専業主婦であることが不安です

レス14
お気に入り52

ミニー

話題

31歳、女性です。現在幼児1人、夫33歳との3人家族です。
現在、夫の仕事の関係で、海外に在住しております。
日本にいる間、子供を妊娠するまでは共働きだったのですが、海外赴任が決定した為、退職し、ついてきました(帯同は夫の希望です)
現在、夫の年収が額面1000万程なのですが、私が専業主婦で共働き出来ない事が、不安です。海外赴任についてきている間は、妻は働いてはいけないそうです(そもそも私は英語が不得意なので海外で働く事は難しいのですが)また、海外赴任が今後何年続くかも、未定です。

夫は、現在年収は一応1000万程あるし、今後昇格もすると思う。夫と同じ会社の奥様達は、むしろ日本にいても子育て中は働いていない人が殆どだから心配ないのでは?と言います。確かに、夫の会社の奥様方を数人知っていますが、皆様子育て中で、専業主婦です。むしろ、結構派手に使っている方も、いらっしゃいます・・・
しかし、私の学生時代の友人や前の会社の女性達は、子育て中も保育園等を利用して復帰している人が多いです。

我が家もこれから第2子も検討していますし、帰国したら家の購入もしたいと思います(5000万程度を検討しています)私だけ専業主婦でいることに、不安になってきました。夫の言う通り、私の心配しすぎなのでしょうか?
現在、年収の内200から300万は貯金に回しており、現在の貯蓄は1300万程です。親からの相続は、少しはあるかと思いますが、あてにしていません。

ご意見宜しくお願い致します。

ユーザーID:0209908420

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 貴女の役割はなんですか?

    企業にも営業で直接売上に貢献する部署もあれば、効率化によってコストを抑制
    する役割の部署もあります。
    企業の最大の目標が手元に残る最終利益の最大化にあるからです。

    見方によれば家庭も同じ事。
    利益が貯蓄に変わるだけです。

    ご自分達がおかれた立場で最も合理的な選択をすることです。
    環境によって働くことが出来ないのであれば、貴女は“コストカッター”の役割
    を負って徹底的に可処分所得=貯蓄の最大化を目指せばよろしい。
    御主人にそれだけの稼ぎがあるのであれば、少なくとも“並の営業が二人いる家庭”
    よりははるかに多くの貯蓄を残せるでしょう。

    もう少しご自分の家庭における役割とか存在を相対化して考えられてはいかがでしょう?

    あとは働くことで社会に繋がっていたいという気持ちをどうするかだけですね。
    それがどうしても必要であれば、帰国後を念頭に御主人と相談してみてはいかがですか?

    ユーザーID:2457384728

  • 将来のために今できることをしておく

    アメリカ在住で子育てしながら英語の勉強をした後、現地のの大学院を出て、その資格を生かしてキャリアアップした女性です。トピ主さん、ボヤいていないで、今できることをしましょうよ。

    アメリカ西海岸の例ですが、外国育ちの人に英語を教える学校もたくさんあります。ご主人の収入が良いらしいので、ベビーシッターを頼んで学校に通えますよね。赤ちゃんがお昼寝をしている間に予習復習をしましょう。

    今の状態をただ不安だと言っていても、何も変わりません。その状態でしか得られないチャンスだって、探せばきっとあるはずです。周りを見回して、今自分に何ができるか、今何をしておけば将来の自分の糧になるか考えて、行動しましょう。

    そういうポジテイブな思考を持った母親は、お子さん(達)にも、良い影響をもたらすと思いますよ。ファイト!!

    ユーザーID:4471081714

  • うーん 不安ですと言われても状況が変わる訳ではないので 

    それでやっていくしかないですよね。
    年収1000万は世間からしたら結構多い方でしょうが、もう10年以上前に1000万だったものから言わせてもらうとば確かに心細い金額ですよね。

    でもそれは言っちゃだめですよ。
    1000万でも稼ぐのは大変でしょうし、大いなる勘違いをして派手に使っちゃう人もいるみたいだし。
    不安かもしれませんが英語力もなく、仕事も禁止されているなら専業でいるしかないですよね。

    入ってくるものは変えられませんから出ていくものを出来るだけせき止めればよろしいかと思いますよ。
    頑張ってね

    ユーザーID:0006377973

  • 悩んでもしょうがない

    だって「海外赴任中は働いてはいけない」んでしょ?じゃあしょうがないじゃん。
    いつになるかはわからないけど、日本に帰ってきたときに、働けるよう動いたらどうかな?
    二人目を考えているなら、早く産んじゃった方がいいのでは?

    ちなみに私は10年のブランクを経てまた働いています。
    働き方もいろいろですし、極論言えば選ばなければ仕事はあると思うよ。

    それから特に働かなくても大丈夫なんでしょ。
    時間は恐ろしくて、何年も働いてないと、仕事をするのが不安で不安でしょうがなかったよ。
    今は働きたいと思っても、数年後はどう思っているかなんてわからないよ。
    で、「今は」働けないのであれば、悩んでもしょうがない。子育てを楽しんで!

    ユーザーID:2645594417

  • そうは言いましても・・・

    そうは言いますが現実的に働くのは無理なんですよね?

    とにかく不安なら帰国後に働けるように資格を取るとか何か努力をするしかないのでは?今は無理なのですから、取りあえず英語をはなせるようにしてみては?

