インターネットのなかった時代に戻りたい

レス137
お気に入り226
トピ主のみ0

むかし

話題

このトピのレス

レス数137

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121137 / 137
  • ほしい情報は結局ない

    コンピュター黎明期からずっと携わっていました。確かに情報がたくさんあるように見えますが、何か特定のテーマで調べることに使うとろくなデータがない。たとえば東京駅と昔の中央郵便局には地下道があったのですが、そのテーマたと出所も不確かな情報が10件ぐらいしかない。はやりのピケティに関しても10件ぐらい。
    そんなものです。あの電車は何時に何番線とか、昔行った居酒屋の住所はなんていう情報はあります。でも入ったことのある人が書いた情報かどうか不明です。インターネットの情報は半分は嘘、悪意のある情報と疑っています。

    昭和には戻れませんが、自分を昭和的にするのは簡単です。

    ユーザーID:2282678169

  • 我慢をしなくなった

    主さんの気持ち分かりますよ。
    ただし仕事でパソコン使ってるので、
    ネットがなくなればいいとまでは思いませんが(笑)。

    最近思うことは、欲しいものを我慢しなくなったなということです。
    昔、昭和の時代は、欲しいものがあっても、
    自分が行ける範囲もしくは親に頼める範囲のお店になければ
    手に入らないものとして諦めてましたよね。
    でも今はネットで簡単に探せてしまう。

    だから欲しいものを諦めずに済むようになったけど、
    我慢もしなくなりました。
    かといって、昔のように我慢できるかというと、
    もう無理なんですけどね。

    目の前に簡単に探せる方法があるのに、
    それをしないでいられるほど意志が強くないです。

    ユーザーID:6150238304

  • 非行や浮気の道具にも

    私の場合、子供の非行に使われ心潰れる日々でした。目下、夫の浮気の道具にも使われています。
    ネットのおかげで沢山のことが安く早くできるようになりました。
    でも失うものが大きすぎて、
    信頼や安心を取り戻すのに膨大なコストがかかります。私だけかもしれませんが、携帯の時代になってから、いつも泣いています。
    他の文明の利器同様、なんらかの倫理的なコントロールが欲しいものです。

    ユーザーID:2152972280

  • 使い方次第

    IT業界で長く働いているので、ツールや業界情報にはかなり明るい方です。EvernoteやDropboxやGoogle Docなど、かなり使いこなしている方です。htmlもWordPressもCSSも明るいです。

    でも今でもガラゲーです。携帯電話ではメールと電話しかしないからです。アプリはしないからです。パソコンの軽いものを持ち歩いているから、スマホは必要ありません。パソコンのキーボードの方が断然タイピングしやすいし、早いからです。iPadも必要ないから持っていません。本は紙の本が好きだからです。外科医や美容院などでiPadのアプリは便利かもしれませんが、職業上必要ありません。

    ただ、ネットバンクやネット証券を利用するし、ネットでの買い物もかなりするので、インターネットに接続できるパソコンは必需品です。

    流行っているからと言ってLINEをやることはありません。人によって使い方がいろいろあり、自分に何が必要が見極めて利用すれば、インターネットは便利です。何もかにも必要ないものまで全部取り入れようとすると苦しくなると思います。自分に必要なものだけを取り入れればいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:3968555738

  • 絶対に戻りたくないです

    私は65歳のばばですが、絶対に戻りたくないですね。
    混んだ銀行に行かなくとも、インターネットで一瞬で振り込みが出来る。
    いつでも、全国の美味しいものをお取り寄せできる。
    生きたいお店の評判を調べられる。出かけるにも最短の経路がわかる。
    そして、何より、この小町で、様々な人の考え方を知ることが出来て、とても勉強になります。
    今まで、生きてきて、こんな良い時代に居られて幸運だと思っています。

    ユーザーID:5634277859

  • 小町

    インターネットが無かったら小町もないよね。
    トピ主さんは、この愚痴をどこに吐き出すのでしょう?

