• ホーム
  • 男女
  • 久しぶりに外国の男性から英語で褒められました。(駄)

久しぶりに外国の男性から英語で褒められました。(駄)

レス13
(トピ主0
お気に入り12

恋愛・結婚・離婚

スマイル40

40代女性、現在は空港でカウンターの接客の仕事をしています。場所柄いろんな国の人から内容の違う質問をされます。

今日、南米系の男性にバスのカウンターの場所を聞かれ、いつものように立って答えようとしたら「いいよ座ってて」と言われ、その後いつものように笑顔で答えたら、「怒らないでね。君の笑顔はやさしくて素敵だね」とサラッと誉めていただき、久々の思いがけずの誉め言葉に、ありがとうございますといいながらも照れちゃいました。

留学していた時も思ったのですが、西洋の人達は誉めるのがうまいですよね。英語という言葉の特性なのか、、。

その日は年甲斐もなく、ニヤニヤが止まらなかったので、マスクをして仕事してました。

期間限定の仕事なのであと1ヶ月ですが、素敵な言葉を胸に頑張ろうと思います。

ユーザーID:0322318125

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ありがとうございます。

    トピ主さんの素敵な笑顔で、日本のイメージUPして頂き、ありがとうございます。
    これからもお仕事頑張って、ますます日本の好感度UPに貢献してください。

    重ね重ねありがとうございます♪

    ユーザーID:8510791539

  • 英語(外国語)のいいところ

    英語圏在住です。
    英語(だけでなく多分欧米系の言語はそうだと思いますが)は、本当に褒め言葉がさらっと出てきますね。私も色々嬉しいことをさらっと言われたときは自分に自信も持てるし、また自分も他の人に対して素直に(お世辞ではなく)褒め言葉を言いやすい気がします。
    なぜか日本語では臭いせりふやキザになってしまうんですがね。

    ユーザーID:2639423294

  • 真に受けないで

    それは誉めてるんじゃないの、慣習、あいさつ。

    でも女性が気分良くなることは確かですね。日本男児もこういう慣習を身に付けたいもんです。

    ユーザーID:9023201289

  • 笑顔の力は凄い

    私も若き米留学してた時、真剣に勉強したのですが、ある日学校の秘書の人に「もっと笑顔で接して」と軽く言われた事があって、その時ズシーンときました。確かにアメリカでは知らない人でも目があうとニッコリしますが、日本ではそれあまり無いですよね。その癖をつけるのに努力をしました。

    トピ主さんの笑顔の応対の力が相手に「素敵です」と言わせて、それでトピ主さんの一日が非常に楽しく豊かになったという事実、凄いと思います。

    今でも道を歩いてる時なんかに知らない人からニッコリされると自分の一日がそれで決まってしまいます。特に相手が美男、美女だった時、その価値がどんなに大きい事か(笑)。トピ主さんもその類に入ったのだと思います。

    ユーザーID:6897063295

  • ホスピタリティですね

    良いトピですね!「いつものように立って答えようとしたら」これだけでも、ホスピタリティがあります。トピ主さんがきちんと対応されているということですね。これは当たり前の様ですが、海外に出張などで出かけて思い出してみても、空港のラウンジで立ち上がって対応してくれかなあと思うのですが、それ以外では大抵座って対応していると思います。このトピを拝見して、確かに我々日本人も学ばないといけないのですが、自然にサラッとそうした一言でないなあと思います。ちなみに、英語でなんと言われたのかご教示頂けますでしょうか?

    ユーザーID:1327653995

  • 素敵なお話を有難うございました

    米国在住で30年以上前に永住件を取った男性です。

    日本語では初対面の人と話す場合、先ず何よりも先に話し言葉のタイプ(尊敬語・謙譲語・丁寧語
    タメ口、等々)を選定する必要があるので、相手の年齢とか地位とかを探り合う事から始めますが
    その余計な気配りの必要性が自然な話の流れを妨げているのではないかと思います。

    会話で用いる話し言葉のタイプが選定された後は「その言葉タイプを使う人に期待される役割」
    を演じることで、またもや「身分に拘らない、自然な人と人のコミュニケーション」が妨げているの
    ではないかと思います。

    私は「会話情報の本質的な意味」よりも「会話相手・会話の対象との関係」に重きを置く日本語は
    使いこなすのが難しい言語だと思います。

    英語では簡単な "He arrived" が、日本語では会話の相手と話題対象との関係で

    「彼が来た」
    「あの方がおいでになった」
    「あの方がいらっしゃった」
    「彼氏が到着しなさった」
    「奴が来やがった」

    等、多様な言い方ができますが、言い方を間違えると「非常識な人!」と顰蹙を
    買いますから大変です。

    私は初対面の方とは英語の方が気楽です。

    ユーザーID:0618000604

  • トピ主です(1)

    >zzzさん
    はい、頑張ります!日本のイメージアップに貢献できるように★

    >ぽんたさん
    そうなんです。英語だと自然にさらっとほめやすい気がします。
    たとえば「君は美しい」なんて言葉も「You're beautiful」っていうのが
    あんまりおおげさに聞こえないというか・・

    英語って肯定的な言葉が多いし、使いやすいなぁと思います。
    「It's amazing!」とか、お互いそういう言葉を言いあうからポジティブになるし、一期一会も気持ち良くなるんだなあと話してて思いました。
    日本ももっと褒め合える社会になるといいですがねー・・・

    >おばはんさん
    大丈夫です。というか、たぶん思ったことをさらっと率直に言うことが向こうの方はうまいんですよねー。日本男性はシャイだから、なかなか言えないでしょうが
    女性としては、ほめてくれるとうれしいですよね。

    ユーザーID:5569007757

  • 褒め言葉、笑顔、本当に素敵!

