皆さんは成りたかった職業に就いていますか?

レス36
(トピ主0
お気に入り34

キャリア・職場

momo

46歳の実家自営業を継いだ主婦です。夫は都銀勤務です。子供は大学生息子と高校生娘です。近くに夫の実家がありヘルパーさんと私とで要介護2の姑の介護を
しています。優しい姑さんなので実母より気が合います。舅は2年前に癌で亡くなりました。
私はできたらファッション関係の道に進みたかったんです。でも一人っ子で
実家の家業を継ぐ運命でした。日本中、いえ世界を飛び回るバイヤーになって
みたかったです。叶わない夢でした。
皆さんにもなりたかった職業ありましたか?それは叶いましたか?
私はカッコイイ、バリバリのキャリアウーマン(バイヤー)になりたかったです。

ユーザーID:8400664421

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 夢はかなわないもの

    人に言ったら「ええーすごい!」とちやほやされるような職業です。なりたがる人は多いけどなかなかなれない、例えなれても長いことその仕事を続けて行くことは難しい、人気商売です。幸いもう何十年も続けることができてます。

    でも実はなりたくてなったわけではなく、たまたま成り行きでそうなりました。本当は音楽関係の仕事をしたかった。レコーディングのエンジニアとか劇場の音響さんとか…そういう裏方の仕事に就きたかったです。

    ユーザーID:9098553945

  • いつも一歩届かない

    プロ野球選手になりたいとか極端な夢ではなく、ある程度実現可能性が見える夢について言うならば、

    東大に行きたかった→実際に行ったのは京大
    弁護士になりたかった→現実の職業は公認会計士

    とこんな感じです。
    要は常に詰めが甘く勝負に出る根性が無い自分。
    トピ主さんとは違い、自分が頑張りさえすればなりたい職業につけたわけなので、お金を出してくれた両親には心底申し訳なく思っています。

    ユーザーID:7222654490

  • はい。

    書くことが大好きだったので、新聞社を希望。
    念願通り、就職できました。
    ン十年前ですけど(笑)

    パソコンはもちろん、ワープロだって一般的でない時代、原稿は手書き。
    取材して、やっと記事に仕上げても、書き直しを命じられると一からやり直し。
    凹みましたねえ。

    でも、愉しかったなあ。
    怖いもの知らずで、一途さが許されたのは若かったから。
    ずっと辞めずにいたら、どんな人生だったのだろう。
    そう、結婚をするために退職してしまったんですよ。
    もったいなかったな。

    でも当時は結婚すると、辞めるのはごく当たり前のことで、
    深く考えなかった。

    子育てを終えてから、テープ起こしの仕事をやったり、
    頼まれて友人のサークルの会報誌を作成したり(この時はもうPCがあったので、ラクチンでした)
    大好きな書くことに携わってきました。

    だから新聞社は辞めてしまったけれど、仕事に関しては、まあ満足かなあ。

    ユーザーID:8314742916

  • 小学校のときの発言

    僕の記憶している(記憶されている)最古の将来なりたかった職業は、親の話だと小学校の
    授業参観のときに発表した「普通のサラリーマンになりたいです。偉くなると大変そうなの
    で、普通がいいです。」だそうです。かなり悲しかったそうです。

    その後は、進学とともに色々な「就きたい職業」もあったのですが、結局現在は初志貫徹
    (ではないですね)というか、刷り込みというか、希望通りに普通のサラリーマンです。

    ユーザーID:9860301467

  • 2番目に

    なりたかった保育士になれました。
    今は退職して3人の子育てに励んでいます。

    いちばんはバンドで成功する事でしたが…趣味で終わってしまいました…

    子育てが一段落したら仕事復帰&ばばバンド結成したいな〜

    ユーザーID:4660982048

  • 何かを教える先生になりたいと思ってきました

    小学校の卒業文集に、お琴の先生になりたいと書きました。その後、教導の免状は取りましたが、お琴は高校進学と同時に辞めてしまい、今は弾けるかどうかも分かりません。当時から、何かを教える仕事をしたかったのでしょうね。今は英語教師をしています。

