自閉症についてもっと知りたい

レス21
(トピ主4
お気に入り39

妊娠・出産・育児

ぽっぽこぴー

4歳になる自閉症の息子がいます。本を読んだり、勉強会、講演会など行き勉強中ですが息子とぴったりと思う事例は少なくてもっと知識が欲しいと思います。自閉症以前に子どもについても無知なので保育士や幼稚園教諭の勉強をしようかなと思ってみたり、でもそれだと遠回りですかね?私と同じように自閉症の子を育てている方で市販の本以外の勉強をなさった方がいましたらご紹介ください。

ユーザーID:8225934909

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 子どもさん自身から学びましょう

    健常の子供も障害児もそうですが、全く同じ性格や特性のある子供なんて
    存在はしないものだと思いますよ。
    我が家にも既に成人した障害のある子供がおりますが、日々、子供自身から学ぶ事は
    一杯ありましたね。

    本当に子どもさんの為を思って、自閉症への知識を学びたいと思うでしたら
    余計な知識に対する学習を行う時間があるのでしたら、まずは子供さんと真剣に
    向き合うべきですよ。

    保育や幼稚園教諭の勉強などしても、実際の育児には役に立ちませんよ。
    頭でっかちになっても、それが実際の育児や療育に生かせるわけではありません。

    ユーザーID:1052505607

  • 漫画とかありますよ

    幼児教育や保育士のための勉強はむしろ広くて浅いので、ほとんど必要ないと思います。
    講習会、勉強会などに出ているのでしたら、そのうちなるほどと思えるものに出会えると思いますよ。
    ブログとか漫画もありますよね。

    ユーザーID:2627307818

  • 自閉症とは1

    自閉症とは、数多く存在する「通常のコミュニケーションを幼少から苦手とする人」のことを、無理矢理まとめてしまった言葉です。

    症状も原因も、人の数だけ様々にあります。

    本当はそれぞれ原因・行動パターン的に指導するのが理想なのですが、
    現状ではとてもそんなことはできず、共通して有効だと思われている療育が行われているだけです。

    ユーザーID:8698562629

  • 自閉症とは3

    自閉症のお子さんは一般的な子供に比べると、長所・短所にズレがあります。

    みんなができることをできなかったり、逆にみんなができないことを苦もなくやれてしまうこともあります。

    基本的には得意なことを引き出して褒めて、自信をつけてあげることが大事です。
    苦手なことに関しては、できなくても声を荒げて叱ったりせず、
    根気よく努力を続けられるようにしてあげることが大切だと思います。

    ユーザーID:8698562629

  • 大きな図書館を利用してみては

    論文を検索して、図書館経由で取り寄せることができます。
    図書館窓口に相談してください。

    それと同時に色々な施設の見学をしてみてはいかがでしょうか。

    親の会に参加して、色々な事例を聞いてもいいかもしれません。

    ユーザーID:7969212849

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 『光とともに』

    テレビドラマにもなりましたが、コミックスは話も絵も丁寧で、とてもわかりやすいですよ。

    ユーザーID:8145427693

  • 光とともに

    光とともにという漫画(ドラマにもなっているので、そちらも)参考になりますよ。
    きょうだいがいるなら、島田律子さんの本とかも。
    インターネットのブログも参考になります。
    環境が整うとすごく落ち着きますけれど、環境が整わないと大変です。

    ユーザーID:8266557145

  • 基本は観察です

     基本は観察です。

     彼らもまた、自分なりの考えや思考や行動原則で動いています。彼らの動きを観察しましょう。そして、彼らが何を考えているかを知りましょう。

     大丈夫ですよ。専門知識がなくても、誰でも観察はできます。

    ユーザーID:2709972382

  • 療育寄りの勉強はいかがですか?

    私もうずらままさんと同じ意見です。知識をつけてもお子さんに合う対処法が見つからなければ無ければ意味は無いのではないでしょうか。症状は十人十色ですし。保育士だって発達障害の正しい知識を持っている人はごく一部です。

    市販の本は私も買いましたがほとんど読みませんでした。自分の子供に当てはまる項目が少ないからです。例えば、我が子はコミュニケーション能力が劣っているのですけど、コミュニケーションを伸ばす方法だけを書いた本なんてほとんどありません。丁度いいタイトルのものがあったので買ったのですけど、読んでみたらもっと重度な子向けで使い物になりませんでした。

    もし困りごとがあるのであれば、障害者の親の掲示板などがありますし、そいうった所で困りごとの内容をピンポイントで相談された方がよっぽど有意義な情報を得られます。障害児を持つ方の親は皆さん努力して情報収集されている方が多いですから。

    あとは療育。どうしてこういった療育をやると効果があるのか考えてみたらいかがでしょう。やるならABAの勉強や臨床発達心理士、作業療法士(資格を取るのではなく)などの勉強がいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:4046833097

