吹奏楽部の担当楽器

レス81
(トピ主3
お気に入り96

趣味・教育・教養

かあさん

レス

レス数81

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ガンバレ!

    チューバ、かっこいいよ! そのまま続けて行けば吹奏楽部のみならずいずれ大学オケや市民オケでも歓迎されるよ!

    ユーザーID:3643129940

  • 期待されてるんですよ

    吹奏楽部は男子が少ないですよね。

    チューバは息をたくさん吹き込まないといけないから腹筋もかなりつかいますよね。

    男の子が吹くほうが力強い良い音が出ると先生が期待したんじゃないですか?

    木管より金管のほうが音を出すのが難しいと思うので大抜擢ですよ。

    なかなかmy楽器として持つことない楽器を吹けるのは楽しいと思いますよ。

    ユーザーID:7593369396

  • 子育てはしてませんが…

    20年ほど前に吹奏楽入部した者です。

    私も、中学で吹奏楽部に入部しました。
    楽器を決める際、フルートが第一希望だったことも息子さんと一緒です。
    実はフルートを購入してまでいました。

    第三希望まで記入する決まりでした。
    決まったのは、その第三希望のユーフォニウムで…
    誰一人としてユーフォと書いた人が居なかったようです。

    今、どうして第三希望に書いたのかすら覚えてませんが、その後ユーフォが大好きな楽器になりました。高校進学後もユーフォ担当でした。

    動画サイトでも、チューバとユーフォで、アナ雪やルパン三世等、巧みに演奏している動画がアップされています。

    悲観的にならず、第六希望に書いたことも何かの縁ですし、ぜひ観てみてください。好きな楽器になるかもしれませんよ。

    ユーザーID:2062585844

  • 吹部なんてそんなもん

    自分で月謝払ってするお稽古事とは違うから、楽器の希望は通らなくて当たり前なんです(泣)

    お子さん体格いいんじゃないですか?チューバ辺りの大型楽器は、任せられると思った生徒にしか声はかかりませんよ。

    ここは自分が選ばれたんだ!と胸を張って頑張ってください。

    それが腑に落ちないなら、どーしてもフルートがやりたいとゴネるか、別の部にするしかないですねぇ。

    ユーザーID:7241829603

  • 本当に音楽が好きなら

    がっかりされたでしょうが、フルートにこだわらないのが大事なことだと
    教えてください。

    吹奏楽は何種類もの楽器の演奏の組み合わせで成立します。

    それぞれの楽器に大事な役目があって、曲が成り立つんです。

    楽器の担当決めは、好きな楽器を取り合うのではなく、あくまでも全体構成の
    分担決めです。

    フルートとチューバでは性格が正反対ですね。
    フルートは旋律部分が多い。
    チューバは逆です。
    曲の和音とテンポを支えます。

    言い換えれば、チューバを担当することによって、曲の全体構造が見えてきます。

    ちなみに、合唱でも同じです。
    ソプラノやテノールはかっこよくメロディーを歌うことが多いですが、アルトや
    バスは、ほぼ基底音、つまり和音の第1音になる部分ばかり歌います。
    しかし、バスにいると、曲全体がいつも把握できます。

    チューバがその立場になります。

    旋律にのみとらわれるのではなく、音楽の構成を把握して楽しめるのが、
    そういう「曲を支える楽器」なんです。

    息子さんがピアノを弾いていらっしゃるなら、私の言う意味がわかる筈ですよ。

    ユーザーID:9859106300

  • それは可哀想すぎる

    えー!
    そりゃないですね…
    よりによってチューバ…お察しいたします。

    私はユーフォニウム吹きですが、
    選択肢か3つしかなかったため仕方なくこれにしたクチです。
    なんにせよ、本人のやる気が削げてしまったのならば、
    退部も検討された方がいいかもしれません。

    ユーザーID:8328936323

  • もったいなかったですね

    そうですか、第6希望のチューバですか・・・。
    なかなか女子でチューバをやってくれる子、やれる子はいないので、どうしてもチューバは男の子になりがちですね。

    人数の多い部ですか?
    フルートは一番人気なので、どうしてもフルートがやりたければ、小学生のうちからフルートをやらせたり、フルートを購入しておくべきでした。それくらいしないと、フルートの激烈な競争を確実に勝ちぬけないでしょう。

    せっかくピアノを習っているのですから、指も回るだろうし、体も小さいのならチューバはもったいないですね。せめて、クラリネットやサックスあたりになれればよかったですね。

    チューバで頑張るのもありだと思いますが(チューバは低音を支える非常に重要な楽器なので、音楽センスのある息子さんは信頼されるでしょう)、どうしても嫌なら、個人的に市や民間のバンドに所属されてはいかがですか?

    ただし、その場合も、フルートを用意して、ある程度吹けるようにしておかないと、フルートのポジションを得るのは難しいでしょう。

    ユーザーID:0800295719

  • フルートは少ないからね

    吹奏楽は人数によって
    各楽器の数がだいたいきまってしまいます
    数は少なめです

    フルートは女子に人気楽器ですし
    既に習っている子がいたら、初心者にはまず回ってきませんよ

    多分ほかのこの第一希望を優先したら、第6希望しか残らなかった可能性がありますね、

    新メンバーに男の子が少ないのかな?

    男子は大きくなることを見越して
    は大きい楽器に回される確立がたかいですね
    もしかしたら唇の形で、小さいマウスピース向きではないと
    判断されたのかもしれませんね

    色々理由を並べましたが
    こんなことはもうお母様もわかっているでしょう?

    でもね、ごちゃごちゃいうより、

    バンドはチームワーク
    与えられた楽器を楽しみなさいと言うべきだと思いますよ

    ユーザーID:0471253579

  • やはりあれじゃないですか?

    第一希望の楽器の担当になりたいということなら 普通に考えたら実力次第でないですかね?

    お子さんの希望楽器は、群を抜いて 上手いという理由のない限り 希望楽器はないと思います。

    しかし、圧倒的な実力を持ちながら 希望楽器を担当できないとなると 理不尽なことですが残念ですね。

    ユーザーID:2126385090

  • 思い込みすぎ

    アラフォーの吹奏楽部出身者です。子供たちも吹奏楽部です。

    フルートで希望が通ると思い込んでいたのですね。体が小さいから?

    トピ主さんも吹奏楽部だったなら、フルートは激戦になることはご存知ですよね?もしかしたら希望を外れるかもしれない、ということは教えてあげなかったんですか?

    うちは子供たちには入部前に説明しました。もし希望外の楽器に決まっても、それを一生懸命やることを約束させました。たまたま、希望のパートに決まりましたが。

    ちなみに私自身は、中学時代は全く希望に入れていなかったパートでした。高校に入って、どうしてもやりたかったパートに替わることができ、今も続けています。

    これからの人生、同じようなことはいっぱいあります。お母さんからきちんと話してあげてください。

    ユーザーID:4403005596

  • がんばれ

    中高の吹奏楽部でチューバを吹いていました。
    大学オケでオーボエに転向しました。

    チューバにはチューバの良さがあるんですけどね。
    まあ中学1年生だとなかなか理解できないかもしれません。

    例えば組体操でてっぺんに乗る子、1番下の土台になる子というように
    1つの曲を作り上げていく中で、それぞれの楽器の責任を果たすことが
    大事なんだという事を教えていくしか無いかなと思います。

    お子さんは、合奏とか音楽が心から好きというわけではないみたいですね。
    周りの都合はどうでもよくて、ただ単に自分がフルートをやりたいだけ?
    この楽器だったらやりたい・この楽器だったらやりたくないというのは
    本当の音楽好きではないのかなと思います。

    どうしても納得がいかないなら退部すればいいのでは?
    所詮中学の部活動ですから、やめたところで大した問題ではないでしょう。

    単にフルートを吹きたいというだけなら、教室を探して個人で習いに行けば
    いいのでは?
    少し吹けるようになったら、アマチュアの吹奏楽団やオーケストラに入れば
    学校の部活動とは違った楽しみ方ができると思います。

    ユーザーID:0877100789

  • 気持ちはわかります

    息子さん、希望が通らず残念でしたね。しかもチューバとフルートって役割が全く違うし。
    私も中学の時に希望した楽器になれずがっかりしたので気持ちはよくわかります。

    しかし第六でも「希望」に書いちゃったんですよね?娘の中学校の吹奏楽部は第五希望まで書きますが、第五希望の楽器になる子もいますし、その五つの楽器にすらならない子もたくさんいます。息子さんの場合は他に第六希望までの中にチューバを書いた子が一人もいなかったのかもしれませんね。(もちろんそれだけではなく、吹いたら上手だったから決まったのかもしれないし)

    娘の同級生にも希望が通らず泣いてる子はいましたが、今は担当楽器が好きになり一生懸命頑張っています。
    息子さんも今は辛いかもしれませんが、練習するうちにチューバが好きになるんじゃないでしょうか。いえ、なって欲しいです。どの楽器も大事なパートですから。

    もしどうしてもフルートを諦めきれなかったら、街のフルート教室でレッスンを受けて高校生になってから高校の部活か市民吹奏楽団などで吹くという選択もあります。でも部活ではチューバを頑張って欲しいなあ。チューバを好きになれると良いですね。

    ユーザーID:4935170799

  • 残念、お気持ちはわかりますが…

    私も吹奏楽やっていましたが、フルートの倍率は高いでしょうね。見た目も音色も良くて、華やかで、主役級の役どころがしょっちゅう回って来るしで、男女ともにかなりの人気がありますから。
    それにくらべてテューバは、大概なり手がいません。新入生の中で一番体格のよい男子なら、確実に回ってきます。
    従って、第6であれ第10であれ、書いてしまった者に「どうぞどうぞ!」と喜んでやらせてくれるという訳です。書いてしまった以上、仕方ありません。どうしてもフルート!ならば、全部の欄にフルートと書けばよろしかったのに。
    テューバがテーマを奏でる曲もありますから、文化祭などたくさんの曲を選べる機会に、ちょっぴりスポットライトを浴びる策略を練っておきましょう。しっかり打ち込んでみると案外繊細で難しい楽器だと友人は言っていましたよ。吹奏楽の番組などをたくさんお聴きになり、テューバの魅力を探してみてくださいね。

    ユーザーID:5514155473

  • どうやって決めたのでしょうかね?

