既婚者に転勤を命じてはいけないと思います。って暴論?

レス185
お気に入り238

とらんすふぉーま

働く

配偶者の転勤が無くなれば、女性は新卒から定年までずっと同じところで働き続けられると思いませんか?

自分もそうなのですが、夫の転勤で居住地が変わり、退職せざるを得ない女性がそこそこ居ると思います。

大企業や公務員で転勤を一度もしないで定年を迎える人はほとんどいないでしょうし、転勤を拒否し転職する人はほとんどいないでしょう。

もし、「結婚している人には転勤を命じてはいけない。」となったら、女性は安心して定年まで同じところでキャリアを形成し、持家も持て、子どもも転校による不安定な精神や学力の格差が無くなると思います。

私の考えって暴論ですか?

あの会社で働き続けたかったなぁ。

ユーザーID:2030551120

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数185

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ん?

    転勤族の妻です。

    そうですよね!と言いたいところですが、主人の会社では、転勤ありと転勤なし選べます。
    当然ですが、転勤ありにはそれなりの手当てがお給料に含まれているようです。
    逆に言えば、転勤なしにするとお給料が減ります。

    お互い頑張りましょう!

    ユーザーID:5407709751

  • それって

    旦那さんに単身赴任してもらえばいいのでは?

    ユーザーID:8008115085

  • だったら転勤制度を無くしたらいいじゃん

    でも転勤先が良いところだったら付いていくんじゃないの?
    海外とかさ。

    ユーザーID:7665833694

  • 上に政策あれば下に対策あり

    >もし、「結婚している人には転勤を命じてはいけない。」となったら、女性は安心して定年まで同じところでキャリアを形成し、持家も持て、子どもも転校による不安定な精神や学力の格差が無くなると思います。

    たとえば、ある事業所で業務縮小することになり人材が余ったとしましょう。
    転勤はさせられないならば、「解雇しちゃえ」ということになります。
    で、別の事業所では、業務拡大で人が足りないと新規採用ということもあります。
    転勤させられたら簡単だったのにな、職業訓練も無駄になるし。

    というように、トピ主夫さんは解雇されていいのね?

    ユーザーID:9043088603

  • キャリアを追求しないのであれば、暴論ではありません。

    例えば夫が転勤を命じられた場合、妻が仕事を辞めたくなければ、夫が単身赴任をすれば良いのです。
    これは、暴論でも何でもなく、現在の最高裁判例です。
    会社は、キャリア社員(正社員)に長期間の雇用保障を与える代わりに、人材である従業員を
    適材適所に配置するのであって、転勤もその一例です。そうした背景があって、上記の最高裁
    判例の判断となっているのです。

    ですから、長く夫婦共に、一箇所から動かないで仕事がしたいのであれば、キャリア社員に
    ならなければ良いのです(キャリアは欲しい、勤務場所を動きたくない、というのであれば、
    暴論というより、単なる「いいとこどり」です。)。

    なお、これは何も日本だけではなく、アメリカはもっと激しいです。アメリカで夫婦が共に
    バリバリ仕事をしようとすれば、ポストを求めて転職することが多く、それこそ州を跨いで
    職場が頻繁に変わります。もちろん、夫婦が同じタイミングで同じ州から同じ州に移ること
    など滅多にありません。

    ユーザーID:7207681876

  • 単身赴任は考えないの?

    そんなにこだわるなら単身赴任は考えないんですか?
    うちの夫の会社は子供が一定の年齢になるまでや
    その他いろいろな条件に該当すれば
    単身赴任手当てが出ます。
    なので万が一転勤になっても子供は転校不要。
    夫婦で話し合ってついて行くか単身赴任にするか決められます。

    既婚者だろうが独身だろうが、転勤になるのはしょうがないでしょう。
    既婚者に転勤命令出すなと言っていたら、それこそ既婚者だらけの部署はどうしたらいいんですか。

    ユーザーID:2602671653

  • 暴論以外の何物でもない

    企業は成長しつつ利益を上げないといけない。
    利益が関係ない公務員だって、その団体は団体としてのレベルをキープ、
    もしくはアップさせないといけない。
    であれば、そこに属する人にいろんな経験をさせるとか適材適所の意味で
    転勤させることは当然だと思います。

    私の主人は大企業に勤めていますが、転勤なんてありません。
    主人の仕事仲間で転勤があった人はいませんよ。
    業務柄そうなのかもしれませんが。
    多少の配置換えはあっても、転勤まではありません。
    私の父、弟と妹、従弟、複数の友人は公務員ですが、これまで転勤はありません。
    もちろん異動はありますが。

    申し訳ありませんが、既婚者が転勤をしてはいけないという暴論もですが、
    >大企業や公務員で転勤を一度もしないで定年を迎える人はほとんどいないでしょう
    というご意見にも驚かされました。

    そんなにトピ主さんが仕事を続けたかったのであれば、
    転勤がない人と結婚すればよかったんですよ。
    転勤のある人と結婚することを選んだのはトピ主さんなのに。

    ユーザーID:0111438546

  • 同意します

    とらんすふぉーまー様、全く同意見です。

    新卒で入社した企業が大好きでした。
    ずっと働き続けたかったです・・・。

    また今年転勤を命じられましたが、私の仕事は2月〜3月にしか求人が出ません・・・。
    面接に行こうにも1日がかりになるため、現在就業している業務に1日穴を空けることができず断念・・・。

    1年間は仕事がないんだろうなぁ・・・。
    仕事大好きなのに・・・。一生懸命頑張るのにな・・・。
    片手間に、いい加減に仕事をしている正社員の方を見ると、嫉妬ではないけどなんだか虚しくなります。

    転勤がある夫を選んだのも、仕事を辞めたのも自分の決断だけど、やるせない気持ち、とらんすふぉーまー様のトピを拝読して、今の私の気持ちをトピにしてくださって救われた気持ちです。ありがとうございます。

    一緒に頑張りましょう。私もがんばります。

    ユーザーID:4581619935

  • 仕方ないと思う

    単身赴任という選択もあるので、仕方ないかな・・・と思います。

    私の友人も夫の転勤にはついていかず、ずっと同じところで働き続けています。
    持ち家に住んでいて定年まであと10年です。

    ユーザーID:2927300791

  • 逆ですよ、逆。

    40代既婚男性です。

    企業は、全く逆の事を考えています。

    「こいつは結婚したばかりだから辞めない」

    と男性社員に対しては思っています。

    だから、際限なく無茶ぶりをしてきます。
    転勤もその一つ。


    家を買った場合もそうです。

    「こいつは家を買ったばかりだから辞めない」

    単身赴任しか出来ないような転勤を平気で指示してきます。

    部下の幸せなんて、大して考えていません。

    嫁に言うことをきかせるのもお前の務め、と言わんばかり。

    要するに、身動き取りづらい状態の社員に、
    忠誠心を半強制的に刷りこむのです。

    自分がかつてそれをやられたから、
    そして相応に効果があると知っているから、
    部下にもそれを強いる。


    大きい会社は概ね古い会社。
    今の時代、そんなんじゃ良い人材は集まらないと思いますが、
    上はそうは考えないのでしょうね。

    ユーザーID:0608248007

  • それは

    夫婦の問題でしょう。

    単身赴任だって選択出来るんだし、第一結婚する前から転勤のあるなしは解っているはずだし。

    会社によっては現地採用とか故郷採用とか転勤無しの勤務が出来る会社もありますよ。

    続けて勤務したい仕事なら辞めなくてもいい方法を考えてから結婚すればいいだけの話しです。

    ユーザーID:1439478471

  • 暴論ですね

    気持ちは分かるのですが、それが通るなら、
    「会社を辞めたく無い人が、転勤のある相手と知りながら結婚するのはおかしい」
    というのも又、通ると思います。

    そして、転勤が必要な会社なら、どんどん独り者を入れないと回らなくなる。
    そうなれば、既婚者は余剰人員です。
    抱えれば破産ですから、退職を求めるしかなくなります。
    退職しないなら、一律給与を下げるしかないです。

    昔は家族揃ってが普通だった転勤も、単身赴任が主流になりました。
    ご主人に単身赴任してもらい、トピ主さんは働き続けることもできたのに、それをしなかったのは何故ですか?

    転勤も単身赴任もしない。
    会社が回らない? 知らない、何とかしてよ。
    でも家族持ちだし、給料はしっかり頂戴ね、というのは、
    よほど力のある業界でない限り、難しいのではないでしょうか。

    「家族みんなでいたい」というお気持ちはわかりますが、勝手なことは間違いないと思います。

    ユーザーID:2435858893

  • 一長一短なんでしょうね

    将来、親の面倒を看なければいけないから、とか地元を離れるわけにはいかない理由がある人は
    最初から転勤のない職場を選んでいると思います。

    逆を言えば、転勤を承知で就職、またそういう相手と結婚したなら仕方のないことですね。

    既婚者が転勤ナシになれば現状では出世もそうそうはなくなるでしょうから、大企業に勤める
    意味がなくなってくるのでは?

    主さんのように仕事を辞めたくないのに、って人は別居っていう形をとるようになるのが
    痛いところなんでしょうね。

    ユーザーID:5316054184

  • 暴論

    転職か転勤か
    選んでるのは、貴女方ですよ
    転職のリスクと天秤にかけて、転勤を受け入れたのでしょう?
    それから、別に女性が仕事を辞める必要も無いのですよ
    貴女が稼ぎ頭になる選択もあったはず
    収入と家庭を考えて選んだのも貴女方
    加えるなら、女性の社会進出を妨げてるのは、同じ女性ですよ
    全てでは無いですが、女性は、自分達に都合の良いものばかり主張して、悪いものには蓋をする
    その結果、理想ばかり高くなって
    叶わないと不平不満が溜まる
    今の貴女の状態です
    転勤しても生活が保障されているということが、どれだけ幸せか
    今ある幸せより、理想と現実の溝を大きくして不幸だと叫ぶ
    それを選んで受け入れてるのは、紛れもなく貴女なんですけどね
    雇う側に不満があるなら辞めるか
    雇う側になるしかないですよ

    ユーザーID:6151212447

  • うーん

    悩みますね。あの時こうしていたら?だけどもう過ぎた事ですね。アナタの意見に賛成とは言えないかな!公務員は、癒着という問題有ります。企業も同じメンバーでは変化無しでは、景気にも影響あるような…仕事辞めずに子育てする方は恵まれています。考え方を変えれば悪い事ばかりでは有りません。仕事をしていたら出会わなかった縁も有ります。違う目で世の中を見れると思います。仕事以外にも世の中の色々な問題に気がつくのも子育てしている時と思います。

    ユーザーID:1351668974

  • 極論すぎる

    組織ってそんな単純ではないんですよ。仮に転勤を命じられた方が非常に優秀であったからこその転勤だとしたら、その人の変わりは誰にするんでしょうか?
    結婚していない人間からか、もしくは女性から選ぶことになりますが、大抵結婚していない男性は若い人、つまり実務経験がそれほどない人間になります。女性の場合で総合職でバリバリする人が全体の何%いるでしょう。
    さらに、こういうと必ず男女差別だという話が出ますが、女性の場合は結婚後退職する方、または仕事をセーブする方が多いと思います。そう考えると中々重要なポストには就けられないという現実があるんです。

    まぁとにかくそんな簡単なことではないですよ。

    ユーザーID:4703550442

  • もう、そういうのやめて

    転勤してもいい既婚家庭もあるし、単身赴任してもいい既婚者もいるし、
    出世に響くとしても、家庭第一を考えて転勤を断る方を選ぶ人もいる。
    そんなの個々で選択すればいいでしょ。

    なんでみんなを一律自分の都合に合わせようとするの。
    そんなことやったって、転勤が必要な仕事なら
    転職を命じることが出来ない人は取らないか、そういう部署に配置されなくなるだけですよ。

    まあ、現実的にいくらなんでもそんな暴論通りませんけどね。

    ユーザーID:9089641641

  • 気持ちは分かります

    でも、となると海外勤務はどうなるの?日本人は結婚もしないくらいの新卒あがりやぺーぺーしか配属できないことになりますよね。うちの会社で私の周りだと部長(前後)職で未婚者は皆無。課長職でも8割が結婚してます。となるとその国で人員を調達するしかありません。しかも高い位の人間を。

    そうなると結局「未婚者と希望者」を募ることになる。
    そうなっちゃうと必然的に「希望」した人間は出世コースに乗る、というような暗黙の了解ができちゃう。必然的に皆が希望せざるを得なくなる・・・ということです。

    おそらく今だって企業で転勤を断ってもいいはずです。うちの父は一流企業で勤めていますが25年間断っていましたから。その代わり窓際に配属になるというだけです。

    また、人を入れ替えるというのはいろんな悪事を防ぐという意味もあります。転勤があるということは大手であるということですから、同じところに同じ人がい続けるといい事ばかりではないのです。いい人ばかりではないのよ、世の中。癒着やら横領やら、ずっと同じところに居続けるがゆえにできてしまうこともあります。人が変わればこそそれを明るみに出すことができます。

    ユーザーID:5400871337

  • 会社の都合や利益は考えないの?

    タイトルのままですが・・・私は女性ですが、とても不快に感じます。
    会社は労働者のためだけにあるのではありません。
    新卒で採用されても数日も経たないうちに辞めてしまう人もいますよね?
    やっと一人前になったと思ったら自ら望んて転職してしまう人もいますよね?
    その人の能力を見込んで赤字の事業所を立て直してもらいたいと思っても、既婚者だから転勤はダメ?
    何かと権利ばかり主張しすぎじゃないですか?
    転勤がないと収入が少ないとか違うところで不平不満を言うんですよね?
    「あの会社で働き続けたかった」と思える会社に就職できたことは幸せだと思いますし、トピ主さんの自由ですけど、それを社会や会社の仕組みのせいにするのはおかしいと思います。
    暴論もいいところですね。

    ユーザーID:3031022590

  • 自覚がないのですね?困ったものだ。

    明らかに暴論です。
    自己中心の程度が過ぎるともはやそういった感覚がマヒしてしまうんでしょうね。
    なぜ企業や役所に「転勤」が必要なのか、全く理解ができていません。

    個人の事情でどうしても転勤ができないなら、前もって早めに会社に言っておいてください。
    それだけでも雇用契約違反の可能性がありますが、やむを得ない事情が発生したということで
    会社には認めてもらうしかありません。

    ただそうなった場合、昇進や昇給、その他あらゆる処遇について影響が出ることになりますが、
    その覚悟は当然ありますよね。

    ユーザーID:7164102556

  • 別に

    家族は常に一緒に住まなきゃいけない決まりもないので、
    うちは子供が小さい内から持ち家を取得して、夫が単身赴任していました。
    私は仕事を辞めずに済んだし、子供も転園・転校せずに済みました。
    夫は大人ですから自分の身の回りのことは自分でしますし、
    私も元々激務の夫には家事や子育てに関して夫の協力を当てにしていなかったこともあって
    何ら支障は無く、私も働くことでローンも早々に完済できましたし、
    小さい子供を見知らぬ土地で転々とさせるより良かったな、と思っています。
    家族のコミュニケーションについては、今のご時勢いくらでも通信手段がありますし、
    定期的に夫が帰省することや、子供の長期の休みは私も休みを取って夫の赴任地へ連れて行ったりしていました。
    今は夫は帰任してごく普通の家庭生活営んでいますし、幸い今の所は子供も良い子に育ってます。

    まぁこれは家庭によるので、常に家族一緒にいることは何物にも変えがたい!
    というご家庭もあるというのはわかります。
    でも無い物を外に向かって叫んでも与えられるわけではないので、
    各家庭でフレキシブルに対応する方が余程有益だと思います。

    ユーザーID:6068659829

  • 独身者は?

    結婚前提に付き合い中の人もいるかも知れないし、
    よんどころない家庭の事情を抱えている人もいるかも知れない。

    結婚してる人に転勤を命じてはいけない、となると異動者は自ずと独身者になるよね?

    配偶者の転勤による奥様方の退職には同情する点はあるけれど、

    配偶者アリの家庭の未来図の為に独身者だけ異動アリ。
    は暴論だと思う。

    職種によるけど、私の勤務する会社は年2回定季異動あります。

    (変な馴れ合いを避ける為、キャリアアップの為など他、理由があり)

    その主さん理論だと、穿った見方すると
    異動嫌ならはよ結婚しろ。
    とも取れるけど。

    他人の家族の未来設計図の為に異動なんて私はイヤですね。

    ユーザーID:8477975467

  • 暴論です

    メンドーなことは、全部独身に押し付けようってことですよね。ワ・ガ・マ・マ!
    転勤がないところで働けば?

    ユーザーID:3998938725

  • 転職してちょ

    暴論ですね。
    転勤したくないなら、転勤のない地方の中小企業に転職してください。
    もしくは単身赴任でヨロシク。

    >女性は安心して定年まで同じところでキャリアを形成し、
    持家も持て、子どもも転校による不安定な精神や学力の格差が無くなると思います

    それって、自分が転勤するため夫に「アタシについてきな!」っていう
    バリバリの働く女性にケンカ売ってんですか?
    『結婚してる』ってだけで、自分の能力を試すための栄転が不可能だなんて!!
    旦那だけじゃなくて、妻にも相応の能力があるなら有り得る話ですよね?
    最初に支社等に採用されたら、どんなに頑張っても能力あっても、
    『既婚者』というだけで本社や希望する部署には行けないなんてバカげてる。

    >あの会社で働き続けたかったなぁ。

    旦那さんと話し合いしなかったんですか。
    最終的に退職を決断したのはトピ主です。
    それを今更愚痴愚痴と…。
    他の女性の足を引っ張るようなことは言わない方が良いですよ。

    ユーザーID:5858909232

  • 自己責任。

    >ずっと同じところで働き続けられると思いませんか?
    大前提がおかしいでしょ?
    なら、なぜ転勤のある職種に就いたんですか??
    最初から転勤がない会社、転勤のない職種を選んでおけば済む話です。
    転勤があることは当然分かっていて就職してるのですから、矛盾しますよね?