    私はほんとうに教えることが好きで、もし前世にビクトリア朝のイギリスに生まれたら、家庭教師をやっていたのではないかと思っています。英語を教える他に、道はありませんでした。しみじみ私にとって、いい職業に巡り合えたものだと満足しています。

    ユーザーID:4973509086

  • 夢と現実は違うから

    私は幼稚園の頃、早く結婚して子供を産んで家族で毎日楽しく暮らすのを夢見てました。でも、先生や親からは「もっと何か希望はないの?」と夢のダメ出しをされましたね。(苦笑)なので、仕方なく「幼稚園の先生」とか書きましたね。
    さて、大学卒業後氷河期で最初の就職に失敗して、その後職を転々としましたが、専門性を付けてなんとか今はフリーでも仕事ができるようになりました。
    私にとっては苦しみながら自分で地道に頑張ってきた結果なので、現状を受け入れ、せっかくなのでこの仕事を楽しむことにしています。

    ちなみに結婚は大好きな人と出会えたのが遅く晩婚、子供は望めません。
    人生ってうまくいきませんね〜。でも、予測がつかないから面白いんですよね。

    ユーザーID:1621124260

  • 有名人になりたい!

    31歳女です。デザイナーになりたい、と思っていたので、結果からすればなりたい職業に就けた、という感じではありますが、私の名前で売れてるわけではないので、有名なデザイナーになりたいという夢はまだ叶ってないですね。まだまだ夢を追い中ですが、最近は幸せな結婚がしたいって言うのも夢に入ってきちゃいましたねー。こっちもまだまだ叶いそうにないです。
    今の仕事に追われて夢を追う努力や気力が年とともに低下して…こんなんじゃいけない!とわかってはいるんですけどね。長いものに巻かれ中です。人生迷い中。

    専門学校を出させてもらって、そのままその世界の職業に着いて数年、毎日自分がやりたかったこと仕事してたら家に帰ってまでデザインしたくなくなっちゃいましたあちゃー。両親が私にかけてくれたお金分全然稼げてないのでやっぱ有名にならなきゃかな…

    すべては情熱の元に〜

    ちなみに一番古い記憶で(幼稚園くらい)なりたかった職業はおだんごやさんとスーパーでギフトを紙で包む人でしたのでそれは後の夢にとっておきます 笑

    ユーザーID:4830253195

  • なれなかった。

    生きるってつらい。
    いつからでもやり直せるって言ったりするけど、そんなことない。
    トピ主様はご主人やお子さんがいて、生活に困ってるわけではないんでしょ?
    だったら私よりはマシな気もするけど、言ってることはわかります。

    ユーザーID:8603444701

  • わりと

    夢が叶った、とまでは言えないけど、
    なんとなくこんな方向に行けたらなーと思ってたのと、
    無計画ながらもわりと近いとこまで来れました。
    ここに来るまでだいぶ紆余曲折ありましたけどまだまだ頑張ります!

    ユーザーID:1235826385

  • そこそこかなあ

    子どもの頃は漫画家になると信じていました。
    何十冊とネタ帳を作りましたね。

    大学では出版社への就職をめざす人が多くて
    自分もついそっちの方に進んでしまいましたが、
    余暇にはまだ描いていました。

    しかし、持込に行くまでもなく自分がプロの目で見て、
    「ダメだこりゃ」というのも明らかで、
    ネタ帳は全部、田舎の畑で燃やしました。

    いま40代後半ですが、
    学生時代の夢はかなえているので、そこそこかな。

    ただ、今はネットで下手な漫画でも公開する術があるので、
    下手な漫画でも、一回くらいは公開してみたいという
    夢はまだ持っています。
    (実際、私くらいの年代かそれ以上と思われる
    素人さんの漫画もよく見かける)

    ユーザーID:6221674487

  • 叶えてからやめた

    好きを仕事にするため、マスコミ業界に入りました。

    ふと離れてみたら異常な世界だと知り、思い切って辞めたのを覚えています。
    その後、その業界を超える魅力的な職は見つかっていませんが、
    結局「ただの仕事好き」だったということで、なにをしても楽しいです。

