父が嫌い。でも最期は会うべきですよね…

レス42
お気に入り74

ひと

父は容態が良くないそうです。私は父が大嫌いです。
私は三姉妹なのですが、母は三人もの子育てとても大変だったろうのに、いつもニコニコ笑顔で大らかで優しい人でした。
でも、父は機嫌を損ねると必ず母に対して「誰のお陰で食べていけてるんだ!おまえは働いてもないだろうが!」と言っていました。私達の前でも平気で。

当時はただ父が嫌い、だけの感情でしたが、自分が結婚して母親になって、改めて、父の事が憎くなりました。
そもそも、子供を三人も預けて働けば、保育料だけで母の収入を上回ってしまったかもしれないし(父は高給取りだったので)家で自分の手で三人も毎日毎日お世話するのがどれ程大変で、命の重みと責任で息苦しいことか。しかも母だけの子ではないのです。2人の子を産んで育ててくれてる人に発する言葉とは思えません。

1番おかしいと思うのは、「おまえは働いてない」って、収入を得る事だけが働く事ではなかろうに。家で充分大事な仕事を毎日休みなく笑顔で頑張っていてくれたのに、お陰で私達は寂しい想いをする事なく、母の笑顔で何度も救われていたのに。

収入は勿論大事だけど、父が収入部分だけだったので、母がそれ以外の全てを担っていてくれた、お互い相手が出来ない部分を助け合っての育児ではないのか。

私は働いていますが夫がとても協力的。父とは正反対。そんな夫に対しても「女の言いなりで情けない」など言ったことがあります。
そういう父なのです。
でも母はそういう父でも好きだと言います。根は優しいが口下手なのだそう。今はあれでも随分穏やかになったのだそう。
私はどうしても父が嫌いで、あまり実家に行きません。母は時々会いに来ます。

でも、やはり余命わずかであれば、過去の事は忘れて、稼いでくれた事への感謝だけを胸に会うべきですよね…でも会えば必ず嫌な事を言われるし…それでもやはり会うべきなのはわかってはいるのですが…

ユーザーID:8103931479

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数42

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 気持ちわかります

    私も父が嫌いでした。
    いつも 嫌な事を言われ 愛情を感じたこともほとんどありませんでした。

    でも 最期は会うべきだと思いまさ。
    父は 最期に初めて ありがとうと私に言いました。
    それでも 私の心は溶けなかったけど 最後に言われたという事だけは 残りました。

    あなたの これからの為にも 会っておくべきだと思います。

    ユーザーID:8703314213

  • 会ってあげなさい

    貴方の気持ちは十分分かります。
    人それぞれに価値観も有り、自分の知っている世界以外の価値観を分からない人も居るのは事実です。また表現の仕方が異なり、他の人とのギャップが有るのも事実です。貴方の理想の父親とは異なったいた事でしょう。しかしお母様もお父様を好きだと言っておられる事は、多分お父様はある面、家族の事を考え、別の言い方をすれば愛情を持っておられたのでしょう。ですから「貴方から生まれた私は幸せな人生を送っています」といってあげなさい。不満は飲み込んで噛み砕いてしまいなさい。貴方に取って大事なのは、貴方の価値観を大切に、いい家庭を作ってください。

    ユーザーID:8597172925

  • トピ主です

    字数で書ききれませんでしたが、勿論嫌う理由はたくさんあります。
    私も結婚して、父とも仲良くしようと、毎回誕生日や父の日にプレゼントを持って行きますが、服をあげた時は「もうこれと似たの最近買った」とか食べ物をあげた時はたまたま来ていた母の友達に、「これあげるよ、持って帰り〜」とか。私の目の前で。
    子供が産まれてからは孫に会わせようと月に1〜2回帰っていたけど、「子供の声は長時間聞いてると疲れる。あまり連れて来なくていいし、泊まられるとリズムがくずれる」と子供の前で。それ以来あまり行かなくなりました。
    母をバカにするような発言も多いし。