    お気持ちわかります。
    私も中・高と吹奏楽部でした。

    吹奏楽部って、希望の楽器を担当できない可能性がけっこうありますよね。
    私も希望の楽器が出来なかったことでひどく落ち込み、母が心配していたことが思い出されます。

    息子さん、もしかして「男子だから」という理由ではないですか?
    でもそれで決められたら納得いかないですよね。
    女子で立派にチューバを演奏できる子、たくさんいますから。

    私は吹奏楽部時代の友人とまだ付き合いがあり、その子供たちも吹奏楽部が多いのでパート決めはよく話題になります。
    親が昔吹奏楽部で、楽器が家にあるからという理由だけで希望のパートに決まる子もいたそうです。
    「うちだって希望の楽器に決まったら買うつもりだったのに!」
    と嘆いていましたよ。

    うちの娘も中1ですが、運動部に入りました。
    このパート決めのストレスがないということで、私は実はほっとしています。演奏会など、見に行きたかったですけどね。

    私の時は木管希望だと、たとえ第一希望でなくても木管楽器でした。息子さん、フルート→チューバ って、全然違いますよね。
    決め方も気になります。まさか先輩だけで決めたとか?!

    ユーザーID:2513237468

  • 男子はどうしてもね・・・

    ユーホやチューバって重いんですよ。肺活量も人一倍必要。
    そして、吹奏楽部はほぼ女子。
    んで、その中でユーホやチューバやりたい女の子がいなすぎる。
    その中で、6番目でも「希望」として書いた「男子」がいる。
    息子さんが選ばれるのは必然と言えば必然かもしれません。

    どうしてもフルートがやりたかったなら、第1〜第6希望まで全てフルートで埋めるぐらいでもよかったのかも。
    フルートやクラリネットは人気の楽器。競争率も高い。
    私はジャンケンでクラリネットを勝ち取ったクチです。


    今、響け!ユーホニアムというアニメやってますよね。その中ではユーホもチューバもかわいい女の子が頑張って演奏しています。

    どうしても息子さんがチューバが嫌ならやっぱり先生に直談判するか退部するしかないと思います。

    チューバやユーホなんかの口の大きい金管楽器って、たらこ唇になっちゃうんだよね。いや、たらこ唇の子がチューバをやっていたんだっけ?
    それぐらいには、金管楽器のたらこ率は高いです。息子さんもかわいいたらこ唇を買われたのかも?

    ユーザーID:3175467083

  • うーん

    私も吹奏楽体験者です。
    人気の楽器はどうしてもトピ文のようになってしまいますよね…
    自分の時も人気はフルートでした。懐かしいです〜

    しかしそれにしても、あまりにもかけ離れてしまいましたね…

    でも、第六希望まで記入、ということなので
    どうしても無理な楽器は息子さん書いてないでしょう。
    体験してみて、実際記入してるので、やりやすかった楽器を書いたのですよね?

    フルートと昔から願っていたのならショックも大きいと思いますが、
    私は金管楽器担当でしたので、息子さんに早く切り替えて
    楽しく吹奏楽してもらいたいですね…
    しばらく練習すると楽器に愛着も湧くはずです!

    私もチューバではありませんでしたがバス系の金管楽器担当でした。
    バス、奥が深くて楽しいですよ〜大黒柱ってポジションです。

    マーチングとか、その他にもてチューバのかっこいい動画とか見せてあげたらいかがでしょう。
    楽しく吹奏楽できるよう応援してます。

    ユーザーID:1739290832

  • そこはやっぱ「やりたくない楽器は書かない」方が良かったかなー

    >とりあえず、なるわけないと思って書いた第六希望の楽器でした。

    たとえ「第六希望まで」と指定され、欄が設けられていても、
    【第1希望:フルート。1択で出してみる】と、良かったかなー。

    ↑ 「やる気アピール」です。


    フルートは、他楽器よりも「マウスピースの合う・合わないが大きい」ので、仮入部ですんなり音が出た子から決まる・・と思う。
    あと「ピアノを習っている子」。

    中学だと、「同じ吹部にお姉ちゃんがいて、今年ファーストフルートに上がったから…」って理由で「妹さんも自動的にフルート」ってケースを、実際見た。
    あと、「入学・入部祝いに、祖父母がマイ楽器購入してくれたので…」ってお宅もありました。


    主さん息子さんのケースは、もうちょっと食い下がってみてもいい・・と思う。

    「せっかくピアノを習っているので…」「本人どうしてもフルートをやりたいと…」と、一度顧問の先生に真剣に掛け合って(〜お願いして)みましょうよ、
    【ダメ元】で。

    「大会曲が決まってから」だと、異動は難しくなるので・・
    なるたけ早い目に、先生に直接相談。
    (ダメ元で)

    ユーザーID:0985340927

  • 元吹奏楽部です

    第6希望まで取るんですね〜うちは第3だったので…
    私の中学ではチューバと言えば体格の大きい子がなるお約束なところがあったのですが、息子さんは体格がいい方なのでしょうか?
    逆にフルートは女子か、細めの男子がなってましたね。今考えるとこのカテゴライズはちょっとどうなのかしら?って感じですが…
    フルートにかかわらず木管は女子が多かったですね。サックスとオーボエは男もいましたが…
    フルートは女子の人気が高いので、確かに男子で体格がよければ難しいかもしれませんね。逆にチューバは女子が持ち運びするのは結構大変かもしれませんし…
    ただ、あくまでも私の経験でなので同じ傾向かはわからないですが、フルートは女子ばっかりなので、その中に男子がぽつんと入るとつらいと思いますよ。特に中学の時は結構ドロドロしてたんで…(うちの中学はフルートとクラリネットの女子の先輩の後輩イジメがすごかったです)
    金管組は、男が多いのでサバサバして、男も女も和気あいあいと楽しかったです。(私は打楽器だったので金管組に入ってました)
    …というところで慰めてみては…ダメかな…
    うちの兄は中学と高校で楽器変えてましたよ!

    ユーザーID:8498534201

  • どうしてフルートを選択したのでしょうか?

    正直、顧問が楽器にかなり精通しているか男子校で
    ない限り、第一希望だからと男子をフルートパートに
    するのってあまりないと思います。
    あるとすれば、その学年の女子がフルートを希望して
    いない場合でしょう。
    何でかといえば、フルートやクラリネットと言った高音の
    木管楽器は音楽知らない人には女子のイメージが強いので。
    周りに有無を言わせない位上手く吹けていたなら選ばれて
    いたでしょうが、そうでなければやはり女子を優先して
    選ぶと思います。

    男子という事で、今は小柄でも成長期で大きくなれる可能性
    ありますし、何よりもチューバってカッコいいじゃないですか!
    個人的な意見ですが、吹奏楽において音楽の3大支配者がいて、
    1つは勿論指揮者、後はパーカスと低音群です。
    指揮者は勿論ですが、リズムとベースがしっかりしてない曲は
    聴き栄えしません。
    その支配者の一人になれるんですから、これだけ凄い事ないですよ。

    ユーザーID:2279323900

  • 縁の下の力持ちになってみませんか?!・・・

    今日は。

     中学の時、吹奏楽部でユーフォニウム吹いてました。
     (実は”トランペット”希望でした)

    チューバは”ベース”楽器ですが
    ベースは”基礎””基盤”という意味で
    まさに、オーケストラの基盤となるパートです。
    一見
    同じリズムの繰返しや全音符ばかりで
     ”単調な楽器”
    というイメージですが
    低音が、しっかりテンポを刻み鳴ってないと
    全く楽曲が締まらなくなる、重要なパートです。

    古い話しですが
    NHKの大河ドラマに
     『江』
    という、上野樹里さん主演のシリーズのテーマ曲が
    とてもチューバが鳴っていました。
    力強く、とてもインパクトがあって、曲の重厚感を醸し出していました。
    是非、御視聴をお勧めします。

    先ずは
    1曲合同演奏するまでチューバを続ける事です!
    そして共演者としてフルートの演奏を聴いてみて
    フルートの、楽曲の中での役割や演奏法を、研究し
    自分がフルートを吹く時の勉強をしてみるのも一興かと…

    どうしても嫌なら退部して
    音楽教室でフルートを習い
    高校で、楽器持参で入部して、フルート担当にして貰いましょう!

