離婚に血筋って関係ありますか?

レス59
(トピ主0
お気に入り117

恋愛・結婚・離婚

愛の誓い

身近に離婚する人がいますが、その方に話を聞くと親も離婚している場合が多いです。
友人で母子家庭で育った子がいますが、どうしてもあったかい家庭を築きたいと望んでました。
しかし結婚したものの、結局離婚してしまいました。
私の周りの少ないサンプルではなんの統計にもならないですが、離婚にはなんらかしらの傾向があるのかと疑問に思いました。

ユーザーID:1948923394

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数59

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そりゃああるでしょう

    子は親を観て育つんですものね。

    ですから、結婚する時は聞き合わせをするのもその一つです。

    ユーザーID:8792888850

  • あります

    私の周りでも、そういう方は多いです。特にひとり親で育つとその傾向になります。(乳幼児期に再婚した場合はそうでもありません)

    離婚に抵抗感が無いのでしょうか。
    ハードルが低いのですよね。

    連鎖の確率は高いと思います。

    ユーザーID:7629090778

  • 我が家がそう

    夫婦再婚同士です。
    親含めて、夫婦の兄弟姉妹も全て離婚経験者です。
    でも、皆人並み以上に真面目ですよ。
    ちなみに兄弟仲も悪いです。
    もう、悪い方には捉えません。
    自分では素直な血筋なのだと思います。

    ただ、家族仲が悪いと億単位のお金が簡単に損失されます。
    これも血筋なんでしょう。好き勝手生きて、お金を稼いでも執着せず、変な人間や変な団体に使ってしまう。もう難しいことは考えません。
    身内を反面教師と思って私はようやく幸せな家庭を築いています。

    ユーザーID:9440016398

  • あくまで私の考えですが

    結婚や離婚を軽く考えている親に育てられると、子供もその考えに近くなる場合が多いかもしれません。

    何か夫婦で問題が起きても、とことん話し合うことをせず、
    「だめなら別れたらいいよ」みたいな考えの親だと、子供もそんなふうに考えるように育つかも。
    親の自分が簡単に離婚したので、子供の離婚が「大変なこと」だとは感じないのかも。
    そして子供もまた、親が離婚しているので自分の離婚を「大変なこと」と思わないのかも。



    また、早婚の親の子は、やっぱり早婚、というのは割とよく聞く話ですね。

    親が若いうちに結婚して子育てをして、それが幸せそうに見えると、子供も自然にそんな道を選ぶのかな。

    そしてそういう母娘って結構自慢げに話すことが多いのも、なぜか共通している。

    「私、二十歳で娘を産んだのだけど、そうしたらその娘も二十歳で孫を産んだから、私は40歳でおばあちゃんなのよ」などとね。

    私にしたら人生経験もないうちに子供を産んで、ちょっと考えが浅くない?と思ってしまうけど、もちろん口に出さない・・・

    ユーザーID:6669112437

  • 親がしつけかも

    相手との関係は良くなったり悪くなったりするのが婚姻関係でしょう。もしも悪くなったら耐えることではなく、別れることを親あるいは近親者が身を持って躾けてしまったのかもしれません。

    ユーザーID:4187540689

  • 血筋は関係ないが

    基本的に、血筋は関係ないと思います
    が、身近なところで離婚者がいると、いない人に比べて
    離婚へのハードルは格段に下がるという傾向はあるようです

    その結果、血筋のように見えてしまうのではないでしょうか

    ユーザーID:1697505222

  • あるんじゃないですか

    親が離婚している人は、離婚に対する心理的なハードルが低いので、そうなるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:0683582217

  • 前に

    アメリカだったかな…離婚した夫婦の子供もまた離婚してしまう確率が高いというのをネットの記事で見ました。
    両親の不仲を見て育ったことから子供の中で結婚=不幸みたいな考えが無意識に根付いてしまうせいだとかなんとか…そんなような話を聞きましたよ。