    母の友人によると母は結婚前は父と同じくらい稼いでいたそうです。有名企業で。でも転勤の多かった父と相談して(まあ当時は寿退社普通でしたし)辞めて。
    でも、もし男が出産してたら、母はそのままバリバリ働けていたとしても、父には母の質の家事・育児は出来なかったと思うんです。育児は我が子だけみれば良いわけでもないですし。

    母は口の悪い父に笑顔でそうね〜と、かわしていたけど、必要な時(私達が傷つくなど)はビシッとしてくれる、芯の強い面もありました。

    ユーザーID:8103931479

  • 死に際

    私も(50歳)、同じ境遇なので、参考にならないと思いますが、現在の状況です。

    最期を看取る、死に水を取る。
    ここまでの間に一度は行くと思います。
    自分が自信をもって、幸せだと言える時は会いに行きます。
    癌で容態が悪い、人は簡単に死にません。死ねません。
    高齢になり、病と闘いながら10年、そういう事もあります。
    みんな必死に頑張って生きています。それがいいのです。
    今は会えなくても、心から納得出来たとき、会うべきだとは思います。
    父の生き様、全てが教えだと思えば許せます。許しています。
    次世代に負を持ち越す事はしません。

    会うべきです。会いに行きましょう。会えます。

    ユーザーID:1306358967

  • トピ主です

    それに、母も私が高校卒業くらいから最近までパートで働き、でも父のお世話もしてました。今は父のお世話に専念。
    書き方が悪かったですが、父は容態が悪いといっても、今すぐどうというわけではなく、長くは生きられないかもと医師に言われた状態です。

    また、モヤモヤの原因のもう一つは、妹達がそんな父にあまり腹を立てていないこと。私だけが意地はってるみたいで。
    妹達は穏やかな母似、私が短気で頑固な父似、ということです。

    それが、なんだか悔しいしモヤモヤするし…自分でもどうしたらスッキリ笑顔で父に会えるのか…

    ユーザーID:8103931479

  • 父の言葉は変化する

    今のあなたは、自分の好き嫌いでしか、父の言葉を受け取れないのでしょう。父からあなたへ発せられた言葉には、あなたの好きなことと、嫌いなこととの両方が含まれているはずです。その好き嫌いの基準は、父があなたに直接発している時と、そうでない時とでは、変わります。

    もしもですが、父があなたの前から居なくなり、それ以降、改めて父が言っていた言葉を思い出すことがあれば、その時に父が発した嫌いだった言葉が、実は自分の真実を言い当てていたことに気づくのではないでしょうか。その時に手遅れということがあるのです。

    あなたの思いで父と向き合うだけでなく、父の思いを受け取るという向き合い方もあります。父があなたの前に居る時のあなたの役割は、父の思いを受け取ることにあるのではないでしょうか。人生の終わりを感じる時に人が発する言葉というものを、あなたが受け取ることが出来た時、それがあなたの今後の人生の金言となるかもしれません。

    ユーザーID:2847953361

  • 現状の維持でよい

    無理をする必要はありません。
    自然な思いのままで良いのでは。
    自分の行動には自分で責任をとらねばなりません。
    父上は娘さんに嫌われる生き方をしてきたのですから、その報いは受けても仕方がないのかもしれません。
    父上が亡くなってから感謝が出来でも良いのではないですか。今がその時でないなら。
    その分は母上を大切にすればよいのです。旦那様や子供を大切にすればよいのです。
    父上に感謝するのは今ではないのかも

    ユーザーID:6100981250

  • 会う、会わないはあなたの意志で。全ての行動は自分のため。

    30代前半男性です。
    私は最近、叔父を亡くしました。
    叔父は若いころは攻撃的な方でずっと苦手に感じていましたが、親戚付き合いは続き、最期の見舞いにも行きました。
    行って良かったと思います。自分が出来る事は出来たと思えます。

    トピ主さんの場合は実の親。トピ文にも複雑な思いが溢れています。
    私は、過去を忘れる必要は無いと思います。憎しみも感謝も本当の気持ち。したいようにすれば良い。
    今考えるとすれば、未来のトピ主さんが後悔しないようにするためにはどうすれば良いか考えるだけでは?

