WEB制作能力レベル

レス16
(トピ主2
お気に入り10

キャリア・職場

オペレッタ

WEB制作の仕事に就きたいDTP歴15年のオペレッタです。
自分のWEB能力がはたして実務で通用するレベルなのかどうか分からないので、
客観的ご意見をいただきたく投稿します。
・現職の実務は9割が紙案件。制作からデザイン、ディレクションまでなんでもこなす
・WEBの実務経験はバナー作りが数件あるのみ。ほぼないも同然
・大学(芸術系)時代から10年以上、独学で自分のWEBサイトを制作・運用しており、広告収入をえている
・独自ドメインを持ち、レンタルサーバーを借りてる
・htmlとCSSは理解しており、実際それでWEBサイトを作っている。基礎的なコーディングはできる
・CGIスクリプトやJavaScript はフリーのものを改変して設置はできる
・Wordpress も設置できる
・ブログも10年以上運用してる。オリジナルCSSテンプレが作れる
・SEOやアクセス解析は基礎的な知識だけある。Gアナリティクスを設置してるがまだ全部理解してない
・とにかくWEBサイト作りが大好き。高度なものは作れないがライフワーク。
このレベルでもWEBの仕事に就けるものでしょうか。制作ではなくディレクターが良いと思っています。
知識が広く浅いこともあるし、年齢も30代後半なので。
しかしWEBの実務経験が乏しいのがウィークポイントです。
転職活動は始めたばかりです。

ユーザーID:2997906640

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 経験値の無さは少しネックに

    自分はweb制作の現場で、コーダー⇒デザイナー⇒ディレクター と転職を数回経験しました。

    ご経験を拝見したところ、広く浅く知識をお持ちで紙制作の経験も十分なのでディレクター職にはぴったりなのではないかと思います。
    ただ、個人ではなく仕事としてのweb制作経験値がほぼ無いのは転職でかなりネックになると思います。30代の中途採用は即戦力を求められるため、経験値の無さをカバーでき、面接官を納得させられる「強み」をアピールする必要があります。
    オペレッタさんは15年間、紙の案件を回していたという実績があるので絶対にそれは強みではあると思います。

    転職先の会社にもよるのでなんとも言えませんが、きっとディレクターとしては十分にやっていけると思います。転職がんばってください。

    ユーザーID:0531000561

  • 客観的ご意見

    それはトピ主が就職した会社が判断します
    実務等を知らず、トピ主の一方的な情報だけで判断出来ると思いますか?

    ユーザーID:3502192569

  • レスします

    ディレクターと仮定して、
    「やってやれないことはないくらいのレベル」だと思います。
    技術重視の制作会社には入れないけれど、
    営業が強くて技術は中の下くらいの制作会社には入れると思います。
    自社サイトの運用ディレクターなどでしたら、
    WEBの経験以外に光るものがあるかどうか次第、という印象。

    技術面で気になったこととしては、
    ・PHPとjQueryをある程度操れて欲しい。
    ・WPは設置のみ?プラグインの知見は武器になる。
    ・スマホサイトのデザインかコーディングの経験は?
    ・GAは奥が深いので、個人サイトの分析程度で全容を理解しようと思わない方が良い。
    くらいですかね。

    ところで、ディレクター職を希望する動機はなんでしょう?
    失礼ですが、自ら手を動かすことに不安があるとか抵抗がある、
    ディレクターだったら人に作ってもらえるから実装経験がなくても大丈夫、
    というような考えでしたら、WEB制作会社の営業という選択肢もあります。
    折衝能力を含む対人スキルと進行管理能力、
    これは紙媒体のディレクション経験が活きてくる部分だとは思います。

    ユーザーID:3049521801

  • 会社にもよります

    会社にもよるでしょうね。
    トピ主さんのレベルでも正社員で雇う会社もあるでしょうし、派遣だったら問題なく通るレベルです。

    それより、清潔感、謙虚な感じ、体型、今までの会社の規模なども関係してくるでしょう。

    いくらスキルがあっても、小さい会社でしか働いたことがないとか、太り過ぎてるなどは、大手企業からは敬遠されますしね。

    だけど小さい会社ならウエルカムかもしれません。

    なんとも言えないので、まずはよさそうな求人があったらトライしてください!
    幸運を祈っています。

    ユーザーID:5683216407

  • クラウドソーシングで力試しから

    実務経験がないということなので、自分の実力を知るためにも、ランサーズやクラウドワークスといった、大手クラウドソーシングのコンペに参加して、受注できるレベルかどうか確認してみては?
    WEB制作のカテゴリもあります。

    クラウドソーシングだけで食べていける実力の人はどこにいってもやっていけそうですが、条件によっては、与えられたテーマに対する他のデザイナの提案レベルも見ることができるので、勉強中のデザイナにも参考になると思います。

