「2分の1成人式」って、必要?

レス143
(トピ主3
お気に入り132

生活・身近な話題

ママ発

小学校2年生と4年生の子をもつ母です。(シングルでがんばってます。)
先日4年生の姉の授業で「2分の1成人式」というものがありました。私の子どもの頃にはなかった授業です。参観日にあわせて作文発表など先生が企画してくださりありがたかったですが・・・はっきり言ってそのための準備?というか、親側にとっての質問攻めが大変でした。
2年生の生活科でも似たような授業(今までのあゆみみたいなものを、自分で調べる学習)があり、小さい頃の写真や好きだったおもちゃ、果ては母子手帳まで取り出して調べていましたが・・・。
参観日に飾られている子どもたちの作品(2年生の場合は絵本のようなものでした)をみて、違和感がありました。私もそうですが今はけっこうひとり親の家庭が多いです。写真だって、ご家庭によっては満足に揃えられないおうちも多いです。その差が展示されている絵本に歴然と表れていて(赤ちゃんの頃の写真の多い少ないや、小さい頃のエピソードがぎっしり書かれているものとかすかすなものと・・・)、これは、子どもの責任と言うよりも親がいかに手伝ってやったかの差でしかないし、そんなものを参観日に飾られても親も子も惨めなだけという気がしました。書いている本人は、その時は楽しかったようですが、ページが足りないくらいに写真が貼られている友達の隣に自分の作品が飾られて、かなりショックだったみたいです。
これまでの歩みをふりかえったり、幼い頃のエピソードを聞いて子どもなりに感謝の気持ちをもつことは大切です。でも、授業にしてわざわざ参観日に発表したり展示したり、そこまですべきものでしょうか?親も子どもも、やはり比べてしまいます。小さい頃のエピソードこそ、各自、各家庭の大切な宝物。何も学校で一律に発表することはないように思うのですが。(2年生の子は当然、両親揃っている友達の家族写真をうらやましく思っていたようです。)

ユーザーID:4153630706

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数143

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 子供を傷つけても平気な教師の自己満足ですよね

    かつては母の日に、母親のいる子は赤いカーネーション、母親のいない子は白いカーネーションをつけさせるような学校もあったと聞きます。
    また、「私のお母さん」あるいは「私のお父さん」というテーマで絵や作文を書かせることも多かったようです。

    そういった行為が子供を傷つけるということにようやく気付いて、やらなくなったと思ったら今度は「二分の一成人式」。
    子供が生まれ育つ状況というのは、絵にかいたような幸せなものばかりではないことくらい大人なら想像つきそうなものなのに、何故平気でできるんでしょうね。

    「幼い頃のエピソードを聞いて子どもなりに感謝の気持ちをもつことは大切」といっても、そこで親がいろんな準備ができる家庭の子は、ほうっておいても小さな頃から家庭内に写真やビデオもたくさんあり、話も聞かせているでしょう。

    トピ主さんのようにひとり親の場合だけでなく、両親世帯であっても養子や再婚での連れ子だったり、愛情に恵まれなかったり、何かしらの問題を抱えている子にはいたずらに嫌な思いをさせる一方で、もともと幸せな子にさらに優越感を持たせる。
    すごく傲慢なイベントですよね…。

    ユーザーID:2134127939

  • 息子は30歳

    今30の息子の頃から、この取り組みはありました。

    2年生の生活科でも、主さんの書かれているような学習をしましたよ。

    息子はもう独立して別所帯ですが、私は息子の作ったアルバム(写真や思い出の品を載せたもの、名前の由来や生まれた時の様子・・・)や、2分の1の成人式の際にクラスで作った文集を、今でも大切に保管してあります。

