母親の婚約指輪が偽物でした

レス96
(トピ主6
お気に入り323

家族・友人・人間関係

アシモ

こんにちは
アシモと申します
この度、結婚が決まり、婚約指輪を彼から贈って貰えることになりました
私の希望は亡くなった母親の婚約指輪をリメイクしてもらうことだったので、
宝石屋さんに持っていったところ、母親の婚約指輪は偽物だと言われました
父曰く、30万以上かかった指輪だったと言われたので、ショックでした
宝石屋さんは、せいぜい一万円程度の粗悪品
普通のお店でこの指輪を30万以上請求するお店はないとのことでした

考えられる可能性はいくつかあります
1.父親が勘違いして、違う指輪を渡してきた。本物の指輪は別にある
→元々、宝石などには詳しくない父ですし、買ったのは20年以上前ですので、どの指輪を買ったか正確には覚えていないと思います

2.父親が騙されて、買った
→可能性は低いと思います。海外の出店で宝石を買った訳ではないと思うので

3.母親が本物を無くしたので、偽物を用意した
→可能性はあると思いますが、確かめようがないです

4.第三者がすり替えた
→正直、これが一番濃厚だと思うのです
第三者というのは、十年以上前に別れた継母です。(父から見れば、後妻)
とてもお金に汚い人でした
父とも最後は泥沼で醜い争いを繰り広げてようやく別れました
別れてからは一切連絡を取っていません
父曰く、継母と生活している間に母の着物が減ったと言っていました
指輪は、着物と同じ場所にしまわれていました

私が思いつく可能性はこれぐらいなのですが、
それを踏まえて、父に話すべきか迷っています
1以外の場合、誰も得しない結果になるのではないかと思うのです
正直、継母が犯人だとしてもそうでないにしても、今更確認しようがないです
(心情的にはとても悔しいです)

このまま私の胸にしまっておいたほうがいいのでしょうか?

ユーザーID:8194195543

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数96

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • すり替え?そんな手の込んだことするか?

    着物は売っぱらってそのまま、指輪は偽物にすり替えって、こじつけもほどほどにしたら?

    継母が嫌いとはいえ、憶測でしかありません。呆れます。

    その偽物をリメイクすればいいんじゃないの?
    金銭的な価値よりも、トピ主の父親はその指輪を本物としてあつかっていたのならそれは本物なのでは?

    ユーザーID:0566386464

  • ぜんぶ違う

    真相は――、

    5)父親が粗悪品を「30万円の指輪だ」と母親に贈った。

    これです!!

    ユーザーID:1364401974

  • 話した方が良い

    継母さんが持ち出した可能性があるなら話した方が良いですよ。
    今更、取り戻せはしないかもしれませんが偽物だったと話した方が良いです。

    それと…お母様の形見のリフォームと婚約指輪は離して考えた方が良いです。

    >婚約指輪を彼から贈って貰えることになりました

    新しい物を買って貰いましょう。彼氏の気持ちですから。
    彼氏に対しても自分の母親の形見が婚約指輪というのは少し失礼になりますよ。
    とぴ主さんが大事にする気持ちは解ります。でも、婚約指輪には出来ません。
    形見としてお持ちになるのが良いと思います。

    ユーザーID:7022773805

  • 石のすり替え 経験しました

    実は私同じ経験があるのです。

    婚約指輪は 夫の会社の厚生部に登録してある銀座のお店で購入。
    80万を社割?で30万引いて貰って買ったと記憶してます。
    80万のものがなんで50万になるの?と 不思議でした。

    でも夫の会社は大手企業で 誰もが知る企業です。
    安心してました。鑑定書もついていましたし グレードも高いダイヤでした。

    〜時は流れて 15年後

    その婚約指輪をリフォームすることになり 前々から気になっていた彫金師さんに依頼。
    その結果 彫金師さんと出入りの石やさん同席の元・・・
    このダイヤは流通してはいけない石だということでした。

    お店側にいったほうがいいと言われましたが 既に15年経過していること
    せっかく夫が買ってくれたのに 悪いという気持ちで・・・
    それより 頭真っ白でした。

