現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

親にお金を貸します。どう思いますか?

kane
2015年5月20日 11:18
古いレス順
レス数:50本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
目的
世間様
2015年5月22日 13:10

 そろそろ潮時でしょうね。おそらく年齢的にも。
 仕事をやめるにも、お金が必要です。その費用として、お疲れ様でしたとともに渡して下さい。

ユーザーID:2583134944
びっくり
hazelnut
2015年5月22日 13:19

トピ主さん、どうして一人暮らしの費用や私大の学費を親に出してもらうのが当たり前のように書くの?私大に出してもらった費用、一人暮らしをさせてもらった費用ぐらいは、このご時世会社経営も大変なんだから、親には商売をたたんでもらって親の生活費として出してあげたらと思いますよ。
会社が崖っぷちなのに、私大の費用を途中まで一生懸命やりくりして一人暮らしまでさせてもらったんだから。
まるで親がギャンブルでお金を使い果たして娘にせびっているようなトピ主さんの態度や多くのレスにびっくりです。
親に対して感謝の気持ってないんですかね?

ユーザーID:5655414416
事業を畳むために貸す
匿名
2015年5月22日 13:34

友人や親族からすでにお金を借りまくっているのでしょうね。

返済できずにアテが無くなり、トピ主さんに借りに来たのでしょう。

もう誰も貸してくれないのですよ。

事業は、畳める時に畳まないと、大変な事になります。

「これ以上、人に迷惑をかけないよう事業を畳むため」なら、貸しても(あげても)良いと思います。

しかし、事業を続けるために貸してはいけません。

親を本気になって説得できるのは、子どもしかいません。

親類に自営業が何人かいますが、良い経営者は「やめ時を知っている経営者」です。

ダメな経営者は、そこら中に借金を繰り返し、葬儀後に「返済しないまま亡くなった。子どもが返せ」と金銭トラブルを残します。

これが一番怖いのですよ。

あなたの一家が、親の借金トラブルに巻き込まれることが。

いまのうちに、泣いてでも事業を畳むことを約束させましょう。

ユーザーID:6070177408
きちんと話し合う
omg
2015年5月23日 9:29

他の方も書いていますが、お金を貸すことには反対です。

まずはきちんと話し合いましょう。
・借金はいくらあるのか。
・返すあてはあるのか。
・事業は今後どうするつもりなのか。などなど

できれば金融に詳しい第三者が一緒なのが望ましいですね。
中小企業診断士とか、税理士とか、プロの人に見てもらってほしいです。

自分の親、自分、自分の家族の将来を決める大事な時です。
しっかり準備して最善と思える道を選択してください。

ユーザーID:7487328243
夫さんの独身時代の貯金はどうなってるの?
たらちねのパパ
2015年5月24日 20:30

自分の独身時代の貯金から出すのだから夫に相談せずに渡そうって話ですけど、夫さんは独身時代の預貯金を全部夫さん自身の好きに使ってるんでしょうか?
結婚資金やら新婚当初の転居の費用、或いは住宅ローンの頭金などに夫さんは一円も独身時代の預貯金からは出していないのでしょうか?

もし多少なりとも出しているのであれば、トピ主さんの独身時代の預貯金だって良識に照らせば「家庭生活には無関係な私だけのお小遣い」としては使えないでしょう。
その辺、どうなのでしょうか。

この辺は人間対人間の信用に係る問題で、こういうことで一度不信感が芽生えると一生涯挽回は不可能ですから、よくよく熟考した方が良いでしょう。
私だったら、自分の好きに出来るお金として自信満々で相手に渡すのだとしても身内には先に断りますけどね。
後からそういうお金の流れが別ルートから(例えば渡された人〜トピ主さんケースでは親から)漏れたら不信感を与えますからね。

ユーザーID:2129478315
一番大事なのは家族なら信頼壊さないように
すずらん
2015年5月25日 11:33

お金の問題と言うのはとてもリアルに生活に直結する話です。
たとえそのお金がトピ主さんが夫に内緒にしている独身時代のへそくり貯金であろうがどうであろうが、人生の選択を迫られるということに違いはありません。(数万円の援助じゃないですよね?何十万何百万ってお金が動くんでしょう?)

参考までに。
私の場合は義実家の借金ではなく、前夫が借金を作り「すずらんに心配をかけるわけにはいかないから」という理由で2年間にわたって借金を隠されました。金額は数百万単位です。義実家の人々は皆知っていて、知らないのは私だけでした。
借金そのものよりも、そんな大変な危機に信頼して話してくれなかったということがきっかけで、夫婦間の信頼関係が完全に崩壊、離婚に至りました。

人によるのかもしれないですが、トピ主さんのご主人が私のような潔癖な感覚をお持ちなら、まず借金そのものよりも「自分に隠れてコソコソと」の部分に信頼を失う可能性が大です。

子どもにまで聞かせる必要はありません、それこそそんな重たい話は大人が解決するべき問題ですから。でも夫婦で、大きなお金の動きをふせるのは、崩壊への第一歩だと思いますよ。

ユーザーID:5884651458
お金は貸してはいけない
暇人
2015年5月25日 12:41

 親兄弟にはお金を貸してはダメです。ほぼ間違いなく帰ってきません。返済を期待せずあげるのであれば問題はありません。

ユーザーID:0123602581
もしも自分なら
クリーム
2015年5月26日 15:35

もしも、私なら
お金を貸すときには、全ての情報を知ってから判断します。

変なところからお金を借りる前、だとどうして分かりますか?
もう借りているかもしれません。

バブルの崩壊は、随分前です。
商売をしておいでなら、帳簿があるはず。
会計監査をしてみてください。
バランスを見て、回復の余地があるかどうか。

潮時ということもあります。

ご両親も破滅に向かう自分たちを救ってほしいのかもしれません。
ご主人に相談して、明るみに出して、冷静な判断を。

ユーザーID:4273513927
失念しましたが、
hazelnut
2015年5月27日 11:05

トピ主さんの両親が事業をどうしてもたたまない方針なら、全く情報があやふやでごめんなさい。
ただずっと前にテレビで見たのです。
ただ番組名や弁護士の名前を失念したのですが、
事業を立て直すための専門の弁護士が紹介されていたのです。
何件もトピ主さんのご両親のようなケースを手がけて助けてこられたようです。
もしかしたら小町を見ている人でご存じの方がいるかもしれません。

ユーザーID:4185024785
まず冷静に状況把握
通りすがり
2015年6月5日 9:19

時間が空いてしまってますが・・・

借金の詳細を把握されていらっしゃらないままでは何をするにも危険ではないでしょうか。
借金漬けの人は、督促状を放置したり請求金額の総額を計算していなかったりと
正常な判断力が欠けていることもありえます。

ご両親の状況を示す数字や書類など集めて、それが無理でも
法テラスに電話し地域の法律相談所で相談した方がいいと思います。
30分5000円くらい。すぐ解決はしませんが
数字で判ること、さらに必要な書類や情報、一般的な事態の経過例、これからなすべきこと、など
ご自身の立ち位置やなすべきことを整理できるのではないでしょうか。

個人信用調査や登記簿情報閲覧など個人でできることも少しはあります。
相談者様が使える独身時代の貯金額がじゅうぶんではなくとも
焼け石に水にせず最大限に生かせるよう祈ってます。

あと、家族を守る者としてドミノ倒しの最後にならないように
まずご自分の貯金を結婚後の家計と完全分離しておくことを勧めます。

ユーザーID:6633235379
 
現在位置は
です