    主さんの家庭の事情はお気の毒です。でも、私のように子供の作った思い出の品を大切に保管している親もいると思うし、本人が記念に持っていることだってあると思う。

    必要か不要かと問われれば、絶対必要ではないけれど、あれば愉しいし思い出になると思います。

    ユーザーID:0531067853

  • そんなもの要らない

    娘を小4までシングルで育てた者です。私は再婚して今娘は大学生になってます。

    小学校担任が、参観日のネタを最近の流行から持ってきただけですよ。
    いや、流行ってほどでもないですね。
    私も報道番組で紹介されたのを見ただけですから。

    シングルだと写真や楽しい家族エピソードやらは、絶対によそさんと同じようにはできません。
    祖父母と両親と兄弟やペットまでフルに揃ったご一家のそれを基準に考えてしまうと、こちら側にとってはキツイですよね…

    でもたぶん、こちらの気持ちを伝えない限りわかってもらえないかもと思います。
    今回は、クラスのみで実施だったのでしょうか。
    私なら担任に言います。
    せめて児童中心の内容で、あまり家庭の事情が周囲に知れるような具合にしてほしくないと。

    ユーザーID:8838638491

  • 無意味

    >「2分の1成人式」って、必要?
    いらないでしょ、何の区切りにもなっていないので、無意味ですね。
    小中高校卒業、入学なら意味あるけど。

    まあ、今までの生きてきた歴史を振り返るのは意味があるけど、二年生で終わってるし。
    四年生でする必然性は全くないし、授業との関連性もないし、無意味。
    何かするなら、意味のあることしろよな、かな。
    先生はよっぽど能力がない人でやること考えられないでしょう。

    親が云々は事実なんだから子供さんがちゃんと受け止められるようにするのが
    トピ主さんの仕事ね。
    「2分の1成人式」とは無関係ね。
    事実を事実として受け止めることができる、程度にはそだてなきゃあ。

    ユーザーID:3066432651

  • まったく不要

    だいたい成人式が戦後しばらくして埼玉だかどっかではじまった儀式だし、そもそも20歳が成人というのもなぜかと思う。さらにそれを単純に2で割ったから何なんだと。
    元服や髪結いして名前も変えるってのが成人式って感じがしますけどね。大人になるのって生まれ変わるのに近い感覚な私にとっては。

    うちの子も最近1/2成人式がありました。みんなそろって、親まで動員し、昔の写真とか集めて、親に感謝の手紙を書いたりして、もう意味不明ですね。涙ぐんだりしている親もいたとか。
    親は好きで子育てをやっているんです。苦労も含めて楽しいんです。感謝なんかせんでええから心身ともに理不尽な困難にうち勝ち自分の人生を生きる力を得るべく精進せいと。親も勝手に人生楽しむわいと。
    学校から「いい大人とは?」という質問があったので、「友達が少ない」と答えました。

    人生とか家族とかについて考えること自体は悪いことではないが、それはそれぞれやればいいこと。
    学校は読み書き算数さえしっかり教えてくれたらそれで十分です。

    ユーザーID:3649570623

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 微妙な行事・・

    「成人式」って区切りが20才であるんだから、それだけでいいのに「2分の1」
    って中途半端な時期に私はやってもらいたくないかな。

    「2分の1成人式」
    うちの子の時もあったような・・・最近の学校ってすぐ「小さい時の思い出」調べや「写真」を持ってくるようにってのがあるけど、あまりやりすぎて成長のありがたみが薄れる気がします。

    小学校卒業時や、中学校卒業時にも「小さいころの写真」を持って行かされ
    育ててくれてありがとうの手紙・・

    親は誰かに言われて書かされた手紙より、本人が自発的に書いた手紙の方が心に
    残ると思うのにな・・・

    ユーザーID:1989984588

  • 確かにある格差を作文だけ隠したって意味ない

    どこのご家庭にだって、イロイロあるし、
    人として生まれてきた瞬間から、格差も能力差もありますよ。

    厳然としてある差を、作文だけ隠したって意味ないですよ。

    きている服一枚、持ってる携帯、乗る車、住んでる家
    親が色々なことにどう反応するか?
    全部反対する親、全部賛成する親、躾ける親、しつけはしない親、
    働く親、子供が生活のすべての親
    そういうの全部違うんです。