    のど元過ぎればなんとやらで、
    てきとーに採用され易い職に応募するから、あとから困るだけ。
    まさに自己責任ですよね

    >「結婚している人には転勤を命じてはいけない。」となったら
    まず、役立たず=既婚者がじゃまな存在になりますよね
    仕事が出来ないなら去るのみでしょう。

    ユーザーID:6054494046

  • 正論で部分的に実現済

    限定正社員という制度もできましたが、既に殆どの企業や公務員で実質的に実施済みだと思いますよ。

    転勤があってもせいぜい同一県内で、住居を替えず通勤可能な範囲に留めたり、県を跨ぐ転勤は、幹部候補除いて独身者の多い世代に限られたりとか。

    中小企業が9割ですし、世帯を持ってから住居を変えねばならないほどの転勤が有りうる勤め先にいるサラリーマンのほうが少数では。

    公務員なら、国家総合職でなく、国家一般職で地方庁舎に勤めるとか、地方公共団体や独法を選んどけば、ってことでは。絶対数で、段違いですよ。
    マスコミなら、全国紙でなく地方紙に就職すればいいのでは、ってとこですね。

    それと別に、すむ場所にこだわったら仕事にならない職もあるけれど、それはまた特殊だしね。

    自分の仕事を辞めたくないなら、転勤のない仕事をもつ夫を選びましょう、と言っても、それほど問題ないんじゃないかしら。

    ユーザーID:1338950555

  • うん、まぁ、結構ムチャな理論ではあるかなと。

    転勤族の妻です。

    私自身は、結婚前は派遣で働いていたしキャリアに興味がなかったので、そもそもトピ主さんとは仕事に対するスタンスが違うのですが、

    まぁ、暴論とまでは言わなくても、無茶ではあるかなと思います。

    理由
    ・キャリア志向の女性が、はたしてどれくらいいるのか。
    「キャリア志向の男性」を分母としたときでさえ、かなり数字が低いのでは?

    ・転勤ありきの会社は大体そこそこの規模の企業ですよね?
    転勤をかさねて、キャリアと実力を養って、昇進・管理職・未来の重役へとなっているはず。
    後任が育たないのは、企業にとっては大打撃も甚だしい。

    ・子供の転校については、皆悩んでることだと思いますが、一定の所で単身赴任に切り替えれば、一応問題解決。

    トピ主さんの言いたいことも分かりますが、極端な話、日本という国は今までそうやって大きくなってきたんじゃないでしょうか?


    なので、全既婚者を対象ではなく、

    「仕事を続けたい女性と結婚した男性社員は、転勤を望まない限り会社に強制的に異動を命じられることは無い」

    辺りが落とし所かなと。

    これはこれで男性優位の逆だ!とかなりそうですけどね。

    ユーザーID:7877697595

  • 転勤がない制度にしたら、定年まで低賃金で働く事になる

    トピ主さんは「働く人視点の」転勤のデメリットばかりを挙げていますが、
    転勤のメリットとか必要性についてはどう考えていますか?

    転勤は会社が従業員に意地悪しているくらいに思っていませんか?


    トピ主さんの案を実行すると、既婚者はいわゆる「地域限定社員」みたいな扱いになるでしょう。
    つまり、出世や昇給は早々に頭打ち。でないと、転勤有りの独身者とのバランスが保てません。

    ということは、共働きは可能でも、共働きしてやっと生計が立てられる程度の
    低収入の家庭が続出するという事になりそうです。

    しかも、仕事を辞めざるを得ない理由は転勤ばかりではなく、
    親の介護とか自身の体調不良もあり得ます。

    そうなって片方が仕事を辞めたら、そのまま家計が破綻する可能性大ですね。
    つまり、何があろうと仕事を辞めるという選択肢自体が剥奪されるのです。


    転勤だけに限らず、相応の収入を得ようと思ったら、相応の努力や犠牲はつきものです。
    それを誰がどのような形で引き受けるかは議論の余地がありますが、
    少なくともおいしいところだけを取ろうというのは無理ですよ。

    ユーザーID:8646533674

  • わかってて結婚したんだよね?

    うちは転勤大歓迎ですよ。
    そんな変なルール必要ありません。

    ユーザーID:6896459884

  • 暴論というか、

    そもそも転勤のある人と結婚しなければよかったのでは?

    ユーザーID:6996091882

  • トピ主さんに同意

    私はトピ主さんにエールを送ります。

    夫(父親)に転勤の辞令が出ても、妻や子供にも色々と事情があって付いて行くことが出来ず、結果的に単身赴任になっているご家庭が周りにたくさんあるので。

    長い人は子供が小学生と幼稚園の時に単身赴任となったまま、その子達が大学生と高校生になった今現在も戻って来ません。
    戻って来られないでいるうちに長女さんがお嫁に行ってしまうのでは?と思うと気の毒です。

    何の為に転勤が必要なのか?といえば、その理由も分からなくはないです。
    だとしても、一か所で真面目にコツコツ働いたなら、それはそれで良いのに…と思います。

    家族の誰かが犠牲になるか、家族がバラバラに暮らすか、そのどちらかしか選択が出来ないなんて酷ですよね。

    ユーザーID:1820421714

  • 都市部以外の地域の終了のお知らせ

    北海道に250万人
    宮城県に110万人
    東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県に1,800万人
    愛知県・静岡県に600万人
    京都府・大阪府・兵庫県に800万人
    福岡県に240万人

    47都道府県のうちの13都道府県だけで国内の全就業者人口の半数以上を占めています。

    これは現在の転勤がある状態の上での数字ですので…ということは、わかりますよね?

    ユーザーID:6788920767

  • トピ主さんは働き続ける努力をしなかっただけ

    私自身は遠方に嫁いだため、当たり前のように寿退職して専業主婦になりましたが(そして夫以外誰とも話をしない生活に耐え切れず反対を押し切って仕事を始めてしまいましたが)、地方公務員(教員や保健師)になった友人は、ご主人と相談の上、自分の勤務エリアに家を建ててご主人が新幹線通勤や単身赴任をしたり、転職したり、いろいろ工夫していますよ。
    勿論、別居婚の人もいますし、途中から妻が単身赴任をした家庭もあります。
    キャリア形成も持ち家も転校問題も、クリアできなかったのはトピ主さんの身の丈の問題では?
    トピ主さんにとって退職がベストだったのでしょうから、振り返らずこれから遅れを取り戻すことを考えた方が建設的だと思います。

    ユーザーID:7166847192

  • トピ主さんは自分勝手ですね(笑)

    30代後半、都内メーカー、年収550位です。一般職のため引越を伴う異動はありません。通勤は最大90分までです。給料は総合職の7割ですが、部署によっては同じ職務を担当されられます。5年後は面接のみで総合職へコース変更も可能ですが、その逆は認められません(年に数人希望があるが、不公平になるため認めていないそうです)。

    近年は大手採用は総合職のみとなり、一般職の大半派遣に置き換えられ、住み分けは難しくなりました。しかし結婚したら転勤はなしで給料は同じで、というのは不公平だと思います。

    ある飲料メーカーでは、介護や配偶者の転勤で退職した場合は無条件で復帰できますし、業界(コンサルや広告等)によっては定年まで本社のみもありますよ。友人は夫とは違う企業で、夫は転勤直後は単身赴任をしていましたが、半年後に彼女の希望が通り同じ地域に異動できました。

    結婚後の異動が嫌ならもう少し下調べをして入社するべきでしたね。都心が多いとは思いますが、最近はやや女性優遇を掲げ、いくつかの選択肢を用意している企業は結構あります。次回の就職活動では希望が叶う企業に出合えるといいですね。

    ユーザーID:0453496963

  • 結婚しなくなりますよ

    暴論ですね。
    一言でいえば『誰も得しない』話です。
    私は女ですが、女の身勝手さ全開、女に甘い意見過ぎて、気分が悪いです。
    そもそも何故女性が辞める前提なんでしょうね。
    どうして女性の働き方を改善するのに異性を動かそうとするのでしょう。
    まずは女性側から始められることもあるでしょうに、それはもう万策したのでしょうか?

    転勤を命じてはいけないとなれば、企業は既婚者を雇わなくなりますよ。
    結婚・妊娠する確率の高い女性を雇いたくないのと同じです。
    そうなれば結婚しなくなりますね。私ならしません。特に結婚の必要性の低い男性はしなくなるでしょう。
    そうした場合、困るの一人で生きる力に欠ける女性。全てではないけど多くの女性は男性の経済力ありきですから。

    >子どもも転校による不安定な精神や学力の格差
    これは家庭のフォローが足りないだけ。転校自体にそんな悪影響はないですよ。
    そんな親の力不足まで企業に責任転嫁してはいけません。
    私も私の友人も幼少の頃から何カ国も親の転勤についていっていますがそんな悪影響ありませんよ。親のやり方一つです。

    転勤がなくなったら嫌だな。

    ユーザーID:4999045010

  • 気持ちは分かるけど・・・

    家族から見たら、ご主人は家族のために働く存在ですが、
    会社から見たら、ご主人は会社と株主のために働く人材です。
    会社員は、賃金を得るために働くのではなく、会社と株主に利益をもたらすために働くのが
    本来の姿ですので、会社のために転勤することはやむを得ないでしょう。

    会社としたら、人材を動かし新しい風を送り込まないと
    組織が煮詰まり発展しません。
    既婚者に転勤を命じてはいけないとなると、適材を適所に配置できなくなります。
    有能な既婚者が力を発揮できる場所で働く機会が減ります。
    有能な既婚者を埋もれさせることは、本人と会社にとって不利益です。
    そして、既婚者が転勤をしないとなると、転勤は単身者のみとなります。
    転勤は既婚者にとっても単身者にとっても負担ですが
    単身者は既婚者のために我慢しろと?なぜ?

    トピ主さんのように考える女性は、転勤のない男性と結婚したら良いのだと思います。

    でも、気持ちはよく分かります。
    既婚者が転勤となると、共働きの家庭では一方が退職・休職することになるし
    お子さんがいらっしゃる家庭では、お子さんの転校問題もありますしね。
    負担が大き過ぎますよね…。

    ユーザーID:1324137727

  • いいと思いますよ

    ですが転勤無しを条件にするなら収入も大雑把に言って3割減くらいにさせてください。

    それでもいいですか?

    あと業種や会社の規模によっては転勤なしでは経験できるポジションや職種が制限されますので、管理職昇格の対象外にせざるを得ない可能性もあります。
    万年係長止まりということです。
    私の会社でも営業職で転勤なしなら管理職路線には乗りません。専門能力があれば30代以降の転勤なしでも本社管理部門で昇格しますが、適性がなければ何年勤めても係長にすらあがれません。

    それくらいなら単身赴任の方が良いのでは?

    ユーザーID:0908757160

  • 暴論というか、世間知らず?

    どうして企業には転勤があるのか
    その理由を勉強してください。

    自分の都合だけで、企業のリスクを顧みずに意見を言うのは
    恥ずかしいことだから控えた方がいいですよ。

    ユーザーID:4771803465

  • はて?


    その説に従うと、異動は未婚者だけになりますが、それで会社は回るんでしょうか。

    配偶者=女性、ではないですよね、いまの時代。

    ユーザーID:8380126910

  • 日本独特


    日本ではトピ主さんの意見は暴論かもしれませんが、同感です。米国在住ですが、こちらでは転勤はほとんどないのです。
    勿論会社ごとの職種にもよると思いますが、転勤があったとしても、日本みたいに頻繁ではないです。出張は頻繁にあったりはしますが。

    日本では大手に勤めていたりすると転勤は不可欠。これって日本企業独特ですよね。家族がいても関係ない。
    妊婦の奥さんが日本に居るので仕方なくアメリカに単身で駐在とか、何人も見ています。こっちではありえないので、周りのアメリカ人はみなお口あんぐりです。

    こちらは家庭があっての仕事ですので。よーっぽどいいお給料を貰ってない限りは、おそらく皆他の仕事を探すでしょうね。

    そんなご家族は本当に大変だと思います。そういった理由で女性のキャリア構築が出来にくいのは本当に残念です。転勤させる利点はそんなにあるのでしょうか?興味深いです。

    ユーザーID:2487018198

  • そうなるべき

    暴論に聞こえるけど、そうなってゆかなければならないと思います。

    終身雇用で年功序列、会社の為に一生懸命尽くしていたら、その家族は一生会社から守られて生きてゆけると言う時代ではなくなっています。

    家族を養うのに十分な給料ではなかったり、レイオフがあったり。

    そして、女性の働く権利も認められて来た今、2、3年おきに引っ越しを強いられる様な働き方はもはやブラックです。

    単身赴任などと言って家族をバラバラにして平気で働かせる会社もブラックです。

    勿論、海外に誰かが行かなければならない業種や、海外でも妻同できない危険な場所など、転勤を完全になくすのは無理でしょうが、今の習慣はあまりにも簡単に社員を他の地域に送り、その家族が犠牲になる事を当たり前とし過ぎていると思います。

    出来る限り転勤と言う概念を無くして、最小限に留める。
    必要な転勤に関しては「打診」という形で、社員が断る事を想定に入れる。

    こういう事に関しては「変わるのは無理」と言う意見が沢山出るでしょうが、世界を見渡して日本ほど理不尽に社員を動かす社会は珍しいです。

    少しずつ変わってゆく時だと思います。

    ユーザーID:9089495844

  • うーん・・・

    私も結婚退職で転勤族の夫についていったクチですが、配偶者がいる人は「転勤なし」は難しいと思います。
    (もともとの職場は会社の性質として同勤務地で長く勤めることのできない転勤ありきの職場でした/夫は全然別の会社です。)

    独身者だけ転勤ならそりゃ楽ですが、転勤も折り込み済みの就職なら給与もそれなりに考慮されているでしょうし、転勤族でない配偶者を得る方法もあるでしょう。

    >女性は安心して定年まで同じところでキャリアを形成し、持家も持て、子どもも転校による不安定な精神や学力の格差が無くなると思います。

    そうとも限らないと思います。

    ユーザーID:9779206741

  • 収入面を気に欠けなければ

    当然愚痴ですよね?

    中小企業、地方公務員、転勤らしい転勤がない所なんていっぱいありますよ。
    分かってて結婚したんでしょう?

    そんな相手を選んだのも自分の選択だと思いますが。
    別居しなかったのも自分の選択ですよね?

    夫の勤め先を潰す気ですか?

    ユーザーID:2414061233

  • 転勤拒否

     会社は転勤を命じる権利がある。そして社員も、転勤を拒否する権利があります。その結果退職に追い込まれたら、労基署に訴えれば良い。

    ユーザーID:3106403605

  • 同じところに居て

    キャリアなんて積めるんですかね。(笑)

    そんな世間知らずの上司なんて嫌だな。

    転勤することで得られることもあると思うんですけど。

    大企業で夫婦で辞めずに仕事頑張ってる人もいますよ。

    子供にとっても、マイナス要素ばかりでもないと思いますが。

    転勤が嫌なら、職を選べば良いんじゃないですか?

    ユーザーID:1335203282

  • そうかな??

    夫、大企業勤務。
    20代の時、地方の支店へ転勤になり、そこで私と出会い、結婚。
    この場合はどうすれば??

    本社(東京)に戻るなら、私は仕事を辞めることになるし、地方に残るなら私は仕事を続けられるけど、夫の出世は地方の支店長止まり。

    夫婦で正社員で、どちらかに転勤があった場合、別居という選択肢もありますよ。
    もう少し想像力が欲しかったなー。

    ユーザーID:9064658399

  • 組織で働く者に

    異動はつきもです。それが当然だと思っていました。
    最近では主さんのような考え方を法的に云々という話を耳にします。
    私が勤めている企業は、合理的な理由があれば転勤は免除されます。
    しかし、給与も何割か減額されます。
    例えば、親の介護をしなければならないとか子女に障害があるなどです。
    こういったケースは医療費など経費が掛かる一方で給与が少ないという
    矛盾があります。已むに已まれず単身赴任をする場合もあるでしょう。
    主さんのところでは単身赴任の選択肢は無かったのでしょうか。
    多分国内の企業へ就職をする際に転勤(異動)については意義を述べない旨
    誓約書などに署名していると思います。嫌なら辞めますということです。
    主さんが起業して社長にでもなれば解決するかもしれません。

    ユーザーID:1859675690

  • 暴論ですね

    確かに女性のキャリアアップの為には一つのハードルではあるんでしょうね。
    でも暴論ですね。
    この場合は単身赴任を選ぶのが普通です。

    ユーザーID:6454477375

  • 暴論ですね

    ずっと働き続けたい会社だったなら
    1転勤のない相手と結婚する
    2単身赴任をしてもらう
    3結婚しない
    解決策があるのですから会社に既婚者転勤禁止なんて無茶な事は言わないように。

    ユーザーID:3523946461

  • なるほど一理ある

    でも私は一箇所にずーっと住み続けるなんて真っ平ゴメン!もっと色んな地域を知りたい(旅行レベルでなく)ので
    喜んで子供とともについていってます。
    いまや世界のいろんな場所に友達がいて本当に視野が広がって楽しいことだと思ってます。
    子供の大の親友は、フィンランド人とスリランカ人と日本人です。まさにプライスレス。
    私の仕事は、もちろん稼ぎはガタ落ちですがその土地土地で同じ分野でボランティアしたり勉強だけだったり、そんな人生もありですよ。

    ユーザーID:2276410368

  • 暴論というより

    勝手に世迷言をほざいてなさいっていう感じですね。

    ユーザーID:3288388352

  • 「お口ポカーン」

    しちゃうレベル。
    暴論どころか戯言。
    幼稚園児の「ボク、ママと結婚する!」ってと同じレベル。


    >夫の転勤で居住地が変わり、退職せざるを得ない女性がそこそこ居ると思います。

    だから何?
    転勤先で働けばいいじゃん。


    >女性は安心して定年まで同じところでキャリアを形成し、持家も持て、子どもも転校による不安定な精神や学力の格差が無くなると思います。

    なんで?
    住む場所が違ったくらいで働けなくなるレベルの人間なんて、
    これからの時代は大抵の会社で定年前にリストラ対象よ。
    持ち家に至っては何のことやら?
    転勤って都会→地方の方が多いから、土地と物価の安いそこで貯金
    して家建てる人もいるんだけど?
    子供も転校で不安定はまだしも、なんで学力の格差解消に?
    人材が固定化したら学力も固定化するけど。

    ってかさ、転勤って大きなスキルアップで栄転や出世の一貫でも
    あるわけ。
    「結婚したら転勤不可」って事は、働きたいなら結婚しないか事実婚
    するしか無いじゃん。
    何?その差別。
    世の中には「夫が転勤しなければ私はあそこでずぅっと働けてたはず」
    なんて甘っちょろい事を思う人間ばっかりじゃないんだけど。

    ユーザーID:1726902274

  • そう?