    ユーザーID:0263342642

  • 会社の規定を確認

    夫の海外赴任の際、妻が専業主婦でいることとルールにする会社があると聞きます。
    トピ主さんは「妻は働いてはいけないそうです」とありますが、ご主人さんのお勤め先が本当にそうなのですか?
    確認されていますでしょうか。

    西欧圏では妻が働くことを推奨しているケースもあります。
    日本もそういう風に将来なっていくかもしれません。
    その辺を調べてみてはいかがでしょう。
    ぼんやり考えるだけではなく、納得できる答えが見つかるまで、探しましょう。

    それと、ファイナンシャルプランナーを雇うまでもないと思うのですが、人生の上でどれくらいお金が必要なのか、きちんと数値で計算してみてください。

    トピ主さんの大事な、1回きりの人生です。
    もやもやしてないで、キチンと確認しましょう。

    ユーザーID:4624315017

  • 贅沢をしない暮らし

    年収がそれだけあるのですから、今は堅実なお金の使い方を
    していき、しっかりと貯蓄されれば良いと思います。

    働かず、家にいる時間がもてることで
    子供との時間を大切にしながら
    家庭を守っていかれれば良いと思います。

    働くことは、旦那様の仕事が国内に
    ・・となった時にでも検討してみては
    いかがですか。

    地道に貯めていけば、専業主婦でも
    十分やっていけると思いますし
    家も購入できると思いますよ。

    ユーザーID:7527672046

  • そんなこと言ってもね…

    今、働けないことは仕方ないでしょう?
    日本に帰りますか?
    そんなに不安なのなら、なるべく早く第二子を産んで、
    日本に帰ったら、即働けるようにしましょう。
    余力があれば、就職に有利な資格の勉強もした方がいいです。
    せっかく海外にいるのだから、英語も得意になるように努力するとか、
    することはたくさんあると思いますけどね。

    ユーザーID:9153488863

  • 準備期間と考える

    不安でも何でも、今現在働けないのは仕方のないことですよね。

    そこを日本で暮らす友人達と比べても、どうすることも出来ません。

    主婦でいることに不安を感じるなら、今を帰国後の準備期間と考えてはいかがですか。

    語学を取得しておく、現地の生活や食文化などにより多く触れて知識を深める、日本の資格勉強をしておくなど、いくらでも帰国後の仕事などに結び付けられる、今出来ることはあるはずです。

    いくら不安であっても、働くことは出来ないのですから、帰国した時に力となるものを蓄えるしかありませんよ。

    ユーザーID:3391039687

  • 中学生になった子供にナメられる母親です。

    私も夫の東京転勤に付いていき、退職しました。
    下の子供が小学校に上がったのを機にパートを始めましたが、
    上の子供が中学生になって進路を考える頃になって色々アドバイスすると
    「でも結局お母さんはパートでしょ」と言われます。
    手に職を持っていないから尊敬できないようです。
    家族のために尽くしてきた結果がこれです。
    夫は激務の年収1千万なので家の事はしなくても感謝していますが
    家事育児99%担う母親は有難くても見習う対象ではないようです。
    専業主婦は損だと思いました。

    トピ主さんはせっかく海外にいらっしゃるのだから
    外国語や料理や風習を身に付けて帰国してそれらを生かして
    仕事につなげる努力することをお勧めします。

    ユーザーID:6858453906

  • じゃあどうしたいの?

    働けないのに専業主婦が不安って、いったいどうしたいのですか?
    それなら働かないで儲かることでも始めますか?
    お金なんていくら持っていても不安になるものです。
    仕事がしたいのならばとにかく英語を勉強して仕事に就く。
    ダメなら無駄遣いしないでせっせとお金を貯めることです。

    ユーザーID:9097881429

  • でもいくら心配しても就職できないんでしょ?

    いくら心配しても、どんなに意見もらっても、どんなに危機的な状況でも、結局そちらでは就職できないんでしょう?

    だったら無駄に心配なんかせずに、海外生活を楽しめばいいと思いますけど。。。

    ご意見ってどんな意見を求めてるのでしょうか。気休めの言葉?

    それよりもせっかく海外にいるんだから、現地の言葉(英語?)を勉強したり、見識を深めたりなどなど、他にやることはたくさんあるでしょう?

    うだうだ言ってないで、帰国した時に役に立つようなスキルを身につけるなど有意義な時間をすごしたほうがいいと思いますよ。

    母親なんだから、もっと強くなってください。

    ユーザーID:4589082658

  • 専業主婦の弱点は、夫亡き後の年金。

    他の方が色々言ってくれているので私からは1つ。

    早くから自分名義の年金か貯金をしっかり作っておきましょう。夫がいくらどんだけ年収がたかくても、夫亡き後は妻の年金は6万円ほどで、介護保険を払ったら、5万円台。

    これで、夫亡きあと、何十年も一人で家を維持しながら生きて行かねばならなくなります。

    不足分を貯金か、または個人年金をかけるなると、相当なお金が毎月必要です。
    でもそこはしっかり計画してみてください。

    ユーザーID:4224283780

  • お気持ちわかります。

    専業主婦でいること、と言うより、「自分自身が無収入の身になってしまったこと」が
    不安なのではないでしょうか。

    夫の収入=自分の稼ぎ、と思えるタイプ、もしくは、
    夫はたぶん死なないし、このまま働き続けてくれるしと、収入が
    途絶えることを想像しないタイプの人は、のん気に暮らせます。

    主さんの場合は、この不安(危機感)を逆に大切にし、
    いつでも働けるよう準備をするか、
    死亡、医療保険の見直しや、教育老後資金の綿密な計画を立て
    社会保険や年金などどうなるか、綿密にシミュレーションを重ねて、
    目に見える形で金銭計画を立てると少しは不安が払拭できるかと
    思います。
    いかがでしょうか。

    ユーザーID:4522029855

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