農学部就職 研究と畑作業

レス8
(トピ主1
お気に入り18

キャリア・職場

たまねぎ

トピを開いて下さってありがとうございます。地方国立大学農学部2年生のたまねぎです。
私は農学部の中でも植物専門の学科に所属しており、特に野菜・果物・花卉などの園芸作物に興味を持っています。
将来農業をしたいわけでは無いのですが、畑に出て実際に農作業をする実習授業が好きです。
そのため、将来的には園芸作物の育種研究と畑作業を並行できるような企業などに就職したいと思っています。
企業研究職に就けば研究一筋で畑に出ることは無いイメージがあるのですが、私のイメージに合った職場は何なのか、そこへの就職に必要なことは何なのか、またそもそも存在するか、など教えていただきたいです。
就職に関する知識が非常に乏しいのですが、現在は種苗会社への修士卒業後の就職を一応考えています。
漠然とした内容で申し訳ないですが、回答お待ちしております。よろしくお願いします。

ユーザーID:5205603777

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 思いつくのは

    種苗会社、国や県の研究機関、地方の町おこし的な活動…でしょうか。

    いずれにしても、今から修士卒まで時間はあります。

    職場探しをしてみてはいかがですか?

    展示会(東京ビッグサイトや幕張メッセ)に足を運んだり、学会などで発表している企業などに問い合わせてみるなどして、情報を集めてみてはいかがでしょうか。

    普通に農家に入る(今、地方で後継ぎがいません)でもいいと思いますけどね。

    ユーザーID:8967851086

  • 都道府県の農業試験場

    一番に思い浮かんだのがこれです。

    コシヒカリ(新潟県)やササニシキ(宮城県)の育種は()内の県農業試験場で育種されたものです。

    イチゴのとちおとめ(栃木県)、やさがほのか(佐賀県)も同様です。

    地方公務員になりますね。

    ユーザーID:4026015585

  • 市民貸し農園は

    息子がやはり農学部系の大学を出ています。

    現在は有機栽培の市民貸し農園を経営している会社で働いています。

    週の大半はデスクワークの仕事ですが週に1〜2日位は現場に行って農作業をして

    いるようです。又、会員向けにいろいろイベントがあるので忙しそうです。

    体を動かすことが好きな息子にはもってこいのやりがいのある仕事のようですよ。

    ユーザーID:9419626283

  • トピ主です

    種苗会社以外に、町おこし、公務員、市民貸し農園など全く思いつかなかった職場を挙げて頂きありがとうございます!どれも魅力的で非常に参考になりました。
    まだまだ就職と職種についての知識も乏しいので、ご意見にあったように、イベントなどに参加してもっと職場探しをしたいと思います。
    まとめてのお返事、申し訳ありません。ご回答して下さった方々はありがとうございました!

    ユーザーID:5205603777

  • 問題は、採ってもらえるか、です。

    私は農学部を出て、農薬会社の研究所で働いていました(今は転職して、違う仕事ですが)。

    研究所と言うと、白い建物の中で、白衣着て、1日中試験管を振っているイメージがあるかも知れませんが、私のいた研究所では、植物系の人は、1日の大半は温室や圃場で過ごしていました。化学系や(ネズミを使った)安全系の人は、また異なりますが。

    トピ主さんが希望する種苗会社も、おそらく同じだろうと思います。

    ただ、種苗会社は人気があって競争率も高いですから、そういう会社が「採りたい」と思わせるものを、今後どう身につけて行くかが重要だと思います。

    あと、他の方が言われている県の農業試験場ですが、ここは農家相手の指導も大きいので、人づきあいが苦手だと大変だと思います。まあ、県の農試と大学の農学部はつながりが太いので、研究室に配属されるようになれば、見学のチャンスもあるでしょう。その際に、良く見て、話を聴くのが良いかと。

    ユーザーID:3079227535

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 二回目です

    農業試験場を挙げたものですが、実は私は酒類メーカーの社員です。

    当社では原料としての農産物の育種研究を行っています。ただし、現代においては、日本酒を除き、国産原料よりも輸入原料のほうが圧倒的に優位なので、育種技術から評価技術にシフトしつつあります。育種研究への投資は会社のポリシーの問題になりつつあるのが現状です。育種から撤退したメーカーも多いのですが、HPを覗いてみれば育種をやっているかどうかはわかると思います。

    酒類メーカーの場合、ビール、ウィスキーではオオムギ、ワインではブドウが育種研究対象です。酒米、焼酎原料のイモは企業レベルでやっているところもありますが、農業試験場と組んで育種研究を行っている企業のほうが多いと思います。

    ユーザーID:2610448951

  • 妹の夫くんが

    国立大学農学部、院卒で公務員です。
    地元の農業試験場に勤務し、畑作業もあり、研究もし、地方新聞ですが、病気に強い品種の研究で掲載されました。

    実に楽しそうに、活き活きと。
    研修で半年単身赴任したり、色々ありまして、一時期部署移動し、一旦は研究所に戻りましたが、現在は県庁勤務で研究からは離れています。

    公務員だと、そういうこともある、ということで。

    ユーザーID:6781860727

  • トピ主です。

    新たな回答ありがとうございます!
    みなさんのご意見を聞いて、前回言ったように職場探しももちろんしますが、地方の農業試験を検討しつつ、やはり種苗会社を第一候補に、という方向で行こうと思います。
    また、やはり種苗会社は競争率が高いというご意見もあったので、自分に必要なスキルなども調査研究していこうと思います。
    ご本人やお知り合いの話など、具体的な体験談も非常に参考になりました。
    就職に関する知識が不足しており不安に思っていたので、ご回答下さった方々、本当にありがとうございました!就職がんばります!

    ユーザーID:6543655935

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