現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

業界の専門知識が必要な事務職とは

ゆう
2015年4月19日 18:03

業界の専門知識が必要な事務職とはどんなものがありますか。
経理事務や貿易事務といった職種の専門性ではなく、業種・業界についての専門知識が必要な事務です。間接的にではなく直接的に会社に関わりたいという気持ちがあります。

私は今、転職に失敗したと感じ、悩んでいます。
4ヵ月前に従業員数20名の商社の事務職から150名程の製造業の事務職に転職した26歳女です。
転職理由は単なるデータ入力が虚しく感じ、仕事内容・給料・職場環境を考えて長く勤めていけないと感じたからです。
転職では職種変更も考えましたが、リスクが大きいし自分の性格から考えると事務職が一番適していると思い、業種・会社の規模が変われば業務の幅、深さが変わるのではという安易な考えから同じ事務職にしました。
結果、前職より単純なデータ入力で大量の注文書・伝票の処理をすることになりました。前職では仕事の仕方を工夫し、空いた時間で更なる効率化や経費削減など本来の業務以外の部分でわずかながらもやりがいを感じていました。しかし、現職はひたすら会社独自のシステムに入力、処理する仕事で、量がハンパなく時間が空くことがありません。前任者も毎日2時間ほど残業をしていました。この先今の仕事が変わることはありませんし、簡単に誰でもできる仕事内容に毎日時間を無駄にしている気分になります。

さんざん悩んで転職を決意し前職を辞めたのに、入ってみないとわからないと今の会社に入社を決めた思考が浅はかな自分が情けないです。
今辞めたとしてもまた同じことに悩むと思いますし、辞めるにしても会社にできるだけ迷惑のかからないようにして辞めたいと考えています。ただ、次転職が必要となった時のために今から準備しておきたく、目標があることで今の仕事にも前向きに取り組めるのではないかと思い質問いたしました。
まとまりない文章で申し訳ないですが、よろしくお願いします。

ユーザーID:5020680318  


お気に入り登録数:2
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:2本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
うーん
BE
2015年4月20日 12:07

事務職って、それが仕事ですよ。
私は仕事には二つあって、一つは「仕事」一つは「作業」だと考えています。
仕事、はお金に直結する部分。
営業で取ってくる部分だったり、実際に製造して販売してくる部分。
あと作業は、それに共なったものです。
伝票の整理だったり、銀行で通帳を付け込んだり。
この作業も必ず必要です。

事務職は、業界はどうであれその「作業」部分のプロを求めます。
今はその作業も分業しており、ソフトは外部の会社が担います。

トピ主さんがもっと総合的な仕事をしたいのであれば、
営業事務や営業補佐等の仕事の方が良いのではないですか?
私は20代の頃営業事務・補佐をしていました。
場合によっては営業の代わりに現場へ出向いたり、
その後の納品書や請求書など、作業部分にも携わります。
単に事務よりも、かなり仕事の幅があります。

または、超少人数の会社でほぼ自分が何もかもする様な会社ですね。
どんな仕事がしたいかにもよりますよ。
病院の事務等も、結局は入力作業が主ですからね。

ユーザーID:3460845470
トピ主です
ゆう(トピ主)
2015年4月21日 22:01

BE様

ありがとうございます。「作業」と「仕事」の考え方に納得です。前職では営業事務もしていましたが、あくまでも「作業」のみで、「仕事」のアシスタントはなかったです。これは会社によって変わってくるのでしょうね。こういうスタイルで仕事を進めたいというのはあるのですが、具体的にどういう仕事がしたいというものがないので転職時にも方向性にすごく悩みました。会社の規模が大きくなればその分「作業」は多くなり、仕事内容も細分化もされその一部分をすることになりますよね。少人数の会社で幅広い業務をする方があっていたかもしれません。もう26歳ですし、何をしたいかではなく何ができるかを求められるでしょうから、現実的にできる範囲で「仕事」につながるやりたいことを模索していきたいと思います。

ユーザーID:5020680318
 
現在位置は
です