• ホーム
  • 学ぶ
  • 誰も、何も間違っちゃいない。でも・・・

誰も、何も間違っちゃいない。でも・・・

レス64
(トピ主2
お気に入り94

趣味・教育・教養

クァチィクァチィM

駄トピです。

先日英語で聞く日本昔話(ネイティブスピーカーの朗読CD)を拝聴いたしました。
いくつかの昔話が入っていたのですが、その中の一つ・カチカチ山で、ネイティブスピーカーが、

「カチカチ〜 マウンテン」

と朗読いたしまして…

ええ、もちろん「カチカチ山」は直訳すれば「カチカチマウンテン」です。
正しい訳です。何も間違えておりません。

でもなんでしょう?この

愛しさと切なさと心強さが混在するような、

かゆいところに手が届かないような、

いけないものを見てしまったような、

このむず痒い何とも言えない悶々とした感情はなんなのでしょう?


ちなみに「桃太郎」は「ピーチボーイ」でした。

嗚呼唖

ユーザーID:8739408052

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数64

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 桃太郎

    桜桃太郎じゃなくてホントに良かったね!名前なんだからモモタローだよね…。火打ち石を叩く音+マウンテンが正しいんだろうけど訳者がへぼなんですかね。日本でもありますよ、キドニーの料理について腎臓料理と訳したのとキドニービーンズの料理と訳したのがあるってトピックが、ありましたね。

    ユーザーID:6659809531

  • 聞かない方がいいですね

    日本昔話は、やはり日本語がいいのですね。
    英語にすると独特の「風情」や「情緒」がなくなるのでしょうね。

    「金太郎」は?
    「浦島太郎」は?

    今流れているCMの3人が英語でやり取りすると何と呼び合うのかな?と思いました。

    ユーザーID:3844393701

  • あはは

    すっごく迷って英訳するんでしょうね〜
    Mt.カチカチとどっちがいいのかな?

    カチカチマウンテンは、まぁアリだと思うのですが、桃太郎は人名だから「Momotaro」じゃないとダメだと思うんですがね…

    ユーザーID:5964553149

  • じゃあ

    あなたがどう英訳するのか教えて。

    ユーザーID:0585474834

  • 桃太郎は

    固有名詞なので突っ込み所では?

    逆にロックハート=岩の心、フェアチャイルド=公正な子になっちゃいますし。

    ユーザーID:8146144500

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 理由は?

    えーと、理由が書いてないので意味を推測するしかないのですが、「カチカチヤマ」と訳して欲しいということ?
    つまり「ヤマ」まで固有名詞だと?

    でも「富士山」も「マウント・フジ」と言いますからね。
    そこは仕方ないのでは?

    もし質問がそういう意味ならとても興味深いです。
    私の常々考えていたことなので。
    長くなるので、追加のレスで書きます。

    できればトピ主さんが切なくなる理由も教えてください。

    ユーザーID:8065821381

  • 米国に住んでいた時

    あるショッピングモールに行ったところ、
    「Lion Dance」
    の催しが×時から○○であるとの案内がありました。

    ライオンダンスってなんだろう?
    好奇心をそそられ、見に行くことに。

    「獅子舞」でした。

    私も
    >嗚呼唖
    となりました。

    ユーザーID:0276330893

  • わかります

    桃太郎をピーチボーイと聞いた日は忘れられません。

    そりゃあ確かにピーチボーイかもしれないけど・・・

    でもピーチボーイって・・・と違和感激しく感じたのを

    覚えています。やれやれ・・・

    ユーザーID:7302462264

  • あなたは何を期待していたのか?