    好きを仕事にすると、異常に執着してしまうので周りが見えなくなってしまいますね。
    ピ主さんはこれからバイヤーはいかがですか? かっこいいと思います。

    ユーザーID:3103567898

  • 結果オーライ

    大学生の頃になりたいと思った仕事に一応は就いたし、それなりの経験は積んだつもりだったけど、あこがれていたプラス面よりも現実的なマイナス面の方が自分にとって大きくなり、30代後半で辞めました(諦めましたと言った方がいいかも)。

    今は、若い頃にはこんな仕事があるなんて知らなかったというか、こういう職種が募集されているんだということを数年前に知ったようなそんな仕事に就いて、これまでよりも良い待遇で仕事しています。
    業界という意味では同系統の世界ですが、業種という意味では180度違う仕事です。

    もちろん、これまでの経験もあったからこそ採用されたわけですが、若い頃夢見てた仕事より全然楽しいし、やりがいもあり、結果オーライだなと思っています。

    やりたかった仕事に一度は足を突っ込んだので、トピ主さんとは状況が違うかもしれませんが、必ずしも、あこがれの仕事=天職ってわけではないですし、仕事とのもいつどこでどんなものがあるかはわかりません。

    トピ主さんも、継いだ自営業が頑張り次第でバリバリのビジネスになるかもしれないですし、意外な所からファッションとも関連も生まれて、全国展開とかできるかもよ?

    ユーザーID:7185588392

  • 正直言って

    成りたいものなんてありませんでした。大学に入ってから自分の進路を決めてからずっとその道にいますけど。確かに漠然と、海外旅行をたくさんしたい、写真を撮りたい、物書きしたい、などありました。今の仕事でそれ全部やってます。でもこれらは仕事の一部でしかありません。

    ユーザーID:7746183986

  • 希望は叶いました。

    私の両親は朝早くから夜遅くまで、町工場で真っ黒になって働いていました。昔の話です。当時は月に1日若しくは2日休みがあれば良い方でした。そんな彼らを見て、朝と夜家族一緒に食事ができ、土日休み、収入が良い仕事があれば良いな、と何時も子どもながら考えていました。

    それがあったのです。そのためには数年余分に大学に行く必要がありました。指導教授のお蔭で、民間の研究所に入所出来たのです。与えられたノルマをこなし、成果をあげれば、勤務時間にはかなりの自由度がありました。収入は同じ世代の1.5倍はありました。

    私の場合は成りたかった職業ではなく、希望した事柄が叶ったことです。公私ともに良い人生を送れました。トピ主さんの主旨とは少し違いますが、良しとしてください。今は悠々自適(?)に過ごしています。

    ユーザーID:7269840987

  • 結果的にはなったのかな?

     一応、小学校時代に書いた文集の夢は実現しました。

     ものすごーーーーーく遠回りしましたけど、それなりに楽しくやってます。

    ユーザーID:7585728119

  • 就きました!

    小学校1年生の頃から希望していた職業に就きました。

    資格職なら勉強すればいいだけですが、この職業に就き、長く続けるには運と才能が大事。
    超人気職で倍率もめちゃくちゃ高いのに、なぜ就くことができたのか…
    今から振り返っても、ミステリーです。

    仕事は楽しく、人間関係は最高、お給料は25歳で一千万円超。
    福利厚生が手厚く、フレックスを活かして三人の子を丁寧に育てつつ、
    成果も出して認められ、全方位に幸せな人生です。
    きっと皆さんも、私の仕事を多く目にしているはずです。

    ちなみに私は都立進学校卒なのですが、希望の職を叶えた人は本当に多いですよ。
    20年近く前の都立は受験指導が全くなかったので、自分でなんとかする力が身に着いたのかな?

