• ホーム
  • 話題
  • 国際結婚、どちらの意見が正しいですか?

国際結婚、どちらの意見が正しいですか?

レス51
(トピ主7
お気に入り43

生活・身近な話題

セージ

米人の夫と米国に暮らすセージというものです。

故意なく人様のものを破損させてしまった場合の弁償について、夫婦で意見が分かれてしまいました。皆様のご意見をお聞かせください。(なお、同じく国際結婚の方がいらっしゃいましたら、その旨をご記載いただえると助かります。)

小学校高学年の生徒AとBがお昼休みにボール遊びをしており、Bからボールを奪おうとしたAがBの服を破ってしまいました。Aは悪気はなかったとすぐに謝罪しましたが、敗れた服はBにとっては高価なもので(60ドル) 、Bは弁償するか代金を返してほしいとAに泣いて怒りました。

これに対し、私は「AはBに弁償するべき。意図していた、いなかったにかかわらず、破損させた人が弁償するのが筋。たとえそれが子供服一枚でも、破った側は謝罪とともに代償を申し出て、それを受ける・受けないは先方が決めることだ」と思いました。

一方、夫は「弁償する必要はない。破ったのはAだが、二人が同意して遊びに参加していたのだから、その時点でBはリスクを負ったも同然。学校にそんな高価なものを着てきたほうも悪いし、そんな服でボール遊びをしたのは大切な物への管理が甘く、両者に原因がある。」だそうです。

今回は破損物が子供服ですが、もしこれが携帯とか腕時計とかメガネだったら?と聞くと、それでも弁償する必要はない。スポーツにおいてはお互いに同等のリスクを背負っている。たとえばバスケの試合中にコート内で起きためがねの破損などでは、代償は自己責任となると主張しています。

夫の言い分を聞いて腹が立ってきました。夫は時々私が大切にしている食器を割ります。わざとではありませんが、謝るだけで弁償したことはありません。今まで許してきましたが、こんな風に「そんなに大事なものを食卓に出すほうが悪い」とか思っていたのかと思うともやもやします。

ユーザーID:9865296479

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数51

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 2つにひとつじゃない

    どっちが正しいか、はご夫婦で話し合えばいい事。
    弁償するかしないかは、ABさん達で話し合えば
    いい事だと思います。

    弁償します、と私なら申し出ます。
    主人は米国人ですが、そんなにこだわらないと思います。
    主人がこだわったら、日本ではそうするものよと
    話し合ってわかってもらいます。

    日常生活で自分の家の食器を割るのと、外で何かをしていて
    人様の物を破損するのとは訳が違うと思います。

    ユーザーID:4800210646

  • ご主人が正しいでしょ?

    自己管理・自己責任です

    ユーザーID:7001267792

  • 私なら先生に聞いてみるかな?

    お昼休みと言うことは、学校なんですよね?
    先生に聞いてみたらどうですか?

    主さん、外国人なんだし
    ローマにいれば、ローマの
    アメリカにいればアメリカの
    ルールに従わないとどうしようもないでしょ?


    あと、いっつもそうやって、意見の合意がないと、相手が悪い決めつけて怒ってるの?
    人が10人いたら、10通りの意見があり、10通りの正解があるもんなんだから
    他人の考えは、それが夫でも息子でも、尊重するべきじゃない?
    でないと、相手も主さんを尊重してくれないよ…

    ユーザーID:2804861657

  • 日本人的価値観

    「弁償の義務」という観点で言えば、
    Aがボールを奪おうとする行動は、ボール遊びをする上で必要な行動であり必然性が存在した。
    また、相手の服を破ってしまったという結果は、その可能性を十分に予見することができ、その可能性に対して、通常、行うべき配慮義務を怠っていたとは認定しづらい。
    従って「弁償の義務」はないと考えられます。

    一方で「相手との人間関係」という観点で言えば、和を尊ぶ日本人的には「相手の気持ちへの配慮」を示して然るべきと考えるでしょうね。
    しかし、それは日本人に特徴的な価値観であって、全人類的に絶対正義とは言い難い。
    ですので、この価値観について、米国人の夫を非難するのは、筋違いのように思います。

    ユーザーID:4999070268

  • 私も旦那様側ですね。

    私も旦那様側ですね。

    金額が60ドル程度なので十分弁償できる金額ですから
    Aの親であれば今後の為にも代償を申し出ても
    決しておかしくはないでしょうね。
    私も親なら二人の友人関係の為だけに賠償を申し出るでしょう。

    これが車だとしたらどうでしょうか?

    Bからボールと奪おうとしてB家の車を傷つけてしまった。
    それが高級車で数百万円の修理費がかかり
    それはA家では年収だったとすれば?

    それでも主様は賠償を申し出ますか?
    何年も掛って払って当然と思われますか?

    その高級車の前で遊ばせていたB家には責任はありませんか?
    遊びの中でたまたまAが傷つける側に回っただけで
    B側が傷つける側になっていたかもしれないのです。

    それが自分がB家の親だったとしても
    AとBを「車の近くで遊ぶなって言ったでしょ!」と
    しこたま怒鳴りつけて終わりにします。
    『同等のリスクを背負っている』ので
    自分の子Bに弁償させないのにAにもさせられません。

    今回もたまたまBの服が破れただけの話です。
    Aの服が破れたかもしれません。
    同じ遊びをしているのに加害者と被害者が出来る
    なんて私には納得できませんね。

    ユーザーID:5095439898

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 夫アメリカ人、アメリカ在住夫婦です。

    このお話で意見が分かれているのは、国際結婚と全く関係ないと思います。私の夫もアメリカ人で、アメリカで生活していますが、夫はトピ主さんと全く同じ意見です。(弁償するべき派)私も基本的には同じ意見です。