    私も結婚してすぐ夫の転勤で退職した者です。

    私は別になんとも思いません。
    転勤族だからって持ち家を持てない訳でもないですし(現在の住まいは持ち家)、確かにずっと住めはしませんが、色んな物件を見られる分、最良の持ち家に今後できます。

    子供への負担はありますが、転校を経験することで周囲への対処の仕方を早くに学べて大人になるためにはいいと思っています。
    どうせ転校したとしても中学1年くらいまでですし。

    ちなみに私は大手に勤め、収入も夫より多かったです。
    でも色んなことを考えると夫が退職するよりはいいと考えて、喜んでとは言いませんが退職するのは仕方ないと思っています。

    欲を言えば定年まで居たかったですが、行った先々で知り合いも出来ますし正社員は無理でも派遣などで働くことは可能です。
    色んな会社を経験できますし、収入はグンと減りますがそれでも夫も収入がある訳ですからそんなに問題とは思いません。

    トピ主さんがそう考えるなら、トピ主さん一家はそうすればいいんですよ。
    転勤拒否すればいいだけなので。
    でも何故転勤がある人と結婚したんですか?
    暴論というより選択の誤りとしか思えません。

    ユーザーID:3148699244

  • 時代遅れ

    同意です。

    転勤て家族の人権を無視した会社の横暴だと思います。

    ヤマト発進さまのレスの通り「古い会社の忠誠心」
    だと思います。


    日本の民法の752条では「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」とあります。
    せっかく結婚しているのに簡単に単身赴任すればいいとか考えるのに疑問があります。私は夫と一緒に生活したいのでどこまでもついて行きます。

    がんばりましょう。

    ユーザーID:2494754779

  • なんで旦那だけが転勤する前提?

    昨今は女性でも地方転勤当たり前ですが。(私も春から転勤です)
    トピ主さんは転勤がない事務職採用でしょうか。

    どうして妻は夫にくっついていく立場固定なんですか?
    ご自分には本当は一生勤め上げる覚悟なんてないからでしょ。
    違うと言うなら、単身赴任するなり、同職種で転職活動はじめるなり考えるでしょう。キャリアってのは「同じ会社に所属し続けること」ではありませんから。

    大体、転勤しなくったって定年までその会社で勤め上げるかどうかなんて分からない。人間関係が拗れて嫌になるかもしれない、仕事で大失敗して居づらくなるかも知れない、リストラされるかもしれない。
    そういう可能性は全部無視?

    転勤さえなければ病気になっても親や家族の介護で手一杯でも絶対に会社を辞めないんですか?

    視野が狭すぎて暴論とか言う以前の話です。

    ユーザーID:7485147685

  • では誰が転勤するのですか?

    シングルマザーとか親の介護独身とか?

    ユーザーID:3294784648

  • あなたが辞める前提なのがおかしい

    夫婦で、「家族は離れないほうがいい」「給与が夫の方がいい」など比較し損得を考えて妻が退職するならしょうがないとしか言えないのでは?そのほうが得だからそうするんでしょ?あなたの家の損得なんて企業は知りませんよ。

    うちは遠距離恋愛でしたが、お互い地元の大学で、私は地元にある転勤なしの大手企業で総合職、彼は名高いブラック企業で全国勤務、で就職が決まりました。
    結婚の話が出たとき「私が食わせてあげるからあなたが転職してね」と譲りませんでしたよ。「男のプライド」以外に私が辞めて彼の勤務先(地方)に行くことに何か得があるのって。
    私の会社は女性に優しく定年まで働く(総合職で)人間も多い。給与も世間並み。名前の知れた大手の企業です。もちろん同期含め同じ給料で家庭を持ってやっていっている男性ばかりです。あなたと私の勤め先が逆なら、自分が損だと判断して私は当然あなたに合わせるわ、と。

    あなたも夫に転職してもらえばいいではないですか。そこで定年までキャリアを続けられますよ。家族一緒にいたいなら。

    ユーザーID:5400871337

  • 東西反復横跳び人生

    「暴論」と思われる方が多数ですね。そうだろうなって思います。

    本当に転勤がないと企業は成長しないのでしょうか?
    大きな組織だからこそでしょうが、一人二人が転勤したからと言って社を挙げての業績アップもないし。優秀な人は何処にいても優秀です。癒着も大企業なら、社内異動で対策が立てられるし。

    江戸時代に参勤交代があったのは、地方のお殿様の財力気力体力を消耗させ、謀反を起こさせないようにするためと習ったことがあります。

    転勤の内示が出て、嬉しいと思う人と嫌だなと思う人、どちらが多いのでしょうね。

    どこでも仕事できる資格を取ればいいという人も居ましょうが、未来の配偶者の転勤の可能性ありきで職種を選ぶのは寂しいです。

    自分の同級生がもうそろろ定年退職の時期を迎えます。年賀状だけのやり取りですが、続けられてることを羨ましい気持ちです。能力のある人がその力を十分に発揮できてるのは良い事です。

    自分の能力にあった仕事を続けたい人が続けられ、結婚したい人と結婚して、家族で一緒に暮らしたい人が一緒に暮らし続けられる、手に入れるのはかなり難しい事なんですね。

    ユーザーID:7571956182

  • 転勤する独身者は

    一生独身のままになっちゃうじゃん・・・。

    ユーザーID:7817840520

  • 地域限定正社員

    「結婚している人に転勤を命じてはいけない」という規制は、結婚したら強制的に地域限定正社員に契約変更するってことですよね? 仕事と関係ない婚姻状態で差別することになりますから、それ自体が無効な規制になる可能性が高いでしょう。その意味では暴論というか空論。 

    もちろん、希望者について地域限定正社員に契約変更可能ということであれば法的な問題はないと思います。夫婦で地域限定正社員になって特定地域で暮らすという選択はアリでしょう。これなら今でも労使が合意すればできそうです。

    ただ、全国規模で営業している会社で地域限定正社員を選んだ場合、全国転勤アリの人とは昇進や給与、雇用の安定度などで差がつく可能性は高いと思います。「配偶者が仕事を辞めないために、自分は出世を諦める」という納得は夫婦間で必要ですし、「あなたの勤務している○○支店は閉鎖になりましたので解雇です」みたいに増えるリスクは共稼ぎでカバーしてください。

    ユーザーID:0099407493

  • 幸せは天から降ってこない

    好きな(自分に合ったなどなど)仕事をずっとできるってのは、才能や努力とは別に運もあるかもしれない。
    でも、多くの場合、努力や犠牲を伴うのではないかなぁ。(本人がそう意識してない場合もあるけど)

    がんばって!

    ユーザーID:8878197239

  • 変なの

    夫に単身赴任してもらう
    夫に転勤を断ってもらう
    トピ主さんが勤めていた会社に転勤がなかったのなら、トピ主さんが大黒柱になって夫に転職してもらう
    そもそも転勤族と結婚しない

    など選択肢がありますが、トピ主さんが会社を辞めて転勤に付いていったのはなぜですか?

    ユーザーID:6180260283

  • 日本には職業選択の自由がありますよ

    転勤をしたくないから地方公務員や資格職を選択する人も多いです。

    特に女性は昔から手に職と言われていますよね。

    看護師等の日本中どこに行っても仕事に困らない資格があります。

    女性の割合も多いですね。

    それを選ばないのも本人の自由です。

    しかしそれによって受ける不利益(転勤等)も入社時に隠されていたわけでも無いのなら正当な話です。

    トピ主の理論は、中華料理専門店に入っておいてハンバーグを注文しているようなものです。

    出来ない事は無いでしょうが、別の店を選択すればいい話で、無理を通すなら別の店に行ってくれと言われる事も仕方ない話ですよね。

    嫌がらせで転勤なんてシステムがあるわけじゃないんだから、その根本的な部分から考え違いをしているように思えます。

    ユーザーID:1505789798

  • 質問です

    独身者は結婚するまで転勤をするんですよね?
    結婚後に落ち着く先はどこの勤務地になるんですか?
    自分で選ぶ…というのであれば、人気のある都市に集中して、地方の会社は成り立たなくなる可能性があります。
    もしかして結婚相手と出会った場所が最終勤務地になるのでしょうか。
    「いつか本社に行きたい」「○○に行きたい」と思いながら働いていたら、それは叶わなくなります。
    結婚後は会社から命じられた勤務地で、定年まで勤めるーーーーというのであれば、引っ越しが生じる訳で、結婚相手には仕事を辞めてもらわなければなりません。

    色々と無理があると思うのですが、いかがでしょうか?

    ユーザーID:1421459340

  • 企業活動とのバランスもありますからねぇ。

    「全国転勤あり」「居住エリア外への転勤無し(通勤範囲内の異動はあり)」から選べる会社にいました。

    ちなみに、エリア内スタッフは半ば一般職扱いで全国転勤スタッフよりも基本給は低く出世コースからは外れます。

    既婚の女性スタッフ以外は大概「全国転勤」を選んでましたね。

    ユーザーID:6253860404

  • 別に、

    女性が夫の転勤にびったりくっついていかなくたっていいんですよ?
    結局、あなたの仕事が「配偶者が転勤だから」で辞められる程度のものだったってだけ。

    男性と同じ情熱で働いている女性には、自身にだって転勤の辞令がくることだってあります。
    そんなときは配偶者と話し合って、
    >辞令を受けて夫婦別居に踏み切る
    >家族が一緒にいるために配偶者が仕事を辞めてついていく
    >家族が一緒にいるために辞令を断る
    どの選択肢だって取れるのです。

    最近は会社側でも、配偶者の転勤で辞めようとする人を同じ地方の支店に異動させたり、その地方の同業者に斡旋してくれたりしてますよ。

    また、親の介護やなんかで転勤できない独身者だって山ほどいます。
    夫の転勤で都会や海外に移住できるのを喜ぶ専業主婦だって山ほどいます。

    「既婚者」の1条件だけで転勤を命じるな、なんて暴論もいいとこです。

    ユーザーID:8782227736

  • うちの場合

    夫が全国に支店や関連企業のある一部上場企業に勤務しています。単身赴任は7年目になりました。

    ヤマト発進さんが仰る通り、企業は「結婚したら」「家を建てたら」やめないと踏んで際限なく無茶ぶりをしてくる。本当にこの通りでしたよ。

    私は仕事が好きでずっと働きたかったのでしばらくは別居婚でしたが、妊娠を機に退社し夫の勤務地へ。
    慣れない土地で無職。初めての子育て。最初はつらく感じましたね。
    二人出産・育児しながら何度かの転勤・転居に同行していましたが、受験を機に家を購入し夫は単身赴任になりました。

    「亭主元気で留守がいい」という人もいますが、我が家は皆が夫の不在を寂しく思っています。その分、帰省した時には楽しく過ごしていますが。

    私はこの選択を後悔していませんが、働くことはあきらめたくなかったので育児の傍ら通信制の大学に編入し、今はフリーの専門職として働いています。

    ちなみに夫の職場では結婚直前だった20代の男性が、東北地方のかなり不便な地に転勤が決まって破談になりました。
    <今の時代、そんなんじゃ良い人材は集まらないと思いますが、上はそうは考えないのでしょうね。
    本当にそう思います。

    ユーザーID:3818453685

  • 事実そういう制度はある

    最近の新聞でも報道されましたが、「サービス業などで非正規で優秀な人材を抱え込むために、転勤なしの地域限定社員制度を導入」というニュースをご覧になられませんでしたか?

    出世は店舗の支配人どまりです。

    それ以上の役職は転勤可能な社員が担います。

    そういう制度なら私も公平感あると思います。

    ユーザーID:7422866543

  • 離婚率は下がるかもね。

    その理論で行くと女性も結婚までは転勤転勤、、、結婚は難しいですね。
    できちゃった結婚はとても無理で、学生結婚推奨。出生率はちょっと上がるかも。
    で、結婚すれば転勤しなくていいけど夫と離婚した一家離散みたいにまた転勤、転勤。シングルマザーの転勤はどうするのかな。離婚を思いとどまっていいかもね。

    ユーザーID:6709540044

  • 「独身者だけに転勤を命じろ」

    言い換えるとそういうことでしょうか。暴論ですね。

    >子どもも転校による不安定な精神や学力の格差が無くなる
    一方で、独身者は度重なる転勤によって精神が不安定になり、定住の機会が減るわけです。

    同じ女性として、主さんの気持ちはわからなくもないですが、あまりに稚拙で貧弱な考えだと思いました。
    転勤のあるご主人を選んだ自分を恨みましょう。

    ユーザーID:7509914397

  • 暴論です

    転勤を禁止したら組織・会社は内部から腐って、そして崩壊します。

    貴女が定年まで働きたくても、その会社は倒産します。

    夫婦ともに失職です。

    水と一緒です。

    ユーザーID:9686674326

  • トピ主です。転勤があるのを前提にする社会

    皆様、お礼とお詫びです。

    つい、うっかりトピ主であるパスワードを入力忘れていました。

    2015年2月24日 13:08に「東西反復横跳び人生」と言うタイトルでレスをしています。読んでいただけると幸いです。

    昔語りをしても仕方ありませんし、私だけの愚痴と言うトピックにはしたくないなぁと思っています。

    発言小町を読んでいても「転勤の可能性がある」だけで、婚活のマイナスポイントになる人や、子どもが転勤先の学校になじめないで苦労している。そして、その逆の転勤先で馴染んだのに、また元の学校に戻るのを嫌がっている。転勤族と言うだけで、地域の集まりから排除される。転居先での仕事に正社員として採用されにくい。色々な愚痴や苦労話や悩みが出てきます。

    いただいたレスの中には大企業の総合職でも住居の変わる異動がない方も居ます。そうすると、人を定期的に転勤させるのはどんな理由なのでしょう?転勤しないと昇進しないと書かれている方もいます。能力<転勤?

    ああ、重箱の隅はやめましょう。

    「やりたい仕事を続ける事と家族で暮らす事の両方を手に入れたかった」多いと思うのですが。

    ユーザーID:2030551120

  • そんな不平等なことが

    我が日本にまかり通っては、この国に未来などありません。
    ご自分の都合のみで世界を回してはいけません、絶対に。
    そこのところ、お子さんにもきちんと教育しておいて下さいね。
    本当、トピ主みたいな考えの人がこれから先一人でも減りますように。

    ユーザーID:0499963358

  • 自己中論

    アナタ中心で世界世間は回りません。

    歯車の1つにすぎない。

    そういう会社を自分でつくれば如何ですか?

    アナタのキャリアは会社や社会にとり大したものではないのでしょう。

    能力と終身雇用は別ものですよ。

    ユーザーID:8722710460

  • 意味不明

    そもそも女性だって、総合職である程度以上の規模の会社で働いているなら「転勤」を命じられることはあると思いますけど?

    >配偶者の転勤が無くなれば、女性は新卒から定年までずっと同じところで働き続けられると思いませんか?

    よって、この前提がそもそも意味不明です。

    転勤が嫌なら、配偶者を転職でもなんでもさせりゃいいし、専業主夫になってもらったっていいんじゃないですか?

