• ホーム
  • 学ぶ
  • 簿記3級を独学で取得された方に教えて頂きたいです。

簿記3級を独学で取得された方に教えて頂きたいです。

レス9
(トピ主0
お気に入り41

趣味・教育・教養

ぼき簿記

現在6月の簿記検定に向けて勉強中です。
「日商簿記3級 合格これ1冊」で進めているのですが、授業のコマが終わりこれからは
繰り返し問題を繰り返す過程に進んでいこうと思っています。
そこで、TACの問題集を考えてるのですが

・ 合格するための過去問題集 日商簿記3級

・合格トレーニング 日商簿記3級

どちらを購入するか悩んでいます。
もし、アドバイス頂けると嬉しいです。

ちなみに、勉強方法も一緒に教えてもらえるとすごく参考になるのでお聞きしたいです。
まだ仕分けの借方・貸方がうまくできてないけど頑張りたいです。
一発合格目指します!

最後に同じ時期に受験される皆さん!
ともに頑張りましょー!!

ユーザーID:5994762094

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 過去問

    とにかく過去問を解いて解いて解きまくって下さい。

    私も日商簿記と建設業経理事務士を同時進行で勉強していましたが、過去問を解きまくるに限ります。
    躓いた問題を何度も解く。
    過去問集にも問題ごとに解説が書いてあります。
    よく読んで解けない問題を潰していく。
    お陰で短期間の勉強でどちらも合格することができました。

    主さんも頑張って下さい。

    ユーザーID:2159740945

  • 過去問。

    2級を独学で合格しました。

    一通り勉強したんですよね?で、6月にはもう本番。
    なら、問題集じゃなくて、過去問そのものがいいと思います。
    必ず解説付きのものを買ってください。

    そして、最初からちゃんと時間もはかります。

    時間内に解けるよう頑張る
    →時間を過ぎても続行。自力で解き切るよう頑張る
    →できなかった所と、時間を食ったところは
     解説に沿って書きながら解きなおし、教科書の該当部分を復習。

    コツですが

    出来なかった問題は、
    解説と教科書を読んで「分かった」と思っても
    必ず自分でもう一度
    電卓を叩き、手で書いて問題を解きなおしてください。
    そうすることで知識が定着します。

    また、最初から完璧を求めてはいけません。
    理解不足の部分が残っても、一通りやったら
    別の年の過去問に進みましょう。
    似たような問題が手を変え品を変えして出てくるので
    解き進むうちに理解出来てきます。

    専門用語は定義が反射的に出てくるよう覚えて。
    私は単語カードを使いました。


    頑張ってくださいね!

    ユーザーID:8571147346

  • 過去問題集

    1級を持っています。
    1番大切なのは精算書で、貸し方か借方のどちらかが理解出来ていないと数字が合わなくなります。
    前払い給料や未払い手数料などの勘定科目がどっちなんだろう?って事の確認が大事です。

    >仕分けの借方・貸方がうまくできてない
    文章の読解能力がかなり必要です。
    前払い給料や未払い手数料などは現金や普通預金などの相手勘定科目があります。わかるところ、現金が減った場合は右側に現金と金額を記入後、書いた物を見ながら何が増えたのかを文章から読み取る事が必要です。
    その勘定科目が資産になる場合が多いので、ならない勘定科目はしっかりとメモが必要です。

    他の資格を独学で取り講師になりましたが、指導の方法は過去問題をしっかりとやる事でした。
    しっかりとやる→問題を読まずに解けるようになる(問題は覚えている)

    3級試験の合否は問題の難しさにムラがあるようで、合格者の多い時と少ない時があるようです。

    健闘を祈ります。

    ユーザーID:5860306926

  • 応援します

    トピ主があげられた二つがどんなものかわからないのでそれについてはゴメンナサイ。
    私は解答用紙が切り離せるタイプの問題集を使ってました。
    解答と採点がものすごく楽なので、さくさくできましたよ。
    今もあるかなぁ。
    何しろ私が受けたのは10年前なので…

    けど結局はどれだけ問題数こなしたか、かと思うので今からなら充分な時間ありますし、がんばってくださいね。

    ユーザーID:9614513317

  • 過去問とガッツリ取り組んでください

    簿記2級・AFPとFP2級持っています。

    トピ主さんと同じく、私も6月試験に向けて今まさに過去問に取り組んでいるところです。(CFP)