    あと私個人の戯言ですが、お父様の言い分、私の親世代では「普通の亭主関白」という印象で、有り得ないほどひどい方とは思えません。
    しかし、今、私が同じ事をすればモラハラにあたると思います。
    育ってきた「時代・背景」が違うから価値観も大きく異なるのです。

    昔は夫婦がお互いの領分に口出しせずに自分の役割を果たした時代。男性を立てる事が当たり前に求められた時代。
    今は役割の境界があいまいになり、互いに協力しなければ生きていけない時代。

    当事者は簡単に割り切れないと思いますが、比較出来るものでは無いと思います。

    ユーザーID:3609019476

  • お母様の為に

    お母様の為に会うと思えば、少しは我慢できるのではないでしょうか?
    「あなたの事を嫌っている娘は、あなたの良き伴侶によって心の広い優しい子に育ったので
    会いにきましたよー」みたいな心持ちで。

    ユーザーID:0882242137

  • ん?

    お母様のために行こう、とは思わないのかな。
    容態の悪いお父様より、看護しているお母様の方が辛いかもしれませんよ、精神的には。

    ユーザーID:0083268388

  • 後悔しなければ…

    よく小説では、嫌悪していた父親の最期を看取れてなんたらという話がありますね。
    でも、現実に最期に理解し合えたなんてことはまずないと思います。

    他人の私としてはトピ主さんが選ばれたことをすれば良いと考えます。

    ただ1つ、お母さまの気持ちも考えてみてはどうでしょう? すでにお母さまは
    トピ主さんの気持ちはわかっているのでしょうが、やはり親として、妻として、
    娘がそこまで父親を拒絶していたことで「傷つけてしまい申し訳なかった」という
    ような思いを増してしまうかも…。
    お母さまには「行かなければとも考えたけど、やはり行けない」と伝えておく配慮
    をされてもよいかと感じました。

    ユーザーID:7851144335

  • そもそもが勘違い

    あのさ確かにお父さんの言い方は悪いし賛同出来ないわよ。
    だけどね【そんな父さんを好きでくっ付いてたのはお母さん本人】だよ?
    文句言われようと何をされようと「それでも好き」だと言ったんでしょ?
    人の好きな人に何言ってんの?という事よ。
    あなたにとっては父親だからあなたが父親を嫌いなのはあなたの自由だけど
    お母さんにとっては惚れてる人なのよ?
    その人のことを悪く言ったらお母さん居場所失くすよ?

    なんだかんだ言ったって≪ 3人 も ≫子供を‘作ってる’のは両親夫婦よ?
    本当にどうしても嫌なら3人も産まないでよかっただろうけど
    3人産んじゃうほどお父さんが好きなんでしょうよ。

    子供って一人じゃ授からないのはわかるよね?
    あなただって結婚してるんだし。
    人には“好み”ってものがあるのよ。
    あなたは今のご主人が好みでもお母さんはお父さんが好みなのよ。

    文句もわかるし、そうだよねと思う。
    けどそんな人がお母さんの好みなんだってのをわかってあげないとお母さん可哀想よ。

    会いたくないなら会わなきゃいいけど後悔ってのは先に立たないものだからそこを忘れずに。

    ユーザーID:4531052499

  • 幼いなあ

    結婚する年齢になっていながら、人間的にまだまだ幼く未熟なトピ主さんこそ
    最期くらい会っていた方がいいと思いますけど。
    どうせ何もわからないだろうから、強制はしませんがね。