    >もし、「結婚している人には転勤を命じてはいけない。」となったら、女性は安心して定年まで同じところでキャリアを形成し、持家も持て、子どもも転校による不安定な精神や学力の格差が無くなると思います。

    その場合は多くの意見があるように、解雇のハードルを極端に下げないと実現しませんが、私は反対です。
    ここの工場閉めるねー、とかこの営業所閉鎖ねー、となった場合に「転勤命じられないから、辞めてね」ってなるだけなんですけどね。

    ユーザーID:8943998648

  • 誰にでも

    命じたらいけないと思います。
    希望者だけにするとか。

    誰だって好きなところに住む権利があるでしょう。
    希望を聞くか聞かないかは会社の自由だけど
    命じられて拒否したら解雇ってひどすぎ。

    ユーザーID:1299535407

  • 気持ちはわかりますけどね。

    転勤っていうから自分のことかと思えば旦那さんのことですか。
    わたしはまた、女性社員に転勤を命じてはいけないという話かと思いました。

    私は自分が転勤族だから、旦那には転勤がほとんどない人&隣県の転勤ならついてきてくれる人を選びましたよ。
    なかなかそういう人がおらず結婚が少し遅くなった気もしますが自分で納得しています。

    転勤族って、一見それなりの給料をもらっている企業だったりするんですよね。
    (国家公務員2種の転勤族は自治体職員に比べても給料低いのに損してるなとは思いますが。)
    だからついつい相手として選ぶ人もいるんでしょうが、全てを手に入れるのは難しいのではないでしょうか。

    そもそも独身は好きに転勤させていいのかというと、そうでもないでしょう。
    転勤ばかりしてると、その土地に少し慣れて友達ができた頃にサヨナラで
    恋人を作るのも難しいのです。やっとできてもすぐ遠距離になるし。

    てっとり早い結論としては、転勤がいやなら転勤のない人と結婚する。

    もうちょっと気が長い結論としては、
    女性・男性関係なくバリバリ転勤して稼ぎたい人と、地域に根付いて働きたい人を明確にわける、あたりですかね。

    ユーザーID:2053989833

  • 過渡期だから

    そんな議論が実際政府内でも為されているようですね。
    女性の社会進出が課題とされていますから。

    日本はなんやかんや言っても大企業は終身雇用が
    守られている国です。(無茶なリストラも無いとはいいませんが)
    その終身雇用と引き替えに、転勤も辞さず・・・
    滅私奉公が義務づけられている訳です。

    これからは雇用形態が変わって行くと思います。
    新入社員は地域限定正社員が増えるでしょう。

    一旦業績悪化となったら、事業所の閉鎖と共に即クビ。
    リストラ組は一カ所に集められそのまま解雇です。
    合法的に解雇規制緩和というわけですね。

    まあ次第にそうなってゆくのでしょう。
    それが良いのか悪いのか・・・
    気かついたら経営者側の思うツボだった、とならないように
    しっかり政治に関心を持った方が良いかも知れません。

    みんなの一票で国を変えられることもあるかも。
    アンテナを張り巡らせておくことは大切と思います。

    ユーザーID:9581508528

  • アラ還なんですね

    転勤のない人と結婚すればよかったのに。

    若い方かと思ってましたが、トピ主表示のない24日13時のレスによれば、
    もう還暦ちかい方なんですね。随分と長いこと、昔勤めた会社を懐かしく思っているんですね・・・。
    いい時代の夢を見たまま。
    バブル崩壊やらリーマンショックやら、会社がいろんな荒波を乗り越えて存続していることを
    企業内部で見ていない幸せな方なのですね。

    何をいっても無駄な気がしました。

    ユーザーID:5219273658

  • 既婚者の転勤禁止なら

    転勤するのは独身者限定になりますね。

    つまり、今まで既婚者が転勤していた枠も独身者がすることになる。
    独身者の転勤回数が増えますね。

    トピ主さんは、現在の夫が独身時代、そういうふうに既婚者の穴埋めで頻繁に転勤していたら、結婚まで付き合いが進んだと思いますか?

    あと、日本は簡単に正規社員は首にできません。
    逆に、クビにしないための転勤もあるんです。

    A支社で人員不足(人数の場合もあれば、能力の場合もある)が発生した場合、
    B支社に有望な人材がいて、かつB支社の状況が許せば、B支社からA支社に転勤させることになるでしょう。
    で、これで転勤を禁止した場合

    A支社で新しく採用した人分の人件費を下げるため、転勤させる予定だったB支社の人間を一人首にする必要が出てきます。
    それについてはどう考えますか?

    もっとさらに言えば、トピ主さんがそんなに仕事が好きだったらどうして
    「夫に仕事を辞めてもらって、自分が大黒柱になって収入が減った夫の分まで稼ぐ」
    という選択肢を取らないんですか?

    暴論以下の「話にならん」論理ですよ。

    ユーザーID:1799150993

  • 既婚者は出世昇給の可能性を絶たれるわけだ

    暴論ですね。勝手というか。
    ほんとうに自分の仕事を大事に思うのならみなさんのおっしゃるように単身赴任という手がありますよね。

    大企業が転勤をさせるのはなぜですか。いろんな場所でいろいろな経験をさせ人脈を作り出世させていくためじゃないのですか。同じところで新たな人脈も新たな世界もみない人間を信頼して重要なポストや仕事を任せられないのですよ。
    結婚の報告をすると「結婚するんじゃ転勤の内部書に移動だね」と倉庫係とか事務職とかになればいいんですよ。
    結婚=転勤を断るって意味だから結婚しない男の人も増えそうだが。

    ユーザーID:1254005505

  • 独身相手でも、転勤など命じるべきじゃない

    そもそもこのご時世、「転勤辞令」自体、許されざる行為だと思います。

    ふた昔前は、大手企業に入れば一生安泰。
    専業主婦と子供を伴って、会社様の仰る地域へひとっとび!
    見返りとして、定年迄の安泰と高給を得ていました。

    しかし現在はどんな大手企業や公務員でも、
    リストラ、部署廃止、部署売却、営業所移転(一緒に引っ越せない社員は退職せざるを得ない)などあり、
    定年まで予定通りの給与で働けるかは運次第です。

    それなのに、社員は転勤により、大きく人生を変えられます。

    既婚者は、
    帯同すれば、配偶者の退職、子供の転校で、家族の人生まで大きく変わりますし、
    単身赴任すれば、家族との生活を失い、我が子の成長を見る機会を奪われます。
    独身者なら、
    転勤の有無や転勤地域で、結婚相手が変わるでしょう。

    社員の一生を補償する力もないのに、
    社員の一生を左右する移転をさせようとする。
    時代錯誤だし、思い上がった行為だと思います。

    トピ主さんの考えは、暴論ではないと思います。
    このご時世、社員に転勤を命じる資格のある企業も、社員がそこまで尽くす価値のある会社も、ないと思います。

    ユーザーID:7192109852

  • 20年先、30年先の日本の未来を考えよう

    暴論だと断じてしまうレスの人たちは勉強不足だと思います。
    これから日本はますます労働者人口が減ってくるのです。
    企業が、男も女も、結婚し、子どもを産んでも、仕事をしやすい世の中を作っていかなければなりません。
    それを後回しにしてきたツケが、人材不足という深刻な危機を招きつつあるのです。

    政府は女性に子どもを産ませ、なおかつバリバリと働けと望みます。
    そうしてもらわなければ、日本は立ち行かなくなっていくからです。
    古臭い、企業体質とそれを支える人々の思考を変えていかないといけないでしょう。

    どうしたら、労働者人口を維持するか、
    日本は大きな課題を突き付けられているのです。

    夫婦のどちらかが転勤を命じられたら、片方が仕事を止めるか、一人で子育てしなければなりません。
    バリバリと仕事をするのに、単身赴任なら一人で子育ての負担がかかる。
    結果、どちらかが仕事をやめるか、その間の子作りを延期するか。
    どちらを夫婦が選択しても、社会的には大きな不利益となりますよ。

    たとえ高いハードルであっても、企業の体質を変えていく必要があると思います。

    ユーザーID:5970457355

  • 独身にもさせないでー

    それって独身者に行かせればいいじゃないってことよね。
    無理よー自分の老後の食い扶持稼ぎつつ、そろそろ衰えつつある同居親を置いて転勤なんてできないわよー。
    既婚者なんて、旦那さん若いんでしょ、一人でいかせりゃいいじゃないー。

    って思っちゃいますが。

    ユーザーID:8005284231

  • 質問

    では、トピ主さんは独身の時、毎年のように転勤になっても、不満を感じない自信はありましたか?

    大卒なら就職して10年位で7〜8割位は結婚するとして、研修期間や仕事に慣れるまでの期間を考慮すると、転勤可能なのは数年だけ。どう考えても現実的じゃないですよね。

    あ、交際相手がいてもすぐに別れそうだから、晩婚化はするかも。

    ユーザーID:8797707406

  • 暴論ではありませんよ!

    昇進、昇給、出世の面で一定の制限を受けることを覚悟しているんですよね?

    だったら決して暴論ではありませんよ。

    ユーザーID:8487184665

  • 現実は甘くない

    おっしゃること、とってもよく分かります。でも、単身赴任という選択肢がないのはなぜですか?

    転勤では引っ越しその他にそれなりの手当てがついてきませんか?女性にも仕事があるならば単身赴任も視野に入れて持家の購入タイミングなど、今から計算なさっておくといいと思います。人生の自由度は経済力に左右されますから、むしろ単身赴任してもらういいチャンスと考えてもいいのでは。
    結婚したからと言って何もかも主人の犠牲、会社の犠牲、という風に考えていると後悔しますよ。

    奥さんが退職してついていくことは、’家族のため・夫婦のために’いいように聞こえますが、実際は経済的にはマイナスになることもあるでしょう。子供の進学のタイミングと照らし合わせて、ご夫婦でいつどこで持家を購入するか、しっかり話し合って貯金なさっておくといいと思います。際限なく転勤についていくなんて、子供が小学校卒業くらいまでにしておかないと、おっしゃる通り子供の学力にも響くこともあるでしょうし、持ち家もなく転勤貧乏になっていきますよ。とぴ主さんも早めに再就職のための資格取得に向けて動き出しておくのが賢いと思います。

    ユーザーID:1049842453

  • それがOKなら

    結婚した女性は仕事を辞めてはいけない!もOKなのでは。
    その為に転勤ナシにするんですもんね。
    やっぱり専業主婦〜なんて許しません。

    ユーザーID:7518472428

  • 暴論だと思います

     なぜ「女性」限定なんでしょう。
     私は男性ですが、妻の国内留学(大学病院勤務医)について転居しましたが。
     自分が退職しなくてもよいように色々腐心しましたよ。

     仮にパートナーの転勤についていけない場合、別居という選択肢もあるでしょう。ついていきたいのであれば仕事は諦めるしかない場合もあるかもしれませんが、それは各自が自分の信条に基づいて決める事です。

     多くの日本人が大企業や公務員として勤務し、持ち家を持ち、子供を転校させています。条件はそういう厚待遇ではないところに勤務している人と同じでしょう。なぜ、あなたの暴論に基づくと学力格差まで解消するとお思いでしょうか。

     子の学力は、親がどのような生活をしているか、どういう姿勢を示すかによって大きな開きが出てくるのだと思っております。自堕落でなんでも他人や外部環境のせいにするような親を見ていると、子も同じようになるのではないでしょうか。

    >あの会社で働き続けたかったなぁ。
     辞めたのはトピ主の意思ですよね?本当に働きたいと思っていたのなら方法はあったはずです。

    ユーザーID:4677443437

  • 別にいいんじゃないですか?

    トピ主さんが勝手に望んでるだけなら。

    この考え方が世間的にすんなり受け入れられる内容なら
    とっくの昔に採用されて定着してるはず。
    現在、それが一般的な考えとして定着していないってことは
    実現不可なモロモロな問題があるってことなんですから。

    ユーザーID:7047606571

  • 働き続けたかったら

    単身赴任してもらえば良かったのでは?

    ユーザーID:2518520068

  • 心情お察しします

     子供が2歳の時、単身赴任していきました。
    家も建てたばかりで、ついていきたかったけどそれも出来ず。

     家事を手抜きして、随分自堕落な生活しましたね。

     会社は家庭の事なんて考えません。
    そして政治は子供を増やせという。
    安心して子育てできる環境なんて、どうせ男には分からないんだよね。

     男女平等と言われたって、子供は男に産めないし
    男女の役割ってあると思うし、男女で考え方だって違う。
    そして離婚率が上がって、人口率低下の先進国家の仲間入り。

     最近、結婚の意義を考えてしまってます。

    ユーザーID:4966261376

  • う〜ん

    まぁ、「既婚者に転勤を命じてはいけない」のは厳しいでしょうね。

    例えば昇進や昇給と引き換えに転勤は無し、という折衷案なら良いかもしれません。
    その分、女性の収入で賄えば良いのだから。
    転勤を肯じる事が出来る人は、自分のやりたい仕事もできて、昇進も早い!なら
    進んで行く人もいるでしょうし。
    実際、転勤を断る人はそのようなデメリットを甘受してると思いますよ。

    ユーザーID:4857040492

  • 暴論というより世間知らず

    女性側だけの都合でものを言ってますよね。
    キャリアを積みたかったら、転勤のない職種の男性と
    家庭を作ればいいのではないでしょうか。
    妻のせいで自身のキャリアを諦めざるを得ない
    男性側の立場はどうなるの?
    こんなことを正論だと思って物申すのは
    あまりにも稚拙ですね。

    ユーザーID:2084657415

  • 不平等

    会社は、あなたの都合だけで経営しているわけではありません。
    転勤が困るのは、既婚者も独身者も同じです。

    トピスレをみると、女性の立場で書かれていますが、女性の転勤は
    ないというのが前提でしょうか。
    自分勝手な考えですね。

    ちなみに、勤務地限定社員制度を採用している企業もあります。
    収入と、出世をあきらめれば、独身、既婚にかかわらず引っ越しを
    伴う転勤なくなります。

    ユーザーID:3363759446

  • 同意します

    総合職で転勤を受け入れる代わりに出世するよりも、地域限定職に留まる方が生涯所得は上ということがありえます。

    転勤族となれば、家族が帯同する経費、あるいは単身赴任で二重生活になる経費がかかる上に、妻が退職しなければ得られた給与が失われます。

    高卒で地元企業に就職して、同じ市内勤務の高卒配偶者と共働きで家庭を築くケースが、家計収支が一番高くなるのではないかと思います。

    ユーザーID:7667478758

  • みんな事情を抱えて仕事してるんだよ

    トピ主さんみたいな人が、職場の『困ったさん』になるんでしょうね。

    自分の都合のいいようにマタハラだと大騒ぎしたり、子育てママのワガママ放題…につながるような気がします。

    ユーザーID:3998938725

  • その転勤は本当に必要な転勤ですか?

    皆様、何故か会社サイドからのレスが多いように感じます。

    「その転勤は本当に必要な転勤ですか?」

    「亭主元気で留守がいい。と、思う人は多いのですか?」

    慣例で数年ごとに、人事異動(人事交流)をするところがあります。新しい人がくる職場は、どうせ、また数年で変わるからと投げやりになることがあるとか。業務に慣れ、色々なものが見え改善に取り掛かろうと思った矢先に、また転勤命令とか。役職を上げる前に一度、地方を経験して本社に戻すとか。

    出来る社員がやってきて、営業所の売り上げを倍増させ、風のように去っていく。なんてドラマですよね。出来る社員だったら、転勤しないでここに居続けて欲しいです。そして、できる人材を育てて増やしてほしいです。

    ユーザーID:7571956182

  • 暴論です

    既婚者と独身者の関係性ではなくて。
    トピ主さんの説なら常に転勤を命じられるのは男性という観点から書かれている。
    女性だって独身者は転勤を命じられるはずなのに、そこに思いが至ってない。
    まずはこういう風潮をただして行くことが必要かと。

    理想は男女や既婚・未婚関係なく、昇給や賞与は能力に応じてみな平等。
    職務内容も平等。転勤の有無も平等。
    こうあるべきです。

    ユーザーID:4467263378

  • 地獄の沙汰も金次第

    ってことじゃないですか?
    まともな企業においては転勤がある方は「赴任手当」「地域手当」「帰省手当」などが支給されているだけでなく社宅が無償だったり、待遇面で大いに優遇されています。
    日本のホワイトカラーでは管理職は「ゼネラリスト」であることが求められるので、数多くの現場を経験している必要があります。
    すでに転勤を経て出世した先輩が多く、彼らが転勤によって昇格昇給したりしているのを知っているので、「いつかは自分も」と思っていたりします。
    なので、あまり疑問を持たずに転勤に応じる方が多いのです。すべて納得づくです。家庭のことは各自で解決すべき問題で会社には関係ないのです。

    でも、主人の会社は「転勤には必ず家族を帯同しなくてはならない。」「転勤しても昇格昇給はなく、赴任手当や帰省手当など一切出ないばかりか社宅も住宅手当もない。むしろ自宅にいて本社に通うより可処分所得が大幅に減る。損ばかり。」という状況でしたので、転勤を命じられた主人はあっさり退職しました。

    ユーザーID:2382761852

  • 職種とか専門とか考慮してないんですね

    技術職の旦那さんの勤め先が、開発拠点を集約するために、開発部門を丸ごと異動とか、プロジェクト移管に伴いスタッフの異動、とか普通にあるわけですが、その場合に転勤を命じることができなかったら、辞めてもらうか職種の変更とかになるわけです。

    技術畑一本で来た旦那さんに、いきなり営業やれとか経理やれとか資材管理やれとかって話になるわけで、そっちの方が「人権無視」だと思いますがね。
    トピ主さんは、自分が動かないためなら、旦那さんが意に染まないような仕事させられることになろうが、別に気にしない、ってことですかね。
    旦那さん、かわいそうですね。

    ユーザーID:8943998648

  • そりゃそうだ

    >日本ではトピ主さんの意見は暴論かもしれませんが、同感です。米国在住ですが、こちらでは転勤はほとんどないのです。

    転勤させて、引越し代やら居住費用を企業が負担するより、いらなくなったら首きって、必要な地で新たに雇った方が、企業側からしても安上がりなのは間違いないです。

    社員の雇用条件を大幅に緩和して、米国なみにレイオフが容易になれば、日本もそういう状況になるでしょう。
    果たしてそれがいいのかどうか?って話です。
    今以上に格差が拡大するんじゃないですかねえ。

    ユーザーID:8943998648

  • 職業の選択枝は無限大

    暴論かそうじゃないかは、言う相手によります。
    転勤が必要な職種を分かって就業しながら会社に要求するなら暴論ですが、世間話なら単なる愚痴です。

    「結婚している人に…」と限定したり、理由が子育て視点からだけなのは、視野が狭いですね。
    社内の規則を「…命じてはいけない。」としなくても、実際の転勤内示前には本人の体調やら介護なんかの家庭事情を考慮したり、自身でも無理なら勤務形態を変えるとか願い出るでしょう。
    てか有無を言わせず縛って送り出すとか、従わなければクビと言うなら、もよりの労働関係お役所やらに相談して下さい。

    法律で「…命じてはいけない。」として欲しいなら、時代に逆行しています。世の中は規制緩和に向かっているのです。
    女性の深夜勤務を禁止していたのも、トピ主さんに似た考え(母性や育児環境を保護)からだったのでしょうが、現代では女性の生き方も社会も多様になっているのです。

    職業や結婚相手を選択するのは自分自身です。賃金や条件やら社会に求められる業務を考え、有能な人材を確保できたら会社も発展するでしょう。

    お役所でも会社でも、転勤が無いと澱んで腐っていくので、配置転換は必要です。

    ユーザーID:6117103470

  • 一理あるかもしれません

    一般的にはあり得ないことかもしれませんが、今後の考え方としては一理あるかもしれません。女性の就業が結婚後夫の就業状況に因るところが大きいわけですから、政府が言うところの女性の社会進出を向上させるという観点からは無きにしも非ずです。ただ、現実的には、グローバル化が進み、海外への転勤もあるでしょうし、大企業になればなるほど国内の支店もたくさんあるでしょうから、規模が大きいところの従業員と結婚したいという女性にとってはリスクがあるのは現状としてはやむを得ないと思います。しかしながら、何にしても全て自分の都合の良いようにならないのは現実でしょうね。どこかで折り合いをつけなければならないのは、何事も確かかもしれません。

    ユーザーID:8923869454

  • 実施してるとこあるでしょ。

    エリア職員とかある一定の地域から出ない職域ってありますよ。
    その代わり昇給や権限は限定的で、全国転勤可とする人より給料は低いです。
    友人の会社ではある程度勤務すると、全国転勤アリの総合職か地域限定の一般職の選択ができました。
    (女性だった友人はなにも聞かれず一般になったらしく憤ってました)
    共働きならあえて、転勤のない一般職をえらんで
    給与が低い代わりにプライベートを大事にする男性も少数ですがいます。
    そのかわり妻はずっと働く覚悟の人たちですけどね。
    あとは単身赴任+異動願いで乗り切る人たち。

    トピ主さんもずっとその会社で働きたかったなら単身赴任してもらったらよかったんじゃないですか?

