友人のいない男の老後

レス44
(トピ主0
お気に入り137

男性から発信するトピ

喫茶室

自分の性格に難があるのだと思いますが、人付き合いが長続きしません。
友人が欲しくないわけではないのですが、人に合わせようとすること自体が疲れてしまいます。
今は仕事があるので、孤独感も紛れています。
現在定年後の男性は、何をして日々の生活を送ってますでしょうか?
例えば奥様に先立たれてお子さんもいないとかの場合、友人とつるむしかないですよね?
家族がいてもいなくても、友人のいない男の老後のイメージが沸きません。
孤独な自分の辛さと、無趣味で人に合わせられない自分も同じくらい辛いです。
私のような人間は、どうやって生きていくのがいいのでしょうか?
また、友人はもう諦めるしかないのでしょうか?

ユーザーID:1820692487

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数44

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そんなこと心配ですか?

    何歳ですか?

    私は65歳、高齢者です。妻と二人暮らしです。

    定年退職して4年になります。

    厚生年金と企業年金と不労所得で、月60万で生活しています。

    会社勤務していた頃と同じで、退職しても友人と言える友人なんていません。

    でも孤独なんて思ったことないです。

    寧ろ、人と会う方が疲れます。

    人生下り坂が最高です。

    ユーザーID:0323696256

  • 伯父は

    20代で離婚し子どももなく、定年後の今も独り身ですが、人当りよく
    孤独とは無縁で暮らしています。

    毎日の犬の散歩で話をする相手も多いですし
    家庭菜園の野菜を人に差し上げ、料理されたものをお返しに頂いたり
    行きつけの飲み屋もあるようです。
    ああいう老後ならば、一人でも羨ましいと思います。

    でも人付き合いが下手な人の老後は、考えるのも恐ろしいですね。

    サークルも習い事も馴染めないから続かない。下心があるから
    女性にも敬遠される。ツイッターやフェイスブックに投稿するくらいしか
    お金をかけずにできる趣味もなく、孤独を癒せるものもない。

    そういう人は大変ですね。

    ユーザーID:1926510685

  • 友人ねえ

    50や60の同年なんて仕事一本サラリーマンなので、子供の話や会社の話ばかりのつまらない人多いですね。
    男は難しいですね。
    独身の同級生はfbやってるの多いですね。でも50,60の初老が今更何してるのってのもありますが。

    ユーザーID:8612547356

  • 実は


    あなたが思う以上に友人の無い、または少ない人は多いのです。
    SNSが随分盛んになったのも、この人間の孤独感と無関係ではないでしょう。

    若いうちに友に恵まれなくて、老後に友人に恵まれるかも知れないと思うのははかない幻想です。あり得ません。

    ですからあなたの推測通りでなるでしょうね。

    ですが、こうも言えます。友人のいない人は孤独に強い。自然にそうなってしまう、だって誰も助けてくれないから。そういう事が何十年も続けば自然に強くならざるを得ないじゃないですか。

    これも一つの能力じゃないかな。変な能力だと?そうかもしれない。

    まあ老後は自分の工夫次第という事で。
    例えば、家でラジオを聴きながら、ラジオに向かって返事したりコメントをする。ラジオと云う旧いメディアが案外役に立つかも。

    ユーザーID:7610429307

  • お酒は飲めますか?

    近所の個人でやっている居酒屋に通いつめたら、知り合いの一人や二人はできると思いますよ。

    ユーザーID:1634764335

  • 結構共通の悩みかも

    当方も同じような悩みを抱えておりました。
    人付き合いが苦手で、友人は欲しいが出来にくい性格です。働いていたころ
    は孤独感を感じる暇もないほど忙しくしておりました。
    定年後も友人は少ない、というよりゼロですが、幸い囲碁を趣味としており、
    ネットで対局しているとあっという間に時間がたちます。PCにかじりついて
    ばかりでは身体によくないので近所のジムで筋トレや水泳などで時間をつぶしています。
    今は幸い女房が健在なのと息子2人と孫3人が正月、GW、お盆には遊びに来る
    のでそれほど孤独感は感じておりません。
    ただ女房に先立たれれでもすると息子なども仕事がある以上、しょっちゅうは
    来れないですからどう時間をつぶすか、暗い気持になります。
    囲碁と読書とジムでの運動で毎日が過ぎてゆけばいいのですが。
    孤独には慣れているつもりですが、やはり気楽に会って話したり飲んだりできる
    友達が何人かいる人はいいですね。
    とりあえず打ち込める趣味があれば気晴らしと時間つぶしにはなります。