    ユーザーID:8014777990

  • いつの時代がいいかは

    人それぞれ。
    祖父母の価値観なら、テレビや便利家電がない時代の方が良かったっていうかも。
    あの頃に戻りたいって。
    今インターネットがない時代がいい、と言う人はそこまでは求めないでしょう。

    結局、どんな時代に生きるかは人それぞれ。
    自分がインターネットを使うことを止めることはできても、周りが使うことを止めることはできない。
    どんなものでも一長一短ありますしね。
    大事なのは、自分が「インターネットに振り回されないこと」ではないでしょうか。

    ユーザーID:2798180082

  • 今も

    >不便だけど、心豊かにいろいろなことに時間を費やせたあの昭和の時代

    今も心豊かに時間を費やすことはできますよ。
    どう生きるかはその人次第。

    過去は美化されます。
    自分が生きた時代がいちばん輝いて見えるもの。
    でも哀しいかな、時間って止まらないんですよね。
    周りの世界も。

    ユーザーID:7073676989

  • まあ確かに

    インターネット登場時に盛んに言われた「ネットで人類の未来はバラ色」ということに
    なってないというのは事実でしょうね。特に、ネットによって可能になった「個人から
    不特定多数への情報発信」という点は残念ながら人間社会にとってマイナスにしか
    なりませんでした。結局は「誹謗中傷と揚げ足取りのツール」にしかなり得なかったんですね。
    初期にもう少しネットの世界に「秩序」というものを作っておけばよかったんでしょうが、
    それではお金儲けできないIT屋さんや言論・表現屋さんが抵抗して「無秩序な空間」に
    してしまった…。今後はいかにネットの世界の規制を進めるか、ということになるのでしょうが
    (まずは「ネット言論の『完全実名化』」の議論が早晩始まるでしょう)上記の利害関係者の方々も
    強力なポジショントークを展開して抵抗するでしょうから、「バラ色の未来」が訪れるのは
    まだまだ先かもしれません。

    ユーザーID:8815375714

  • 若いころにネットがあればよかった

    若いころ人間関係の構築が下手糞で情報弱者でしたので。

    ユーザーID:4835455721

  • インターネットのある時代

    言い古されましたが、一瞬にして有益な情報を世界中に発信できる、共有できるツール。
    けれども、悪意や隠された罠も簡単に拡散する事も可能です。
    ハードはどんどん進化しますが、それを操るソフトはまだ未成熟ですね、アナログだけど人間のコントロールはまだまだ必要。

    「発言小町」もそんな視点から見れば、試行錯誤中ではあるけど大きな成果をあげつつある、皆に愛される掲示板なのかな。

    未成熟なゆえに、ビックリする様な喜劇や悲劇、素晴らしい感動もあるこの仮想空間であるインターネットは、現実社会では不可能な事をやってのける可能性のある、

    三次元の次のステージ、そう四次元空間かもね?。

    ユーザーID:2730824323

  • 分かり合え、深まる

    ネット犯罪に巻き込まれたり、いじめの道具になったりしないよう
    配慮、何らかの規制は必要でしょう。
    最初私は、ネットを恐れていました。


    昭和の核家族化に伴い、人間関係が希薄になったと言われ久しいけれど
    ネットを通じ、深い部分で共鳴しあえたり、価値観を共有し合える喜びがあるとは
    露ほどにも思わず、大変意外でした。

    小町も顏が見えなくても貴重な、大切にしたい空間だとも思えます。
    誰にも言えない悩みを匿名で言えて、
    心から支え応援するレスを読む時、目に見えないけど温かなものを感じます。
    これも思っても見ない事でした。

    昭和にはこういう場もなく、一人悩み苦しんでた自分が目に浮かんでしまいます。
    時代と共に人を思う余裕も生まれるのでしょうが、
    ネットの向こうに、確かに人の気配を感じます。