    彫金師さんが言うには お店でそんな石は売らないはず。
    サイズ直しした時に 石をすり替えられた可能性大。
    だけれど ちゃんとした店なら石の確認後 お客様に渡すだろうから・・・うーん

    ということでした。
    悔しいし悲しいです。

    ユーザーID:6653311684

  • 話さない

    別にお父さんに話さなくてもよいのでは?
    今更、確かめる術もないし、どうしようもありません。
    話しても、嫌な気持ちにさせるだけです。
    婚約指輪は、彼に買ってもらえばいいだけです。

    ユーザーID:5726205968

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 偽物じゃなくてもそんな物らしいです。

    私の婚約指輪も同じパターンでした。昭和64年。当時その有名ブランドは、有名百貨店でしか取り扱えませんでした。45万+消費税。

    去年、宝石買取店に聞いたら
    「想い出に持っていた方がいい。」
    と言われました。要は二束三文だったのです。一割にもなりませんでした。質屋でも
    「二万円がやっと。」
    もちろんケース、鑑定書つきです。

    私の場合ブランド名とデザインを優先した0.5カラットでした。宝石としての価値はないようです。石だけでなく台のプラチナも色を重視で何か混ぜているようです。

    悪いけれど、45万で二万では、30万程度だとそんなもんじゃないでしょうか?人を疑うっていやな気分になるのは止めた方がいいと思います。

    ユーザーID:0764930269

  • 指輪の事を考えればトピ主さんが嫌な思いをする

    その指輪に関してはトピ主さんの亡きお母さんとお父さんとの思い出や
    父親との親子の関係の為にも諦めるしかないかと思います。
    結局は指輪も行方が分からず形見の指輪の事を思い出し悲しく嫌な思いをする
    のはトピ主さんです。
    その指輪の事は悔しいでしょうが諦めて彼から新しい指輪を買ってもらった方が
    2人での新しいスタートとして幸せな気がします。

    私が思うに、亡きお母さんの高価な指輪やいくつかの着物は
    継母が持ち出したというよりも実のお父様が継母にプレゼントしてしまった
    可能性もあるのではないでしょうか?
    でもその後に継母と不仲になってしまったとか。
    指輪の事を忘れた頃、娘が急に亡きお母さんの指輪をリサイクルして
    婚約指輪にしたいと言い出したので現物がない状況で慌てて別の指輪を
    用意した。

    もし、トピ主さんが言うとおり継母がすり替えたとしても
    一緒に暮らす父親が全く知らず存ぜぬというのは有り得ないように
    思います。

    できるなら、お父さんの所にある他の母親の形見も
    今後はトピ主さんが全て貰い受けて管理したら如何かと?
    その方が安心できる気がします。

    ユーザーID:6439409327

  • 私なら、言いません。

    たとえどんな理由であろうと、今さらそれを暴露して誰が救われるのでしょう?

    悔しい気持ちはあったとしても、それは自分一人が我慢すればいいこと。

    妻も失い、可愛い娘も嫁に出す父親の気持ちを思えば、今さらことを荒立てて苦しませるなどできません。

    自分一人が笑って見せて済むことなら、そうします。

    こんな言い方は酷かもしれませんが…所詮指輪は「モノ」です。

    私ならモノより父親が大事です。

    親を悲しませたくはありませんから。

    ユーザーID:1682649032

  • 沈黙を保つに一票。

    ご婚約おめでとうございます。
    気がついたのはあなただけ、彼氏さんも知らないのですよね。
    今さら事実を公表したところでどうしようもないのですから、沈黙を保つべきです。
    お父様が質の悪い宝石屋に引っ掛かり、宝石詐欺の被害にあった可能性も否定できません。
    もしお父様に打ち明ければ、後妻さんの一件も含めて、お父様が「自分に見る眼がなかった、不注意だった」という自責の念に苦しめられるだけでしょう。
    嫌な思い出を吹き飛ばしてしまうくらいの、素晴らしい指環を彼氏さんから贈ってもらえば良いですね。

    ユーザーID:5842178369

  • レスします

    もう一つ可能性がありますよ。それは最初からお父さんが偽物の指輪をお母さんに贈ったということです。よくあることですよ。世間的には。お父さん当時お金が無かったのでしょうね。背に腹は代えられませんもの。むしろこの可能性が高いと思いますよ。でもお父さんのお母さんに対する当時の愛情に偽りが無かったのなら、騒ぎ立てるとお父さん可哀想ですよ。

    ユーザーID:8199744523

  • そこまでするかな?