    ユーザーID:0894641483

  • がんばってほしい

    昔、中学の吹奏楽部で部長をしてました。
    新入生の担当楽器を決めるのは、本当に難しかったです。
    限りある人数の新入生を、必要なパートに3年後の事まで考えて割り振らなければならない、本人の希望を汲んであげたいけど向き不向きがそれぞれにあり、人気のパートには偏りがあり…
    中学の吹奏楽部は、ほとんどの新入生が初めての楽器を手にすることになります。だから、経験者から決めていく、ということもほとんどなく、ほぼ全員がまっさらな状態から決めることになるわけで。

    部活動としての吹奏楽部は、個の楽器奏者を育てる音楽教育とは別物であり、皆の息を合わせて楽曲を作り上げていく素晴らしさ、感動を味わうことにこそ、私は意義があると思います。
    私はサックスを希望し、希望通りサックスに配属されました。しかし、上記の感動を味わった時、私の使命はその一音の役割を果たすことのみ、と思い知りました。
    あの感動を、ぜひ、御子息にも味わってほしい…。

    トピ主さんも元吹奏楽部員であるならば、チューバが楽曲に与える影響の大きさをよく御存じだと思います。
    ぜひ、チューバの魅力を話してあげて欲しいです。

    ユーザーID:9468085034

  • チューバは重いね

    私もウン十年前ブラスバンド部でした。 フルートって女子のイメージが強いです。今は違うのかしら。
    私の時はフルートとクラリネットは全員女子でしたね。 男子はトランペット、トロンボーンに大半が入ってました。ユーフォはなぜか女子でチューバは大柄の男子がやってましたね。

    小柄な子にチューバはちょっとかわいそう。でもフルートよりはるかに目立ちますよ。筋肉つけてチューバを見事に操れれば逞しくなれそうですね。

    ユーザーID:3617807327

  • うちの子はユーフォニウムでした

    女の子です。小学校のときに入れました。マーチングバンドでしたが、フェスティバルにも出ました。
    小学生の女の子でもユーフォニウムを演奏できるのです。娘はいやいやで、中学校では美術部に入ったのですが。

    だから音楽が好きなら、そのうちチューバも好きになります。

    ユーザーID:5640479401

  • フルートは別に習ったらどうですか?

    主様もわかってらっしゃると思いますが、やっぱり男の子にチューバは自然な流れなのかな?と思います。
    第六希望とはいえ、チューバと書いたのですから。
    泣くほどやりたくないなら、空欄で出せば良かったのに・・・許されなかったのかな?

    第一希望が叶わなかった子は他にもたくさんいると思います。
    私なら、「希望していなかった楽器にされたなら泣いてもいいけど、第六希望で書いたのだから泣いてはいけない。チューバで頑張りなさい。
    フルートは個人的に習えばいい」と伝えると思います。

    早速、フルートを買いに行ったらどうでしょう?

    ユーザーID:6492225198

  • 低音って要ですよね

    低音しだいでリズムが決まります。お母さん吹奏楽ってちょっと残念です。吹奏楽で男子は貴重ですし、やっぱ各学年に男子チューバがいた方がいいでしょう。

    私は普門館にも出てましたが、フルートにこだわる男子っていませんでしたね。娘も吹奏楽でしたが一番人気はトロンボーン。要は先輩の人気投票でした。

    あと、ピアノは学年で一番くらいのうまさでしょうか。子どものコンクールで驚いたのが、セレクションシリーズです。コンクールでも大編成の人数だから、ピアノあり、歌あり、クラップあり。昔と違うと思いました。2年生の時はピアノで出る手もあります。まずはやってみたら?もう時期、野球応援ですよね。フルートじゃつまらないでしょう。

    あまりの息子の落胆ぶりに、何と言ってやればいいのやら。ごめんなさい、私なら「辞めたら?」って言います。吹奏楽ってそんなんじゃないもの。好きにしたいなら一人でピアノやってな!と言います。あ、私、ピアノも出来ますから。

    ユーザーID:1635752801

  • 子育ての先輩でもなんでもありませんが。。。

    普段は小町は見るだけ専門なのですが、何か息子さんを元気づけることが出来ればとしゃしゃり出てきました。

    私は中学、高校と吹奏楽部でチューバを吹いていました。確かに地味で華やかさの欠片もない感じですがとても重要な楽器です。
    特に吹奏楽の中では全部の楽器の中で一番出番が多く演奏を下支えする重要な楽器です。チューバの演奏の出来によってその演奏の良し悪しが決まると言っても過言ではないと勝手に思っています。

    あまりにも嫌なようでしたら先生に言って交代してもらうことも可能だとは思うのですが、チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。
    非常に奥深くやりがいのある楽器ですので私はお勧めです。

    ユーザーID:8992452886

  • チューバとクラリネット

    チューバとクラリネットは人気のない楽器でいつももめます。クラリネットは黒いからいやだみたいな。チューバは目立たないからつまらない。だけど、嫌々割り当てられた楽器もやってみると意外にはまる人もいるし…。フルートにあたらなかったのは、たぶんほかに楽器を持っているとかいう人がいたんじゃないですかね。
    でも、フルートはなくても吹奏楽は音楽できますが、チューバがいないと音楽はできないので。親御さんも吹奏楽経験者なら、チューバの重要性をしっかり説明してあげた方がいいのではないかと思いますが…。

    ユーザーID:8212675359

  • 辛口ですみません

    音楽教師です…が、かなり辛口です。

    >吹奏楽部と決めた時から自分の中では決めていました

    息子さんのことなのに書き方に客観性がなく、まるでご自身のことを書いているよう…。

    吹奏楽部の規模にもよりますが、そりゃ男子部員は金管に回したいでしょう! フルートなんて女子がまずやりたがるものだし、無理ですよ。

    体験のときにずっとフルートだったんてしょ? だからチューバなんです。チューバなんてバスより人気ないから。

    おそらくトランペットやトロンポーンは男の子の入部希望者をそのまま入れ、フルート希望だった息子さんを希望者のいないチューバに入れたんでしょうね。

    私立や大所帯のブラスだとフルート男子もOKでしょうが、一般的には、どうしても入りたい理由を伝えておかなければ(たとえば昔から習っているとか)男の子=金管です。

    チューバ人材確保ですよ。チューバやりつつ部をまとめて、ブラス指揮者の道はどうですか? ちなみに本当に嫌いな楽器は続きません。だからもっとごねる手もありですよ。

    ユーザーID:0705394319

  • あー、チューバ嫌だったかぁ

    現在48歳の私、中高は吹奏楽部、担当は弦バスです。
    小学校の時は鼓笛隊だったので、流れで入部したのですが、最初の担当楽器はクラリネットでした。
    でも、弦バスがやりたくて顧問の先生にお願いしてお願いして担当させてもらうことができました。
    当時はまだ中編成だったので、先輩もいた弦バスに二名は必要なかったのですが、なぜかコンクールにも出場させていただいて
    金賞とりました。
    どうしてもフルート、ということでしたら顧問の先生に息子さん自身で掛け合ってみてはいかがでしょうか。
    熱意でもしかしたら、ということもあるかもしれません。
    ただ、弦バス出身の私、チューバは同パートなのでやってみてほしいなぁと思うのですが。
    リズム隊って結構かっこいいですよぉ。

    ユーザーID:8165931871

  • 屋台骨になれると見込まれた

    コンプレクスになるほど体が小さいのにチューバですか?
    現実問題として、楽器の運搬や、ロングトーンは無理なくできますか?
    まあ私立女子中では女子がチューバ吹くわけで、男子なら大丈夫かなとは思いますが、
    中一だとまだ女子より華奢で小柄な男子もいますから、
    「物理的に無理」なら顧問に再相談もアリだと思いますが。

    さて、普通、チューバは本数がとても少ないです。三年引退後なんか下手すりゃ1本です。
    これが休んだりやめたりしたらおおごとです。
    そして、ご存じの通り、低音の要です。チューバがガタガタだと全部がガタガタです。
    つまり、息子さんは
    「すぐやめたり休んだりするいい加減な人間ではない」
    「リズム感がしっかりしている」
    と見込まれたんですね。屋台骨になって皆を支えられると。
    ですから、身体的に大丈夫なようなら、期待に応えてみるのもいいかもしれないと思いますが。

    ユーザーID:0451730101

  • 元吹奏楽部です

    私も中高(一貫教育校)吹奏楽部で、バスクラリネットを担当していました。
    希望はサックスでしたが、中学の途中で入部したことと、1学年に同じ楽器は1人(楽器にもよりますが)のため
    サックスにはなれませんでした。
    バスクラリネットは体格が大きいので十分対応出来るであろうとのことで担当しました。
    はっきり言って初めて見た楽器です。