    ユーザーID:4236228376

  • 犬とか猫とか飼えば

    私は40代の女性なのですが、定年後の男性・・・わが父は病気になりあっというまに死んでしまいました。
    どうぞ、後悔しないようにやりたいことをやってください。

    義理の父は町内会のことなど地域のボランティア的なことと庭の草刈などをやってます。
    義理の父も人付き合いは割と苦手な方ですが、町内会などはビジネスライクにやってるみたいです。

    ちなみに母はお遍路に行きたいと言ってますよ。

    でもやっぱり友達がほしいのかな?犬とか猫とか飼うとか。癒されると思うな。
    お散歩の時に、なんとなく犬友達とかできるかもですよ。

    ユーザーID:8588800448

  • 2つの改善案

    1つ目は、場所を変えること。

    私は地元の学校では馴染めず、居心地が良くなかったのですが、
    都会の学校ではそれなりに受け入れてもらえました。

    職場を変えるのは難しいかもしれませんが、
    新しいコミュニティに色々参加してみては。
    嫌なら辞めればいいですし。

    思い切って、老人や子供の集まる所に行くとか。
    はじめは同年代にこだわらず、練習していく。


    2つ目は、自分を変えること。

    余計なお世話かもしれませんが、

    ・カウンセリング
    ・会話教室
    ・ファッション教室

    といった感じの所で、人間力を上げて行くことです。

    他の人に手伝ってもらって、自分の悩みを深く掘り下げたり、
    人と接することは、どういう事なのか教えて貰う。


    自分を殺すんじゃなくて、活かす方向でやってみては。
    合わない人とは無理に付き合わなくてもいいと思いますよ!

    ユーザーID:5224359510

  • 私の知る男性75歳は

    仕事が生きがいで、人に興味が持てず結婚もありませんでした。
    付き合っている友人は一人だけ、あるく辞書のような男だと言っていました。
    定年後も継続して嘱託社員で働いていましたが、まわりの同期がみな
    孫との時間を理由にリタイアしていき、誰もいなくなったところで辞めたそうです。

    毎日、本や新聞を読んだりテレビを見たり、散歩をしたりして過ごしているそうでとくに図書館通いが主だと言っています。
    しかし、一番困るのは死ぬにもホームに入るにも保証人や後見人のような人間が一人もいないそうです。
    何かあった時に救急隊員が部屋には部屋にはいることも出来ないので、家の鍵を預かってくれる人が欲しいと言っていました。
    さらには、唯一の友人も昨年亡くなったそうです。
    長く生きるのも、突然死ぬのも困るなと言っていました。

    私がその方の話を聞いて思ったのは、
    家族は作った方がいいなということです。友人は先に逝かれてしまう場合もありますし、最期は
    部屋の中で孤独死というのが、長生きするほどに現実味をおびてきてその悩みからなかなか解放されないそうです。

    ユーザーID:6318446093

  • 何かの地域活動をする

    私の父は友だちがいません。
    母と結婚しなかったらどうなったのだろうと思います。

    真面目に勤めを終え、定年後もしばらく働き、そしていよいよ本当に退職した後ですが、、、

    地域の自治体の会計理事をやってます。
    また、趣味の将棋を始め(母が無理やり入会させた?)、今は代表をやってます。

    正直、中卒で町工場を転々としていた父親にこういうことができるとは知りませんでした。
    誰かとつるんだりもせず、ひいきをしたりもしないので、かえってまとめ役が向いているようです。

    頼まれても断ったり、余計なこともしゃべらず、できないことは淡々と学ぶのもよいようです。

    相変わらず友達もいませんが、結構毎日やることがあるみたいです。

    私も父親似なのですが、、、なんていうんでしょうかね、もうこうなると友達がいないということは「普通」なので「寂しい」とか「気を紛らわす」とかいう発想がないんですよ。

