3、6、10と数える人いますか?

レス61
(トピ主1
お気に入り145

生活・身近な話題

くりこ

書類、封筒、お札などの紙の枚数を数える時、2枚ずつ2、4、6、8、10と数える事が多いかと思います。

以前印刷会社で働いていた時、大量のOA用紙の枚数を数えてたら、たまたまその時そばにいた人から3枚・3枚・4枚ずつで、3・6・10と数えたほうが早いよと教えてもらいました。
それ以来、10数枚程度だと2枚ずつ数えますが、量が多いときは3・3・4方式で数えています。
3・6・10、3・6・20、3・6・30っていうふうに。


ところが、他にその方式で数えてる人に出会ったことがありません。
仕事で大量の郵便物(封筒)を持ち込む事がありますが、郵便局員さんも2枚ずつ数えています。

印刷会社独特の数え方なのか?
でも、最初からそう教えてもらったわけでもなく、教えてくれた人以外から言われた事も無く。
当時は他の人がどう数えてたかまでは気にしたことが無く、転職してから何年もたってから疑問に思うようになりました。


この数え方をする人いますか?
仕事で覚えた方は業種も教えてください。

ユーザーID:4252868417

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数61

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • やってます

    銀行で働いていました。
    今は宝くじ売場でパートしてます。
    銀行時代から3、6、10でやってます。

    ユーザーID:5346419275

  • 保険会社にいました

    三十年も前ですが 事務の人は
    お札を数える方法の一つで
    三 三 四、と 十枚の数え方してました。
    横レスになりますが、
    束になった書類を数えるとき、上の書類中央を指一本で 軽く小さい円を描くと、書類が扇状になり枚数を数えやすかったです。

    ユーザーID:4886262282

  • 数えます

    小売業でしたが、釣銭など小銭を大量に数えるときは
    334 と数えてましたよ

    ユーザーID:6695887496

  • 3・2・3・2

    3・2・3・2で10。
    最初は2枚ずつでしたが、
    銀行でお札を扇状に広げて3・2・3・2で数えているのを見かけて真似してみました。
    2枚ずつ数えるより数えやすかったので今はこれで数えています。
    厚みのあるものは2枚ずつですが、OA用紙や紙幣はこちらです。
    3・3・4は初めて知りました。

    ユーザーID:1448276856

  • 見たことはあります

    以前パートで勤めていた店で、レジの硬貨を数える時に、3.3.4で10枚と数える人がいました。
    関東で生まれ育った、現在は60代の女性です。

    私自身は、結婚前ですので30年くらい前ですが、印刷会社で事務をしていました。
    時々、併設の工場の手伝いにかり出されることがあり、何百枚もの紙を数えるのに「2枚ずつでは時間がかかるので5枚ずつ数えるように」と教わりました。
    5枚であれば一目で間違えずに見て取れるから、との理由でした。

    ユーザーID:9158515467

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • むかーし

    昔勤めた印刷会社で、社長から10ずつ数えろといわれて、2、4、6と数えたら社長から「そんな数え方じゃ日が暮れる!誰かこいつに数え方教えてやれ!」
    今で言うパワハラをやられたのですが、そのとき10ずつ数える数え方を教わりました。
    しかし一気に10は数えられないので、5、10、15、20と自分なりに工夫して覚えましたかね。
    1週間しか働かなかった会社ですがね。あまりに酷い社長でしたら即辞めました。

    数え方を教えてくれた方は、10ずつ数えられる方みたいでした。
    役立ったのは自分で工夫する数え方で早く数えられるようになったということでしょうか

    たぶんそういう仕事は、何千枚を数えるような業種だと思いますよ

    ユーザーID:1281409744

  • ここにいます

    元郵便局員です。
    誰かに教わった記憶はありませんが、
    郵便物も現金(札束)もその方法で数えていました。
    懐かしいなぁ〜

    ユーザーID:5379479921

  • 硬貨を数える時

    昔、レジの仕事で、最後精算するとき、
    3・3・4で10枚ずつ硬貨を立てて並べて数えてました。
    確か、先輩に教わったかな・・・。

    今でも貯金箱の中の沢山の硬貨を数えるときはその数え方です。
    すごく早く数えられますよね。

    ユーザーID:7981607292

  • 私は2323

    2枚3枚2枚3枚で10枚って風に教わりました。

    ユーザーID:2639016936

  • そういえば。

    私もそう数えています。

    若い頃バイトしていた喫茶店のオーナーに教わりました。
    オーナーは、元銀行員でご結婚後に転職されて保険屋で働かれていたとの事でしたが、
    そのどちらかなのでしょうか。

    でも他の銀行員さんには、4,4,2で数えると言われた事もあるし、
    どうなのでしょうね。

    ユーザーID:3936045862

  • 3ずつ数えます

    10枚程度なら2枚ずつでも良いですが、多いと大変ですよね。
    私は扇形に広げてから、3枚ずつを1.2.3と数えていきます。
    つまり、10になったら30枚の一区切り。

    それくらいの量が、私にとってはいっぺんに数える分量に最適です。
    手の大きさにも関係あるのかもしれませんね。

    3.6.10は、途中で話しかけられたり気が散ると、「あれ?20だっけ30だっけ?」と混乱するし、4枚を数えるときにスムーズに行かないときがあるので、もっぱら3の倍数で数えています。

    ユーザーID:2034469327

  • ここにいます!