    旦那さんの意見は、アメリカ人だから出て来たものではないと思います。そりゃもちろん、ある程度のサンプル数をとったら、どちらかに分かれるのかもしれませんが。
    日本人同士の結婚に置き換えて考えても、個人ごとに意見が異なるのはむしろ当然のことだと思えます。

    旦那さんが大事な食器を割って知らん顔してるのは、この考え方があるからなのか?と聞かれたら、そうかもしれませんと思います。でも、夫婦間で、家庭内で使っているものに対して「弁償」という考え方は、私にもありません。「気に入っていたものだから、新しく揃えるお金を出して欲しい」ということなら、家庭の予算としてよく相談すべきだとは思いますが。

    因みに、知り合いにアメリカ在住日本人ご夫婦がいらっしゃいますが、旦那さんはトピ主さんの旦那さんと同じ考え方のようで、お皿は全て割れない食器ですって。食器に関しては、単に男性っぽい考え方なんじゃないかと思います。

    ユーザーID:9192587058

  • どっちの意見もわかる

    わざとじゃなくても壊したら弁償することは同意します。でもご主人の言い分もわかります。学校に高価な服を着てくるのもどうかなと私も思いますよ。学校にいたら休み時間に外遊びして服が汚れたりするのは予想できることなのでわざわざ高いものは着せて行かせません。それからバスケの試合中に壊れたのは必ずしも弁償しないとはいけないと思いません。ご主人の意見がすべて間違ってるとは思いませんよ。

    ユーザーID:8144185225

  • 国際結婚、関係ある?

    国際結婚、非英語圏在住ですが、この話って国際結婚は関係ない気がしますけれどね。

    遊んでいる時に服が破れたことに関して。
    イタズラ・イジメ・暴力ではなく普通に遊んでいる時に起きたことならば、
    アメリカも日本も関係なくご主人の考えが主流だと思います。
    たとえ相手に怪我をさせたとしても、擦り傷程度ならばお互い様でしょう。

    家庭内で食器を割ることは、その食器が誰のものかによりますね。
    棚に飾っていた高価な皿を引っ張り出して割ったなら、謝罪が当然です。
    でも、日常使いする食器なら、謝罪だ弁償だというのは堅苦しい気がします。

    ユーザーID:4038795259

  • 夫に一票(ただし子供関係のみ)

    私は、日本人で、欧州で学位をとっていますが、子供さんのことでは夫に一票です。 一方、夫婦間のお皿のことでは、夫が弁償したほうがよい(「すべき」ではない)と思います。

    「やったことの責任をとる」というのは今の日本では追及され過ぎて本当に窮屈。一方が被害者、一方が加害者、物事はそんなにはっきりパッキリ分けられるものではないと思います。 

    交通事故だって100%一方が悪いとなりませんよね。まさに現実世界もその考えで良いと思います。

    ただ、お皿についてはねぇ、大切な物を壊したら、何か埋め合わせをした方が夫婦関係上に良いと思うのですけどね、、、

    一つ感じるのは、トピ主様は、謝罪を受け入れたと思われる態度をとっていませんか。 日本人は優しいし、いつまでも怒っているのも馬鹿らしくなるのも分かりますが、謝罪を受け入れたらそれで終わり、というのがアングロサクソン(米英)の考えです。 謝罪の言葉=弁償も終わったということです。

    相手が謝罪している時に、素早くこれはとても大切なもので簡単に許せるものではない、といってみてはどうでしょう。頑張ってくださいね。 

    ユーザーID:8646811881

  • 私は弁償を考えますが、日本人だからかなと思っています

    両方の意見がありだと思います。

    米国と欧州では少し文化が違うと思いますが、とにかく私が住んでいる国は謝る事はしません。
    そして悪く言うとケチな人が多いので、こういった場合は殆どの人が自分から弁償するとは言わないと思います。

    私は息子が遊んでいる間に相手の子の服を破いてしまい、弁償を申し出た事があります。相手の親には必要ないと言われました。
    また逆に家の子の服をわざと汚されたり、破かれたりもありました。 でも親は知っていても知らん顔です。

    トピ主さんのご主人は分かりませんが、私の住んでいる国の国民性は、明らかに自分が悪いのに、いかにそれが仕方のない事だったとか、わざとした訳ではないとか、とにかく理由をつけて責任逃れをする傾向にあります。
    ただ私の主人でしたら意見はトピ主さんのご主人と同じでも、私の大事なお皿を割ったのなら、謝罪を込めて代わりのお皿を買ってくると思います。
    私は割られて嫌な物は自分にしか使いませんね。

    ユーザーID:0032118053

  • ご主人派

    「学校のセレモニーできちんとした服を着てきた時、いきなり突き飛ばして破れた」というなら、弁償も当然でしょう。でも遊んでいる時だったらご主人がおっしゃるように、高価な服を着てボール遊びをする子のが悪いのです。

    食器に関しては、家計費で買った食器だったら弁償っていうのはおかしいと思いますよ。ご主人が「俺が稼いだ金で買った牛乳を床にこぼした! 謝罪と弁償!」なんて言ったらどう思いますか?