    類似品をわざわざ用意なんてするでしょうか?

    欲しいなら、勝手に持って行くのではないでしょうか?
    現に着物は無くなったままですし。
    また、宝石屋さんは確かでしょうか?
    都合で文章を端折っているだけなら良いですが、鑑定は時間がかかりますよ。
    面倒くさくて、リメイクする価値はないとほざいているのかもしれません。

    ダイヤモンドの価値は素人にはわかりにくいですし、大手メーカーが粗悪品を販売していた大事件もありましたよね?……主さんは知らないかも。
    私は、2も捨てきれないなぁと思います(バイヤーも良い品と信じていた可能性もあり)。

    しかし、こういう悔しさは共有した方が紛れます。
    得しない結果というだけでお父様らに話すのをためらわれているのなら、話した方が良いと思います。

    1万円のダイヤでもお母様が愛用していたのであれば、満足できませんか?
    お父様に確認だけしておきましょう。

    ユーザーID:1852561070

  • 5、お母さんが生活のために

    石を売った。

    ということもあるかもしれませんよ?
    そうであっても、確かめる方法はありません。

    あなたの望みが、お母さんの指輪のリメイクなのであれば、4、だったら悔しいでしょうが、それ以外であれば、私の新たな選択候補、5、であっても、お母さんのものには違いありません。

    「やっぱり、お母さんの思い出として取っておきたい」といって、リメイクをやめるか、4以外だと思って、あなたの身につけるものにするか。
    鑑別書、鑑定書があって、それとは品質が違うというのなら、別ですが…新たに貴金属を買ったのはだいぶ昔なのですが、10万ほどのダイヤの指輪でもそういった照明の類はついてきますし、ダイヤ以外でもカラットは指輪の内側に刻印されます。鑑別書、鑑定書が無いのであれば、どの可能性も捨てきれません。

    念の為、着物って、そう高い値の付く物ではありません。買う時は高価ですが、作家ものでない限り、引きとり価格は箪笥ひと棹分でもせいぜい2〜3万と聞きますよ。あるいは、新品を買わせたくて、のセールストークかもしれません。
    晴れの日の準備中です。穏便におさめた方がいいと思います。
    お幸せに

    ユーザーID:7754748840

  • 5 そのリメークショップが怪しい。

    そういう所はあるんですよ。偽物だと言って、安くひきとったりするんです。でも実は本物。
    もっと悪質だと、リメーク中に、本物の石を偽物とすりかえます。素知らぬ顔して。
    本物の石なのに「偽物です」とあらかじめ断って予防線をはっておいて、リメーク中に本当に偽物にすりかえるケースも。
    信用できるお店なら、上記のことは忘れてください。

    ユーザーID:1560225499

  • 4よりは2の方が…

    さぞ驚かれたことでしょうが、元継母のせいと決めつけるのも性急な気がします。

    買った時点で30数万円の宝石の指輪なら、こう書いては失礼ながら売り飛ばすにしても数万円でしょう。
    それを、推理小説や映画に出てくる怪盗じゃあるまいし、贈り主である父の目を誤魔化せるほどそっくりな偽物をわざわざ用意してまですり替えるメリットもないのでは? いくら父が宝石に詳しくなくても、あえてすり替えるなら神経を使うでしょう。
    仮に売り飛ばすor自分の物として持ち去るにしても、偽物を用意してすり替えたりせずに知らんぷりしてればいいだけです。

    それに対して2の可能性はそう低くはないのでは?
    海外の出店ではないので可能性は低いという判断のようですが、日本でも、たとえば20年ほど前、TV番組のスポンサーなども多くやっていてとても知名度の高かった宝石店チェーンが安物のダイヤを高級品と偽って高値で売りまくっていたことが発覚し、社会問題になったこともあります。

    まずは、婚約指輪をした母が写った写真がないか探してみては?
    それで1だとわかれば笑い話になるでしょう。

    ユーザーID:8639577257

  • こんなこともあるのですね。

    どういう理由にしろ 宝石が粗悪品だったら彼にまずお話して、
    父親にも彼から言ってもらうのは如何でしょう?
    そして他に宝石がなかったら新品を用意していただくしかないように
    思います。

    ユーザーID:1857208954

  • 経緯がどんなであろうと、

    偽物になっていた経緯がどんなであろうと、お父様に事実を言わないでおく理由が分りません。

    胸にしまって何になるの?

