共通点 例えば 先生

レス10
(トピ主0
お気に入り18

生活・身近な話題

沢木

このトピックスに興味を持ってくださってありがとうございます。

私は、4月から高校3年生になりました。

担任の先生が、

『先生と、呼ばれる職業は 例えば、私の様な教師 それから、お医者様 弁護士 議員 文筆家 と、いらっしゃいますが、 共通点がひとつあります。

先生と、呼ばれる職業は、他人の運命を変えてしまう可能性が、ひじょうに高いという事です。

この言葉を念頭に置き、皆さんと一緒に学んで行きたいと、思います。』と、挨拶がありました。

感動したと同時に、納得もしました。

確かに、教師 お医者 弁護士 ましてや、議員の先生方は 他人の運命を変えてしまう可能性が、ひじょうに高いです。

そこで、皆様に質問です。

この言葉には、こんな共通点があるよ

そんな言葉があれば、教えて下さい。
お願いします。

ユーザーID:0844785477

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なるほど

    先生、いろいろいますよね。確かに関わって運命が変えられる人もいますよ

    共通のものと言うと、「職人」かな 家具職人、大工、パン職人、鍛冶屋などいろいろ職人とつく人いますが共通しているのが、熟練した技術によって手作業で物を作り出すことかな。技術を得る為には1年働いただけではなれないってことですよね。

    ユーザーID:2303023406

  • 水を差すようですが

    水を差すようですが、

    >先生と、呼ばれる職業は、他人の運命を変えてしまう可能性が、ひじょうに高いという事です。

    そんな事はありません。

    おそらく、自負心の発露だと思いますが、

    >感動したと同時に、納得もしました。

    もっと冷静に受け止める必要があります。

    >この言葉には、こんな共通点があるよ

    文字通り、先(先に)生(生まれている・生きている)と理解すれば良いのではないでしょうか。

    要するに、その道(専門領域)において、先達の役割を果たしてくれる存在だと思います。

    でも、その事と「他人の運命を変えてしまう可能性」云々は、全く別の事です。

    ”自ら語らしめよ”ではありませんが、太宰治(文筆家)が、「人は他人に影響を与える事などは出来ない」主旨のことを書いています。

    トピ主様は、志操が高くていらっしゃるように思いますので、老婆心とは思いますが、決して、他力本願にはなりませぬよう、お心がけ下さい。

    追記
    先達としての役割に感謝して敬愛の念を覚えるのは、自然な感情ですし、美しいことだとも思います

    ユーザーID:5515795050

  • 思い上がり

    私も、その『先生』に相当する仕事をしてます。
    確かに、その教師が言われることも、一理あります。

    しかし、それじゃ『先生』以外の仕事や人達は、他人の人生に
    影響を与えることはないのか、少ないのかと言えば、そうじゃ
    ないでしょう。

    『先生』以外の仕事でも、多大に人の人生を変えるモノがあります。
    たとえば、インターネット、携帯電話、、どうですか?
    人の人生を大きく、変えましたよね。。

    私には、その教師は、ただ単に、優越感が根本にある『思い上がり』
    だけだと思います。

    ユーザーID:3041580740

  • 私の知ってる先生が言ってた

    「先生は、人の上に立つ…という考えの人には向かない。
    先生とは、生徒のしもべよ!」と。

    その人が(生徒が)どうしたらより良く伸びるかを
    考えて教えていく…人の上に立つ、なんて考えでは
    とてもじゃないけど務まらない…と。

    ユーザーID:3801569522

  • ひねくれてないよ。至って普通の子です。

    あなた高3でしょう?
    そのまま受け止めて感動している場合ではないでしょう?その先生は暗に、自分を社会的な尊敬を受ける
    ポジションに属している、と言っているようなものですよ。


    人の運命を変える云々は、この場合あまり重要ではなくて、先生が言いたいポイントは先生自身の自尊心の誇示と今後の
    生徒からの牽制です。

    わたしが高3だったときでも、そのくらいの裏のメッセージは読み取れたと思うので、聞いたら
    感動どころか、げんなりして、ハズレ担任に当たったな〜と思ったことでしょうね。

    先生の職業は尊いと思います。しかし、他に例を出された職業は教員と比べると難易度が違いすぎませんか?
    わたしなら、おこがましくて、同列には語りませんね。

    先生と言われる職業は、人のお手本となるよう、自分を律して仕事します、で十分だと思う。
    人の運命変えると本気で畏怖の念をもって職務に当たる人なら、こういう言動はしないと思うのだけど。

    ユーザーID:6551349842

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 自分で言うかいっ(驚)

