一度アナフィラキシーショックを起こしたら‥

レス48
お気に入り139
トピ主のみ12

みらい

子供

一度アナフィラキシーショックを起こしたら、一生、常にアナフィラキシーショックを起こし死んでしまうのではないかという恐怖に駆られ生きる事になるのでしょうか?

3歳になる子どもが、知り合いにカシューナッツをもらって口にしたところ、数分で口の中を痛がり、次に嘔吐、そしてすぐに呼吸困難になり、救急車を呼び、事なきを得ましたが、かなり危険だったようです。私は、このまま子どもが死ぬのではないかという恐怖を味わいました。

初めてにして、こんなに急速に重篤な症状が出たので、次、もしも起きてしまったら、死んでしまうのではないかとパニックになっています。

特に、呼吸困難のように重いアナフィラキシーショックを今までに経験された中で、その後、うまくコントロールでき、もうアナフィラキシーショックが起きていない方がいらっしゃいましたら、どのように生活をされているか経験談をお聞かせ願えたらとお尋ねします。

よろしくお願いします。

ユーザーID:8743601313

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 怖いですよね。

    今まで他の食品でアレルギーはでなかったのでしょうか?

    重篤化のアレルギーの傾向にある食品(そばとかナッツは結構有名です)においては血液検査してある程度把握しておいた方がいいですね。

    アレルゲンを摂食しなければ遭遇しないので、そこさえ注意すればそこまで怯えることはないと思います。

    ユーザーID:5712045271

  • 辛い思いをされましたね…

    私は自分がアレルギーには無縁だったため第1子の時にはさほど警戒もなく、ただ、あとになって、自分にアレルギーがあることがわかりました。

    第2子が小麦と卵のアレルギーで、これは乳児の頃にわかりました。

    離乳食から普通食に移行するぐらいの時期に、一度、アレルギー科を受診しており、その際にはアレルゲン特定の検査はせず、お薬を処方されていました。
    そして、うどんを食べたところ、見る見る顔が腫れあがり咳こんで、処方されていた薬を飲ませ、ことなきを得ましたが、休日だったため週明けに受診し「アレルゲンが特定できないと怖くて食べさせられない」と訴え、検査。医師からは「次は救急車」と言われました。

    ナッツ系は乳児の頃は食べさせないですからね…。
    うちの子は年齢が上がるにつれて食べられるようになりました。

    関連性のある食品・食材はある程度調べられます。まずは、それらを除去しましょう。
    第2子には、食べられるものが増えるのは嬉しいけれど、初めて食べて何ともなくても次が危険なこともあるから、できるだけ家でいろんなものを食べて欲しいと言っています。

    ユーザーID:2876359465

  • アレルギー専門医に一度相談

    テレビで見ましたがピーナツでアレルギーのある男性は子供の時から、命を救うための注射をいつも身に付けて行動しているそうです。「これが命の綱」だと言っていました。
    私の知人は開業医ですがお子さんが箸の先に付いたうにをちょっとなめただけでアナフィラキシーショックを起こし救急車で搬送したそうです。父親が医者でも救急車に同乗して行くのが精いっぱいだったと聞きました。
    専門医にかかりきちんと対策を考えたほうが良いと思います。お気持ちは分かりますが、体はみんな違います。
    事は命に関する一大事です。草の根分けても名医を探しだし診て頂きましょう。
    私ならそうします。

    ユーザーID:9734379619

  • 自己判断は危険です

    まず医師の説明を良く聞いて、病気を理解しましょう。
    エピペンの話は聞きましたか?
    他人の経験を鵜呑みにする湖とは極めて危険です。

    ユーザーID:6731536918

  • 子供がピーナッツです。

    うちの子は幼児の時、手に付いたピーナッツバターで顔が腫れ咳込み、呼吸困難に。何故か私はピンときてタクシーで小児科へ。予想どおりアナフィラキシーでした。

    今は食品パッケージにアレルゲンが記載されていますが、昔は無かった!人から貰ったお菓子や 友達の家で食べるおやつには注意です。心配なので 自宅から大丈夫なお菓子を持っていかせ、それ以外は食べないように言いました。校外学習でお菓子メーカーの工場見学に行った時は、予め先生に調べて貰いましたが、どう反応するか(粉や気体など)はわからないので、マスクを持参させました。みんなはお菓子を試食しましたが、卵アレルギーの子と一緒に別室で食べずにいたそうです。