    トピ主さんはまだ「寂しい」という言葉が出てくるのですから、趣味のサークル活動などで交友関係を広げるのがいいかもしれませんね。

    ユーザーID:7054562640

  • 私もです

    私もです。学生のころは利害関係等何も考えずにいれたので友人が作れましたが、社会人になってからは利害関係を考えるようになってしまったからか友人が新たに作れず、また昔からいた友人とも疎遠になりました。
    孤独に慣れるしかないとあきらめてます。

    ユーザーID:5539684142

  • 今は

    見守り家族制度、身元保証制度がありますよ。
    最悪友人が出来なくても、あなたの話しに耳を傾けてくれる人がいますから安心してください。

    ユーザーID:2225672064

  • 今から老け込んでどーする

    たとえば、働けるうちにたくさん働いてお金を稼ぎ
    定年後は海外に個人でツアーに参加する、とか。
    私の叔母がそうでしたよ。
    旦那さんに先立たれ キッツイ性格で
    友人もいないし。
    ハワイから北極、エジプトと、いろんな所に行ってました。
    海外が無理なら国内でも、今は一人旅の人も多いし
    そこで写真撮るのを趣味としたり。
    「定年後の一人旅」なんて、素敵な写真と
    エッセイ本出版!なんてどうでしょ?

    それに、平日の昼間なんか お寺の境内で 定年後かなーなんて
    思われる方々が お一人で思い思いに 写真撮ったり
    絵を描いていたり、読書していたりしていますよ。
    ウォーキングしてる人もいるし

    今まで仕事で ゆっくりできなかった趣味とかは
    ないんですか?サークルとか行けば
    孤独は無くなるし、孤独以上ともだち未満の人と
    適当に楽しくやったらいい。
    同じ気持ちの人もいるのでは?

    とにかくねー、健康な体に感謝して
    健康維持にも務めて、ボランティアだっていいし
    それに、友達欲しければある程度人に合わせなきゃね。
    友達作りにチャレンジ!だっていいんじゃないかな。

    ダンディな悪親父になってください。

    ユーザーID:5138509364

  • 離職後の人付き合い

    仕事関係の付き合いは、人脈や情報などの価値が無くなるので、途絶えます。
    その他の既知のお付き合いも、相手からすると興味や感心も無くなり同様です。

    だから、今までのことより、これからの活動で関係を築けば良いと思います。

    ユーザーID:7007931037

  • 私も似た様なもの

    29歳の時に、田舎である長崎から 妻の実感である三重県に引っ越してきて37年目に入りました。

    四年半ほど前に、妻が他界し 子供達三人も それぞれ離れて暮らしてるし


    住んでるところも、田舎なので近所にはあまり家もなく

    自分の田舎じゃないばっかりに、心から腹を割って話し合える友人もなくて

    どこにも出かけずに家にいる時は、一日話しをしない日が何日もあります。


    最近やっと、重い腰を持ち上げ

    夜の町へと飲みに行く様になりました。

    ママさんと話したり 隣りに座ってるお客さんと話したり


    少しずつですが、カラオケ仲間も。


    妻が亡くなってからふさぎ込んでた私ですが、やっとふっ切れた気持ちになり


    分かりきった事ですが、今やっと気づきました。

    待っていては友達なんてできない 自分から飛び込んで行くんだと。

    貴方もどうか素敵な友達に巡り会います様に。

    ユーザーID:9077801625

  • 諦めたほうが良い

    友達は諦めたほうが良いと思いますね。

    むしろ一人の時間は一人で楽しむことを考えた方がよいでしょう。

    定年になってもアルバイトなりして社会と繋がった方が良いとは思います。

    ユーザーID:0754283168

  • つるまない、という覚悟を

    実父も義父も妻に先立たれ、やもめ暮らしをしていました。
    義父は10年ほど、実父に至っては30年近く。

    あまり性別論に持って行きたくはないのですが、
    大雑把に述べます。
    女は子どもを通して地域に根をはることができます。
    見知らぬ土地でも、定住して子どもが出来れば何がしかの土地との繋がりができます。
    男の方はどうですか?

    私の父達の場合、生まれ育った土地で一生を送ったので、幼馴染というものがあり、
    妻を亡くし、子どもが巣立ち、一人になった時、随分と旧友達に慰められていたように思います。

    そうでない場合、お仕事での繋がりがあってさえ、お友達が出来なかった方は、
    コミュニティーから弾かれたまま…というケースも想定されます。
    お友達を作るのが得意な方は習い事やら趣味を通じて仲間を作るようですが、
    そうした組織というか「わく」がないと途方に暮れてしまうのでは?