    ユーザーID:6656799817

  • なれなかったけど

    子供の頃、なりたかったのが
    小説家、漫画家、シナリオライター、新聞記者、雑誌記者、動物学者、考古学者と、
    亡くなった母は
    「あんたはまあ、なんでそんなマトモそうじゃないものにばっかりなりたがるの?」と嘆いていました。
    いえ、仕事としてはいいんだけど、「生活が破綻しそう」だと、母は心配していたのです。
    根無し草的になっちゃわないか、と。

    実際は女子大生土砂降り期の大卒だったので、決まればどこでも喜んで!と就職しました。
    もちろん、なりたかった職業の影すらない職業でした。
    親はホッとしたでしょうね。
    どこかへ飛んで行ってしまいそうな仕事じゃなくて。

    今は専業主婦というか、在宅でボチボチの仕事(これもまた、前職ともなりたかった職業とも全然関係なし)をしています。
    ただ、亡母の仕事に似ている仕事です。
    不思議ですね。
    全然やる気はなかったのに、ふとしたきっかけで始め、ほんの少しですが生活を支えることになるなんて。

    ユーザーID:2362671042

  • 夢は変わるもの

    小さいころの夢なんてどこいっちゃんたんだろう!

    夢はかなえば、新しい次の夢ができるものだし、
    かなわなくても、時とともに変わるもの。

    だいじなことは持ち続けることであり、それをかなえるために何か行動することでは。

    ユーザーID:7679928779

  • もう退職しましたが

    小学校1年の時に父が起業しまして、女ばかりの姉妹で、跡取り、婿取りと言われて育ち・・・子ども心に、父の仕事を継ぎたいと思っていました。

    高校で進路を決める時、自分には向かないと、違う道を模索しまして、両親も納得し応援してくれましたが、受験に失敗。二次募集か専門学校か、という時に「一度は自分の思うようにさせたのだから、今度は親の希望で」と、父の跡を継ぐべく進路変更。そこからは、とんとん拍子でした。

    大手に就職がかない、16年、勤めました。
    ずっと、実家に戻るように言われていましたが、とうとう社内結婚して跡も婿もとりませんでした。
    父は建設業、夫と私は設計をしていました(夫は現役)関係としては、父の会社への発注側になります。一度、一緒に仕事がしてみたかったな、と思いましたが、私自身はかないませんでした。夫は、まだ、チャンスがあるかも。

    一番最初の子どもの頃の夢はちょっと違う形でかないました。楽しかったです。

    ユーザーID:2068268197

  • なりたかった職業というより

    新卒で入って任された(未経験)の職種がとってもやりがいのある仕事で、一度出産で辞めて派遣、その後また正社員と今に至りますが、ずっと同じ職種で働けています。
    最初にその仕事を私に与えてくださった会社に感謝です。

    ユーザーID:4543515238

  • 限りなく近いところまではきました

    ぼけーっと事務職をしていましたが、
    サイトで公開していた作品がきっかけで声をかけていただき、
    小説家&漫画家になりました。

    片方はBL、片方は男性向け(成人向け)です。
    本当は後者だけでいきたかったのですが前者を書くことがデビューの条件でした。
    いまは前者8に対し、後者2ですね。
    デビューまで読んだことがないジャンルで、いまなお理解は難しいBLですが
    不思議とこちらの方が売れています。
    おかげさまで『ホモ御殿』と親戚から揶揄される新居も建ちました……。

    夢そのままにではありませんが、二足草鞋状態であれば達成しました。
    一本で行くのは難しそうです。同人だと男性向けのほうが売れるんだけどなー。

    ユーザーID:1650694330

  • 方向は同じかな?

    小さい頃から日本語が大好きでした。
    本を読んだり文章を書いたり言葉の意味を考えることが本当に好きで、幼稚園の頃から買ってもらった百科事典を読み漢字を書く練習を一人でしていました。
    辞書を作るとか、通訳とか、とにかく言語に関わる仕事をすることが夢でした。

    いろいろあって、結局アメリカで言語療法士をしています。
    この仕事を日本語で毎日できていればどんなに楽しかっただろうと思います。
    英語でももちろん楽しくてやり甲斐があるのですが、やはりネイティブスピーカーではないので「自分の言語」という感覚がないのです。
    日本語は自分そのものという気がします。
    それでも脳と言語について考えることがとても楽しく、夢は100%は叶わなかったけれど幸せです。

    ユーザーID:7385643346

  • はい

    51歳です。

    子供の頃は漫画家になりたかった。中学、高校でアニメーター、イラストレーターにも興味を持ち、大学の時にダブルスクールでデザイン学校に通い、結局一番面白かったグラフィックデザインの道に進みました。