    その「英語で聞く日本昔話」に、あなたは何を期待していたのでしょうか?
    あるいは、こう尋ねましょうか。
    「なぜ、そのようなCDを聞こうと思ったのですか?」
    その期待していたもの、動機を掘り下げることによって、あなたの悶々とした感情を解きほぐすことができるのではないかと推察しますが。
    まさか、「何か、聞きなれた昔話に新たな発見があるのではないか」と期待したわけではありませんよね。
    「面白半分」なのか「好奇心」なのか、いや、思い切って「怖いもの見たさ」だったのか。
    どうなんでしょうか?
    ちなみに、固有名詞の「桃太郎」を「ピーチボーイ」と英訳するようなCDならば、別の意味で「発見」があるように思います。
    どうでしょうか?

    ユーザーID:1121111415

  • 「かちかち山」が一つの固有名詞

    だって、外国の方は、「フジサン」ってちゃんと言ってくれるのにね。

    昔から似たようなものが…。

    キンカクジtemple
    ギンザドオリavenue

    モモタロウは人名だから、せめてねえ。
    えっと苗字はなんだろう…。

    ユーザーID:5007945999

  • 教科書

    中学時代の英語の教科書に芥川龍之介の「蜘蛛の糸」が載っていましたが
    「ハリノヤマ」「サンズノカワ」でしたね。
    でも日本語そのままなのに、英語風に「ハリノゥオヤァマア」「サンズゥノゥオカァワァ」
    と発音しなければならないのがちょっと恥ずかしかったです。

    それにしてもよほど私にとってインパクトがあったのか
    本文は全く覚えていませんが、この二語だけはいつまでも忘れません。

    ユーザーID:5096289996

  • レスします

    ピーチボーイ‥かなり微妙に感じます。日本人の名前の太郎は英語名のジョンのようなものだからとジョンにせずボーイにしたのは訳者のいたずらでしょうか。

    ユーザーID:3977268718

  • ピーチボーイ!

    ピーチボーイ…つまり「太郎」イコール「ボーイ(少年)」ということですよね…。でも、人名詞なのに。

    話は逸れますが、以前日本の漫画の英訳版をいくつか読んだことがありました。
    そこでは「○○さん」という呼び名の部分が「○○san」とそのままの読みになっていました。
    あとお医者さんのことを「Dr.○○」とかではなく「○○sensei(先生)」とか、これも日本語そのまんまでしたね。

    日本語→英語訳の基準って場合によって変わるんでしょうか。ちょっと面白いですね。

    ユーザーID:8503377868

  • 舟歌を思い出した

    あは! 面白いですね。

    ずーっと昔、カラオケで八代亜紀「舟歌」の英語バージョンなるものを見つけトライしましたところ。。

    「しみじみ飲めば、しみじみと〜を」が「しみじみ・ドリンキング・しみじみりー」となっていました。

    しみじみりーって、ありですかね?

    ユーザーID:0646748928

  • こじゃれたイタリアンのお店にて

    いよく夫と行くお気に入りのイタリアンのお店で、優雅にお一人様ランチしていた時のこと。
    いつもは聞き流しているBGMが一人だったからかふと耳に入り、注意して聞いていると、「タッチ」とかわりと古いJ−POPをフランス語で女性が歌っているチャンネルのようでした。
    ぼーっと聞いていると…天才バカボンのあの歌が。
    サビの部分は「ボンボンバカボンバカボンボン」(フランス語訛り)

    トピ主さんとはまた違う悶々だと思いますが…なんか背中がむず痒いようなこのやるせなさ(笑)
    違うシチュエーションだったら笑い飛ばせただろうになぁ。

    ユーザーID:6131290988

  • うんうん。

    昔から不思議だったのが
    雪だるま→スノーマン
    でも直訳したら雪男
    雪男はビッグフット。
    でも直訳で大足。

    なんだか面白いなぁって思ってました。
    なんでもかんでも当てはめりゃいいってもんじゃないんでしょうね。

    桃太郎がピーチボーイ!
    間違ってないけど笑っちゃいます。

    ユーザーID:5076298375

  • 同じようなもの

    一番気になるのは、
    Fujiyama, もう「フジヤマ、芸者、、、」はやめて、ちゃんと富士山と言ってほしい。
    逆に、アルペンローゼも「アルプスの薔薇」では、なんとなくぴんときません。