  • 娘が自閉症です

    12歳の娘が自閉症です。他のレスにもあるように、自閉症にパターンは無いです。特徴と言われることにも該当しなくても自閉症は存在します。日本は自閉症に対してかなり遅れているので書物も無いです。自閉症の研究は英語圏が最先端なので書物は英語です。もちろんちょいちょい情報も集めながら、我が子に真剣に向き合うことが大事かと。それが1番難しいから。向き合えない親、多いです。自閉症は障害です。障害は治りません。けれどそれと不幸は直結しません。直結しがちだけど。私には健常な息子もいます。息子にも娘にも幸せになってほしい。だって自閉症でも自閉症じゃなくても幸せにも不幸にもなってしまうから。

    ユーザーID:8843039262

  • 無理に勉強する必要はない

    うずらままさんに同意です。
    小学3年の自閉の娘がいますが、我が子自身が最高の教科書だと思います。
    子供がどんなことに興味を持っているか、どんな時に笑っているかを落ち着いてじっくり見てあげて下さい。
    意味のない様に思える行動や、こちらには理解できない言動であっても、本人には全て理由があるということを分かってあげて下さい。
    定型の子供たちと違う行動だからといって否定するようなことはしないであげて欲しいと思います。

    あちこちの講習会に行くよりは、親の会に参加するかブログを読まれることをお勧めします。
    講習会の講師は、貴女の息子さんを知って話しているのではないですから。
    あるいは、幼稚園、保育園、療育園等に通われているのであれば、そこで担当の先生に聞いた方がより良い勉強になると思います。

    ユーザーID:7693522625

  • トピ主です。

    >>うずらまま様
    確かに、おっしゃる通りです。そういえば、以前本に夢中で子どもの相手をちゃんとしてあげなかった事を思い出しました。今を大切にしなきゃですね。ご意見ありがとうございます。

    >>鹿様
    漫画やブログなら空いた時間に気軽に読めますね!早速、検索してみます。ありがとうございます。

    >>あきら様
    療育や幼稚園に行きだして、だんだんと子どもの長所短所が分かってきた所です。ご意見ありがとうございます。


    つい、専門知識があれば子どもをつらい目に合わさず済むのでは?と思ってしまいますが失敗から学ぶ事もあるし知識に頼って子ども自身と向き合えてなかったら意味ないですよね。障害児の育児と構えすぎてたかも・・・専門知識は専門家に聞くことにして子どもとよく向き合い、幼稚園行ってる間に引き続き講習会に参加したりブログを読んだりしようかなと思えてきました。

    ユーザーID:8225934909

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • とぴ主です。2

    >>しんちゃん様
    図書館のそのような利用法があったのですね!初めて知りました。ありがとうございます。

    >>カボチャ様
    >>もも様
    この漫画は読みました!!名作ですね。


    >>そうだな様
    こども観察がんばります!ありがとうございます。

    >>ひよこ様
    具体的にたくさんのアドバイスありがとうございました。

    >>れいママ様
    私も”障害があるからって不幸なわけじゃ無い”と常々思っており、とても共感しました。ありがとうございます。

    >>みかん様
    確かに、講習会で質問しても”直にお子さんをみたわけでは無いので。。。”という前置きがあっての答えです。アドバイスありがとうございます。

    皆さんの意見をまとめると、我が子をじっくりと観察しつつ情報収集をしていくって事でしょうか。こんなにレスがつくとは思ってませんでした。ありがとうございます。

    ユーザーID:8225934909

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • NHKの番組

    Eテレの「ハートネットTV」「バリバラ」で発達障害を特集する事があります。
    あとタイトル名失念しましたが、尾木ママさんが出演されてる番組でも、時々特集があります。
    たまにドキュメント番組の放送もあるので、良かったらチェックしてみて下さい。
    もう一つ、子供向け番組の「スマイル」。これはネットでも一部観れます。対象は高機能性自閉症児と思われますが、お子さんの状態によっては参考になるかもしれません。

    わが家には高機能性自閉症の子供がいます。私も主さんと同じで、図書館の本を読んだり講演を聴きに行ったりしてます。
    でもこちらのレスを拝見して、確かに本人と向き合うことがより大事かなと気付かされました。
    知識は程々に必要ですが、子供本人に一番寄り添えるのは母親ですものね。
    お互い頑張りましょうね。

    ユーザーID:8408846230

  • トピ主です。3

    >>siho様
    あんまりテレビ見てないのでEテレは盲点でした。ありがとうございます。

    子どもと向き合うってやってるようでできてないかもなぁと私も思ったところです。今回相談して少し心の整理ができたように思います。感謝。

    ユーザーID:8225934909

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 思春期の息子がおります 1

    小さい頃から、色々とトピ主さんのように出来ることを沢山してきた母親です。
    私なりに、気が付いた事を少しお話致しますね。少しでもお役に立てれば幸いです。

    子育てが上手く行っているかの目安は、我が子の「笑顔」の量だと感じてます。子供が良い笑顔の場合は、親もきっと笑顔になっていませんか?もしお子さんに笑顔が少ない時は、親もきっとそうなのでは?と思っている1人です。

    また、知的部分と自閉部分は似て非なるもので、知的は「量」自閉は「質」だと思っています。
    知的な部分は、伸び方はそれぞれ差はあっても、確実に伸びます。
    ただ「質」に関しては一生変わらないと思います。

    ですから、広汎性発達障害がある子は、どんな大人になるの?と言われれば
    「広汎性発達障害の大人になる」と思います。

    ただ質の部分に関して、客観的にみて「障害」となるか「ユニーク」になるかは
    環境や、周囲の配慮と本人の持って行き方で変わると思います。この違い分かりますか?

