吹奏楽部の担当楽器

レス81
(トピ主3
お気に入り96

趣味・教育・教養

かあさん

レス

レス数81

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ぜひ!

    響けユーフォニアム というアニメを見ると面白いです!
    低音楽器がやりたくなりますよ。

    残念ながら部活は好きな楽器ができるわけではないです。どうしてもやりたければ個人で習うのもありですがチューバを極めるのもいいと思います。

    人生、そうそう上手くいかない事が学べて良かったのでは?

    ユーザーID:2457567196

  • 懐かしいです

    高校時代、ブラバンでした。
    フルート、クラリネットはやっぱり競争率高かったのを思い出します。
    そんな私は、ユーホでした。
    初心者でしかもなんかふらっと入ったので、希望の楽器がなく、即ユーホ決定!みたいな。
    でもチューバとユーホとコントラバスの先輩たちに超超歓迎されて可愛がっていただきました。
    やってみるとどの楽器も楽しいですよ〜。

    このトピ、ユーホ吹きだった人がいっぱいいてなんだか嬉しいです。
    ユーホのアニメすごく気になります、見たいな〜。(見られないところに住んでるのが悔しい!)

    ユーザーID:1829442464

  • 大会曲によっては、チューバや弦バスが「ピアノ」兼任することが

    ありましたので……
    そういう関係も加味したのかな?? と、ちょっと思った。


    最近の大会曲、「ピアノを使う」曲が、ままあるんですよ。そのピアノが、結構高度で、誰にでも容易に弾けるようなものではない。
    大音量・主旋律なので、ハンパなく目立ちますし。。

    “ピアノが巧い子”って、どこの部活もフルート/クラリネット/オーボエに集中するものですが、
    「大会曲演奏中のパート移動」が厳しい、「変に目についてしまってよろしくない」ケースが、ままある。

    子供の部も、学校一ピアノが弾ける子は、フルート担当だったんですが、関東大会に臨むにあたって、「曲中の移動は目立ちすぎるから」という理由で、フルートの方を休みにして、ピアノ1本に絞らされてました。

    他校がどうしているのか観察していると、同じその曲を演奏していた学校は、

    ・チューバの男子が楽器置いて、すぐ後ろに移動して弾く
    ・弦バスの女子が、同様に弾く
    ・パーカッションの人が1人、ピアノ専任になる

    で対応していました。

    ユーザーID:0985340927

  • 先生と交渉中って(呆)

    部活なんてそんなもの。
    野球部で希望者全員がピッチャーをやれるわけじゃないでしょう?
    吹奏楽部だって、人数と男女比を考慮してパートを決めるのですから必ずしも希望通りにはなりません。
    諦めて決まった楽器で続けるかやめるかなのに、チューバはやりたくないけど部活はやめたくないから交渉中って褒められた態度ではないですね。
    先生が今更希望を聞いてくれるとでも思っているのですか?
    そんなことをしたら、希望がかなわなかった他の部員はどう思いますか?
    息子さんだけズルイってなりますよ。

    私はクラリネット希望でしたが、倍率2倍だったため選考から漏れ、あいていた中からホルンを希望したもののこちらもじゃんけんで負け、最後までうまらなかったユーフォニウムになりました。
    やりたくなかったですが、一晩泣いて諦めました。
    先輩は冷たく、部活は楽しくなかったです。
    その後、1人しかいなかったチューバの穴埋めのため、チューバに異動しました。
    身長150cmしかない女子がですよ。
    でも、意外と楽しかったです。今でもネタにできるし。
    気持ちに整理をつけて頑張るように言ってあげてください。

    ユーザーID:2193945541

  • ユーフォニウム担当でした

    息子さん、楽器でモメちゃう時点で吹奏楽には向いてないんじゃないかと。
    全員が希望通りになるなんてありえないし。全員が希望通りにしたら、どんな構成になるか考えてみるように言ってみたら良いと思います。

    チューバがどうしても嫌なら、個人でフルート習いに行くしかないでしょう。

    ユーザーID:3623044292

  • 限られた時間の素人の部活じゃ仕方ない事

    >私も学生時代吹奏楽部でしたので

    と書いてる割に、

    >レスを拝読していると、吹奏楽の方はたいていそこには目をつぶってきているのですね。

    今更コレですか?おそらくトピ主は息子さんが味わったような挫折を経験した事も無く、自分の恵まれた境遇を当たり前と思ってきたのだろうとの印象。もしかしたら息子さんと同じように思ってた友達にも無神経な発言・態度してきてたんじゃないです?