    ユーザーID:7713722574

  • 追加

    あと、その制度が採用されたら悪用もされますね。
    本社の希望部署に異動できたら速攻結婚したらいいんだもの。
    そしたらず〜〜〜っと本社勤務が出来ます。
    もしくは希望支社に配属されたら結婚。
    逆に地方支社でいずれは本社に!と考えてる人は異動かかるまで結婚できませんよ。

    海外転勤なんかは独身しか行けないから向こうは独身だらけ
    しかも現地で結婚したら戻ってこれないから派遣中は独身のまま。
    でも、本社は既婚者だらけでポストがあかないから戻ってもこれない。
    はい、困った!どうしましょう。

    ユーザーID:7713722574

  • え?日本社会に対する提言だったの?

    異動できない人、異動したくない人は、その主張を予め会社に伝えたらいいと思います。
    ただ・・・
    やりたい仕事は制限されるかも知れませんね。昇給や昇進、出世コースからは外れて当然でしょう。


    >人を定期的に転勤させるのはどんな理由なのでしょう?転勤しないと昇進しないと書かれている方もいます。

    異動を重ねないと人材育成にも限界があります。能力をより開花させるために異動させます。
    また業績の上がらない部署に能力のある人間が赴いて、組織のテコ入れを行います。
    これも転勤異動の目的ですが、理解できますか?

    転勤があることを理解・納得して入社しておきながら、転勤に対してブーブー文句言うのは
    全くの筋違いです。

    ユーザーID:7164102556

  • やりたい仕事?

    旦那さんが「やりたい仕事を続ける事」のために転勤せざるを得ないケースのことは無視なんでしょうか?

    企業はトピ主さんの旦那さんや転勤したくない社員のために、業務の効率化を図ることも利益を追求することもしてはならないのでしょうか?

    民間企業であれば、やりたい仕事がその土地にずっとあり続ける保障なんてそもそも無いわけです(公務員等はその限りではありません)

    さて、転勤を「定期的転勤」というものに限定すると、かなり範囲が狭められるわけですが、やはり「癒着防止」が一番多そうなイメージはあります。
    大企業なら配置換えうんぬん、とありましたがそんな単純なものではないと思います。
    そもそも配置換えしたところで影響力は残ります。
    ですから、銀行等(特に融資系等)は定期的な転勤を伴うのでしょう。
    自宅から通勤圏内の狭い範囲での配置換えでは、すぐに飽和してしまうでしょう。
    職種を変えればいいかもしれませんが、それ自体が労働者本人への罰ゲームみたいなものになりかねません。

    前にも書きましたが、必要のない転勤なんて「経費の無駄遣い」なのでまともな経営者はやりません。

    ユーザーID:8943998648

  • 高給を保証すべし

    共働きする必要がない程度の給与水準は保証されて然るべきだと思います。

    日本企業の転居を伴う転勤命令は
    本来、終身雇用、年功序列とワンセット。

    今は会社側がそういう責任をとらずに、
    社員にだけリスクを負わせる傾向になっているのは事実でしょう。

    既婚、未婚で分けるのは暴論以外の何物でもないけど
    これから家族介護の問題も増えるだろうし、転勤命令の在り方は考えなおされるべきかもしれませんね。

    ユーザーID:1788544776

  • 能力について

    >転勤しないと昇進しないと書かれている方もいます。能力<転勤?

    転勤しないと、というより転勤できないと昇進しない、でしょうね。
    それを見極めるために転勤させる場合もあるかもしれません。

    Aという地域限定でしか仕事できないがトピ主さんの言う能力が100ある社員(アウトプットを100だせる社員)と、アウトプット90しかだせないが、Aという地域のみでなくBでもCでもDでもEという地域でも同じように90のアウトプットを出せる社員では、総合力で後者を上と見ることも可能です。

    ゆえに能力を考えた場合、転勤できない=大幅なマイナス評価となるのです。
    転勤できること自体が「能力」なんですよ?

    ユーザーID:8943998648

  • 二度目のレスです

    まず私自身は県内ですが転勤のある職場です。

    >人を定期的に転勤させるのはどんな理由なのでしょう?

    1 不正の防止。横領など、同じ担当がずっと変わらないと、発覚が遅くなります。
    2 思考停止防止。その職場、その仕事に慣れると「こんなものだ」という
      思考停止に陥る事があります。人事異動で新しい視点に入れ替えることが出来ます。

    >転勤しないと昇進しないと書かれている方もいます。能力<転勤?

    本来は同じだけの能力があるのに、転勤をせず経験を積むことが出来無かったため、
    昇進しない場合はあるでしょう。
    また2〜30人規模の所長が合う人、数百人規模の課の課長補佐などが合う人、
    人によって適正は色々です。
    転勤する事により、経験を積む、また本人の適性を知るという事が出来ます。
    適性を知り、その適性に合った職場であればどんどん結果をだし、
    最終的に昇進することが出来るでしょう。

    >「やりたい仕事を続ける事と家族で暮らす事の両方を手に入れたかった」

    それはそうでしょう。それを否定はしません。
    でも自分だけの都合で転勤を否定するのは、偏った見方だと思います。

    ユーザーID:5858909232

  • そんなに引っ越し伴う転勤ありますか……

    限定正社員が支店長止まりだから困る、とか、全国転勤で地域に馴染めないとか、大袈裟ではないですか。

    支店長なら十分リッチな方では?
    新卒にやらせる店舗長と違いますよね。

    たしかに異動は2〜5年ぐらいでありますが、そのほとんどは、社ビルの2階から3階、とか、埼玉支店から千葉支店でどっちも自宅から通える、とかです。
    東京本社から名古屋支社、宇都宮支社ぐらいだったら新幹線で通う幹部もいますし。
    それに幹部自体が絶対数がいません。
    また、地方出身者は実家近くの支社に異動とか。

    逆に、設備に人が付随する、研究部門や工場は異動殆どなし。

    幹部候補を目指すホワイトカラー特有の悩みのように思えますよ。
    幹部自体が数パーセントなんだから、法律であまねく定めるのもどうかと思うし。
    ただ、人事面の嫌がらせや、みんな尻込みして、お鉢が回ってくるとかはあるよ……

    ユーザーID:1338950555

  • たまには息抜きさせてよ

    アジア某国に単身赴任中です。
    天国です。
    日本に帰りたくありません。
    妻帯同組から羨ましがられています。

    既婚者が転勤で単身赴任出来なくなったら、どこで息抜きすればいいんですか?

    ユーザーID:6647717123

  • 続けてですみません

    ちょっと書きた事思い出したので、連投失礼します。

    転勤によっては「懲罰人事」という物が存在します。
    例えば、上司が性格悪くて仕事丸投げだわ、手柄横取りだわ…という場合、
    上司も自分も既婚者なら、どちらかが退職するまでガマンしないといけませんよね。
    どうしてもその職場の雰囲気が合わない…。
    そういう社員の為に、定期異動に見せかけて部署異動とか。
    もしも既婚者が転勤なければ、そういう異動もできないし、
    万が一してもらえたら、逆に「何かがあった」ということになりますよね。

    ユーザーID:5858909232

  • どっちでもいいんだけどね

    >江戸時代に参勤交代があったのは、地方のお殿様の財力気力体力を消耗させ、謀反を起こさせないようにするためと習ったことがあります。

    江戸から最も遠い薩摩藩が力をつけたのは、長い移動距離の参勤交代で見聞を広められたから、という説を聞いたことがあります。

    ユーザーID:6008251499

  • そうですね、変わる時代に来てるかも

    そういえば私の子はとあるヨーロッパの先進国で現地小学校に通ってましたが、
    家族時間・プライベートを大事にする価値観からか「お父さんは仕事のため1年〜いない」なんてなかったですねー。
    豪華フェリーの船長?みたいな。 基本的に育児の父親参加が多いですから。帰りも早いし。
    それを除くと、どちらかというと、貧しい国の出稼ぎをイメージしてしまいます。国を超えた短期出張ならよく聞いてましたが。
    そんな海外事情に気づけば日本も変わってくるんじゃないですか?
    日本に住みたくて自ら申請して引っ越す同僚さんもいますけど。
    メールにスカイプ、テレビ会議も普通にできるし、交通手段の発達やサービス充実性で
    段々と減ってくるものかもしれませんね。私は、喜んで新天地に行くタイプなので残念ですが。

    ユーザーID:2276410368

  • ん?

    あなたの意見が正しいのなら、転勤の可能性のある人は(または人と)、結婚しなければ良いのでは?

    結婚してから急に辞令が出たのでしょうか?
    離婚、もしくは別居すればその会社で働き続けられたのでは?

    トピ主さん、斬新なアイディア持ってる割に、自分自身は行動せず他人任せなんですね。

    ユーザーID:8229232745

  • 転勤

    世の中には、一生同じ場所で暮らす人、
    転々と移り住む人色々です


    転勤がいやで、地元公務員になる人、
    辞令をきっかけに、転職する人、
    単身赴任決める人様々です。

    独身でいたら、転勤って、
    万一病気したりしたら 身内が困ります。
    転居伴う転勤させる会社って、ある程度給料良いから、
    転職と天秤にかけると、
    転勤選ぶことになります。

    出世望まない人は転勤させない、ってほうが、現実的な考えだと思います

    ユーザーID:0016520192

  • 暴論でしょ

    既婚者に転勤を命じてはいけないとなったら、転勤が出来るのは
    独身者のみとなるでしょ。
    そしたら独身者が結婚できる確率が今までよりも減るので少子化が
    より進むのでは?
    そして既婚者が転勤しないなら出世はその支店の支店長で頭打ちでは
    という意見ありますが、私は支店長すらなれないと思いますよ。
    だって、転勤できる独身者は、新しい支店などの立ち上げのリーダー
    候補なのですから、既存の支店でそういったリーダーとしての仕事を
    任されると思います。
    つまり、役職は大多数の独身者に割り振られる事となるので、
    既婚者の昇進も昇給も厳しいものになるかと思います。

    独身者も既婚者も転勤を無くすなら?
    そうしたら、新規の支店を増やせなくなるので、既存の支店だけで
    次々と新しい案件を取れない限り衰退すると思います。
    もしくは、既存の支店外のエリアに常に出張を繰り返すしかなくなるの
    ですから、社員を疲弊させるだけだと思います。

    ユーザーID:8076646705

  • 動かなかったら、よどんでしまいそう・・・。

    長く勤めた一流企業を夫の転勤で退職した国内外転勤族の妻ですので、お気持ちはわかります。
    理想の結婚相手は、居住地域にしか支店のない企業にお勤めの方でした。
    でも、全国型の人を好きになり、自分で結婚を決めたのですから、仕方ありません。
    そういう意味での選択権は、トピ主さんにもあったはずです。

    トピ主さんの論ですと、すべての男性独身者は結婚を意識した女性の居住地に家を構えなくてはならなくなります。
    家を構えたくない地域では、結婚できず、独身者が増えそうです。

    それに、時々は上司も空気同様入れ替えなければ、部下は活きてきません。
    既婚者=出来た人間ばかりではありません。
    地域も会社も、ある程度は新しい風が吹かなければ、発展はないと思います。

    ユーザーID:9735868016

  • なんで転勤するのか

    正しいかはわからないけど(じゃあ、書くなってテヘ)

    ずっと同じ職場の同じ職種だと不正があってもなかなか気が付かなかったり
    発展的な作業にならなかったりするそうです。と誰かが昔職場で言ってました。
    あと、プロジェクトによっては、しょうがないときもあるよね。

    ところで夫の会社は夫が独身のときは、転勤が何度かあったけど、結婚してからは長期出張が多いです。配慮してくれてるのかな?
    でもウワサでは50歳過ぎるとまた転勤する人が多くなるらしい。
    転勤率における男のM字カーブとか?

    キャリア形成って同じ会社で働くことだけなのかなぁ?

    ユーザーID:8878197239

  • びっくり……

    トピ主さんのレスを拝見してびっくり。
    もう定年が近いような年齢の方なんですね。
    そのお年でその考えの浅さ。
    専業だったから世界が狭いというより、人間として視野が狭い方のようですね。

    ユーザーID:3288388352

  • 2度目ですが

    例えば、金融機関などのように現金を扱う仕事は事故が起こらないように定期的な異動があるようです。また、将来を担う社員を育てるために異なった仕事や地域で仕事をすることで視野を養ったりと会社としては投資をしている面も否めないでしょう。
    どうしても主さんの希望を叶えたいのであれば、いま住んでいる場所以外に支店や営業所などがない企業へご主人が転職することではないでしょうか。
    私の勤めている企業も3年から5年で移動があります。国内だけでなく北米やオセアニアも東南アジアもあれば関連会社への出向もあります。私も海外を経験してきました。ツアー旅行では行けない様な場所へも行くことが出来ました。人生観が変化して視野が広がりました。会社の経費でこれだけ経験させてもらえれば安いもんだと思っています。勿論、家族も同様に考えています。

    ユーザーID:1859675690

  • いえいえ、よく分かります

    私も夫の転勤に伴い、住み慣れた故郷を離れて暮らしています。
    辞令が出た時、まだ子どもが生まれたばかりだったので、単身赴任など考えられませんでした。
    夫の職場に転勤があることは結婚前から分かっていました。
    愛する夫と一緒ならどんな状況でも協力して乗り越えられるはず、と思っていました。
    ですが、慣れない土地、友人知人親類縁者がいない環境で、激務の夫を支えながら孤独な育児。
    夫の通勤が楽なことを重視して住む場所を選んだものだから、保育園激戦区で共働きもあきらめ……。

    そのうち、夫と私の両親も年老いてきました。
    でも、地元に帰れるような転勤辞令は出ず。
    どうしたもんか、という現状です。

    きっと私の見通しが甘過ぎたんでしょう。
    転勤の可能性がある人を夫にしなければよかったんですね。
    もしくは、全国どこに転勤してもすぐに再就職先ができるような資格を取って、結婚までに実務経験を積めばよかったんですよね。

    でも、やはり転居を伴う転勤は、家族持ちにはさせない世の中になってほしい。

    そういえば、私の友達のご主人は、やはり全国転勤があるお仕事でしたが、転勤が嫌で転勤の無いお仕事に転職していました。

    ユーザーID:7279660840

  • 転勤10回 海外は2回

    総論としては、転勤なく夫も妻も一か所でキャリアアップ出来るような会社が一番で、その点には賛成です。 当方は 過去30年くらいの間 3年ごとくらいに転勤を繰り返してきて、子供が「故郷と思える場所」がなくなるなど、正直なところ 家族に申し訳ないと感じています。
    一方、もう少し会社でのお立場が上がられ、部下の人事権を持つようになると分かるようになりますが、部下ことを考え、部下の努力・能力アップに見合ったポジション(給与アップも付随)を与えるには、会社全体を見ないと そのようなポストがないという現実があります。 最近は「そんなものはいらない」「昇給も昇進もいらないので 転勤はいや」という人のための人事制度もできつつありますので、転職される場合には そういう会社を選ばれてはいかがですか?
    難しい問題ですが、世の中全体が いい方に動いていくことを望みます

    ユーザーID:3480782884

  • レスします

    自分が転居したくないだけなら、転勤の無い男性と結婚すれば良いだけです。
    全労働人口から考えれば、遠隔地への転勤が無い人の方が多いでしょうから。
    それとも、遠隔地転勤のある大企業で高待遇は維持しながら異動を制限しろとでも仰るのですか?
    大企業の経営陣はそんなくだらない話に耳なんか貸しません。
    それが何故か解らない人の話なら尚更ね。

    働き手は日本人だけではありません。
    高待遇を求めてパワフルでフレキシブルな外国人がいくらでもやって来るでしょう。

    眠たい事ばかり言っていると、シャイで引っ込み思案の日本人の就職先が減るだけですよ。

    ユーザーID:7972350624

  • これも暴論ですが

    自営の私の率直な感想…「嫌なら辞めれば?」。

    自営もサラリーマンも双方にメリット、デメリットがあります。
    サラリーマンのデメリットの一つが「転勤」でしょう。
    そのデメリットが嫌ならサラリーマン辞めればいいんじゃないかなあ。
    少なくとも転勤のない会社に転職するか。
    転勤があるならそれなりな規模の会社でしょう。その会社のメリットだけ受けて、
    デメリット部分はダメって図々しいような気がしますがね。

    ユーザーID:7125287941

  • うーん、でもさ

    世の中転勤のない仕事もあるわけで・・・

    転勤がイヤな人はそういう職に就けばいいし、そうじゃない人は転勤する職につくでしょうし。

    そういう会社を起業するって手もありますしね。

    職業選択の自由もあれば結婚相手を選ぶ自由もありますし。

    結婚相手が転勤しない職の人を第一条件にすればいいわけだし。

    自分のキャリアが大事ならまずそこは考えなきゃいけないところじゃないかと思うんですけど。

    ユーザーID:2375546191

  • はあ

    >女性は安心して定年まで同じところでキャリアを形成し、持家も持て、子どもも転校による不安定な精神や学力の格差が無くなると思います。

    新卒から定年まで同じところで働くことが「キャリア形成」とか言っている時点でものすごーーく時代遅れ。本当に優秀でキャリアを積み上げている女性はキャリアアップ転職だってするし、ヘッドハンティングされてよりいい条件で働く人もたくさんいる。とっくに終身雇用制度は崩壊しているんですから、いい加減古臭い発想はやめましょうよ。

    >夫の転勤で居住地が変わり、退職せざるを得ない女性がそこそこ居ると思います。

    で??
    一度退職したらその時点で終わりなんですか?もう二度と働けないんですか?退職してキャリアがストップしたのなら、所詮その程度の能力しかなかったというだけ。

    >人を定期的に転勤させるのはどんな理由なのでしょう?