    今高校生ですが、2回目のアナフィラキシーは無くずっと無事です。数値は一生下がらないと言われましたが、去年の検査で なんと少し下がっていました!ちなみに他のナッツ類も ほぼ食べさせていません。コンタミネーションと言う、工場での混入が心配だからです。あと他人に故意に混入させられるのでは?と考えると怖いです。人の恨みを買わないように人間関係を上手くできる子になって欲しいです。産地にも住めませんね〜。

    ユーザーID:5873628729

  • そもそも。

    私(キウイフルーツアレルギー)も息子(ピーナッツアレルギー)も
    アナフィラキシー経験者です。

    私は気管が腫れて嘔吐を繰り返し、息子は喘息発作と蕁麻疹で済みましたが
    それでも数時間は苦しみました。

    一度こういう経験をすると 「 二度と 」 アレルギー物質を口にしようとは
    思いません。
    少なくとも私と息子はそうです。

    アレルギー除去をされた方なら二度目もあるでしょうが
    そうじゃないなら二度目を口にする勇気はなかなかないと思います。
    小さい頃に発症すると大人になってから平気になったという人も
    いるようですが…

    病院できちんとアレルギー検査を受けて指導を仰ぎましたか?
    以前の息子のクラスメイトでピーナッツアレルギーの重度の子がいましたが
    エピペン(発症した時用の注射)を持ち歩いていました。
    もしもの為の対策だけはきっちりしておいた方がいいです。

    特に幼稚園や学校へ行き始めると給食やおやつで細心の注意が必要です。
    息子が小2までは月1回は給食でピーナッツが出てましたが
    前述の子がいたせいか小3あたりからピーナッツが出る事はなくなりました。
    ちなみにカシュ−ナッツ和えは出てました。

    ユーザーID:0968578782

  • そのためのエピペンですよね

    怖い思いをされましたね。

    ところでエピペンはご存知ですか。あれは大事になった時にすぐ打てば最悪の事態を回避できるものだと認識しておりますが。

    アレルギーは大人になって改善する場合もあります。私は子供のころ卵アレルギーでしたが大人になって消えました。ですので一生アナフィラキシーショックの恐怖に取りつかれる可能性が少ない場合もあります。

    ただ万が一のために、お子さんがエピペンを所持しておいたらお母さんの心配も少しは減るのではないでしょうか。もちろん、それを打ってあげられる人も少ないですが、あればどうにかなることも多いでしょう。最低限お子さんがナッツ類にアレルギーがある事は関係機関にはちゃんと言っておきましょう。

    ユーザーID:8121515516

  • 他のアレルギーも調べる

    カシューナッツそのものは初めて口にしたのですよね?

    先天的なアレルギーで呼吸困難にまでなってしまうなら、激しいアレルギーショックを起こしやすい体質なのかと心配です。

    今回のこともお話した上で、他の食品及び、ハウスダストなどのアレルギー反応も調べてもらった方が良いと思います。

    ユーザーID:2083398937

  • 参考にならないかと思いますが

    数年前、ハチに刺されてショックを起こしました。
    幸い死に至るほどではありませんでした。
    私本人にもまわりにいた家族にもアナフィラキシーという認識がなく、車で病院に連れて行こうとしている間に治まってきてそのままになりました。
    でも繰り返しハチに刺されるとそのたびにショックが強くなっていくそうです。

    お子さんのことを心配しているトピ主さんにとってはキツイ言葉かもしれませんが、食品アレルギーは本人とまわりが気をつけていれば高確率で回避できます。
    子供が幼いのなら、成長とともに耐性が着くケースも多いです。
    専門家に相談されてはいかがですか。

    私のハチアレルギーは回避する手立てがありません。
    家の周りには普通にスズメバチがいますし、家の中にも入りこんできます。
    刺されてからショック症状が出るまで1分もありません。

    幸い(?)私は50代で、もう子育ても終わりました。
    いつ「その時」が来るのかわからないのは恐ろしいですが、考えてもどうしようもないことです。
    あまり考えないようにしています。

    ユーザーID:9041353830

  • ひたすら除去しています

    魚介類で呼吸困難と蕁麻疹が出ます。
    何度か病院には運ばれています。
    普段はひたすら買い物の際に魚介類が入っていないかを調べ、入っていたら買いません。
    外食も事前に調べて大丈夫な物しか注文しません。
    またアレルギーの薬を持ち歩いています。
    主治医には「エピペンレベルだけど」と言われていますが、一応飲み薬で叩けるのでまだ飲み薬で対応しています。