    ユーザーID:5753820324

  • 看取り

    生の対局が看取り(死)です。

    両親に生んで頂いた感謝が看取りです。

    育てて頂いた恩返しが看取りじゃないです。

    生育の課程に虐待があろうが

    両親を看取るのが人の道です。

    暴言あったから云々はお父さんの気持ち

    でなくトピ主さんの恨みです。

    お父さんの最後を看取ってください。

    ユーザーID:2238081771

  • 会っても会わなくても良いけど

    私は会いませんでしたが、会わなくてよかったと思います。
    長く疎遠になったことで憎い事は消えてましたが、会ったら本人の様子がどうであろうと嫌な思いをしたでしょう。亡くなったことは悲しかったですが、会わなかったことでデメリットは何もありませんでした。
    代わりに自分の死に目には誰にも会えなくても仕方ないという覚悟はあります。

    父と母の関係は当人にしかわからないことです。
    憎い事への行数が随分割かれていますが、その点へのコメントは何もありません。親の死に目に会いたくない事の妥当性なんてありませんから。

    憎んでいるから会いたくない、のなら気持ちの整理のために会っておいた方がトピ主のためかもしれません。

    少し前に放送していた、流星ワゴン、というドラマを是非見て欲しいです。
    遠方で余命僅かな父と、献身的な母、主人公は母を軽んじていた父を大人になっても憎んでいたけど・・・な話です。気晴らしにはなるかと。

    ユーザーID:3535574904

  • 会った方が良いと思うけど

    私も父が苦手でした。会うたびに小言を言われるし
    子育てにはノータッチな人でした。
    口下手で人間関係が不器用な人でした。

    でも最期の時、自分でも不思議なほど涙が出ました。

    父が亡くなった後、父の背広のポケットには
    娘の私の写真が入っていたそうです。

    私は最期を立ち会えてよかったと思っています。

    ユーザーID:5990965745

  • 決まりはないですよ。

    御母さんって強い方ですね。御母さんが強いので家庭が平和で維持ができたのでしょう。
    うちの父もだいぶおかしな人で私も大嫌いでした。
    最後もしゃべった記憶はありません、おしゃべりも出来ない状態でした。
    最後に挨拶などしなくていいと思います、
    おかしな人は最後までおかしいのです、残念ながら・・・
    亡くなって何十年も経ちましたが後悔ありません。
    感謝の心は早く亡くなってくれてありがとう、それだけです。

    ユーザーID:8729198806

  • 会いませんでした

    父母がひとつ屋根の下で暮らしている頃は、母の為に実家に行きましたが、そうでなくなってからは一度も会いに行きませんでした。

    碌に家に金も入れず、女を囲うような人だったので状況は違いますが、やはり父も、「誰のお陰で食べていけてるんだ」と言う人でした。
    それが嫌で高校進学さえ諦めようとしたくらいです。
    結局は、中卒での就職には無理があり、弟妹を養う事も難しいしと自分に言い訳をしながら、高校は行かせてもらったのですが。

    そんな私は、最後まで会わなかった事で後悔した事はありません。
    葬儀には出ましたし、泣く事も出来ました。でも、それだけです。
    自死だったので、疎遠にしなければ違った結末を迎える可能性もありましたが、それでも会わないと決めた事に後悔はありませんし、もし時を戻せても、必ず同じ選択をするでしょう。

    なので、必ずしも会わなければいけない、とは思いません。
    会うべき、と考えれば苦しくなります。
    嫌なら無理して会わなくてもいいと、自分に逃げ道を残してください。それを前提に、会うかどうかを考えてみたらいかがでしょう。

    ユーザーID:2896433423

  • 私は会いました

    父は母に対してはモラハラ、私に対しては毒親、ネグレクト。
    大人になってその事に気づき、父と断絶しました。

    危篤になった時以外は会わないと決めて以来10年経った頃、
    とうとう「危ない状態」になりました。


    でもそうは言っても会いたく無かった。
    父が許せなかった。
    きっとまた父から我儘勝手な罵詈雑言浴びせられるんだろうなとも思っていたから。

    でも会う事にしました。
    いつものように険しい事言われたら一生分思いっきり言いかえそう、
    これで最期なのだからと、そのような決意で望みました。

    しかし会ってみたら…父は色々なものが削げ落ちていて子供のようにただ穏やかになっていて。
    「来たのか」と私に笑って、その翌日に亡くなりました。

    私の場合はこんな風に、父の盛時の毒気が失われていて会って不快ではなく、
    寧ろそういう父の素を見られて、
    自分なりに父の事をあらためて考える事ができたので、会って良かったと言えます。

