37年前に母と離婚し子供連れの人と再婚した父

レス40
お気に入り389
トピ主のみ8

助けて

ひと

このトピのレス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 一切を拒否する

    無視でよいです。

    自治体はマニュアルに従って連絡をしてきただけです。

    遺産が欲しいならどう云う事態になっていても死亡時に連絡がありますよ。
    葬儀代の請求がありますよ。
    関わればろくな事はありません。

    下手をしたら扶養の義務を出してきますよ、自治体は

    ユーザーID:3958471842

  • どれを選んでも相続には影響なし

    身元保証人になろうが、成年後見人を立てようが立てられようが、
    親子関係であることには変わりはなし、相続には影響はありません。
    トピ主が身元保証人になれば、実父の介護費用を、どう支弁していくか、
    栽量を持てますが、そこでうまく節約して取り分を増やすなどというこ
    とも現実的には困難だし、何よりいやらしいです。

    ユーザーID:0121021415

  • 関わらないのが一番なのでは?

    裕福な状況なら、そもそもそのような通知は来ないと思います。
    再婚相手とも上手くいかず、別れて、現在一人だという状況なのではないでしょうか?
    家があるとか財産持ちではないと思います。

    ユーザーID:5590525833

  • 再婚相手の連れ子に任せたら

    連れ子も今は40〜50代で、責任能力はあるはず。

    虐待を受けていなければ、連れ子の方が保護義務があるのでは?

    ユーザーID:7135420485

  • うーん

    92歳で認知症・・それなりに病気とかもされているでしょうし、
    施設とかは?

    職業分かりませんが、そんなに「財産」なんてないと思います。

    3 を選択して、財産放棄しておいた方が無難かも・・・

    相続すれば、借金やお墓も相続する事になります。もちろん、税金も
    かかります。それらを考えると、交流無かった人の為にそんなにお金
    かけますか?

    ユーザーID:3960161473

  • あんまり突っ込まない方がいい

    財産を持っている人が、何十年も音沙汰ない子に身元引受人を頼まれるような事になるでしょうか。

    欲をかかない方がよいのでは。

    関わりを持つつもりがないのなら3を選んでおいたらどうですか?

    ユーザーID:5541078235

  • 弁護士に・・

    あなたはお母さん側についたんですか?確かに悪いお父さんですけど、お互いに不倫をしたのなら、お父さんばかりを責められないような・・

    そしてお父さんにもし財産があるのなら、財産は欲しいといいますけど、お父さんの仕事はどんな職業だったんですか?

    それらを調べないと何とも言えないでしょうし、あなただって酷い父親だからこそ、財産くらいはもあるものなら貰わないと気が晴れないのもわかります。

    専門家と言うか弁護士に相談してください。

    ユーザーID:6320861359

  • 財産問題は関係ない

    この場合成年後見人の選任が問題です。
    成年後見人とは何をする人かですが、財産管理能力を失ったお父さんの代わりに財産を管理し、必要な支払いをしたり、必要な買い物を代わりにします。つまりお父さんの財産で、老人ホームの支払いをしたり病院代を払ったりおむつ代や衣類を買います。
    きちんと支払いがされているか、不法に財産が使われていないかは、裁判所が監査指導をします。
    近年成年後見人による財産使い込みの被害が社会問題になり、それをどう防ぐかが大きな問題になっています。そのため財産額が多い人には複数の後見人が付きその内一人は法的な専門家に入ってもらう方法や、貯金の多くを勝手に引き出されない方法が取られています。
    貴方は自分ができないのなら、専任の了承する。でいいのではないですか。誰かはしなければならないのですから。
    お父様が存命の内は財産が欲しい等とは思わない事です。本人が必要経費に使い、亡くなってから残った物が遺産です。その時は、相続権ができますがお父様に債務が無いかは慎重に調べた方が良いと思います。
    それまであまり欲深い考えは持たない方が良いと思いますがいかがでしょうか。

    ユーザーID:2297466539

  • レスします

    >プラスの財産があれば、少しでも家計の足しになれば、頂きたい気持ちもあります。
    会いたくないし許せないけど、財産が有れば貰いたい。

    中学生の頃、両親の事で辛い思いをしたでしょうが、37年も前の事。
    主さんは51歳で、会社で長年働き、大学生高校生のお子さんがいる父親。
    子供の頃にはわからなかった、親の気持ちもわかるでしょうに。

    市役所は「会え」と言ってるのではなく、身元引受人になりますか?と聞いているだけです。
    親子なんですから、間違いなく主さんはお父さんの「身元引受人」。
    間違いなく主さんのお父さん。

    会う気もないし許す気もないし、子として親をだびにふせる気も無いなら、例え財産が山ほどあるとしても、それも破棄して、無縁仏として役所の方で処理して貰うだけです。
    子として親をだびにふせる事はするというなら、少額の財産でも一円残らず貰えば良い。
    ただそれだけではないですか?

