既婚者に転勤を命じてはいけないと思います。って暴論?

レス185
お気に入り238
トピ主のみ2

とらんすふぉーま

働く

このトピのレス

レス数185

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 185
次へ 最後尾へ
  • なんで転勤するのか

    正しいかはわからないけど(じゃあ、書くなってテヘ)

    ずっと同じ職場の同じ職種だと不正があってもなかなか気が付かなかったり
    発展的な作業にならなかったりするそうです。と誰かが昔職場で言ってました。
    あと、プロジェクトによっては、しょうがないときもあるよね。

    ところで夫の会社は夫が独身のときは、転勤が何度かあったけど、結婚してからは長期出張が多いです。配慮してくれてるのかな?
    でもウワサでは50歳過ぎるとまた転勤する人が多くなるらしい。
    転勤率における男のM字カーブとか?

    キャリア形成って同じ会社で働くことだけなのかなぁ?

    ユーザーID:8878197239

  • びっくり……

    トピ主さんのレスを拝見してびっくり。
    もう定年が近いような年齢の方なんですね。
    そのお年でその考えの浅さ。
    専業だったから世界が狭いというより、人間として視野が狭い方のようですね。

    ユーザーID:3288388352

  • 2度目ですが

    例えば、金融機関などのように現金を扱う仕事は事故が起こらないように定期的な異動があるようです。また、将来を担う社員を育てるために異なった仕事や地域で仕事をすることで視野を養ったりと会社としては投資をしている面も否めないでしょう。
    どうしても主さんの希望を叶えたいのであれば、いま住んでいる場所以外に支店や営業所などがない企業へご主人が転職することではないでしょうか。
    私の勤めている企業も3年から5年で移動があります。国内だけでなく北米やオセアニアも東南アジアもあれば関連会社への出向もあります。私も海外を経験してきました。ツアー旅行では行けない様な場所へも行くことが出来ました。人生観が変化して視野が広がりました。会社の経費でこれだけ経験させてもらえれば安いもんだと思っています。勿論、家族も同様に考えています。

    ユーザーID:1859675690

  • いえいえ、よく分かります

    私も夫の転勤に伴い、住み慣れた故郷を離れて暮らしています。
    辞令が出た時、まだ子どもが生まれたばかりだったので、単身赴任など考えられませんでした。
    夫の職場に転勤があることは結婚前から分かっていました。
    愛する夫と一緒ならどんな状況でも協力して乗り越えられるはず、と思っていました。
    ですが、慣れない土地、友人知人親類縁者がいない環境で、激務の夫を支えながら孤独な育児。
    夫の通勤が楽なことを重視して住む場所を選んだものだから、保育園激戦区で共働きもあきらめ……。

    そのうち、夫と私の両親も年老いてきました。
    でも、地元に帰れるような転勤辞令は出ず。
    どうしたもんか、という現状です。

    きっと私の見通しが甘過ぎたんでしょう。
    転勤の可能性がある人を夫にしなければよかったんですね。
    もしくは、全国どこに転勤してもすぐに再就職先ができるような資格を取って、結婚までに実務経験を積めばよかったんですよね。

    でも、やはり転居を伴う転勤は、家族持ちにはさせない世の中になってほしい。

    そういえば、私の友達のご主人は、やはり全国転勤があるお仕事でしたが、転勤が嫌で転勤の無いお仕事に転職していました。

    ユーザーID:7279660840

  • 転勤10回 海外は2回

    総論としては、転勤なく夫も妻も一か所でキャリアアップ出来るような会社が一番で、その点には賛成です。 当方は 過去30年くらいの間 3年ごとくらいに転勤を繰り返してきて、子供が「故郷と思える場所」がなくなるなど、正直なところ 家族に申し訳ないと感じています。
    一方、もう少し会社でのお立場が上がられ、部下の人事権を持つようになると分かるようになりますが、部下ことを考え、部下の努力・能力アップに見合ったポジション(給与アップも付随)を与えるには、会社全体を見ないと そのようなポストがないという現実があります。 最近は「そんなものはいらない」「昇給も昇進もいらないので 転勤はいや」という人のための人事制度もできつつありますので、転職される場合には そういう会社を選ばれてはいかがですか?
    難しい問題ですが、世の中全体が いい方に動いていくことを望みます