    ユーザーID:6576058597

  • 物事にはその段階がある、、

    つまり、あなたのトピ文ではAとBの子供同士の話し合いの段階ですね。子供同士の話の域をでて、それが親同士の話し合いになった時に、相手の親から弁償の請求があった時に弁償する/しないになるのです。子供が服を弁償してくれ、、それじゃ支払います、支払いません、、ではなく、今の段階では弁償できない、、ということなんです。

    事体が変わり、子供の親から弁償の話がでてきたら、その時には損害を与えたのだからなんらかの形で弁償をするというのがアメリカのやり方です。親同士の話し合いになります。相手が60ドルを請求してきたら、それは新品の時の値段でそこまで弁償する必要はないので20ドルの支払いをします、、などと話合うのです。

    弁償するかしないかはその状況で全く違うものになります。どのような場所で起こったかなどによっても違います。一概に決められるものではない、、と思っていた方がいいでしょう。つまり、ご主人の意見もあなたの意見も状況による、、と理解したほうがいいと思います。ご主人が食器を割ることは全く意味の違うことですから、同じ問題と取り扱うことではないと思います。

    ユーザーID:3755161918

  • ご主人の意見は間違ってないと思う

    おおむねご主人の意見に同意ですが、、

    私ならですが、Aの親の立場でしたら、Bの親からでも直接苦情が入ったら60ドルくらいなら弁償しちゃうかもですね。メガネや腕時計だったら??うーん、これは痛いですね。素直に弁償できないでしょうね;;。その時になってみないとわかりません!(主さんは逆に高価なものほど弁償しないといけないと?)

    逆に私がBの親だったら、弁償などさせませんね。痛いけど子供のこと・・ワザとじゃなければ諦めるしかないです。

    ということで、主さんのお気持ちもわかりますが、どちらが正しいという問題ではないと思えませんかね、これ?そしてこれ国際結婚関係ないと思います。

    お皿の件はちょっと考えすぎでは。実際弁償を要求しましたか?おねだりすれば買ってくれたんじゃない?でも確かにそんな大事な皿毎日出しちゃってるのですか??

    ユーザーID:6169141492

  • トピヌシです (1)

    欧州在住さままで読みました。
    皆様、コメントいただいて本当にありがとうございます!!

    全体的には夫よりのご意見が多いようですね。ここで聞いておいて本当によかったです。文字数の関係で書けなかったこともありますので、もう少しお付き合いください。

    「国際結婚は関係ない」とおっしゃる方もいらっしゃいましたが、皆様のコメントから、弁償義務を感じた私はやはり日本人の「和を尊ぶ」文化がでているのではと感じました。服を破られたBは泣いて怒り、もうAとは遊ばないと言っていたこともあり、弁償の申し出は誠意であり、関係修復には必要ではないかという気持ちもあったと思います。

    実際、我が家でも来客に物を壊されたことがあり、その場の軽い謝罪のみで終わりました。自分が壊したら仕方ないと思えても、他人に壊されると「何で私が二度も同じものを買わなくてはいけないの?」と理不尽に感じてしまい、破れた跡や数の足りないグラスを見るたびに思い出すので、今でも壊した人への印象は悪いままです。これは夫も同じです。こんなに後味が悪いなら、弁償を申し出て丸く治めればいいのにと思うんです。

    つづきます。

    ユーザーID:9865296479

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • トピヌシです(2)

    謝罪と代償は早ければ早いほうが良いと日本の親に教わってきましたし、アメリカのマナーブックにも2,3回弁償を申し出るようにと書かれてありましたから、場所が学校でもどこでも同じじゃないかと思ったんですが、今回のような校庭で一緒に遊んでいたという場合は両方に同じリスクがあったというのは理解できました。たまたま破れたのがBの服だったというのは不運だっただけですね。

    でもBの親だったら、「悪気はなかったからゴメンネ」の一言だけで、60ドルもするシャツを二度も買うなんて、たまったものではないなと思ったのは正直なところです。60ドルって私には少なくない金額ですし、ましてや小学生のシャツに。。。

    ユーザーID:9865296479

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • トピヌシです(3)

    数名の方に「壊れて困るものは自分しか使わない」というコメントをいただきましたが、持っているものすべてに愛着があり、家族には紙皿しか使わせられなくなります(笑)。 私は物に対する執着心が強いんでしょうね。あと、金銭的に独身時代に集めた食器を、今の家計で買いなおすことはできないのでなおさらかもしれません。

    夫の言った「そんな高い服を学校に着てくるほうが悪い」という部分に、彼の他人の所有物に対するリスペクトの低さを感じてもやもやしてしまったのだと思います。弁償責任のあるなしでなく、相手の大切なものを壊してしまって申し訳ないという気持ちが感じられないどころか、そんなものをもっているほうが悪いというなんて、ちょっと傲慢じゃないのと。そういう本人はジーンズだけは高級品で、それを仕事中に機材で破って経費で買いなおしましたが。。。

    ユーザーID:9865296479

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • トピヌシです (4)

    でも、確かに、学校での出来事と自宅での出来事はまったく別物ですね。素直に、「あ、ホントだ」と思いました。すみません。

    Kittenさん、もちろんこの件は先生にお任せしてます。郷に入りては郷に従えはごもっともだと思いますが、夫一人の意見でそれがアメリカ全体の基準とは思えないので、ここで一般論をお伺いしました。ここでは夫の意見寄りの方が多いようですし、身の回りの人は半々という感じだったので、今後は私も夫の考え方で行こうと思います。今までも、物を壊した相手に弁償させたことはありませんが、私自身は弁償を申し出て、断られてもささやかなギフトカードくらいは渡していたので。(あ、ちなみにそんなに怒ってませんよ。日ごろから家族の意見はお互いに尊重していますが、なんらかのアクション(今回の弁償など)を起こさなければならないケースでは、十人十色というわけにはいかず、家族として一つの答えを見出す必要がありますよ)。

    長々とお付き合いいただいてありがとうございました。引き続き、ご意見・アドバイスよろしくお願いします。

    ユーザーID:9865296479

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • ご主人が正しいと思います

    もしもAがBの許可なしにBの持ち物に触って壊してしまったのなら弁償の義務が生じますが、スポーツをしていた最中ならAの責任ではありません。服を破るどころか怪我の可能性もあることです。むしろ服ですんで良かったと思うべきでしょう。

    ところでトピ主さん、ご主人がお皿を割って弁償って本気で仰っているのですか?お皿はお二人の物ではないのですか?我が家では考えられないことです。お皿ってたかが「モノ」でしょう。お皿を割ったご主人に怪我がなくて良かったとは思えないですか?