    ま、私の時もそうでしたよ。練習のときも演奏会のときも、移動の時に女子部員とりわけFl、Clの軽いパートの連中って自分の荷物だけ持って手伝いもせずさっさと消えていく。みんなで1つのブラバンとか言っておきながら、不承不承割り当てられた大型楽器担当の苦労も何も理解しようともしない。

    まぁ恵まれた人なんて一事が万事、そんなモンですよね。だから自分も同じ経験者とか言っておきながら子供に掛ける言葉も見つからない。

    あ、私は男数名の中で、楽器持ちを除いた3人でジャンケンに一発負けでチューバでしたよ。個人的にVnもやってますので、そこで低音に魅せられて大学ではオケでCb始めて以来、二刀流です。

    ユーザーID:5980871985

  • 私の時は

    希望なんて聞いてもらえませんでしたよ。

    先生が唇の形とかそういうので、あなたはコレ、あなたはコレと楽器を渡されました。
    木管楽器がよかったけど、渡されたのは金管楽器のホルン。すごく嫌でしたけど転部というのは内申点的にダメという噂だったので、我慢してやりましたね。

    スポーツで言うところのレギュラーになれなかったみたいな感覚で、与えられた物を頑張るのも良い経験だと思います。女の子に重い物持たせなくて済んだくらいの気持ちになれるとよいですね。

    ユーザーID:6171148350

  • 時代が違うのか

    納得できないので先生に交渉中ですか。
    もう5月も終わりますが、その後どうなりましたでしょうか。
    元吹奏楽部(私立中高ですが)としては、先生や先輩の決めたパートに意見するという
    発想がありませんでしたので、驚きました。
    それなりに経験値のある先生が、できるだろうやってくれと期待して息子さんをチューバに配したのに、
    ド素人の生徒が意見するとは。
    そして息子さんは、今更どのパートに行くつもりなのでしょうね。
    第一希望はとっくに埋まっているでしょうに。

    チューバだからかわいそうっていうのもずいぶん狭量だとも思います。
    マーチングではスーザフォンを持てる花形パートなのに。
    チューバソロのすばらしい名曲もありますよ。
    重たい大きいということだけなら、小学生だって吹いている楽器です。

    吹奏楽は全員競技。
    そのことを教えず、ごね続ける息子さんをいさめないトピ主夫婦に疑問符です。

    ユーザーID:4647987492

  • 3つのレスを読みました・1

    トピ主レス表示のない、2つ目のレスが重要な情報でしたね。
    希望してないのに回されたとあっては、話が違いますね。
    それはごねて正解です。
    他の先生に相談してもいいレベルじゃないですか?
    安易に「男子」という理由だけでチューバになったのなら男女差別ですよ。

    うちの中学校だと
    1・初心者・経験者は希望パートに仮配属。簡単な音階を練習する。
    2・先生とパートリーダー立ち合いでオーディション。
    3・不合格者は欠員のいるパートからパートを選ぶ。
    4・3で人数が集まりすぎたらオーディション(こちらは音出し程度)

    小学校だと
    1・全員集めて、黒板にパートと募集人数を書く
    2・順番に希望パートを言っていく。順番の前後による不公平はなし。
    3・全員終わったところで、変更希望受付け。
    4・定員枠内に収まったパートは決定。オーバーしたらオーディション。
    これくらいはしてほしいですよね。

    続きます。

    ユーザーID:9141452695

  • 3つのレスを読みました・2

    続きです。

    でも、チューバをからかう子がいる、先生の技量はいまいち。
    息子さんの熱意がしぼむような部に、在籍する価値ありますか?

    一般的に部活で練習するより、楽器店でレッスンを受けたほうが
    上達は速いです。
    (楽器ごとに講師を呼んでいる一部の強豪校を除く)

    先輩から「無駄知識」を教え込まれることもありますから。
    中学校だとよくあることです。しかも善意なのがくせもの。
    先輩、楽器の基礎知識勉強してから教えようよ(苦笑)

    ご参考まで。

    ユーザーID:9141452695

  • そんなことに親が口出すの???

    部活じゃなく、スポ少のサッカーや野球なんかでも
    いくつも役割があるものは本人の希望が通らないことがあるのは普通でしょ?

    ピッチャーやりたいって言う子が全員ピッチャーになるの?
    キーパーになりたいって言う子が10人いたらゴールに10人並ぶんですか?
    東大行きたいっていう子は、全員東大に入れてもらえるの?
    大手商社の海外部門に行きたいと言えばみんな就職できるの?
    アジア駐在嫌だ、アメリカ駐在がいいといえば、通るんですか?

    たかが中学生の部活なのに、話が大げさと思いますか?

    子供がべそかくからって大げさに口出ししてるのはトピ主ですよ。
    どの部活でも希望のポジションにつける子の方が少ないし、
    ましてレギュラーになれずに3年終わる子もいるんです。

    それって子供が自分でNOを表明して新しい道を探すなり、
    そこで折り合いをつけて楽しみをみつけるなり、
    根回し交渉・実力をつけて欲しいものを勝ち取るなりすべきところでしょ?