    お金がないなら、どこか他のところで、主さん家庭の良さをお子さんにも感じさせてあげて欲しいです。
    そういうのが、お子さんにとって、イロイロ乗り越えて、自分の良さを見つけ出す力になると思います。

    ユーザーID:2974275637

  • ニュースでも取り上げられていましたよね

    私も二人の娘がおりますが、二人とも2分の1成人式をしました。

    ただ、うちの学校の場合は幼い頃云々・・・と言うよりも、
    今まで自分が生きて来た事、そして周りの人々に感謝し、
    また、これから大人になっていく自分は何がしたいか、どうありたいか、
    と言う様な事を問う行事でした。
    だからニュースを見て、そんな一方的に両親に感謝したり、
    赤ちゃんの写真を云々・・と言う様な行事だったのかと驚きましたね。

    2分の1成人式、ですから、成人式の子供版みたいな感じだったですよ。
    私のママ友さんもシングルで頑張ってますが、
    そう言ったご家庭も関係無い行事です。

    行事自体はとても良いと思っています。
    ただ、ニュースで取り上げられた様な感じだったり、
    トピ主さんが心寂しく思う様な方向へ持っていかなければいいのかなあと。

    うちの地方は立志式とかもあるんですよ。
    でも、それも親とか云々は余り関係しません。
    あくまで、本人たちの為の行事です。

    ユーザーID:8991729839

  • 何の節目でもないよね

    娘は20歳になりましたが、ありました。
    離婚のとき写真など処分したものもあったし、
    私たち母子にとって、その10年を振り返ることは
    つらいことでしかありませんでした。
    娘に説明しようにも、10歳の子が親の離婚をしっかり理解できるわけもなく、
    せめて高校生くらいになってからきちんと説明しようと準備していたのに、
    中途半端に話をしなければならず苦労したし、内心、企画した先生の浅はかさを恨みました。
    その時の参観は娘も休ませて、母子で新しい思い出づくりにお出かけしました。
    過去に浸るより未来を創る日にしました。

    子どもの節目を祝う行事は他にもたくさんあり、10歳は必要ないと思います。
    やるなら学校でなくご家庭でもやれますし。
    10歳ならそろそろ、様々な境遇の人が真剣に生きていることに目を向ける機会が有意義。
    学校は、様々な境遇の子供が平穏に暮らせる場所であってほしい。

    娘は高校の卒業式で「苦労したね。ありがとう」と私に言ってくれました。
    親子の軌跡って、2分の1成人式なんて10歳の子に教師が強制したり、
    参観で発表することではないなと、改めて思いました。

    ユーザーID:9092260230

  • 私は賛成派

    シングルでの子育てで、あまつさえ大変なのに、余計な行事でストレスを増やさないでほしい、といったご趣旨でしょうか。
    1/2成人式はよかったですよ。地元の公立校では、クラス単位、小グループに別れて5分ほど自由なプレゼンテーション。リコーダーや縄跳び、学習発表など演目は子供が考えたようで、ミニ学芸会風。子供が自分達でパフォーマンスを考えたようで、成長を実感できる暖かいものでした。ちなみに長男はドラえもんの曲に合わせてオリジナルダンスを披露、ストリートダンスを習っている同級生の指導のもとかなりの完成度でした。娘は仲良しグループ数人でリコーダーのアンサンブル。
    いかに子供を恵まれた環境で育てたか、子育て自慢みたいな会でしたら、私もNGだったと思います。実際には、他の保護者さんと子育ての苦労を分かち合い、成長を喜ぶ会でした。

    先日末期がんがみつかった高校の同級生が、10歳の子を残してこの世を去るのは心残りだけど、1/2成人式がみられてよかった、と語っていたのが印象的で、本題からそれるレスに成ってしまい、失礼いたしました。