    ユーザーID:2495413420

  • 何にもしたくないけど

    貰える財産があれば貰いたいなんて、ムシが良すぎじゃありませんか?

    ユーザーID:9162118702

  • 感情面を抜きにして書きます

    一番楽で得かもしれないのは3です。
    トピ主さん以外の人が成年後見人となり父上の今後の生活の手続きをします。
    例えば施設に入居させ財産があるならそれを管理し入居費を支払い、
    無ければ生活保護の手続きをしてそこから支払うことになると思います。
    父上が亡くなったら相続人であるトピ主さんに連絡がくるので
    プラスの財産があれば相続し、マイナスの財産しかなければ放棄します。

    成年後見人とは財産を好きに使えるわけではなく管理しているだけです。
    お金の使途について裁判所に詳細な報告をする義務があります。
    勝手にお金を引き出してギャンブル等に使うこともできますが上手くやらなければバレますし犯罪です。
    ただ、バレたとしても使ってしまったお金を取り戻すことはほぼ不可能でしょう。

    なお、相続人が複数いた場合にそのうち一人が成年後見人になったとして
    相続時に他の相続人よりもその人が有利になることはありません。

    あえて身元引受人または成年後見人になって将来自分が相続するであろう財産(あれば)が
    なるべく減らないようにすることもできます。ただ、労力がかかるので総合で見てプラスなのかは疑問です。

    ユーザーID:2760207759

  • まずは電話照会されてはいかがでしょうか。

    市役所からの文書には、連絡先(照会先)の電話番号が記載されているはずです。
    この文書だけでは判断できないと言って、お父様の現状、財産の有無等を電話でお尋ねになった方がよろしいでしょう。
    もしお時間の都合がつけば、その市役所を訪問なさって担当者と面談することがベターです。残念ながら交通費は自腹ですけど。
    お父様は再婚者に先立たれ、連れ子さんからは扶養拒否を喰らって、生活保護申請中で行政が介入したのではないかと推察しました。

    ユーザーID:3805606628

  • 会わない方がいいと思う

    もう92歳で認知症になり後見人が必要だという事は、会った所で多分トピ主さんの願ってる昔話、過去のいきさつは聞けないし、記憶があやふやな状態で聞いた所で事実なのかどうなのかさえわかりません。

    それともし財産があるのなら連れ子がなんとかしてると思いますがこればっかりはわかりません。
    ただ普通に考えればないからトピ主さんの方に連絡がいったのでしょう

    ユーザーID:9533232957

  • 貴方にとって、プラスなら、、、、

    確認してから、結論が出を出す!

    ユーザーID:6436881865

  • 一緒に住んでいた家族は?

    子連れの方はどうされたのでしょう?
    お父さんに養われていたはずですよね?
    養子にされなかったのでしょうか?
    年取って認知症になったからと言って元の家族に返すといわれても
    納得できませんよね、
    弁護士さんに相談されたり調査が必要じゃないですか?

    ユーザーID:1280149971

  • 37年前に母と離婚し子供連れの人と再婚した父

    トピ主です。

    早速のコメントを頂きまして、皆様ありがとうございます。

    皆様のご意見を頂き、一切 関わらないようにしたいと思います。

    財産がないから、誰も面倒をみてくれず、市役所から連絡があるのですね。

    理解出来ました。ありがとうございました。

    ユーザーID:5251918118

  • トピ主です

    先程、コメントのお礼を書いたのですが、初めてトピをたてたので、要領がよく判らないまま、記入したので、レスのタイトルを、質問と同じにしてしまい、送信した後に、間違いに、気がつきました。
    すみませんでした。

    ユーザーID:5251918118

  • 調べてみては

    お父様92歳でしたら後妻さんが既に亡くなっているのかあるいは離婚していたのか、いずれにせよ、扶養義務のある人があまりいないのかもしれませんね。
    もしかしたら実子はトピ主さんだけなのかも。
    負の遺産があった場合は放棄しなくちゃいけませんし、一度調べてみられてはいかがでしょう。
    扶養義務は無理にとは言われないので断ればいいみたいですよ。

