現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お嫁さんへの不信…心が狭いでしょうか。

さわこ
2015年4月17日 10:57
トピ主のレスのみ
レス数:25本
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(25)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
数々のレス、ありがとうございます。
さわこ(トピ主)
2015年4月23日 12:30

他4回は私達夫婦と長男夫婦での食事などです。
長男夫婦に「次男嫁の自慢をしたのでは」と聞かれましたが…「孫をせかすのは嫌われる」と考え、次男・娘一家の話になると最終的には孫の話になるのは目に見えていたので次男お嫁さんの話に関わらず、次男・娘一家の話は避けていました。

「○○さん(長男嫁)は何が好きなの?」(食べ物の話)「それなら今度はそれを作るね」とか、「長男が迷惑をかけたりはしていない?」とか、ごく普通の会話のつもりでしたが…捉える人によっては、これも不快に思うのかもしれませんね。

私が優しい、または優しくない、きついというお言葉について。
性格の評価は自己でなく他人がすると思っていたのですが、自分が思う私は優しい人間ではありません。

自分が大切な人は大切にする。自分を大切にしてくれる人は大切にする。

私が心がけているのはこの2点だけでした。
勿論、大切な人である子供たちの大切な配偶者も、私にとっては大切にしたい存在でしたが、敵意を向けられても尚心から大切に思えるか、と言われたら難しい部分もあります。勿論、敵意に敵意で返すという意味ではございません。

ユーザーID:7811280646
続きです
さわこ(トピ主)
2015年4月23日 12:33

そして3人の子供たちに対しては、褒める時は思い切り褒め、良くなかった時はきちんと叱るように躾けも厳しくしてきた方だと思いますし、3人共がそれなりに反抗期を迎えたので叱りつけていた時期もありました。
私が叱り、夫が慰めつつ優しく窘める形で育ててきたので、「いつでも優しく温厚な母」ではありませんでした。

何故4年も放置していた孫に急に会いたくなったのかに関して。
以前から長男の帰省のたびに孫の様子を聞いたり、会いたいとは言っていました。
孫の誕生日祝いを贈る際は書留で手紙も同封していました。お祝いの言葉に添え長男から送られてくる写真の感想「幸せそうな孫の笑顔を見て、両親に愛されている様子を感じました」「暇が出来たらいつでも遊びに来てください、楽しみにしています」など、ごく一般的な内容です。
お嫁さん個人宛に連絡したのは出産直後に出産祝いに手紙を同封した時です。「出産お疲れ様でした」「落ち着いたら会いに行きたいので、教えて下さいね」「此方に戻ってきたらいつでも頼って下さい」などといった内容の手紙を里帰り中だったのでご実家に送りましたが、息子からの電話でのお礼でした。

ユーザーID:7811280646
続きです
さわこ(トピ主)
2015年4月23日 12:34

先方のご実家との連絡に関しては、お中元、お歳暮のお礼は互いに電話でなく葉書で御礼状を送っていました。先方のお母さんが、「年を取ってから電話口の声が聞き取り辛くなった」という事を顔合わせの時におっしゃっていたので余程の事がない限り手紙で、と思っていました。

全てを書くと長くなる為、ある程度割愛した部分もあり…私、長男一家、次男一家に関して誤解が生じていた部分も多々あるかと思います。
言葉が足りず申し訳ありませんでした。

貴女が療養を進める立場ではないというご意見について。
当然、私から「療養したらどう?」なんて事は言いません。
勿論、自分の非を棚に上げてお嫁さんを「病人・異常」扱いをする、という事もしていません。此方が原因で心にダメージを負ってしまったのであれば、それをケアする事も必要かと思う、という意味です。
全てを把握していないと、「そういった選択肢も生まれない」と一例を出したまでで此方から何か提案するつもりはなかったのですが…これも言葉の難しさ。誤解が生じてしまったみたいですね。

ユーザーID:7811280646
続きです
さわこ(トピ主)
2015年4月23日 12:34

お嫁さんの結婚を反対していたのでは、という意見には…流石に驚いてしまいました。
私は長男が彼女を連れてきた時、本当に…心から嬉しかったです。
今のご時世、5歳年上な位で反対する両親はそうそう多くないのでは…と思うのですが違うのでしょうか。
書けなかった箇所への予測や、書いた事に対する見解は心して受け止めますが「お嫁さんの印象はとても良かった」「長男には年上が合うと思った」とまで書いているのに「結婚に反対していた」と捉える方がいらっしゃるのですね。
自分の考えている事がうまく伝わらないというのは、非常にもどかしいです。

優しい言葉をかけて下さった皆様、ありがとうございました。
4年間で離れてしまった距離を埋めるのは簡単なことではありませんし、今後一生孫に会う事は出来ない可能性も理解しています。
ただ、それでも孫ですから今後もお祝いの贈り続けます。書留で手紙を添えるのは、こうなった以上控え長男に直接送金という形にすると思いますが、完全に関わりを絶つような事はせずに長男には気持ちを伝え続けようと思います。

ユーザーID:7811280646
最後です。
さわこ(トピ主)
2015年4月23日 12:37

まだまだ人間として未熟ですし、至らない点も多々あり多くの方に不愉快な思いをさせてしまった事もあったかと思いますが、お付き合い頂きありがとうございました。
物事には様々な見方が出来る事、自分の視野が狭かった事、気の回らない姑であった事、伝えたい事が伝わらない事は珍しくない事など、様々な事柄を学べました。
家族円満にはほど遠いですが、この場で学んださまざまな事を胸に最善を尽くせるよう努力して参ります。

可能性は低いですがもし、数か月後、数年後…幸運にも丸く収まる結果になりましたら、報告やお礼のトピを立てさせて頂くつもりです。

ユーザーID:7811280646
 
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(25)ほかのレスも表示

現在位置は
です