    懐かしい〜。20数年前入った職場でお札を数えるときに同じことを教わりました。都内の某百貨店のレジ業務を指導してくださった先輩からです。
    それ以来3.3.4で数えるようになりました。他の人の数え方は気にしたことがないですね。

    先輩はお元気ならば60代半ばで、珠算バリバリの方でした。

    ユーザーID:3745652072

  • 年賀状はそう数えます。

    なので多分ハガキ全般や厚紙などもそう数えます。
    2枚ずつは若干時間がかかります。
    しならない紙はそう数えるのが便利な時があります。

    ユーザーID:2450745407

  • 3・3・4で数えます

    仕事で教えてもらったわけではないと思います。仕事は設計をしていましたが、そんなに大量に紙を数えることはなかったので。

    紙幣かな。銀行でみたのかもしれません。
    紙幣を扇状に広げて数えるところをみたのかも。

    3・3・4で4の時に、手を滑り込ませます。

    今、仕事ではありませんが、PTAで膨大な紙を扱うことがあります。600部とか。
    10ごとにリズムがあるので数えやすいです。

    ユーザーID:9921040819

  • 効率的だと思う

    聞いたことはありませんが、個人のやり方であっても都合が良ければそれで十分かと。
    私は、その昔、5単位、5、10、15…で数えたことが多かったです。
    2…だと量によっては時間がかかり過ぎますね。

    ユーザーID:9664264108

  • 5枚ずつ

    元印刷屋です。
    今は大量の紙を数えることもないので忘れかけていましたが、5枚ずつ数えていました。
    5・10・15・20という風に。
    これを10回続けると50枚、20回続けると100枚になります。

    ユーザーID:2137206375

  • 私の場合

    会社の経理をしていますが、主にお札を数える場合、

    100枚の束を数える時は、4枚ずつ向こう側に倒しながら25まで数えます。←この方法は、銀行員だった母から教わりました。

    10枚ずつの束にする際は、3、3、4と唱えながら、一旦分けます。これは誰に教わった訳でも有りません。でも言われてみれば確かに3、6、10ですよね。今初めて気付きました。
    お札は小さいので、分けたその場で、縦と横にクロスさせながら机に置きます。この10枚ずつの段階で10,20,30とは確認しません。あくまで10枚ずつをキッチリ分ける事に専念。

    ちなみにその後は、再確認でその10枚を左手小指に挟んで折り畳んで親指で固定し、右手親指と人差し指で一枚一枚めくりながら数えます。この、ペラペラ数える方法も母に教わりました。
    10枚有るのを確認したら、その中の一枚を折って束ねます。その束を数えて80万!という様に、最後に束数を確認するだけです。

    大きな用紙を数える場合は、やっぱり4枚ずつにして、数えるかな。かけ算した方が早いので。


    他の方の方法も気になります。

    ユーザーID:5410876196

  • 数えますよ。

    誰から教わったのか忘れましたが、3.3.4って数えます。
    その方が早いので。
    かなり前だったので、何の仕事をしているときに教わったのかわかりません。
    現在は寿司屋勤務ですが、解凍などで食材を大量に出したりするときは早く数えられるので
    便利です。

    ユーザーID:6206754341

  • 今も3・3・4です

    わたしは50代半ばです。
    はっきりとした記憶がないのですが
    子どもの頃、大人の誰かにお札の数え方を教わりました。
    3・3・4でやった方が早いよ、と。

    今もお札はもちろん、年賀はがき、
    紙ナフキンを配るとき、コピー用紙を数えるときなど
    何かを多く数えるときにいつも3・3・4でやります。

    郵便局の窓口ではがきなどを2・2・2・2・・・・とやっている職員を見ると
    「丁寧かもしれんけど・・・う〜ん」と思ってしまいます。

    半数くらいの人はこの方法を使っているのかと思っていました。

    ユーザーID:3721523361

  • ちょっと違うけど

    4・4・2で数えます。
    一目でわかるのは4枚までですかね。
    5枚だと3と2に分けちゃうので。

    20枚を数える時は、4x5になります。

    ユーザーID:6249583424

  • ちょっと懐かしい。

    以前勤めていた会社で、3.6.10の方いました。
    私は5枚ずつ数えてました。5.10.15....です。

    業種は写真関連の会社です。

    ユーザーID:1691581065

  • ちょっと違うけど

    最近うちのメインバンクの窓口さんが4枚ずつ数えます。
    初めてそう数えたのを見たときはびっくりしました。
    10万以上〜100万未満くらいのお札の枚数が多いときしかやりませんが、
    4.4.4.4.4で20万、みたいなかんじ。確かに早いです。
    複数の新人窓口嬢がここ数年しだしたので研修でそういう数え方を教わるのかな〜って思ってました。
    でも、3.3.4で10枚ってのは初めて聞きました!
    印刷屋さん特有の数え方なのかしら???
    便利そうな間違えそうな…

    ユーザーID:7299340521

  • 同じです!