    面白いことに、ウチの主人もそうですが、自分の方が早く死ぬと思っているんですよねえ。
    女はお一人様の覚悟をしながら生きています。
    男も覚悟をしなくては。

    主さん、覚悟はできていますか?

    ユーザーID:7638253417

  • 同窓会があれば出れば

    一応出ている人はそんなにやばい人はいないと思うのでいいと思いますが。
    でも男は見栄を張りだがるのと、目的がないと動かないので友達っても難しいですね。
    多くの男性が友達は嫁さんだけってのが多いですね。

    ユーザーID:5665793524

  • 何でも試してみたらいかがでしょう

    50代既婚主婦です。仕事だと演技して社交的になれるのですが、ものすごく疲れストレスでなので一人でいるのが好きです。夫が幸いよき理解者なので、二人で出かけることもありますが非社交的です。
    他の方も書かれているように、お酒を飲まれるのであれば近所の飲み屋さんの常連になる。別に人と会話をしなくても何となく人のいる場所に居場所があると気分いいと思います。犬を飼ってお散歩したり相棒にする。山や海でできる趣味を見つける。軽い山歩きからスタートして日帰り登山&温泉、ラジオをもって山頂でゆっくりお弁当食べたり、お一人の男性の方たくさん見ますよ。海もしかり。波乗り、ダイビング、船、釣り、ビーチをお散歩…結構興味を引くものもあるかもしれませんよ。基本的すべて”個人プレー”なので、あまり人と関わることはありません。後は、お料理はいかがですか?テレビのお料理番組とテキストを併用して作ってみるの楽しいんじゃないでしょうか?お庭があれば家庭菜園も楽しいかも。楽しくなければ辞めればいいのです。別に誰に迷惑かけるわけじゃなんですから気楽に好きなものを見つけられればいいと思いますよ!

    ユーザーID:4194117863

  • 厳しいのは無趣味

    天涯孤独の受け入れ方、友人との付き合い方は老後においての永遠の課題なのかな。と常々思います。

    トピ主さんの心配事でこれは厳しいかなと思ったのは「無趣味」というところです。

    私は50代です。数年前ですが同窓会に参加しました。
    未熟者の私ですが、それなりの社交性と会話力は微力ながらあるので、波長の合う旧友との交流はその後も続いてます。

    しかしながら、価値観が明らかに違う人、波長が合わない人との交流はやはり社交辞令で終わってしまいます。

    でもその根本は個人の趣味が大きく左右するものと思います。

    人との交流は煩わしさもありますが、交流が続く限り大切にしていきたいと思います。

    しかしながら無趣味な人、他人に興味を持たない人とは、さすがにどんなに暇な時間があっても会いたいとは思わないですね。

    なので、「友人のいない男の老後」というよりも「無趣味な男の老後」を気にしたほうがいいのかもしれませんね。

    何かしら趣味があれば、例え友人が少なくても自分らしく生きるというスタイルが保てます。

    ユーザーID:3471985059

  • 心配いらないと思う。

    心配いりませんよ。

    地域で高齢者のために、老人大学とかゲートボールとか、俳句とか、何かの講座とか、費用も掛からず参加できるものが一杯あります。そこでゆるやかな知人を作ればいいのです、例えば、地域の歴史を学ぼう〜というような集まりには、高齢者がよく参加。地域の行事にも参加すればいい。知り合いができる。暇を持て余してる高齢者はいるので、各所でお知り合いになればいいのでは?気が合えば家に行き来もできますし。

    さらに老いて、介護保険で要支援護が出ると、ケアマネさんとか、ヘルパーさんとか、週に何日かデイサービスに行けたり〜そこでも男女友達や職員さんとの交流もできる。その後は更にヘルパーさんや施設の職員さんなどと顔見知りになり、孤独ということはありません。デイサービスの施設では、花見や紅葉などお出かけ計画もあるし盆踊りなどもある。

    完全な孤独にはなりません。高齢になると病気が出るので定期的にかかりつけの医院や病院にも行き看護師さんや医師とも話す。結構用事がある。訪問医療で医師看護師とも交流。

    いろいろ知り合いや仲間。孤独の極みにはならないと思う。まだこの国は高齢者に優しい。

    ユーザーID:8215595855

  • 旅参加はいかがですか?

