現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

あなたの人生に与えられた修行は、何でしたか?

ミルクティー
2015年5月11日 18:45

40代後半、夫と2人暮らしです。

人生は山あり谷あり。そして、人生において、得られる・得られない物事や経験も、人それぞれです。

幸せな経験もあれば、辛い経験もあり、それでも毎日、皆、頑張って生きていく。人生って修行のようなもの? 与えられた修行は、人それぞれなんだろうなぁ‥。

あなたに与えられた人生の修行は、何でしたか?


私の場合は‥

数年前、お腹が大きくなってから、子供を死産で亡くす経験をしました。それ以前は、心がいつも明るく軽やかでしたが、亡くす経験をしてからは、人生が変わりました。

まず、笑えない。人に会う時は、無理やり「笑顔」を作りますが、心はいつも笑ってない。

妊産婦と子持ちの女性に会うことが辛くなりました。マタニティハイ・出産ハイの女性、あと、子供の話しかしない女性に会うのも辛いです。

「子供がいるのが普通」という世間の一般常識(?)による、人からかかる言葉も辛い。


最近、これは、私に与えられた「人生の修行」なんだ!と悟りました(笑)そう思ったら、少し気持ちが楽になりました。

日常的に辛いことは、毎日あります。妊婦さんに笑顔で接し、出産祝いを笑顔で贈り、子供の話を笑顔で聞く。

子供・赤ちゃんの話を聞く場は、いつもホンワカなピンク色の雰囲気。妊娠出産は、一般的に幸せな部類の話題。決して、雰囲気を壊さないように、笑顔で状況に合わせてます。

悲しい出産も世の中には存在するのになぁ‥


心は辛いけど、辛い気持ちを隠して「笑顔」で、妊産婦、子持ち女性に接し、子供に関わる話題すべてに対応することが、

たまたま、私の人生に与えられた修行なんだと、思います。辛い経験を共有してるおかげなのか、幸い夫とは仲良しです。


皆さんに与えられた人生の修行は、どんな修行でしたか?

ユーザーID:3872504832  


お気に入り登録数:773
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:125本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
孤独になるということ携帯からの書き込み
なみり
2015年5月11日 20:42

進学、就職と順風満帆な人生でしたが、結婚でつまずきました。
その後、仕事も失い、心も病みあれよあれよと底辺の人間となりました。友達も兄弟からも疎遠にされましたが、最後の最後まで、見捨てないでいてくれたのがあれだけ嫌っていた両親でした。
親も年老いて孤独になっていたからかもしれませんが、みんなから疎遠にされ、孤独になった経験をした私には、一人になるという不安と寂しさが痛いほど分かります。
そして、今は以前の私では考えられなかったボランティア活動をしています。
未だに独り身なので、親が亡くなれば孤独になるという不安はありますが、修行と思い生きています。因みに私は、まだ過去形ではありません。

ユーザーID:5336670994
惨いひどい別れの経験。
るんぴに
2015年5月11日 21:17

アラフィフ専業主婦です。今の夫と結婚前、私は8年一緒に暮らした外国籍の
内縁の夫がいました。複雑な事情があり正式な結婚はできませんでした。
それでも内縁の夫との生活は幸せでした。内縁の夫の祖国でも暮らしました。
内縁の夫は祖国と日本を行き来していて8年経ったある日日本に戻って来ませんでした。
当時国際電話しかなく内縁の夫に「もう日本には戻らない。こっちで前から女もいる。お金もたまって起業する。決して来るなよ。日本で誰か見付けろー」と怒鳴られ罵声を吐かれ、あっさり捨てられました。当時妊娠してましたがショックと
心労で流産してしまいました。本当に辛かったです。どれほど泣いたかしれません。
内縁の夫との8年間は一体何だったんだろう、あの優しさが私を利用するためだったのか、だとしたら情のないむごい人だと思う。
私は決して忘れません。
それから数年して今の夫と出会い結婚20年、平凡ですが幸せに暮らしています。
内縁の夫が起業したかどうなったかは知りません。ひどい惨い人だったと
思っています。
これが私の修業の1つだったんでしょうか。だとしたらクリアできたと思います。

ユーザーID:3895138571
自閉症の我が子携帯からの書き込み
こう
2015年5月11日 21:45

子供の頃、父方祖父母と田舎の農家で完全同居でしたがかなり激しいバトルの毎日でした。そして貧乏で、勉強運動ができず、人付き合いが苦手ないじめられっ子でした。大人になってからも人付き合いは苦手でしたが素敵な主人と出会い、上昇気流に…と思ったら、実父の死(癌治療に援助)義兄の経営の会社倒産、それにかかる姉の金欠援助、母の病気…最大は我が子が自閉症。ただいま人生、修行中です。頑張ります。