    「君。才能あるから」とか、先生にゴキゲン取ってもらおうなんて・・・
    過保護すぎますよ。

    ユーザーID:9612209577

  • どの楽器も大事

    トピずれかもしれませんが聴いて下さい。

    わが子も中学生の時、吹奏楽部でした。
    毎年、20人以上入部してくれれば良いのですが…子どもが2年生の時の1年生は15人。
    楽器を決めるのが大変だったのに、進級するまでに7人に減少。
    低音の楽器がいないのに、オーボエ・ファゴットがいるみたいな、変なバンド編成に。
    けっこう顧問も苦労したみたいです。

    不本意かもしれませんが、与えられた楽器が好きになってくれたらいいな。

    ユーザーID:4009226533

  • 補足読みました

    フルートがやりたかったけど希望が通らず悔しい思いをしている息子さんを想像していました。
    理不尽さや不公平さが納得できずに泣いておられるなら、どの部活に入っても同じことでしょう。
    吹奏楽はやめたくないけどチューバは嫌。他の楽器ならまぁいいかと思える、そのような心持ならきっぱりと退部されたほうがいいと思います。
    練習にも身が入らないのでは…?
    たぶんこれから活動内においてちょっとしたことで理不尽さや不公平さを感じると思いますよ。

    ユーザーID:4065333629

  • フルートは…

    中学の頃少しだけ吹奏楽部でした。フルートの女の子率は100%でしたね。男子はパーカッションやチューバ、トランペットの金管楽器に多かった。私は女性の多い木管楽器から、4人中3人が男性のホルンに移りました。(一人は私ね)

    やはり男性は重たい楽器に行かされること、多いと思いますよ。あ、因みに私はクラスでもかなり小さい女子でしたが。金管楽器は比較的重いので(トランペットはそうでもないですが)、男性はまわされると思いますよ。フルートは軽いから、女性的な楽器ですね。

    ユーザーID:2436871075

  • 吹奏楽部は吹奏楽をやるための部活です。

    野球部が野球をやる、サッカー部がサッカーをやるのと
    同じように、それが成立するように人数を振り分けるのは
    当たり前のこと。
    全員希望通りなんて事は出来ません。
    私の友人で、最初は希望したトランペットでしたが、1年の
    途中でチューバに回され、2年になって新入生が入ったら
    打楽器に回され、3年の最後の演奏会でやっとトランペットに
    戻してもらえたって人もいます。

    正直、自前の楽器が無かったら、どんな時でも他の楽器に
    回されても仕方ないってのが吹奏楽部だと思ってます。
    それを自覚して高校進学時に楽器を買ってもらったという
    人も私の周りにはいます。

    周りは希望が叶っているって言うけど、その人達は自覚が
    あったかどうか分からないけど、一番やりたくない楽器を
    避ける為に決まりやすそうな楽器を希望に入れてたんじゃない?
    その楽器をやっている人には失礼な言い方ですが、多分人気が
    無いのって打楽器と低音だとしたら、どちらかよりマシな方を
    最後の希望に入れていたのでしょう。
    だから、それらになったとしても希望通りになったのでは?

    ユーザーID:2279323900

  • トピ主です。

     このトピ内容は、理不尽な状況に置かれた子どもが前提です。

     そういう状況に置かれた子どもとの心の寄り添い方、あるいは、つらそうな子どもを見て動揺するダメ母へのアドバイス、同じように不安を抱えながらも自分を鼓舞しながら子どもを応援してきたことのあるお母さんの体験などをお聞きしたかったです。
     
     ですが、この前提状況を受け入れてもらえなければ、全くの不毛の議論です。

     タイトルが悪かったですね。国語力も大事だと改めて思いました。そこは反省です。

     それでも、息子へのエールを送ってくださった方、感謝します。

     それから「響けユーフォ二アム」の情報ありがとうございます。アニメは見られませんので本を探してみます。

     最後に、上記趣旨のため、私の経歴など省いてますが、チューバの魅力も重要性も熟知しております。
    状況説明上、不快に思われる表現をしたことはお詫びいたします。

    ユーザーID:4663052146

  • 退部することになるんじゃないですか?

    第2希望でも第3希望でも、不本意は不本意。
    でも第1希望がかなわなかった人は、先輩も同級生も
    それなりに折り合いをつけて頑張っているか、どうしても嫌なら退部していると思います。

    しかし息子さんは交渉ですか?

    ではチューバの空席はどうするんでしょうね。
    もう6月にもなるんだから、振り分けられた楽器にみんな慣れてきたことでしょう。

    そこで顧問が「かあさん息子君が、チューバは嫌だというので、誰かチューバに行ってください。
    あと彼はフルートか、○○が希望なのでどこかのパートを増員するか、楽器が足りないようなら交代できますか?」と言ったらどうなるでしょうね。

    猛反発食らうのが目に見えませんか?