    ユーザーID:3480782884

  • レスします

    自分が転居したくないだけなら、転勤の無い男性と結婚すれば良いだけです。
    全労働人口から考えれば、遠隔地への転勤が無い人の方が多いでしょうから。
    それとも、遠隔地転勤のある大企業で高待遇は維持しながら異動を制限しろとでも仰るのですか?
    大企業の経営陣はそんなくだらない話に耳なんか貸しません。
    それが何故か解らない人の話なら尚更ね。

    働き手は日本人だけではありません。
    高待遇を求めてパワフルでフレキシブルな外国人がいくらでもやって来るでしょう。

    眠たい事ばかり言っていると、シャイで引っ込み思案の日本人の就職先が減るだけですよ。

    ユーザーID:7972350624

  • これも暴論ですが

    自営の私の率直な感想…「嫌なら辞めれば?」。

    自営もサラリーマンも双方にメリット、デメリットがあります。
    サラリーマンのデメリットの一つが「転勤」でしょう。
    そのデメリットが嫌ならサラリーマン辞めればいいんじゃないかなあ。
    少なくとも転勤のない会社に転職するか。
    転勤があるならそれなりな規模の会社でしょう。その会社のメリットだけ受けて、
    デメリット部分はダメって図々しいような気がしますがね。

    ユーザーID:7125287941

  • うーん、でもさ

    世の中転勤のない仕事もあるわけで・・・

    転勤がイヤな人はそういう職に就けばいいし、そうじゃない人は転勤する職につくでしょうし。

    そういう会社を起業するって手もありますしね。

    職業選択の自由もあれば結婚相手を選ぶ自由もありますし。

    結婚相手が転勤しない職の人を第一条件にすればいいわけだし。

    自分のキャリアが大事ならまずそこは考えなきゃいけないところじゃないかと思うんですけど。

    ユーザーID:2375546191

  • はあ

    >女性は安心して定年まで同じところでキャリアを形成し、持家も持て、子どもも転校による不安定な精神や学力の格差が無くなると思います。

    新卒から定年まで同じところで働くことが「キャリア形成」とか言っている時点でものすごーーく時代遅れ。本当に優秀でキャリアを積み上げている女性はキャリアアップ転職だってするし、ヘッドハンティングされてよりいい条件で働く人もたくさんいる。とっくに終身雇用制度は崩壊しているんですから、いい加減古臭い発想はやめましょうよ。

    >夫の転勤で居住地が変わり、退職せざるを得ない女性がそこそこ居ると思います。

    で??
    一度退職したらその時点で終わりなんですか?もう二度と働けないんですか?退職してキャリアがストップしたのなら、所詮その程度の能力しかなかったというだけ。

    >人を定期的に転勤させるのはどんな理由なのでしょう?

    「適材適所」に決まっているでしょう。例えば新しい支店が開設したとして、すべての社員を現地の新規採用だけでやっていけると思いますか?支店長クラスが定年退職したとして、現地に代わりになる人材がいなかったらどうすればいいと思いますか?

    ユーザーID:6396962075

  • 暴論だとは思いません

    そういう人は農家とか自営業の人と結婚したらいいのにと思います。
    あなたの大嫌いな転勤もありませんよ。

    とくに、農家は嫁不足なので引く手あまただと思います。

    ユーザーID:2525733783

  • あ、ごめんなさい

    前回、ヨーロッパ先進国のとある小学校保護者の話は、転勤、ではなく「単身赴任」についてです。
    レスの中であまりに「単身赴任してもらえば」が多かったのでつい。
    家族を伴っての転勤、アリです。でも家族がいる場合は強制ではなく交渉の余地があります。
    我が社と、過去に勤めた場所や友人の会社など限られた知識ですが、海外の場合はとくに栄転の意があるケース多ですし
    国内でも「将来のために勉強してこい、いろいろ見てこい」と出してくれるというケースもあるので
    トピ主さんが言う やりたいこと=転勤 となってしまいます。 家族と会社の理解、協力が必須ですね。