    フルートは人気楽器です。
    私の母校は既に個人で習っている経験者でほぼ埋まっていました。
    なので未経験者が担当できる可能性は非常に少ないです。
    他の楽器も体格や向き不向きで決めるため、なかなか第一希望で決まる可能性は低く、
    息子さんのように第6希望という事もあります。
    チューバだとマウスピースだけで吹かせて、思った以上に上手ければあえて担当させたという可能性もゼロではありません。

    どの楽器であれ、吹奏楽には必要な楽器です。
    どうか頑張って欲しいと思います。

    ユーザーID:8198503985

  • 腐らない

    希望する会社に就職出来なかった、望まない部署に配属された、リストラされた、など大人になれば理不尽なことは、よくあることです。
    フルートは希望者がたくさんいたのでしょう。選ぶ側も大変です。どのように決めても不平や不満は必至ですから。
    ここでくさらずに、与えられた仕事に誠実に取り組むことが、お子さんに与えられた課題です。

    今放映中のアニメ「響け!ユーフォニアム」が、ちょうど吹奏楽部を扱った作品です。ヒロインたちは望まない低音パート(チューバやユーフォ)に振られてしまいますが、与えられた役割を果たそうと努力は怠りません。
    チューバはチューバなりに役割やおもしろさがあるのです。
    親子でご覧になってみては。

    ユーザーID:6128807982

  • 気持ちはわかります

    中学で吹奏楽部に入り、そこでハマってそろそろ40年になるオジサンです。最近ではジャズにハマり、ここ20年ぐらいはそっちですが・・
    そう、チューバですか。最近のブラバンは女子ばかりなので男子はそうした体力の要る楽器にまわされがちなのでしょうね。
    ご存じのとおりバンドは規模の大小に関わらず「分業制」なので、チューバがいなくてもフルートが多すぎても良い演奏になりません。そこらがピアノのソロ演奏とは違うところでしょうか。
    バンドの楽しみは「合奏」、アンサンブルにあると思います。周りの音を聞きながら自分の「位置」を決めてゆく、逆に言えば他人のスペースを意識しながら自分の演奏をする、このアンサンブルの醍醐味はフルートでもチューバでも同じです。ピアノは一人で伴奏もメロディーも演奏しますが、バンドはそうではないところが面白い、と思います。
    折角なのでそのアンサンブルの醍醐味を味わってはいかがでしょうか。将来的にチューバから違う楽器に転向することは十分あり得ますが、辞めてしまってはアンサンブルの面白さを理解できませんから・・・
    フルートは別途個人レッスン、という手もありますからね。

    ユーザーID:1382190273

  • 見通しが甘い

    「じゃなんでチューバって書いたの?自分が悪い」
    「嫌なら辞めたら?」
    「希望の楽器になれないことを承知で入部したのに、今さら何を」
    「ならフルート教室行きなさい、費用は自分持ちで」

    かける言葉はこんなもんですかね。
    第6希望だろうが何だろうが、やりたくないのに書いちゃダメでしょう。

    うちの息子、希望してチューバになりましたが
    チューバがダメならユーホ、その次はトロンボーン…と考えてました。
    人気薄の楽器を希望しても、もしもを考えておくものです。

    フルートなんて、いつの時代も競争率高いってことを
    トピ主さん、息子さんに教えてあげなかったんですか?

    ユーザーID:9141452695

  • 充実した中学校生活のために

    まずは、理由を教えてください。
     
     チューバって重要なパートですけど人気はないですよね。たぶん第一希望とかでこれを選ぶ中学生はないでしょう。だから一人か二人の欠員もなかなか埋まらない。女子部員の多いところでは、力がある?ってだけで男子部員に決まる場合もあると思います。もしご子息かそのような理由で決まってしまったのなら、先生にもう一考してもらう価値はあると思います。納得できるまでよく話し合ってもらっていいと思います。
     逆に、ご子息がたぐい稀なるチューバの才能があると先生に見出されたのだとかいう理由だったら、希望通りで無くてもモチベーションが上がるようにご子息をおだててやらせてみましょうよ。
     フルートに増員の枠がない場合、あるいはほかの楽器との相性が最悪だったのならあきらめましょう。チューバをやらせていただくか、別の部活にやりがいを見出すかですね。どちらにしても中学生ならご子息が自分で決めるでしょう。つらいですが、親は子供が決めたことを黙って応援するしかないです。後悔のないよう頑張ってください。

    ユーザーID:2694535423

  • 考えられるのは

    A 男子部員が少ない
    B Aかつ他の男子が楽器経験者
    C 体験の時に一番音が出た
    D 人気のない楽器を“あえて”希望の中に書いていたから

    の、どれかでしょうね。

    ところで、TUBAって格好いいと思いません?
    合奏の土台ですよ?
    土台がないと、他の中低音が活きないんですよ?

    トピ主さんも花形の楽器こそ吹奏楽! という考えを持たれているように感じられました。

    吹奏楽の楽器は、どの楽器も花形です。

    希望と違う楽器になってがっかりするのはわかります。
    ですが、せっかく縁ができたことだし、中学時代はTUBAで頑張って欲しいです。

    違う楽器は高校でも大学でも社会人でもできるんですよ。
    みんなで演奏することを、まずは楽しんでもらえますように。

    ユーザーID:4139024037

  • やってみましょう

    吹奏楽ではよくある事だと思います。
    何故かパーカッションとかチューバ、ユウホニュウムなどが人気がないんですよね。
    でもそれでプロになった人もいっぱいいます。
    チューバっていい音です。
    私は大好きな楽器です。

    うちの息子は小学4年から吹奏楽を始めました。
    フルート希望でしたがトランペットになりました。
    今ではトランペット専攻の音大生です。

    夏にはコンクールがありますね。
    メンバーにはまだ選ばれないとは思いますが
    そろそろ楽曲も決まり先輩達はピリピリしてきます。
    とにかく受け入れて頑張る事だと思います。
    体幹と腹筋を鍛えましょう。
    息子さんに頑張ってとお伝えください。

    ユーザーID:4864776782

  • わかります

    うちの娘は去年中学入学、吹奏楽部に入りました。

    第一希望のフルートは自前の楽器を持っている子優先で却下。

    どうしても、といわれて入ったユーフォになじんだ頃、
    人数調整で、ユーフォ減員となり未経験者の娘はカット。

    そこでクラリネットに入って1年経ちましたが、学校側が
    オーボエを導入したいから、そっちにいってくれないかと。
    いやいや、高校まで6年続けるというのでクラリネット買ったのに。

    なのでトピ主さんや息子さんのお気持ち、すごくわかります。

    特に男子部員は、多くの吹奏楽部で貴重な人材なんですよね・・・
    リーチの必要なトロンボーンや重量級のチューバ、
    運搬が大変なパーカスから見たら喉から手が出るほど欲しい人材。

    男子入部の絶対数が少ないから、逆指名が多くかかったのでしょう。

    でも「必要とされる」って悪くないですよ。
    地味に思えるでしょうけど、チューバの重低音がないとすごく薄い合奏になるんですよね。

    漫画で「ヒビキノBB」、ラノベの「響けユーフォニアム」あたりを読むと
    愛着が出てくるかもしれません、おすすめです。

    ユーザーID:0580551551

  • 追記

    そういえば、今 響け!ユーフォニアム っていうアニメが放映中ですね。

    今まで合奏経験がないのであれば、担当楽器は何であれ 一度やってみたら良いと思います。

    子供でピアノをやっていてもなかなか 合奏などのセッションする機会がないので、仲間と音を合わせるっていうことはとても楽しいものです。

    ユーザーID:2126385090

  • お気持ちわかりますが・・

    トピ主さんのお子さんは、中学に入って吹奏楽を始めたのですよね。
    新入生部員の中には小学校でフルート経験者がいたのかもしれません。
    チューバ・・肺活量のいる楽器・・
    今は吹奏楽は女性中心・・先日地元中学の演奏会を観てびっくり、
    女性が85%でした。

    私も妹も吹奏楽・双方の子供も吹奏楽・・しかも、全員クラリネット。

    娘は中学入学時から始めたのですが、2年時には小学校からやっていた子達を追い抜き、
    県大会メンバーになりました。妬み僻みがあり辛い思いもしたようですが、
    大学まで吹奏楽を続けました。

    トピ主さんの息子さんと同じようにピアノもずっと習っていたのが、良かったと思います。
    チューバはバンドの「要」です
    どなたかが「フルート買っておくべきだった」とレスされていますが、息子の同級生は高い「トランペット」を買い、入部したのですが「ユーホニュウム」になり退部。
    皆で「楽器も決まっていないのに、何で無駄なことをして」と話したことがあります。

    ユーザーID:1118563242

  • ブラスバンドってそんなものらしい

    ブラバンってそんなものらしいですね。
    その上いつかは希望もしていなかった楽器買わされちゃうんですよね。
    なんか理不尽な感じです。

    どうしてもフルートがやりたければ学校とは別の音楽教室みたいなところで練習する。
    ブラスバンドがやりたのであれば我慢してチューバを担当するしかないと思います。