    式の運営にもよるのではないでしょうか。

    ユーザーID:6475458417

  • クラスによる 子どもによる

    二分の一成人式、二度ありました。

    上の子どものときは、
    それぞれが自分ならではの文章で、
    よそのお子さんの成長ぶりもとても嬉しく感じました。
    保護者からの手紙に感激している様子のお子さんもいて、
    感動したのを覚えています。

    下の子どものときは、
    「周りの人に感謝」というコンセプトが出過ぎていたのか、
    みんなが同じような文章でした。
    上の子のときのことを思い出して、
    期待しすぎていたのかもしれないですが、正直残念な印象でした。

    普通の成人式もそうですが、
    その子ども、地域、クラスの雰囲気によって、いろいろだと思います。

    ただ、確かに二年生のときの学習内容とかぶりますし、
    指導要領にないもので、形式化しているなら、
    普通の参観日のほうがいい気がします。

    ユーザーID:4816212846

  • くだらない行事だと思います。

    児童教育の場でそのような『儀式』があることに不愉快にしか思いません。
    息子22歳、娘17歳です。
    近畿のおまけ(笑)といわれる県の田舎町に住んでます。
    地域柄なのか?幸い(敢えてそういいます)そのようなものはありませんでした。
    20歳で成人として区切りの『成人式』で自覚を持つというのは良いと思いますがその半分の年齢だからって・・・
    特に私は子どもに関わる仕事をしているからか
    安易に一律な10年で括られることがくだらないと思う一因かもしれません。
    20歳はどんな生き方をしていても、
    その年齢になれば成人として扱われるというのは社会の仕組みと受け入れますが
    まだ10歳の子にいろいろな生い立ちのある中で
    そのことを発表したり掲示することはややもするとプライバシーの侵害です。
    発達につまづきのある子もいるし、
    身体的成長にアクシデントを抱えている子もいる
    『子どもの権利』を考えてもおかしな行事としか思えません。

    ユーザーID:7258327070

  • 私はどちらでもいい派

    思春期を迎えようとする子供たちには、親と子、自分の生れてからの人生や家族とのかかわりを見直す機会になるのはいいことだと思う。

    親としての自分は、そんなに感動をしたわけでもないし、子供の資料作りは確かに面倒に感じたので無くてもかまいませんでしたが、感動して泣いていた保護者も少なからずいたので、そういう人にとってはあった方がいいのでしょうね。

    小学校から高校でも、両親や祖父母まで入学式に出席したがる昨今の風潮ですから、仕方ないのかな〜と思いますが、2分の一成人式より入学式の方が「なんだかな〜〜」と思う私です。

    小学校の入学式、保護者全員記念写真に納まると、子供の顔が豆粒以下なり、「一家族一人代表にすればいいのに」と思いました。

    ユーザーID:2074051148

  • 先生個人の考えではなく・・・

    シュウさんへ:「教師の自己満足」などでなく・・・
    江原シュリさんへ:担任の先生が「参観日のネタを最近の流行から持ってきた」のではなく・・・
    ssさんへ:「先生はよっぽど能力がない人でやること考えられないでしょう。」という理由で、やっているのではなく・・・

    行政が音頭とっています。たとえば、愛知県は「2分の1成人式モデル実践活動について(平成21年度)」を発行しています。
    各小学校とも、この実践活動の事例として報告書に掲載してもらうべく、行事をがんばらざるをえません。

    愉しい思い出になるという匿名さん、そんな思い出づくりはもっぱら家庭の行事としてやるべきでは?
    子供を感動や涙の題材にするなんて、大人の感傷にすぎません。

    ユーザーID:6024336751

  • ああいうのって

    子供関連ビジネスの商機を作るためにどこぞの業界が考え付いたものかと思っていました。
    学校でやるなら少しは意味があるかもね。
    でも2年のときにやった内容と被るって、いかにもお役所仕事という感じですね

    ユーザーID:3408952910

  • 不要です

    うちは決して裕福な家庭ではありませんが、そういう格差は気になりません。
    が、はなはだ迷惑な行事だと思っています。

    うちの子の通う小学校では、休日にわざわざ登校させて、セレモニー的な二分の一成人式をやらされるのです。
    なんで貴重な休日を、そんなとってつけたような行事でつぶされねばならないのでしょう?