    ユーザーID:2276410368

  • 手に入れればいいじゃない

    >「やりたい仕事を続ける事と家族で暮らす事の両方を手に入れたかった」多いと思うのですが。
    どうぞ。誰も止めませんよ。
    二兎追って二兎手にすればいいのです。それは自由です。
    夫婦そろってやりたい仕事を続け、なおかつ家族と暮らせばいい。転勤しながら。
    左遷は例外として、能力がある人間は転勤させますよ。芽が出るだろうと育てる価値があるならば
    若い頃からガンガン転勤させます。能力よりも転勤で昇進するのかではなくてね。能力があると見込んでいるから転勤させて
    経験を積ませることで昇進をある程度約束するんです。だから転勤をさせてもらえる=昇進できる人なんですよ。
    もちろんセクションによっては転勤が必須ではないこともあるけれど
    転勤で得られるものは実に多いです。できれば海外拠点に数年、何カ国かいってもらうのが基本。うちの会社ではね。
    その声がかからなかったってことは昇進の見込みが薄いってことです。これもうちの会社の話。
    転勤は花道ってことですよ。君は昇進が見込める人間だから転勤させてあげるよとお墨付きをもらっているんですよ。
    いわば試験を兼ねた修行ですね。

    ユーザーID:4999045010

  • トピ主さんに質問です

    その1
    本社と支店が2店舗ある会社があります。
    社会情勢などの変化で、A店舗は売上大幅減、B店舗は大幅増です。
    そのため、Aは人あまりでBは人が足りません。
    さあ、A店舗の人をB店舗に転勤させて雇用を守ることは正しいことですか?
    その際、独身者限定だと、責任者クラスがほぼ転勤できない状態の場合どうしますか?

    その2
    自社製品の拡販が見込める新興地域がありました。
    そこに支店を作って売上アップを試みます。
    当然、経験者が行かないと売り込みもアフターサービスもできないから、経験者を送り込むことになります。
    これを独身者限定で行った場合、既婚率の高い管理職クラスの人をどうやってその支店で確保しますか?

    第一、トピ主さんは「転勤は会社の一方的わがまま」みたいに書いていますが、
    転勤させるのにどれだけお金がかかるか知っていますか?
    まともな経営者なら、無駄なことにそんなお金使うわけないでしょう。
    出したお金以上のメリットがあるから転勤を命ずるのです。

    こんなことすら理解しないで、何を言っても「暴論にすらならない」ですよ。

    ユーザーID:1799150993

  • 暴論ではないと思う

    暴論だという意見が多いですけど、既婚・未婚に関わらず会社が転勤を命じる必要性がよくわかりません。今日本以外の国に住んでいますが、実際現地のサラリーマンが転勤するって聞いたことないです。
    もちろん外交官とかは別ですよ、でも転勤は「個人的な事情があって」たとえば西海岸から東海岸へ引っ越したい、という希望者が会社にかけあうもので、会社から命じられてするものではないです。どなたかが参勤交代をおっしゃってましたが、会社に言われたから諾々と引っ越すなんて日本人だけじゃないですか?

    ユーザーID:7549247159

  • 2度目のレスです

    やはり批判が大半ですね。 そうなると思いました。
    では、こう言い換えてはどうでしょう?

    >「結婚している人には転勤を命じてはいけない。」
    ではなく
    >「企業は社員を転勤させる事を当たり前とおもってはいけない。 最小限に抑える事」

    地方の不正、癒着を防ぐ為なら、定期的に本社や外部機関が調査すれば防げます。

    地方の社員は支店長止まりかということですが、特別に優秀な人が地方で採用されれば「本社に移動しないか」と言う打診があってもいいですが、どのみち大半の社員は支店長以下で終わるのでは。

    地方の支店が閉鎖になる様な場合には能力のある人には、どこの支店でなら続けられるけれど引っ越すか辞めるかと言う選択肢を与えれば良い。

    どうしても転勤が必要な職種ではなく、安直に「不正を防ぐには社員を定期的に回しておくのが簡単」と言う理由で人の人生を振り回すのは、改める時に来ているように思います。

    会社側も「2、3年おきに転勤が当たり前」等と言っていたら、今時の優秀な若者は集められなくなって来ると思います。

    ユーザーID:9089495844

  • 終身雇用と年功序列を廃止すれば転勤も廃止に

    うちは在米ですけど、転勤って無いんですよね。ただ昇進でこういう話はどうかという形での転勤?はありますけど、受けなくても良いですし。

    日本の企業は終身雇用と年功序列が当たり前なので、転勤があるのも当たり前なのです。だから自分のキャリアが重要なら、結婚の相手は最初から転勤族は排除しておけばよいですよね。

    転勤族は専業主婦希望の女性、もしくは派遣などのキャリアの無い女性と結婚すれば問題ないわけで。

    婚活では転勤ありというのはこれからかなり不利な点になっていくのでは、と思いますけど。

    もしくは雇用体系が変わり、アメリカのようにレイオフも簡単に出来る、転職も簡単に出来るというようになれば無理して転勤しなくても良くなりますけど。

    個人的には転勤族って結婚の相手の条件としては最悪だと思います。家も買えずに賃貸暮らし、子供も転校ばかり、自分のキャリアもパー、良いこと無いような。。。まあでもそういうパートナーを選ぶのは自分なんだから仕方ないと思います。