    「適材適所」に決まっているでしょう。例えば新しい支店が開設したとして、すべての社員を現地の新規採用だけでやっていけると思いますか?支店長クラスが定年退職したとして、現地に代わりになる人材がいなかったらどうすればいいと思いますか?

    ユーザーID:6396962075

  • 暴論だとは思いません

    そういう人は農家とか自営業の人と結婚したらいいのにと思います。
    あなたの大嫌いな転勤もありませんよ。

    とくに、農家は嫁不足なので引く手あまただと思います。

    ユーザーID:2525733783

  • あ、ごめんなさい

    前回、ヨーロッパ先進国のとある小学校保護者の話は、転勤、ではなく「単身赴任」についてです。
    レスの中であまりに「単身赴任してもらえば」が多かったのでつい。
    家族を伴っての転勤、アリです。でも家族がいる場合は強制ではなく交渉の余地があります。
    我が社と、過去に勤めた場所や友人の会社など限られた知識ですが、海外の場合はとくに栄転の意があるケース多ですし
    国内でも「将来のために勉強してこい、いろいろ見てこい」と出してくれるというケースもあるので
    トピ主さんが言う やりたいこと=転勤 となってしまいます。 家族と会社の理解、協力が必須ですね。

    ユーザーID:2276410368

  • 手に入れればいいじゃない

    >「やりたい仕事を続ける事と家族で暮らす事の両方を手に入れたかった」多いと思うのですが。
    どうぞ。誰も止めませんよ。
    二兎追って二兎手にすればいいのです。それは自由です。
    夫婦そろってやりたい仕事を続け、なおかつ家族と暮らせばいい。転勤しながら。
    左遷は例外として、能力がある人間は転勤させますよ。芽が出るだろうと育てる価値があるならば
    若い頃からガンガン転勤させます。能力よりも転勤で昇進するのかではなくてね。能力があると見込んでいるから転勤させて
    経験を積ませることで昇進をある程度約束するんです。だから転勤をさせてもらえる=昇進できる人なんですよ。
    もちろんセクションによっては転勤が必須ではないこともあるけれど
    転勤で得られるものは実に多いです。できれば海外拠点に数年、何カ国かいってもらうのが基本。うちの会社ではね。
    その声がかからなかったってことは昇進の見込みが薄いってことです。これもうちの会社の話。
    転勤は花道ってことですよ。君は昇進が見込める人間だから転勤させてあげるよとお墨付きをもらっているんですよ。
    いわば試験を兼ねた修行ですね。

    ユーザーID:4999045010

  • トピ主さんに質問です

    その1
    本社と支店が2店舗ある会社があります。
    社会情勢などの変化で、A店舗は売上大幅減、B店舗は大幅増です。
    そのため、Aは人あまりでBは人が足りません。
    さあ、A店舗の人をB店舗に転勤させて雇用を守ることは正しいことですか?
    その際、独身者限定だと、責任者クラスがほぼ転勤できない状態の場合どうしますか?

    その2
    自社製品の拡販が見込める新興地域がありました。
    そこに支店を作って売上アップを試みます。
    当然、経験者が行かないと売り込みもアフターサービスもできないから、経験者を送り込むことになります。
    これを独身者限定で行った場合、既婚率の高い管理職クラスの人をどうやってその支店で確保しますか?

    第一、トピ主さんは「転勤は会社の一方的わがまま」みたいに書いていますが、
    転勤させるのにどれだけお金がかかるか知っていますか?
    まともな経営者なら、無駄なことにそんなお金使うわけないでしょう。
    出したお金以上のメリットがあるから転勤を命ずるのです。

    こんなことすら理解しないで、何を言っても「暴論にすらならない」ですよ。

    ユーザーID:1799150993

  • 暴論ではないと思う

    暴論だという意見が多いですけど、既婚・未婚に関わらず会社が転勤を命じる必要性がよくわかりません。今日本以外の国に住んでいますが、実際現地のサラリーマンが転勤するって聞いたことないです。
    もちろん外交官とかは別ですよ、でも転勤は「個人的な事情があって」たとえば西海岸から東海岸へ引っ越したい、という希望者が会社にかけあうもので、会社から命じられてするものではないです。どなたかが参勤交代をおっしゃってましたが、会社に言われたから諾々と引っ越すなんて日本人だけじゃないですか?

    ユーザーID:7549247159

  • 2度目のレスです

    やはり批判が大半ですね。 そうなると思いました。
    では、こう言い換えてはどうでしょう?

    >「結婚している人には転勤を命じてはいけない。」
    ではなく
    >「企業は社員を転勤させる事を当たり前とおもってはいけない。 最小限に抑える事」

    地方の不正、癒着を防ぐ為なら、定期的に本社や外部機関が調査すれば防げます。

    地方の社員は支店長止まりかということですが、特別に優秀な人が地方で採用されれば「本社に移動しないか」と言う打診があってもいいですが、どのみち大半の社員は支店長以下で終わるのでは。

    地方の支店が閉鎖になる様な場合には能力のある人には、どこの支店でなら続けられるけれど引っ越すか辞めるかと言う選択肢を与えれば良い。

    どうしても転勤が必要な職種ではなく、安直に「不正を防ぐには社員を定期的に回しておくのが簡単」と言う理由で人の人生を振り回すのは、改める時に来ているように思います。

    会社側も「2、3年おきに転勤が当たり前」等と言っていたら、今時の優秀な若者は集められなくなって来ると思います。

    ユーザーID:9089495844

  • 終身雇用と年功序列を廃止すれば転勤も廃止に

    うちは在米ですけど、転勤って無いんですよね。ただ昇進でこういう話はどうかという形での転勤?はありますけど、受けなくても良いですし。

    日本の企業は終身雇用と年功序列が当たり前なので、転勤があるのも当たり前なのです。だから自分のキャリアが重要なら、結婚の相手は最初から転勤族は排除しておけばよいですよね。

    転勤族は専業主婦希望の女性、もしくは派遣などのキャリアの無い女性と結婚すれば問題ないわけで。

    婚活では転勤ありというのはこれからかなり不利な点になっていくのでは、と思いますけど。

    もしくは雇用体系が変わり、アメリカのようにレイオフも簡単に出来る、転職も簡単に出来るというようになれば無理して転勤しなくても良くなりますけど。

    個人的には転勤族って結婚の相手の条件としては最悪だと思います。家も買えずに賃貸暮らし、子供も転校ばかり、自分のキャリアもパー、良いこと無いような。。。まあでもそういうパートナーを選ぶのは自分なんだから仕方ないと思います。

    ユーザーID:4013273924

  • 暴論と言うより、酷い人だな

    当方は、大手メーカー勤務のサラリーマン。妻には転勤が有る事を伝えていました。
    主な転勤は、大阪→東京→愛知です。理由は、事業の統廃合と個人のチャレンジです。

    大手企業の場合、生産拠点を統廃合するためとか、開発部門を集中するとかあります。
    もし、転勤を禁止したら辞めてもらう事になります。失業しますが良いですか?
    米国では転勤はないけど、レイオフ(解雇)が頻繁にあります。厳しですよ!

    > 出来る社員がやってきて、・・・なんてドラマですよね。
    これやりました。2億円の利益改善です。事実は小説より奇なりと言う通りです。
    でも、センスが必要な仕事で人材はなかなか育たないのです。で、短期転勤。

    >「転勤の可能性がある」だけで、婚活のマイナスポイントになる人や、・・・
    個人的に魅力がないだけです。婚活している時点でそれは分かるでしょう。
    結婚って、苦労を一緒にしてくれる人とでないと出来ません。

    もし、トピ主さんの提案を実践すると、独身女性(お局さん)はガンガン転勤ですね。
    同じ女性としてどう思います?転勤してろと思ってます? 酷い人だな。

    ユーザーID:6680433489

  • トピ主です。

    トピ主です。

    トピ主表示の出ないものがありますので、まとめておきます。
    1)02/24 13:08「東西反復横跳び人生」
    2)02/24 18:28「転勤があるのを前提にする社会」
    3)02/25 10:20「その転勤は本当に必要な転勤ですか?」

    私が夫の転勤に付いていった一番最初は就職して8年目です。そして何度か転勤・単身赴任と再就職・求職・就職繰り返しました。昔は、転勤で失職し家族がバラバラになるのは当たり前と思ってました。でも平成も26年たっても、まだ同じような事を悩んでいる人がいる。その間に男女雇用機会均等法等、女性が働きやすい環境になってきてるのに、そこだけは変化なし。それこそ、正社員として働かない女性にたいする風当りが強くなってくる。どうすりゃ良いのよって思いませんか?

    一部の会社で、地域限定職種の選択が可能になりましたね。でも、普及しない。そもそも転勤で失職するのは失職する側の事前の判断ミスとされてしまう。(このトピックでもそうですよね)

    私の年齢と無職のくせに!と書かれる方がいます。もし、私が大学教員だったら、どんなレスが付くのでしょうか?

    ユーザーID:2030551120

  • 転勤も色々

    大きく見て2種類ありますね。

    ・いわゆる左遷
    ・優秀な人材のためテコ入れによる栄転

    前者の場合は本人の努力不足なのでクビにならないだけマシだと思います。

    後者の場合は必要とされている人材なので断る権利はあると思います。

    しかし、同じ立場の人が転勤を快諾すれば差がつくのは当然。

    転勤するだけ損なんて状況なら誰も転勤なんてしませんよね。

    以前も書きましたが、転勤がある会社に入社しておいて、転勤に異論を唱えるのは身勝手です。

    転勤の心配の無い職業もあるんだから。

    そしてどこに行っても仕事に困らない職業もある。

    そういった救済措置があるにも関わらず、先の事を考えずに就職しておいて文句を言っても仕方ないでしょ。

    どうも転勤を憎むあまり、転勤がただの人事のいたずらのような認識でしか考えられていない根本が問題のようです。

    郵政なんかは結婚した相手との居住地に異動できるシステムがあると聞きました。

    何の仕事に就いても転勤があるのなら問題ですが、いい大人がわざわざ自分で選んでおいて文句を言うのはお門違いもいいところですよ。

    ユーザーID:1505789798

  • 全て納得したうえで就職したのですよね?

    少なくとも、あなたの旦那様は、転勤があることを納得したうえで、その会社に就職したのですよね?
    ということは、その時点で、将来の奥様(=あなた)には、キャリアを諦めてもらうつもりだった、ということでは?
    そして、そんな旦那様と結婚したのは、あなた。
    転勤を納得したうえで、あなたは結婚したのですよね?

    ちなみに、私の夫は転勤の全くない仕事をしていますし、私も県内異動しかない仕事をしています。

    ユーザーID:0483557669

  • そもそも家族への愛情度が低い

    住所の異動を伴う転勤のある会社に勤める人は、
    家族への愛情度がもともと低いのだと思います。
    自己愛の方が強い。

    そういう人と結婚すれば、
    単に転勤だけに付き合えばいいという話ではなく、
    家庭における様々な場面で、
    家庭を犠牲にするようなことがあるでしょう。

    既婚者に転勤を命じるのをやめろ、ではなく、
    転勤のある会社に勤務する人と結婚することは
    家庭を犠牲にすることをやむなしと考える人と結婚するということです。

    ユーザーID:5212192817

  • 終身雇用の弊害

    これは読んだコラムの受け売りなのですが、
    日本は崩れつつあるとはいわれていますが、終身雇用が前提ですよね。

    ですので、A支店で人が足りないからといって
    安易にA支店で人を雇うことができません。
    一度雇うとやめさせることができないからです。

    一方B支店で仕事が減ったからといって
    一人やめさせることもできないので
    A支店に行かせて雇用を続けるわけです。

    社会が流動化していないので
    会社の中で流動化させるしかないわけなんです。
    金融系は不正防止の意味合いも強いですし
    活性化の面でも必要ですよね。

    もし終身雇用がなくなって流動化すれば
    必要なポストに応募がかかって
    社会全体がフレキシブルになり、女性が子育てのあと応募できる仕事も増えるでしょうし
    長い人生でいろんなキャリアの可能性を追求できますよね。

    正社員がいいこと、終身雇用は守るべき、という論調が主流ですが
    私はもっと流動化した社会のほうがいいような気もしています。

    ちょっとトピずれしてしまってすみません…

    ユーザーID:9959284057

  • う〜ん

    均等法が施行されて就職した人が今年52歳。

    今年定年を迎える方だと
    寿退社が当り前 な時代に就職した世代でしょ?

    結婚したら退職という時代に
    働いていてだんなさんの転勤で退職って
    恵まれていた方だと思いますよ。

    ユーザーID:8826107309

  • 分かるけど、もっと良い解決法がある

    うん。
    他の先進国でも、全く無いわけではない悩みだと思うけど、
    彼ら彼女らが比較的マシなのは、「転職が普通」であり、
    「同一労働同一賃金」という原則も一応ある、ということでしょうね。
    つまり、転居しても、それなりに妥当な職につける可能性がけっこうある。

    日本は、労働市場の流動性も小さいし、同一労働同一賃金でもない。
    新卒で入った会社に終身勤めるのが圧倒的に有利で、
    そこから外れるとびっくりするほど不利になる。
    (ヘッドハントなど一部例外を除く)
    日本は「就職」ではなく「就社」だよね、と言われるゆえん。

    私の意見は、
    「既婚者に転勤を命じることを禁じる」より、
    「いつでもどこでも、同じ職業能力ならそれにふさわしい職につける」社会を目指すほうがいいのでは、というもの。

    前者を言いたくなる気持ちも分かるんだけど、
    現状のままそれをやると、現実には「転勤を受け入れて出世するために結婚しないことを選ぶ」人が増えるだけじゃないかな。

    ユーザーID:7013456253

  • なぜ既婚者だけなの?

    独身の人だっていろいろ事情を抱えていると思いますよ。

    独身で親の介護をしている人や、シングルマザー、シングルファザー等。

    そういう人は結婚してないからどんどん転勤させちゃっていいんですか?

    ずっとその会社で働きたければ転勤の無い人と結婚すればいい話。

    地元密着の企業とか役所とか。実際そうしてる人もいますしね。

    自由に結婚相手を選びたい、でも転勤は嫌と言うのはトピ主さんの我儘ですね。

    ユーザーID:4592205701

  • あなかが大黒柱になれば

    旦那さんの転勤が決まった時、仕事を辞めたくなかったなら

    旦那さんに転職してもらう
    転勤のない一般職内勤(庶務等)になってもらう
    単身赴任してもらう

    の3択があります。

    私の職場には単身赴任している女性もいるので、このことで女性は関係ないです。

    ユーザーID:1390659037

  • トピ主さんが何言ってるのかわからない

    >昔は、転勤で失職し家族がバラバラになるのは当たり前と思ってました。
    転勤したら失職しないでしょう。
    なぜ家族がバラバラになるんですか?