ユーザーID:0301673565
本当の修行はこれからだと思ってます
おばはん
2015年5月11日 21:48

最期の最期まで分かりません。本当の修行は。
きっと死ぬ前に「あれが修行だったか」と思うでしょう。

でも、貴女のように「修行だ」と思って日々を暮らしている方を、ちゃんと神さまは見てますよ。
あっちの世に行くときは良いことが待ってますよ。

季節の変わり目、体調に気をつけてお過ごし下さい。

ユーザーID:1630059368
私は…
無常
2015年5月11日 21:54

息子の自死です。精神病(本当は大脳のホルモン異常だそうです。)により、長い間(約10年)大変な状況を過ごした挙句こうなりました。わたしは遺族として、息子は当事者としての修行があったんでしょうね。

風と世界がなんとなく透明感を持つようになりました。

ユーザーID:3610941898
修行だらけの人生かも・・・(苦笑)
カフェモカ
2015年5月11日 21:58

40半ば、バツあり子供なし(できませんでした)です。

仕事とか恋愛(結婚)とか、思いどおりにならない事ばかりでした。
障害も持っていて、今も何かと苦労しています。

でも不思議と、自分を不幸・不運だと思った事はないです。

神様は乗り越えられる試練しか与えないというような話を聞いた事がある
けど、ほんとその通りかもなぁ〜と最近よく思います。

昔はなんで自分だけこうなの・・・?って思っていた時期もあるけど、振り
返ってみると、どんな事も乗り越えて来たし、打たれ強くもなったかも(笑)

今では何か思うように上手く行かないと「まだ修行が足りないって事か〜」
と、さらっと流せるようになりました。

嘆くより笑顔で生きる人生の方が楽しいし、無い物ねだりはせず、小さな
幸せに日々感謝しています。

そう思える自分が今いるのは「修行」のおかげ(?)だと思っています。

ステキなトピをありがとうございました。

ユーザーID:9541216561
幼少期の子どもとの別居携帯からの書き込み
はやなみ
2015年5月11日 22:16

死産はお辛かったですね。
心無い質問を投げかけてくる人がいるのは哀しかったことでしょう。
想像に耐え難いです。

私も40代後半の兼業主婦です。
事情で海外の全寮制私立学校へやりました。ツラくて仕方なかった。
1年に数回会いましたが、たとえば夏休みに日本へ子どもが来るにせよ、私があちらへ行くにせよ、会った瞬間からお別れの日のカウントダウンが始まるため、何だかあうのは嬉しいけど辛かったなあ。6年間離れていました。
まだ小さかった頃の6年なのでかなり寂しかった。。

あとは、40代にはいって最難関と言われる国家資格を取ることができましたのですが、周りはもちろん20代が大半で、面と向かって年齢について揶揄されたり、ばかにされながら過ごさなくてはならないのがつらかったかな。それは今も少しありますが。

でも子どもとのことに比べたら、どんなことも大したことではありません。

ユーザーID:8927352895
私の修行は……
りん
2015年5月11日 22:44

絶対に好きになれないものと絶対に離れられないことかな。
頑張って色々してみたけどどうしても無理。
そのことに耐えているだけで私の人生精一杯ですよ。
それ以外のことが何も出来ないくらい。

ユーザーID:5030785215
最終的には死ぬ瞬間に分かるのかなぁ
匿名
2015年5月11日 22:48

現段階では、お金についてだったのかなぁ…とぼんやり思っています。
実家はお金があったので結婚前は1度もお金に困る事はありませんでしたが家族仲は悪く、一切の会話ができないペアが複数あり。皆相手に言いたい事を言わないので憎悪をどんどんためていく。そしてそれが時々変な形で爆発して加減の分からない暴力になる。大袈裟じゃなくいつか殺し合いになるんじゃないかと思いながら10代を過ごしました。
結婚したら家族全員が普通に会話ができる家庭を作りたかった。
結婚相手として選んだ男性は、自分の家族を仲良し家族だと思っていましたが、皆実際に彼が困るとサーといなくなる人達でした。財力もないのに一方的に家族の面倒を見て、丸裸状態。当時は彼が優しくするから円満でしたが、家族の面倒を見れない彼など家族はいらなかったのです。結果私と彼は今、私があれほど嫌っていた私の実家から世話を受ける日々を過ごしています…。
私が助けてほしかった時に手を差し伸べてくれなかった私の親が、今お金を使って私達の事を助けてくれています。
お金ってなんなんだろう…。愛ってなんだろう…。
これが私のテーマかなと思っています。