    ユーザーID:4851423009

  • 私なら

    米国人の夫と20年以上米国に住み、子育てしました。

    私なら、まずは相手の親に連絡します。

    一緒に遊んでいて破ったと言っても、バスケットの試合のようにお互いに白熱してアクシデントの起こる状態だったのかかなり強引に友達の洋服を引っ張ったのか、子供の言葉だけではわかりません。

    トレーナーならちょっと引っ張ったくらいでは破れないでしょうし、フーディーを引っ張ったならまずは危険だし、フードの縫い目がほつれたなら縫って直せます。
    オーガンジーの様な生地なら、学校に来て来てボール遊びをする方に無理があるでしょう。

    大切な事は、子供の友達との関係と、子供が失敗した時にどう責任を取るか教える事だと思います。

    私なら必要なら当然弁償します。 夫も同じ考え。
    相手の気持ちを納める為と言うよりは、子供に人のものを壊した時の責任について教える為に。

    相手の親が事故だから気にするなと言っているなら、ターゲット辺りで安いものをお揃いで2枚買い、家に招待して
    「お詫びの印にお揃いの服を買ったの。 あのブランドは高いのに弱くて質が悪いわねー」と一緒に文句を言いながらカップケーキを食べさせます(笑)

    ユーザーID:4987750537

  • お皿は割れるからこそ、価値がある

    私は自分がAの親だったら弁償を申し出ますが、Bだったら「あーあ」と思うだけです。高価な服を着て遊んだ事を反省しますが、相手に弁償して欲しいなんていわないし、Bの親だったら、そんな事を友達に言った子どもを叱ってAに謝ります。

    お皿やグラス類は扱いをぞんざいにすると壊れるからこそ、価値があると思っています。
    だから普段使いには割れても惜しくない物を。大事な物は自分以外には触らせない。セッティングや洗物全て自分でします。
    トピ主さんは大事な食器をご主人が壊すと言っていますが、そんなに大事なら食べてる時以外に触らせなきゃいいのに。持つから落とすし、ぶつけるんです。食べてるだけなら壊さないはずです。
    自分の好みで買った物は自分で管理するのは基本じゃないでしょうか?

    ユーザーID:4691596867

  • 国際感覚というより

    >Aは悪気はなかったとすぐに謝罪しましたが、敗れた服はBにとっては高価なもので(60ドル) 、Bは弁償するか代金を返してほしいとAに泣いて怒りました。

    小学校の高学年なら B君の言葉からしてB君の親御さんと話し合うべきだと思います。
    あちらは全く気にしていないかもしれないし、あるいは経済的に大変なので半額でも助けてもらったら有難いとおっしゃるかもしれません。
    ともかく、服を破った事については申し訳ない事を告げ その弁償についてはあちらの意図を伺うのが妥当だと思います。

    ユーザーID:5288452513

  • そうね

    夫が正解。

    ユーザーID:7109318946

  • 強引なこじつけ理論家ですね

    >破ったのはAだが、二人が同意して遊びに参加していたのだから、その時点でBはリスクを負ったも同然。学校にそんな高価なものを着てきたほうも悪いし、そんな服でボール遊びをしたのは大切な物への管理が甘く、両者に原因がある。」

    あまりにも強引な理論ですね。

    >小学校高学年の生徒AとBがお昼休みにボール遊びをしており、Bからボールを奪おうとしたAがBの服を破ってしまいました。Aは悪気はなかったとすぐに謝罪しましたが

    悪気がなくても、服を破ったことは「過失」にあたります。
    夫君は「ボール遊びをするからには服が破れるのは覚悟すべき」と言っているわけで、それはおかしい。それに60ドルは高価な服じゃないでしょ。

    >スポーツにおいてはお互いに同等のリスクを背負っている。たとえばバスケの試合中にコート内で起きためがねの破損などでは、代償は自己責任となると主張しています。

    休み時間の遊びとスポーツをこじつけ合わせちゃいかん。

    夫さん、ちょっとおかしいですよ!

    >夫は時々私が大切にしている食器を割ります。

    これも異常です
    私も食器洗いとか炊事を半分しますが、10年で1枚くらいしか割ってません。

    ユーザーID:9045862064

  • 物の価値

    ちょっと気になったのは物の価値のことです。
    会計などをしているとよく解ると思うのですが
    減価償却と言って、時間がたてばその価値が減るものがあります。
    だから全額というのはありえないと思います。
    また、それがお金では変えられないような物でしたらどうします?

    あと、この文も気になりました。
    >謝罪と代償は早ければ早いほうが良いと日本の親に教わってきましたし、アメリカのマナーブックにも2,3回弁償を申し出るようにと書かれてありましたから、

    特にアメリカで主さんが交通事故を起こして、主さんが悪いと思っても絶対あやまったら駄目です。(私も米国に住んでいます)
    だまっていることです。そして先に警察に電話することが懸命です。
    反対に、ちょっとぶつけられて" sorry!"と言って逃げられてしまうこともあるので要注意です。

    ユーザーID:7444954256

  • 誤解があるようなので…

    私がローマならローマのルールで…と書いたのは、
    「学校でのことだから、先生に聞いて、学校のルールに従えば?」
    という意味です。


    主さん、レスにあるように、もう、先生にお任せしてるなら、
    弁償を申し出るかどうか、夫婦でどちらかに決める必要ないでしょ?
    先生が弁償しろと言うならする。言われなければしないというのが、夫婦の一致した意見なんでしょ?