    >一部の会社で、地域限定職種の選択が可能になりましたね。でも、普及しない。そもそも転勤で失職するのは失職する側の事前の判断ミスとされてしまう。(このトピックでもそうですよね)

    転勤する本人は失職しませんよね?
    転勤のある配偶者とわかっていて結婚したなら、辞めずに単身赴任してもらうという選択肢もあるし、ついていくために辞めるなら自分の選んだ結果であって、事前の判断ミスもなにもないでしょう。

    頼みこんで働いてもらってるわけじゃないんですよ?(中にはヘッドハンティングのようなケースもあるでしょうが)多くは、自分の意思で、労働者側がその組織で働きたいという希望で就職してるわけですよ。
    その際に転勤あるかどうかって条件は自分が選択して決めてるわけです。

    その状況で転勤するかどうかは夫婦なら夫婦で話あえばいいだけです。
    逆に言えば、転勤のある人間は転勤を嫌がる人間と結婚しなきゃいいんだと思います。

    ユーザーID:8943998648

  • 雇用が流動化すると

    >もし終身雇用がなくなって流動化すれば
    >必要なポストに応募がかかって
    >社会全体がフレキシブルになり、女性が子育てのあと応募できる仕事も増えるでしょうし
    >長い人生でいろんなキャリアの可能性を追求できますよね。

    >正社員がいいこと、終身雇用は守るべき、という論調が主流ですが
    >私はもっと流動化した社会のほうがいいような気もしています。

    今以上に、弱肉強食に拍車がかかって、低収入層が拡大して中間層がいなくなりますよ。
    米国等は移民社会ですから、移民の低収入層をある意味うまく使ってるんですよ。
    日本もそういうことやれば、同じようなシステムがつくれるかもしれませんが、移民を受け入れないなら、規制緩和で現状でも低収入層が増えているのに、さらに格差が広がるだけだと思います。
    まあ、能力ある人間はそっちの方がうれしいかもしれません。

    ユーザーID:8943998648

  • 私が大学教員だったら?

    まともな大学教員なら、そんな思考の浅い論理を言いません。
    これは「転勤がおかしい」という結論ではなく、その結論を導き出すまでの論理や過程がです
    仮に大学教員だったとしたら「そんなレベルでよく務まるね」と言われるだけです。

    で、トピ主さん。
    転勤は会社が負担するコストがかなりあることはご存じですよね。
    もちろん、全て自費の会社もゼロとは言いませんが、そういうところは
    「ブラック確定で、転勤どうこうを論じる以前の場合」か
    「はじめから転勤費用込みで給料設定されている」か
    のどちらかですから持ち出さないように。

    で、営利企業である会社が、かけたお金に見合わない見返りしか帰ってこないことをわざわざやりますか?
    やる訳ありませんね。

    つまり、転勤で会社にそれにかかるお金(10万は楽に越えることが多い)の数倍かそれ以上の利益をもたらすから転勤をさせるのです。
    逆に言えば、断るってことはそれだけの機会損失を会社に与えているってこと

    そもそも、転勤が一生ない会社だってあるのに、なぜ仕事を続けたいのに転勤ある人と結婚したの?
    それを自己責任と言わないならこの世の中に自己責任が存在しなくなります。

    ユーザーID:1799150993

  • miyabiさんの言うとおりで

    海外では転勤がないとか言っている人がいますが、単に
    「転勤ではなく転職をする」とか
    「首切りが頻繁に行われている」
    などの理由で、転勤してまでその会社にしがみつく人が少ないだけ。
    雇用が流動化しているから、転職のほうを選ぶってだけですよ。


    それに対して日本は基本は終身雇用。
    だから、雇用の流動化を社内でやらざるを得ないのです。

    さらに言えば、外国では職種が大事ですから、日本のように事務をやっていた人が人事異動で同じ敷地内でつなぎを着て工場作業をすることもあります(もちろん逆も)
    あくまでその会社の社員なのであって、雇用を守るためなら職種も変えられるのです。

    都合よく例に出している外国では、同じ事業所内の事務を首にして、同時に工場作業者を新規に雇うとかをやります。
    つまり、事務に工場作業をさせるのはありえないからです。

    このように、雇用形態や仕事に対する考えが全然うのに、一部だけ
    「都合よく」
    持ち出す人は、モノを考える基本的な視野が狭いのではないのでしょうか?

    ユーザーID:1799150993

  • ちょっと待ってくれ。意味が分からんぞ?

    当初トピ主さんの言い分が
    既婚者に転勤を命じるのはおかしいというものでしたので、
    それは暴論、男女・既婚未婚問わず平等に転勤があってしかるべき、とレスしました。
    ところがどんどん転勤自体の疑問になってきて
    最終的には男女雇用機会均等不履行だの男女平等を阻害している?
    転勤の有無は女性が不平等とか全く関係ないですよ。
    男性のみ転勤がある・もしくは女性のみ転勤があるというなら問題ですけどそうじゃないみたいだし。
    男性の転勤に女性もついていかなきゃいけないという固定観念をどうにかしてください。
    ご主人の転勤についていく必要はありません。
    さらに貴女自身も勤続年数が多くなると転勤を命じられるかも。
    それにご主人が付いていく必要はありません。
    夫婦のどちらかが転勤を命じられたら夫婦のどちらかが失職するのではなく、
    単身赴任が嫌で自らの意志で職を辞しているのでしょ?
    なんで社会やご主人のせいにするのやら。
    転勤の是非を社会に問いたいならまだ理解できるトピですが
    そこに女性差別に関する要素は一切ありません。
    責任転嫁もいいとこです。
    一気に考える気が無くなりました。

    ユーザーID:4467263378

  • そんなばかな

    そしたら未婚者が落ち着いて結婚相手探せないじゃあないですかーって、転勤先で運命がたくさん転がってるかもしれませんが(笑)
    正直、既婚者の尻拭いで転勤が増えるのはいやですね
    結婚したくてできない人ならもっといやになるかなぁ
    どなたかのレスのように、転勤組が転勤コースみたいにして給料高めならうまくいくかも。。。
    それなら喜んで転勤組希望します!

    ユーザーID:1955008900

  • 私が大学教員だったら?

    そりゃ、旦那さんには単身赴任で行ってらっしゃいでは?
    皆さんレスで書いてますよね?
    皆さんのレス読んでくれてますか?

    転勤ってあるのは、やはり空気を変えるためもあると思うよ。
    一つの場所でずーと同じ人と何年も仕事をしていたら、馴れ合いが出てきて不正が起こっても、目をつぶってしまう状態になる。
    転勤をさせることにより、目がかわり不正はダメだと言う事が解ってくる。
    そして色々な場所を経験することにより、力もつき、人を引っ張る力もつく。
    だから転勤=出世にもつながると思います。

    ただし転勤=降格もありえますがね それは左遷かと思います。トピ主さんは左遷の事を言いたいのかしら?

    転勤が嫌なら、転勤の無い職に就くか、県内のみの企業に勤めれば、転勤しても通勤出来るはずですから、引っ越しをしなくてすむと思いますよ。
    奥さんは自分の住む地で仕事が出来ると思うけどね。

    ユーザーID:0140202632

  • いくらでもありますが?

    転勤のない仕事なんて。

    地域密着型の中小企業、地方公務員、自営業、それに地域限定社員なんてのもあります。
    トピ主さんも、そんなに転勤したくないなら転勤のない仕事を選んで、伴侶も転勤のない職業の人を選べばよかったのに。
    実際、私の友人の1人は地元大好きだから就職先は地元の役所だし、結婚相手も同じ役所の人。当然夫婦とも転勤なし。
    もう1人は会社員だけど、基本自宅から通勤可能な程度の転勤の会社に、夫婦で勤務してるし(それぞれ別会社)。
    トピ主さんもどうしても好きな仕事を続けたかったなら、ご主人に転職or単身赴任してもらうという選択肢もあったし、いっそ最初からご主人を結婚相手に選ばない、ということもできたはず。

    それに独身者のみ転勤なら、独身者と既婚者でそれなりの待遇差をつけないと納得しませんよ。
    既婚者は独身者の半分の給与、昇進もなしとかじゃないと。
    でもそれで子供の教育費とか住宅ローンとかの負担は、夫婦で働いてもかなり厳しいのでは。
    あと、独身でも家族に要介護者がいる人とか、ひとり親家庭の人とかはどうするの?

    ユーザーID:3791275693

  • 仕事熱心な人やエリートをこういう方向からdisるとは

    >住所の異動を伴う転勤のある会社に勤める人は、
    家族への愛情度がもともと低いのだと思います。
    自己愛の方が強い。

    奇妙な発想と論理展開ですね。
    「家族への愛情度が低い=自己愛が強い」は心理学等には真逆の説も
    ありますが。

    それはさておき、「転勤のある会社に勤める=家族への愛情度が低い」
    であるならば、社会的地位や安定度や収入が高いいわゆる有料企業や
    組織に勤めるほぼ全ての方がそうなりますね。特に男性は。
    海外赴任のある企業なんてとんでもないし、政府関係者、警察、医師
    等もダメですね。
    そして、家族への愛情度が高い人を探す一番効率的な方法は一箇所しか
    勤務地のない零細企業勤務者になりますね。非正社員ならなお良し。
    公務員他はそれに比べると少数ですから。

    働き方が劇的に変化してると言われている現在でも世界的に珍しく
    単身赴任者が多いことからも、この狭い国内ですら移動するのを嫌う
    方が多いのはわかっていました。
    でも、多くの職種で個人と組織双方の利益の為に転勤する必然性があ
    るにも関わらず、それを選択すると「本質的に家族愛<<<自己愛の人間」
    と認識する人がいるのですね。

    ユーザーID:1049673008

  • 横ですが

    >もし終身雇用がなくなって流動化すれば
    >必要なポストに応募がかかって
    >社会全体がフレキシブルになり、女性が子育てのあと応募できる仕事も増えるでしょうし
    >長い人生でいろんなキャリアの可能性を追求できますよね。

    個人的には疑問です。

    バブル崩壊の流れで終身雇用が崩れ始めてから、安定した収入を得られない男性が増えました。

    それと同時に専業主婦のシステムも継続が難しいものとなりました。

    そして結婚出来ない男女が増え、子供を持つことも叶わなくなり、少子化も加速しています。

    そんななかで子育て後の女性が働けるとは言っても、それ以前の問題になりそうです。

    少なからず残っている終身雇用の名残が無くなれば、非正規の男性も増え、結婚できるのは一部の優秀な男性だけになるでしょう。

    一部の優秀な男性をゲットした女性は働く必要が無いかもしれない。

    そうなれば結局、今以上に独身の男女が増え、子育て後の女性自体が少なくなるかもしれません。

    極論を言うなら、一夫多妻制にすれば解決でしょうけどね。

    今度は男児を生む人がいなくなりそうですが。

    ユーザーID:1505789798

  • 転勤を減らすことはできないのですか?

    色々なレス、ありがとうございます。

    ほとんどの方が、「会社サイドに立ち」「転勤ありき」で書かれていますね。
    配偶者が転勤で住所地が変わり、失職した側からはほとんどレスがありません。
    当たり前と受け入れているのか、渋々なのか聞いてみたいところです。

    さて、私が書いているのは住所変更を伴う転勤です。住所の変更がない異動は考えに入れてません。

    転勤が必要の理由に会社の発展のため。不正がなくなるためと書かれてる方が多いですね。金融関係は定期的に異動があります。でもここ30年で無くなった会社は数多いです。不正も、転勤で来た上司が業務を把握できず見抜けなかったのもありましょう。結局上司の能力不足とトップの経営判断のミスですよね。

    レスの中に、独身者のみ転勤可能だと、シングルマザーファザーはどうなる?親の介護をしている人はどうなる?とあります。会社の発展のために転勤は必要だとされる方は、それらの人は除外しますか?共働きでギリギリの生活をしている人も除外してもらえますか?

    みんな、事情があります。単に駒のように扱われる転勤を減らすことは出来ないでしょうか?

    ユーザーID:7571956182

  • 転勤のない企業、職種

    子供2人の専業主婦です。

    暴論と言うより妄言ですね。

    転勤のない企業、職種に就いてはいかがですか?

    ユーザーID:4926203971

  • そうじゃなくて

    単身赴任だとか、そういう旦那と結婚したんでしょ、じゃなくて
    転勤という制度が「その会社」の「その職位」に必要かどうか
    だと思うんです。

    外部の人間との癒着防止もわかるんですが、
    「転居を伴う転勤」じゃなくてもいいですよね。
    支店などの小規模な展開をしている事業なら
    通える範囲の別の場所で良いのではないでしょうか。
    遠くの支社、工場とか海外の子会社などで
    経験を積むための転勤もあるでしょうが、
    そういう人は幹部候補生だけでいいと思うのです。
    2〜3年ごとの転勤でまかなえるような程度の仕事に
    何十万円もの引っ越し代をつぎ込み、本人のみならず
    家族の人生まで変えさせる必要性があるのでしょうか。
    そんな贅沢な経費は給料にて頂きたい。

    この先は労働人口の減少から夫婦共働きが標準になるでしょうし、
    子どもを育てるのに転勤なんて無理ですよ。
    共働きが標準の国にいたことがありますが、
    会社の大きな移転があり、退職者が多くいました。殆どが子を持つ父です。
    そういう意味では転職市場が活発になるかもしれませんが。

    個人的に転勤は参覲交代のように社員を疲弊、弱体化する目的
    としか思っていません。

    ユーザーID:9801979018

  • そうね

    妻の転勤で退職する夫もいっぱいいるでしょうね。
    転勤でさ、どんどん辞めて欲しいわ。
    そうすれば、非正規で働いてる人がその会社に入れるじゃない。
    いいことよね。
    人材の流動化がいいと思うわ。
    そもそもさ。
    正社員なんか無しにすればいいのよ。
    みんな契約社員や派遣でいいじゃない。
    バカらしいわよ。
    自分の特権だけ振りかざして幸せにしがみつくなんてさ。
    いやらしいわよね。
    世の中不幸な人達がいっぱいいるのにさ。
    ほんと嫌だわ。

    ユーザーID:4909368981

  • どんどん変な方向へ行ってますが?

    あなたの仰ってることは単なる理想だと思います。(ですよね?)

    家族と一緒に裕福に、幸せに暮らしたいのはみんな同じでしょう、たぶん。
    ですので、そういう前提なら仰る通りですが、「既婚者限定」はいかがなものでしょうね。

    満足できる企業に職が決まり、やがて結婚し出世もしていく中で「転勤」ということが織り込まれている
    企業なら転勤は当たり前のこと、が現状ではないですか?

    それを承知の上で就職したなら、それを受け入れる。
    その地に留まりたいなら蹴る。(=解雇となるのかな)
    の二者択一ですし、それで納得するしかないですよね。

    私はそれで会社を辞めました。(CMに似たのがあったかな)は
    企業側の強制ではなく、あなたの選択ですから不満をぶつけるなら自分へ、ということだと思います。

    本気で転勤のない企業体型というものを要求するのなら、発言する場所をお間違えなのでは?

    >私の年齢と無職のくせに!と書かれる方がいます。もし、私が大学教員だったら、どんなレスが付くのでしょうか?

    おんなじです。

    ユーザーID:5316054184

  • 地域限定職種が普及しない理由

    >一部の会社で、地域限定職種の選択が可能になりましたね。でも、普及しない。

    そこでなぜなのか?を考えないのですか?
    答えは簡単です。
    大多数の人間が「転勤があっても高収入の方がいい」という選択をするからです。

    そもそも転勤したくないと思ってる人は最初から転勤のない職種を選びます。
    それが「職業選択の自由」に付随している「責任と義務」です。

    職業で結婚相手を選ぶのは寂しい、とか言ってましたが、それこそが重要なポイントなんですよ。

    それこそ外交官と結婚しておいて転勤させるな、とは片腹痛いだけの話でしょう。
    それとも外交官は結婚してはいけませんか?
    日本の外交官は結婚したら、実質的に退官しなければなりませんか?

    転勤してもかまわないと思う人が外交官と結婚すればよい、という意見は、すなわち「転勤で動きたくない人は転勤のある人と結婚しなければ良い」という意見と全く同じことなんですが。

    >みんな、事情があります。単に駒のように扱われる転勤を減らすことは出来ないでしょうか?

    できますよ。解雇のハードルを下げればいいだけなんで。

    ユーザーID:8943998648

  • 結局何がいいたいの?

    最新のレスでは、駒のように転勤させるのを減らせませんか?とあります。
    そんなもの、ブラック企業なくすの減らせませんか?っていってるようなものです。なくせるものなら無くなってるでしょ。

    あと、あなたが大学教員であろうとなかろうと意見は変わらないでしょ。こういうトンチカンな質問してる時点で。
    自分のことしか考えられない人には無理でしょうけど、あなたが経営者なら一切転勤無しでやりくり出来きますか?

    ユーザーID:4703550442

  • してもらえると助かるけどね

    妻の立場から言うと、結婚後または第1子妊娠判明から5年〜10年くらいは転勤なしにしてもらえると家族計画が立てやすくて嬉しいですけどね。
    せめて妊娠判明〜産後1年くらいはナシにしてもらえると助かります。
    これは妻が働いているかどうかに関係ないような気もしますけど。

    来週出産予定です。再来週に内示で夫が転勤するかどうか分かります。
    転勤になったらどうしましょうね。新生児かかえて引っ越しできるかしら…

    ユーザーID:4035295641

  • 自分で動けば良いのに

    ただの愚痴なのかもしれませんが、トピ主さんの主張が運動会の中止を願う子供みたいなものにしか見えなかったです。

    職業選択の自由があるのですから、転勤がない会社&職種に勤めればいいし、希望をだせばよいのに。
    もっといえば、起業したって良いし、ノマドワーキングみたいな働き方をできるように自分で模索したっていいのに。
    どうしても大企業や公務員がいいなら、転勤がなくてすむ仕組みを考えて、会社や上司に提案しては?転勤がないほうがこんなに売り上げがあがりますっとか。
    別に意地悪や酔狂で転勤させているわけじゃないんだから。

    棚ぼたねらって口あけてても、誰もパンほおりこんでくれませんよ。

    自分で提案とか考えるとか面倒な事はしたくない。でも大企業とか公務員とか大きい木に守られてたい。起業とか面倒。お金もほしい。なんか言って出世とかに響くのも嫌。リスクもおかしたくない。

    うん。じゃぁ。そのままでいて愚痴ってればとしか言いようがないですね。
    これを暴論とか考えとか「意見」として成立している認識しているところからズレてます。
    親がベッカムだったらいいのになーという戯言みたいなものでは?