    3,6,10です。
    でも印刷業界ではありませんけど

    ユーザーID:2005469743

  • 4枚ずつだった

    すごい、それ良いですね。目からうろこですよ。

    私は、商社の事務をやっていた母に、4枚ずつの数え方を習ったのですが、後で掛け算しなくてはならなかったので、くりこさんの方法は見事ですね。

    母が言うには、人間は4枚までは一目でわかる!っていう理屈だったので、それを応用して、3・3・4型を思いつけば良かった・・・・

    ユーザーID:6423193502

  • 見たことあるような

    見たことも、自分でしたこともあるような気がします。
    私は仕事柄、毎日、紙を数えていました。2通りあります。
    ひとつは、5枚10枚と5枚ずつ数えます。2枚ずつ数えるよりかなり速いです。ふたつめは、7枚、6枚、5枚とか数えます。何のことかわからないでしょう。職業を当ててください。

    答えは
    retugotonikubaru,chuugakunokyousidesu.

    ユーザーID:3074075725

  • はーい、ここにいます!

    バブル時代の証券会社に勤務していました。お札は機械でも
    数えますが、手でも必ず確認するように言われていました。
    基本は一枚一枚数えますが、最後に確認で数えるときはお札を
    扇のようにバサッと開いて3、3、4で10枚、10回で100万と
    教わりました。

    銀行の方と話をしたことがありましたが、その銀行はまた
    違う数え方だったと思います。何パターンがあるんでしょうね。

    ユーザーID:7366464708

  • 私は 2 5 7 10 で金勘定します

    2 4 6 8 10 は効率が悪いです。

    2 5 7 10の方が圧倒的に便利ですよ。
    慣れれば、 5 10 で数えられます。

    やり方は、扇のように広げて、右手で要の部分を持ち、左手親指で数えながら抑え、区切りごとに左手の下に抑え込んでいくのです。

    ユーザーID:7743384365

  • やってます

    あ、そうなんですか?
    結構珍しい数え方なの?
    早く数えられるから、全然疑問にも思ったこと無かったです。

    学生時代のアルバイトで、小規模アミューズメント施設の
    入場券販売のレジ打ちをした時に覚えました。
    締めに毎日7百枚程度のお札、硬貨も3百枚位を数えたのですが
    2・4・6では、ちまちましていて面倒でしたね、遅いし。
    3・3・4は、視覚でも確認しながら数えられるので
    すごく便利に使っていました。
    (5・5でやるベテランさんもいたけど、
     私は5の視覚確認がパッと瞬時に出来なくてやらなかった)
    あ、「なんかオヤジくさい数え方だ」と言って
    頑としてやらない子がいたの思い出した。
    でも仕事遅かったな、その子・・(笑)

    ユーザーID:5797416241

  • 334の塊で『10』

    私もその時々で使いますよ。

    普段は2、3『5』、2、3『10』です。
    急ぐ時は3、3、4『10』で数えていきます。
    ただ334の塊で『10』としている感覚ですね。
    最後の端数時は端数分は数え直してます。

    12枚ずつの時3、3、3、3『12』です。
    8枚ずつのの時は4、4『8』になります。

    内職仕事で袋詰めを頼まれたときや
    棚卸で数を数える時ですね。
    (普段の仕事ではありません)

    誰に教えてもらったのではなく
    人間が一目で数えられるのは最大『4』まで。
    『5』を数える時には2・3か1・4で
    数えているそうです。

    それを変化させ、その時々に合った数え方をしています。

    ユーザーID:9745955630

  • 2・3で5、2・3で10

    3、6、10 でなくて申し訳ないのですが、
    大昔、銀行員だった友達に教えてもらったお札の数え方が、
    2枚3枚で5、次の2枚3枚で10、というものでした。
    紙をさばいて親指で2枚3枚とお札を後ろに送りながら頭の中で「ご〜お」、
    次にまた2枚3枚と送りながら「じゅ〜う」と数えていきます。
    2枚のときに「ご〜」3枚の時に「お」と言ってる感じです。
    2枚3枚なら瞬時にわかりますが、4枚になるとちょっと多くありませんか?
    ともあれ、早くモヤモヤがすっきりするといいですね。

    ユーザーID:1197971689

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