    夫に腹が立ってきたと書いておきながら、
    そんなに怒ってませんとか…

    言ってること、トピ分とレスで、いろいろ、相反していますよ。
    自分でお気づきでしょうか?

    ユーザーID:2804861657

  • 国際結婚関係無しと思います。

    私は個人的にアナタの夫の意見に賛成です。但し遊びとはいえ相手に怪我などさせてしまったら医療費を出します。相手が、どう対応するかで決まりますが一応は、誤り怪我などに発生した金額をと思います。

    ユーザーID:1353501054

  • トピヌシです (5)

    引き続きありがとうございました。

    みなさん、夫側のご意見ですね。最初は内心、「えー!?」と思っていたんですが、読み続けるにつれ、そこまで硬く考えなくてもよかったんだなと逆に気分が楽になりました。

    夫には私は日頃から人に気を使いすぎると言われます。こればかりは性分なのですぐには変われませんが、対処の目安がわかりましたし、相手からの誠意など過剰に期待をしないようにします。でも正直、ちょっと人付き合いが億劫になった気もします。 

    もしまだお付き合いいただけるなら、もう一つ教えていただきたいのですが、もしこれが子供が学校で遊んでいたのではなく、誰かのお宅に遊びに行った際にその家の物を壊したらどうしますか? たとえばカーテンを破いてしまったとか、写真立てを落として割ったとか。この場合は弁償を申し出ますよね? 壊れて困るものがあるのに子供を家に入れたほうが悪いとか、子供が来るのに写真立てを飾っておいたほうが悪いとか、家の中で子供をちゃんと監視していない方が悪い、ということになりますか?

    ユーザーID:9865296479

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 2回目ですが。

    物を壊したら、それがどんな理由で
    どんな場所でも 弁償してほしいというあなた。
    お互いの責任があるのだから、弁償なんて
    しなくていい というご主人。

    「そんな高いものを着てくるからだ」
    思ったんですがこれって、日々のあなたに対して
    言いたい言葉なのかなと思いました。
    ご主人の弁償はいらないという感情は
    あなたの、物に対しての執着の激しさに
    対抗して言ったんじゃないですか?
    お礼の3を読んでそう思いました。

    物って壊れるものですよ。
    ましてや陶器なんて脆いもの。
    毎日のしょくたくに出てくる、あなたの大切な
    大切な、壊してはいけないお皿で
    お食事させられるご主人が、少しお気の毒に
    思いました。
    なんの理由もなくわざと物を壊す人はいませんよ。
    物は使ってなんぼです。
    他人に壊されたくないなら、棚に入れて固定して
    飾っておいたほうがいい。
    あなたは、ご主人やお子さんがお皿を誤って
    割ってしまったら、どうするのですか?
    一枚いくらよって、弁償ですか?

    ユーザーID:4800210646

  • 二度目レスです

    レス5まで拝見しました。

    私は最初のレスでもBの親なら弁償など求めないと書いたと思いますが、家でも同じだと考えます。例えば車を傷つけられたとか、、ほんと痛いけど「わが子と同じ遊びをしてた上で故意じゃない」ならしょうがないですよね、これ!「自分の子が当事者になってたかもと当然考えるから」です。モヤモヤしても被害者側としてのスタンスは変わらないです。

    逆にわが子がやってしまったことで、相手から弁償請求があれば状況をまず伺いますね。そしてやはり主さん同様夫と相談の上決定するわけですが、私自身は弁償はないだろって思うので素直に弁償はできませんね。(結果、半分弁償とか交渉になるのかな)

    ただ、そのお友達家に私も一緒に行っていたとして、主さんの言うカーテン・写真たてなど破損した現場にいたとしたら、弁償は申し出ます。もっと高い弁償だったら??うーん、これはまた考えちゃう。ということで、ケースバイケースですよねこれ。

    旦那さんとこのようなことで揉めたら、討論はすべきですが、こういう意見もあるんだとやっぱり最終理解しなきゃだめですね。で、半分弁償なりに決着すればいいのじゃないかしらね。

    ユーザーID:6169141492

  • 夫婦で弁償ってあるの?

    子供服の件はあなたの言うようにAがBの服を弁償するのが普通じゃないかな?と思います。

    両者の関係性にも寄るでしょうが、特に高価な服や装身具等の場合は話し合いでないですか?二分の一だけ弁償するとかね。

    ただ家族間で食器でも何でも、弁償なんて考えたこともありません。

    食器は大切にしてても壊れることがあるもの、そんなことで夫婦で弁償?って考えられないので、やっぱり国際結婚って何か感覚が違うの?と思ってしまいました。

    ユーザーID:1701374695

  • まだわかってないね

    レス5まで読みました。
    新たな質問を読んで思いました。
    トピ主さんわかってないなあって。

    どちらが正しいかなんて、どうでもよいことなのです。
    どちらが間違っているかなんて、はっきり白黒つけられないことなのです。
    それは相手との関係性にもよるし、その物の価値や愛着や、その他諸々の
    事情によって変わってくるし。