    自宅で気軽に作業できるので、ここである程度実績を作れば、転職活動にも役立つのではないでしょうか。

    ユーザーID:0970319409

  • ありがとうございます

    貴重なコメントやアドバイスありがとうございます!大・変!参考になり、少し自信がつきました。また応援のお言葉がとても嬉しいです。
     ディレクター職を希望する理由は、自分を棚卸してじっくり考えた結果、現職の紙の制作実務でWEBに転身して一番生かせる部分が、プロジェクトマネージメント、つまりディレクションだと思ったためです。
    自分で手を動かすのも好きなのですが、最終的な目的にコミットする手段としてWEBを使うというプロジェクト全体にかかわるほうにやりがいを感じます。
     自身で運営しているサイトに関しても、最近はクラウドソーシングを利用して一部を外注して制作しており、サイト全体の質を高くすることのほうに比重を置いています。定期的な広告収入もあるので趣味の域を超えてサイドビジネスになっており、それがまた面白く感じています。
     実務経験の乏しさからWEBディレクターポジションがあっても応募に少し躊躇してしまう気持ちがあったのですが、みなさんおっしゃられるように判断は会社によりマチマチでしょうし、応募してみないことにはわからないですよね。
    とりあえずトライします!

    ユーザーID:2997906640

  • え。

    結局やりたいのはPMなの?
    Webの世界のPMがどういうものか知らないで言ってるのだろうが
    制作実績がバナーのみの40手前の人にPMを任せる会社は流石に無いと思う。
    もしあったらそれはとんでもないブラック企業なので気をつけよう。

    ユーザーID:1376109582

  • 業界研究した方が。

    プロマネとディレクターは別の職種ですよ。

    ユーザーID:1510138972

  • 私の周りにもいますよ、トピ主さんみたいな人

    同世代のデザイナーに、トピ主さんのような人は多いです。
    印刷媒体では実績があるけれど、ウェブに関してはプロとは言い難い程度の知識で実績がなく自信もない、けどウェブの仕事もしたい。デザイナー経歴や年齢を考えると指示だけのディレクター業ならできそう、みたいな。

    印刷物とウェブサイトの製作プロセスは全然違いますし、デザイン自体も視点が似て非なるものです。
    トピ主さんのスキルはデザイン専門学校新卒より低い感じですよね。興味のある素人さんが独学でできる程度のものです。
    ウェブ製作の経験がないのに出来ると思ってしまってること自体どうかと思います。

    トピ主さんのスキルなら、ディレクターの指示の元、機会があれば大元のデザイン製作やコーディングだけを担当するとかくらいじゃないでしょうか。その手の仕事は若い世代が使われそうだけど。

    トピ主さんの、そのサイドビジネスに力を入れる方向じゃダメなんですか? それならご自分がボスなので、自分の希望どおりに人も使って事業が広げられますし。

    ユーザーID:9805038987

  • 採用担当です。

    制作部門・技術部門を経て、現在人事部で採用担当をしております。
    お力になれるかもしれないので、レスさせて頂きます。

    志望動機はご立派なものですが、転職指南書のコピペの様ですね。
    サイトの全体品質云々の部分は、jsすら書けないのにビッグマウスな方だな、
    という印象です。
    デザインにしろコードにしろ設計にしろ、
    品質を評価できるレベルに至っていない未経験者が言うことではないのでは?
    と疑問が浮かんできてしまいました。
    個人サイトやブログでの薄っぺらな経験でサイトの品質を語ったりしない方が良いですよ。
    こちらはプロ中のプロですから、トピ主に何の知見もないことなどすぐに見抜けます。
    アピールするなら謙虚さをアピールしましょう。

    最後に。
    広告収入についてのアピール、未経験者にとても多いですが、
    こちらとしては正直全く興味がありません。

    ユーザーID:5822030178

  • WEBディレクター15年目の者ですが。

    こんにちは。
    僕はWEBディレクター15年目です。
    今、WEBディレクターはどこも人不足です。それは過酷な仕事だからだと思います。

    僕の会社で、今ディレクターを募集していますが
    30代後半くらいの採用条件としては

    「大規模案件のPM経験がある」
    「要件定義や進行中に発生した事案の交渉ができる」
    「予算管理や外注先のコントロールができる」
    「デザインのクオリティーコントロールができる」
    「チームメンバーをまとめてゴールにもっていくことができる」

    です。

    トピ主さんが書かれているような内容は
    大学生のアルバイトさんレベルだという認識です。

    とはいえ、ほんとうにWEB業界でやっていきたいのなら
    今すぐにでもどこかに入社して、若手の人に教えを乞いながらやっていくことだと思います。

    僕の会社にもあなたと同じような年齢の人がいます。
    自分よりも10くらい年の離れた人に軽口をたたかれることがあっても、めげずに笑顔でがんばっています。
    とても努力家で、毎日終電でも文句も言わずに働いています。
    とても頼りにしています。
    あなたもまずは飛び込んでみることかなと思います。

    ユーザーID:7805662221

  • 頑張ってくださいね

    趣味や遊びでWEBサイトを作るクライアントって居なくて、
    最終的な目的の為にWEBサイトを作るっていうのはもうトピ主に言われるまでもなく
    当然のことなんだけれども、そのためにトピ主って具体的に何が出来るの?