    ユーザーID:4291373229

  • そういえば昔

    買い戻し商法を使って、巧みに主に若者にローンを組ませ、安物を高品質だと偽って売り上げを伸ばした宝石店が、ニュースによく出ていたのが20年くらい前だと思います。 
    当時有名なお店だったので、有名=信用できる と多くの人は判断していたと思います。

    それかも。


    トピさんの胸にしまっておくでも、穏やかに進められるなら事実を求めても良い、どちらでもよいと思います。

    ユーザーID:1269328255

  • しまっておく

    災難でしたが、そういう人を家に招き入れたお父さんもいけなかったのです。

    今更指輪を返せと言ってもしらを切られるかもしれないし、実際はまた違うのかもしれないし、
    とにかく指輪は戻ってこないのだから、嫌な思いをする人を増やして何の得がありましょう?

    あなたの胸にだけしまっておきなさい。

    ユーザーID:9512288066

  • 内緒

    楽しくない話しても ありがたくない
    婚約者に 本物買ってもらえば 一件落着

    ユーザーID:7731914977

  • そもそも

    指輪が入れ替わった経緯についてはわかりませんが、婚約指輪というのは「彼」もしくは「彼の親族」から贈られるものであって、あなたの実母様の指輪をリメイクして婚約指輪にするというのはそもそもおかしいですよ?

    普通に彼に買ってもらえばよいと思います。

    実母様の指輪の件は別の問題として解決しましょう。

    ユーザーID:9962656843

  • 黙っていてあげて下さい。

    偽物でも
    お母様の大切な指輪だったことが
    大切だと思います。

    ユーザーID:2166088326

  • 証拠も無いのに疑っても仕方ない

    もし本物をすり替えたとしても年数が経ち過ぎ証拠もありません。

    主様は婚約者にしっかりした物を買って貰った方が良いですよ。

    後悔するなら継母が父親と結婚して家に入る時、しっかりと実の母親の物は管理しておくべきでした(父親が形見として)

    今になって騒いでも仕方が無いと思います、父親に話すなら話を広げないで「お父さんが送った婚約指輪偽物だったよ」位にして置いたほうが良いと思います。

    結婚してもそうですが、人を疑っても何の特にもなりません。
    それより管理をしっかりする事です。

    ユーザーID:0631973426

  • レスします

    私の友人も結婚前の両家の顔合わせの席に、亡くなったお母様の婚約指輪を自分のサイズに直して嵌めて行こうとしました。

    すると指輪を持ち込んだ店の店員さんに、指輪の石は天然石では無く合成石だと伝えられました。
    友人のお母様が婚約した時代の日本の一般家庭では、天然宝石は今よりも貴重で更に高価な品だったそうです。
    それでも婚約指輪は普及していたので、天然石に手が出ない人達には合成宝石が流行しました。

    友人の亡くなった御母様の婚約指輪は、まさしくその合成石による指輪でした。
    でも当時(今から30年以上前)は合成でも、価格的には数十万円する石があったのも事実だそうです。
    宝石店の方に「台座がしっかり造られているし、18金を使用しているので宝石店で購入されたと思います」と言われたそうです。

    頓珍漢な見方かもしれませんが、トピ主さんの気持ちが軽くなれば幸いと思いレスしました。

    ユーザーID:3253985637

  • 2、または別の選択肢

    普通に考えて、
    貴方のお父さんが騙されて買ったか、
    貴方のお父さんが貴方に嘘をついたかが
    一番濃厚だと思います。

    後妻がすり替えたなんてのは検討にも値しませんね。
    第一すり替える必要がどこにありますか。一緒に仕舞われていた
    着物が無くなっているのなら、指輪もいっしょに売り飛ばすのが
    普通でしょう。わざわざすり替えるような手間をかけるわけがない。

