伝授いただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:3465856217

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数35

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ぱっと思いついたのは、

    東京でしたら、お台場の日本科学未来館は?
    幼児向けかどうかは分かりませんが、体感出来て、それなりに面白いのではないでしょうか。

    あと、「天体観測」で検索すると、色々な場所が出てくるので、そこに問い合わせて、幼児でも出来そうな企画が有れば、参加してみても良いかも。

    ユーザーID:4562195088

  • まずは、

    JAXAのHPなんてのはどうでしょうか。

    うちの息子も、星がきっかけで宇宙に興味を持ちました。
    何年か前に「いつか読むだろう。とりあえず置いておけばいい。」
    との考えで、図鑑を数種類自宅に置いておき、
    本人の読みたいものをどうぞって感じでした。
    学研から出ているものです。

    はやぶさが着陸した話から一気に燃焼しだし、
    早朝のこうのとり打ち上げやら、はやぶさ2の打ち上げやら、
    JAXAのHPの録画中継や生中継を見るように。

    宇宙飛行士さん達の話もあるし、
    プロジェクトリーダーの方たちのインタビューもあるし。
    大人でも結構楽しめますよ。
    子ども向けのページもあります。

    ユーザーID:7546460927

  • ディスカバリーチャンネルの宇宙解明シリーズ

    素晴らしい事ですね。是非ともそのまま興味を深めて頂きたいものです。

    そんなお子様には、大人にも楽しく見る事が出来る「宇宙解明シリーズ」


    ビックバンの解明、宇宙の謎、恒星の生涯、ブラックホールの謎、

    超絶に美麗なCGと共に、深く楽しく解明して貰えます。

    内容的には難しいですが、「ぼーと見ているだけ」でも楽しめる番組です。

    ユーザーID:0653901955

  • それはやっぱり

    私はお台場にある日本科学未来館をお勧めします。

    常設展示の方は、そんな関係のもあり
    そんな関係のもなく・・って感じですが、
    確かに面白いです。

    企画展は何をやっているかは調べた方が良いと思いますが、
    私は何を見ても意外と一日くらいいてしまう位、時間かけて見てます。

    かなり疲れますが、面白いので一度どうぞ〜

    ユーザーID:0613026309

  • 基本は図鑑、だけど。

    基本は図鑑や本ですね。お子さんが継続して興味を持ち続けているなら図書館に行って一緒に本を探すのが良いと思いますが、親御さんが「持ち続けさせたい」ならとりあえず写真や絵の多い図鑑を借りてきてさりげなく目のつくところに置いておくと良いと思います。

    それからネット環境があれば、英語サイトもおもしろいですよ。日本だけでなくアメリカやヨーロッパの宇宙事業団体のサイトは子供向けもあるし動画が見られたりもするのでぜひアクセスしてみてください。

    ちなみにうちは宇宙全体と言うより太陽系が大好きで幼稚園の頃は太陽系の惑星の絵ばっかり描いていましたね。太陽系の場合、惑星をグレープフルーツやピンポン玉、トマトなどの球体を使って表して太陽系を実際に作ってみたり、モービルなども作れます。時々私や本人が「月と地球だよ」と言いながらお互いの周りをぐるぐる廻ってみたり、遊んでいました。

    たぶん、探せば宇宙関係の工作も見つかると思うので親子で作ってみたらいかがでしょうか。楽しいですよ。

    ユーザーID:3952796394

  • 実物を

    まずは実物を見せる。

    今頃の時期は夕方暗くなってきたら西に金星、
    東に木星が同時に見えます

    金星は割と早い時間に見えなくなってしまうけど
    木星は月や太陽みたいに東から西へ動いていくよ

    スマホお持ちなら google sky map を入れると
    仰ぎながら確認できます

    ユーザーID:9468616836

  • お外にでましょう

    >実体験としてプラネタリウム等の施設の他に興味・関心をくすぐるような方法、場所

    とても簡単ですよ。
    お外にでることです。

    外にでると、

    太陽が東から出て西に沈むことや、それによって朝と昼と夕方と夜があることがわかりますよね。
    また、四季によって、昼と夜の長さの違い、気温の違い、影の長さの違いもわかります。

    夜空を見上げれば、季節によっていろいろな星、星座が見え、いつも同じ模様だけど満ち欠けをする月も見えます。
    また、予備知識がないと無理ですが、決まった季節には決まった星座が見えるはずなのに、たまに紛れ込む星がいたりします。


    これらはすべて、宇宙でおきている現象を手軽に体験できることですし、また子供向け書物も豊富かと思いますよ。

    ユーザーID:2119396095

  • 図鑑とDVDでした

    うちの子供も皆既日食や星を見たりするうちに、宇宙に興味を持ち始めました。
    そこで子供に与えてみたのが、講談社の「動く図鑑MOVE 宇宙」です。

    まずは図鑑部分よりもDVDを何回も何回も見ていました。
    それを見ているうちに、そこで言われていることをすべて覚えてしまったようです。
    宇宙の始まりなどは詳細なCGを使った映像なので、本当にきれいです。