    >先生と、呼ばれる職業は、他人の運命を変えてしまう可能性が、ひじょうに高いという事です。
    >この言葉を念頭に置き、皆さんと一緒に学んで行きたいと、思います。』と、挨拶がありました。

    世の中には、反面教師の方が多いのではないかと、私は感じています。
    小中高校(大学はあまり勉強しておらず印象が薄いので除外)を通して、自分が尊敬できた先生は2人しかいません。その1人(高校の先生)にはかなり影響を受けました。
    逆に、コイツのようになっちゃあいけねぇなあ、と思った先生は5人くらいいますね。もちろんその人たちに運命を変えられたとは思いません。

    >確かに、教師お医者弁護士ましてや、議員の先生方は他人の運命を変えてしまう可能性がひじょうに高いです。

    だからこそ、あなたがちゃんと「選ばなきゃいけない」ということを自覚してください。
    教師を選ぶ(大学を選ぶ)、医者を選ぶ(藪だと病気も治らない)、弁護士を選ぶ(へぼだと勝てる裁判でも負ける)、議員を選ぶ(とんでもない議員がマスコミを賑わしていることを知ってますよね)ってだいじですよ。

    私とトピ主さんとは、モノの見方が全く反対だってこと、わかりますか?

    ユーザーID:8492558024

  • えらい人

    高校三年生でしたら、理解頂けると思いますので。

    師弟で私が想い起こすのは、親鸞(弟子)における法然(師匠)、張儀(弟子)における蘇秦(師匠)でしょうか。

    親鸞は、歎異抄の中で「たとい法然聖人にすかされまいらせて(たとえ法然上人にだまされて)」もと、師に対する全幅の信頼を寄せる言葉を残していますが、法然の浄土宗に対して、浄土真宗と、自らの教えに”真(本当の)”の言葉を入れたように、本質的な部分では法然の影響を受けていたとは言えないと思えます。

    また、張儀は、蘇秦の合従策を、自らの連衡策で打ち破ります。合従連衡の故事です。

    話を現代に戻して。

    王貞治さん、瀬古利彦さん、イチロさん。

    この方々の師にあたる方の名前を直ぐに思い起こせる人は、どれくらいいるでしょうか。

    師匠(先生)は、弟子に否定的されたり、弟子の成功の陰に埋没したりと、切なくなるような存在だと思います。

    >この言葉には、こんな共通点があるよ

    大阪弁の”えらい”と標準語の”偉い”は、”たいへん”の意で共通します。

    ”えらい人”=(他人にはできない)たいへんな事ができる人。

    ユーザーID:4421430527

  • あなたが純粋なのはわかったよ。

    うちの小鳥の獣医の先生
    息子の空手の先生
    娘の習う料理学校の先生
    姑が世話になる鍼灸師の先生
    礼にあげられていない先生の中にも、こういったなくてはならない先生方がおられますよ。

    あなたの高校教師が意図的に自分を高い位置にいるよう、生徒に印象つけているように感じますけど。

    また、人の運命を変えるかもしれないと本気で教師が思っているなら、生徒に言わずとも自分が自覚すれば良いだけの話。

    ユーザーID:3534601199

  • お詫びと訂正

    ごめんなさい。

    >”えらい人”=(他人にはできない)たいへんな事ができる人。

    の”他人にはできない”の意味は、”みんなに尊敬される立派な事”の意味ではなく、”だれもがやりたがらない事”の意味です。

    これは、身の周りに、あるいは今までの生涯で、目立たないけど、一人や二人はいる・いた気がします。

    その意味で、大阪弁の方が、元の意味を残している気がします。

    ユーザーID:4421430527

  • おかしい

    教職に就く人を「先生」と呼びます。
    子供を指導する立場の人なので、その呼び方を、尊称と理解してもあまり違和感はありません。

    でも、患者が命を預ける事はありますが、身につけた知識や技術によって報酬を得る医師、クライエントがそのサービスに報酬を支払う弁護士、そして、国民の血税が支払われている議員を「先生」と呼ぶのは、単なる習慣、「通称」だと理解しています。文筆家に至っては、なぜ「先生」なのか理解に苦しみます。

    こうした職業の人を、尊敬の念を込めて「先生」と呼ぶとは限りませんし、他の職業に比べて「他人の運命を変える」可能性がそれほど高いかどうかは疑問です。

    不動産屋さんや、結婚相談所の人の方が、よっぽど人の運命を大きく変えるかもしれませんよ。

    担任の先生、自分よりずっと収入の多そうな職業を、思いつくまま挙げてみたのかな。
    教師も大切な職業なんだから、給料あげろ、と言いたかったのかも。

    ユーザーID:8898207965

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