     よく旅に出かけるのですが、近頃は一人参加の男性が増えてきたなと感じます。特に温泉系は多いですよ。

    私は女性で一人暮らしになり60過ぎてます。
    友人というか、かなり高齢の人と一緒に旅を近頃するようになりましたが相手の体調の気遣いが多く、一人参加のほうがラクでいいとも思えます。

    出かければ周りの人とも少しはお話をするし、さびしさはありません。

    高額のもでもなく日帰りの半日くらいのものもありますよ。
    海外も一人参加で行きます。最初は不安もありましたが何回かで慣れます。

    その場だけの付き合いもいいと思う。
    友人といってもいつまで続くかわからない。お互いの歯車がありますから。

    人にもよるのでしょうが、会うのは半年に1回くらいで充分です。
    出かけるとそこで親しくなる人もいるかもしれない。
    そうしたら、そこで進めていけばいいのでは?

    『友人』という言葉にあまり期待・希望をもたないほうがいいです。
    気遣いや言葉、態度も思っていること丸出しにはできません。
    健康なら一人でも楽しめますよ。

    ユーザーID:2077955277

  • 女友達も

    男女関係なくボランティアや趣味で知り合いができますよ。

    ユーザーID:7239573083

  • 危機感を持ってるなら大丈夫

    子供なしの夫婦二人暮らし、40代半ばです。
    私もおそらく性格に難あり、コミュ力は低いほうだと自覚していますが、夫はもっと低いです。
    夫には仕事以外の趣味もないようです。
    夫を残して死ぬわけにはいかないと思っています。

    知り合いの医師が言っていたのですが、女性の独身より男性の独身のほうが、老後は辛いのだそうです。
    女性はそれなりに話し相手を作れたり、趣味が多かったりするのですが、男性はコミュニケーションをとれず孤独をこじらせる人が多い。
    若い頃は独りでも平気だが、歳をとるにつれ体力も精神力も衰え、不安感と孤独感を募らせていく。
    病気や早死や認知症は独身男性のほうが多い。
    なので女性より男性こそ結婚するべき。
    もしくは友人や親戚との関係をきちんと構築しておくべき。
    だそうです。

    喫茶室さんも諦めないでほしいと思います。
    たくさんの人と出会えば、中には一人くらいフィーリングの合う人が見つかると思います。
    私は最近仕事の幅を広げたり、スポクラに入会したりしました。
    気のあう友人できましたよ。
    男性もたくさん来ていらっしゃいますよ。

    ユーザーID:8326339883

  • 難しい話題

    縁あって60代と70代の人たちとかかわりが多いです。

    残りの人生をせいいっぱいエンジョイするぞ!といわんばかりに年がら年中趣味や人付き合いに忙しく駆け回ってる人と、何もすることがなく時間を持て余し、家にこもりっきりというタイプに分かれる気がします。

    若輩ですが、わたしは苦手なことはあえてしなくていいと思うのです。
    人付き合いをしたほうが楽しい人は、そうすればいいし、
    人付き合いが苦手なのに、頑張ってやったって続かないし疲れてしまうから苦手な人はやらなくていいと思います。

    毎日穏やかに楽しくく暮らすのに、必要なものを取り入れればいいのではないでしょうか。
    かといって全く一人は寂しいというので、トピ主さんの場合、難しい話題だと感じます。

    ちなみに、友人のいない人に共通するのは、人に関心がないということだと思えます。

    友達が欲しいなら「この人と会えば楽しい、また会いたい」と思ってもらえればいいわけですが、友人の出来ない人はそう思ってもらえない原因があるということだと思います。
    友人の一人は「友達付き合いは我慢」と言っています。
    参考になれば。

    ユーザーID:0279210988

  • あなたの好きなことは何ですか?