    主さんはどうでしょう。
    難しい所だと思いますがよくよく自問自答してみて、
    そしてあらゆる結果を頭に置いて判断なさるのが良いかと思います。
    どちらにしても自分が良いと思う道を。

    ユーザーID:3741500726

  • 過去は忘れなくていい

    一度も会わずに終わってもいいと、亡くなった後に後悔することはまったくないと、そう思うなら、そうすれば良いです。

    一度ぐらい会ってあげてもいいと思うなら、会いに行ってください。
    お父さんのことは許さなくてもいいです。
    自分を責める必要もありません。

    お父さんが、どうしてその職業に就いたのか、何故お母さんと結婚したのか、自分たち子供が生まれた時にどう思ったのか、お父さんが眠ってしまったら二度と聞くことはできません。
    客観的に聞いてみてはどうでしょう?

    私は、聞いておいて良かったと思います。
    相当仲悪かったですけど。

    ユーザーID:4220124517

  • 私の場合

    会いませんでした。
    亡くなってから、全てを自然に許せる様になりました。

    会わなかった事に後悔はありません。
    むしろ、言葉は悪いですが、最後にちょっとした復讐のような事が出来てよかったかも。
    それは、傷ついた自分を癒す薬として、必要だったとも思えます。

    ユーザーID:2536465038

  • 会いませんでした。

     私は母が先に亡くなり、すぐに父も悪くなりました。
    父が母を苛めていたのを知っていましたし、子供の頃殴られたりしたので嫌いでした。最後まで許せませんでした。

     父が入院したのはひと月半くらいだったでしょうか。
    結局行きませんでしたし、後悔は全くありません。逆に行っていたら私は自分の気持ちを偽ったことに対し、自分自身を許せなかったかもしれません。

     よく「最後くらいは会うべき」とか「人として」「それでも親なんだから」など言う方がいますが、所詮は他人です。

     会わなくて後悔するかもしれませんし、会っても後悔するかもしれません。
    お母さんの為に…というご意見もありますが、お父様を見送ったあとにしっかり母親孝行なさればいいのではないでしょうか。

     今でも写真は母のものだけです。遺骨も母のものだけ持っています。
    父に対する感情を持ち続けなくていい、安らかな気持ちで日々過ごせています。
     他人に細かく話す必要はないし、そんな機会もありません。この先の人生、後悔の念を持ち続けて生きることがありませんよう。でもどちらを選ぶにしても覚悟は必要です。

    ユーザーID:3377202211

  • 会わなくていいと思います

    私は別に会わなくてもいいと思います。
    会いたくないのに会う必要なんてないですよ。

    私も一時期あることで父を恨んでいて年老いた父と1年ほど会いませんでした。
    そのまま例えば父が亡くなってもいいという覚悟でした。

    最期に会いに行かなかったことは
    トピ主さんが一生抱えていくことだと思います。
    自分が年老いて、後悔したとしても、それはそれでいいと思うのです。

    お父さんに最期の最期まで傷つけられる可能性もあるのです。
    少しでも嫌な思い出を積まずにお別れするというのも手だと思います。

    お父さんがどう思っているかはわかりませんが、
    トピ主さんに会いたかったら向こうから「会いたい」って言えばいいと思いますよ。
    本当に会いたかったら母親を通してでも言うと思います。
    それがないということは、向こうも別に会わなくていいと思っているわけです。

    ユーザーID:5898402282

  • 一面しか見えない。

    会いたくない理由は父が嫌いと言うよりも
    嫌な言葉を聞くよりも母やトピ主の心を見たくないのが最大の原因かな。
    臭いものには蓋タイプ?