    今の時点で納得しろって言ってもできるものではないと思います。

    ユーザーID:0000991381

  • 全く同じ状況です

    うちの息子も中一で,今年吹奏楽部に入部しました。

    フルートではありませんが,うちの子もずっとやりたいと言っていた楽器がありました。他にその楽器をやりたい子が一人もいなかったので,とても期待していました。

    でも,決まった楽器はチューバでした。

    希望楽器の欄には全く書いていなかったのにです。

    チューバは肺活量も必要ですし重いですから,男の子に任される傾向がありますよね。うちの場合,希望に書いた書いていないにかかわらず,チューバを誰に任せられるか,というところで決められたのではないかと思っています。

    うちの息子も,楽器が決まった日は少し落ち込んでいましたが,毎日頑張って練習しているようです。
    希望の楽器でなくとも,合奏全体を一番下で支えるチューバはとても重要ですよね。大型楽器はなかなか個人ではできないので,これもいい経験かな,と考えているみたいです。

    チューバを少しでも好きになって,吹奏楽を楽しんでくれるといいですね♪

    ユーザーID:5049846114

  • 部活が駄目なら市民団体があります

    中学校時代にオーボエ希望からチューバへ強制されたものです。
    楽器の異動は はっきりいって 先生のご都合です。フルートのオオーディションなんかありません。そして チューバはリズムや音程の要だとかいって 有無を言わさずチューバを吹かされました。 つらい 練習の日々です。(結局は退部しました)
    たしかに食わず嫌いで チューバが第一希望でない人がチューバが好きになったという話はありますが、全員には当てはまりません。本当にフルートを吹きたいのなら、学校をあきらめ、外のフルート教室をお勧めします。そして そこからフルートアンサンブルや市民バンド等で合奏の楽しみを知ることをできます。
    好きじゃないものの練習は苦痛なだけです。そして こんなところで「ガマン」を覚える内容とも思えません。

    ユーザーID:8927895252

  • みなさん激励してるけど、私は・・

    フルートとチューバは違いすぎる・・
    チューバやりながらフルート習うなんて無茶に近いと思うのは私だけ?
    わたしは吹奏楽の強豪校に小・中・高・大と渡り歩いたけど、好きになれない楽器をやってる子はいつのまにかいなくなったものです。
    無理することないんじゃない?と思ってはダメなのかしら?
    私はたまたま幼少時から楽器をやってたから第一希望のファーストから落ちることはなかったけど、落ちていたら・・ファーストでなかったら・・ボキッと折れたと思う、重要だとか必要だとか関係なくボキッと折れた。
    折れても戻って来るのが音楽好きよって思う人が多いのは知ってるけど、まだ子供だもの、そんなこと考えられるのは成人近くなってからではないかな?音大でても折れる時は折れるよ。
    フルート、トランペット、サックスは倍率高すぎ、多分過半数は経験者、それも経験5年とかだろうから足元も見えない位の差だろうし太刀打ちできるはずもなく
    ここはピアノが一番いいと思う、ピアノ弾く男子って物凄く素敵!
    うちの夫がピアノ弾く、顔云々でなく20割ほど格好良く見える、弾いてる時だけ
    好きなものをやらせてあげるのが一番だと思うのですが、甘いかな?

    ユーザーID:6577929956

  • 「転部もありだよ」

    「ピアノを習っているから【吹奏楽部】じゃないといけない」とか「吹奏楽部じゃないと【音楽を続けられない】」わけじゃあないですよね。
    「転部も選択の一つだよ」と声を掛けてあげて下さい。
    あとは本人が決めるだけ。

    ユーザーID:4237649699

  • あぁ、わかります〜

    中学、高校と吹奏楽部でした。楽器決めの悲喜こもごも、わかります!

    うちの中学はなんとじゃんけんでした。
    ずっと憧れていたフルートを希望したのですが負け、体が大きい(女子で)という理由でトロンボーンに・・。

    高校でもフルートは経験者で満員。フルートへの想いを抱えながら10年以上トロンボーンをやっていました。途中から楽器を変えるのもなあと思ったということと、木管女子の人間関係が傍から見ていてもめんどくさそうだったので(笑)。

    あと、それ以上に、どんな楽器でもみんなで力を合わせて音楽を創り上げる醍醐味にはまっていたので、部活(社会人楽団)を辞め個人でという選択は考えませんでした。

    ただ、30を過ぎて個人でフルートを習いだしたのですが、その楽しいこと!あぁ、自分はホントにフルートがやりたかったんだなあ〜としみじみ感じています。

    希望の楽器を始めから担当できる人って一握りですよ〜。特にフルートは大激戦!今習っている先生は「楽器を買って持っていき、フルート以外はやりませんと言ってごねた」と言っていましたし、高校時代の友人は「じゃんけんで勝った」と言っていましたよ。

    ユーザーID:8246438240

  • ご縁なのでは、ないですか?

    吹奏楽って、希望の楽器で通ったらラッキーなもんで、
    先生の采配か、周りの深くない考えで決まってしまうものです。
    それを受け入れるか、拒絶するか。

    でも、これもご縁なんだと思えて、チューバを頑張って欲しいですね。
    派手さはないが、縁の力持ちとして、土台に立ち、みんなを支える事の出来る楽器です。
    今はまだ技術はないですが、頑張れば、みんなから頼りにされて、なくてはならない存在に
    なれる楽器ですよね。お前がいなきゃ、ダメだ。と。
    指揮者が見れない時は、チューバの音を頼りにしながら弾きます。

    バンドだったらドラムであり、ベースです。
    ピアノだったら、左手。

    とてもやりがいのある楽器だし、やり始めるまえから食わず嫌いだともったいない。
    縁が合ったのだから、1年やってみて、嫌だったら先生に交渉すれば?
    と、お話してみてはどうですか。

    変な話、フルートはよそで習えますが、チューバはそうはいきません。
    ご縁を大切に。という、話をしてあげてください。

    ユーザーID:5728524052

  • 感想

    トピ主さんも吹奏楽部だったのなら、ほとんど未経験で男の子が、フルートの希望が通らない可能性が非常に高いことわかりませんかねえ?

    一般的に吹奏楽は経験者優先。
    低音担当の楽器は人気薄だから、未経験者でしかも男子なら優先的に回されるのは十分想定されることだと思います。
    フルートは女子に人気のパートですから、男子で未経験の息子さんは、よほど空きが多くない限り可能性はないです。また、第2希望以下も人気楽器ばかり選んでいると、一気に希望外に回されることも普通でしょう。

    トピ主さんもわかってたことでしょう?
    事前に息子さんにそのことを知らせるくらいの配慮はしておくべきだったと思いますよ。

    まあフルートは部活でやらなければできない楽器ではありませんので、個人的に習うかですね。
    チューバがどうしても嫌なら、退部するしかないでしょう。

    低音楽器は演奏では縁の下の力持ち的なポジションで、中学校で低音楽器の良さはわからないかもしれませんが、奥が深い楽器ですのでやるだけやってみてもいいと思うのですがねえ。

    ユーザーID:3199095099

  • まず普通に体験できない楽器

    もう決定をくつがえす機会がないなら、がっかり感を押し出しても、何にもならないので、利点を並べてみるのはいかがでしょう?

    フルートなら大人になってからでもいくらでも購入、練習できますが、チューバは人生にさりげない接点がない楽器です。
    大きくて目立つし、その楽器をがんばって持っている姿はきっと格好いいよ。
    まさに、置かれた場所で咲きなさい、という感じ。
    希望じゃないからやりたくないーと気分にあわなければ投げ出す子にならないチャンス。

    私は中学校の管弦楽団でバイオリンをやりましたが、習っていたので、パートの皆の弦交換や調弦までやっていました。

    でも、本当はコントラバスをやってみたかったなあ。
    あれも、なかなか一般家庭では縁のない楽器。
    中学でしか体験できない楽器って、結構あるよね。

    ユーザーID:0956839122

  • 1年前の息子と同じ。

    中2の息子がいます。
    1年前、同じ体験をしました。
    我が子の場合、希望楽器にすら書いていなかったチューバになりました。
    ただ、男の子という理由だけで。

    身体はヒョロヒョロで運動能力0で肺活量ナシ。
    唇はフルートを吹いていた母親の私そっくり。
    リズム感0。
    というチューバに必要な要素は全くない息子です。

    他の新入部員の女の子たちが第3希望までの中で楽器が決まっていったのも悔しかったようです。
    唇や肺活量性格などいろんな要素を吟味して楽器を決定しますという顧問の言葉をウソツキ!と叫んだり。
    国語の授業での作文にもその時の葛藤を書いていました。

    でも、優しい先輩の指導や、近隣の高校生との合同練習、さらにコンクールを体験し、アンサンブルやいろいろなステージで演奏する日々の中で、チューバの良さを感じ取ったようです。

