もてなす人に対しての冗談

レス43
(トピ主6
お気に入り147

生活・身近な話題

ボン

レス

レス数43

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    21美さままで読みました。

    本質に関係ないので書きませんでしたが、仕事とは歌手と伴奏者(私)で、毎週一回コンサートに向けて合わせをしていたということです。

    自分自身、昔はかなりきつい皮肉や冗談や一言多い人間で、それによって他人に嫌われたりしていたので、相手が言われて嫌だなと予想できることは冗談でも言わないように気を付けて生きてきました。また「歌手はファンに嫌われたらやっていけないんだぞ」としょっちゅう言うくせに、この人は何でわざわざ人が言われて不快になるような事を言うのか、本当にそれでたくさんの人に好かれてやってきたと思っているのか?と内心考えてました。

    ドンキーさん
    >たまにはその方が好きそうな手土産・差し入れ・料理の食材等を持っていこうという気持ちはないのですか?
    なぜ「ない」と決めつけるのでしょう?先日も「誰にあげてもこんなおいしい海苔(親戚が問屋やってます)食べたことないって言われるくらいおいしい海苔ですから是非どうぞ」と持っていきましたが、海苔は沢山あるからいい、そんな気を使うな、なんて言われようでした(結局受け取られましたが)

    ユーザーID:5464622064

  • トピ主です

    相手は倍以上年上ですが、コンサートは「二人で音楽を作って披露するもの」というスタンスなので、一応同等の立場(私が伴奏依頼された側)です。

    >受け手側のテンションとノリが合わないと こういう悲劇になるんだわ

    >冗談をガマンして食べるか、冗談にちゃんと冗談で返せる人だったらよかったけど、その冗談を言う相手をその人は間違えてるんでしょうね

    >世の中には冗談のさし加減を知らない人もいれば、トピ主さんのように素直すぎて全部真に受けてしまう人もいるんですよね

    >そういう人とは根本的に感覚が違うのですから、理詰めで抗議したって改まりません。こちらの不快さを理解しようともしないでしょう。自分がおかしなことをしているとはこれっぽっちも思っていないのですから

    その通りだと思います。私ももっとスルースキルを上げたほうがいいですね

    皆さんご指摘の通り、「こういう状態でもう一緒に音楽はできない」だそうで、向こうからキャンセルされました。私も「音楽以外のこと」でいい年して「仕事」をキャンセルできるような人とは、もう二度とご一緒しないと思います。

    ユーザーID:5464622064

  • トピ主です

    残念様まで読みました
    相手側に同情されるレスを読んで、冗談と分かっていた上で聞き流せなかったのは確かに大人げないと思いました。

    しかし何よりも許せないのが、母(スタッフとして関わってます)を引き合いに出された事です。

    コンサートが中止になってお母様がどれだけ悲しむか考えた事があるのか?お前を自分の全てと思ってあれだけ奔走してくれているのをわかっているのか

    と言われましたが、全容を話した母には「あなたが中止を残念に思うことだけが気がかりで、私は別に悲しくはない。もし中止にならずとも、伴奏をお願いされたあなたがそこまで言われても、私が悲しむだろうとそんな風に自分の感情を押し殺して振舞わなきゃいけないなら、そっちのほうが私はずっと悲しい。私も手を引く」と言われたので、母が悲しむ事だけが気がかりだった私にはいずれにしろ継続する理由がなくなりました。
    「最愛の母を悲しませる」事をちらつかせ屈服させようとし、自分の気に入る、期待する返事をしなくて気に入らないから止めるというなら、どうぞおべっか使って持ち上げてくれる人とやって下さい、そんな卑怯者と音楽するなんて私もまっぴらだと絶縁しました。

    ユーザーID:5464622064

  • トピ主です

    蛇足になりますが、以前「もったいないなら要らないです」と言った時に「このー!そんな冗談もわからんのかお前は」と言いながら後ろから頭をどつかれ、「他人の頭を触るとはなんて失礼な」と思った事がありました。もう結構ですと言った問題の日にも触ってこようと(しかもおさんどん中の濡れた両手で)しましたので、「頭なんかさわらないでください」というやり取りがありました。
    「セクハラみたいな言い方しやがって。年寄が若者の頭をくしゃくしゃするなんて普通だぞ」なんて言ってましたが、くしゃくしゃではなく明らかに「言う事を聞かないから抑えつけよう」とする手つきでしたし、ハグや握手以外で他人に触れる時にそんな事する人も(相手を明らかに見下してる態度の人以外)他には見たことないです。

    どうしても他人を見下し、自分がいかに優れた人間であるかくどくど自慢話をしたい傾向の人でしたので、そうやってプライドを保たないと生きてこられないかわいそうな人だったんでしょう。

    今後そういう「冗談」を言う人にあったら、「ただの照れ隠しなのか、それとも本心では相手を見下しているのか、冗談に付き合ってあげようと思えるか」よく見極めます

    ユーザーID:5464622064

  • トピ主です

    コンサートに関しては、私と相手両方と面識のある(それぞれの性格を知っている)、あらましを知った人たちが「自分がやりたいと言ったコンサートでこれだけ沢山の人を関わらせて何か月も準備しておいて、そんなばかばかしいことで中止にするなんて言えるようなプロ意識の低い人とは仕事できない」と言ってみんな降りてしまいました。

    アラフィフさんが「そういう老人は友達も無くし、誰も寄り付かなくなって寂しい最期になるんでしょうね」と言われた通りになりそうです。

    もうチラシもチケットも印刷済みで、どうするのかなーとも思いますが、もう絶縁したことですし、「最愛の母」を人質に私を自分の言いなりにしようとしたことで、母娘で怒りくるっていますので、知ったこっちゃないです。

    改めて「相手が言われて嫌な気分になること」は、た と え 冗 談 で も 自分は絶対に言わないようにますます気を付けようと思います。

    ユーザーID:5464622064

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • トピ主です

    いいねいいね様の2回目まで読みました

    まだ「仕事」がどういうものか書いていなかった時に「会社ではたまにそういう人もいる」「トピ主は会社で働いた事がないのか」とレスされる方もいましたが

    音楽の世界だからといって夢を見て頂いても困ります。こちらは自分の時間を割いて準備する代わりにギャラをもらう、仕事として引き受けたのです。冗談のセンスが合わず音楽してても楽しくないから、もう止めようなんて言って許されるのは、趣味でやってるアマチュアの人達です。演奏する事でお金をもらうプロじゃない。
    私達の世界にだって、腹の底ではどれほど嫌ってても、「一つの本番を成功させるために、関わってくれている沢山の人達にどれだけ迷惑がかかるか」を考えて、ぐっと我慢してニッコリ付き合っていかなければいけない場面は山ほどあります。だから向こうから「中止する」とさえ言われなければ、他の人にはトラブルの事は決して話さず自分の胸にしまい込み、夕食云々のやり取りはもう一切なし、「準備だけ」を全力で取り組み、嫌いな相手と本番を「ニッコリ」終えるまでは自分の責任を全うする覚悟でしたよ。

    「仕事」とはそういうものではないのですか?

    ユーザーID:5464622064

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