    ユーザーID:0832705911

  • はじまりはじまり

    レスいただきありがとうございます。

    当方ならどう訳するか?
    既に洗脳されており、ネイティブの発音をまねて
    「カチカチィマウンテン」や「マウント・カチカチ〜」
    と口ずさんでしまったので、思いつかない、否、思いつく必要がないのです。

    また桃太郎に関しても、例え名前という固有名詞であろうと、ある意味大胆不敵に
    「ピーチボーイ」
    と訳する兵を前に、どう抗えというのでしょう?
    私ももう若くはありません。
    フレッシュでフルーティーな英名を頂戴した日本の英雄を、陰ながら応援するしかありません。ゲホゲホ

    さてここで他の昔話ならどう訳するか?
    ワタクシなら…

     金太郎 → ゴールデン・ボーイ(Golden Boy)
     浦島太郎 → タートゥ・ライダー(Turtle Rider)
     かぐや姫 → シャイニン☆ガール(Shining☆Girl)

    まったくもって、別の物語が始まりそうです。

    ユーザーID:8739408052

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • だったらかぐや姫は

    桃太郎がピーチボーイなら、かぐや姫はやっぱりバンブーガールとかになるのだろうか…(汗)
    なんか、半裸で「レッツバンブー!」とか叫びながら、軽やかに踊り出しそうなネーミング。
    かといって、かぐや姫をそのまま直訳して、シャイニングプリンセスとか言った日には、今度は女子プロレスの必殺技みたいになってしまう。

    桃太郎は元はもとは超ローカルな民話だったのを、外国人を鬼に見立てて、「桃太郎(日本人)が正義の名の下に鬼ヶ島(外国)に討って出てお宝(領土や資源)を持ち帰る」と、戦意向上目的で教科書に載せ広まった経緯があるので、私は外国の人に紹介する事自体にも違和感があります。

    ユーザーID:8217645303

  • クァチィクァチィマウンテンですか

    「カチカチマウンテン」の文字を目にした瞬間は、
    「ほう、そういう翻訳になるのか」としか思わなかったのですが、
    トピ主さまのコメントに、笑いのツボを直撃されました。

    >愛しさと切なさと心強さが混在するような、

    「恋(いと)しさと せつなさと 心強さ」でしたら、
    小室哲哉氏プロデュースにより1994年に発売された
    「篠原涼子 with t.komuro」名義のシングルで、
    「ストリートファイター II MOVIE」の挿入歌ですね。
    なんでストファイなんじゃー! と
    ツッコミを入れさせていただいてもよろしいでしょうか。

    >かゆいところに手が届かないような、

    孫の手をお持ちしましょうか。

    >いけないものを見てしまったような、

    広辞苑を熟読なさって、目から入ったノイズを
    デトックスなさってはいかがでしょう。

    >このむず痒い何とも言えない悶々とした感情はなんなのでしょう?

    日本北部の一部地方では、その感覚を「いずい」と申します。

    桃太郎が「ピーチボーイ」になるのでしたら、
    ジンジャーブレッドボーイは「生姜麦餅太郎」、
    もしくは「生姜焼菓子太郎」でありましょうか。愉快愉快。

    ユーザーID:9371339755

  • ダメだし

    >このむず痒い何とも言えない悶々とした感情はなんなのでしょう?
    >ちなみに「桃太郎」は「ピーチボーイ」でした。

    翻訳者の「重箱読み」と「湯桶読み」をを節操なくごちゃ混ぜにした様な遣り方に対する
    焦燥が真犯人でしょう。

    固有名詞の「カチカチ山」と「桃太郎」を翻訳するかしないかの判断に一貫性が無いですよね。

    ユーザーID:3649162423

  • 在米です

    桃太郎は既に英訳本が出ていて「Peach Boy」で定着してしまっています。Momoと聞いても桃に結びつかないから仕方ないんですが、Peach Boy・・はなんともしまらないと言うか、イメージ的にはゆるキャラが浮かんじゃうんですけども。