    サイトの質が高くないとクライアントは困っちゃうので、
    トピ主に言われるまでもなくみんなで質の高いものを目指すのは当然なのですけれど、
    その為にトピ主って具体的に言うと何が出来るの?

    ということの根拠として、
    15年間のデザイナー・ディレクション経験のお話ができると良いかな。

    別にテクニカルなことでなくたって良いんです。

    静的HTMLしか理解していないけれど
    ディレクション経験を売りに仕事して行きたいって趣旨でしたら、
    様々なアクシデントに備えた鉄壁の予算・スケジュール管理だけは誰にも負けません、
    とかでもいいし、
    撮影の現場ディレクションだったら500回以上場数踏んでますから
    撮り下ろし案件があったらカメラマンのブッキング含めて絶対役に立ちますよ、とか。
    前職のディレクションで培ったことを具体的にプレゼンしてください。

    ちなみに私も転職組です。がんばってくださいね。

    ユーザーID:6374531326

  • 採用する企業もあるとは思うけど

    私はWEBしか経験ありませんが、「紙のデザインをする人の作ったWEB」って結構見てわかるものです。似て非なるものなので…
    実制作の経験がなくてもディレクターとして採用する企業もあるので、紙の制作経験があるなら…と採用する企業もあるとは思います。

    でもデザイナーとかコーダーとかトピ主より「WEBのプロ」なメンバーがついてきますかね?
    個人的にはまずWEB制作の実務を積んだ方がいいと思います。派遣でも何でも勉強と割り切って。

    紙ができるからできるかも、ではなくて、謙虚な気持ちで臨んだ方がいいと思いますよ。
    逆に私のような者が「WEB制作10年やっててイラレもフォトショも使えるからDTPもできるはず♪」なんて甘い考えでいたら、トピ主は腹立たないですか?

    ユーザーID:0799611708

  • ディレクターもいろいろだけど

    もしトピ主さんがウェブの制作実務に直接関わらず、ディレクションだけをしたいというなら、最先端のウェブサイト事情を知り理解し、クライアントの目標に沿ってリサーチし、スケジュールを立て企画書を制作し、それに沿った見積もりを制作し、プレゼンまで持っていくことになると思います。
    トピ主さんの知識では到底無理だと思うのですが。

    もし問題が起きたら(たとえば使っていたシステムのサポートが終わったとか)、自分でその判断はできるのでしょうか。責任はだれが取るのでしょう。
    解決策も解らないのにタイムマネージメントをするのでしょうか。
    これも誰かにやってもらうのでしょうか?
    クライアントからクレームがきたら、制作側に伝書鳩ですか?
    トピ主さんは見てるだけ?

    制作会社によっては営業だけやって、あとは外注や他部署に丸投げというスタイルはあります。その丸投げ係を「ディレクター」と呼ぶ場合もありますよね。もちろん勉強熱心で面倒見の良い責任感のある人もいますが。

    でもこの人が本当に自分がプロのウェブディレクターとかプロジェクトマネージャーとか自負していたら、悪いけど笑っちゃいます。

    ユーザーID:9805038987

  • レスします

    えー、無理でしょー!

    トピ主みたいな人から見たらどう見えてるのか知らないけど
    今時静的HTMLでできるようなサイトの案件なんかないですよ。
    マルデバ対応の制限事項とかサクッと顧客に説明して理解を得るくらいの
    折衝能力あります?
    実装フェーズでエンジニアと細かい話できます?
    わかったような事言ってるけどさ、技術がなきゃあそれまでなんですよ。

    なぜ実務で、しかもディレクター業務で通用するかも?と思ったの?
    その感じじゃあ下層ページへの原稿貼付けくらいしかできないでしょ。

    ユーザーID:0109973432

  • ご意見ありがとうございます

    ご意見ありがとうございます。だいぶ空いてしまい申し訳ございません。
    すべて参考になりました。まだまだ勉強が必要であることも痛感しました。

    転職活動は転職サイトから絞りに絞った4社に応募、
    いずれも大手企業のインハウスWEBデザイナー/ディレクターです。
    1社は書類選考で落ちましたが、
    3社は書類が通り内2社は一次面接&作品・課題をクリアして
    最終面接まできております。
    面接はポートフォリオ&タブレット持参で臨み、
    実務経験が弱いことを包み隠さず話しましたが、
    個人サイトでも良い評価を頂けたようです。
    まさかこんなに書類や面接が通るとは思わず、
    働きながらなので面接日程調整に苦慮しています。。
    もし決まったら、いやもうすぐにでも猛勉強を始めます。

    ユーザーID:2997906640

レス求!トピ一覧