    はじめは蕁麻疹程度だった物が、回数を重ねるうちにアナフィラキシーレベルに達しました。
    今は間違って口にしてしまった場合、大抵口の中に入った瞬間わかるので吐き出し、
    急いで薬を飲んでいます。
    それでもおかしかったら直ぐに病院です。
    (幸い救急車を呼ぶよりも早い場所に総合病院があるので、問い合わせて5分とかからず行くことができます。)
    特に疲れている時や寝不足の時には強く出やすいです。
    とにかくひたすら除去は疲れますが、またアナフィラキシーを起こすよりもましなので
    必死になってやっています。
    「え?こんな物にも?」というような商品に入っているのが厄介です。

    ユーザーID:0283322420

  • その後検査は?

    私も子どもも食べ物で起きたことはないです。
    喘息で呼吸困難は経験ありますが・・

    過去に子どもの同級生が、給食後に突然のショック状態で搬送されました。
    幸い元気になり、数年後の今も普通に元気です。
    エピペンも所持されていると聞きました。

    主さんのお子さんも元気になられて良かったです。
    その時に、きっとアレルギーの検査は受けられたと思うのですがナッツ類は注意しましょう。

    うちの子は、ナッツ類なら除去はピーナッツだけですね。
    身体(特に顔)が腫れます。

    給食もアレルギーの出る食材は完全に除去していただいてます。
    今は学校もアレルギーに対しての意識が高くなったと思います。

    まだ3歳のお子さんなので、親の管理が必要ですよね。
    口に出来ないものは、周囲に広く知っていただきましょう。
    祖父母はもちろん、お子さんに接する可能性のある方には理解していただくことは大切ですよね。

    不安は消せませんが上手く付き合うしかないので、主さんが信頼できる主治医さんは見つけておいてくださいね。

    ユーザーID:7563555735

  • 基本的に2度と口にしない

    友人がソバ殻枕で救急車搬送され、九死に一生を得たことがあります。


    ソバを食べて一度出たから「2度と口にしない」と、細心の注意を払っていたのに…
    まさか旅館の枕で…と後から青ざめていました。
    一緒にいた私達も、何がどうなっているのやら訳も分からず、大騒ぎでした。
    とても怖かったという印象しかありません。
    私自身も花粉症だったり、体調が悪い時に青魚を食べると蕁麻疹が出る程度のアレルギーがありますが、
    そんなのは可愛いもんだと思えるぐらい強烈です。

    アナフィラキシーは怖い。
    基本的に2度と口にしない、しかないと思います。

    ユーザーID:7079636433

  • 本当に心配してんのかよ?

    少なくとも、アレルギー検査をし、診察結果を医師と相談し、今後の生活に活かしていくのが、真っ当な判断なのでは?

    ユーザーID:5677213879

  • 参考にならないかも知れませんが

    私自身が20代の頃によくアナフィラキシーショックで救急車のお世話になりました。

    元々アレルギー体質でしたが、1度症状が起こると全身が腫れ上がり呼吸が苦しくなり、酷いときにはそのまま意識をなくして倒れてました。
    その時の状況で唯一共通するものが『食後すぐに活動(歩く、走る等)した』だけで、食べたものに共通点は無く、また同じ物を食べても症状が出ない時もあったので原因究明が不可能でした。
    本人は勿論、周りだって目の前で急に倒れられたらびっくりして怖いか心配されると思うので、トピ主様の気持ちは痛いほど解ります。

    私の場合は体調やストレスがかなり影響していたのでそれを避けたのと、後は食後は充分すぎる程の休憩をとりました。
    病院に通い、今は余程の事がなければ大丈夫になりました。

    お子さんの場合はこのケースとは異なると思うので、まずはアレルゲンの特定が大事だと思います。
    医師の指示に従い、あとはアレルギーを持つ子供なりの生活パターンを作り上げる事が必要だと。
    辛い事もありますが、治すというより上手に付き合っていく感覚になるんでしょうかね。

    ユーザーID:0366550790

  • トピ主です

    皆様、ご意見ありがとうございます。
    私たちは外国に在住、それも離島に住んでいます。

    今回、夫の実家がある大都市に帰省中、事件が起こって、さすが大都市の救急医療はレベルが高く、親の私がナッツが気管支に詰まったと思い込んで、事情を説明していたのにアレルギーとすぐ判断していただき、病院へ向かう前の救急車の車内での迅速な処置で、呼吸困難で唇が紫に腫れてきていたのに助けていただきました。