    昔の夢を実現するのも良いかも知れません。
    海外でバックパッカーをしたかった、ヨットを操縦したかった、マンガを書いてみたかった、登山をしてみたかった、等々、昔出来なかった夢を叶えてみたらどうでしょう。
    学生時代やっていたクラブは何だったか思い出して、又再開するのもお勧めです。違う自分を見付けられたり、友達が作れるかも知れません。

    初老の男性が求められている場所も有ります。
    それは、(お金が無いなら)地域のボランティア、(有るなら)社交ダンスがお勧めです。両方とも社交性が無くとも出来るからです。そして相手があなたを必要として求める可能性が高い。何故なら男性は女性より平均寿命が短いので、両方とも男性が大切にされます。引く手あまたです。ダンスなんて・・・とお思いかも知れませんが、ダンスも過酷なスポーツです。脳と体をフル活用しないと動けません。健康の為にもお勧めです。

    もし仕事が好きならば、定年の延長として、週3日ほど、継続雇用を会社にお願いしても良いかも知れませんね。
    余暇を利用して婚活な〜んて事も楽しいと思います。まだまだ人生楽しみましょう!

    ユーザーID:3725321942

  • めんどくさい、やる気ない、疲れる 更年期?

    めんどくさい。
    何しろめんどくさい。

    やる気が起きない。
    何をやっても楽しくない。

    そして疲れる。

    趣味もいろいろありました。
    空腹も忘れて打ち込む趣味が。

    仕事も頑張っていました。
    うまくいくと嬉しくて、また頑張ろうと思えたし、こちらも食事の時間も忘れて働くことも多々。

    更年期など気持ちの持ちよう。
    忙しくしていれば無縁と思っていました。

    それが、疲れるんです。
    趣味に打ち込むと疲れて家のことがおろそかになる程に。
    疲れてしまうのと、気力が起きず趣味も休んでいます。
    趣味をやると疲れて、気が付くと居間で転がって眠っているし!

    仕事も全く楽しくない。

    毎日「めんどくさい。めんどくさい」と心で呟いては、やらねばならぬことをこなしています。

    ちなみに40代後半。
    更年期ってこういうもの!?

    読んでいただいてありがとうございました。

    ユーザーID:5698515315

  • ボランティアとかは?

    困っている人を助けるようなボランティアはできませんか?
    それが生きがいになるかもしれませんし、友達もできるかもしれません。

    ユーザーID:6989630582

  • 夫も考えています

    うちの夫も大学卒業後は営業職で転勤もあったので、親友と呼べる人はいないと言っています。唯一大学時代の一人だけ、数年に一度出張ついでに会う友人がいる程度です。激務すぎて、数年前に配置転換を願い出て、毎日自宅のベッドで寝られるようになりました。その時、私から「定年後、自分を表現できるものを探しておいたら?」と提案し、夫は食生活から変え、運動やヨガを始め、メタボだった体は引き締まり、精神的にもとても安定しました。いくつかのサークル等にも参加しましたが、自分が好きなこと、出来ること、自分には合わないものを知るために活動していた時期もありました。ちなみに、男の料理教室はダメみたいでしたね(笑い)。最近ではある国家資格をとるべく勉強を始めました。よく頑張るな〜と思います。
    ゆっくりでいいじゃないですか? なにか興味のあることを始めたり、ボランティアもいろいろありますから参加してみたり…。で、自分に合う物、続けたいものを見つければ良いと思います。その方が一人の時間も大切に楽しめるかもしれません。
    人生はまだまだ続きます。もしかしたら、これからでも本当に気の合う人が出てくるかもしれませんよ。

    ユーザーID:6323382968

  • 気の合う友達なら欲しい

    うまくいく人付き合いって相性のひとことにつきますね。

    相性が悪ければ徒労に終わることが多くて、人付き合いが嫌になります。
    気の合う人に巡り合うかどうかは運のようなものだと思います。
    家族、他人に関わらずに。

    私は還暦過ぎの女性ですが長年の友人たちとの付き合いは、もういいかなと
    思い始めています。

    決して悪い人たちではないけど、人としてもう受け入れていく気力が
    無くなったというか、我慢ができなくなったというか。

    自分が狭量になったのか、あとどのくらい生きるかわからない大事な
    時間を我慢して生きていきたくないのです。

    ひとりは自由だけどさびしい。
    これは表裏一体のもので、嫌なことを我慢しても人と付き合いたい人も
    いるわけでひとそれぞれということです。

    トピ主さんも友人作りの努力をしてみて、自分はどっちが向いているのか
    納得されてみてはいかがですか。

    ユーザーID:3794348514

レス求!トピ一覧