    「相手が絶対悪い」「絶対××すべき」などと考えない方がいいのです。
    多くのレスを読んで、なぜそれがわからないのでしょう。

    それともうひとつ、トピ主さんのレスを読んでの印象ですが、
    トピ主さんは、モノへの執着が強く、自分が損をするのは絶対に嫌、
    自分に害があったり不愉快だったことは、いつまでも根に持つタイプですね。

    さらに言うと、真面目で融通が利かず、善悪や白黒は一面的ではっきりしている
    ものだと考えていますよね。

    でも、実際の世の中や人間関係は、そういうものではないですよ。

    ユーザーID:3239710027

  • 親が弁済はしない。あくまでも本人

    同じく米国人の夫と米国在住です。
    もうすぐ子供が生まれるのでトピックに興味を持ち、夫に聞いてみましたが、まさにトピ主さんの旦那様と同じ意見。
    日本の感覚であれば、親がすっ飛んでいって相手の親に謝罪と弁償というのが「筋を通す常識的な親」となるでしょうが、
    アメリカでは「子供のトラブルは子供同士で解決」でいいと思います。
    夫は絶対に弁済はいらないといいますが、私個人はもし子供たちの話合いの結果加害者Bが納得したのであれば、
    B本人のお小遣い(または芝刈りやトイレ掃除などのお手伝いで作ったお金)で弁償するのはありだと思います。

    誰かのお宅に遊びに行った際にその家の物を壊したらどうしますか?の件については全く別件だと思います。
    ただ、これも子供のお小遣いの範囲で弁償できるものなら弁償。足りなければ肉体労働か、親から子への貸付けとするのがいいかと思います。

    ユーザーID:1820761478

  • #5を読んで、、

    あなたはまだ分かっていないようですね。弁償するかしないかの基準はありません。私が先に書いたように相手に損害の賠償を請求するかしないか、、ということなんです。

    あなたが住んでいる所はアメリカ。こちらの人は皆黙っていません。何かあったら必ず言ってきます。ですから、相手から話がきたらその時にどうするかということなんです。あなたの範囲で解決できないことは弁護士に頼みましょう。あるいはお子さんが損害を与えた場合の賠償で困ることにならないようにUmbrella 保険に入っておきましょう。

    あなたがしなければならないことは、弁償するかしないか?と考えることではなく、普段からお子さんが損害を与えるような行動をしないように躾を厳しくすることです。それ以上のことは今は考える必要はありません。何かが起こった時の対処方法はその都度異なりますから。あなたは相手のことは考えなくていいので、ご自分が損害を被った時にどうするかを考えましょう。

    ユーザーID:3755161918

  • ご主人派

    アメリカ在住20年、アメリカ人の旦那とは23年連れ添ってます。

    私もご主人派かな。

    大体同じような被害に合っても一度たりとも弁償を申し出られたことはないですね。

    うちの子が誰かの服を破ったとしたらターゲットのギフトカード25ドル分くらいを相手の子と母親両方揃ってる前で「こないだはごめんね、新しいの買う足しにして」と渡すかもしれません。
    でも相手親はものすごく驚くと思います。そういう考え方しませんから、普通のアメリカ人。

    「もうしわけない」という日本人の美的感覚、調和感覚、のような日本的感覚引きずってると息詰まりますよね、アメリカでは。周りから同じ反応きませんから。

    ユーザーID:5657301207

  • 追信。あなたの勘違いは、、

    トピレス#1:弁償を申し出るのではなく、弁償を請求されるのです。誰も丸く治めようなんて思っていません。>後味が悪い、、のはあなたの考えだけです。#2も同じ事が言えますね。

    #4:弁償が必要ないと言われたらそのまま引くのが礼儀です。相手の好意を受け取りましょう。ギフトカードを送るのはあなたの自己満足だけのことです。

    #5:>相手からの誠意を過剰に期待しないようにします、、ということは、つまりあなたが第三者の中に入りすぎることが原因なのです。ここはアメリカ、対人関係はさっぱりと入り込まないように。問題が起こった時はアメリカ人は黙っていませんからその時に考えればいいことです。
    それから>弁償を申し出るか/家の中で子供を監視していないのが悪いか、、という討論は、相手が弁償を申し出てからのことです。弁償したくなかったら家の中で子供を監視していなかった方が悪いので弁償はしない、、という討論に持っていきます。何回か討論があって、それでお互いが納得する形で治まるでしょう。

    あなたの考えは対日本人には通用しますがアメリカの社会では通用しません。

    ユーザーID:3755161918

  • トピヌシです (6)


    食器についても引き続きコメントありがとうございました。もうこの件は別件ということで私の中では解決なんですが、ちょうどボール遊び中の事故について食事しながら話している時に夫がまた食器を割ってしまい、“Oops! I’m sorry about that.”で終了。ひとこと、「また買ってきていいよ」とか「同じの買ってくるね」とあったら違うんですけどね〜。それで、ついこのトピックの最後にぼやいてしまいました。混乱させてしまってごめんなさい。

    食器は骨董や高級品は保管してありますが、普段用も気に入ったものを4枚ずつ揃えているので、一枚割れると一人だけ別の皿となってテーブルコーディネートが揃わなくて嫌なんです。困ったことに、食器の醍醐味は使ってこそなんですよね。同じコーヒーでもお気に入りのカップで飲むのと紙コップで飲むのとでは味も気分も違うように。自己満足なので、いつも割れても何も言いませんでした。

    ユーザーID:9865296479

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • トピヌシです(7)

    あと、たびたび名指しで申し訳ないのですが。。。

    Kittenさん、学校へ相談していた件、後出しですみません。
    このトピでは、先生に聞くといった具体的な対処法をお伺いしたのではなく、一般論をお聞きしたかったのです。学校は「親同士で話し合ってください」というスタンスです。