    今、住んでいる島にはアレルギーの専門医がいなくて、他の二つの島にアレルギーの専門医がそれぞれ一人ずついるらしいですが、どちらも飛行機の距離で、自分たちの島に戻ってまだ三日という事もあり、受診できていません。

    エピペンを帰る時、4本、処方してもらったのが命綱です。

    ユーザーID:8743601313

  • トピ主です

    子を心配する気持ちが強くなれば、強くなるほど、カシューナッツを私に隠れてこっそり三歳になったばかりの子に食べさせた女性に恨みが募ってきて苦しく、不眠状態です。

    私は再婚で、初婚時は日本で医師の夫と一人目の子育て中、子どもがやはり親戚からナッツ類を小さい時分にもらいそうになり夫が危うく止めました。医師の当時の夫が、乳幼児に強いナッツ類を食べるとそのアレルギーになってしまうと言っていたことを思い出し、ナッツはかなり子どもが成長してからあげないといけないと言われたことが頭の中で繰り返し、思い出され苦しいです。

    今回、夫の姉の友人女性がこっそりカシューナッツを我が子にやらなければ、我が子はナッツアレルギーを発症することなく、死の恐怖を一生背負っていかなくて済んだのにと悔しくてたまらないのです。

    しかも、その女性は救急車が来る前から、どこかにいなくなり、救急車の横を歩き去ったのを見ました。

    私たちが帰路に着くまで一度も姿を見ることもなく、謝罪の言葉もありませんでした。

    ユーザーID:8743601313

  • トピ主です


    夫の身内は、今回、アレルギーがわかってよかったなどと言い、ナッツを食べさせた女性を心配そうにしていた、後悔している様子が気の毒だったと庇うばかりで、夫の家族と顔を合わせても口が利けなくなるくらい、悲しく悔しい思いをしました。

    現在の夫は医療関係者ではありません。
    外国人なので、私の思いを伝えるにも、アレルギー情報を伝えるにも言葉が違うので苦労しています。

    ナッツアレルギーは短時間に急激に重篤な状態になるらしく、また耐性がつきにくいそうで、子どものうちに発症して、その後、よくなるということはなく、一生付き合っていかなければならないようで、

    まだ三歳になったばかりの子にそのような重荷を負わせた女性を許すことができないので、訴えたいと夫に言うのですが、夫はもともと気が弱い人なので、そんなこととんでもないと思っているようです。

    ユーザーID:8743601313

  • ナッツは難しい

    たまご、小麦、乳で、大人になったら
    平気になった人は数名しっています。
    私は魚卵がありましたが、今は食べられます。

    ナッツ、そばは治ったと周りで聞かないです。
    友人はこれらは治癒しにくいと話してました。
    治癒した方もいるのかもしれませんが。

    そばは隣でたべるだけでもだめで、職場で
    禁止になりました。

    知人の子供がカシューナッツで死にかけました。
    ずっとエピペン持ってます。検査も何回かやりました。
    こちらも気をつけてお菓子をあげてます。
    最近はカシューナッツも表示にでますね。

    可哀想ですが、よいアレルギー対応医を
    みつけて、危険を除去しながら、
    やっていくしかないでしょうね。

    友人は食べるときは、すぐにたべないで
    少し食べてから、大丈夫と思ったら食べると
    いっていました。かゆみが出たり、苦しく
    なければ、食べるようです。そうしてやるしか
    ないでしょう。

    安心したいかもしれませんが、治った方がいても、
    あなたの子供ではないです。医師と話し合って
    やっていかないと、だめな事だと思います。

    ユーザーID:8859239243

  • トピさん、根本的に考え直して下さい。

    今回は、カシューナッツが原因ですが、食べても何ともない人はいます。
    でも、お子さんはカシューナッツにアレルギー反応を起こす体質なのです。

    アレルギーについて、確かに、ナッツやそば、甲殻類などは、小麦・大豆・乳・卵などと違って成長に伴って食べられるようになるとは聞きませんが、それはお子さんが持って生まれた特性であって、件の女性が食べさせたから、アレルギーになったと思うのは違うと思います。

    ご主人のお身内が言うように、今回、迅速な対応ができる時に発覚してよかった。これから、避ければいいのですし、避けるのが難しい食品でもありません。
    もし、お子さんが1人でいる時に、口にしたら、対処できなかったかもしれないのですよ?大きくなってからだと、症状が軽い、あるいは症状が出ない、という保証はどこにもありませんし、お友達同士で遊んでいる時に初めて口にしたかもしれないのです。