    そうやってお望みのパートに行っても、さぞ居心地悪いでしょうね。

    一方で、チューバのままでも息子さんはやる気なさそうなので、
    いずれにせよ部活辞めるんじゃないですか?

    親としていうことがあるとすれば、
    「思い通りにならないことはいくらでもある。お騒がせして申し訳ないと先生に詫びてこい」くらいだと思います。

    ユーザーID:9452265405

  • 学校によっていろいろ

     私はサックスがやりたくて高校で初めて吹奏楽部に入りました。

     でもユーフォになり手がないとかでまわされてしまいました。

     そしたらサックスに決まった子が「私、何でもいいから替わってあげるよ」って。

     で、部長に報告したら、すんなり替えてもらえました。

     ほかの皆さんはコンクールの強豪校出身ではないですか?

     私のような弱小校だったら初心者も多いし融通が利くと思いますけど。

     コンクールの成績はいまいちでしたけど、好きな楽器ができてラッキーでした。

    ユーザーID:9184724598

  • 大抵、担当楽器が一番好きになる

    私自身、吹奏楽の経験があり、娘も中学・高校と吹奏楽部に入っています。

    娘は中学の部活入部の際に、第5希望まで書きましたが、結局、希望に書きもしなかったホルンに決まりました。
    その時はホルンって‥?という反応でしたが、その後大好きになり、高校でもホルンを続けています。

    娘の場合希望楽器といっても、特に根拠もなく、ほんっとに「希望」でしかない。
    楽器を持っている、あるいは経験者でなければ、「希望」は参考にしかならないと思います。
    先生は空いているパートに、何とか1年生を割り当てなければならないワケですから。

    それが分かるから、娘にも「ホルンいい楽器だよ〜」と、希望楽器でなかったことに対してはこだわらないようにフォローしました。

    息子さんは小柄だということで、男子だからという理由でチューバなのかな?と釈然としないお気持ちは分かります。
    適性があったのかもしれないし、単に男子だからかもしれない。それでもいいじゃないですか。とにかくやってみたら、きっと何か見えてきますよ。

    ピアノを弾かれるということ。そちらも続けて、かっこいい音楽男子に成長したら素敵ですね。

    ユーザーID:2467406038

  • 何をやりたいか

    フルートをやりたいなら個人的に習いに行くという手もありでしょ。

    ただしブラスバンドを経験できるチャンスはずっと低くなると思いますよ。市民バンドでずぶの初心者を歓迎してくれる所って少ないと思うし。市民バンドで受け入れられたとしても、ほとんどが歳上の中では上意下達になりがちで"追従するだけ"になりかねない。同級生といっしょに活動する、2年目以降は"先輩になり、後輩ができる"ってのとはまったく別物でしょう。

    部活としてのブラバンの利点の1つがコレですよね。大会の舞台は人数制限がありますから別問題ですが、部活だからこそ初心者も一緒に活動できる。そこで得られるものは大きいと思いますよ。

    人気パートで補欠扱いになるより、チューバなら大会の舞台に立てる可能性も高い、とも考えられるし。まぁ、チューバを3年やってからトランペット始めるより、チューバから木管の方がやり直しは楽に思いますがね。

    なんにせよ親が大騒ぎするのはナンセンス。

    ユーザーID:5980871985

  • 本当にやりたいのは何でしょう。

    吹奏楽部出身です。

    せっかくやる気と希望を持って入った吹奏楽部でそれではがっかりですね。
    きっと、今はどんな言葉も慰めにはならないでしょう。

    ピアノやバイオリンもそうですが、フルートは人口が多い楽器です。
    それに比べてチューバができる人は少なくてどこへ行っても重宝がられるはずですし、サウンドの根っこをささえる重要な役割を持つ楽器ですから、やってみたら案外その魅力に取り付かれてしまうかもしれません。
    とにかくやってみるのはアリだと思います。


    今回は残念ながら、吹奏楽部で希望していたフルートをやることはできなくなりました。
    でも、一生フルートができないわけではありません。

    もし、「吹奏楽」がやりたいならこのまま与えられた環境の中で頑張って欲しいですし、「フルート」がやりたいなら吹奏楽部はあきらめて、教室や先生を探してレッスンに行った方がいいですよ。
    吹奏楽部では先輩から教えてもらう事になりますが、間違った奏法や、非効率的な練習方法が受け継がれていることもありますから。


    息子さんには、本当にやりたかったのは吹奏楽なのかフルートなのかをじっくり考えて欲しいです。

    ユーザーID:7649505365

レス求!トピ一覧