    平日に学習として行うならまだわかりますが。
    4年生だけ登校させて、卒業式と学習発表会を混ぜたような式を執り行うなど、意味不明です。
    こんな行事、すたれて欲しいです。
    (でも一度定着しちゃったら無くならないんだろうなー)

    ユーザーID:5272035185

  • ケースバイケース

    児童養護施設が学区内にあります。児童の過去を題材にする課題や式はありません。

    どんな目的であろうと、子どもが自らの努力ではどうにもならない課題は必要はないと思います。

    ユーザーID:4452101516

  • 教員の力量がよくわかる授業ですね

    >2年生の生活科でも似たような授業(今までのあゆみみたいなものを、自分で調べる学習)があり、小さい頃の写真や好きだったおもちゃ、果ては母子手帳まで取り出して調べていました


     うちもまだ小2ですが、そういう授業があり、発表を聞いてきたところです。…が、ああいう発表や企画は、ある意味方向性が単純に決められる分野なので、教員の力量がはっきり現れます。おそらくは、2分の1成人式も然りでしょう。そういった意味では、先生たち思い切ったことするね〜と思います。
     ちなみに、今年の2年生の先生は、正直、いろんな意味で力量不足だなと感じました。

     まあ、はやりものなんでしょうね。私は違和感を感じます。感謝の強要はしなくないのです。人に何かやってもらったり、助けてもらったりしたらありがとうを言うんだよということは幼児期に教えればいい話であって、小学校で強制してありがとうを言わせるものではないと思うのです(普段だと照れて素直に言えない子なら話は別かもしれませんが…)。感謝って自発的にするものでしょう?

     これを自発的にやらせるように仕向けられる教員は優秀です。それは発表をみているとよくわかります。

    ユーザーID:5259007516

  • 自分で乗り越えるべきことで、そこに配慮を求めるのはどうかと…

     なお、育ちの特殊性…何らかの障害や病気がある・離別や死別で一人親・きょうだい児などなど、自分の置かれている立場に気づきだす時期なのが、小2〜3シーズンです。だから、小2の生活科はそういう授業構成になっているのでしょう。

     うちの場合は、これを期に、自分の子が持つ、一生抱えていかなければいけないある障害について説明しました。それなしに、彼の成長は語れないので。下手をすると、普通と同じように生きられないと自尊心・自信を失うかもと思いますが、これもやはり、彼が自分で乗り越えるべき問題です。私はその手伝いをするだけです。

     お子さんは、いずれ、離別(死別)のこと・ひとり親の子どもがどう見られやすいのかといった、自分の立場の現実を知らなければいけません。そして、それが今ということです。両親揃っている友達の家族写真をうらやましく思っていたとしても、よそはよそ、うちはうちと、お子さん自身で乗り越えなければいけない問題です。親はその手伝いをするくらいでは?

     授業にしてわざわざ参観日に発表したり展示したりされても、自分達はこれでいいんだと、子どもも自分も堂々としてればいいんです。

    ユーザーID:5259007516

  • 私の考え

    再レスです。

    我が家も人間関係に恵まれた家族ではありませんでした。
    他のお子さんには当たり前のことが、我が子にはなかったし、できなかった。
    でも、どなたかのレスにあるように、それならば別の所で子供に思い出を作ってあげたり、親子の関わりを深めたりしましたよ。
    親の事情で子供に悲しい思いをさせるのは申し訳ないし、とても切ないですよね。
    主さんの気持ち、判らなくもない。
    だからと言って、その学習(イベント)を愉しくやっているお子さんや感動している親も多いのだから、理解してあげられませんか?