    避けなければならない食品候補をリストアップして受診なさった方がいいと思います。何千とあるアレルゲンについて一度に検査することはできません。
    これからお子さんの命を守るためにできることをしましょう。

    ユーザーID:2876359465

  • ご意見ありがとうございます

    皆様、ご意見ありがとうございます。

    みみこさんのお子さんのお話には元気付けられました。

    管理して除去することで、アナフィラキシーを起こさないようにされたこと、心から尊敬します。
    私も頑張れるといいのですが。


    みみこさんを目標に子どもの成長を見守れるよう強くなりたいです。

    ユーザーID:8743601313

  • せり さん

    ほんの3分、子どもから目を離した隙に、他人にこっそりナッツを食べさせられました。

    それから数分で、嘔吐、抱き上げた時、もうすでに呼吸困難でした。

    小さい身体がだらんとして、目はうつろ、泣こうとしても、呼吸困難で、子どもは声が発せられず、目から涙だけこぼしていました。あっこのまま、もう死んでしまうと思いました。

    愛する我が子がさっきまで元気にしていたのに、たった10分くらいの間に呼吸困難で、意識も朦朧とし、
    私の腕の中で、このまま死んでしまう、今まで味わったことのない恐怖を味わいました、

    まだ一週間も経っておりません。
    目をつむると今も子どもの苦しむ顔、涙をこぼして、嘔吐しながら私にすがってきた場所にタイムスリップします。

    苦しいです。あんな恐怖はありません。
    今も、どんなに疲れていても、眠れないくらい不安を抱えています。


    あなたはそういう苦しむ人に、

    「安心したいかもしれませんが、治った方がいても、
    あなたの子供ではないです。医師と話し合って‥」と言えるんですね。

    ユーザーID:8743601313

  • NHKで特集番組が放送されました。

    日米両国の学会が、アレルギー対応指針を改訂したそうです。
    三歳未満でアレルギー未発症の子どもに、アレルゲンの摂取を回避させるのは有効ではないとのこと。
    腸内で食物由来の異物に対抗する免疫と、皮膚から体内に侵入する異物に対抗する免疫反応は異なるため、腸内免疫を発揮させるためさまざまな食事をさせる方がよい。
    なぜなら、アレルギー反応を抑制する特殊な免疫細胞(Tレグ細胞)は、生後三年までに物質ごとに(卵に対応するTレグ、ナッツに対応するTレグなど)形成されるため、さまざまな物質を食事から摂らせた方がよいから。
    ちなみに、Tレグ細胞を世界で初めて発見したのは日本人研究者で、ノーベル賞有力候補と言われる方だそうです。

    ユーザーID:4567393972

  • せりさんに悪気はない

    トピ主さん、息子さんも大変でしたね。
    私もアレルギーを持っているので、いつ何時と思わずにいられません。

    それもあって、せりさんのレスは私には大変優しさを感じました。
    気をつけ過ぎるという事は無く、お医者様のご意見を聞くというのは尤もだと思います。

    ユーザーID:4267132531

  • アレルギーってそんなもん

    私は19歳でショックを起こしました。きっかけはなんと目薬です。目薬が目から鼻を流れて行く間、焼けるような感触でした。

    主さんはまだ一週間と言っていますが、子供さんの症状は落ち着いたようですね。私は一週間では粘膜が腫れ特に顔が別人でした。治るまでに一か月はかかりました。

    せりさんの言う事に反論してますが、アレルギー体験者なら共通の認識です。アレルギーは治らないからアレルギーなんです。安心するなら自分で選択して生きる世界を狭くするのです。私はタバコアレルギーもあるので、結婚相手は非喫煙者、職場も禁煙の職場しか選べません。タバコがOKなら別の人と結婚していたでしょう。それがアレルギー持ちの生き方です。

    ユーザーID:9799483300

  • せりさん、冷たくないよ!

    じゃあトピ主さんは、自分を甘やかしてくれる意見にすがった結果、
    子供に最悪の不幸が訪れたらどうするの?