ユーザーID:4275804395
ご主人が…携帯からの書き込み
プリン
2015年5月11日 22:52

結婚されて仲の良いご主人がいる分だけでも私より幸せだと思います。

自分は特別運が悪いので飛行機には乗りません。

半分の確率なら間違いなく悪い方に転びます。

10%以下の確率の不幸なんて何度も体験済みです。

自分が運が悪い事を認識して生きています。

他人に迷惑を掛けないように生きています。

もちろん結婚する事も子供を育てる事もありません。

不幸な人生は自分の代で終わらせて、次世代には引き継ぎませんよ。

ユーザーID:1602491267
言語障害…
新米ママ
2015年5月11日 22:56

昔から吃音です。
小さい頃は、散々からかわれました。
なんとか安定した仕事に就き、結婚もでき、子どもにも恵まれました。
しかし、吃音…。
仕事中、周囲からは常識がない人だと思われたり、
とにかく誤解されます。悲しいです。ただ、言葉が出ないだけ。

神様は、口の悪い私のために、わざと言葉が出ないようにしたんだ…と思います。
そう思うしか、気持ちが整理できません。

普通に話せる人が羨ましいです。ずっと吃音がストレスで、よく泣いています。
いまだに泣きます。仕事を続けるのは大変です。よく今まで頑張ってきたと思います。

これが私の修行かな…

ユーザーID:5083918830
愛というものを知るための人生の旅
ももんが
2015年5月11日 23:04

生まれてきてから、かれこれ47年が過ぎました
7歳の時に、悲しい別れがあり、私と弟は父親に育てられました
母親のぬくもり、愛情というものをあまり実感できずに大人になりましたが、結婚し、二人の娘の母親になりましたが、子供たちと過ごす、何気ない日常の中で、ふと思うことがあります
あの人(生んでくれた母親)は、一体どんな気持ちで子供を捨てたんだろうか

私は、あの人のようにはならないと誓い、今日に至ります

母から子への愛情とはどういうものなのか、手探り状態の日々でした
まだまだ、子育ては終わってはいませんが、子供たちがいるから、私は毎日仕事して、家事をこなせるんだと思っています

自分ひとりで生きていたら、きっと何も学ばなかったし、生きる原動力もなかったと思います

私の子供への愛は、本当にこれでいいのだろうか、今でも確信がもてません
たぶん、死ぬまでわからないのかもしれない
これからも、愛というものを知るための人生の旅はおわらないです

ユーザーID:9898546918
1番は携帯からの書き込み
長男嫁子
2015年5月11日 23:21

自分の立ち位置、それと お金でした。 何年か前、子供達が思春期に突入した頃、母親から結婚生活は、お金か、女か、子供のどれかで分かれるみたいな話になりました。 19歳と17歳、可愛い反抗期も過ぎ、自分なりの目標?!人生に向き合い出した頃です。 37歳の母です。

ユーザーID:4144348888
一人を知る
M
2015年5月11日 23:53

お子様のこと、独身の私には想像も出来ない痛みですが、それでも前向きに生きていきたいというトピ主さんの声が聞こえてくるトピです。

私は若いときは未知なる海外への思いを羽ばたかせ、紆余曲折ながらも着実に歳を重ねている実感がありました。

アラフォーの今は気がついたら一人です。欧州の地方都市に流れ着き、日々の些細な出来事を話す相手がいません。今年はインフルエンザで寝込みベッドで震えながら涙が出ました。

匿名サイトなので批判覚悟で自分のバカを晒すと、10年ほど妻子のある方と交流がありました。やましい関係はもう大分前に解消しましたが、それでも毎日会話があり、自分を分かって貰っているという安心感と同時に、環境財力共に恵まれている彼の家族に対する羨望に苦しみました。それも断ち切り至った状況が今の一人です。この10年で積み上げたものが何もありません。

ただ「あの人達は楽しくやっているのに私は一人」と思っていた頃より、話し相手がいなくなった今の方が気持ちが研ぎ澄まされている実感があります。これから一人を極めていく、それがこの人生にもらったお題なんだと最近思っているところです。

ユーザーID:1736671996
摂食障害と職場いじめ
わた
2015年5月12日 0:17

私は20代前半で職場でいじめがあって(営業成績が上がったら先輩に妬まれいじめ始まる)それをきっかけに摂食障害になりました。
自分がおかしくなりだした事に気付けず悪化して精神科に5年通いました。
生理なくなって婦人科に回され子供は産めない体だと言われました。
当時結婚の予定なんて全くなかったけれどショックでしたね。
いじめの後辞めて別の会社では濡れ衣を着せられ辞めさせられ...自殺しようとしたところにナンパに合い怖くて逃げました。
その後いい会社に就職でき楽しく仕事していますがそこまでの道のりは長かったです。
職場のいじめはやめる際上司から聞いた話ではその先輩は新人さん全員にしてきたそうです。自分は強い方だと思っていたのにこんな事で人生狂ってしまって悔しいです。40歳になった今も後遺症が残っています。