    それに平行する形で、図鑑も開いてみるようになりました。
    図鑑の中身は漢字交じりでの文章になりますが、すべての漢字にルビがふってありますので、ひらがなが読めるのであれば大丈夫です。
    難しい言葉もありますが、解説も詳しく載っています。
    わからない部分は親が解説しなければならないこともありますけれど……

    このシリーズは現在11冊あり、うちの本棚はこのシリーズが1冊ずつ増えていってますよ!

    ユーザーID:0603980152

  • KUMA

    たくさんの不思議が魅力的な宇宙、
    ご家庭で身近なところからお母様やお父様と一緒に楽しむ教材がたくさんあります。

    KUMA、JAXAで検索してみて下さい。
    もう少し大きくなったら日本宇宙少年団にご参加なさるのもよろしいかと存じます。

    ユーザーID:2511468542

  • 実際に

    実際に星空を見せてあげたら?
    都会でよく見えなかったら田舎の方に旅行に行くとか。
    やっぱり実物に勝る物はないでしょう。

    ユーザーID:0963529282

  • 宇宙

    娘が子どもの頃に大好きだった絵本です

    宇宙―そのひろがりをしろう (かがくのほん): 加古 里子
    おそらに はては あるの?  佐治 晴夫

    それ以外に星座の本がいろいろありました。
    プラネタリウムには行きませんでしたが、夜空を見上げて理系文系両方の
    話をよくしてやりました。安い望遠鏡で土星の輪を観たりもしました。

    高校はSSH(NASA研修がある)で、大学も理系ですが、宇宙への興味はやや薄れているようです。

    ユーザーID:8204171248

  • アドバイス

    以前、天才と呼ばれるお子様を持たれた母親から教育について伺いました。子供が理解できるかどうかは別として、今わかっている最先端の知識を与えたそうです。つまり文科省のカリキュラムの様に学問を切り分けして与えない様にしたそうです。子供がどこまで興味を持続するかは解りませんが、興味があるうちは、「まだ早い」と誤魔化さず、真摯に子供と向きあう必要があるみたいです。

    ユーザーID:2301761467

  • まずは図書館

    その熱い気持ちは本物なのか?冷却期間がいりますね
    まずは無料だし 図書館の図鑑から当たってみては??

    子供って 何にでも興味を持ち、冷めるのも早い場合があります
    それをいちいち買っていたら・・・ま、いますけどね
    知人の子は 人体模型 鉄道 宇宙 地図 動物などなどあらゆる専門グッズを通過して(本物志向がすごい)
    (そのたびに母親に「うちの子自慢」をするけど)
    今は普通の中学生です(お勉強はできません 行動もやんちゃで困ってます)

    でもうちの子は逆です。幼少のころから武将やお侍さん、歴史ものの時代劇が大好きで歴史オタに育ちました
    高価なものは買い与えてませんが、勝手に育ってます 子供は自分から手を伸ばしますね

    ユーザーID:6661476531

  • 星に願いを

    先ずは

    1. 夜空を見ること

    2. 星空を見ること  (星に願い事することを教えてあげる)

    3. パソコンのホームページで「星空観察」、「宇宙」、「プラネタリウム」、「宇宙服」を検索する

    ところで不思議に思うことがあります。
    満天の星空を見たことない人が、プラネタリウムの光点を見て喜ぶのは何故なのだろう。
    天井スクリーンに映った光点でしかないのに。星空ではないのに。
    娘は、石垣島で見た星空の方が綺麗。海に映ってた。と言いました。これは大切なこと。
    去年見た、美瑛や富良野の星空も綺麗だったね。

    ユーザーID:1796631878

  • お住まいがどこなのか分かりませんが

    宇宙科学研究所などが近くにないか調べてみては?
    映画『はやぶさ』はまだ早いかな?
    本については図書館に行くと色々と教えてくださいますよ。

    ユーザーID:5216549564

  • ホーキング父娘の本

    幼稚園生ならちょっと早いかもしれませんが、
    ホーキング博士と娘さんの著作に、
    子供向けの宇宙アドベンチャー「宇宙への秘密の鍵」というのがあります。
    小学生以上を対象とした児童書のようですが、
    大人でも十分楽しめるものだそうです。
    少しずつ読み聞かせをして一緒に楽しむのも、一案だと思います。