    ユーザーID:4727593162

  • 統計データが見たいですね

    統計データがあればと思い探してみましたが見つけられませんでした。

    周りを見ていると、両親が離婚している人は、本人も離婚しやすい傾向があるように感じます。

    私は、原因は血筋?(遺伝的なもの)ではなく、両親の離婚を見ていることで離婚のハードルが低くなっているからだと考えます。

    両親が離婚していない人は離婚というものに実感が伴わず(離婚した先の生活とか想像が難しい)結婚生活が困難になっても最後まで離婚を選択肢に含めないけど、両親が離婚を経験している人は早期の段階で離婚も選択肢に入っているんじゃないかと。

    実際に離婚した人(両親)や家族(自分自身)を間近で見ているし、それでも生きてきた自分がいますからね。離婚を現実的な選択肢の一つとしてとらえやすい。

    しかし逆にトピ主さんのご友人のように、だからこそ温かい家庭をと考える人もいますね。(結果はどうであれ)

    トピ主さんも書いておられるように自分の周りの感じだけでは正確には把握できないと思います。

    統計データないんでしょうかね?

    ユーザーID:8691495897

  • あると思う

    血筋というか、価値観や好みが似ていることが理由だと思います。

    ダメ男を好きになる
    好きになると突っ走ってしまう
    我慢が足りない
    家庭環境がよくなくて、早く家から出たい=早い結婚となる
    世間が思うほど離婚が悪いと思っていない

    という価値観などが家族や親せきで共通しているのだと思います。
    親が離婚しててもどうにかなっているのを見ると、私も我慢する必要はないとおもってしまうのかもしれませんね。

    親が離婚してるからと言って偏見は良くないですが、親も兄弟も離婚してると聞いたらちょっと↑のような雰囲気がある家なのだろうと思ってしまいます。

    ユーザーID:8881693928

  • 結婚というものは勘違いの結果です

    長所を過大評価し、短所を過小評価ないしネグって事に挑みますが、結婚後は長所は実は思ったほどでなく、短所は長大だった、と言うのが実情です、その前後におけるギャップに耐えられる人は不満ながらも婚姻を続け、我慢できない人が離婚になるのでしょう、
    何事にも粘り強く、かつそのギャップの耐えられる人が婚姻を維持しているので、家系は関係ないと思います。

    ユーザーID:4018874625

  • あるかもしれません

    依存体質の家庭に育った子は、離婚できずにずるずる一生過ごすかも知れませんし、
    気の強い妻が夫を尻に敷く家庭は、娘もそういう傾向があるでしょう。

    離婚しても上手くいってる家庭で育った子は、離婚するのに抵抗がないでしょう。

    >友人で母子家庭で育った子がいますが、どうしてもあったかい家庭を築きたいと望んでました。
    >しかし結婚したものの、結局離婚してしまいました。

    ちょっと偏見入ってませんか?
    「離婚=暖かい家庭を築けない」ではありません。「離婚しない=暖かい家庭を築けない」の例が多いことをお忘れ無く。

    ユーザーID:6277841718

  • 離婚遺伝子、

    があるそうです本当かな?情報番組でやってました。

    ユーザーID:9001141643

  • レスします

    390円(いまは値上がりして少し高価)の主婦向けの雑誌で、読者モデルをファストファッションとともに紹介する連載が一昨年あたりにありましたが、本人も親も離婚している人が多かったです。
    「一人で私と兄弟を育ててくれた母に感謝」とかみんな言ってましたが、母親と距離が近すぎて、旦那さんとは関係が希薄になるのかなと思いました。

    ユーザーID:8176489117

  • 血筋とまでは言わないが

    親が離婚してる場合、子も離婚する確率が高いです。
    これは間違いない事実です。

    ユーザーID:4893251503

  • 血筋より環境

    うーん環境では。離婚した家庭に育ったからこそ、しっかりと良い家庭を築いて要る人います。環境では…考えや思考なども有りと思います。

    ユーザーID:0609846723

  • レスします

    離婚した親に育てられた人は「幸せになるための努力の方法」がわからないんだと思います。
    喧嘩別れした親が、相手のことを憎み否定し、自分がいかにかわいそうか、間違っていなかったかを子供に刷り込んでいるんです。
    そして、離婚を肯定しています。
    私は息子がいますが離婚した家庭で育った娘さんは選んではいけないと言って育てています。