    せりさんは非難されるのを覚悟の上で、トピ主さんに子供のために強くなれと言っているんだよ。

    いくら励ましてもらったって本当の安心は、トピ主さんがお子さんのアレルギーと向き合って手に入れるしかないんだよ。

    せりさんの意見を正しく受け止められるくらいに落ち着いてください。

    ユーザーID:2083398937

  • お察しします

    重症の食事アレルギーの子供がいます。アナフィラキシーをおこして、救急車を呼んだことが何回かあります。もう成人しましたが、怖いので除去したままです。
    親としての経験から言いますと、食物アレルギーは、小さい時に、その食品を食べて発症するものではないと思います。初めて食べるのが小さい時であることが多いので、強いアレルギー反応に初めて気がつくのも、小さい時であることが多いだけです。お子さんにナッツを食べさせた方は、確かに不注意でしたが、その人のせいで、ナッツアレルギーになったのではないでしょう。むしろ、周りに人がいる状態で、初めての発作を起こしたから助かった、と考えられます。お気持ちは十分にわかりますが、その方を恨むのは間違っていると思います。
    私の子は、乳児期から専門医にかかり、数品目あるアレルギー食品を超微量も口にしないように気をつけてきました。ナッツは生まれて一度も口にしたことがありませんが、パッチテストで大変強い反応が出ます。決して小さい時に食べたから発症したのではありません。
    また、小児科医でも、アレルギー専門医でない医師は、食事アレルギーをよく理解していないことがあります。

    ユーザーID:0868569127

  • トピ主さん、それは違うんじゃない?

    >あなたはそういう苦しむ人に、
    >「安心したいかもしれませんが、治った方がいても、
    >あなたの子供ではないです。医師と話し合って‥」と言えるんですね。

    せりさんが言いたかったのは 
    「 ここで聞いてもあなたの子どもではないから参考にはならないですよ 」 
    って事ですよ…
    アナフィラキシーなんて重篤な症状を起こしてしまうのに
    ネットの発言を鵜呑みにしてはダメだって言いたかったんだと思います。

    トピ主さんのフラッシュバックや辛い気持ちはトピや最初のレスではわかりません。
    「アナフィラキシーを起こしてもコントロールして今は起きない方 」 
    が最初の質問であってせいりさんのレスは的外れでもないと思います。

    お子さんの事でつらい体験をされたのは気の毒だと思いますが
    真摯にレスを下さってる方に失礼ではないですか…?

    ユーザーID:0968578782

  • せりさんは悪くないですよ

    トピ主さんよく読んで下さい。
    せりさんは正しい事書いています。
    逆切れはよくないですよ。

    一度アレルギーになったら一生気を付け続ける。
    当たり前だと思います。
    お子さんによりアレルギーの重度が違うんだから、
    他人の話を聞いてなんになるんですか。
    私も気休めにするのかと思いました。

    元ご主人が医師なんだから頼ればどうですか?
    ここで素人に聞いても仕方がないです。

    外国でしかも離島ですか・・・
    日本で給食を食べても亡くなる子供が居ます。
    せめて離島から引越せないのですか?

    私なら日本に帰ります。
    外国ってナッツ類当たり前に食べるんだろうから、
    とっても怖くて住めません。

    ユーザーID:7631059224

  • 2度目です。

    私の知識が間違ってなければアナフィラキシーを起こすのは
    触ったり食べたりしたのが「2度目」の時です。

    お子さんがアナフィラキシーを起こしたのなら
    今回が「初めて」ではなくそれ以前に食べた事があったんじゃないでしょうか…

    ユーザーID:0968578782

  • お気持ちわかります ・最新情報

     この度は大変な思いをされましたね。私の10歳の息子も2歳の時アナフィラキシーショックを起こしました。
    人工呼吸器で一晩命をつなぎ、数日ICUに入院しました。同じく海外生活中で、医療の貧しい国でのことです。
    強い恐怖感は数か月で納まってきました。ただ頼りない夫への不信感は残りましたし、以後の生活も変わりました。
     生きていてくれるだけ愛おしいですよね。

     ナッツを食べさせた方への恨みで苦しそうですが、最新の情報(NHKで最近特集された番組の内容)をお伝えします。
    幼児期にナッツを定期的に食べさせた方が、食べさせなかったグループよりアレルギー発症が少なかったそうです。(アメリカでの研究)
    (もちろん既に発症している子供には厳禁ですが)なので、その人のせいではないと思います。
     ナッツアレルギーであることを知らないで、目の届かないところで口にしていたら・・・と考えると、恩人である可能性もあります。
    ナッツは調味料などにも含まれていることがあるので、レストランの店員の言うこと等は信じ無い方がいいですよ。    続く

    ユーザーID:8386658481

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