    ユーザーID:4013273924

  • 暴論と言うより、酷い人だな

    当方は、大手メーカー勤務のサラリーマン。妻には転勤が有る事を伝えていました。
    主な転勤は、大阪→東京→愛知です。理由は、事業の統廃合と個人のチャレンジです。

    大手企業の場合、生産拠点を統廃合するためとか、開発部門を集中するとかあります。
    もし、転勤を禁止したら辞めてもらう事になります。失業しますが良いですか?
    米国では転勤はないけど、レイオフ(解雇)が頻繁にあります。厳しですよ!

    > 出来る社員がやってきて、・・・なんてドラマですよね。
    これやりました。2億円の利益改善です。事実は小説より奇なりと言う通りです。
    でも、センスが必要な仕事で人材はなかなか育たないのです。で、短期転勤。

    >「転勤の可能性がある」だけで、婚活のマイナスポイントになる人や、・・・
    個人的に魅力がないだけです。婚活している時点でそれは分かるでしょう。
    結婚って、苦労を一緒にしてくれる人とでないと出来ません。

    もし、トピ主さんの提案を実践すると、独身女性(お局さん)はガンガン転勤ですね。
    同じ女性としてどう思います?転勤してろと思ってます? 酷い人だな。

    ユーザーID:6680433489

  • トピ主です。

    トピ主です。

    トピ主表示の出ないものがありますので、まとめておきます。
    1)02/24 13:08「東西反復横跳び人生」
    2)02/24 18:28「転勤があるのを前提にする社会」
    3)02/25 10:20「その転勤は本当に必要な転勤ですか?」

    私が夫の転勤に付いていった一番最初は就職して8年目です。そして何度か転勤・単身赴任と再就職・求職・就職繰り返しました。昔は、転勤で失職し家族がバラバラになるのは当たり前と思ってました。でも平成も26年たっても、まだ同じような事を悩んでいる人がいる。その間に男女雇用機会均等法等、女性が働きやすい環境になってきてるのに、そこだけは変化なし。それこそ、正社員として働かない女性にたいする風当りが強くなってくる。どうすりゃ良いのよって思いませんか?

    一部の会社で、地域限定職種の選択が可能になりましたね。でも、普及しない。そもそも転勤で失職するのは失職する側の事前の判断ミスとされてしまう。(このトピックでもそうですよね)

    私の年齢と無職のくせに!と書かれる方がいます。もし、私が大学教員だったら、どんなレスが付くのでしょうか?

    ユーザーID:2030551120

  • 転勤も色々

    大きく見て2種類ありますね。

    ・いわゆる左遷
    ・優秀な人材のためテコ入れによる栄転

    前者の場合は本人の努力不足なのでクビにならないだけマシだと思います。

    後者の場合は必要とされている人材なので断る権利はあると思います。

    しかし、同じ立場の人が転勤を快諾すれば差がつくのは当然。

    転勤するだけ損なんて状況なら誰も転勤なんてしませんよね。

    以前も書きましたが、転勤がある会社に入社しておいて、転勤に異論を唱えるのは身勝手です。

    転勤の心配の無い職業もあるんだから。

    そしてどこに行っても仕事に困らない職業もある。

    そういった救済措置があるにも関わらず、先の事を考えずに就職しておいて文句を言っても仕方ないでしょ。

    どうも転勤を憎むあまり、転勤がただの人事のいたずらのような認識でしか考えられていない根本が問題のようです。

    郵政なんかは結婚した相手との居住地に異動できるシステムがあると聞きました。

    何の仕事に就いても転勤があるのなら問題ですが、いい大人がわざわざ自分で選んでおいて文句を言うのはお門違いもいいところですよ。

    ユーザーID:1505789798

  • 全て納得したうえで就職したのですよね?

    少なくとも、あなたの旦那様は、転勤があることを納得したうえで、その会社に就職したのですよね?
    ということは、その時点で、将来の奥様(=あなた)には、キャリアを諦めてもらうつもりだった、ということでは?
    そして、そんな旦那様と結婚したのは、あなた。
    転勤を納得したうえで、あなたは結婚したのですよね?

