かぎ針の途中での増し目

レス2
(トピ主0
お気に入り5

趣味・教育・教養

みーな

レス

レス数2

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 形がおかしくなります

    子供の耳の辺りまで編めたということは、
    24段目で増し目をするとその部分だけが多くなるので、実際頭が入る部分は小さいままです
    多分ベルのような形になります

    あたまが大きくなることを想定してのゆるめのサイズにはなりません



    もう少し大きくしたいのなら、13段目14段目で
    前例にならって増し目をするべきです

    耳の辺りまで編めたのなら、ほぼ出来上ががりに近いのではありませんか?

    それはそれで完成させて

    13段で6目、14段で、6目ずつ増やしてもう一つ大きいキャップを編んではどうですか?

    どうしても、そのキャップを大きくしたいのなら
    13から23段目を解いてやり直すしかないです

    ユーザーID:2158311411

  • 増やし目はお勧め出来ません

    あまり編み物に慣れていらっしゃらないかただとお見受けしましたが、違ったらごめんなさい

    増やし目で調整するのはご自分で製図が設計出来るぐらいにならないとむずかしいです
    バランスがおかしくなります

    出来たら最初から編み直す事をおすすめします

    その時に、鈎針を今より太いものにしたら自然と全体に大きくなります

    次から編み始める前にゲージを取る(自分の手で編んだら10cmで何目何段になるかを編んでみる)事をおすすめします

    もちろん今回の鈎針を太くする場合でもです

    ユーザーID:9911276461

レス求!トピ一覧