    ユーザーID:9772106423

  • 離婚の傾向性

    これを血筋といいますか?何となく理解はできます。
    傾向性は似ていると思います。が、
    最近は離婚率が高く、その傾向性だけでは片付けられないようです。
    代々離婚、親も兄弟も我が子も離婚って人もいます。血筋と言いたくなります。

    私の親戚はゼロとは言いませんが少ないです。
    もし、私が離婚したら驚くと思います。
    理由は聞けば納得するでしょうが、誰にも言いません。
    聞かれもしないでしょうけど・・・笑

    離婚の連鎖はよくありませんね。

    ユーザーID:7759578335

  • ハードルが下がる

    身近に離婚した人がいると、離婚に対してハードルが下がるかも。

    ユーザーID:2696501353

  • 私の周りでは

    自分の知人・友人・親戚合わせても親世代で離婚している人が一人もいません。
    しかし、その子世代はチラホラ離婚しています。

    親戚だけでも子世代既婚者の9組み中、4組みが離婚!
    なので親が離婚してなくても子供世代は結構離婚すると思います。

    なお親戚は皆、中流家庭、特に非行歴などない平凡な人達です。

    ユーザーID:9254087367

  • 血筋というよりも環境では?

    親や友人など、身近な人に離婚経験者が全くいない環境で育つと、
    「離婚なんてとんでもないことだ。みんな多少の不満は乗り越えて絆を作る努力をしてるじゃないか」
    という価値観が育ちやすいですが、
    身近に離婚経験者がいることによって、「そういう選択肢もあるんだな」と
    離婚に対する心理的なハードルは下がりやすい傾向はあると思います。

    まして親が離婚している場合、「離婚」を否定することは、親の人生や自分の育った環境を
    否定することになりますので
    表面的には「私はそうはなりたくない」と反発心を持っていたとしても、
    心底否定しきることは難しく、身近に離婚経験者がいない人よりは、
    「離婚」という選択肢に対して肯定的になりやすいと思います。

    離婚の良し悪しはケースバイケースですからなんともいえませんが、
    血筋よりは置かれた環境によって、何を経験してきたかが影響していると思います。

    ユーザーID:5379727001

  • 関係あるね

    離婚家庭の娘さんは離婚することが多いですね。

    母親の影響が大きいのかなと思います。

    なので、ウチの息子の嫁になる人は
    ご両親が普通に仲の良い人達で良かったです。

    ユーザーID:8277673155

  • 無いと思うけど

    さすがに離婚する血筋っていうのはないのでは?
    ただ、確かに親が離婚している人は離婚する確率が高いような気がします。
    実際、友人で離婚している人は親も離婚している人が多いです。(4人中3人)

    多分ですが、
    離婚に対するハードルが低いのかな。
    そういう環境で育ってきているから。
    例えば親が大学卒業していたら子供は大学卒業するのが当たり前のように感じる人が多いように。
    逆に高校卒業して就職している両親であれば別にわざわざ進学する必要も感じない子供がいるように。

    どっちがどうの、というわけではないですよ。
    育ってきた環境でとらえ方が変わることは当たり前です。

    シングルでも生き生きと生活していた親をみていたら決断も早いかもしれませんね。

    まぁ、でも結局は個人の問題でしょう。

    ユーザーID:9728835517

  • 血筋かどうかは分かりませんが

    身内に離婚した人がいると、離婚へのハードルが下がるのだと思います。
    負の連鎖というか、実際に親も子も兄弟姉妹も離婚したケースを知っています。

    ユーザーID:8790500903

  • 血筋ではなく環境

    血筋ではなく、環境でしょう。
    周りに離婚した人がいなければ、
    踏み止まる人も多いでしょう。
    また、離婚をする方は相手を見る目がないか、
    自分自身に問題がある。
    そういう方も、環境によってそうなったのでしょう。
    ですから、血筋ではありません。

