母の死

レス4
(トピ主0
お気に入り9

心や体の悩み

キエム

先日、母が他界しました。

昨年9月に大腸穿孔(穴があくこと)、手術を行い、無事10月下旬に自宅退院しました。

1月くらいまでは元気でしたが、2月頃より激しい嘔吐が続いていました。

手術は成功したので、母も私も術後の一時的なものと思い込んでしまい、また、仕事が多忙であまり、お話しを聞いてあげられませんでした。実家にも頻繁に行けなく、母も病院が嫌いで定期受診も行っていませんでした。
病院に行くよう話しても行かなかったです。

3/5に何回電話をしてもでられなかったので、包括支援センターに連絡、家のインターフォンを押してもでられなく、警察に窓を割って入って頂いたら、二階の寝室で寝たまま亡くなっていました。

葬儀も終わり、落ち着いてから考えると人工肛門からの排泄がなかったこと、激しい便状の嘔吐があったことから腸閉塞を考え、経過を本日、主治医に報告しました。

やはり、腸閉塞の可能性が高く、外来に来ていれば処置できたと思う、と話されました。
主治医は若いですが、非常に良い先生で最初の手術後の説明や術後管理のことなど、連絡をしてくれており、信頼関係は構築していました。
外来に無理にでも連れて行けばよかった、折角助けて頂いたのにすみませんと伝えました。
先生も残念がってくれました。


発見する2日前、母は「にいちゃんが連れてってくれるなら病院いく」と言っていましたが、私は仕事が多忙で明日は行けない、近々いくね、病院行ってねと言いましたが、母は行きませんでした、今思うと動けなくて行けなかったのかもしれません。

ほんとに大きな責任を感じています。ごめんなさい…。ごめんなさい。

家族のこととなるとあまり深く考えていなかった。合併症を見逃してしまい、結果的に大切な人を亡くしてしまったと思うと非常に心が痛みます。

ユーザーID:4839754710

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お悔やみ申し上げます

    もっと強く通院を進めていたら今回のようなことはなっていなかったと思います。
    仕事が忙しいというけど、お母様の事考えてあげましたか?話も少し聞いてあげれば良かったし、休みの日は少しの時間でも実家に行く事考えなかったのですか?それ程大切な仕事だったのですか?

    誰にも看取られず亡くなったお母様が不憫です。動けなかったら知恵を使って病院に連れて行く事だって出来たのに。冷たいですね。
    投稿は他人事のように書かれている。亡くなられて泣いたのですか?

    亡くなった後でどれだけ謝っても何をしてももう遅いです。何が大切なのかわかりますか?もっと真剣にお母様の事を思っていれば良かったと思います。

    ユーザーID:5491034288

  • 無念

    残念な事をしましたね。
    無念だと思います。
    そのことを忘れず生きてください。
    無念がる気持ちが大事だと思います。

    ユーザーID:6164819259

  • 仕方なかったよ

    キエムさん、お母様残念でしたね。お悔み申し上げます。
    先ず、最初の大腸裂孔での手術成功されていたのに残念です。
    この状態の手術は、手術自体成功しても合併症が術後起こったりして管理が難しいんです。
    大腸に穴が空いたりして中の大腸菌が腹膜に蔓延して、それが身体全体に回って辛い結果になる方も多いです。
    それが手術成功、合併症も無かったのかな?退院出来て日常生活に戻るのに、後一歩でしたね。
    悔やむとしたら定期検診、身体に違和感を覚えたのに病院に行かなかった事ですね。
    かなり高齢者だったのでしょうか?病院嫌いだったのかな?
    トピ主様は仕事には行かなければ成らない。
    見た目、平気そうだったら仕事休んでまで付き添いは難しいです。
    冷たい様ですが親は子供より先に逝きます。
    その状況が、どうあれ、親死に、子死に、孫死に、お寺のお坊さんのお話しです。
    (新聞で一般の方の投稿で読みました)
    この順番が幸せなのです。順番が狂ったら皆が辛い想いを持ちます。
    お母様への供養はトピ主様が健康で仕事に行けて普通に生活を送る事です。
    泣いても、悔んでも良いのです。トピ主様のせいでは無いですよ

    ユーザーID:0718258413

  • 仕方の無い事です。

    お母様の事、お悔やみ申し上げます。

    事が起こってからでないとわからない事もあります。
    それが大事なのか小事なのかは
    案外その分かれ目の瞬間には分からないのです。
    全てが日常の続きであり、取り立てていつもと違う予兆など
    なかなか感じる事は難しいです。
    ましてやお仕事が忙しいとなれば…

    あまりご自分を責めないでください。
    自分の生活を、人生を支えるお仕事は大切です。

    私は就職してすぐの時父が脳梗塞で寝たきりになりました。
    父は入ったばかりの会社を辞めて
    家で介護をしてもいいんだよ、と言いました。
    いいんだよ、と。

    激務で残業残業でしたが
    会社を辞め働く場所を失った私の10年後はどうなってしまうのか。
    …私は会社を辞めませんでした。

    父には申し訳ないと思っていますが
    後悔はありません。
    仕方の無い事だったのです、トピ主さんも。

    末筆ながらお母様のご冥福をお祈り申し上げます。

    ユーザーID:9900660946

レス求!トピ一覧