    >母はそういう父でも好きだと言います。

    好きだと言う母は「母の姿」ではなく「女性」でトピ主と正反対(嫌い)なタイプ?
    母親もトピ主の夫をちょっと頼りないと思っているかも?

    トピ主が父の言動が嫌いだと考えれば考えるほど
    その言動を笑顔で助長しているのは母親だという現実にぶち当たる。

    トピ主は笑顔の母親を求めすぎなんだと思う。
    トピ主は父親を過小評価し過ぎで母親を過剰評価し過ぎ。
    父親の悪い面と母親の良い面しか覚えてないんじゃない?人間はもっと複雑だよ。

    母親も一人の女性だと理解しなければなりません。

    >稼いでくれた事への感謝だけを胸に
    男は財布じゃないよ。
    それとも「男は財布。多少の言動も笑顔で許せる」と育てられたんですか?

    貴女の大好きな母親の笑顔を作ってくれたのは父親だということをお忘れなく。

    トピ主は”ご主人が”笑顔になるような生き方はできていますか?

    このままじゃあ互いの助け合いを口実にご主人が苦労しそうですが。

    ユーザーID:9297485639

  • こうすべき、とは言えませんが

    うちは両親毒親です。
    父親は10年以上不倫、DVもありましたし、人に良い顔ばかりし祖母に甘やかされて育っているので
    家計に関して何も考えずに10万単位で趣味に浪費したり人にあれこれ奢るばかり。
    母は私たちが父に暴力を振られても不倫が発覚しても自分が努力して離婚するなんて考えもなく、父の稼ぎに依存。ちなみに転職できてもしない理由は、早起きが嫌だから、です…。
    子どもには父や親族の悪口や愚痴を延々と毎日のように垂れ流し、兄弟も私も今思えば単なるカウンセラー扱いでした。今も帰省をすれば知人友人のようにもてなされるどころか、家事をなぜ手伝わない?といお手伝い扱い。

    なぜこんな家に生まれたのかと後悔ばかりですが、父が大病を患い手術後に腹膜炎で
    もしかしたらその日死ぬかも、と思ったときばかりは泣きました。
    親だから感謝すべき等と、円満な家庭に育った人は言いますが彼らには自分の育った家庭とは違うものがどんなものか理解できないですし、親子関係って結局他人にはなかなか理解されづらいものです。
    こうすべきとは言いませんが、ご自身が悔いのないようにすれば良いと思います。
    うちの父よりは、大分マシですよ〜。

    ユーザーID:7609196572

  • 私も嫌いでした

    母に暴力を振るう父、子供に灰皿を投げつける父、大嫌いでした。
    小学生の頃両親は別れることになり私たち子供3人はどちらについていくかを聞かれました。兄も弟も父を選んで、私には衝撃的でした。子供全員が優しい母を選ぶと思っていたから。
    でも翌日おばあちゃんがきて両親の離婚を止めました。子供たちのためにと。

    中学生になった時父が肺がんに侵されていることがわかりました。
    どうして大嫌いな父の病院に見舞いに行かなければいけないのか、病人だからって優しくしなきゃいけないの?と・・・行っても私から話しかけることはありませんでした。

    父は亡くなり、思い出は美化され、20歳になったときに泣きました。
    父ともっと触れ合えば良かったと。後悔しました。幼すぎました。
    バージンロードを兄と歩いた時、父にウェディングドレス姿を見せられなかったことをとても悲しく思いました。
    もっと優しくすればよかった。もっと話せばよかった。

    トピ主様はとても努力されていると思います。苦手だったお父様となんとか関係をよくしようとプレゼントをしたり。すごいですね。
    どうか後悔のないように。

    ユーザーID:3313405771

  • お母さんは辛いって思ってなさそうなのに

    なんでトピ主さんが一人我を張ってるんだろうと思います。
    孫は来て良し帰って良しって聞いたことありませんか?大人だけの生活に長い間子供がいるのは疲れちゃうんでしょうね、言わないだけでそう思ってるのお父さんだけじゃないですよ。