    簿記3級もとにかく過去問を時間の限り、繰り返しやっつけることにつきます。

    出題傾向や設問の問いかけになれることが一番の近道。

    また電卓も正確さと速さが勝負です。

    仕訳は『借方(左側)・貸方(右側)』がすぐに頭の中で振り分けられるように、

    相手勘定を思いながらすると理解しやすいです。

    他の方のレスにもありましたが、私も『単語カード』を使用しました。(100均の少し大きめのタイプ)

    表に問題・裏に答えの仕訳と注意点を書いていつも持参してました。


    試験まであと二カ月・・・いよいよこれから気合を入れて頑張るときですね。



    トピ主さん、お互いに精一杯自分を信じて努力あるのみ、結果は必ずついてきます。

    今からまた勉強の続きしますね・・・(小町は休憩時間の息ぬきです)笑

    お互いに全力を尽くしましょう!!

    ユーザーID:2478908455

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 問題集なら

    問題集が必要なら「・ 合格するための過去問題集 日商簿記3級 」です。過去の試験問題が第○○○回という形で収録されています。時間を計りながら過去問に取り組めるわけです。問題と正解だけでなく「合格への道」という詳しい解説や解き方が役に立つはずです。
    私は3年前くらいに日商3級を独学で合格(92点)しましたが、この問題集の古本を買って使いました。
    簿記は理解と作業の部分に分かれます。仕訳を理解できていないのに仕訳の問題をやっても時間が無駄になるだけです。今お持ちのテキストで理解し、問題集で作業の部分を含め合格へ近づくようにしていくわけです。
    作業というのは、電卓で合計を出すとか、半ば機械的なことです。また、メモの有効な書き方も作業の部類で試験時間を効率よく使うことにつながります。

    最後に、今の時期に仕訳に自信がない人が一発合格を目指すのは難しいです。そういう意味では問題集に挑戦するより、もう一度テキストを理解できるまで勉強するほうが有効だと思われます。合格だけなら70点取れば良いので30点は捨てる作戦を立てることもできます。
    何か辛口になってしまいましたね。

    ユーザーID:7754203066

  • レスします

    2度目のレスです。
    日商簿記3級の過去6回分の合格率を見ると、高低が交互になっています。次回は低くなると予想します。そういう意味で、少し引き締めてかかりましょう。
    「仕分けの借方・貸方がうまくできてないけど」ということですが、仕訳の問題は確実に点が取れるので捨ててしまうのはもったいないです。
    部分点ねらいをするのは第3問と第5問の試算表や精算表の問題です。
    前に書いた作業のことですが、下書きを効率よく書くために、勘定科目の略称を使いました。現金は「C」当座預金は「当ヨ」など。
    あと、語呂あわせなんかも「し・くり・くり・し」なんていうのは役に立ちました。
    最近では、過去に例のない問題というのが出るそうで、過去問やっておけば大丈夫とは言えないようです。
    「仕分けの借方・貸方がうまくできてないけど」という点から見て、今月いっぱいはテキストの理解に注力したほうが良いと思います。
    1日にどのくらい時間をあてることができますか?週末まとめてというより毎日1時間のほうが効果が上がるはずです。

    ユーザーID:0513690562

  • やはり過去問

    資格試験を受ける場合は、皆さんおっしゃる通り、過去問にこそ、限られた時間をさくべきです。1日何問という細切れ学習でも継続しやすく、効率的ですし、実務に就いてからも使い勝手のよい整頓された知識の引き出しとして役にたつのです。ネットでみかける「よくある質問」みたいなものです。教科書と問題集とを読み比べてみれば、その差はよくわかりますよ。
    私は別の資格試験でしたが…、毎回必ず何問かは簿記3級程度の問題が出るのにそのために割ける時間が僅かしかなく、3級過去問で突破しました。無論合格後に教科書をおさらいしましたよ。

    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:2878748044

  • 例えば

    仕訳の問題例です。過去に出たことなかった科目だそうです。
    (問題)
    3年前に購入した備品(ノートパソコン)が壊れたため、修理費用として10000円を現金で支払った。
    (解答への道)
    なかば国語の問題です、備品と読むと減価償却が連想されますが、この問題には関係ありません。壊れた備品を修理して現金を支払ったということさえわかれば正解が得られます。
    (解答)
    (修繕費)10000/(現金)10000

    なお、使用する科目名は問題の最初に列記されていますので、その中から選択します。

    ユーザーID:7754203066

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