    ユーザーID:0531067853

  • 明るい家庭、というテーマで作文を書け

    昭和生まれの私が小学生時代の宿題でタイトルのがありました。
    うちの親は当時離婚の危機、日々騒いでおり、
    明るい家庭じゃありません、と担任に言ったらこっぴどく叱られた。

    今回の二分の一成人式、似たニオイがして嫌です。
    ありがとうやごめんなさいは、人に強要されてすることじゃないのに、
    日本人は忘れてしまったのかな

    ユーザーID:9479063238

  • 先生の都合だよね

    我が子を保育園に行かせるようになって気付いたんだけど、
    行事があった方が先生はラクなんですよ。
    遠足に行けば作文や絵のテーマができる。
    運動会の前の体育は駆けっこをすればよい。
    クリスマス会の前には飾りを作らせ歌の練習をさせればよい。
    行事自体に手間暇がかかっても、テーマを考えなくて済むし、
    目標があれば子どもを誘導しやすいしね。

    今回の件なんて、ネタに困った先生達にとってはうってつけだったんだろうね。
    ホント、安易だなあと思う。
    自分で考える力、の手本をもっとやってくれないと。

    ユーザーID:5629588626

  • 個人の家庭で教育の機会を生かせばよいこと

    子供がよそと比べて羨ましがることなんか、他にもたくさんあるでしょうよ。
    でも、家庭の境遇に差があること、小学生ならもう理解していい歳です。
    それより、大人のトピ主さんまで人の家庭事情と比べてどうするんですか。
    シングルで生きる決意をしたのはトピ主の責任でしょ?

    出来る限りの事をやっておられるのだったら、毅然としてればいいです。
    仮にシングルでなかったら、今より家族写真が多かったと思いますか?
    ご自身が笑って写っていられましたか?

    万人にとってベストな教育プランなどありません。
    ただ、両親がいる家庭での子育てをモデルである以上、
    ひとり親家庭が増えたとはいえ、それに配慮して教育を施せ、というのは少し傲慢だと思います。
    ひとり親を選択するときに覚悟すべき事です。

    ある授業が提示されたときには、必要かどうか?と問うよりは、
    その教育の機会をいかに活用するか?を考えたほうが建設的だと思います。
    トピに書かれているように、
    お子さんに命の尊さや感謝の気持ちを育む風にもっていけばいいんですよ。
    親参加型の学習機会なら、その活用方法は親次第でどうにでもなります。
    画一的に考える必要などありません。

    ユーザーID:0825575013

  • やりました。

    去年やりました。学校では過去より未来にむけてって感じで学校主体でなくPTA主体で、昼休みに体育館で行いました。やるかやらないかはその年のPTAによって決めると説明がありました。…個人的には写真館で写真を撮りましたが祖母は高齢なのでさらに10年後は見れるかわからないから喜んでました…やってよかったです。

    ユーザーID:1880641150

  • 多分第一世代

    今30歳ですが、多分そういうのを最初にした世代だと思います。
    2年生の時に生活科が始まって、親に生まれた時のことや名前の由来を聞いて発表したり、4年生の時には半成人式という名前でイベントをやりました。

    でも私は当時すごくひねくれていたのと、上の兄弟がやってなかったのと家庭を学校に持ち込む違和感もあって、殆どやりませんでした。
    親への感謝の作文を書かされて、読まされて、親がコメントをして…。
    学校で強制されるなんて絶対おかしい、変な茶番やらされるなんて本当にカンベン、と思って先生に話をして参加しないことにしました。

    見てる分には面白かったですけどね。本当の親への感謝なんて自分が大人にならないと分かりませんよ。
    親は子供の面倒見るのが当然なのに、10歳の子が今までありがとうってやっぱりおかしいと思います。