    ユーザーID:6432895368

  • 施設なら

    JAXA(宇宙航空研究開発機構)でしょうね。
    http://www.jaxa.jp/
    お住まいが分かりませんが、JAXAは見学施設もあります。

    国立科学博物館も良いでしょう。宇宙だけにとどまらず科学的なことを様々に体験できると思います。

    映画「はやぶさ/HAYABUSA」も良いかも知れません。ちょっと難しいかな。


    将来楽しみですね。立派なリケジョになるのかな。

    でも心移りする事もありますので、柔軟に。

    ユーザーID:0046089377

  • 絵本も良いと思う

    「はじめてのうちゅうえほん」という絵本があります。
    幼稚園児にも分かりやすい内容になっているようです。
    絵本を見てから、外に出て実物を見たり・・・
    科学館でプラネタリウム見て、家に帰ってまた絵本で確認したり。

    絵本は、子ども達にとっては正解につながるドアのようなものです。

    ユーザーID:4161536210

  • まずは図鑑かな

    最近は多いですね、宇宙好きな子供。

    わが息子もそうです。幼稚園の頃から彼の頭の中はプラネタリウムです。
    鉄道オタクにもいろいろあるように(笑)宇宙好きにもいろいろあるようですよ。
    息子はロケットとか宇宙ステーションの技術に興味津々で、宇宙工学などが勉強できる大学に進んで、NASAやJAXAで働きたいと言ってます。
    まあ、NASA等は無理でもこの子は多分理系の頭脳なんだろうなあと思うことが多いですね。
    ちなみに小学校高学年です。
    宇宙関連の図鑑はたくさんあって、興味のある分野はかなり暗記してますね。
    女の子だと星座のギリシャ神話にも興味を持つかもしれませんね。

    宇宙関連の博物館やプラネタリウムにもよく足を運びます。

    こんな風に書くと息子が秀才みたいですが、残念ながら普通の子です(笑)
    ただ、理科は得意です。

    ユーザーID:1333309072

  • プラネタリウム常連になりました

    小2・年長の男の子がいます。
    兄が年長の時、保育園年長児でプラネタリウムに行き、ハマりました。

    私が中学生くらいまで宇宙好きだったのですが、田舎だったのでプラネタリウム等もなく、
    いつの間にか冷めてしまった熱が、
    子供のプラネタリウム体験を機に再燃した感じでした。

    当時年少だった弟にちょっと早いかなーと心配しつつ、3人で行ってみたら
    弟も意外と喜んだので、それからはプラネタリウムの常連親子になりました(笑)

    プラネタリウム番組には子供向けもあって、「ポケモン」や「銀河鉄道999」など、
    わかりやすく宇宙の仕組みを知ることができます。
    また、星空解説付きの番組で知った事を、夜に実際に星空で探して見てみると、感動しますよ。

    プラネタリウム番組の「はやぶさ」を見て、はやぶさに興味を持ったので、
    「はやぶさ大図鑑」を購入。
    兄は小1の夏休みの工作ではやぶさを作り、入賞しました。

    地方ですが、JAXAの教育機関?がやっている小学生低学年対象の「宇宙の学校」に運良く当選したので、弟も連れて5回の体験会に行きました。

    今はネットで色々調べたり購入したりできるので、便利ですよね。

    ユーザーID:9376539880

  • おすすめとアドバイス

    書籍は、絵本の
    「もしも宇宙でくらしたら」山本省三著 WAVE出版
    をまずおすすめしたいと思います。
    子どもの視点で普段の暮らしがどうなるかを、分かりやすく書いてくれています。

    うちは息子ですが、
    小さい時から好奇心旺盛でハマったらどっぷりハマるタイプでした。
    2〜3歳ごろの電車からはじまり、やはり6歳ごろには宇宙!宇宙!の毎日。
    主要な科学館は網羅しましたし、模型も子供向けから本格的な物まで揃えたり、
    図鑑や絵本も見つけたら買うという感じ。
    機会は存分に与えてやりたい、それに将来は宇宙関係に勤めたりして!と親もワクワク。
    ところがあるとき急に、ふと冷める。
    買った品々には見向きもせず、次の標的動物となり・・・
    これまたいろいろ揃えましたよ。
    飼育員もいいかもね。公立動物園だったら公務員だし、獣医師だって・・!
    と親も凝りもせず夢を見る。
    そしていつしか鮫、いえ冷め、今は・・農業?!と来た。
    ええ、レンタル菜園借りてみましたよ(苦笑)
    何か夢中になれるものに出会ってほしい。機会は限りなく与えてあげたい親心。
    でもまだまだ先が長いので、移り気にも根気よく付き合ってあげてくださいね。

    ユーザーID:4669053298

  • まずはスマホのアプリから

    「星座表」というiOS用アプリ(Android用は不明)は、無料ですが、
    外に出て実際の星空に向けると、星の名前や星座の名前が、
    どこにいても、どの季節でもわかります。