    ユーザーID:4557344282

  • ごく一部の人だけです

    繰り返しになりますが、めったやたらに転居あり転勤は、社員の人生設計にとってよくありませんし、コストもばかりなりませんので、

    日本の会社で転居あり転勤はあまりありません。

    もちろん、勤めているうち、1回、2回はありますが、10回も20回もは無いです。

    40年の会社勤め中、数回ですよ?
    10年に1回の転居で何か問題が?
    ただ、その滅多にないことが、結婚直前や子供の進学時期だと揉めるわけで。

    工場の統廃合や新規展開だって、んなウン十年継続するわけでは……
    ある時期、ワッとやって、落ち着くとしばらく何もなくて。


    いっぽう、確かに頻繁に転居する方もいますが、正にそれが必要な職階やスキルもちだからです。

    あるいは会社から動かしやすい便利な人材に思われているか。
    ただ、本人も僻地好きとか異国好きとかですよ。

    会社は本人の意向は聞きますけど、家族の思いは本人通じてしか解らないし。

    ユーザーID:1338950555

  • だから、会社にとって必要だから転勤をさせているのでしょ?

    その転勤の目的が幹部育成なのか、癒着を防ぐためなのか、疲弊させて
    退職に追い込む為なのかはその会社次第ですが、いずれにせよ会社に
    とって必要で適切と思う時期に行っているだけでしょ。

    人材の流動化って耳障りがいいですが、要は解雇と背中合わせって事ですよ。
    失業して一番困るのは妻子のいる既婚者では??

    ミルフィーユさんの意見は一部だけ賛成。
    妊娠判明なんてのは報告しにくいでしょうし、妊娠したら必ず生まれる
    とは限らないので、第一子出産後2年以内転勤候補者から外すってのは
    あっていいと思います。
    2年の理由は、もしも妻が産休を取って復帰していたらあまりに短い
    期間だと相手側企業にも迷惑かかるでしょうし、単身赴任をして
    もらうにしても働くペースをきちんと掴めたころあいが良いでしょうから。
    それと、第一子に限定しておかないときりが無いので。

    ユーザーID:7360152681

  • 全国展開の企業は成立しないってこと?

    すべての事業所の活動に必要な人的リソースを同一地域で賄わなくてはいけない状況になったら、無駄が非常に多くなるでしょうね。
    コストがかかるから利益が減る→国の税収が減る
    地域限定企業に現在の企業を分割したら、小規模な会社が増える→税収減る
    地域限定前提で企業の給与体系が見直されたら、東京以外の地域では多分水準ががくんと下がる
    ただでさえ借金大国の日本、大変なことになるのではないでしょうか。
    国家公務員が独身のみで構成されている状況を想像したら、そりゃちょっと明らかに偏りが大きすぎですよね
    非婚化も進むでしょう。特に、仕事ができる層の人たちの非婚化が進みそうですね。国とか企業の中核を担う、優秀な人材が子孫を残さなくなるのは、日本の将来にもマイナスかと思います。
    考えられるとしたら、既婚者に限らずとも状況に応じて地域限定職に転換できる制度の拡大とか?
    当然、給与水準引き下げがセットになりますけどね。

    ユーザーID:5298024189

  • どうしたいのかわからないな

    要するに、人生すべて自分の思い通りに運ばないときがすまないってことでしょう。
    それなら、夫に「私は仕事をやめない。お前は転勤断ってこい」と命令すればいいだけです。
    そして夫の人生を踏みつけ続けながら、自分の人生すべて思い通りに動かせばいい。
    そうしないと、今回のように踏みつけられる側になるから。
    相手に言うことを聞かせるか、相手の言いなりになるかの二択です。
    いいなりが嫌なら、自分が夫を支配しましょう。

    ユーザーID:8459880095

  • ただ単純に

    じゃあ独身だったらいくらでも転勤しろと?
    それもどうかなぁ。
    そりゃあ既婚者に比べれば自分1人の身だから気にすることは少ないでしょうね。
    でもそれは平等なのかな?
    奥さんが仕事を続けるために周りの赤の他人が犠牲になれって言う風にも聞こえてしまうんですが・・・。
    ちなみに私は女性で未婚、30代の資格で働いている人間です。転勤はありません。

    ユーザーID:0208566901

  • 男女平等の話では無いでしょう。

    トピ主の世代の専業主婦の戯言にしか聞こえません。貴方が大黒柱になって家計を支えたら良かったのに。それに、今時の日本では、女性にだって転勤の打診は来ますよ。

    トピ主が大学教員だったら?有名大学の教授レベルなら、女性である貴方自身が海外研究機関を含め数回職場を変えている可能性が高いですので、そもそも設問が成り立ちません。

    海外でも International assignment や relocation は普通にありますし、転職の際も別の都市や国からのヘッドハントだと日本円で10万から100万円程の引越し費用や、滞在先のインターの費用を会社が負担したりと色々です。30代の私達夫婦(片方は欧米人)は、グローバル転勤・転職と共働き両立をテーマとするNPOに参加していますが、データでは、この形態は世界的に更に増加傾向にあります。この団体への参加者に限定すれば、妻側の仕事の都合で移動する人も30%以上います。

    海外の大企業の場合、 履歴書上に転出経験や留学経験がない人 =「新しい環境への適応能力が低い、チャレンジ精神が無い」と、書類選考の時点で落とされる事もあります。

    ユーザーID:4383834097

  • 質問に対しての意見のみ

    暴論ですか?

     暴論だと思います。

    ユーザーID:3247060633

  • 会社サイドに立ちって言われても

    えー。
    だからさ、就職してから労働条件が変わって「転勤もあり」になったわけじゃなく、
    最初からそういう条件だったんでしょ?
    「訳あり商品」購入しておきながら「ほつれてる!」「痛んでる!」と
    クレームつけるようなものじゃありませんか?

    ・転勤が有り得る相手を結婚相手として「選んだ」のはトピ主さん
    ・転勤が告げられ拒否する事や単身赴任より、自分が退職して付いていくことを
     「選んだ」のはトピ主さん。

    >単に駒のように扱われる転勤を減らすことは出来ないでしょうか?

    1人や2人の職場じゃあるまいし、全国規模の転勤があるような会社で?
    権利を叫びながら義務を果たさず、給料上げろ待遇改善城と叫ぶ従業員が
    居なくなるくらいに難しいんじゃないですか?
    金融機関を例にあげてますが、金融機関で転勤が少なくなったのは正社員ではなく、
    契約社員を増やしたからです.全行員が転勤なしじゃありませんよね?

    自分が嫌だったからって、それを他人(独身)に押し付けるだけですよ、
    トピ主さんの意見は。

    ユーザーID:5858909232

  • 組織の硬直化

    個人レベルでは、確かに、長期に渡り、同じ職場で働くことは楽でしょうね。

    しかしながら、会社や組織からの側面から見ると、人事の硬直化は、組織に
    とって、マイナス要因です。

    地方間、地方と都市間、、 部門間の異動があるからこそ、組織に柔軟性を
    与え、発展するのです。

    東京勤務は永久に東京勤務、、 、大阪勤務は永久に大阪勤務で、、
    会社は巧く機能すると思いますか?

    また、会計は永久に会計、営業は永久に営業ならば、不正や癒着が
    生まれます。


    組織にとって、一定期間後には、必ず、人事異動が必要です。

    ユーザーID:5896848561

  • トピ主さんは

    自分の主張を喚くだけで、その根拠を明確に示していませんよね。
    また、自身に向けられた質問にもまともに答えていない。

    どうして、自分の論理が正しいと思うなら、反論や疑問に対してきちんと答えないんですか?
    答えないどころか、話をあっちこっちに動かしてごまかそうとまでしている。

    私が答えてほしいことにも全く答えていませんしね。

    暴論といえども論理ですから、最初にきちんとした筋道があるのが本来です。
    ところがトピ主さんは、その筋道すらあやふやでただ
    「転勤はおかしい」
    と言い続けるだけ。

    転勤をなくしたときにどういうデメリットがあるかについて、具体的にたくさんの人が質問しているのに、
    全く答えようとしないどころか、新たな勝手な論理を作り出しているのはなぜですか?

    暴論ですか?って以前に
    「論理にすらなっていない」
    んですよ。

    だって、自分の感情の「転勤はおかしい」の結論ありきで、後付けで物事を論じようとしているから、
    その論理から派生する様々な想定される問題を完全に無視して、都合良いところ「だけ」で物事を話す、
    まともに話すことすら意味がない話になっているんですから。

    ユーザーID:1799150993

  • ホントそうですね。

    甘々な意見とも言いますが、そういう負担があってもいいかも。
    ただ、前提が「女性が扶養に入ること」になってしまうのが殆どでは?
    そうなると働きたい、と言う貴方の希望は実現出来ない。
    むしろ、世の中は男女平等の流れ。
    今後は男女を問わず「平等に」転勤を命じられる社会になっていくのでしょう。
    ハードな世の中ですね。
    「昔は良かったなぁ〜。」と思わざるを得ません。

    ユーザーID:0086264714

  • 自分の選択の結果ですよね?

    私は、全国への転勤の合った夫(当時は、恋人)に、結婚するにあたって、転勤のない職業に転職してもらいましたが?

    その後、夫は支所閉鎖に伴い、他県への配置換えを打診されましたが、退職しましたよ。
    今も、基本的には転勤のない業種についてます。

    ちなみに、私の方が収入も多いし、社会的な信用も高い職業です。
    でも、それは、私自身が、夫についての転勤や転職を拒否した結果なので、仕方のないことだと思っています。

    転勤のある職業につく相手であることを理解した上で結婚したのなら、他の方同様、会社に文句を言うのは筋違いだと思いますね。

    ユーザーID:3750765538

  • なんだかな

    『引っ越しを伴う転勤がある人』って、日本の労働人口の1割に満たないんですが。

    そんな例外的少数派のことを一々問題にする必要ってありますか??
    そんなものは好きにすれば良いでしょうよ。

    95%以上の人は引っ越しを伴う転勤なんて無いんだから。

    そんなに転勤が嫌なら自分で転勤のない会社を作れば良い。
    どうぞ、見本となる会社を作って経営してくださいよ。

    その上で、『みんなこうすれば良いんだよ!バカじゃないのか!!?』と言えば良い。



    他の方も挙げてらっしゃいますが、転勤を禁止したら『解雇&新規雇用』となるだけです。
    転勤を言い渡されるのではなく、解雇を言い渡されるようになるだけです。

    本当にそちらの方が良いと??

    ユーザーID:1567539250

  • 職場に新しい風を入れる必要性

    何年も同じ顔ぶれで働いていたら、馴れ合いで仕事して、新しいアイデアも湧いてでません。かといって今いる人間をクビにして、新しい社員を入れるわけには行きませんよね?海外みたいに転職が一般的だったら比較的回りやすいけど、日本はそうじゃないですよね。なので転勤が行われるのではないでしょうか?例えば業績が良くない事業所に、他の事業所のやり手をもってきて建て直す、会社としては当たり前のことだと思います。

    受け入れる、受け入れないは選択できるんでしょ?そして会社にできる貢献を個人事情でできなければ、それなりの評価がでることでしょう。貴女の場合は自分でついていくって決めたんでしょ?でなければ旦那さんに断ってもらえばよかったんですよ。それを後からゴチャゴチャこんなところで言ってもね。どれもこれも自分の欲しいものを自分の都合よく手に入れたいなんて、世の中そんなに甘くないですよ。既婚者でも独身でもね。

    ユーザーID:6034610945

  • ちゃんちゃらおかしい

    >単に駒のように扱われる転勤を減らすことは出来ないでしょうか?

    社員は会社の歯車であり駒ですよ?

    駒が無いと業務が進まないのです。

    それが嫌なら脱サラして自営業でもなんでもやればいいだけ。

    想像してください
    ・パートで同期の人の時給があがった。
    不服に感じたあなたは「同期なんだから私も時給を同額にして欲しい」と抗議した。
    しかし上層部の返事は「彼女は休日出勤も時間外労働も別店舗出向も嫌な顔せず受け入れてくれた。あなたは休日出勤も時間外労働も家庭を理由に断った。事情があるのは仕方ないことだけど、会社に有益な人材の待遇をよくするのは当然のこと。」

    わかりますか?

    転勤だって絶対に受けないといけないものではないです。

    しかし受けた人と受けない人の待遇差は仕方ない事です。

    転勤するだけ損なら誰もしませんし。

    暴論と言うよりただのわがままです。

    会社に利益を与える事を考えて実績をあげるのが社員です。

    自分の事しか考えられないトピ主が仕事を続けたかったとは言っても、どこかで手詰まりになって退職してただろうなって思います。

    ユーザーID:1505789798

  • 地域限定正社員の実情

    転職していった方が半年持たずに戻ってきました。

    交通費、住宅手当、一切ないそうです。
    能力があっても大きな店舗への異動がないので出世したい人もなかなか出世できない。小さいお店から大きなお店へのステップアップする方法が難しいとのこと。
    でも、中にはお子さんが小さいから、小さいお店で和気藹々としたいという人には向いているとも。自分の近くに大きな店舗があればステップアップも可能なので、人それぞれかもしれません。

    転勤が多い会社は社宅も充実しているし、家賃も3万円〜5万円程度。
    企業の規模によっては役職者は10万円補助が出て、一軒家も借り上げ社宅にできるし、気に入れば買えるんですよ。
    また、嫁姑問題で悩んでいた友人は当初は転勤族の旦那さんに悩んでいたけれど、今は「転勤族で良かった〜」と喜んでいます。

    ユーザーID:3497164358

  • 家族は一緒に暮らすのが理想。家族は自分の人生も大事にしたい。

    皆様の、色々なレスポンス、ありがとうございました。
    このトピックは、これで締めさせていただきますね。

    レスをいただいた方から「自分のレスに対する、返事がない。」と、書かれている方がいらっしゃいますが、私は個別には返事をいたしません。
    「私の考えって暴論ですか?」と問いかけただけですので。

    住居の移動を伴う転勤をするのは5パーセントにすぎないと書かれている方や、他にも、色々な数値を書かれてる方がいらっしゃいますが、何故、根拠となるソースを書かれないのでしょうか?

    そして、「転勤は必要だ」と言われるばかり。

    妻子と向き合うことができなかったことを後悔する夫。
    転校が続き、深い人間関係を持つと別れの時の心の傷が深くなるからと表面だけの付き合いにしてしまう子と母。
    学校によって学習の進度が違うために落ちこぼれたり。
    寮のある学校に入れたり。
    転勤しそうだから子どもは作らない夫婦。
    続けたかった仕事を辞めなくてはならなかった配偶者。

    住所の移転のある転勤をしても倒産やリストラはあります。
    もう少し、家族の事を考えた異動命令は出来ないのでしょうか?

    ユーザーID:7571956182

  • 難しいですね

    だって仕事って、その業務に適した人、っていうのがあるでしょ。
    事業所自体を立て直したいときに、独身のペーペーを連れてく訳に行かない。
    将来を見据えていろいろ経験させたいという思いから異動の辞令が出ることも。

    公務員のように「定期的な異動」があるのは大変だと思いますが、民間企業でそこまで転勤多いですか?

    それに、そういう転勤が嫌なら断ればよい。
    転勤を受け入れた人より評価が下がるのは仕方ないですけどね。
    しばらくの間なら単身赴任も検討できる。

    そもそも転勤のない会社、そういう会社で勤めている人を伴侶として選べばよい。
    もともと選択肢があったのに、あえて転勤がある会社に勤め、かつ転勤を伴う人を選んでしまったのならそういう事実も受け止めないといけないんじゃないでしょうか。

    結局のところ、自分の希望をすべて叶えて欲しい、と我侭を言っているように聞こえますね。

    ユーザーID:7618263136

  • 転勤したくないのは

    トピ主さんだけでは?

    実際働いている夫は、新しい仕事やより評価される仕事につくことを受け入れようとしている、ってことないですか?
    転勤して新しい経験をし、地位も上がりやりがいも増える。

    ちなみに父は業績の上がらない仙台支店を立て直すために異動を命じられ、結果を出し東京本社へ戻りました。
    兄は地方勤務でしたが、本社の大阪でマーケティングに携わるために引越を余儀なくされました。
    これはトピ主さんにとってどういう転勤だと思われますか?

    それが「単に駒のように扱われる転勤」かどうかは会社それぞれです。
    というか「駒のように扱われる」をテーマにすれば転勤に限りません。
    その程度の会社なら見切りをつけて転職するのがいいと思いますが。
    「自分の能力」をいかんなく発揮できる人ならどこでも働けるでしょう。

    「自分の能力にあった仕事を続けたい」のがトピ主さんの希望のようですが、「駒のように扱う会社」で「やりたい仕事」?
    ご主人の本音はどっちですか?

    ユーザーID:7618263136

  • これ

    >転勤の内示が出て、嬉しいと思う人と嫌だなと思う人、どちらが多いのでしょうね。

    これ、ご主人に聞きました?
    転勤のあと、どうなったか。
    もし何のメリットもなかったなら、なぜ断らなかったのか。

    人生は自分で選べるのです。
    転勤が嫌なら断ればよい。
    断ったら冷遇されるような会社なら辞めればよい。

    それをぜんぶ人くくりにして「転勤は独身だけ!」とは暴論でしょう。
    できないこと、というよりも、それを希望しない人にまで押し付けるのはどうかと思うのです。

    自分の意見を述べるだけでなく、いろいろな意見にたいするトピ主さんの意見を述べた方がいいのでは?

    ユーザーID:7618263136

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