    ともかく専業主婦だったお母さんの笑顔に守られてトピ主さん姉妹は育った、いつも家にいてくれたのはお父さんが一人で働いてくれたからですよね。

    妹さん達がトピ主さんのようにお父さんの事をきらってないのは、トピ主さんよりずっと大人なんだと思います、お母さんに似てるのもあるでしょうけど、トピ主さんご家族におけるお父さんの立ち位置を理解してるのじゃないかな。

    正直ここに書いてある事だけでは、老い先短いお父さんに会わないトピ主さんが理解できません、過去を忘れてなんて言うほどお父さんがひどい人には思えない。
    トピ主さんの立場に立ってみなければわからないけど、義務であわなきゃいけないのだろうかなんて考えてるんなら会わなくてもいいと思う。

    ふと思いました、トピ主さんに向田邦子さんの『父の詫び状』を読んでもらいたい。

    ユーザーID:0796178482

  • 人は変わります

    人は変わります。トピ主さんも、お父様も。
    私も父親のこと嫌いでした。高圧的で人を支配して、モラハラ毒親でしたから。
    でも、父が年老いて、精神的にも体力的にも私の方が父より強くなり、父を恐れることなく付き合えるようになって、初めて父親の本心を見ることができました。
    寂しさから去勢をはっていただけなんだなあと。
    もちろん過去にされたことは消えることはありません。でも、父親の本心が分かってからその目線で過去を見たときに、父親は単なるめんどくさい頑固な人というレベルになりました。
    そして、父親ではなく、寂しさを素直に表現できない頑固なおじいちゃんとして扱うようになったら、私の接し方が変わったからか、それとも父親が丸くなったのか分かりませんが、父はすっかり大人しくなりました。
    過去にあったことは変えることはできません。ただ、その過去の出来事をどう受け止めるかは変えることが出来ると思います。
    あくまでも私の場合はということで、コメントさせて頂きました。

    ユーザーID:4821612901

  • 妻子4人を抱えて稼ぐ辛さを分かってないね

    妻子4人を飢えさせず、満足な生活させてやれるだけの稼ぎを得るのにどれくらいしんどい思いをしなきゃいけないか、トピ主さんはわかってないですね。

    子供3人笑顔で育てた?
    専業主婦ならそれが仕事です。専業で子供3人の子育てが一家の稼ぎ手より辛く苦しいことだなんて知りませんでした。
    お父さんが十分稼いでくれるから、お母さんが笑顔でいられたんですよ。そんなことも分からないのでしょうか。

    気が合わないのは仕方ないにしても、父親を非難するなら、父親と同じ位稼いで家族を一人で養ってから言ってください。

    あと、お母さんも結婚前は同じ位稼いでいた、とのことですが、お母様がそのまま働き続けていたとしてもお父様と同じ稼ぎにはならなかったと思います。産休・育休ぬきにしても、ご両親の時代は男女で出世に差が出て当たり前の時代ですから。(今もそうですけどね)

    ユーザーID:1888471639

  • どちらでもよいと思う。

    会いたければ会えばいいし、会いたくなければ会わなくていいのでは?
    トピ主さんの気持ち次第で。
    ただ、父親のためだとか、父親が喜ぶと思うから、躊躇する部分があるんじゃないですか?
    母親を馬鹿にしていた酷い父親、大嫌いな父親が、最後に(最後まで?)いい思いをするのは
    なにか違うんじゃないかと。
    そういう思いがあるなら、会ってみるのも一つの手だと思います。
    かつての元気もなく、加齢と病気で萎れた姿を見れば、意外と許せたりするかもしれないし、
    トピ主さんの正直な気持ちをぶつける最後の機会でもあるからです。
    恨みつらみを吐けるのは、相手が生きてる間(比較的元気な今のうち)だけです。
    ラストバトルでもして、気持ちの整理をつけ、お互いしこりを解消させてから
    最期を迎えるというのもありだと思います。

    ユーザーID:3902869318

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