    というわけで、貴方もしくは貴方の父親が
    騙された、というところでしょう。

    ユーザーID:7486248909

  • 婚約指輪の値段なんてそんなものです


     はっきり言って現在売っているものでも、買い取りは売値の10-20%程度です。
    20年前なら、もっとヒドイ品物を売りつけた時代です。
    宝石業界はそれが相場になっています。
    20年前の30万なら値段相応かと思われます。

    5.鑑定してもらった宝石屋が嘘をついている

    本当は30万以上の価値があるのに、二束三文でトピ主より買い叩いて転売しようとしている。
    という可能性も忘れずに

    ユーザーID:2442389224

  • そうね

    父親が嘘をついてるだけでしょ。
    でも。
    婚約指輪を母親の指輪のリメイクってさ。。。
    男としてはバカにされてると思うわね。
    リメイクしたいならさ、婚約指輪以外でやってよ。
    勝手にやってよ。
    男にも失礼よ。
    男に謝って下さい。
    私ならそんな女と婚約しないわ。

    ユーザーID:8209559249

  • そもそも。

    婚約はあなたと彼との思い出なのに
    なーんでおっかさんの古い石を引っ張り出してこれがいいなんて話になるんだか。

    彼、あなたの気持ちを汲んで何も言わないのでしょうけど
    彼とあなたの結婚に向けての最初の記念なのに
    あなたと母の記念になっちゃうね。


    ので。

    そんな昔の石なんか引っ張り出してないで
    彼と新しく奇麗な記念品を選んでは?

    あなたにとっては母の形見でしょうけど
    それお父さんがお母さんに送ったものですし。
    あなたが形見として持つのはいいと思うけど
    結婚云々にそれを使うのは違うと思うよ〜?


    指輪の宝石なんて所詮、鉱物でしかないし。
    偽物も本物もないよ…
    それに大金出す人がいるかいないかってだけよ…

    もしそれが違うものだとしてもそういうことをする人を選んで家に入れたのはお父さん。
    違うものになった事を指摘するのはいいけどお父さんの人を見る目について指摘するのも一緒だという事も念頭において話そうね。

    というか今はもう一緒に住んでいないのかしら…

    そんなに大事なモノだったのなら何故あなたの手元に持っていなかったのか…

    ユーザーID:2313626615

  • わざわざイミテーションにお金掛けないと思う

    30万した宝石でも売る時は何万位にしかならないですよ。
    下手するとイミテーションをオーダーして作ってもらう方が高くなっちゃうかも。

    ユーザーID:0959331937

  • 宝石ですからねぇ

    宝石の原価なんて、たかが知れています。そんな物かも知れませんよ。
    私の親戚も同業者ですが、正直、利益率が高く、ボロ儲けだそうです。

    この間、真珠を買いに宝石の卸問屋さんに行って話を聞いたのですが、世の中には、いい加減な鑑定書も存在するそうです。
    本物といい加減な所が出している鑑定書の2種類を見せて貰いました。(確かに書かれているチェック項目も、薄っぺらい内容だった)

    でもそんなの、素人には分かりませんよね。宝石なんて、滅多に買わないし、鑑定書が付いていればそれだけで、安心してしまいます。

    仕入れ先を見誤ったり、店側だって騙されることも有る訳です。特に宝石の値段なんて、有って無い様な物なのです。

    ユーザーID:4612047544

  • ご結婚おめでとうこざいます

    ご結婚おめでとうこざいます。

    亡くなったお母様の婚約指輪をリメイクされたいとのこと。
    お母様の思い出を大切になさる優しい女性に成長されたことを、
    きっと天国のお母様もお喜びでしょう。

    本物の指輪は今、天国でお母様が指にはめていらして、
    目の前にある指輪は幻なんですよ。
    お父様には「長い間お世話になりました。
    きっと幸せになります」とだけお伝えして、
    婚約者さんに新しい指輪を買っていただいては?
    新しい指輪と一緒に、新しい人生を始めましょう。

    トピ主様のお幸せを心よりお祈りしております。

    ユーザーID:1593433219

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