    ちなみに、私の夫は転勤の全くない仕事をしていますし、私も県内異動しかない仕事をしています。

    ユーザーID:0483557669

  • そもそも家族への愛情度が低い

    住所の異動を伴う転勤のある会社に勤める人は、
    家族への愛情度がもともと低いのだと思います。
    自己愛の方が強い。

    そういう人と結婚すれば、
    単に転勤だけに付き合えばいいという話ではなく、
    家庭における様々な場面で、
    家庭を犠牲にするようなことがあるでしょう。

    既婚者に転勤を命じるのをやめろ、ではなく、
    転勤のある会社に勤務する人と結婚することは
    家庭を犠牲にすることをやむなしと考える人と結婚するということです。

    ユーザーID:5212192817

  • 終身雇用の弊害

    これは読んだコラムの受け売りなのですが、
    日本は崩れつつあるとはいわれていますが、終身雇用が前提ですよね。

    ですので、A支店で人が足りないからといって
    安易にA支店で人を雇うことができません。
    一度雇うとやめさせることができないからです。

    一方B支店で仕事が減ったからといって
    一人やめさせることもできないので
    A支店に行かせて雇用を続けるわけです。

    社会が流動化していないので
    会社の中で流動化させるしかないわけなんです。
    金融系は不正防止の意味合いも強いですし
    活性化の面でも必要ですよね。

    もし終身雇用がなくなって流動化すれば
    必要なポストに応募がかかって
    社会全体がフレキシブルになり、女性が子育てのあと応募できる仕事も増えるでしょうし
    長い人生でいろんなキャリアの可能性を追求できますよね。

    正社員がいいこと、終身雇用は守るべき、という論調が主流ですが
    私はもっと流動化した社会のほうがいいような気もしています。

    ちょっとトピずれしてしまってすみません…

    ユーザーID:9959284057

  • う〜ん

    均等法が施行されて就職した人が今年52歳。

    今年定年を迎える方だと
    寿退社が当り前 な時代に就職した世代でしょ?

    結婚したら退職という時代に
    働いていてだんなさんの転勤で退職って
    恵まれていた方だと思いますよ。

    ユーザーID:8826107309

  • 分かるけど、もっと良い解決法がある

    うん。
    他の先進国でも、全く無いわけではない悩みだと思うけど、
    彼ら彼女らが比較的マシなのは、「転職が普通」であり、
    「同一労働同一賃金」という原則も一応ある、ということでしょうね。
    つまり、転居しても、それなりに妥当な職につける可能性がけっこうある。

    日本は、労働市場の流動性も小さいし、同一労働同一賃金でもない。
    新卒で入った会社に終身勤めるのが圧倒的に有利で、
    そこから外れるとびっくりするほど不利になる。
    (ヘッドハントなど一部例外を除く)
    日本は「就職」ではなく「就社」だよね、と言われるゆえん。

    私の意見は、
    「既婚者に転勤を命じることを禁じる」より、
    「いつでもどこでも、同じ職業能力ならそれにふさわしい職につける」社会を目指すほうがいいのでは、というもの。

    前者を言いたくなる気持ちも分かるんだけど、
    現状のままそれをやると、現実には「転勤を受け入れて出世するために結婚しないことを選ぶ」人が増えるだけじゃないかな。

    ユーザーID:7013456253

  • なぜ既婚者だけなの?

    独身の人だっていろいろ事情を抱えていると思いますよ。

    独身で親の介護をしている人や、シングルマザー、シングルファザー等。

    そういう人は結婚してないからどんどん転勤させちゃっていいんですか?

    ずっとその会社で働きたければ転勤の無い人と結婚すればいい話。

    地元密着の企業とか役所とか。実際そうしてる人もいますしね。

    自由に結婚相手を選びたい、でも転勤は嫌と言うのはトピ主さんの我儘ですね。

    ユーザーID:4592205701

  • あなかが大黒柱になれば

    旦那さんの転勤が決まった時、仕事を辞めたくなかったなら

    旦那さんに転職してもらう
    転勤のない一般職内勤(庶務等)になってもらう
    単身赴任してもらう

    の3択があります。

    私の職場には単身赴任している女性もいるので、このことで女性は関係ないです。

    ユーザーID:1390659037

  • トピ主さんが何言ってるのかわからない

    >昔は、転勤で失職し家族がバラバラになるのは当たり前と思ってました。
    転勤したら失職しないでしょう。
    なぜ家族がバラバラになるんですか?