    低音で楽団を支えるという魅力がわかって、今では「楽しい♪」と朝練に昼練に土日の練習も楽しくやっていますよ。

    フルートはチューバ並みに肺活量のいる楽器です。
    どうしても…ならフルートは部活外の個人レッスンで習うのも良いかもしれませんね。

    ユーザーID:9836552357

  • 気持ちわかります

    フルートのような人気の楽器はオーディションが行われて落選した人は人気のない低音パートかパーカスに回されます。
    吹奏楽部ではよくあることです。そして希望楽器の中にチューバを選択してしまったのなら仕方のないことだと思いますが、息子さんにすれば悲しいですよね。ただチューバにはチューバの魅力があります。チューバの低音がしっかりと響いて音を支えてくれる、それがすごくかっこいいんです。
    数ヶ月やればチューバの魅力がわかるかもしれません。チューバが好きになるかもしれない。
    まずは様子を見ることが大切だと思います。そして息子さんがチューバを好きになれないのなら退部を考えてもいいと思います。

    それから個人でフルートレッスンを受けさせてあげてください。アンサンブルレッスンがある教室がいいと思いますよ。
    レベルが上がるとアンサブルに参加できるようになります。それに初心者OKの吹奏楽団体も探せば見つかると思います。
    吹奏楽部だけが活躍の場ではありません。がんばってください。

    ユーザーID:2001231426

  • トピ主です

     状況説明をほとんどしないまま投稿してしまったにもかかわらず、ご自身の経験、ご意見アドバイスをいただけたことうれしく思います。
     少ない情報ゆえに、勘違いされている方、意味不明な方も若干いらっしゃいましたが、レスしてくださった皆さんに感謝しております。

    少し状況を説明を追加します。

     本人はフルートに固執しているわけではありません。泣いて帰ってきたのはチューバになったからです。

     吹奏楽部に決めた時、本人は人からフルートを借りて練習していましたが、私は個人的にはトランペットが好きですし、パーカッションは楽器購入の負担が軽いと聞いていたのでそれも推していました。けど好みはそれぞれだし、やってみなければわからないものですから、いろいろ体験させてもらうようアドバイスはしました。
     体験してみると案外どの楽器も音が出せたので、一応フルート以外もやってみようという気にはなったようです。でも練習の甲斐あってか特にフルートはほめられていたので(本人談)第一希望で決まりだな、と楽観していたようです。しかし、そう簡単にはいかないことは私も知っています。(続きます)

    ユーザーID:4663052146

  • 続トピ主です

    続きです。

    ほかの楽器も視野に入れるよう言いました。あれこれ考えてましたよ。
    コントラバスは手が届かない・・・
    チューバは大きすぎ・・・(女子にからかわれてプライドが傷ついたそう)
    トロンボーンも届かないかも・・・

     結果、第一希望がかなった子、第二第三で希望がかなった子もいる。なのに自分だけ希望がかなわない・・・

     チューバという楽器が嫌というのはもちろんですが、むしろ楽器の決め方に不平等感を訴えて泣いていたと思います。
    でも吹奏楽部ではありがちな話ですし、一応第六希望で出しているわけですし。

     後日談です
     泣いて帰った翌日、本人が納得できず先生に直談判に行きました。
     わかったことは、息子は希望欄にチューバと書いていませんでした。
    まさか希望を出してもいないのにチューバに決まるわけないから、自分で第六希望に書いたんだと思い込んでいたようです。つまり息子の希望は全てスル―されてしまっていたのです。
    「誰もやりたがらないから」という理由ではとうてい納得できないようで、今も先生と交渉中です。(続きます)
     

    ユーザーID:1369227780

  • 続・続トピ主です

    続きです

    確かに私も理不尽だなあと思います。
    でもレスを拝読していると、吹奏楽の方はたいていそこには目をつぶってきているのですね。

     いまさら言っても仕方ないですけど、先生が嘘でも「君。才能あるから」とか数名の方々のレスのようにほめたり励ましてくださっていれば、案外チューバでおさまっていたかもしれないと思えて残念です。吹奏楽部を辞める気はないようなので、あんまりごねると今後の人間関係のほうが心配になります。

    ユーザーID:4663052146

  • 楽器変更はよくあることみたいです。

    我が家の中2の息子も吹奏楽部に所属し、第一希望のトロンボーンを一年間頑張ってきました。
    新一年生が入部し始めた頃、まさかの楽器変更。。
    ユーフォニアムになりましたが本人は嫌がる風でもなく、前の楽器では出せなかった音が出て楽しいと、
    そしてコンクールの曲も決まり頑張っております。
    どの楽器もなくてはならないものです。
    同じ男子として、チューバ、頑張って欲しいです。

    ユーザーID:3387801140

  • 他の部活でも

    サッカー部に入って、自分ではセンターフォワードと決めていても、サイドバックをやれと言われることもありますよ。

    野球部に入って、自分ではピッチャーと決めていても、ライトをやれと言われることもありますよ。

    それでいちいち泣いて帰って来て、母親がこんなところで相談しなければならないことですかね。
    あと十年もたたないうちに就職して、自分では人事課と決めていても営業をやれと言われたら、また母親がここでトピ立てて相談するんですか。

    >何と言ってやればいいのやら
    「そんなことで泣くな」と言いなさい。

    ユーザーID:7692285112

  • 本人の好きにしていい

    止めたいなら止めればいい。
    希望と違う楽器でもなんとかやっていきたい なら続ければいい。

    そんなことは当たり前のことです。
    強制されて良い訳はありません。

    ただ、何事も経験っということもあります。
    嫌だから逃げ回っていいかというとそういうものでもありません。

    結局は周りからは参考意見しか与えられないのです。
    本人が、自己の責任において自分で決めるしかありません。

    ユーザーID:2126385090

  • 世の中は厳しいね

    吹奏楽部はコンクールがありますからね〜。

    過去の入賞・優勝経験などで部に回される予算なども決まるだろうし、顧問も熱が入った教師だと経験者を優遇するでしょう。

    ましてやフルートは人気楽器です。
    肺活量や筋力も大型の金管楽器程には必要とせず(女子も吹き易い)、大抵の曲目で主線を演奏できる、花形。マウスピースよりも習得は容易だし。

    くらべて、大型の金管楽器はオケを支える屋台骨。持ち運びに体力も必要だし、主役になれる曲はまれです。でもオケには欠かせません。こちらはこちらで目立つ楽器です。

    そうですね、魚に例えるなら、フルートはメダカやグッピーなどの、群れで泳ぐ動きの速い細かな魚。
    大型の低音楽器は優雅に泳ぐディスカスとかかな。


    私も一応経験者です。小学生の時にトロンボーンが好きで吹きたかったけど、トランペットに回されました。トロンボーンの低音、大好きだったんだけどなぁ。
    中学でも経験が仇となり、トランペットに。
    高校では自前の楽器を持っているという理由で、またトランペット。

    こんな人もいるという事で。

    ユーザーID:7001176002

  • うちもそうでしたよ

    同じ状況なので出てきました。

    高校生の娘ですが、中学生の頃、吹奏楽部で第一希望のフルート、第二希望のパーカッションをすり抜けてチューバ担当になりました。

    でも、音楽の得意な娘なので、どんな楽器もそつなくこなすことができました。
    チューバをやればやるほどその面白さにとりつかれたようでした。ピアノも習っている娘です。一通り色々な楽器を習ってみるのもいいなと…本人はいたって前向きでした。

    フルートはメジャーすぎて、大人になってからも習おうと思えばいくらでもできると思いました。チューバやユーフォニウムなど、学校時代しかできないのではないでしょうか?

    高校生になってからは合唱部に所属。音楽の知識は半端じゃないですよ。

    チューバの何が悪いのでしょうか?重いので大変ですが、小柄な娘が演奏していましたから大丈夫ですよ。

    チューバは高額なので家庭では買えませんが、買えるなら買って欲しいと言われて困りました。

    ユーザーID:7429850768

  • 第六でも

    チューバと書いてしまったのならば、
    一応希望楽器には違いありません。

    おそらく女子が多くて、
    数少ない男子に金管楽器、しかも大きな楽器、
    になるのは仕方ありません。

    息子さんは小柄とはいえ女子よりは大きいのでは?
    またこれから大きくなる見込みもあります。

    フルートは人気楽器です。
    しかもクラリネットよりも人数が少ないのですから、
    競争率もかなりのものだったでしょう。
    小柄とはいえ男子の希望が通るとは……
    トピ主も吹奏楽の経験があるのなら予測できていたでしょう?
    何故、フルート希望の段階で「難しいと思うよ」と
    教えてあげられなかったのか。

    かける言葉としては、それでも希望した楽器になったこと、
    あとチューバは吹奏楽ではとても大切な楽器で、
    伴奏の重要な部分を受け持っているのですが、
    フルートのような華やかな旋律はないですから、
    それを楽しみにしていたら何を言われてもがっかりしたままかも知れませんね。

    ユーザーID:1053927180

  • ぜひ!

    響けユーフォニアム というアニメを見ると面白いです!
    低音楽器がやりたくなりますよ。

    残念ながら部活は好きな楽器ができるわけではないです。どうしてもやりたければ個人で習うのもありですがチューバを極めるのもいいと思います。

    人生、そうそう上手くいかない事が学べて良かったのでは?