    ユーザーID:9176896283

  • 翻訳はムズカシイ

    面白い。
    見ちゃいけないものを見ちゃった感がありますね。

    桃太郎は私もそのままモモタロウであって欲しいですが、おそらくそれだと、桃から生まれたのでモモタロウと名付けた、っていうのが英語で通じないから仕方なくPeach Boyにしたんでしょうね〜

    英語圏に住んでいるので、いつも日本にあるものを英語で説明するのに四苦八苦している為、翻訳者の苦労が何となく分かりますが・・・

    ユーザーID:7091055841

  • 完全に誤訳です

    カチカチという燃える音は、英語で「crackle」です。
    英語を勉強するなら、擬音語や擬態語も英語で勉強しないと通じません。

    桃太郎をピーチボーイというのも誤訳です。人名ですから。

    ユーザーID:6237843767

  • マウント・ミドリヤマ

    アメリカ版SASUKEであるAmerican Ninja Warriorでは、競技施設のことを マウント・ミドリヤマ と呼びます。

    マウント・カチカチヤマ  ですかね?

    ユーザーID:6792654797

  • いろいろありますよね〜

    昨晩放映されたアカデミー賞授賞式、「かぐや姫の物語」がノミネートされてましたが、あれは英語では「The Tale of the Princess Kaguya」…。
    あ、ああ、そうよね、そうそう、と思った私…。
    「風立ちぬ」は、「The Wind Rises」。こっちはわりときれいに訳されてるのに…。

    ユーザーID:4203517485

  • 富士山

    フジ・ヤ〜マって言ってるのだから、カチカチ・ヤマでいいのにね。

    金太郎さんはやっぱりゴールデン・ボーイかな。

    ユーザーID:9901879585

  • 桃太郎は

     金太郎と浦島太郎とは意味合いが居ますよね。
     金太郎や浦島太郎は別に金や浦島から生まれた訳じゃ無いけど桃太郎は桃から生まれたから桃太郎なんですよね、『ピーチサンpeachson』じゃ無いと名前の由来が理解でき無いと思いませんか?ストーリー上浦島や金は別の名前でも問題無いが桃は梅や林檎じゃダメだもん。浦島は確かに海っぽいけどそれも固定観念から来る思い込みでしょう、元来浦島は山の民。
     かちかち山のカチカチは火打石を打つ音に気付いた狸を兎が騙す為に咄嗟に付けたネームであって、舞台の『山』本来の固有名詞では無いのでカチカチ(擬音)マウンテンが一番しっくり来ると思います。

    ユーザーID:7218649787

  • crackle mountainかな

    「桃太郎」は人名ですから、「Momotaro」が良いでしょうね。
    逆に、「Captain Armstrong」を、「強腕船長」とは和訳しないでしょう。
    カチカチ山の「カチカチ」は、火が燃える時の擬音ですから、英語では「crackle」あたりでしょうか。

    留学中の知人のツイッターでは、現地友人同士のツイートはネットスラングだらけでしたが、
    日本で売ってる英語学習用のテキストって、擬音やスラング、イディオムが弱い気がします。

    ユーザーID:0651001471

  • 笑えました!!

    笑えました!!

    カチカチマウンテン、確かに間違ってない!!でも、面白いですね〜。

    ピーチボーイは確かに やりすぎですけど、笑えますね。



    それにしても、日本語になると情緒がぐっと増えるような気がしません?

    アナ雪の歌詞も、日本語の方が情感がある気がしました。

    英語版と日本語版の歌詞、全然違いません??



    日本人の琴線に触れる考え方と海外の英語圏の考え方なんでしょうかね。

    ユーザーID:3380872941

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