    図鑑も面白いけど、リアルな夜空の方が楽しいかと思います。
    あとは動画サイトかな。

    ずっと興味を保っていたら、いつかは天体望遠鏡が欲しいですね。

    ユーザーID:4896306419

  • 都内からなら

    茨城県のつくば市内には
    いくつもの研究機関がありますが
    毎年4月になると
    各研究機関が開放され見学出来ます
    桜や菜の花が咲く頃かな
    いろいろはしごできて楽しめます

    その中に確かJAXAも含まれていたと思いますよ
    市内中心部にはプラネタリウムもあり
    自然も豊か
    子どもが少し大きくなったら
    ついでに筑波山に登ってみたり
    なんてこともできますね

    因みにJAXA以外で私のおすすめは
    でっかいパラボラアンテナが目印の
    国土地理院です

    ユーザーID:2251075662

  • JAXAの筑波宇宙センターの見学なんていかがかな?

    敷地内にはホンモノのH-2ロケットが、併設された展示施設内には国際宇宙ステーション(ISS)の日本の実験棟や、ISSに荷物を運搬する「こうのとり(HTV)」の実物大の試作モデルが展示されているよ。
    JAXA関係だと、関東では他には調布宇宙センターとか、相模原キャンパスなんかもあるね。
    前者はJAXAの中でも航空機の研究を中心とした部門なので主な展示物は航空機だけど、「日本版スペースシャトル(HOPE)」の研究に使われた試験機なんかも展示されている。
    後者は先日打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」や、一昨年に打ち上げられた「イプシロン」ロケットを開発した部門。敷地内には初代「はやぶさ」の打ち上げに使用されたM-Vロケットの実物大模型なんかが展示されている。
    その他では埼玉にある地球観測センターかな。
    ああ、数年前までは東京駅の近くにちょっとした展示施設があったのだけど、「例の事業仕分け」で残念な事に・・・。

    ユーザーID:6743613591

  • 安上がりなところで

    BSプレミアム木曜22:00からの「コズミックフロント」とか。
    内容は全く幼児向けではありませんが、映像が素晴らしいので
    見ているだけでも楽しいです。

    せめて小学生だったらアニメ「宇宙兄弟」もいいんですが。
    宇宙飛行士の選抜と訓練が丁寧に描かれています。

    ちなみに太陽までは18年ですね。150,000,000Kmほどありますので。

    ユーザーID:4844495108

  • フィクションでも

    宇宙飛行士の山崎直子さんはアニメ「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」をみて宇宙への興味をもったそうです。
    ロボット工学者も入り口はアトムやドラえもんという人が多いですし、
    フィクションでもそれで宇宙への思いがふくらむものならいいんじゃないでしょうか。
    入り口はいくらでもあるということです。

    (幼稚園児ではまだ難しいと思いますが小学生なら)「コスモス」というアメリカのドキュメンタリーをおすすめします。
    1980年版と2014年版があります。
    DVDになっているかわかりませんが、ケーブルテレビで今2014年版やってます。

    ユーザーID:7558812559

  • ブルームーン

    月が、青く見える ブルームーンと呼ばれる現象は、2016年 5月21日だそうです。  

    身近なところから、宇宙を楽しむのも、いかがでしょうか?

    ユーザーID:5423037073

  • 毎日、空を見上げましょう1

    トピを読んで、私の子どもの頃みたいだと思いました。お嬢さんが、ずっと星や宇宙を好きでいてくれたら嬉しいです。

    本や施設も大切ですし楽しいですが、ぜひ本物を見上げてください。天気さえ良ければ、毎日無料で見られます。

    もっとも近い天体の月。今日はどんな形、日によって月の出入り時間が違う、昼間に見える時もある。親子で色々な話しをしながら見上げてください。疑問が出来たら、そのつど調べてみる。

    星を数えるのも良いでしょう。星によって明るさが違う。良く見たら色も違って見える。
    続きます。

    ユーザーID:9137156241

  • 毎日、空を見上げましょう2

    続きです。

    星座を探してみるのも良いですね。市街地では見える星座も限られますが、それでも、星座の1部だけでも見つけられたら感動しますよ。

    火星や木星、土星が肉眼で見える時期もあります。火星は実際に赤っぽく見えます。惑星に興味が出たなら、小さくても実際に見えたら嬉しいと思います。旅行先で、星空を見るのも良いですね。

    気をつけて欲しいのは、空を見上げるのが好きになり、歩きながら見て危なかったり、道端で立ち止まって不審に思われたり。まあそうなったら放って置いても、自分で色々とやり始めます。

    ユーザーID:9137156241

  • 訂正 コスモス

    先ほど「コスモス」2014年版放送中と書きましたが、
    1980年版放送中の間違いでした。
    失礼しました。

    ユーザーID:8215617897

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