    最近高校球児なんかもそうなんですけど子供が親に感謝しすぎです。
    それはやっぱりそれが当たり前ではない子供が身近にいるからなのかなあとも思います。

    でもまあこういうイベント好きな人もいますし、別に参加しなきゃいいんじゃないですかね。
    やりたい人でどうぞ、ということで。

    ユーザーID:6571622689

  • 私もキライです

    なぜわざわざ大勢の同級生や親の前で、
    自分の将来の夢やら親への感謝やらをマイクを握って話す必要があるのかと
    不思議でなりません。

    「よかった」「感動した」と目を潤ませて言う母親たちの会話がそらぞらしく感じるのは、私が冷めているせいなのかと心配になりました。

    将来の夢なんて、まだまだ全然決まっていない子供も沢山いて当たり前じゃないですか。
    うちの息子は「サラリーマンでいい」と言っているので、
    あの式の時は特に言うこともなくひたすら親への感謝のみでした。

    将来のことも、日ごろのことも、家で家族で話したりして、
    それでいいのではないかと思うのですがね。
    格好をつける必要もなく、自分の本心で話せるのなんて家庭の中が一番でしょう。

    来年もまた聞かねばならないのかと思うと面倒です。

    ユーザーID:1732616621

  • 必要なのは人と比べないこと

    自分が子供のころになかった授業、催しなので親として見ているのは楽しいです。
    2分の1成人式はともかくとして2年時の自分の歩みみたいなものは毎日のなかで言葉に表してこなかった、
    あなたが大好き、生まれてきてくれてよかった、自分を大事にしてほしいなど話せたのでよかったと思ってます。
    人と比べても仕方がありません。自分の子供が大事で、無事に大きくなってることに感謝する機会だと思えばよいのではないでしょうか。

    子供の通っている学校では6年生最後の授業参観では親への感謝の言葉を手紙にして一人ずつ読むという授業が毎年ありました。
    今年、息子6年の最後の授業参観は普通の授業でした。息子の学年は親御さんのご不幸が続いたためかと推測しました。
    そういう配慮もある先生方でよかったと思いました。

    ユーザーID:7315198393

  • 家族の節目は家庭で決めるもの

    ネットニュースで読みました。
    教育委員会も後押ししているようです。

    生い立ちを振り返ったり、家族への感謝は必要でしょう。
    それを、集団で画一的にするのはおかしいですね。

    様々な家庭があって、それどころじゃない切羽詰った事情があったり、
    その日に幸せでない家族もあります。
    それをオープンにするのは配慮が足りないと思います。

    教育とは、個性を育ててこそのもの。

    成人式は参加不参加は自由ですが、
    学校行事では逃れられない。

    現に、トピ主さんのように戸惑う保護者が多いのであれば、失敗だと思います。

    ユーザーID:5833320658

  • 格差はあるのだから隠したってしょうがない

    主さんの言ってることは運動会に手をつないでゴールと同じことでしょ?
    そうやって、学校でみんな同じ、みんな平等、と洗脳し続けて、
    いきなり社会の荒波に立たされるから適応できない若者が出来上がるんです。
    また、そうやって変な平等教育をするから
    成人しても立場が違う人に対して[ずるい」って言い出したり、
    変なクレームをつける消費者になってしまうんです。
    格差はあるんです。
    それをどう自分の糧にしていくかは
    特に、下のほうの親こそ考えてやらないと。
    上の層と違っていつまでも温室の中で生きていられないんです。
    かわいそうだから、と甘やかすことは子供の将来にとって何のためにもなりません。

    母子家庭育ちより。

    ユーザーID:7514722498

  • いちいち気にしなくても・・・

    学校のやることにいちいち反応しなくてもいいんじゃないの?
    あなたはあなたのお子さんにきちんと愛してるよ、ってことを伝えてあげておけば。

    すべてのお子さん、親御さんの満足のいくことなんてできないんです。
    それを自分の立場だけでものを考えるから不満に思うわけでしょ?
    いろんな立場の人がいて、いろんな考えがある。
    それって当たり前のことじゃない?

    でも大事なことは親が子どもにきちんと愛情を伝えることでしょ?
    いちいち文句つけるのやめましょうよ。

    ユーザーID:3745227846

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