ユーザーID:2012415177
厳しいけど・・・・甘ったれに聞こえる。成長がたりないのでは。
わんこ
2015年5月12日 2:51

実際子供のいない私には、「やっぱり子供がいないとね」という風にも聞こえます。
「いつもホンワカピンク色の雰囲気」という部分には。
私から言わせると、それがどうしたって感じ。そんな事に嫉妬心や羨望心はないですね。人それぞれであなたの羨望心を考慮しても愛する夫を得てる。
そんなあなたはどうなのよ。

悲しい出産も世の中にあるのになぁ。:そんなこと出産だけに限ったことではない。
なら私は、自分の好きな人と出会って、恋人として存在していたのに結婚できなかた。今も1人ですし、子供はおろか好きな人も簡単に手放してます。

心はつらいけど妊婦さんには明るく接してますとかいうけど、それがどうしたの。他人があなたの心境に合わせる必要はないし、合わされるほうが惨め。

あなたは自分中心なのか、嫉妬心がすごく強い人なんだなーという印象を私はもちます。

悲しさはわかるけど、少なくても他人に対して悲しい出産もあるのになーと自分のことをわかれといわんばかしに人の喜びをただ単に嫉妬と羨望心でみている。
私にはそんな思い方でずっと引きずっている人が道をはずさないか恐ろしささえ感じます。

ユーザーID:5287208054
色々ありますよね
yuko
2015年5月12日 4:02

私は30代後半です。
私も数年前出産しましたが、出産トラブルで子供が重い障害を負ってしまいました。
寝たきりの状態で、意思疎通も出来ないし、呼吸器も付いています。
仕事も辞めざるを得なくなり、それから介護の日々が始まりました。
夜中も水分補給や体位変換などしないといけないので、睡眠時間がほとんどありません。
出かけるのも人手がいるため、ほとんど引きこもり介護状態です。
夫がいれば私は出かけられますが、夫婦で出かけるという事はまずありません。
私も始めは受け入れられず、トピ主さんと状況は違いますが、妊婦さんや子持ちの女性に会う事は辛かったです。
なぜ?なんで自分なんだろう?前世でなにか大変な事をしでかし、今生はその償いなのか?などと変な事も考えたし、
最初はトピ主さんのように修行だと思ってひたすら日々を過ごしてきました。
数年経ち、今は子供の事も人は人、我が子は我が子と割り切れるようになり、だいぶ楽になりました。
この経験をして、自分が強くなれたような気もします。
これからまだまだ長い人生ですが、あまり先の事を考えすぎず、今だけを考えて生きる事にしています。

ユーザーID:7539870864
いまも
99点
2015年5月12日 5:45

10年に渡る不妊治療と2度の流産です。
どうしても子供が欲しくて…
でも数年前、40歳になったのを機に治療に終止符を打ちました。
お母さんになりたかったし夫をお父さんにしてあげたかった。
お金も時間もたくさん使って、結果に一喜一憂する生活は終わったけど
なぜか治療に打ち込んでいた頃より、やめた今のほうが辛いです。
いつになれば楽になるのか。修行の真っ最中です。

ユーザーID:1364553789
30代・40代
ウンナナクール
2015年5月12日 6:35

30代・40代の全てが修行だと思っていました。思っています。
結婚、家族、仕事、人間関係、お金。
修行を乗り切るには、若さと健康と心が大事だったと思います。
何とか全力で生きています。
ここをステップ(踏み台)にして、もっと違う、自分で考え選んだ修行にチャレンジしたいです。
修行を贈り物(ギフト)だと思える日が来ると嬉しいです。
そうであって欲しいと願っています。

ユーザーID:5149962310
痛み、かな
匿名で
2015年5月12日 8:47

ミルクティーさん大変辛い思いされましたね。
それでも前向きに生きている姿に勇気をもらいました。

私の修行は「痛み」です。
・3歳の頃事故に合い、踵を砕いてしまい皮膚移植。
・小学生の時は年の離れた兄が毎日包丁を振り回し怯える日々。
学校ではイジメ。
・10代半ばで70万人に一人の難病にかかり、手術の繰り返し。
医療ミスで酷い肺気胸になった事も。
・子供2人いますが発達障害児で周りとコミュニケーション取るのが苦手。
・今年も2回手術予定です。

持病のため半年間、絶飲食が続きやさぐれました
踵の傷跡を知られるのが嫌で裸足やサンダルは履けませんでした。

アラフォー間近で、今やっと丸ごと受け入れる事が出来ました。
多分比べる事がなくなったからだと思います。
「常識」も手放しました。
そうすると穏やかに暮らせる事を知りました。
毎日が奇跡だって知りました。

以前沖縄のユタさんに、
「あなたは修行マニアだから」と言われた事があります。
マニアなら仕方ないですね(笑)

今ではトラブルが起きる度に、どうクリアしようかとワクワク(?)する自分がいます。

ユーザーID:1722905541
 
現在位置は
です