    それと、「そんなに怒っていませんよ」は、Kittenさんの最初のレスにあった

    「あと、いっつもそうやって、意見の合意がないと、相手が悪い決めつけて怒ってるの?」

    というコメントに対してです。お皿を割った件についてしか記載がないのに、そう言われても。。。 

    ユーザーID:9865296479

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 在米です

    Aの考え方は、日本人で、日本在住だったらそれで通用。Bはアメリカ人の考え方。私は、Bに同意。大切だったら身につけてこなければ良いわけで、高価とはいえ、ボール遊びにそのような服を選んだほうが悪い。携帯とかの場合は、自分が同意して壊した場合は、自分の責任。時計も同様。食器も同様で、壊されたくなければ飾るだけにすれば良い、または自分で大切に使うが、日常で使う以上、事故で割れることもあるので、割った方には罪はない。角が立つかしら。。。

    ユーザーID:0745973456

  • 米国人夫に質問してみました

    在米です。米国人夫50代の意見は、

    1. 自分がAの親の立場だとしたら、B親に電話連絡をしてB親子ともにどう考えているか聞く。謝罪だけでは収まらず、親も弁償を望むならば弁償する。

    2.自分がBの親の立場だとしたら、トピ主さんの夫さんと同じ考え。自分の子供Bはうちとしては高額なシャツを着たままでスポーツをしたことの残念な結果をレッスンとするべき。Aに弁償してもらうだなんて考えない。そして今回両者了解のうえの遊び中に起きたアクシデントなのに、あたかも加害者であるかのような立場におかれたAの気持ちも考えるようBに話をする。

    うちの夫は、野球、バスケ、アメフトと学生でいる間ずっとスポーツをしてきたステレオタイプにアメリカンな人です。だから純粋な練習中や遊んでいるうちに高価な道具が壊れたり、眼鏡や腕時計が壊れたり、多少の怪我は仕方の無いことで、修理や買い替えなどは自己責任だと考えているようです。

    夫さんが食器を割る話とは違う気がします。高級なものなら何十年経っても買い足しできるレベルのものにするか、普段使いなら似たものが揃いやすい白い食器のみにするとか。

    ユーザーID:4838797371

  • 横ですが

    >ただ家族間で食器でも何でも、弁償なんて考えたこともありません。

    食器は大切にしてても壊れることがあるもの、そんなことで夫婦で弁償?って考えられないので、

    うちは日本人同士の夫婦ですが、夫婦間で弁償我が家はありますよ。私が夫に借りたものを壊してしまったことがあって、同じものわ買ってきて返しました。文房具だったのでたいした金額ではないけど、謝るだけでは自分の気持ちが収まらなかったので弁償しました。夫婦に関しては気持ち次第だと思いますよ。国際結婚なども関係ないと思います。

    ユーザーID:8144185225

  • そろえる枚数が少ない

    気に入った食器を家族で長く使いたいのなら、最低でも人数+2くらいは必要です。
    壊れ物ですから、そうやって数が揃わなくなれリスクを回避するんです。
    うちの母は、5人家族用に10枚買ってましたね。
    そこまでする必要はないと思いますが、数の余裕が全くない割れ物を日常的に10年も20年も家族みんなで使えると思う方がおかしくありませんか?
    私も食器集めが大好きだからこそ、気に入った日常使いの食器は多めに買っておきます。

    ユーザーID:8504231072

  • もしかして

    >誰かのお宅に遊びに行った際にその家の物を壊したらどうしますか? 
    >たとえばカーテンを破いてしまったとか、写真立てを落として割ったとか。

    ボール遊びをしている時と、友達の家の物を壊すのは、状況が違うでしょ?
    誰も「子供は何を壊しても許される。弁償しないでいい」なんて思っていませんよ。

    それに、軽く触れただけで破れるほど古いボロボロのカーテンかもしれないし、
    家の中でかくれんぼをしてカーテンに隠れた拍子に引っ張ったのかもしれない。
    安定性の悪い写真立てで、ドアを閉めた程度の振動で倒れたのかもしれないし、
    子供が家の中でバットを振り回して写真立てを殴り倒したのかもしれない。

    状況を見なければ、弁償するかしないか誰が弁償するのか、何とも言えません。

    ユーザーID:6576058597

  • 保険に入っておこう

    今回のケースについて、どのように解決したらいいのか分かりませんが、こういうトラブルが起きた時のために保険に入っています。

    何人かの方が指摘なさっているように、私もこのトピのタイトルに「国際結婚」と入っていることには違和感があります。日本人同士でも起こり得ることだと思うし、国によって対応が違うだろうと思うなら、広く国際結婚組の意見ではなく、トピ主さんのご主人と同じルーツを持つアメリカ人と結婚してアメリカに暮らしている人の意見を求めるべきであろうと思います。

    私は西欧人と結婚して西欧に暮らしている者ですが、中身は日本人ですから、この国での標準的な対応は別として、
    自分がAなら弁償することを考えるし、
    自分がBならAが弁償を申し出てきても断るだろうと思います。

    食器については、割れるのが嫌なら使わずに飾るだけにしておけばよいのに、と思います。使ってナンボと思うなら、割れることに目くじらを立てないほうが心静かに暮らせるでしょうねえ。