    ユーザーID:2457567196

  • 懐かしいです

    高校時代、ブラバンでした。
    フルート、クラリネットはやっぱり競争率高かったのを思い出します。
    そんな私は、ユーホでした。
    初心者でしかもなんかふらっと入ったので、希望の楽器がなく、即ユーホ決定!みたいな。
    でもチューバとユーホとコントラバスの先輩たちに超超歓迎されて可愛がっていただきました。
    やってみるとどの楽器も楽しいですよ〜。

    このトピ、ユーホ吹きだった人がいっぱいいてなんだか嬉しいです。
    ユーホのアニメすごく気になります、見たいな〜。(見られないところに住んでるのが悔しい!)

    ユーザーID:1829442464

  • 大会曲によっては、チューバや弦バスが「ピアノ」兼任することが

    ありましたので……
    そういう関係も加味したのかな?? と、ちょっと思った。


    最近の大会曲、「ピアノを使う」曲が、ままあるんですよ。そのピアノが、結構高度で、誰にでも容易に弾けるようなものではない。
    大音量・主旋律なので、ハンパなく目立ちますし。。

    “ピアノが巧い子”って、どこの部活もフルート/クラリネット/オーボエに集中するものですが、
    「大会曲演奏中のパート移動」が厳しい、「変に目についてしまってよろしくない」ケースが、ままある。

    子供の部も、学校一ピアノが弾ける子は、フルート担当だったんですが、関東大会に臨むにあたって、「曲中の移動は目立ちすぎるから」という理由で、フルートの方を休みにして、ピアノ1本に絞らされてました。

    他校がどうしているのか観察していると、同じその曲を演奏していた学校は、

    ・チューバの男子が楽器置いて、すぐ後ろに移動して弾く
    ・弦バスの女子が、同様に弾く
    ・パーカッションの人が1人、ピアノ専任になる

    で対応していました。

    ユーザーID:0985340927

  • 先生と交渉中って(呆)

    部活なんてそんなもの。
    野球部で希望者全員がピッチャーをやれるわけじゃないでしょう?
    吹奏楽部だって、人数と男女比を考慮してパートを決めるのですから必ずしも希望通りにはなりません。
    諦めて決まった楽器で続けるかやめるかなのに、チューバはやりたくないけど部活はやめたくないから交渉中って褒められた態度ではないですね。
    先生が今更希望を聞いてくれるとでも思っているのですか?
    そんなことをしたら、希望がかなわなかった他の部員はどう思いますか?
    息子さんだけズルイってなりますよ。

    私はクラリネット希望でしたが、倍率2倍だったため選考から漏れ、あいていた中からホルンを希望したもののこちらもじゃんけんで負け、最後までうまらなかったユーフォニウムになりました。
    やりたくなかったですが、一晩泣いて諦めました。
    先輩は冷たく、部活は楽しくなかったです。
    その後、1人しかいなかったチューバの穴埋めのため、チューバに異動しました。
    身長150cmしかない女子がですよ。
    でも、意外と楽しかったです。今でもネタにできるし。
    気持ちに整理をつけて頑張るように言ってあげてください。

    ユーザーID:2193945541

  • ユーフォニウム担当でした

    息子さん、楽器でモメちゃう時点で吹奏楽には向いてないんじゃないかと。
    全員が希望通りになるなんてありえないし。全員が希望通りにしたら、どんな構成になるか考えてみるように言ってみたら良いと思います。

    チューバがどうしても嫌なら、個人でフルート習いに行くしかないでしょう。

    ユーザーID:3623044292

  • 限られた時間の素人の部活じゃ仕方ない事

    >私も学生時代吹奏楽部でしたので

    と書いてる割に、

    >レスを拝読していると、吹奏楽の方はたいていそこには目をつぶってきているのですね。

    今更コレですか?おそらくトピ主は息子さんが味わったような挫折を経験した事も無く、自分の恵まれた境遇を当たり前と思ってきたのだろうとの印象。もしかしたら息子さんと同じように思ってた友達にも無神経な発言・態度してきてたんじゃないです?

    ま、私の時もそうでしたよ。練習のときも演奏会のときも、移動の時に女子部員とりわけFl、Clの軽いパートの連中って自分の荷物だけ持って手伝いもせずさっさと消えていく。みんなで1つのブラバンとか言っておきながら、不承不承割り当てられた大型楽器担当の苦労も何も理解しようともしない。

    まぁ恵まれた人なんて一事が万事、そんなモンですよね。だから自分も同じ経験者とか言っておきながら子供に掛ける言葉も見つからない。

    あ、私は男数名の中で、楽器持ちを除いた3人でジャンケンに一発負けでチューバでしたよ。個人的にVnもやってますので、そこで低音に魅せられて大学ではオケでCb始めて以来、二刀流です。

    ユーザーID:5980871985

  • 私の時は

    希望なんて聞いてもらえませんでしたよ。

    先生が唇の形とかそういうので、あなたはコレ、あなたはコレと楽器を渡されました。
    木管楽器がよかったけど、渡されたのは金管楽器のホルン。すごく嫌でしたけど転部というのは内申点的にダメという噂だったので、我慢してやりましたね。

    スポーツで言うところのレギュラーになれなかったみたいな感覚で、与えられた物を頑張るのも良い経験だと思います。女の子に重い物持たせなくて済んだくらいの気持ちになれるとよいですね。

    ユーザーID:6171148350

  • 時代が違うのか

    納得できないので先生に交渉中ですか。
    もう5月も終わりますが、その後どうなりましたでしょうか。
    元吹奏楽部(私立中高ですが)としては、先生や先輩の決めたパートに意見するという
    発想がありませんでしたので、驚きました。
    それなりに経験値のある先生が、できるだろうやってくれと期待して息子さんをチューバに配したのに、
    ド素人の生徒が意見するとは。
    そして息子さんは、今更どのパートに行くつもりなのでしょうね。
    第一希望はとっくに埋まっているでしょうに。

    チューバだからかわいそうっていうのもずいぶん狭量だとも思います。
    マーチングではスーザフォンを持てる花形パートなのに。
    チューバソロのすばらしい名曲もありますよ。
    重たい大きいということだけなら、小学生だって吹いている楽器です。

    吹奏楽は全員競技。
    そのことを教えず、ごね続ける息子さんをいさめないトピ主夫婦に疑問符です。

    ユーザーID:4647987492

  • 3つのレスを読みました・1

    トピ主レス表示のない、2つ目のレスが重要な情報でしたね。
    希望してないのに回されたとあっては、話が違いますね。
    それはごねて正解です。
    他の先生に相談してもいいレベルじゃないですか?
    安易に「男子」という理由だけでチューバになったのなら男女差別ですよ。

    うちの中学校だと
    1・初心者・経験者は希望パートに仮配属。簡単な音階を練習する。
    2・先生とパートリーダー立ち合いでオーディション。
    3・不合格者は欠員のいるパートからパートを選ぶ。
    4・3で人数が集まりすぎたらオーディション(こちらは音出し程度)

    小学校だと
    1・全員集めて、黒板にパートと募集人数を書く
    2・順番に希望パートを言っていく。順番の前後による不公平はなし。
    3・全員終わったところで、変更希望受付け。
    4・定員枠内に収まったパートは決定。オーバーしたらオーディション。
    これくらいはしてほしいですよね。

    続きます。

    ユーザーID:9141452695

  • 3つのレスを読みました・2

    続きです。

    でも、チューバをからかう子がいる、先生の技量はいまいち。
    息子さんの熱意がしぼむような部に、在籍する価値ありますか?

    一般的に部活で練習するより、楽器店でレッスンを受けたほうが
    上達は速いです。
    (楽器ごとに講師を呼んでいる一部の強豪校を除く)

    先輩から「無駄知識」を教え込まれることもありますから。
    中学校だとよくあることです。しかも善意なのがくせもの。
    先輩、楽器の基礎知識勉強してから教えようよ(苦笑)

    ご参考まで。

    ユーザーID:9141452695

  • そんなことに親が口出すの???

    部活じゃなく、スポ少のサッカーや野球なんかでも
    いくつも役割があるものは本人の希望が通らないことがあるのは普通でしょ?

    ピッチャーやりたいって言う子が全員ピッチャーになるの?
    キーパーになりたいって言う子が10人いたらゴールに10人並ぶんですか?
    東大行きたいっていう子は、全員東大に入れてもらえるの?
    大手商社の海外部門に行きたいと言えばみんな就職できるの?
    アジア駐在嫌だ、アメリカ駐在がいいといえば、通るんですか?

    たかが中学生の部活なのに、話が大げさと思いますか?

    子供がべそかくからって大げさに口出ししてるのはトピ主ですよ。
    どの部活でも希望のポジションにつける子の方が少ないし、
    ましてレギュラーになれずに3年終わる子もいるんです。

    それって子供が自分でNOを表明して新しい道を探すなり、
    そこで折り合いをつけて楽しみをみつけるなり、
    根回し交渉・実力をつけて欲しいものを勝ち取るなりすべきところでしょ?