    ユーザーID:9600344024

  • 私はあってよかったです。

    結婚して初めての土地、昔からの知り合いはいない土地での
    子育て。
    義母と同居の為、昼間は苦痛。

    実家は遠く日帰りはできません。行けば義母に丸わかり。
    電話は家電。公衆電話からでもなければ実家や友達との会話は聞かれてます。

    義母は人付き合いをしないで家にこもってます。

    こちらは小さい子がいるので長時間は出られません。
    義母に預ければ嫌味が返ってくるので、預けるのもしなくなりました。
    (二回だけ園のお迎えを頼んだことがありますが、「暑くて死にそうだった」等嫌味を言われ続け、それ位なら高熱出しても自分で送迎の方がずっと気が楽でした)
    こちらで出来たママ友が遊びに来ても嫌味三昧。友達を家になんて呼べなくなりました。

    せめて夫側親戚とでも交流があればよかったのに、行こうとすると「親戚の家に行くな!」
    夫は「母の機嫌が悪くなるから」と行かない事を選択。
    とにかく世界が狭まりました。

    こんな状態で携帯もネットも無かったら、どうなっていたかな…
    (多分、小さい我が子を抱えて泣きながら新幹線に乗っていたと思う…というか似たような事はした)

    ユーザーID:0230624207

  • 主体的に使う姿勢(2)

    今、世の中は情報に満ち溢れています。

    これら情報は、現地現物を直接見聞きしたり、文字・音声・写真・絵図・映像としてまとめられたものを見たり読んだりして入手します。ネットもその一部です。但し、ネットには「双方向性」「速度」「検索力」「不特定多数との瞬時の情報共有」といった所に、大きな特徴があります。

    しかしながら、これら情報全て集めても、「世の中で起こっていること」や「世の中の人が考えていること」のほんの一部に過ぎません。「全てを知ること」は所詮不可能です。

    では、これらの情報に「振り回されないようにする」にはどうするか? そこで必要なのは「テーマを持つこと」です。

    仕事・家庭・ひいては「人生そのもの」や「人生を主体的に作っていくこと」において様々な問題にぶち当たりますが、これらに対処していくとの「テーマ」を持つ。そして、そのテーマのために情報を得ることに集中する。

    そのような「人生の態度」を持てば、ネットを「主体的に」使っていくことが出来るようになるのではないでしょうか?

    私は正にこの「小町」を自分の人生のテーマのために活用しています。

    ユーザーID:5111260319

  • 主体的に使う姿勢(3)

    でも、多くの方がレスされている通り、ネットには様々な「リスク」があります。

    まず、情報源がはっきりしないため、情報の「正確性」「信頼性」が判定できない情報もたくさんあります。又、ネット上では、正規な機関や人物をを装った「成り済まし」もあります。これらを自分なりに判断出来る様になるための「眼力」が必要です。これら眼力を身に着けるためには、「情報が如何に加工されて目の前に現れてくるのか?」についてある程度知っておく必要があります。そのための勉強は欠かせません。

    この「眼力」こそが「情報リテラシー」の主要なものだと思います。これが、「ネットに振り回されない」ために、特に必要になって来ます。

    「人生のテーマ」と「情報リテラシー」をしっかりと持って、ネットを「主体的に」使っていきたいものですね!

    ユーザーID:5111260319

  • 自分で選ぶ

    良くも悪くもあるインターネット。
    必要最低限利用するか、ネット使用不可の環境にするとか
    方法はあります。


    < インターネットがなくて、物を調べるには本を読む、人の話を聞く。そんな風に時間をかけて生きていた時代、経験してみたかったです。

    < 心豊かにいろいろなことに時間を費やせたあの昭和の時代

    今でもできるでしょう。
    というか、昔の方が不便な事が多くて自由な時間が
    取りにくかったと思う。

    ユーザーID:7318796011

  • ない時代のほうが遅く不便だが、「人」の重要性が尊重されていた

    昔は、
    情報を知るには人がいる、よって友達、先生、上司、同僚、の生活上の重要度が増すことで情報を取るのに人間関係を作る必要があり、身近な人の知識の重要性が増すので人が尊重される。

    今は
    自分で調べれる。
    人に聞くと、そんなことは自分で調べろ、知らないのは自己責任だ、が多い。

    ユーザーID:8308728876

先頭へ 前へ
121137 / 137

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