    そしてよく世間で言われる「早期療育」の大切さですが、文字数が足りないので
    続きに書かせて頂きますね。長文失礼します。

    ユーザーID:6668791355

  • 続きです 2

    早期療育について書かせて頂きます。
    早期療育って、専門家に何かをすぐにさせるということだけではないです。

    その子に気付き、あった配慮を周囲がしたり、本人にあったスキル方法を学ぶことが、本当の療育の一歩ですから、すぐにでも取りかかれます。

    そしてここが肝心なのですが、何で早期というかですが、専門の事を早くする
    というのではなくて、小さいうちは「修正が効きやすい」に尽きると思ってます。
    大きくなるとみんなそうだと思いますが、自分ってなかなか変えられないですよね。
    そして、自分の体力も無くなって来るし、子供は力が強くなります。

    そのために、早期療育が大切と思ってます。本人も周囲も結局
    日々コツコツの積み重ねが、後に大きく実を結ぶと思ってます。

    きっと成長すると課題が出て来ると思いますが、困る事が増えることは
    お子さんが成長していることですので、良いことです。うちもまだ色々とありますが、素直で優しい子に成長してくれているのは、本当に誇りです。

    お互い毎日1つでも多くの笑顔が増える生活になると良いですね。
    頑張らないよう頑張って下さいね。

    ユーザーID:6668791355

  • お子さんの気持ちに寄り添う

    知的障害を伴わない自閉症スペクトラムの子と、定型発達の子がいます。

    他の方も書かれてらっしゃるように、その子その子で随分と違うのでお子さんの事をよく見る事が大切だと思います。

    私は基本的な所は定型発達の子と子育ては変わらないと思っています。
    その基本とは子どもの気持ちを受け止め大切にしていく、です。
    (言いなりになるのとは違いますよ)

    お子さんがどの程度自分の気持ちを伝えられるかわかりませんが、どの様な形にしろ伝えられるようならその気持ちを大切に受け止めてあげるのが、いいのではないかと思います。

    こだわりが強いのであれば、そのこだわりを理解してあげる。
    パニックになるのであれば、その困り感を理解してあげる。
    その上で安心できる条件を考えてあげるとか、代替安を考えるとか、色々あると思うんです。

    そして自分で考える力をつける手助けをする。
    自己決定が出来る方が自分の人生を生きてるって実感できると思うんです。

    自閉症を知る事も大切ですが、それ以上にお子さんの心を知る事が大切なのではないでしょうか。

    ユーザーID:7265505953

  • トピ主です。4

    >>マロミー様
    療育に通う前は、単に言葉が遅れてるだけだと思ってこだわりや過敏を理解できず叱ってばかりで親子ともに笑顔が少なかったように思います。息子は知的発達の遅れが中度なので心配ですが、知的な部分は伸びるとのコメントにかなり心が救われました。ありがとうございます。

    >>ナスカ様
    この子は障害があるんだから!!という頭でっかちな部分が私にあったように思います。そのせいで息子の気持ちを無視していたかもしれません。ナスカ様をはじめ、皆さんのコメントで気づく事があり感謝してます。ありがとうございます。

    ユーザーID:5529994652

  • 勉強し過ぎにも注意

    こんにちは。
    私は勉強しまくって療育もしまくりましたが、今思うと、
    勉強し過ぎて、自閉だから○○できない、自閉だから○○してしまうとか
    知識あり過ぎて、逆によくなかった気もします。当てはめ過ぎてしまって。

    療育が私の子にはとても合っていたものがあって、合った療育、
    彼の居場所がある教育の場を適切に選ぶのが大切だと思いました。

    後、パニックになって怖がっているものを、大人は大したことが
    ないと思い「怖くないよ、大丈夫」と私は言ってしまってました。
    でも子供は「怖い、大丈夫じゃない」のです。子供はこれが続き、
    親は共感を得られない人だと思って、ますます話さなくなりました。
    私は分かってあげられない親だったみたいで、そこをとても悔いてます。

    今は「そっか〜、嫌だったのか」とか理解してあげるようにしているので、
    色々話してくれるようになってきました。うちは親子の信頼関係が
    築くのがかなり遅く、今やっと少しずつ話してくれるようになりました。
    分かっていたらなぁとは思うものの、なかなか分からなかったです。

    ユーザーID:5589978870

  • トピ主です。5

    >>サチヨ様
    共感がキーワードですね。具体的な体験談をありがとうございます。

    ユーザーID:8225934909

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