    ユーザーID:7290567749

  • 不思議

    許せず全く会いたい気持ちはないのに、プラスの財産があれば、
    少しでも家計の足しになれば、頂きたい気持ちもあるのね。

    財産があってもなくても、会わずに相手に任せれば。

    ユーザーID:6062380696

  • そんなものがあったら

    仮にも再婚家庭があったわけだし、
    他の親戚ともなにかしらつきあいがあっただろうし。
    まともな財産があれば誰かがぴったりくっついているはず。
    それが役所から身元引き受け要請の書類が送られてきた。
    イコール、残るものはなにもない。

    ユーザーID:5426011636

  • トピ主です

    皆様、色々なアドバイスを頂きまして、ありがとうございます。
    質問にお答えします。私は母についていきました。しかし、高校2年から、学校の近くに古いアパートを当てがえられ、少しの生活費を渡され、一人で生活するように言われました。学校の先生には、祖母の介護の為やむ終えず、と嘘の理由を言ってました。
    母は再婚相手と県外に家を建てて、そこで住んでいました。

    私は高校卒業後、母とは違う県外の大学へ進学そのまま、そこの県で就職し、結婚しました。
    母は、プライドが高く見栄張り、嘘つき、嫁イビリ、自分勝手、我儘で、外ずらだけはいいです。
    結婚して24年経ち、やっと最近、疎遠にでき穏やかな生活を送れるようになりました。
    それくらい嫌いです。
    今回、問題の92歳の父は、電力会社を33年勤め55歳で定年退職しました。私が15歳の時でした。当時は、持ち家に住んでおり、再婚後もその家に住んでいたようです。もし、父に財産あり、そのお金で賄えるなら、老人ホームに入れて、看取りをしてもいいかと思いましたが、アドバイスを頂き、関わらないでいくことにします。皆様、まだまだアドバイス お願い致します。

    ユーザーID:5251918118

  • 3でいいですよ。

    3でいいじゃ無いですか?
    何も思い悩む必要なんかありません。
    お役所も仕事だから貴方に連絡を取って来ただけで、3と回答されたら、その後の手続きをサクサク進めるだけですよ。

    あと、今回のことと遺産相続とは何の関係もありません。
    2や3の対応を選んだからと言って、遺産相続を放棄したことにはなりませんから。
    ま、恐らくなんにも残ってないし、これからも残らないと思いますけどね。

    遺産をちゃんと遺せる人が、不倫離婚したり、親しくしている人がいなかったりなんてこと、まずありませんから。
    虚しい期待はしない方が良いですよ。

    ユーザーID:2285442009

  • 絶縁できないですよ!

    生活は面倒みなくてもいいかもしれませんが
    亡くなった日だけは知っておかないともし借金があれば
    あなたが相続することになります。
    亡くなった日から3ヶ月以内に相続放棄の手続きをすれば
    相続しなくていいのです。
    3ヶ月は早いですよ。
    無視してたらさらに面倒なトラブルになりそうです。
    弁護士さんになり相談を入れてほうがいいですよ。
    もしくは実親と逢って、どういう経済状態だったか、
    自分で調べておくことが大事なのです。
    お気の毒とは思いますが今の法律だと実親と絶縁できないでのですから。

    ユーザーID:7902698298

  • 対価でいただいております。

     60代半ばの主人がトピ様と同じ状態でしたので、私達の体験を報告します。主人の両親は夫が5歳頃離婚しお互い再婚。主人は父に引き取られ、嫁姑で父は2度の離婚。母は再婚後ほどなく死別。主人は従兄弟達と交流はあり、30年前に私と結婚を機会に手紙などで、母とお付き合いはありました。母は8年前に役所から「息子達に面倒を見てもらいなさい・・・」と指導されたようですが、母の友人の手配で遠方のグループホームに入所。会うのは年に一度程度でした。
     昨年末に倒れ、病院での母は認知症も進み、インシュリンを打つ状態、他に特定疾患の薬も飲んでいました。年が明け、二男の我が家から近い高齢者介護施設に入所して頂き、週に2〜3回訪問しています。運よくここまで物事が済んだのは、妻の私は仕事で相続の仕事をしており、「我が家と同じ家庭」を複数見て、母の戸籍謄本を取り寄せていました。再婚相手には独身高齢の「息子」がいましたので、母の事はいくら血を分けた息子達であっても、相続関係すべて辞退する予定でした。
     続く