    ユーザーID:1483639110

  • 伝染するらしいですよ。

    少し前にネットで読んだんですけど。

    アメリカの研究によると、1万人以上を対象に結婚離婚の経歴と人々のネットワークを約30年に渡って取ったデータをもとに、離婚は伝染するという結果を出したようです。

    同僚や友人、家族などに離婚経験のある人物がいる場合の自身の離婚率は、離婚経験のない知人がいない人と比べて離婚率が75%も上昇するというのが結論です。

    親友などごく近い人の離婚だけでなく、友達の友達といったただの知り合いの離婚も影響を与えるそうで、これにはちょっとびっくりしました。

    ちなみに、推測される原因は、知り合いの離婚によって自身を省みることになり不満が上昇するケースが多い、周囲の離婚によって離婚しても平気なんだと(無意識下の場合もあるんでしょうけど)感じ、離婚に踏み切るかららしいです。

    あくまで確率の話ですけどね。
    でもなんとなく納得もしてしまいますよね。
    離婚した人がいると、自分が離婚したいのかどうかは別にしても、離婚というイメージや或いは現実としての離婚というのもを描きやすい状態にあるとは思うので。

    ユーザーID:2161178279

  • あるでしょ

    離婚家系ってありますよ。
    親が離婚していると、離婚に対する心理的なハードルが低い。
    夫婦の関係が困難になった時に「やっぱり男って(女って)…」と諦めが早くなる。

    両親が揃っていた時の記憶=ケンカばかりで冷たい家庭
    両親が離婚してからの記憶=父親(母親)不在でも残ったメンバーで仲良く穏やかに過ごしていた
    だと離婚した方が良いという発想になりますし。

    また、暖かな家庭と感じるレベルが低い、相手に求めるレベルが低過ぎなので、はたからみてそんな男の人を?というタイプの男性でも良い人と勘違いしがち。
    よってクズと結婚してケンカ、離婚を繰り返す。

    ユーザーID:5250233106

  • 血筋より環境かな?

    私もとても少ないサンプルで申し訳ありません

    両親が離婚している姉妹がお嫁に行きました
    姉の方は義両親も離婚している。
    情熱的な恋愛で結婚した割には夫婦仲が悪くなり、5年で離婚。
    姉によればお互いに「イザとなれば別れてやる!」と思いながら喧嘩していたとのこと。
    離婚のハードルがお互い低かったのでしょう。

    一方、妹の方は義両親の夫婦仲がとてもいい。
    とにかく穏やかを絵にすると、義家族一家になるのではないかと思うほど。
    妹が喧嘩をふっかけても、ご主人が持ち前の穏やかさで包み込むので、すぐに機嫌が直ってしまうそうです。
    当然、今も仲良しどころか長男の後に双子が生まれて大変になったので、妹からお願いして同居に踏み切ったそうです。

    その後、姉は妹の紹介で夫の従兄弟(これまた穏やか)と結婚して、今は幸せそうです。

    だから環境かな?と思いました。

    ユーザーID:7622456554

  • そうでもないみたいです。

    私の周囲では若い頃に離婚してしまった人達は親も離婚しているケースが多かったのですが、アラフォーになりますともうあっちもこっちもバツだらけで親が離婚していない人の方が圧倒的に多くなりました。逆に子供の離婚後に親も離婚するケースが増えてます。

    ユーザーID:9517690410

  • ないと思います

    離婚に対してハードルが低いとか、離婚した親の性格の影響を受けて本人が結婚に向かないタイプだとかならあると思いますが、私の周りでは親が離婚したけれど、子供二人はそれぞれしっかりした家庭を築いていたり、毎年旅行も行くくらいの家庭の子供が結婚数年で離婚したりしています

    私の周りでは親は離婚していないけれど、子供が結婚数年で離婚するパターンが多いです

    ユーザーID:2057447852

レス求!トピ一覧