    どなたかが仰っていた、
    笑顔や褒め言葉で、その日一日が決まる、
    という気持ち、同感です。
    海外にいたとき、男性だけでなく、女性も相手を褒めてくれるのに、
    とても感激したことがありました。
    (心にないことを社交辞令として言うのではなく)、
    いいと思ったことを、言葉を惜しまず言うって、
    素晴らしいことだと思います。
    なかなか、真似できませんが、
    せめて笑顔を心がけたいな、と改めて気づかされました。

    ユーザーID:0949358608

  • 本当ですね

    言語の違いなのか風習の違いなのか良く分かりませんが、確かに英語圏の方は実にうまくさらりと他人をほめることがうまいですね。

    私もよく同性から「その服素敵ね」とか「髪型がよく似合っている」とか全く知らない人から言われることがあります。そういう文化にどっぷり浸かって生きているものですから、時々日本へ行った時あまり考えもしないで同じことを人に言ってしまって、無視されたりどうかすると睨みつけられたりして冷や汗をかくことがあります。

    あと、道で人とすれ違う時目が合うとにっこり微笑んだりしますね。本当に良い習慣だと思うので日本でも浸透してくれないかと思うのですが無理かな?

    ユーザーID:2894340537

  • 英語圏の挨拶

    >英語という言葉の特性なのか、、。

    褒めるのに適した言語、そうでない言語という分類はありえません。
    全てその言語を喋る国民の文化の特性なのです。
    英語がそう見えるのは、英語を話すアメリカという国の文化で
    アメリカは移民の国で世界中の人種と文化が存在する国です。
    つまり横に居る人間がどこの人でどんな考えを持っているかわからない国なのです。
    文化が違えば、良かれと思ってした言動でも喧嘩のネタになる可能性もあるのです。
    だから明るいジョークと大袈裟な褒め言葉を言っておけば取りあえず揉めないので日常的な言葉になったのです。

    でも褒められて嫌な気分になるのはよっぽどのへそ曲がりです。
    たとえ行きずりの人でも人間関係が円滑になりますね。
    私も誰に対しても「ありがとう」や「ごちそうさま」とか忘れないよう努めています。
    でもさすが知らない女性に
    >君の笑顔はやさしくて素敵だね
    とは言えません。日本人なので。

    ユーザーID:0192292772

  • 同感です

    英語圏ではありませんが、欧州で仕事をしています。

    ちょっと視点が違うのですが、こっちで仕事をしていて初めて
    「日本女性がなぜ外国人男性に人気があるのか」がよくわかりました。

    “大和撫子神話”は今でも健在です。
    日本人女性は何と言っても相対的に優しく、愛想がいい。
    外国人女性のキツさから比べればこれは男性にとっては大きな魅力です。

    そして本当に外国人の男性は褒めるのが上手い。
    ドイツやイギリスあたりではあまり見かけませんが、フランス、イタリア、
    スペイン男性あたりは何気ない会話の中でさらっと相手を褒め、そしてダメ押し
    で軽ーくウィンクをするのです。
    これでは日本男児はとても太刀打ちできません・・・。

    でも彼らと一緒にいるとさらっとさり気無い気遣い、言葉かけが出来るようにな
    気がしてくるから不思議。
    トピ主さんのトピを読んで方向性としては間違っていないと思いました。

    ちなみに私もいざ思い立ってウインクの練習をしてみましたが、妻から
    「セクハラで訴えられる前に止めた方がいい」と言われて撃沈しました。

    ユーザーID:1622085381

  • それ、日本人に言われてもそう思えるのかなあ

    ただ外国人に言われたからそう思うんじゃない?

    私が帰国子女ですがいきなりそんなこと言われたら
    その状況でそんなこといわれたら
    「え。」って思いますけどね(笑)

    日本人って好きですよね、【英語で】ほめられるのが。

    英語圏が〜といわれてますが、英語を話されるのであれば文化をひとくくりにされるのは嫌われてるということも到底ご存知かと思うんですけどね・・・。
    私の国の人間なら、その状況でそんなこといわないですね。
    言う方はちょっと変わってるんだろうな、と思います。
    苦笑しますけどね。

    例えばなんですが、気の良さそうな外国人男性から
    あなたの娘さんの七五三の写真を、観光の記念にとっていいかといったら
    トピ主さんなら喜んでOKだしそうですよね。

    ユーザーID:2856830789

  • ほめられたら、やっぱりうれしいですよ

    ある方のレスで、
    日本人は、英語でほめられるのが好き、
    という言い方をしていましたが、ちょっと険のある言い方だな、と感じました。
    (それに、そう決めつけること自体、その方が仰る、
    「人をひとくくりにした考え方」というものではないでしょうか。)
    ほめられるのって、基本的にうれしいものじゃないでしょうか。
    国民性、習慣もあるので、
    日本人同士ではあまりできにくかったり、
    唐突な感じがしたり、ということはあると思いますが。

    英語だけでなく、他の言語でも、
    ほめられればうれしいと感じますよ。

    ユーザーID:0949358608

レス求!トピ一覧