    ユーザーID:2202679317

  • (対価で動く)私たちが経験した事

     タイトルが違っていたら申し訳ありません。
     主人は幼い頃さみしい思いをしてきたので感情的に母が許せないようですが、入院中に生命保険の受取を主人に変更し、住所は遠方のグループホームから母の親族宅に変更、銀行や役所の変更手続きは嫁の私が謄本と除籍謄本を持参して全て行いました。それは手続きかかる労力は「対価で頂いている」という事。
     戸籍謄本に再婚相手の息子が「養子縁組」になっていないという事実。
     母はお金の事で子供達に迷惑をかけていないのと、性格が穏やかなので割り切ってお手伝できます。
     トピ主さん、念の為にお父様の戸籍謄本だけは取っておいて下さい。

    ユーザーID:7797175106

  • うわー

    どちらの親とも関わりたくない…

    ユーザーID:7135420485

  • 関わりあいにならない

    私だったら、関わり合いを持ちたくないです。

    後見人にならなくても、実子なら、遺産を貰う資格はあると思います。 財産があるかの方が問題です。

    一応家の名義や預貯金を調べに父親の家に出向く、、、という方法もありますね。 茶菓子を持って、「話がしたい」って言ったら、話ができるかもしれません。 けっこう認知症が進んで良そうなので、娘だと認識できないかもしれませんが、出向いて悪いってこともないはずです。

    でも家の名義が父親でも取り壊し費用がかかったり、今後の施設の費用にあてなければいけなかったり、相続は面倒なので、よく考えてからの方がいいですよ。

    ユーザーID:2205235611

  • 対価で頂いております。続き

     お父様の戸籍謄本取得ですが、もしかしたら、腹違いの兄弟がいるかもしれません。そして、万が一葬儀の時に本籍地が必要になります。
     我が家は母の戸籍には「高齢結婚歴無しの息子(再婚相手の最初の結婚の子)」の存在がネックになっていました。
     今、母の住所は戸籍謄本の附表でわかるので、母の了解の元、あえて母の親族に置かせていただいています。
     お金関係は施設に訪問したら、毎回母に通帳を見せて納得して頂いています。車いすでの外出や買い物もお供しますので、この半年間の展開に母は喜んでいるようです。
     文字数制限がある為、昨日のレスは端折ってしまいました。

    ユーザーID:7797175106

  • 色々と調べてから

    生活保護の書類なら何を今更!?ですが、取りあえず、3で良いのでは。

    お父さんは、定年になるまでサラリーマンを勤め上げてきた人です。
    退職金やら企業年金やら何やらで、全くゼロという訳でも無さそうに思います。
    92歳なら兵隊さんにも行ったでしょうし、その恩給だってあるのでは。

    取りあえず、戸籍ですね。
    誰々が居るのか。相続人は居るのか。

    資産はどのくらいあるのか。
    こちらの持ち出しになるなら関わらない、管理に手間要らずの遺る物があるなら有り難く頂戴する、で良いでしょう。

    そのくらい強かに振る舞っても構わないでしょう。
    主さんはこのお父さんの息子で苦労もしたんです。
    少しくらいお釣りが返ってきても良いでしょう。

    心に余裕があれば、お見舞いしても良いですし。

    万が一の時の供養は、心が穏やかになってからでも良いですし。

    ユーザーID:7231051240

  • 知ってから3ヶ月よ

    相続の放棄は
    亡くなった事を知った日から3ヶ月です。

    勘違いをされてる方がいるようなので。。。

    私の父も、3年ほど前に亡くなりましたが
    亡くなった事を知ったのは
    翌年の6月ごろです。

    全く関係の無い市町村から
    還付金の手紙が届きました。

    確定申告を再婚した相手の方がしていたらしく
    法定相続人の
    私の所に届いたのです。

    それから、もしかしてと
    私が知ってる最後の父の住所の役所から
    転出を追っていき
    亡くなった時の住所までたどり着きました。
    そして、謄本をとり父の死亡を確認。
    その日が父が亡くなった事を知った日です。

    そして、相続放棄の手続きを
    即、しました。

    +の財産もあったかもしれませんが
    会わなくなって20年以上。
    今更そんな人の財産を当てにして
    面倒な事になる方が嫌でしたし
    −財産があったら
    とんでもないことになりますからね。

    何より、亡くなったのを知って3カ月以上経ってから
    借金発覚なんて言ったら
    どうにもなりません。

    ですので、とにかく
    亡くなった事を知った時から3ヶ月です。

    ユーザーID:1630935213

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