    「君。才能あるから」とか、先生にゴキゲン取ってもらおうなんて・・・
    過保護すぎますよ。

    ユーザーID:9612209577

  • どの楽器も大事

    トピずれかもしれませんが聴いて下さい。

    わが子も中学生の時、吹奏楽部でした。
    毎年、20人以上入部してくれれば良いのですが…子どもが2年生の時の1年生は15人。
    楽器を決めるのが大変だったのに、進級するまでに7人に減少。
    低音の楽器がいないのに、オーボエ・ファゴットがいるみたいな、変なバンド編成に。
    けっこう顧問も苦労したみたいです。

    不本意かもしれませんが、与えられた楽器が好きになってくれたらいいな。

    ユーザーID:4009226533

  • 補足読みました

    フルートがやりたかったけど希望が通らず悔しい思いをしている息子さんを想像していました。
    理不尽さや不公平さが納得できずに泣いておられるなら、どの部活に入っても同じことでしょう。
    吹奏楽はやめたくないけどチューバは嫌。他の楽器ならまぁいいかと思える、そのような心持ならきっぱりと退部されたほうがいいと思います。
    練習にも身が入らないのでは…?
    たぶんこれから活動内においてちょっとしたことで理不尽さや不公平さを感じると思いますよ。

    ユーザーID:4065333629

  • フルートは…

    中学の頃少しだけ吹奏楽部でした。フルートの女の子率は100%でしたね。男子はパーカッションやチューバ、トランペットの金管楽器に多かった。私は女性の多い木管楽器から、4人中3人が男性のホルンに移りました。(一人は私ね)

    やはり男性は重たい楽器に行かされること、多いと思いますよ。あ、因みに私はクラスでもかなり小さい女子でしたが。金管楽器は比較的重いので(トランペットはそうでもないですが)、男性はまわされると思いますよ。フルートは軽いから、女性的な楽器ですね。

    ユーザーID:2436871075

  • 吹奏楽部は吹奏楽をやるための部活です。

    野球部が野球をやる、サッカー部がサッカーをやるのと
    同じように、それが成立するように人数を振り分けるのは
    当たり前のこと。
    全員希望通りなんて事は出来ません。
    私の友人で、最初は希望したトランペットでしたが、1年の
    途中でチューバに回され、2年になって新入生が入ったら
    打楽器に回され、3年の最後の演奏会でやっとトランペットに
    戻してもらえたって人もいます。

    正直、自前の楽器が無かったら、どんな時でも他の楽器に
    回されても仕方ないってのが吹奏楽部だと思ってます。
    それを自覚して高校進学時に楽器を買ってもらったという
    人も私の周りにはいます。

    周りは希望が叶っているって言うけど、その人達は自覚が
    あったかどうか分からないけど、一番やりたくない楽器を
    避ける為に決まりやすそうな楽器を希望に入れてたんじゃない?
    その楽器をやっている人には失礼な言い方ですが、多分人気が
    無いのって打楽器と低音だとしたら、どちらかよりマシな方を
    最後の希望に入れていたのでしょう。
    だから、それらになったとしても希望通りになったのでは?

    ユーザーID:2279323900

  • トピ主です。

     このトピ内容は、理不尽な状況に置かれた子どもが前提です。

     そういう状況に置かれた子どもとの心の寄り添い方、あるいは、つらそうな子どもを見て動揺するダメ母へのアドバイス、同じように不安を抱えながらも自分を鼓舞しながら子どもを応援してきたことのあるお母さんの体験などをお聞きしたかったです。
     
     ですが、この前提状況を受け入れてもらえなければ、全くの不毛の議論です。

     タイトルが悪かったですね。国語力も大事だと改めて思いました。そこは反省です。

     それでも、息子へのエールを送ってくださった方、感謝します。

     それから「響けユーフォ二アム」の情報ありがとうございます。アニメは見られませんので本を探してみます。

     最後に、上記趣旨のため、私の経歴など省いてますが、チューバの魅力も重要性も熟知しております。
    状況説明上、不快に思われる表現をしたことはお詫びいたします。

    ユーザーID:4663052146

  • 退部することになるんじゃないですか?

    第2希望でも第3希望でも、不本意は不本意。
    でも第1希望がかなわなかった人は、先輩も同級生も
    それなりに折り合いをつけて頑張っているか、どうしても嫌なら退部していると思います。

    しかし息子さんは交渉ですか?

    ではチューバの空席はどうするんでしょうね。
    もう6月にもなるんだから、振り分けられた楽器にみんな慣れてきたことでしょう。

    そこで顧問が「かあさん息子君が、チューバは嫌だというので、誰かチューバに行ってください。
    あと彼はフルートか、○○が希望なのでどこかのパートを増員するか、楽器が足りないようなら交代できますか?」と言ったらどうなるでしょうね。

    猛反発食らうのが目に見えませんか?

    そうやってお望みのパートに行っても、さぞ居心地悪いでしょうね。

    一方で、チューバのままでも息子さんはやる気なさそうなので、
    いずれにせよ部活辞めるんじゃないですか?

    親としていうことがあるとすれば、
    「思い通りにならないことはいくらでもある。お騒がせして申し訳ないと先生に詫びてこい」くらいだと思います。

    ユーザーID:9452265405

  • 学校によっていろいろ

     私はサックスがやりたくて高校で初めて吹奏楽部に入りました。

     でもユーフォになり手がないとかでまわされてしまいました。

     そしたらサックスに決まった子が「私、何でもいいから替わってあげるよ」って。

     で、部長に報告したら、すんなり替えてもらえました。

     ほかの皆さんはコンクールの強豪校出身ではないですか?

     私のような弱小校だったら初心者も多いし融通が利くと思いますけど。

     コンクールの成績はいまいちでしたけど、好きな楽器ができてラッキーでした。

    ユーザーID:9184724598

  • 大抵、担当楽器が一番好きになる

    私自身、吹奏楽の経験があり、娘も中学・高校と吹奏楽部に入っています。

    娘は中学の部活入部の際に、第5希望まで書きましたが、結局、希望に書きもしなかったホルンに決まりました。
    その時はホルンって‥?という反応でしたが、その後大好きになり、高校でもホルンを続けています。

    娘の場合希望楽器といっても、特に根拠もなく、ほんっとに「希望」でしかない。
    楽器を持っている、あるいは経験者でなければ、「希望」は参考にしかならないと思います。
    先生は空いているパートに、何とか1年生を割り当てなければならないワケですから。

    それが分かるから、娘にも「ホルンいい楽器だよ〜」と、希望楽器でなかったことに対してはこだわらないようにフォローしました。

    息子さんは小柄だということで、男子だからという理由でチューバなのかな?と釈然としないお気持ちは分かります。
    適性があったのかもしれないし、単に男子だからかもしれない。それでもいいじゃないですか。とにかくやってみたら、きっと何か見えてきますよ。

    ピアノを弾かれるということ。そちらも続けて、かっこいい音楽男子に成長したら素敵ですね。

    ユーザーID:2467406038

  • 何をやりたいか

    フルートをやりたいなら個人的に習いに行くという手もありでしょ。

    ただしブラスバンドを経験できるチャンスはずっと低くなると思いますよ。市民バンドでずぶの初心者を歓迎してくれる所って少ないと思うし。市民バンドで受け入れられたとしても、ほとんどが歳上の中では上意下達になりがちで"追従するだけ"になりかねない。同級生といっしょに活動する、2年目以降は"先輩になり、後輩ができる"ってのとはまったく別物でしょう。

    部活としてのブラバンの利点の1つがコレですよね。大会の舞台は人数制限がありますから別問題ですが、部活だからこそ初心者も一緒に活動できる。そこで得られるものは大きいと思いますよ。

    人気パートで補欠扱いになるより、チューバなら大会の舞台に立てる可能性も高い、とも考えられるし。まぁ、チューバを3年やってからトランペット始めるより、チューバから木管の方がやり直しは楽に思いますがね。

    なんにせよ親が大騒ぎするのはナンセンス。

    ユーザーID:5980871985

  • 本当にやりたいのは何でしょう。

    吹奏楽部出身です。

    せっかくやる気と希望を持って入った吹奏楽部でそれではがっかりですね。
    きっと、今はどんな言葉も慰めにはならないでしょう。

    ピアノやバイオリンもそうですが、フルートは人口が多い楽器です。
    それに比べてチューバができる人は少なくてどこへ行っても重宝がられるはずですし、サウンドの根っこをささえる重要な役割を持つ楽器ですから、やってみたら案外その魅力に取り付かれてしまうかもしれません。
    とにかくやってみるのはアリだと思います。


    今回は残念ながら、吹奏楽部で希望していたフルートをやることはできなくなりました。
    でも、一生フルートができないわけではありません。

    もし、「吹奏楽」がやりたいならこのまま与えられた環境の中で頑張って欲しいですし、「フルート」がやりたいなら吹奏楽部はあきらめて、教室や先生を探してレッスンに行った方がいいですよ。
    吹奏楽部では先輩から教えてもらう事になりますが、間違った奏法や、非効率的な練習方法が受け継がれていることもありますから。


    息子さんには、本当にやりたかったのは吹奏楽なのかフルートなのかをじっくり考えて欲しいです。

    ユーザーID:7649505365

レス求!トピ一覧