    ユーザーID:6666490061

  • 国際結婚

    とこの話題、どう関係があるのか分かりませんでした。

    ユーザーID:1290261121

  • 横レスですが、、

    Kittenさんへ、>私がローマならローマのルールで…と書いたのは、「学校でのことだから、先生に聞いて、学校のルールに従えば?」という意味です。

    、、ということですが、アメリカの学校は子供同士のこのような問題には関わりません。子供が学校で怪我をするような事故があった時は事情徴収という形でインタビューに応じてくれますが。ですから、先生は一切この問題には口をはさみません。つまり学校のルールに子供同士の遊びで相手に損害を与えた場合の弁償についての記載はありません。未成年の場合は親が責任を持つということで片付けられます。

    ユーザーID:3755161918

  • 先に謝った方が負け、という文化。

    欧米ってそう思っている人が多いですよね。
    「とりあえず、謝る」ケースが多い日本とは真逆かもしれませんね。

    国際結婚は全然関係無いという方もいますが、このケースは大いに関係ありますね。
    「考え方、文化が違う夫婦の対応の仕方」が主題のトピなのですから。
    うちは主人が欧州人ですが、この場合だと「洋服代を払う」と言ってました。
    「明らかな子供Aの過失」なので。
    ちなみにかなり牧歌的な国民性です。
    ですのでアメリカとはちょっと違うかもしれませんよね。
    どなたかが提案されてましたが、「半分、もしくは一部を補助」これが私は一番しっくり来るかな。

    家具に関してはかなりケースバイケースになりますが、本文の例と違って「遊んでいた上での過失」ではないですから、もし新品の物で子供が好奇心でいたずらしてしまった!とかなら全額弁償するかな。。

    どの問題も「どちらが正しい!」とスッキリ割り切れる問題では無いと思います。
    私は日本人でトピ主さん寄りの考え方ですが、お互い配偶者とは生まれながらの育ってきた環境が全く違うので、話し合ったり、時には喧嘩したりして「すり合わせていく問題」かな〜と思います。

    ユーザーID:4317177211

  • ご主人に賛成

    私も国際結婚組ですが、ご主人の意見に賛成です。
    ヨーロッパですから、学校内で盗難も破損も十分ありえますから、そもそも高価なものは持って行かせません。無くしても取られても、基本的に自己責任です。
    自宅に来客があれば、骨董の高価食器も惜しみなく使いますが、もし割られても弁償など求めません。意図的にする来客などあり得ませんし、気持ちの良い時間を過ごしていただきたいし。もちろん、相手のかたは謝ってくださるでしょうし。
    ただ、自分や自分の子が他の方のものを破損したら、状況により弁償やお詫びの品などはしますけどね。
    結局、己に厳しく、他人に優しくという姿勢であれば、そう嫌な気分にはならないと思いますよ。

    ユーザーID:4131588407

  • 夫に同意

    50代女性です。

    遊び中に起こったのなら、「お互い様」ってことではないでしょうか。

    もしB親から弁償を要求されたとしたら、ここは違和感を覚えるところですが、日本と同様にアメリカでも子供の遊び、との状況であれば、弁償なんて言い出しません。

    私自身のアメリカでの経験ですが、30年前アメリカ人の夫が大学院の同級生(米国人)と相撲をとって膝の靭帯を損傷する大けがをしました。相手からの投げでおこったことですが、勿論医療費の請求などするなんて考えもしませんでしたよ。相手はすまなさそうにしていましたが、「弁償」を申し出ることなんてありませんでした。するほうがおかしいと思います。だって遊び中に起こったことなのだから。ただ単に不運だった、ってことです。

    ユーザーID:3619257888

  • ご主人の意見に一票。

    そんなにすぐに謝り弁償してたら、米国では利用されますよ。
    ご存知の通りこちらは訴訟社会ですし、自分が悪いと認めたら負けなんです。
    交通事故でもぶつけてしまった車が停止していない限りは100%自分の過失になりませんし、相手にも何らか責任があると考えるのが米国です。

    破れてしまった服は残念ですが、遊びの時には高い服を着ないといういい勉強になったのでは?
    普通の一般的常識のある米国人家庭ならそう教える筈です。
    また高価な服を日常で子供に着せれる経済力の家庭なら、$60ぐらい何ともないですし。

    あと、いちいち割れてしまったお皿でご主人に不満ですか。。。。(苦笑)
    なんか、トピ主さんって面倒くさいですね。
    形ある物は壊れますし、私だったらそんな事にブツブツ言う時間とエネルギーが勿体無いと考えます。

    ユーザーID:2324824294

  • 国際結婚組です

    同じくアメリカ人の夫とアメリカで生活しているものです。
    高価なものを学校に着てきたBにも責任があるのは確かですが、それでも私たちは夫婦共に弁償する派です。

    でも、夫は弁償するだけではなくて、破損してしまったことは謝罪するにしても、高価なものを着てきたBも謝罪してほしいと言います。

    そして、たしか眼鏡等の高額なものは学校の保険でカバーされるって話を聞いたことあるような?

    最後の食器を壊されたことに関しては、そんなに怒ることかな?と思います。
    食器等は壊れ物ですし、悪気があってやったことでなければそこまで怒ることではないです。

    ユーザーID:0815917189

  • 弁償してもらったことがあります

    北米在住です。数年前、息子が学校に持っていったCD を一緒に遊んでいた同級生に(故意ではなく)割られたことがあり、同級生の母親から電話で弁償を申し出されたとき、「たいした額ではないし、弁償は結構です」と断わったのですが、結局お金(小切手)が送られてきました。アメリカ人と言ってもヨーロッパ系、中東系、アフリカ系、アジア系、ヒスパニック系と価値観も人によると思いますし(息子の同級生はロシア系)、一概にアメリカ人は皆あなたのご主人寄りの意見とは限らないのでは?あなたご自身納得されるよう行動されたら良いのではと思います。

    ユーザーID:1013917567

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