    仕事は面白くて、最初は滅私奉公みたいで大変なこともありましたけど、そのうちそこそこ稼げるようになり、もう1つの夢だった”海外にしばらく住む”、の方をかなえるべく留学。

    結局住み着くことになり、同じ仕事をしていたので(今は引退)、両方の夢をかなえたことになりますでしょうか。

    ユーザーID:7336433368

  • 就きました

    幼い頃よく病院にかかっていたのですが、薬局はままごとのようでとても楽しそうに見えました。
    薬を薬包紙で包んだり、水剤を作ったり、ずっと見てても飽きず、自分でやってみたいと思っていました。
    今その職に就いています。

    回復する方ばかりでなく、病状悪化や複雑な家族関係など色んなことを見過ぎてつらくなることも多くて。
    やりがいはありますが、もう一度進路を選ぶ若かりし頃に戻れたら、医療以外の職を選ぶと思います。

    ユーザーID:3788762143

  • なりたい職業は常に10以上あったので(笑)

    ある意味、なってますし、別の意味ではなってませんし、正直、なりたい職業自体がなかったんじゃないかと思います(笑)

    こういう質問する人って、一つの職業にこだわっておられることが多いんですけど、どうしてそんなに簡単になりたい職業を1つに決められるんですか?

    ユーザーID:9520935653

  • はい。なりました。

    県立の普通科高校三年の夏。
    進路指導室の前に、置いてあった看護専門学校のパンフレット!

    あっ小学校の卒業文集に
    「かんごふさんになります」って書いた!
    スイッチが入り、短大進学クラスに
    いましたが、看護学校受験して
    看護師になりました。
    あの日、進路指導室の前を通らなかったら、
    幼い頃の夢を忘れたままでした。

    ユーザーID:2006403120

  • 夢叶えました

    中学生の頃から心理系のセラピストになるのが夢でした。臨床心理学はアメリカの方が発達していると聞き、国内の大学を出たらアメリカへ修士を取りに留学しようと思っていました。結局国内の大学へ行かず、大学からアメリカに留学させてもらえることになりました。渡米してから8年後、無事修士を終え、アメリカでセラピストとして就職しました。それからさらに十年、出産、引越しなどを経て、セラピストとして充実した毎日を送っています。働ける幅も広いし、時間も結構融通が聞くので、一生働いていける分野です。なんをいえば、お給料が低いことかな。

    ユーザーID:7145622306

  • モノを作ることが好きだったので

    工業高校電気科を出て 盤屋さんに就職しました。

    組立課〜電子課〜情報システム課
    盤の組立〜工業系マイコンボードの設計組立プログラミング〜シーケンサープログラミング など

    要求される仕事は時として自己能力を上回ることもありましたが充実していましたね。今は早期定年で退職

    音楽も作りたかったので 工業高校卒業時 音楽理論(楽典、和声法、他)を独学で勉強 DAWなどを使い作編曲
    社会人になってからピアノ、フルート、ヴァイオリン習いました
    正直作曲の才能は無いようですが、ヴァイオリンを習っているときには発表会用の曲のアレンジをして楽譜を提供したり、アレンジ譜面を自己HPにアップして ほかの人に弾いてもらったり と楽しく過ごしています。

    ユーザーID:2169843284

  • 夢が変わるから

    小さいころからなりたいものっていうのがそんなになくてどちらかというとこんな職業やあんな職業に興味があるな〜と思ってきました。
    とにかく家とか間取り、模型が好きで建築学科の高校に入ったら自分で図面書いたり模型作ったりって自由にできたのでそれで満足しました。

    あとはフリーターですがやはり夢がないものなので興味のある仕事を片っ端からやりました。本屋とかコンビニとか飲食なんかも。満足したから辞めるってことはありませんでしたが、それでも満足はしています。
    そんなにフラフラ遊んでちゃだめだと思ったのとやっとなりたい職業が見つかったので正社員を目指そうと思います。

    私はずっと夢だった職業があるということがとてもうらやましかったです。
    友達も幼稚園からの夢をかなえていたので。
    大きくなるうちに進路を決めるたびに置いてけぼりな感覚でしたから。

    ユーザーID:5994938859

レス求!トピ一覧