    >一部の会社で、地域限定職種の選択が可能になりましたね。でも、普及しない。そもそも転勤で失職するのは失職する側の事前の判断ミスとされてしまう。(このトピックでもそうですよね)

    転勤する本人は失職しませんよね?
    転勤のある配偶者とわかっていて結婚したなら、辞めずに単身赴任してもらうという選択肢もあるし、ついていくために辞めるなら自分の選んだ結果であって、事前の判断ミスもなにもないでしょう。

    頼みこんで働いてもらってるわけじゃないんですよ?(中にはヘッドハンティングのようなケースもあるでしょうが)多くは、自分の意思で、労働者側がその組織で働きたいという希望で就職してるわけですよ。
    その際に転勤あるかどうかって条件は自分が選択して決めてるわけです。

    その状況で転勤するかどうかは夫婦なら夫婦で話あえばいいだけです。
    逆に言えば、転勤のある人間は転勤を嫌がる人間と結婚しなきゃいいんだと思います。

    ユーザーID:8943998648

  • 雇用が流動化すると

    >もし終身雇用がなくなって流動化すれば
    >必要なポストに応募がかかって
    >社会全体がフレキシブルになり、女性が子育てのあと応募できる仕事も増えるでしょうし
    >長い人生でいろんなキャリアの可能性を追求できますよね。

    >正社員がいいこと、終身雇用は守るべき、という論調が主流ですが
    >私はもっと流動化した社会のほうがいいような気もしています。

    今以上に、弱肉強食に拍車がかかって、低収入層が拡大して中間層がいなくなりますよ。
    米国等は移民社会ですから、移民の低収入層をある意味うまく使ってるんですよ。
    日本もそういうことやれば、同じようなシステムがつくれるかもしれませんが、移民を受け入れないなら、規制緩和で現状でも低収入層が増えているのに、さらに格差が広がるだけだと思います。
    まあ、能力ある人間はそっちの方がうれしいかもしれません。

    ユーザーID:8943998648

  • 私が大学教員だったら?

    まともな大学教員なら、そんな思考の浅い論理を言いません。
    これは「転勤がおかしい」という結論ではなく、その結論を導き出すまでの論理や過程がです
    仮に大学教員だったとしたら「そんなレベルでよく務まるね」と言われるだけです。

    で、トピ主さん。
    転勤は会社が負担するコストがかなりあることはご存じですよね。
    もちろん、全て自費の会社もゼロとは言いませんが、そういうところは
    「ブラック確定で、転勤どうこうを論じる以前の場合」か
    「はじめから転勤費用込みで給料設定されている」か
    のどちらかですから持ち出さないように。

    で、営利企業である会社が、かけたお金に見合わない見返りしか帰ってこないことをわざわざやりますか?
    やる訳ありませんね。

    つまり、転勤で会社にそれにかかるお金(10万は楽に越えることが多い)の数倍かそれ以上の利益をもたらすから転勤をさせるのです。
    逆に言えば、断るってことはそれだけの機会損失を会社に与えているってこと

    そもそも、転勤が一生ない会社だってあるのに、なぜ仕事を続けたいのに転勤ある人と結婚したの?
    それを自己責任と言わないならこの世の中に自己責任が存在しなくなります。

    ユーザーID:1799150993

  • miyabiさんの言うとおりで

    海外では転勤がないとか言っている人がいますが、単に
    「転勤ではなく転職をする」とか
    「首切りが頻繁に行われている」
    などの理由で、転勤してまでその会社にしがみつく人が少ないだけ。
    雇用が流動化しているから、転職のほうを選ぶってだけですよ。


    それに対して日本は基本は終身雇用。
    だから、雇用の流動化を社内でやらざるを得ないのです。

    さらに言えば、外国では職種が大事ですから、日本のように事務をやっていた人が人事異動で同じ敷地内でつなぎを着て工場作業をすることもあります(もちろん逆も)
    あくまでその会社の社員なのであって、雇用を守るためなら職種も変えられるのです。

    都合よく例に出している外国では、同じ事業所内の事務を首にして、同時に工場作業者を新規に雇うとかをやります。
    つまり、事務に工場作業をさせるのはありえないからです。

    このように、雇用形態や仕事に対する考えが全然うのに、一部だけ
    「都合よく」
    持ち出す人は、モノを考える基本的な視野が狭いのではないのでしょうか?

    ユーザーID:1799150993

先頭へ 前へ
121150 / 185
次へ 最後尾へ

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